エガワヒロシのブログ

2015-03-15

[]今季のJリーグ順位予想

僕はこの20年くらいを音楽と、サッカーと、ペンギンに愛情を注いで生きてきた。その3つへの愛情は上昇下降と曲線を描きながらずっと平行してきたのだけど、最近はその3つすべてが上昇に転じている。特に急上昇はJリーグが開幕したサッカー。しかもここ数年は世界のサッカーが中心になってたんだけど、またレッズ愛の高まりを感じてる。

それはこの間の芸人Jリーグナイトが原因だ。シーズンチケットを子供ができて手放してからは、なかなかスタジアムに行けなかった。でもあそこにはスタジアムの熱狂が、地下なのに、そして芸人さんが面白くJリーグの話をしてるだけなのにあった。もうスタジアムが恋しくてしょうがなくなった。

それと共にJリーグも気になるようになった。しかもこのタイミングでtotoの賞金も上限5億円にアップ!これはまたJの世界に戻っていくってことだ!ということでJリーグ2節終わったところで久しぶりに順位予想

1位 浦和レッズ

2位 柏レイソル

3位 川崎フロンターレ

4位 鹿島アントラーズ

5位 サンフィレッチェ広島

6位 FC東京

7位 サガン鳥栖

8位 ガンバ大阪

9位 ヴィッセル神戸

10位 湘南ベルマーレ

11位 松本山雅 

12位 ベガルタ仙台

13位 アルビレックス新潟

14位 清水エスパルス

15位 ヴァンフォーレ甲府

16位 名古屋グランパス

17位 横浜Fマリノス

18位 モンディティオ山形

首位はもうしょうがない。ここは予想でもなんでもない。愛だもの。なので2位以下が評価になる。

今年はいけるんじゃない?というのはレイソルフロンターレレイソルはチームの方針を統一化して、本当のチーム力が試される。ネルシーニョが底上げした戦力に日本人指導者でレイソルを知り尽くす吉田監督が日本人のメンタルにあった采配を見せればいいところまで行くんじゃないかと。ACLは調子よいしね。

そして集大成になりそうなのがフロンターレ。風間監督の指導が浸透して、ついに化ける時が来るか?しかし大久保頼りの得点力は疑問。一人に頼るとね。小林悠が化ければ面白い。あとDFの谷口に期待。

アントラーズはいいところまで行くけど、若手が優勝争いを経験するところでとまるような気がします。この前の湘南に負けたように、ハードワークが身上のチームに根負けするんじゃないかなぁ?

広島東京鳥栖の3チームは、それぞれ悪くない戦いをしながらもACLには届かず、という予想。まあその中で武藤がブレイクの予感の東京は、イタリア人監督リアリズムを完全吸収すれば上位もありうる。けどイタリア人の感覚って日本人は難しくねえかなぁ?それと鳥栖のハードワークを僕はとても評価してます。広島は、なんかごめん・・・。

そして期待外れはガンバ。まず宇佐美は今年も活躍すると思う。でも研究された2列目の若手二人とパトリックが止められると予想。ここで苦しんで、その後どうなるかじゃないかなぁ?昨年の3冠は出き過ぎでしょ。

神戸も結局定位置のような。まあなんか期待できないんだよ。神戸って。戦力はいるけど。理由になってないな(苦笑)

健闘は湘南と松本の昇格組。けっこう大物食いもするんじゃないかな?鳥栖もそうだけど、しっかりハードワークするチームに日本のチームは弱いと思う。そこをかわせるほどのパスワークはないかな。

そして降格回避が仙台新潟、清水、甲府。まあでもこの4チームは降格でもおかしくない。その中では新潟はまあ大丈夫な気がします。あと仙台も。東北魂が最後はものを言う。

でも山形に関しては戦力が届かな過ぎる。この数年の徳島横浜FC、大分といったチームと同じ道を辿るような・・・。山岸には頑張って欲しいけど。早い段階で自信を失ったらずるずる行っちゃうから、序盤が勝負だね。

