嗚呼、テレ日トシネマ−雑記−


予告なく加筆・修正しまくってます。東京育ちの73年生まれが書くテレビと映画と心霊と宇宙人の日記です。
コメントがつくとメールで知らせるように設定してあるので、何かありましたら過去記事でもお気軽にどうぞ。
渋谷・新宿界隈にて、現在公開中、近日公開予定の邦画情報(単館系限定)は、
右サイドバーを参照してください。

現在、スパムコメント防止措置により、
コメント欄下に画像表示されてる「英数字」を入力しないとコメント投稿できないようになっています。
万が一多重投稿になってしまった場合はこちらで消しておきますので、そのままにしておいて下さい。


0000 | 00 | 04 | 11 | 12 |
0030 | 01 | 02 | 03 | 04 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 |

2009-07-31(Fri)

今晩11:25よりNHK-BS2にてVガンダムが3話放送!(逆シャアは夜9:04から)

いやーもうついについにですよ(嬉)。先日『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』を見に行ったら、アスカとか“天使の輪”とか出てくるから案の定またVガンが見たくなって、ニコ動行ったらサントラがいっぱい上がってたからamazonで一気買いして聞きまくってたら、ここにきて「BS2で放送する!」なんてビッグニュースが入り、今日のこの日にあわせて毎日ヘビロテして気持ち高めてまいったわけです。『機動戦士V(ヴィクトリー)ガンダム』とえいば、ガンダムシリーズ中、私がもっともハマって見てた作品(V2かっこいー!光の翼最強!)。しかしながら、作った富野由悠季総監督からは「失敗作」「DVDなんて買ってはいけない」と言われ、ガンダム業界でも下から数えた方が早いぐらいに不人気で(涙)、そもそも見てる人自体少ない。唯一の救いといえば、エヴァの庵野監督が「Vガンとセーラームーンにハマらなければエヴァ作る前にアニメをやめてたか、エヴァみたいなものを作る気にはならなかったかもしれない」と擁護してくれたことと、最近また活動を再開したリンドバーグのギタリスト・川添智久氏が歌う主題歌「STAND UP TO THE VICTORY」がどこに出しても恥ずかしくないぐらいにアニソンの王道を行っててめっちゃカッコエエっていうことや、大河ドラマ『風林火山』や『砂の器』、野島ドラマの作曲家として知られる千住明氏が自他共に認める最高のサウンドトラックを作り上げてくれていまだに「自信作」と誇ってくれてること、そして人気の無さがかえってファン一人一人の愛着度を高めたってことぐらいでしょうかね(え?)。とりあえず「Vガンって名前は聞くけど見たことねえ」っていう人は、今晩NHK-BS2にて放送されるので・・・見てくださいっ!(byシャクティ

BS2「ガンダム宇宙世紀大全・第五夜」7/31(金)午後9:00〜午前0:40の放送内容

夜9:00〜 宇宙世紀の歴史が動いた(9)

出演:氷川竜介 内藤啓史アナウンサー

夜9:04ごろ〜 劇場版「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア

1988年/原案:矢立肇 原作・監督:富野由悠季 声の出演:古谷徹 ほか

夜11:04ごろ〜 福井晴敏が語るガンダムUC

出演:福井晴敏 小倉信也(設定考証担当) 古林英明(ガンダムエース前編集長)

夜11:25ごろ〜 テレビ版「機動戦士Vガンダム」

1993−1994年/原作:矢立肇富野由悠季 総監督:富野由悠季 声の出演:阪口大助 ほか

第2話「マシンと会った日」

第14話「ジブラルタル攻防」

第51話「天使たちの昇天」(最終回)

深夜0:36ごろ〜 宇宙世紀の歴史が動いた(10)

出演:氷川竜介 内藤啓史アナウンサー

まあ、放送されるって喜んだのはいいけど、ここでのVガンは「一応宇宙世紀(UC)シリーズなんで入れてみました」「でも特にコメントはありません」的な扱いっぽいかなあ(悲)。まあいいです。そんなもんです。『逆シャア』の後にやった『F91』なんて放送すらされませんから、NHKさんという大手テレビ局で流して頂けるだけでもありがたいことです(自虐)。


尚、Vガンダムの主人公・ウッソは、劇中で大人たちからものすごい子供扱いされるのですが、それもそのはず、彼は若干13才。おそらくガンダム史上最年少パイロットじゃないかと思います。13才の子供がガンダムに乗るというのがどういう状況なのかは、『釣りキチ三平』や『ALLWAYS三丁目の夕日』でおなじみ子役の須賀健太クンがガンダムに乗ってるところを想像して頂ければわかりやすいのではないでしょうか。子供を戦争の最前線に立たせることで相対した大人たちが現状の異常性に気づくという構図がたびたびとられるのがVガンの特徴のひとつでもあります。


放送が終わったら絶対また聞きたくなるのでこれを置いておきます。

『機動戦士Vガンダム』第1期OP「STAND UP TO THE VICTORY」

D

ちなみに歌詞は富野監督が書いてます。「終わりのないディフェンスでもいい」かあ。


音楽の話をもう少し詳しくしておくと、千住明さんの作ったVガンのサントラは3枚出ています(正確には4枚)。

機動戦士Vガンダム SCORE 2

機動戦士Vガンダム SCORE 2

機動戦士Vガンダム SCORE 3

機動戦士Vガンダム SCORE 3

当時のTVアニメとしては珍しいフルオーケストラで録音され、千住さん自身が当時もってた自らの引き出しの全てを使い果たした自信作と推すほどの入魂作品だけあって、ファンはもちろん、Vガンを制作した富野監督自身も「幸せ」と手放しで褒め称えるほど素敵な楽曲がたくさん詰まってる訳なんですが、私が個人的に一番好きなのは2枚目の「SCORE 2」です。

D

冒頭から好きな旋律の楽曲が続くというのもあるけれど(今回放送される「ジブラルタル攻防」でも使われまくりです)、悲壮な曲から優しい曲に勇ましい曲まで曲調もバラエティに富んでおり、合間に挟まれるボーカル入りの挿入歌が前後のオーケストラ曲から浮いてないので、クラシック方面や映画のサントラ好きにも躊躇なくすすめられるアルバムです。


そして千住さんといえばアニメのサントラ以外にもドラマや映画といろいろ手がけていてですね、ぶっちゃけ手がけすぎて似てる楽曲もたくさんあるのですが(汗)、例えば↓こちらの7分過ぎに収録されてるその名も「Vガンダム」という曲をまずお聞き頂きたい。

D


実は千住さん、以前にG1レースで流れるような競馬音楽も手がけておりまして、この曲がその競馬曲にソックリだということは公然の秘密です(苦笑)。

D

去年府中競馬場でこの曲聞いたとき普段全然ギャンブルに興味ないくせに「よーし!1レースやったるぜ!」って気分になったのはこのためか?



ちなみに↓こちらは『風林火山』のオープニングテーマをVガンの映像にあててもなんの違和感もないということで作られたMAD。

D D

(映像は第50話「憎しみが呼ぶ対決」の“リーンホース特攻”(左がMAD、右が実際のシーン)。リーンホースに乗ったジイサンたちが「あとは年寄りに任せろ」と若者を全員退艦させてジイサンたちだけで敵艦隊に特攻をかける最終回直前の名シーン。これも今夜放送して欲しかった。)



千住さんといえば、既にプレミア価格になってしまった映画「226」サウンドトラックなんかもなかなかいいんですけどね。

D

重厚で悲壮感溢れる楽曲のオンパレード。ちょっと坂本節入ってます(実はVガンもちょっと坂本節入ってます)。



関連コラム&インタビュー:

第11回 父権と『ガンダム』(@WEBアニメスタイル)

第29回 『逆襲のシャア』とキャラクターの肉づき(@WEBアニメスタイル)

第30回 『F91』と富野イズム(@WEBアニメスタイル)

Vガンダムは何故失敗したのか※富野監督によるインタビュー集

富野由悠季VS庵野秀明 〜醜いものから眼をそむける日本の子どもたち

<特別付録コラム>「∀ガンダム」と対極をなす作品「機動戦士Vガンダム」とは!?


