嗚呼、テレ日トシネマ−雑記−


予告なく加筆・修正しまくってます。東京育ちの73年生まれが書くテレビと映画と心霊と宇宙人の日記です。
コメントがつくとメールで知らせるように設定してあるので、何かありましたら過去記事でもお気軽にどうぞ。
渋谷・新宿界隈にて、現在公開中、近日公開予定の邦画情報(単館系限定)は、
右サイドバーを参照してください。

現在、スパムコメント防止措置により、
コメント欄下に画像表示されてる「英数字」を入力しないとコメント投稿できないようになっています。
万が一多重投稿になってしまった場合はこちらで消しておきますので、そのままにしておいて下さい。


0000 | 00 | 04 | 11 | 12 |
0030 | 01 | 02 | 03 | 04 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 |

2007-01-19(Fri)

[][]『僕は妹に恋をする』まもなく公開(1/20〜4/13まで)

『僕は妹に恋をする』 1/20(土)〜4/13(金)まで

f:id:eichi44:20070119073455j:image f:id:eichi44:20070119073456j:image


【監督】安藤尋【脚本】安藤尋/袮寝彩木【撮影】鈴木一博

【出演】松本潤/榮倉奈々/平岡裕太/小松彩夏/浅野ゆう子/諏訪太朗/渡辺真起子

122min/PG-12指定/2006年

□上映館:恵比寿ガーデンシネマ(〜3/30まで)/新宿武蔵野館(〜4/13まで)ほか


その時、世界は残酷なほど美しく見えた。


【STORY】双子の兄妹、頼(より)と郁(いく)。“郁は僕のお嫁さんだよ”……。幼い頃に兄・頼とかわした約束は、郁にとって大切な思い出だった。しかし最近の頼はそんなこと忘れてしまったかのように冷たい態度をみせる。しかしある夜、頼は郁に本当の想いを打ち明ける。互いに大切な存在であることを確認しあう二人。そしてそんな二人の変化に母親・咲も薄々気づき始める。郁に想いを寄せる矢野は親友である頼の相談に乗り、一方、頼をずっと好きでいた友華は二人の関係に気づきながらも頼に迫ろうとする……。


青木琴美オフィシャルサイト BlueCloverCafe(※原作者)

監督は『blue』『ココロとカラダ』の安藤尋。原作ファンは↓の【関連記事】にリンク張った監督インタビューを読んでから観に行くべし!


恵比寿ガーデンシネマ10:05/12:30の回に初日舞台挨拶あり。ただし、チケットは既に完売したそうで、初日に観に行かれる方はご注意を。新宿武蔵野館の方はいまのところ予定ナシです。


僕は妹に恋をする [DVD]

僕は妹に恋をする [DVD]

松本潤 榮倉奈々 平岡祐太 小松彩夏 in 僕は妹に恋をする

松本潤 榮倉奈々 平岡祐太 小松彩夏 in 僕は妹に恋をする


【関連記事】

安藤尋監督インタビュー

榮倉奈々インタビュー


TXJTXJ 2007/01/22 00:27 見てきました。コメディ要素もスーパーナチュラル要素も一切ないド恋愛映画…辛かった…
帰宅して↑のインタビューを読みました。この人の作品はZOO中のZOOを見たことがありました。オムニバス中では一番乙一っぽくない作品でしたかね。
(マンガのコマ割的文法とは真逆と思われる)えらく長回しなカットがぽつぽつ入るんですが、モーションコントロールカメラ!デジタル合成!ってな感じのエセワンカットではなく、ハンディさん手が震えないよう頑張れ!!ってな感じの。空気のようにナチュラルなロングカット。興味深かったです。
インタビューで言っていた、光は確かにこだわってる感じがしました。自宅・体育館・etc.

eichi44eichi44 2007/01/22 22:36 初日・二日に行きましたか! それはある意味チャレンジャーでしたね(ものすごい混んでたんじゃないですか?)
同じ題材の「くりいむレモン」が後半になるにつれ兄・妹という枷がなくなり普通の男女の恋愛映画になってしまったので、そうじゃない展開になる「僕妹」にはちょっと惹かれるんですが、なんせ役者としての榮倉奈々がちと苦手なもんで(汗)。

TXJTXJ 2007/01/23 22:11 シネコンの大きめスクリーンでしたが、がらがらでしたよ!東京ではどうだったかわかりませんが…
榮倉奈々姉は冒頭の設定通り「頭の弱い子」を演じきってました。(素かも??)一方の松本潤兄は「頭のよい子」には見えませんでしたが。
(平岡兄は好演)
個人的にうわぁ…と思った問題はですね…トモカというキャラクターで。
・メインヒロインが想いを寄せる男主人公に対して積極的な美少女
・でも本当は孤独な寂しがりや
・結局フられる
ってこれ「天使(2006)」「せかいのおわり」で安藤希姉が演じたキャラクターそのままじゃないですか。
つまりこの映画、4年前なら安藤希姉がキャスティングされていたんですよ!(←違う)
id:nozomianも更新されなくなっちゃったし、まさかこのままフェードアウトしてしまうんじゃ…といらぬ心配?をしてしまいました。

eichi44eichi44 2007/01/24 22:10 おや、そうでしたか。混んでるのって実は東京だけ?(ありがち)
そういえば希ちゃんの新作情報は全然見かけませんねえ・・・と思って検索してみたら、木根くんとやってる音楽番組では元気な姿見せてるそうなんでひとまず安心しました。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証