エガワヒロシのブログ

2017-12-11

like a stardust」



昨日は深夜の負け試合、浦和クラブワールドカップの結果を引きずった朝だった。さらに午前中にはたおの友達のお母さんが倒れて初めての119番。救急車にも同乗して目が回る騒動だった。ちょっと色々疲れ切っていた。なので、夕方から下北で行われるライブが、橋本孝志さんと近藤智洋さんのイベント「like a stardust」で、ゲストが敬愛する高橋徹也さんでなかったら、行けなかったかもしれない。そのくらい疲労困憊だった。でも行って正解だった。

まず、橋本さんと近藤さんのなんとも言えない柔らかいムードが導入部。もうこのイベントも東京で11回、他方も合わせると20回以上行って来たイベントなので、二人の息もバッチリ。思い出すとこの二人の共演は、僕のイベント「フワリカ」がスタートだった。僕が橋本さんに無理を言ったことで、橋本さんが近藤さんに無理をお願いしたのがスタート。近藤さんなんかすいません(笑)でも良いコンビだよね。

そして二番手に高橋徹也さん。一番好きなシンガーソングライターと言われて最初に頭に浮かべる人。この日も高橋徹也にしか出来ない音楽をそっと届けて行く。旧知の橋本さんのイベントだからか、昨日はどこか親密な空気だった。

そして途中から橋本さんが参加して、高橋さんの曲を歌う。これが不思議だった。橋本さんは完全なバンドマン高橋徹也さんは完全なシンガーソングライター。そして橋本さんはロックンロール匂いが顕著で、シンプルなメロディーを紡ぐ。近藤さんとはこの部分で共鳴すると予想してた。でも高橋さんはもっと湿って、そして一筋縄ではいかないメロディーが持ち味。だから橋本さんと高橋さんが近いなんて思っていなかった。

しかし、高橋徹也メロディーを橋本さんが歌うとあら不思議、橋本メロディーにしっくり着地している。二人がとても仲良く、リスペクトし合っているのは感じていたけれど、音楽的にも通じるものがあったんだと心地良い驚き。まあ二人とも素晴らしいソングライターだから、本物には何かが繋がってるのかもしれない。

そしてトリは近藤さん。圧巻。シンプルなピアノやアコギの弾き語りは勿論、ルーパーを使いまくったサイケデリックな世界が凄かった。途中どうやってるのかわからなくて、完全にキッズになって見ていた。近くにこんなに音楽的で、しかも本質的な美しさを備えてる先輩がいることに感謝したい。エブブレの「雷鳴」が始まった時、泣きそうになった。

そして最後は全員のセッション。高橋さん曲は大好きな「真っ赤な車」だなんて!大興奮!いやー楽しかった!

結局、ライブが終わると午前中の疲れは吹っ飛んでた。音楽って凄いなって思った。そしてこんなカッコいい大人の音楽があることをみんなに伝えたくなった。大人って凄いぞ。おい。みんな聴きに行ったらどうだい?

2017-11-29

アジアチャンピオン


浦和が勝った!アジアで勝った!正直Jリーグは残念な状況になり、まあ今季は堀さんが添え木をしてやりすごし、来期に期待と思ってました。それがあれよあれよと。

正直準決勝と決勝、どっちも相手の方が強かった。アウェーでは完全に向こうが強くて、勝てる気がしなかった。でもそこをドローで乗り切る精神的な逞しさが今回はあった。

そしてホームに行けば頼もしいあのサポーターがいる。世界に誇れる日本のサッカー文化。浦和とはサポーターのことだ。そう言い切れるくらいの存在感。その魂が乗ったチームは強い。長澤はレッズの魂に触れて覚醒したんだと思う。柏木も時間をかけて浦和の選手になった。

浦和は技術のチームじゃない。泥臭いサッカーのチーム。それを堀さんが思い起こさせてくれたんじゃないかな。

いやしかし堀さんは持ってるんじゃないか?素晴らしい指導者だったミシャがどうしても手に入れられなかった、勝負師としての運。「持ってる」感覚。来期は頭から堀さん。守備の整備も期待できそうだし、堀さん名将への道が見えてきた気がする。

この数年、スタジアムまで行くこともままならず、浦和への熱も冷めたのかなあ?なんて自分で思ってました。でも試合を見るとやっぱり興奮するし、思わず叫んでしまう。僕にはやっぱり浦和の赤い血が流れてるんだと実感。たおの一輪車やらなんやらで忙しいけれど、なんとかスタジアムに足を運びたいな。たおも浦和応援してるし。

いやークラブワールドカップ楽しみだねえ。正直浦和が出てないと全然楽しめないの、あの大会。鹿島レアル善戦?ほーそうですか、ってな感じで。でも今回は魂入れて見ていられる。ちょっと早いクリスマスプレゼントだな。ありがとうレッズ

矢島君、来期もいてね。

2017-11-27

ビリのチームが誇れるところ


昨日はたおの一輪車の大会、というか発表会でした。チームのほぼ全員で白雪姫の舞台をやりました。

思えばたおがこのチームに入ることに決めたのは、あるイベントで今のチームが演じた「アナと雪の女王」の舞台を見たから。それが、ん?今年の3月くらい!?まだ一年経ってない!なんて濃厚な一輪車ライフ。