2009-07-30(Thu)

[]8/1(土)より公開される映画情報

8/1〜

サマーウォーズ』※全国公開

 (監督:細田守 脚本:奥寺佐渡子 キャラクターデザイン:貞本義行 声の出演:神木隆之介,桜庭ななみ,谷村美月,仲里依紗,富司純子

◇インタビュー:細田守監督1,2,3/細田守監督×笠原健治(mixi社長)対談/神木隆之介×桜庭ななみ/谷村美月(製作発表会見)

山形スクリーム』※全国公開

 (監督:竹中直人 出演:成海璃子,AKIRA,マイコ,沢村一樹,田中要次,田口浩正,紗綾)

◇インタビュー:マイコ/竹中直人監督/竹中直人監督×成海璃子/成海璃子

#『劇場版ムーミン パペット・アニメーション〜ムーミン谷の夏まつり〜』(監督:マリア・リンドバーグ)※渋谷シネクイント

#『屋根裏のポムネンカ』(監督:イジー・バルタ)※渋谷ユーロスペース

#『モノクロームの少女』(監督:五藤利弘)※渋谷シアターTSUTAYA


f:id:eichi44:20090730080149j:image:left映画「サマーウォーズ」予告編

D


f:id:eichi44:20090730080247j:image:left f:id:eichi44:20090730080244j:image:left映画「山形スクリーム」予告編

D


8/1(土)〜8/14(金)まで

『西村映造 GRINDHOUSE 2WEEKS』※シアターN渋谷

上映作品:「ミートボールマシン」(山口雄大監督) 「おいら女蛮」(井口昇監督)

西村監督短編「Rejects Of Death」(10分)「ORIGINAL MBM-edit」自主映画版ダイジェスト(13分)

◇トークイベント

 8/2 (日) 13:00の回上映前  ゲスト:西村喜廣&井口昇+山口雄大ほか

 8/8 (土) 13:00の回上映前  ゲスト:西村喜廣&井口昇ほか

 8/14(金) 19:00の回上映前  ゲスト:西村喜廣&山口雄大ほか

f:id:eichi44:20090730080152j:image:left D


『ムーミン』『屋根裏のポムネンカ』『モノクロームの少女』の詳細は↓以下の記事につづく。


[][]『屋根裏のポムネンカ』まもなく公開(8/1〜9/11まで)

f:id:eichi44:20090730080331j:image:right

『屋根裏のポムネンカ(英題:In the Attic)』 8/1(土)〜9/11(金)まで


【監督】イジー・バルタ【脚本】エドガル・ドゥトカ/イジー・バルタ

【声の出演(日本語吹き替え版のみ)】貫地谷しほり/佐野史郎/楠見尚己/後藤哲夫/大塚明夫

75min/チェコ・スロバキア・日本/2009年

□上映館:渋谷ユーロスペース


【STORY】屋根裏部屋に住んでいる、人間に忘れられたガラクタたちの世界。心優しい屋根裏の人気者だが、いざとなると悪者と戦うおてんばなお人形の女の子・ポムネンカが、白昼、悪の親玉フラヴァにさらわれてしまう。ポムネンカを助け出そうと決死の大冒険に旅立つ正義感溢れる仲間たち。しかし、悪者たちはクローゼットからシーツの波で洪水を引き起こし、ブキミな蟲を放って行く手を遮る。意表をつく攻撃に何度も襲われながら、力を合わせて大事なポムネンカを探す仲間たち。果たしてぽっむねんかは無事に仲間たちのところへ戻れるのだろうか……?

イジー・バルタがこんなかわいらしいアニメーションを作るなんて! 初回11:50の回は日本語吹き替え版、残りは字幕版での上映となります。お子さんと見に行かれる方はお間違いなく。


f:id:eichi44:20090730080336j:image:left予告編

D


舞台挨拶等の予定は以下の通り。

8/1(土) 初日舞台挨拶

ゲスト(予定):貫地谷しほり(11:50の回(日本語吹き替え版)上映前)

ゲスト(予定):佐野史郎(15:30の回(字幕版)上映前)

※全席指定。チケットは既に発売中。

尚、シネクイントで上映される『劇場版ムーミン パペット・アニメーション 〜ムーミン谷の夏まつり〜』との間で相互割引が実施されます。両方観に行かれる方は半券・前売り券は捨てずにとっておいてください。

f:id:eichi44:20090730080335j:image f:id:eichi44:20090730080334j:image

【関連記事】

貫地谷しほりインタビュー


[][]『劇場版ムーミン パペット・アニメーション〜ムーミン谷の夏まつり〜』まもなく公開(8/1〜8/28まで)

f:id:eichi44:20090730080150j:image:right

『劇場版ムーミン パペット・アニメーション〜ムーミン谷の夏まつり〜』 8/1(土)〜8/28(金)まで


【監督】マリア・リンドバーグ【脚本】ミーナ・カーヴォネン/イーヴォ・バリック

【声の出演】小泉今日子(語り)/野島健児/永田亮子/水田わさび/稲葉実/高島雅羅/白熊寛嗣

87min/フィンランド/2008年

□上映館:渋谷シネクイント(モーニング&レイトショー)


【STORY】平和なムーミン谷のある夏の日。突然火山が噴火し、谷は大洪水に巻き込まれてしまいます。ムーミン一家が流れ着いたのはとある劇場。立派な舞台とすてきな衣装がたくさんあたので、ムーミンたちはここでお芝居を演じることにしました。ところがムーミンとスノークのおじょうさんが、皆とはぐれてしまいます。そして迷子になったミイは、旅から帰る途中のスナフキンと遭遇。夏祭りの日、いよいよ劇場でお芝居がはじまります。はたしてムーミンやスナフキンたちは、劇場にいるパパやママたちと無事に再会することができるのでしょうか……。

前売り販売が好調だったため、上映期間が1週間延長されレイトショーも追加されました。古いちらしとは情報が若干異なってるのでご注意を。


予告編

D


尚、ユーロスペースで上映されると『屋根裏のポムネンカ』との間で相互割引が実施されます。両方観に行かれる方は半券・前売り券は捨てずにとっておいてください。

【関連記事】


[][]『モノクロームの少女』まもなく公開(8/1〜8/14まで)

f:id:eichi44:20090730080151j:image:right

『モノクロームの少女』 8/1(土)〜8/14(金)まで


【監督・脚本】五藤利弘【撮影】芦澤明子

【出演】寺島咲/入野自由/川村亮介/有村実樹/大桃美代子/藤真美穂/モロ師岡/大杉漣/加藤武

99min/2009年

□上映館:渋谷シアターTSUTAYA(モーニング&レイトショー)


【STORY】地震で壊れたままになっている中学校校舎跡。原くるみは、幼馴染の五十嵐広志とともに3年前の地震の際に失くした、当時憧れていた小林健太から幼い頃に貰ったキーホルダーを探しに校舎跡にやってきた。そんなくるみの想いを知る広志もまた、複雑な想いを抱いていた。 それぞれの想いの中、校舎内を探す二人は古い木箱を見つける。 中には、哀しげに微笑を向ける少女の写真が入っていた。 引き込まれるように、写真を見ていると写真の少女が二人に語りかけた。 「ここから出して・・・ただ、あの人に会いたい・・・」少女の切ない想いを感じたくるみと広志は、写真の少女が言った「あの人」を探すことに……。


予告編

D


舞台挨拶等の予定は以下の通り。

8/1(土)朝9:35の回 初日舞台挨拶

ゲスト(予定):寺島 咲、入野自由、川村亮介、五藤利弘 監督

※全席指定。チケットは既に発売中。

【関連記事】


2009-07-29(Wed)

[]7/29(水)、7/30(木)のテレビ番組

最近うちのブログは「死体農場」「放送禁止」「エレナ 究極のラブストーリー」という物騒なワードで検索されまくってるのですが、「放送禁止」はいつものことなので置いとくとして、残る2つはいったいどこで話題にのぼってるのかと探してみると、「死体農場」は町山さんが今度見に行くらしくて、「エレナ」は2chまとめサイトの「画速:怖い放送事故、奇妙な事件、UMAなどを語るスレ」(118の名古屋の拉致映像が怖すぎ*1)が発端ということがわかりとりあえずスッキリしました。


というわけで、もう夜ですが、まずは水曜日。

夜9:00-11:00,0:40-2:30

BS2『ガンダム宇宙世紀大全・第三夜』

9:00 宇宙世紀の歴史が動いた(5)