そして降格にはさらに2チームの大物を。マリノスは別に大久保のデスゴールがあったからじゃなくて、ディフェンスの高齢化に目をつむってたところがついにボロが出るんじゃんないかと。そして俊輔もそろそろ下降気味な気がします。斉藤学とスーパーブラジル人頼みで点は入るけど、守備が持ちこたえられなくて負けが込み、自信喪失というストーリー。いや正直監督の顔がいやなの(笑)あれ降格顔のような気がする。セホーンの匂いがちょっとする(笑)

そして名古屋。ここも選手はいるけど、最近はいつもまとまらない。西野さんのチーム作りも、ガンバが優勝した時からずっと下降線を描いている印象。西野さん途中解任で、チーム混乱みたいなイメージ。やっぱりチーム運営がしっかりしてないとね。柏、川崎鹿島鳥栖はチーム作りが、フロントがしっかりしてる気がします。この伝統のある2チーム降格は僕の予想の肝。ファンの人はすいませんね・・・。

さてこの予想が当たるかどうか?今年はJリーグもしっかり見つめたいと思います!早速松本山雅戦のチケット抑えた!

2015-03-11

[]芸人Jリーグナイト

昨日はふらっと阿佐ヶ谷へ。ロフトで芸人Jリーグナイト

前から気になってたんです。もはや親戚みたいなもんのゴーイング中澤君出てるし、たおの一番お気に入りのおじさん、クライフのユウスケ君出てるし。二人が芸人だとは知らなかった(笑)


いやしかし面白いよこれ、Jリーグ好きだったら絶対はまる。というかこれ面白がれない人は本当のサッカーファンじゃない。海外サッカーかじって通ぶってる残念な人だよ。

色んなサポーター来てるのが良かったなあ。つや姫がいるとは思わなかった。はくばくも。そしてなぜいないレイソル神戸はいつもいないらしい。関東のチームが多いのはしょうがないとしても。

しかもJ2もいて。千葉やら大宮やらはまあわかるとしてロアッソ熊本!熱い!カマタマーレ讃岐うどん県栃木リカルドロボ!

さらには町田サポも来てた。J3代表として。あ、パルセイロもいたか。ホンダロックはいなかった(笑)

芸人のみなさんのチーム愛が半端ないので、好きな人なら絶対伝わる。アンガールズ山根さんの落ち着いた喋りからは、どっしりとした愛を感じた。キングオブコメディの今野さんの大宮@J2からの視点もとても面白かった。ゆってぃさんは筋金入りの硬派な愛。火災報知器の小林さんのちょい自虐入った甲府愛。エイミーさんのちょい毒のあるマリノス愛も。いやー芸人さんなのでこんなまったりした会でも本当に面白い。芸人さん超絶リスペクト。

そしてこんな中で自然に収まってる中澤君とユウスケ君。もう半分芸人の世界へ。ユウスケ君はゴージャスみないなネタやらねえかな(笑)似合いそうだよ。みたい。レボリューション!

いやまじで次回も楽しみになった。次回はユニ着て行かなきゃ。そんな場所だとは思わなかったし。これも裾野を広げる良いイベントだと思う。絶対チェアマン出て方がいいよ!

いやしかしあのステージで笑いをとってた人と明日はライブなんですけど(笑)ナカザタロウ楽しみだな。体操するかな?Jリーグファンも明日はぜひ高円寺へ!

3/12(thu)高円寺HIGH

[雪解けのころ]

OPEN18:00/START18:30 前売り2,500円/当日3,000円

出演:エガワヒロシ/ナカザタロウ/big the grape/Asauchi's Military Guardian/セルピコ

2014-11-09

[]レッズ優勝への道

我が浦和レッズがいよいよ優勝に近づいて参りました。でもね、ここで気軽には優勝と言えないんですよ、過去のいろんな傷が・・・。負けないよ!とかね・・・。なので阪神ファンのようにちょっとネガティブ入り気味になるんですが、でも優勝に最短距離にいるのは間違いなく。

