Hatena::ブログ(Diary)

絵本バンクの絵本棚

2017-05-11

5月9日*たまご報告

連休明けの絵本のたまごぱっかんわれた。


休み明けは、家でゆっくりしているのかな?


コミニュティルームに来てくれた親子さんは、5組と、ちょっと少なめ。


それでも、我が子のためにと、じっくりと絵本を選んだり、

絵本を読んであげたりしてました。


どっちがいい?と2冊の絵本を、子どもに聞くママ。

しかし、絵本よりは、部屋と散策するのが楽しいお年頃。

問いかけ無視で、どんどん動き回っている光景も。


そういうときは、ママが好きな絵本を選んでくださいね。


ママがご機嫌に読んでくれた絵本は、きっと、子どもも好きなはず。


絵がきれいだなあ、とか、なんか、この本、好きだな、とか、

そんな理由で大丈夫ですよ♪





f:id:ehonbank:20170512002227j:image

さて、来場の皆さんに人気なのが、ご自由にお持ち帰りくださいと、

張り紙がしている箱の中の絵本。

交換会に出すには、状態が悪い本を入れてます。

交換はできないので、区別するために、赤いマジックで印をつけてます。

通称「赤本」。


その赤本、掘り出しものがあるんです!


とくに、福音館から発行している、こどものとも関連の本は、宝の山!

え?あの作家が?なんて、掘り出しものも!

または、人間なら、アラフィフ、なかなか手に入らないようなものも。

f:id:ehonbank:20170512002937j:image

これらは、70年代から80年代にかけて、発行されたもの。


f:id:ehonbank:20170512003130j:image

美しい!見てるだけでウットリ。


こういう絵本との出会いも、赤本の魅力です。


ぜひ、赤本箱での、出会いも楽しんでくださいね。

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/ehonbank/20170511/1494516366