9:07 映画「機動戦士Zガンダム2 恋人たち」

10:44 検証!ガンダムの謎

0:40 ガンダムと私(片桐仁

0:45 映画「機動戦士Zガンダム3 星の鼓動は愛

2:24 宇宙世紀の歴史が動いた(6)


夜10:00-10:54

TBS『クメピポ!絶対あいたい1001人』←最終回

“今夜はある意味今のテレビを作った二人から皆様へのざんげと遺言です…”

ゲスト:ビートたけし 司会:久米宏


深夜11:59-0:59

TBS『あらびき団スペシャル』


深夜0:12-0:43

テレビ東京『ゴッドタン・神の舌』

“まさか熱狂マジ歌ライブ”


深夜0:00-2:20

WOWOW『舞台「夜は短し歩けよ乙女」』

原作:森見登美彦 脚本・演出:東憲司 

出演:田中美保 渡部豪太 ベンガル 辺見えみり 綾田俊樹 


深夜2:38-3:38

フジテレビ『NONFIX 戦火の中のゴリラ 秘境からの叫び』

“今年は「国際ゴリラ年」だが、2年前の2007年7月、コンゴ民主共和国・ビルンガ国立公園で2ヶ月の間に7頭ものゴリラが虐殺され世界中に衝撃が走った。アフリカで最も資源豊な国であるがゆえに渦巻く欲望の中で起きる利権争いと乱開発。今も秘境といわれ大自然の残るコンゴの密林、その闇の奥深くで今何が起きているのか。番組ではその真実を追う。”


そして木曜日。

夜9:00-11:00,0:40-2:30

BS2『ガンダム宇宙世紀大全・第四夜』

9:00 宇宙世紀の歴史が動いた(7)

9:08 機動戦士ガンダムZZ#2「シャングリラの少年」#18「ハマーンの黒い影」

9:55 富野監督語録(出演:土田晃之 喜屋武ちあき 高橋良輔 大河内一楼 朴ろ美 井上伸一郎)10:36 機動戦士ガンダムZZ#28「リィナの血(後)」

0:40 機動戦士ガンダムZZ#35「落ちてきた空」

1:03 ガンダムと私(赤坂真理

1:09 機動戦士ガンダムZZ#36「重力下のプルツー」

1:33 ガンダムと私(戸谷友則)

1:38 機動戦士ガンダムZZ#46「バイブレーション」#47「戦士、再び……」

2:26 宇宙世紀の歴史が動いた(8)


夜11:00-11:30

フジテレビ『5LDK』

沢村一樹エロ激恥映像足フェチで…成海璃子


夜11:15-0:10

テレビ朝日『アメトーーク!』

“豪華?“最近の一発屋事情”有吉&ダンディ&HG&三瓶&ムーディ&藤崎&つぶやき&長州小力…悲しい現実”


深夜3:03-3:38

TBS『東京少女 大政絢←新番組



*1:youtubeコメント欄によると、トランクに詰め込まれた男性は後日遺体となって発見されたそうです。叫んでる女性は男性のツレあい。

2009-07-28(Tue)

[]歌手・川村カオリ、死去

うわあ、ついこないだじゃん。キミハブレイク金スマでやったのって。

がん闘病の川村カオリさんが死去(@日刊スポーツ)


歌手で女優の川村(かわむら)カオリさん(本名・川村かおり)が28日午前11時1分、都内で死去した。38歳だった。04年に乳がんで左乳房を切除。05年に芸能活動を再開したものの、08年10月に再発。今年5月に東京・渋谷でコンサートを行ったのが最後になった。今月1日には新たな転移も見つかり、治療に専念していた。モスクワ出身。葬儀・告別式は親族と友人のみで営まれる。


[]俳優・山田辰夫、死去

最近見かけることが少なくなってたのはこのためだったのか。

「おくりびと」農民役の山田辰夫さん死去(@日刊スポーツ)


個性派俳優の山田辰夫(やまだ・たつお)さんが26日午前10時15分、胃がんのため東京都日の出町の病院で死去した。53歳だった。葬儀は27日に近親者のみで行われた。


 山田さんは05年6月に胃がんが見つかり、胃の全摘出手術を受けた。その後、入退院を繰り返したが、昨年暮れに別の部位に転移が見つかり入院。6月26日、自らの希望でホスピスに転院していた。


 最後の仕事は映画「沈まぬ太陽」(10月24日公開)。転移が分かった後での仕事だったが「依頼された仕事はやり通したい」と撮影に臨んだという。(中略)

日の出町のホスピスって日の出ケ丘病院のことだろうな。うちと同じとこだ。そうか、最後はあそこに行ったのかあ。山の中で周り杉だらけだけど、この時期なら花粉も飛んでないし静かだし、うまいこと部屋が空いていて良かったです。


2009-07-27(Mon)

[]7/28(火)のテレビ番組

というわけで火曜日。なにげにTBSでは朝から『未成年』の再放送が始まってるんだね(いつからだろ)。あと夏休みということで夜7時からテレ東で映画『学校の怪談2』(野村宏伸西田尚美前田亜季出演)が放送されます。

昼1:20-1:55

テレビ朝日『徹子の部屋 アンタッチャブル


夜9:00-0:10,0:40-2:30

BS2『ガンダム宇宙世紀大全 第二夜』

 ★9:00 宇宙世紀の歴史が動いた(3)

 9:04 劇場版「機動戦士ガンダム 第08MS小隊 ミラーズ・リポート」

 ★9:55 ガンダム小説のディープな世界

 10:10 劇場版「機動戦士ガンダム0083 ジオンの残光」

 ★0:40 実物のガンダムを夢見て

 0:49 劇場版「機動戦士Zガンダム 星を継ぐ者

 ★2:24 宇宙世紀の歴史が動いた(4)


夜11:00-11:30

フジテレビ『人志松本の○○な話 新・ゾッとする話』


夜11:58-0:28

日本テレビ『99プラス』

“衝撃鳥居みゆき除霊で異変淑女になる(秘)瞬間目撃”



深夜0:10-0:40

NHK『名将の采配[最終回]  重耳・経験が生んだ奇策の勝利』


深夜0:30-3:15

WOWOW『舞台「鴨川ホルモー」』

原作:万城目学 脚本・演出:鄭義信 

出演:石田卓也 芦名星 中川真吾 秋山奈々 上田悠介



[]7/27(月)のテレビ番組

いよいよもうパソコンの反応の遅さと「そのバージョンでは更新できません。10.4以降からです」というメッセージに耐えるのも限界に来たという感じ。firefoxも更新中によく落ちるし、MacのOSがsnowなんとかに変わる9月あたりでpower mac book proへの買い換えを検討中。もう5年近く使ってるので体感速度は相当速くなるはず(というかなってくれないと困る)。なんてたって私としては初のインテル入ってるマシーンですからね。インテルさん、たのんますよ。でももろもろ含めて20万かあ。そろそろ地デジ対応ブルーレイ付HDDレコーダーも買わないとならんし(東芝さん、早く諦めて再生専用じゃなく録画機能付きの製造に乗りだして下さい)。出費が・・・。


というわけでまずは月曜日。今日からテレ東では昼にレイ・ハリーハウゼンの70年代モデルアニメ特撮映画特集が始まりますね。そしてBS2では今夜からガンダム祭りが。といっても今回の私の興味は金曜日だけです!(いよいよ「Vガンダム」がBSに登場!!!)