しかも次の対戦は2位のガンバ大阪。ここを叩けば優勝です!いやこれはまさに決戦!ガンバはナビスコ取って勢いに乗ってますからね、でも調子に乗りすぎるのが悪い癖のチームのような気も。まあとにかく11/22は決戦なわけです。

たださすがに死ぬか生きるかの決戦ですから、チケットはもう買えません!なので我が家で観戦します。ここはガンババカ筆頭のクライフユウスケ君と一緒に見ますかね。毎度仲良く喧嘩する仲ですから。ユウスケ君の辛い顔を見ながら酒を飲みたい。そんな気分です。

2010-07-13

[]ハゲを中心にワールドカップを総括する

大きな声で言いたい!74年のワールドカップがクライフの大会だったように、86年がマラドーナの大会だったように、98年がジダンの大会だったように、今回のワールドカップは・・・ハゲの大会であった!!タコが話題になるくらい。

今回はハゲがいないチームには勝ち目がなかったのだ。しかもただのハゲじゃだめだ。ハゲとしての悲しさがなければいけない。その悲しみが栄光の推進力を生むのだ!!

南米の2強はなぜ敗退したのか?まずアルゼンチンにはハゲがいない。いやベロンというツルッツルのハゲがいるのだが、あのハゲを苦にしてない、恥じらいがない、むしろ性欲の強さを強調するようなハゲではだめなのだ。それを知ってたマラドーナはベロンを温存したのだが、代わりのハゲがいなかった。ディ・マリアとテベスの盗人顔コンビにかけたのだが、ハゲの悲しみには勝てなかった。惜しい、マラドーナ。

ブラジルはハゲが多い。その点では優勝候補にあげても良かった。しかーし、彼らが擁するハゲはみんな黒人なのだ。黒人の場合、ハゲというよりスキンヘッド、それがまるで当然のような堂々とした佇まいがある。ブサイクという点では見事なラインナップだったのだが、白人のハゲが欲しかった。ファルカン程度のおでこでもかまわなかったのだが・・。ドゥンガの采配ミスだ。

フランスもブラジルと同様。アンリのハゲなんてむしろお洒落だ。そんなハゲでワールドカップを勝ち取れると思うな!!ジダンの垢を煎じて飲め!!だからおまえはキャプテンになれなかったんだ。それからギャラス、アネルカ、ディアラは光過ぎだ。眩しい光はトロフィーだけでいい。

イタリアは一人キエッリーニは気を吐くならぬ、毛を吐いたが、いかんせんインパクトが弱い。というかハゲを当然のように受け入れた顔をしている。そのイタリア人とは思えないイモ臭さは評価するが、もう少しハゲへの抵抗が欲しかった。ちなみにキエッリーニの鼻はすごい。鼻の大会だったらイタリアはいけたかもしれん。

ポルトガル、ドイツはそもそもハゲがいない。ポルトガルはリカルド・カルバーリョが若干程度で話にならない。オマケにクリロナ、コエントラン、ミゲル・ベローゾなどイケメンが多い。そんなチームに勝たせるか!!アホ!!

ドイツなんてハゲ皆無。いくらサッカーが優れていても、ハゲもいないのに勝てると思ったのか?レーブ監督よ。宇宙人顔、又はFC東京の羽生顔の大会だったらエジルがあのまま突っ走っていたと思うが・・。

惜しかったのはイングランド。ルーニーというハゲ界の大駒がいたのだが、24歳にしてハゲを受け入れてる感があるんだよね。自分が労働者顔だということを理解しているルーニーは、ハゲくらいが男らしくて良いと思っている。それではだめだ。ここでテリーが家族問題で一気に頭髪が薄くなっていれば可能性はあったのだが・・。惜しいなぁ。

そんな中、豊富にハゲを取り揃えていたのがオランダ。しかも象徴としてハンサムなのにハゲというスナイデル改めケナイデルがいい味を出してた。あのヘディングシュートの後のおでこ叩きも、ハゲを受け入れたというよりも照れ隠しであり、もしろ毛根を刺激するための行為であったと思われる。あのハゲっぷりには勝利の女神も微笑み続けたわけだ。そしてオランダには更に「38歳、アルバイト、童貞」という肩書きが似合いそうな顔をしている上にハゲというほぼ完璧なロッベンという切り札がいた。あのハゲは見事。ちょっと髪が残ってるところが哀愁を誘う。素晴らしいハゲ。今大会で活躍するために生まれた男。

