Hatena::ブログ(Diary)

JIVE2LIVE このページをアンテナに追加 RSSフィード

2009-11-22

[][]Page not found – DirectX Developer Blog Page not found – DirectX Developer Blogを含むブックマーク

まるで GDI を置き換えるような紹介をされているにもかかわらず、 Windows 7 では d2d1.dll や dwrite.dll をロードしている標準プロセスが一つも存在しないってのは流石にどーかと思うよね。ンまー頑張れ。

ちなみに Office 2010 Beta では今のところ使っている様子は無かった。

DDB ですらフニャチン野郎に成り下がってしまう Vista 以降の Windows において、Direct2D/DirectWrite の使い勝手は個人的に XP を切り捨ててアプリを組むかどうかの瀬戸際だったりするので、いい加減性能評価始めたいんだよなー。

NyaRuRuNyaRuRu 2009/11/23 01:27 >Windows 7 では d2d1.dll や dwrite.dll をロードしている標準プロセスが一つも存在しないってのは流石にどーかと思うよね。ンまー頑張れ。

一応 Windows 7 XPS Viewer が DirectWrite を使っているので,一つも存在しないってのは回避されているかと.
http://blogs.msdn.com/e7jp/archive/2009/03/12/9471403.aspx

XPS 文章のサンプル:
http://download.microsoft.com/download/6/D/F/6DFC4E29-CB62-4401-A13B-043ADFA697E2/Virtual_PC_Technical_Overview_2007.xps

eguoeguo 2009/11/24 01:12 >Windows 7 XPS Viewer
おおぅ、こんなところに伏兵がー。ご指摘どうもです。

DWrite 自体は D2D のレンダーターゲットにも出力できるってだけで、こっちの方が利用範囲は全然広そうですね。さっきちょっとだけ PDC09 の公開資料見てたんですけど、WPF4.0 もテキストレンダリングに DWrite を利用してるみたいだったし。

2009-11-11

[][]ATI Catalyst Control Center の『イメージスケーリング』 ATI Catalyst Control Center の『イメージスケーリング』を含むブックマーク

フルスクリーン時のアスペクト比に影響するこの項目、僕の環境*1では Windows 7 RC あたりの頃からグレーアウトしたままになっていて、まるで機能してくれなかった。

デフォルトの「イメージを全パネルサイズに合わせる」から変更できないため、フルスクリーン時に指定する解像度によってはアスペクト比が維持できずにすげー困っていたんだけど、ようやく回避方法を発見。

自作 PC 板の RADEON 友の会スレより。

  1. テキトーに画面の解像度を下げる
  2. どれかしらで『イメージスケーリング』が有効になる。変則的な解像度の方が有効になりやすい?
  3. お好みの設定を保存して解像度を戻す
  4. 再び『イメージスケーリング』が無効になるが、設定は記憶されているのでキニシナイ

わげわがんね。ンまーここ数か月ずっと解決策がわからず困っていた事なのでスッキリしたわ。

何が悪さしてるのかは結局わからんちん。Windows 7 のクリーンインストール時にデフォルトでインストールされる Radeon HD 4670 (WDDM1.1) ドライバ*2あたりだと睨んでるんだけど……。

*1Windows 7 x64Radeon HD 4670、BenQ G2400W の DVI 接続

*2:RC からは Inbox、Beta の頃は Windows Update 経由だった

2009-11-04

[][] WordPress.com  WordPress.comを含むブックマーク

やっとこ Windows Live Sync が Snow Leopard 対応だそうで。ちょっとお試しした感じでは、同期のタイミングがおかしくなった気がするけど、まあ動いてる。インストーラ不要になってるのも良い感じ。

このツール、前から不思議だったのが、Windows クライアントからはちょっと無理しないとネットワークドライブのフォルダを指定できなかったのに*1、何故か Mac クライアントからだとマウントさえしてればそのままネットワークドライブを指定できるんだよねー。Windows クライアントでの制限は技術的なものよりもセキュリティ方面での考慮なのかしら。

…………って、今ためしてみたら Windows 7 でもネットワークドライブへのシンボリックリンクを作れば同期できるな? Vista だとこれでも駄目だった気がしたんだけど、あるェ?

ンまーそもそも僕は常用しませんけどね、Live Sync。

*1:ドキュメントにも「Sync は、マップされたネットワーク ドライブには使用できません。」とハッキリ記載されてます。

2009-11-02

[][]しつこく KB971644 しつこく KB971644を含むブックマーク

これよく見たら『重要な更新』じゃなくて『推奨される更新』なのな。更新前の VistaWindows Update で見ると、デフォルトでチェック入ってたから勘違いしてた。これでは任意に選択しない限りシャットダウン時の更新では入ってこないんだよなー。真面目に Vista への配布を視野に入れるなら、DirectX SDK の配布サンプルの導入を考えなきゃだなー。

それにしても、KB97166 の更新で Vista の描画パフォーマンスが上がったとか WDDM1.1 になったとかの話をチラホラ目にするんだけど、実際どこまで影響するんだろうねコレ。ぶっちゃけ僕の試した PC ではランタイムが登録された以外に確信できる変化が無いのよね。公式非公式含めてインサイドな影響まで言及されている資料が全然見つからない。あえて挙げるとするなら(信用していいのか知らんけど)Wikipedia の一節かしら。

Although extensive, the Platform Update does not bring Windows Vista to the level of features and performance offered by Windows 7. For example, even though DXGI 1.1 update introduces support for hardware 2D acceleration featured by WDDM 1.1 video drivers, only Direct2D and DirectWrite will employ it and GDI/GDI+ will continue to rely on software rendering. Also, even though Direct3D 11 runtime will be able to run on D3D9-class hardware and WDDM drivers using "feature levels" first introduced in Direct3D 10.1, Desktop Windows Manager has not been updated to use either Direct3D 10.1 or WARP software rasterizer.