夜9:00-10:55,0:40-2:30

BS2『ガンダム宇宙世紀大全 第一夜』

“▽ガンダム傑作選!▽新宿駅前に1万5千人のガンダムファンが集結!アニメ新世紀宣言”

 ★9:00ガンダムワールドへようこそ

 ★9:10宇宙世紀の歴史が動いた(1) 

 9:12テレビ版「機動戦士ガンダム」第1話「ガンダム大地に立つ!!」 

 9:36テレビ版「機動戦士ガンダム」第2話「ガンダム破壊命令」

 ★10:00ドキュメント・アニメ新世紀宣言 

 10:30テレビ版「機動戦士ガンダム」第5話「大気圏突入」

 0:40テレビ版「機動戦士ガンダム」第13話「再会、母よ…」

 ★1:04ガンダムと私 美樹本晴彦 

 1:08テレビ版「機動戦士ガンダム」第19話「ランバ・ラル特攻!」 

 ★1:33ガンダムと私 高千穂遙 

 1:37テレビ版「機動戦士ガンダム」第41話「光る宇宙」 

 2:01テレビ版「機動戦士ガンダム」第43話「脱出」 

 ★2:26宇宙世紀の歴史が動いた(2)


夜10:00-10:54

日本テレビ『しゃべくり007 』

“絶対借りたくなる恋愛映画対決…竹中直人&泰造怪演▽ハリセンはるか入院話謝罪&春菜激怒”


夜10:00-11:19

TBS『まさかのBパターン研究所』

“衝撃写真を今夜大連発ウーパールーパーを食べる?実写版アトムのスゴイ姿!空飛ぶエイB級グルメ旅ロンブー”


夜11:55-0:20

日本テレビ『飛び出せ!科学くん

“風船カメラ再び宇宙へ!皆既日食を成層圏から激撮せよ”


深夜0:00-2:45

WOWOW『舞台「風が強く吹いている」』

三浦しをん原作 鈴木哲也脚本 鈴木裕美演出 

出演:黄川田将也 和田正人 渋江譲二 高木万平 高木心平


深夜0:10-0:40

NHK『アレ今どうなった?[最終回]  西鉄高速バス乗っ取り事件』

“西鉄高速バス乗っ取り事件▽遺族の今”


深夜1:10-2:10

フジテレビ『忌野清志郎デビュー30周年記念特番!“サンキュー!忌野清志郎!!愛してます!!!”』

本日よりTBSでは月8『水戸黄門』新シリーズが放送スタート。


2009-07-26(Sun)

[]ほんとに大変だった!浅野・香川らが語る映画『劔岳 点の記』撮影裏話

画作りが“昔ながらの日本映画”って感じだったのもまた良かったのか、山好きの年配層の心をガシッと掴み興行収入も無事20億の大台に乗った映画『劔岳 点の記』。配給した東映はもちろん、協力した山岳・測量業界もひと安心といったところですかね。「日本地図最後の空白地点を埋めるために」って言葉だけでグッとくる身としては、まあ普通に泣きましたけど(え?>いいじゃないかw)、「長げえなあ」って感じでもぞもぞされてる方もいらっしゃったので、「山にも測量にも特に思い入れはない」という方は、それなりの期待で見に行かれるといいかと思います。少なくとも“剣岳”という山の凄さは伝わると思いますので。監督は暑苦しい方ですが、映画自体は涼しげな映像のオンパレードだけに夏の暑い日に観に行かれるとサイコーだと思います。


『剣岳 点の記』といえば、「実は本編よりメイキングの方が面白いんじゃね?」「メイキングも同時公開すれば良かったのに」なんて話もちらほら出ており、早くもDVD特典に期待がかかっているわけですが、公開前に木村大作監督をはじめ、浅野忠信香川照之ら出演陣が宣伝のためにいくつかの番組に出演して語ったさまざまな裏話が大変面白かったので、大ヒット記念にメモっておこうかと思います。スタッフの中には実際に怪我をされた方もいるので現場は本当に大変だったと思います。

続きを読む

2009-07-25(Sat)

[]窪田くんの新作続報いろいろ(十三人、ドグちゃん、ママは昔)

ここに来て新作情報相次ぐ窪田正孝くんですが、画像がいろいろ手に入ったり近況が各所で報告されたりしたので、まとめてお知らせしときたいと思います。


◆映画「十三人の刺客」(監督:三池崇史

ニュースサイトでは小さくて見えなかった侍姿の窪田くんでしたが、ご本人のブログで同じ事務所の先輩・山田孝之くんと映った2ショット写真がアップされていました。

『十三人の刺客』(@窪田正孝ブログ「改造計画」)

窪田君はピシッとしていてなかなかかっこいいですね(岡っ引きみたいですが)。対する山田くんですが、クローズZEROの時同様、撮影風景を遠巻きに映した写真で見るとどうしてこうも頼りなげで不安にさせるのでしょう(汗)。いいのです。山田さんはスクリーンでこそ映える男なのです!


ちなみに『ケータイ捜査官7』でもお世話になった制作会社・楽映舎さんが今回この映画も担当しております。楽映舎さんといえば、窪田くんを母親目線で見守ってらっしゃるスタッフさんがいて(実際、窪田君のお母さんと同い年なんだそうです。そりゃあ母親目線にもなるわな)、ケータイ捜査官放送終了後も、撮影裏話や、仕事先で見聞きした窪田君の近況などをよくレポしてくれるのですが、キャスト正式発表を受け、こちらでの窪田君情報も晴れて解禁となりました。

2009年7月24日版 ポテ子の「京からのお便り」その1(@週刊ラク)

やはり今回の役は三池さんからのご指名でしたか。そりゃあ本人嬉しかったでしょう。張り切りすぎて怪我だけはしないようほんとに気をつけてもらいたいです。


関連過去記事:

三池崇史監督『十三人の刺客』の刺客の一人に窪田正孝も入ったー!


◆ドラマ『古代少女ドグちゃん』(毎日放送で10月より放送スタート)

「そういえばドグちゃんも撮影中じゃなかったの?」「主演だけど掛け持ち大丈夫?」とご心配の皆さん、井口監督情報によればつい先日、全12話無事クランクアップしたようです。

直井君、色々アップしたり完成したりしとるぞ!(@映画監督・井口昇OFFICIAL BLOG)

今回は撮了のおしらせだけですが、詳しい内容についてはまた改めて書いてくれるようです。


公式サイトはこちら。

『古代少女ドグちゃん』公式サイト


関連過去記事:

窪田クン、関西ローカルドラマ『古代少女ドグちゃん』(清水崇・井口昇ほか監督)で主演!(でも見れねえ!>いや見れる?)


◆ドラマ『ドラマW ママは昔パパだった』(WOWOWで8月23日より放送スタート)

最後はWOWOWの連続ドラマ。性同一性障害を扱った社会派ホームドラマです。出演はラスト2話(第5・6話)だけでキャスト欄にもまだクレジットされてませんが、主人公と同じ“性同一性障害”に悩む青年役で出演しており、法改正に向け共に活動するという役柄のようです。WOWOW加入者に送付される月刊誌に写真がいくつか掲載されてたのでこちらにもUPしておきます(性転換before/afterですね)。

f:id:eichi44:20090726093137j:image f:id:eichi44:20090726093136j:image


よりキレイな女装写真は窪田君のブログでどうぞ。

きゃ!!(@窪田正孝ブログ「改造計画」)


公式サイトも出来上がっております。

『ドラマW ママは昔パパだった』公式サイト(8/23(日)夜10時より放送。全6話。第1話はノンスクランブル放送)

戸田さんのブログによれば正式な記者発表は8月になってからだそうです。


関連過去記事:

ヘタレ返上? 我らがケイタ(@ケータイ捜査官7)、我らがアキラ(@浪花の華)こと、俳優・窪田正孝の次回作は・・・


◆映画『僕の初恋をキミに捧ぐ』(監督:新城毅彦)

おまけ。岡田将生くん主演のこの映画にも友人役で出演しております。写真とかは特になし。

映画『僕の初恋をキミに捧ぐ』公式サイト ※2009年10月24日より東宝系全国公開(劇場一覧


[]7/26(日)のテレビ番組

やっと晴れたー。出かけるつもりだったけど、この天気を逃すわけにはいかないので家で洗濯・フトン干し三昧です。フジでは恒例の26時間テレビも始まりましたねえ。ヘキサゴンは特に興味がないので夜の「さんま&中居」と「カマ騒ぎ」だけ録画しつつうたた寝見。そういえば、ケータイから「浅野忠信 舞美」でたくさん検索かけられるんだけど、ケータイ界わいでは浅野君の離婚報道と矢島舞美ちゃん主演「冬の怪談」の舞台挨拶がごっちゃになってニュース配信されてるの?(もしくは付き合ってるとか、親戚ですとか、親子ですとか、共演しますとか、そういう話?)