昨日の舞台の出来としては、練習の成果も出て、このチームなりには良く出来たと思います。成績は出場7チームの中で7位…。まあビリですな。でも小さい子も出場させて、元から良い成績を狙ってるわけじゃないですからね。たおも終始ニコニコで、本当に楽しかったみたい。

たおのチームは新宿という土地柄か、親御さんには色んなプロフェッショナルがいます。昨日もプロのヘアメイクが腕をふるってみんなをメイク(つけまつげまで!)、音楽の編集も僕がきっちりやってます。なので顔と音楽はプロレベル(笑)他にはダンスのプロやナレーターさん、カメラマン、女優をやってた人もいるし、これを総動員すれば結構なものが作れるかもしれん。

いやしかし他のチームの音楽編集酷い。だいたい曲を短くしなくちゃいけないので編集は必須なんですが、リズムずれる、構成おかしいの連発。少なくとも音楽は他のチームに負けませんでしたよ。というか白雪姫の音楽で足りないところはシンセ弾いたり、リズム打ち込んだり、ディレイで音飛ばしたり、様々な手を入れました。白雪姫が王子にキスされて復活するところは僕が弾いたシンセの音ですからね。たぶんみんなそこまでやってるとは知らないですけど。笑

子供が一生懸命になると親もそれに答えねばと一生懸命になります。これもある意味の愛情交換なのかな。愛情に溢れてるからか、たおのチームはとても仲良し。いつも上級生が下の子を抱っこしてる。一輪車よりもこの環境は代え難いかなあーとちょっと思ってます。

次はクリスマス前に次の大会!一輪車忙しい!子供のやる気に付き合うのって大変!

2017-11-24

無理をしない


無理をしないということはとても大事だと思ってる。無理をして手に入れたものには大体歪みがあって、その歪みから生まれる不完全さが必ずどこかで破綻する。不自然なものがその手に残る。

でも、これを頑張らなくても良いという風に取るのは全く違う。多分思うのだけど、他の人から見て無理してるなあーと思うような仕事量や睡眠時間、その集中度合いがあったとしても、自分自身では全く無理とは思っていない状態が正しいんだと思う。気づけば時間が経っているだけで、熱中してるだけで、無理はしてない。それは逆に言うと、これ!と思ったものは、他の人から見たら「無理してる」と思われるくらいに熱中出来なきゃダメなんだということ。寝るのを忘れて、食べるのを忘れてというのが自然に起こる衝動。無理なく起こる衝動。

これは人間関係、特に恋愛にも当てはまる。会わなきゃいけないではなく、会いたい。時間をやりくりしてでも会いたい相手が恋愛対象だし、心から楽しめる友達。億劫になる感覚があるのは大事な人じゃない。睡眠時間を削ってでも喋りたいと思う気持ち。その感覚には敏感でいたいなあーと思います。時間には限りがあるんだし。

来週末、まさかのネットラジオ時代のダラダラジオメンバーか家族連れで我が家に集まります。心の底から会いたい人達。全く無理をしないで楽しい人達。ラジオはやらないけどさ。

もう忘年会の季節ですなあ。無理の無い範囲で会いたい人に会いに行こうかな。

2017-11-20

生き甲斐


子供のスヤスヤ幸せそうな寝顔を見ていると、もうこれさえあれば良いかなと考えてしまう時があります。こんな美しいものがそばにいるんだから、もう他のものはいらんだろ。贅沢だろと。そんな風に思う瞬間。

でも、それって幸せを子供に背負わせてるだけだなあーって思うんです。子供にお前は俺の生き甲斐だとか、お前のために生きてるとか、そんなこと言う人いますけど、そんなの重荷でしかないと思うんです。俺が子供だったらそんな親嫌だなあーって。

なので親にも自分の生き甲斐というか、楽しみというか、子供と関係ない何かが必要だと思ってます。それは自分がイキイキとした顔になる瞬間で、内容は何だって良いと思うんです。釣りだって、ボーリングだって、良いせんべろのお店を探すのだって、情熱をかけてやれるものなら何だって良い。勿論それが仕事だったら最高でしょうけど、大事なのは自分がイキイキすることなので、仕事じゃなくたって全然構わない。そんなものが「ある」ってことが重要で。それを子供に見せることが1番子供にとって嬉しいことだと思うんです。子供が大人になるって悪くないなあーと思えるような。

子供のために生きるって、そういうことかなと。衣食住を用意して、愛情をかけて生きる方法を教えるのは勿論やらなければいけないですが、大人っていいな、世界って楽しいなって、そう思えるような親になること。それが親のすべきことかなと。子育て8年目の中堅パパは思うわけです。

我が家は元気で明るく優しい子に育ってて、子育ては順調です。でも勘違いしちゃいけない。これはたおの性質がそうなのであって、僕ら夫婦はそれが真っ直ぐ伸びる手助けをしただけ。持って生まれたものに左右されるのが子育てで、我が家はラッキーなだけ。本当にそう思います。

今後も楽しい親の生活を見せながら、愛情不足にならないように抱きしめ、話を聞き、一緒に遊ぶ。そして今後の課題は段階的な親離れですな。親って本当に大変だ。今更ながら両親に感謝。