Windows Vista - Wikipedia

例えば、幸運にも dxdiag に WDDM1.1 の紋章がうかびあがった Vista さん(僕はお目にかかったことがない)も、実は dxdiag がドライバが返すバージョンを表示するように更新されただけで、本当にそのドライバが Windows 7 における WDDM1.1 相当の効果を Vista で発揮できるのかは未だに不明瞭だし、引用文を信じるとして GDI のアクセラレーションも効かず*1、ウィンドウ描画におけるシステムメモリ削減のために最も手を加えないといけなさそうな DWM の更新もないとしたら、実際に KB97166 で向上するベンチマークは一体なんの影響を受けてるのかしらとか、なんだかよくわからないことだらけだニャー。

*1:GDI の ROPs 系のアクセラレーションは WDDM1.1 の要件

2009-10-27

[] Microsoft、「USBメモリ入りWindows 7」の作成ツールを提供 - ITmedia NEWS  Microsoft、「USBメモリ入りWindows 7」の作成ツールを提供 - ITmedia NEWSを含むブックマーク

こーゆーのはせめて Vista の時点で出して欲しいもんだけどねぇ。

ソースとして Enterprise 評価版の ISO を指定して作成し、USB から起動して回復コンソールをいじれるところまでは確認。ちゃんと OS インストールできるかどうかはまでは、めんどくせえからいいや。

これから出るネットブックの修復用とかに作っておくといいんじゃないでせうかね。

ちなみにさらっと Enterprise 評価版の ISO を使ったと書いたけど、

Can I use the Windows 7 USB/DVD Download tool to backup other files?

No. This tool is only for use with the Windows 7 ISO file purchased from Microsoft Store.

日本マイクロソフト公式 Microsoft Store ? 送料無料、30日間返品無料

なんて書かれているので、ライセンス上自由に使えるのかは謎。いや、本当にそのへんの店で買ったディスクからは作っちゃ駄目なんてライセンスだったら、正直どんな顔をすればいいのかわからないけど。

ともあれ、実のところこんなものより Windows インストールディスクから Live 起動できる機能が欲しい。Windows 7 の正式版で勝手にちょっと期待してたんだけど駄目だった*1。Live 起動で思い出して検索してみたところ、何気に Windows 7 の AIK が既にダウンロードできるようなので、これで Windows PE できるかあとで試してみるか……。

そういや、このツールいじってる時に気づいたんだけど、Windows 7 ってば Explorer で USB ストレージのコンテンツを表示していても、ちゃんとアンマウントできるようになってたのね(Explorer のウィンドウは自動的に閉じる)。なんかこの挙動を発見しただけで Windows がまともな OS になったように見える不思議。

追記

ん、Windows 7 AIK からちゃんと Windows PE のブータブルディスク作れた。Windows PE も 3.0 になってるのね。もちろん Explorer を組み込めないのは相変わらずのようで、診断および復旧用の Live OS としては基本的にゴミです。BartPE|KNOPPIX|Ubuntu の方がなんぼか使えるっちゅーねん。いやゴミは言い過ぎた、Windows 7 で追加されて尚且つインストールディスクの回復コンソールでは使えない機能がなんかしらあるよね。たぶん。

ちなみに、『Windows 7 USB/DVD Download tool』の方は Windows 7 インストールディスクの ISO 以外はそもそも受け付けないみたいだね。適当にそのへんの ISO を指定したら弾かれた。Windows 7 ベースたる Windows PE 3.0 の ISO も弾かれた。いけずゥ。

引用した FAQ の一文は、ライセンス云々よりも、Windows 7 のインストール以外の用途には使えませんよ、と解釈するの方が妥当かな?

[][]KB971644 正式版 KB971644 正式版を含むブックマーク

……よし、今度こそ Direct3D 11/Direct2D/DirectWrite 入ったな。

意外にも『重要な更新』に含まれるので、これからはネットに繋いである Vista SP2 マシンにはインストールされていると期待して良いでしょ。

Vista の WDDM がどうなったのかは、まだよぐわがんね。

Announcement: Down-level DirectX 11 RTM

  • 19 の言語 OS で公開。beta は 英語のみだったよ(^^) <クソがッ
  • DirectX SDK (August 2009) の配布ツールは正式版でも有効だよ
  • パブリックベータの KB971644 入れてた人はそのまま正式版に上書きされるよ
  • 企業マシンへの導入は色々あるだろうから管理者へ問い合わせててきとーに対策よろ
  • グラフィック関連の単体更新(KB971512)は x86,x64 共にダウンロード可能になったよ

*1:そもそも未だに MBR とか PBR を問答無用で書き換えるインストーラ仕様はなんなのよ