というわけで土曜日は間に合わなかったので(夜、うたた寝したら日付変わってた)、とりあえず日曜日。

昼2:00-4:00

TBS『古代アンデス大発掘“地底のメッセージ”黄金国家シカンと格闘した30年』

“執念の考古学者にTVカメラ空前の密着!そこには大量の黄金と不可解な謎とドラマが…”


夜9:54-10:48

テレビ東京『ソロモン流』

“女優・りょうの魅力▽家族とのプライベートを初公開▽木村祐一とほろ酔いトーク▽初主演舞台の練習風景”


夜10:00-0:11

WOWOW『ドラマW 都市伝説セピア』公式

「フクロウ男」監督・脚本:落合正幸 出演:成宮寛貴  

「死者恋」監督・脚本:落合正幸 出演:原沙知絵 いしのようこ 余貴美子

アイスマン」監督:八木毅 脚本:村井さだゆき 出演:入江甚儀 佐野史郎 松元環季

都市伝説セピア (文春文庫)

都市伝説セピア (文春文庫)


夜11:00-0:00

東京MXテレビ『松嶋×町山未公開映画を観るTV』

“「Education of Shelby Knox[前]」絶対禁欲教育に挑んだ女子高生”


深夜0:10-0:55

NHK『わたしが子どもだったころ 俳優・作家 大鶴義丹』


深夜0:20-1:00

BS2『アニメギガ アニメーター・西尾鉄也

“「NARUTO」「人狼」「スカイクロラ」「攻殻機動隊 S.A.C. 2ndGIG」のキャラクターデザイン・作画監督を手がける西尾鉄也をゲストに迎え、作画術について聞く”


2009-07-24(Fri)

[]浅野忠信chara夫妻が離婚!

(※土曜日に書いてます)

いやああああ、ここだけは別れないで欲しかったのに!

浅野忠信とcharaが離婚「別々の道を」(@サンスポ)


俳優の浅野忠信(35)とミュージシャンで女優のchara(41)が25日、離婚したとcharaの公式ホームページで発表した。


 2人は連名で「私たちは、この度、協議離婚をいたしました。プライベートなことですが、応援していただいているファンの皆様にはお伝えしなくてはならないと考え、ご報告することにいたしました」と綴っている。


 そして「二人でよくよく話し合った末、これからも尊敬しあい尊重し合って行くために、別々の道を歩こうということになりました。これからも二人の子を持つ父として、あるいは母として、そして、尊敬し合う友人として、それぞれの役割を果たしながら協力し合って行きたいと考えています」とコメントしている。(中略)


 浅野とcharaは1995年3月に結婚、同年に長女が、99年には長男が誕生している。(中略)

結婚生活14年で離婚かあ。松岡くんとこもムラジュンのとこも別れちゃっただけに、ここだけは、ほんとにここだけは別れて欲しくなかったんだけどなあ。


-追記-

続報。

Charaが子供引き取る…浅野忠信と離婚(@デイリースポーツ)


浅野の所属事務所は「ここ数カ月で、話が急に進展したようです」と説明。最近になって、すでに別居状態に入っていたとのことで、1男1女はCharaが引き取っているという。


2009-07-23(Thu)

[]7/25(土)より公開される映画情報

『冬の怪談〜ぼくとワタシとおばあちゃんの物語〜』※シネマート六本木

 (監督:上野コオイチ 出演:矢島舞美(℃-ute),原田大二郎,木村延生,福田花音(ハロプロエッグ),中島マリ)

#『真夏の夜の夢(さんかく山のマジルー)』(監督:中江裕司)※シネマノン有楽町2丁目,シネマート新宿

#『時空警察 Hyperion (ハイペリオン)』(監督:畑澤和也) ※シネマート新宿

#『学校裏サイト』(監督:福田陽平)※ヒューマントラストシネマ渋谷

#『サムライプリンセス 外道姫』(監督:梶研吾)※シアターN渋谷

#『 アジール・セッション(同時上映:ハルヲ)』(監督:アオキタクト)※テアトル新宿


映画「冬の怪談〜ぼくとワタシとおばあちゃんの物語〜」予告編

D


それからお台場シネマメディアージュで上映されてた水野美紀主演『ハード・リベンジ、ミリー ‐ブラッデイバトル‐』が7/27(月)より約1週間、渋谷UPLINK FACTORYにて上映されます。



『冬の怪談』以外の詳細は↓以下の記事につづく。


[][]『真夏の夜の夢』まもなく公開(7/25〜9/4まで)

f:id:eichi44:20090724220446j:image:right

『真夏の夜の夢』 7/25(土)〜9/4(金)まで


【監督】中江裕司【脚本】中江素子/中江裕司【撮影】高間賢治

【出演】柴本幸/蔵下穂波/平良とみ/平良進/和田聰宏/中村優子/照屋政雄/玉城満

105min/2009年

□上映館:シネマノン有楽町2丁目(8/28まで)/シネマート新宿


【STORY】ゆり子は、東京での恋に疲れて、世嘉冨(ゆがふ)島に帰って来たのです。大きな三角山がそびえる緑豊かな島。そこは幼い頃、カマドおばぁと暮らした懐かしい場所でした。ところが、近頃は、島を出る家がたくさんあって、島の守り神精霊(キジムン)、マジルーたちも淋しがっていたのです。ゆり子が島に帰って来たのは、そんな時でした。ゆり子は、青年会のお芝居のヒロインにされそうになったり、村長の野望に巻き込まれそうになったり、てんてこ舞い。そこに不倫の恋人、敦がゆり子を追ってくるわ、敦の妻の梨花は現れるわで、小さな島は大騒動! でも、マジルーの役目は、この島を、そして、ゆり子を守ること。さっそく、目を覚まして最初に見たものに恋してしまう“恋の秘薬”を振りまいて大活躍! こんがらがったゆり子の恋の結末は?そして、島の未来は……?

シェイクスピアの「真夏の夜の夢」を『ホテル・ハイビスカス』の中江裕司監督が沖縄を舞台にした人間と精霊の物語へと大胆にアレンジ。地元・沖縄では『真夏の夜の夢』ではなく『さんかく山のマジルー』というタイトルで公開されてるそうです。



f:id:eichi44:20090724220456j:image:left予告編

D


舞台挨拶等の予定は以下の通り。

7/25(土)11:10の回上映前 初日舞台挨拶(@有楽町)

ゲスト(予定):中江裕司監督、柴本幸、蔵下穂波、照屋政雄、藤澤ノリマサ

※全席指定。チケットは既に発売中。

7/25(土)11:15の回上映後 初日舞台挨拶(@新宿)

ゲスト(予定):中江裕司監督、柴本幸、蔵下穂波、照屋政雄、藤澤ノリマサ

※全席指定。チケットは既に発売中。

7/26(日)16:00の回上映後  トークショー(@有楽町)

ゲスト(予定):中江裕司監督、中村優子

※全席指定。当日朝10:30頃よりチケット販売。

【関連記事】

中江裕司監督インタビュー1,,柴本幸&中江裕司監督インタビュー


[][]『時空警察 Hyperion (ハイペリオン)』まもなく公開(7/25〜8/14まで)

f:id:eichi44:20090724220346j:image:right

『時空警察 Hyperion (ハイペリオン)』 7/25(土)〜8/14(金)まで


【監督】畑澤和也【脚本】竹田裕一郎【撮影】土田淳一

【出演】和田三四郎/森久保祥太郎/しほの涼/山口ひかり

min/2009年

□上映館:シネマート新宿


【STORY】私立探偵・折尾光四郎は助手の冬木玲菜と共に、ヨコハマの片隅で探偵業を営む自称名探偵。彼らの正体は、22世紀から時を越えて来た「時空警察ヴェッカー」の時空刑事オリオン、レナリーである。ある日、折尾探偵事務所に「兄を探して欲しい」と訪問する美人依頼者、瀬野里香子。捜査を開始した二人に突如襲い掛かる謎の女カルラ。カルラは22世紀のバイオテクノロジーで自らを改造した「時間犯罪者」だった。カルラを追跡中、光四郎の変身スーツであるオリオンフォームが強制解除されてしまう。玲菜は単独でカルラを追い詰めるが、目の前で別の時空刑事がカルラをアレスト(逮捕)する。その時空刑事は時空特捜サリーこと春日さりあ。玲菜の研修生時代の親友だった。しかし何故か、さりあは玲菜を知らないと言う。そんな中、光四郎と玲菜の前に、彼らの宿敵とも言える織田優生が現れる。そして彼こそが、「時空刑事オリオン」なのだと……!?