しかし・・それでもオランダは優勝できなかった・・。しかも相手はイケメン揃いのスペイン。今大会の法則で言えばオランダが負けるわけがないのだ。ケナイデルとロッベン以外にも細かくハゲてるやつがいるのだ。でも、でも、でも・・・。スペインには奴がいた。その名は・・・。







イニエスタ!!







あの頭髪の残り具合を見た?まだ諦めてない感じが切なさを増幅する。しかも間違いなくブサイク。真面目なブサイク。なのでモテに対する憧れを内に秘めたままハゲ続けている。開き直ることもできないのだ。そして更にはチビ。そして美白!!ハゲでブサイクでチビなのに美白!!完璧!!今大会のスーパースターになるべき選手!!これにはオランダのハゲが束になっても叶わないのだ。そう今大会は最初から結末は決まっていたのだ。イニエスタが決めて、世界中がその姿に目を留める。ハゲがスターの階段を登るのだ!!素晴らしい!!ビバ!!イニエスタ!!神様はだから君にそんな巨大な才能を与えたのだよ!!おめでとう!!



す、すいません・・・。ハゲのみなさん、すいません・・・。こんなことをずっとツイートして今大会はおわりました・・・。くだらない呟きでタイムラインを埋め尽くしてすいません!!


ひとつだけ言っておきますが僕はイニエスタ大好きですよ!!スペイン優勝おめでとう!!2008年のユーロより華麗さはなかったけど、あの勝利への執着心と落ち着きは素晴らしいと思います!

4年後はもうちょっとちゃんとしたこと言うんだ。たぶん。もしかすると。万が一。いや本当すいません・・・。

2010-07-08

[]後は決勝を残すのみ・・。

準決勝も終わり、あとは決勝を残すのみとなりました。なんと初優勝をかけた戦いはスペインVSオランダの攻撃サッカー対決!!今のスペインのサッカーの元祖はオランダのトータル・フットボール。そう、どちらもヨハン・クライフの子供達。ついに来た!!クライフの時代!!

スペインに敗退したドイツは手も足も出なかったですね。2008年のユーロ決勝の再現フィルム。まあシュバインシュタイガーの成長とエジルを代表とする若手の台頭が差を縮めたとは思うけど、スペインの足元にも及ばなかった。前回の敗戦の経験からレーヴ監督は戦い方をスペイン寄りの攻撃サッカーに変えて、今大会を戦って来たのだけど、本家はもっとすごかった・・ということか。

スペインのすごいところは、今回のピークがまだ続く予感のするところ。セスクとシルバがいれば、シャビの穴も埋められる。前線もビジャがあと4年なら間に合いそうだし、ボージャンの成長も期待できる。あとはプジョルの後継者さえ見つかれば・・。基本みんなまだ若い。これから伸びる可能性も大。セルヒオ・ラモスとかもっといけるんじゃないかな。

ウルグアイは魂のサッカーで楽しませてくれた。フォルランってやっぱりすごい。そしてチームが決して諦めないところに感動したよ。ガーナ戦、オランダ戦は僕の記憶に残り続ける試合だと思う。

オランダはね、スナイデルがCLで一皮むけたのがでかいね。すっかり自信を持ってる。正直それほど怖さのない今回のオランダがここまで来たのはスナイデルの自信だと思う。まあでも決勝はそうはいかない。あの守備陣でスペインの攻撃は受け止められない。僕は決勝は大差になると思ってます。決勝はスペインのフェスタが開かれる。攻撃サッカーの素晴らしさを高らかに宣言する試合になるのだ!!

あーあと2試合でワールドカップが終わってしまう。この悲しみを何で埋めれば・・・。あ、たおか。たお可愛い。

f:id:egawahiroshi:20100703071835j:image