7/25(土)14:00の回上映後に初日舞台挨拶あり。ゲストは和田三四郎、森久保祥太郎しほの涼、山口ひかり、寺島拓篤新名彩乃、畑澤和也監督、南辻史人アクション監督を予定。残念ながらチケットは既に完売しております。


その他のイベント情報は以下の通り。

8/2(日)12:30の回上映後 『特撮ショー/ハイペリオンがやって来る!』

ゲスト(予定):和田三四郎、しほの涼、山口ひかり、アクションクルー

8/14(金) 14:30の回上映後トークショー

ゲスト(予定):森久保祥太郎寺島拓篤新名彩乃


【関連記事】


[][]『学校裏サイト』まもなく公開(7/25〜8/21まで)

f:id:eichi44:20090724220407j:image:right

『学校裏サイト』 7/25(土)〜8/21(金)まで


【監督】福田陽平【脚本】山本清史/福田陽平【撮影】

【出演】山田悠介/水沢奈子/白石隼也/片岡信和/聡太郎/黒田耕平/日向寺雅人/松田祥一坂本真/街田しおん

109min/2009年

□上映館:ヒューマントラストシネマ渋谷


【STORY】伊吹学園で真田という生徒が飛び降り自殺を図った。生徒会長の藤原隼人(山田悠介)は、自殺の原因となったいじめの裏に何かあるのではないかと感じ担任の相沢京子(街田しおん)に問いただすが、逆に「気をつけてね」という意味深な言葉をかけられる。その後、藤原は街で次々と何者かに追われ襲われる。そのうちの一人を掴まえ問いただすと、学校プロフサイトへの登録者が強制的にとあるゲームに参加させられてるというのだ。ゲームでは、手持ちのポイントが0になるとゲームオーバーとなり自らの秘密が暴露されるという仕組みになっている。真田が自殺を図ったのもこれが原因なのではないか。そう感じた藤原は、自らの秘密を守り、この理不尽ゲームに勝ち残ることを誓った。そう、藤原には知られてはならない理由があったのだ……。


予告編

D


舞台挨拶等の予定は以下の通り。

7/25(土)10:00の回上映後 初日舞台挨拶

ゲスト(予定):山田悠介水沢奈子・白石隼也・聡太郎・黒田耕平・日向寺雅人・福田陽平監督・+Plus

※全席指定。チケットは既に発売中。

【関連記事】

聡太郎インタビュー


[][]『サムライプリンセス 外道姫』まもなく公開(7/25〜8/21まで)

f:id:eichi44:20090724220338j:image:right

『サムライプリンセス 外道姫』 7/25(土)〜8/21(金)まで


【監督】梶研吾【脚本】林壮太郎【撮影】吉沢和晃

【特殊造形】西村喜廣/石野大雅【アクションコーディネーター】小原剛/南辻史人

【出演】希志あいの/水野大/片岡明日香/しいなまお/平瀬美紀/唐橋充/島津健太郎/みひろ

min/2009年

□上映館:シアターN渋谷(21:10〜レイトショー)



【STORY】からくり(機械人間)が発達して、人間に危害や災いをなす事が多くなり御上は、【からくり禁止令】を発令させたが時すでに遅く、盗みや殺しが各地で広まり混沌とした世の中になった。そんな中、ある森で完全武装の野武士たちが旅芸人の女、11人を惨殺した。その光景を目の当たりにしたのは、僧侶・蓮情と狂人と呼ばれる天才科学者・狂楽であった。成仏できない女たちの叫びを聞き、彼女たちに手を貸すことを決めたふたり。狂楽が体内に11種類の武器を内蔵させ、刀で斬られても、銃で撃たれても死なない不死身の肉体を持ったからくりの女武者を造り、【黄泉の滝】で女たちの霊魂を呼び寄せてからくりの体に魂を宿らせ、覚醒復活をさせた。からくりの女武者=【外道姫】の誕生である! 蘇った11人の魂を持つ【外道姫】は、復讐を果たすため野武士たちとの戦いを繰り広げる。しかしそこに待ち受けていたのは、人間の魂を持たない最強の憎しみの塊の機械の怪物だった……。


予告編

D


舞台挨拶等の予定は以下の通り。

7/25(土) 上映前 初日舞台挨拶

ゲスト(予定):梶研吾監督、水野大、綾部武、西村喜廣(特殊造形)

※当日朝10:35より整理券配布。

8/1(土)上映前 初日舞台挨拶

ゲスト(予定):梶研吾監督、希志あいの

※当日朝10:45より整理券配布。

【関連記事】


[][]『アジール・セッション』まもなく公開(7/25〜8/7まで)

f:id:eichi44:20090724220325j:image:right

『アジール・セッション(同時上映:ハルヲ)』 7/25(土)〜8/7(金)まで


【監督・脚本・CG制作・音楽】アオキタクト

【声の出演】根本正勝/平野綾/松山タカシ/前田剛/西松和彦/相橋愛子/かねこはりい

60min/2009年

□上映館:テアトル新宿(モーニング&レイトショー)


【STORY】文明は発展をとめ、衰退した遠未来の社会。刑事の父と二人暮らしのヒヨコは、美大を目指す高校生。亡き母の描いた絵を勝手に処分した父に反発し、家出する。行くあてのないヒヨコが迷い込んだのは、人々がテントで日々生きるスタジアム“アジール”。ヒヨコはそこで、ストリート・チルドレンのリーダー、アキラと出会う。利権のため、街の美化を名目にスタジアムの取り壊しを図る警察。スタジアムの住人達は取り壊し反対運動として、ストリートカルチャーのイベント“アジール・セッション”を計画する。メインパフォーマーとして、スタジアムの巨大なキャンパスに絵を描くことになったアキラはヒヨコから絵の描き方を学ぶことに。“アジール・セッション”準備が大詰めにさしかかるとき、警察は強硬手段でスタジアムの取り壊しを開始するが……。



同時上映:『ハルヲ』

【監督・脚本・CG制作】アオキタクト

【声の出演】相元ゆうき/箱森ゆめ/ニシカワヨシト/磯部たかし

30min/2005年

注意! 初日は舞台挨拶開催のため同時上映は無し


予告編

D


舞台挨拶等の予定は以下の通り。

7/25(土)9:30/21:20の回上映後 初日舞台挨拶

ゲスト(予定):アオキタクト監督、根本正勝(9:30のみ)、平野綾(9:30のみ)

※全席指定。チケットは既に発売中。

【関連記事】


2009-07-22(Wed)

[][]トークショーいろいろ

追加情報が出てましたのでお知らせしておきます。

美代子阿佐ヶ谷気分』(@渋谷イメージフォーラム

7/28(火)19:10の回上映前

 ゲスト(予定):佐々木誠(映画監督)×坪田監督

7/29(水)19:10の回上映前

 ゲスト(予定):高野慎三北冬書房主宰)×坪田監督

7/30(木)19:10の回上映前

 ゲスト(予定):竹馬靖具(映画監督)×坪田監督


『築城せよ!』(@テアトル新宿

7/31(金)18:55の回上映前 プロデューサー対談

 ゲスト(予定):益田祐美子(平成プロジェクト代表『築城せよ!』プロデューサー)、春藤忠温(『南極料理人』製作会社パレード 代表取締役)

8/7(金)18:55の回上映前 映画への出資に至るまでの経緯・秘話

 ゲスト(予定):小松昭夫(「築城せよ!」スーパーバイザー/小松電機産業?代表)


あんにょん由美香』(@ポレポレ東中野

7/26(日)20:30の回上映後

ゲスト(予定):松江哲明監督×岡宗秀吾(演出家/『とにかく金がないTV』『全日本コール選手権』)

7/28(火)20:30の回

ゲスト(予定):松江哲明監督×宮崎吐夢(俳優)

7/31(金)20:30の回

ゲスト(予定):松江哲明監督×東良美季(AVライター)

尚、現在ユーロスペースで上映中の『ウルトラミラクルラブストーリー』は8/1(土)よりレイトショーのみとなりますので、遠方にお住まいの方はお早めに。逆にポレポレ東中野で上映中の『あんにょん由美香』は8/1(土)より18:15/20:30の回の1日2回に上映回数が増えますので、終電が気になる方は8月以降にどうぞ。


そういえば、先日『美代子阿佐ヶ谷気分』トークショーでしばらくぶりに生・水橋研二を見てきました。『むずかしい恋』トークショーのときはソフトマッチョって感じでしたが、あれからまた絞ったのかかなりシャープになっていて、このインタビュー写真よりも更に若返ってました。テンションも高く、遅れて来たお客さんに「いらっしゃいませ!」なんて声掛けたり、服装も黒のジャケットに半ズボン(!)で、非常に可愛らしかったです。漫画家つながりということもあってフジテレビで放送された『これでいいのだ!!赤塚不二夫伝説』の話にも触れてくれたのですが、あれを演じてた頃の水橋君はいまより少し太っていたこともあり、若かりし頃の赤塚先生の印象にあわせるためスタッフに「痩せましょうか?」って尋ねたけれど「晩年も演じて貰うのでそのままでいいです」と言われたそうです。オファーを受けてからクランクインまで1週間ぐらいしかなかったそうですが、撮影は『美代子〜』の方が先だったので実在する漫画家を演じることについてはそれほど気負わずに臨めたとか。ちなみに水橋くんが赤塚先生役で出ることを事前に把握していなかった坪田監督は、『美代子〜』のキネコ作業中にたまたまこの番組をテレビで見ていてすごく驚き、すぐ水橋くんに電話をかけて「なんで出てるの?」って思わず聞いてしまったそうです(笑)。


2009-07-21(Tue)

[][]『ニッポンの大家族 Saiko! The Large family 放送禁止 劇場版』を観た(@池袋シネマ・ロサ)

連休中に見てきました。年配の人の姿もあり、「真っ当なドキュメンタリー映画と間違えてるんじゃないか?」と一瞬心配になりましたが、とりあえず笑ってくれてたんで良かったです(汗)。


放送禁止 劇場版 ~ニッポンの大家族 Saiko! The Large family [DVD]

放送禁止 劇場版 ~ニッポンの大家族 Saiko! The Large family [DVD]


4本分のネタを1本に詰め込んだ劇場版1と比べると、今回はかなりあっさりした作りになってましたね。内容や時系列を把握するために何回も見たり、真相について議論が白熱するといった類の作品ではないため、「さあ、謎解き頑張るぞー!」と意気込んで観ると肩すかしをくらう可能性は高いです。そもそも「あなたには真実が見えましたか」といういつもの問いかけ自体今回はありませんので、浦さん一家をフューチャーした「スピンオフ作品」だと思って、普通のドキュメンタリーのように、浦家の子供達の成長ぶりを楽しんだり(蜜柑ちゃんを筆頭に何人かの子は「放送禁止2」と同じ子役がそのまま演じてます。残念ながら林檎ちゃんは前とは別の人です)、お父さんの奮闘ぶりや子供達の頑張りを見守っていると、最後に「おお!そういう展開できたか!」というオチがついてスッキリ終わるといった感じでしょうか。シリーズ中もっとも笑える作品であり、恒例の「見切れ」はあいかわらずドキッとします。


以下、「放送禁止2 呪われた大家族」と映画「ニッポンの大家族 放送禁止 劇場版」のネタバレです。ただし謎解きは割愛(見てもらえばだいたい分かるし、知りたい人はネットのあちこちにUPされてるのでそちらを参照されたし)。代わりに、劇場版だけでは解決できない“ナゾ”というか、ベロニカ・アディソン版「ニッポンの大家族」(=今回の劇場版)とは別の真実を描いた長江俊和版「ニッポンの大家族」(=放送禁止7)でも制作されない限り解決しないであろう“疑問点”を野暮を承知で列記しときます。

続きを読む

2009-07-20(Mon)

[]7/21(火)〜7/24(金)のテレビ番組

アイシテル〜海容〜』ようやく見終わったよ。胃が痛くなるような展開じゃなくて良かった(消さなくて良かった)。ていうか、最終回手前のお墓で出会うシーンがラストカットだと勘違いして、そのすぐ後に「次回最終回!」ってテロップ出たときゃビックリしたよー(笑)。


まずは火曜日。

夜11:00-11:30

フジテレビ『人志松本の○○な話 ゾッとする話』

出演:勝俣州和、原西孝幸、木下隆行、ケンドーコバヤシ、ゴリ、島田秀平、タケト、いとうあさこ、佐原肇


夜11:30-11:58

TBS『チュー'sDAY コミックス 侍チュート!

“徳井絶対許せない人▽最強竹中直人伝説キャラ”


夜11:58-0:29

日本テレビ『99プラス』

“騒然鳥居みゆき暴走トーク結婚(秘)話に号泣のワケ”


深夜0:10-0:40

NHK『名将の采配  ナポレオン・“常識破り”が勝利への道』

出演:松嶋尚美


ついで水曜日。本日、皆既日食です。

昼1:05-1:55

NHK『スタジオパークからこんにちは

“景勝を「天地人」で熱演中!北村一輝の強烈な俳優人生!!”


夜9:00-9:53

日本テレビ『ザ!世界仰天ニュース  場の空気が分からない…脳の不思議SP』

“ある女性の苦しみ…人の心が理解できない脳の障害…壮絶な人生”


夜9:00-9:54

フジテレビ『ザ・ベストハウス123

“子供を救う神ワザ医師目が飛び出し緊急手術▽顔面崩壊少女に奇跡感動実話&映像公開▽驚き日本人”


夜10:00-10:54

TBS『クメピポ!絶対あいたい1001人』

“変幻自在のミラクル個性派俳優竹中直人…今夜は特別秘儀開封!なつかしの抱腹絶倒モノマネ連発”


夜11:00-11:30

NHK『SONGS 吉川晃司』

曲目:にくまれそうなNEWフェイス、RAIN−DANCEがきこえる、せつなさを殺せない、終わらないSun Set、El Dorado


深夜0:45-1:08

フジテレビ『ラボ☆マイスター』

“水深千メートル特殊生物研究”


深夜0:59-1:44

日本テレビ『EXILE GENERATION』

“恐怖!稲川淳二の(秘)怪談に絶叫タカヒロ”


木曜日。本日昼3:00より「振り返れば奴がいる」再放送。フジテレビさんはこれぐらい古いのをガンガン再放送していってください。「アイシテル」一気見したら田中美佐子熱が上がってきたので、できれば「OUT」も見たい。日テレは「リミット」やってTBSが「十年愛」やってくれれば満足です!(>無理!無理だから!)

深夜0:10-0:40

NHK『ドキュメント 20min.におい刑事(デカ)』

““クサイ”に挑むプロフェッショナル〜▽謎の悪臭旅館を救え▽ミソカツ”

日本テレビの木曜深夜ドラマ『猿ロック』(福田雄一脚本、前田哲・塚本連平ほか監督、市原隼人・高岡蒼甫出演!)は本日より放送スタート。


最後は金曜日。

夕方6:00-6:30

テレビ東京『サキよみ ジャンBANG!』

“ついに「こち亀」登場!▽原作者・秋本治先生のアトリエにアメザリがお邪魔▽有野晋哉


夜8:00-8:45

BS2『BS熱中夜話 ガンダム(前編)』

“シャア対アムロその魅力を語る”


夜10:30-0:45

NHK教育『劇場への招待 ヨーロッパ企画 第27回公演“ボス・イン・ザ・スカイ”』

上田誠作・演出 石田剛太 酒井善史 角田貴志 諏訪雅 土佐和成 中川晴樹 永野宗典 西村直子ほか


夜11:15-11:45

TBS『A-Studio 天海祐希


深夜0:35-1:05

テレビ朝日『タモリ倶楽部  車内放送装置のパイオニア 八幡電気産業 BEST10』

ゲスト:乾貴美子 半田健人 山田五郎 南田裕介


深夜0:45-2:50

BS2『ミッドナイトステージ館  舞台“BIG BIZ〜宮原木材危機一髪!〜”』

脚本:後藤ひろひと 演出:G2 出演:松尾貴史粟根まこと(劇団☆新幹線)、八十田勇一、松永玲子(ナイロン100℃)、後藤ひろひと(Piper)


深夜1:05-0:35

テレビ朝日『爆笑問題の検索ちゃん』

“暴走太田笑撃の史上最長トーク”


深夜3:44-4:44

TBS『スジナシ 竹中直人

“鶴瓶爆笑即興の神が登場…竹中直人の世界観が大爆発歴史的名作”

TBS金10『オルトロスの犬』(加藤新・今井夏木演出、滝沢秀明・錦戸亮水川あさみ原田夏希忍成修吾出演!)は本日より放送スタート。


そういえば、8月最終週の「ミッドナイトステージ館」は押井守演出『鉄人28号』だね。私が忘れたときのために、ファンの皆さん、お忘れ無く。


2009-07-19(Sun)

[]三池崇史監督『十三人の刺客』の刺客の一人に窪田正孝も入ったー!

前にちょっとだけ触れた『十三人の刺客』主要キャストについてようやく公式発表来ました。撮影自体は既に始まってるので、キャスト情報についてはあらかた出ており、もうとにかくすごいメンツで早く公式発表してくれとwktkしながら待ってたら、まさかの窪田クン! 予定に入ってなかったのに! しかも刺客のひとりで出るとは!(嬉) 三池監督ありがとー!!!!!!

「十三人の刺客」 役所広司でリメーク(@スポニチ)


片岡千恵蔵さん主演で1963年に公開された映画「十三人の刺客」がリメークされることになり、山形県鶴岡市の庄内映画村で撮影がスタートした。幕末の中山道を舞台に、幕府の密命を受けたお目付け役が、暴君で知られる明石藩主の暗殺を企てる物語。片岡さんが演じたお目付け役は役所広司(53)。このほか松方弘樹(66)山田孝之(25)伊勢谷友介(33)ら豪華な13人が藩主の首を狙う。来年公開。(中略)


13人の刺客が藩主を木曽落合宿で追い詰める殺陣シーンは、オリジナルでは約30分続き、時代劇映画史上最長と言われている。その見せ場の撮影は8月中旬以降、同映画村で行われる予定。最後には、昨年8月から約2億円をかけて製作した宿場町のセットが爆破され炎上。豪快に破壊されるという。三池崇史監督(48)は「当時の時代劇映画が持っていた熱、パワーを今の技術で再現したい」と意気込む。(中略)


 オリジナルとは設定を若干変更。豪華キャストのうち誰が生き残るのか、あるいは全滅するのか――来年の邦画界注目の1作がいよいよ動きだした。

ずらり勢ぞろいした十三人の刺客。前に座る伊勢谷友介。左から、近藤公園波岡一喜、六角精児、沢村一樹山田孝之役所広司、松方弘樹、伊原剛志古田新太、高岡蒼甫、石垣佑磨窪田正孝(Photo By 提供写真)

写真小さくてよくわからねえ!w でもいいや。もうすごいすごい! このメンツに入るなんて。しかも一番若手じゃないw。嬉しい! ちなみに谷村美月ちゃんも出るという情報が漏れ伝わってきておりますが、当初メンツに入ってた江口くんやみったん、絢斗くんあたりの名が無くなってるので(2ch情報によるとその代わりに伊原さん、伊勢谷くん、窪田くんが入ったらしい)、こちらの公式発表も早く早くお願いします! 


山田くんはね、『クローズZERO』見たときに「武将キャラもイケるなあ。次は是非時代劇で見たい!」と熱望してたので、数ヶ月前にこのメンツに入ってるって聞いたときは思わずガッツポーズでしたよ。沢村さんはセクスィー部長で有名ですけど、『必殺仕事人2009SP』に出たときの浪人役がものすごーーーいかっこよかったの!艶っぽくて色っぽくて。だからここでもああいう感じの役だといいなあ。


-追記-

えぐっちゃんはバイク事故のせいってわかるんだけど、なんでみったんもと思ったら「海猿3」の撮影が8月から始まっちゃうのか。


-追記-

公式サイトOPEN! 9月25日公開です。

http://13assassins.jp/


[]全監督全脚本家インタビューが収録された「ケータイ捜査官7」オフィシャルブックがついに発売!

ついに発売!ってもう発売されてるんですけどね。ようやく手に入れて読み終わりました。

ケータイ捜査官7オフィシャルブック カーテンコール

ケータイ捜査官7オフィシャルブック カーテンコール

[rakuten:book:13229693:detail:small]

(※amazonが画像載っけてくれないので楽天もつけてみました)


アニメ畑の人が書いた脚本をVシネ畑の監督陣が撮るという、プロダクションI.G.&三池崇史の人脈なくしては生まれないような異色タッグマッチで制作された『ケータイ捜査官7』。それだけに、三池さんとか押井さんといった有名どころだけじゃなく、他のスタッフからも裏話がいっぱい聞きたいなあ、できればインタビュー本か無理ならスタッフだけ集めて新宿ロフトでイベントやってくれんかなあと切望してただけに、関わった監督・脚本家全員からインタビューとったこの本は待ちに待った待望の1冊であり、ほんとにほんとにありがとうございました。だって1話しか書いてない脚本家さんにもちゃーんとインタビューとってるんですよ! しかも一人2ページも。ほんとに目の付け所がステキです。


これね、なにが一番驚いたって、シリーズ構成・脚本を担当した冨岡淳広さんですよ。三池監督との2ショット写真が掲載されてるんだけど、どう見てもVシネ俳優と監督にしか見えない(え?そこ?)。ぶっちゃけ三池さんより強面です(笑)。


インタビューでいえば、「並列分散リンクは使い捨てのネタのつもりで書いた(山口宏(脚本)・談)」てのは意外でしたね。冨岡さんと監修を担当した苫米地さんの間であらかじめ決まってたことなのかと思ってました。CGチームが頑張りすぎて、見てるこちらがドン引きするぐらい生理的に気持ち悪く表現できちゃったのがいけなかったんでしょうか?(苦笑) あと「テレ東なんて途中で社長と会長が出てきて「視聴率は気にしなくていい。思うようにどんどんやってください」って言い切りましたから(三池崇史監督・談)」とかさ、そういうことは早く教えといて下さいよ。こっちは視聴率見るたびにすごく心配してたんですから(というかテレ東より視聴率も制作費もあるくせに堪え性のないどこかの局の社長と会長に爪のあかでものませたい)。それから着身シーンについて「武将が鎧を着けるイメージです(森下勝司P・談)」とか、「ソフトバンクの孫社長が『24』のファンだって聞いたので、アンダーアンカー本部のセットは『24』のCPUをイメージした(辻裕之&西海謙一郎監督・談)」とか(笑)、「ええー!?」ていうような裏話が盛りだくさんで非常におもしろかったです。


読んでて嬉しかったのが、「実写の脚本を書くのは初めて」というアニメ畑の脚本家さんたちが「すごく楽しかった」とか「またやりたい」って言ってくれたり、自分がメインで書いたキャラクター(それも俳優さんが演じた方)をとても気に入ってくれて「このキャラでもっとこんな話も書きたかった」って言ってくれたり。逆に普段生身の人間ばかり撮ってるVシネ畑の監督さんがフォンブレイバーに対する思い入れを熱く語ってくれてるのとか聞いてると、こちらもついつい顔がにやけてしまいます。


最後は壮絶な《別れ》で締めくくった『ケータイ捜査官7』ですが、インタビュー読んで「やっぱ三池監督っていろいろ考えてるんだなあ」と改めて思わされたのがこの部分。

三池 携帯電話と人間ってお別れ慣れしてるんですよ。昔だったら1つのオモチャと別れるのってすごく悲しかったのに、今は新しいものが出たら取り替えるのが当たり前になっている。

「お別れ慣れ」って言われてみるとそうかも。


それから『URL』というホラーエピソードを撮った鶴田法男監督が、窪田正孝クンが異常な恐がりで撮影に支障が出るぐらいだったと語っており、それ聞いて腑に落ちたことがひとつあったんだけど、『URL』の回で「ケータイの画面に心霊動画が映し出され、それを凝視してケイタが涙目になる」っていうシーンがあったのね。今までに何本も心霊もの見てきたけど、心霊動画を見て「涙目になって固まる」っていう芝居を見たのはこれが初めてだったのよ(たぶん)。一瞬驚いたんだけど、すぐに「ああでもこのリアクション、ありだな。逆にいままでなんで無かったんだろ」って思って、なんかすごく新鮮に感じ、「さすが、窪田クン!やるね!」なんて思ってたんだけど、あれは「ケータイ画面に怖い映像が映ってるって想像しただけでほんとに怖くなってっきちゃって気付いたら涙目になってた」ってオチだったのかい?(苦笑)


 * * * * *


というわけで、本にはまだまだたくさんの裏話が載っております。ファンの皆さん、書店に行った際はお忘れ無く!



2009-07-18(Sat)

[]7/19(日)、7/20(月・祝)のテレビ番組

『さんま新教授』の美月ちゃん、かわいかった〜。いまどきあんなに料理がヘタクソな子も珍しい(笑)。逆ギレしたり開き直ったりあたふたして助けを求める様が涙出るくらいオモシロ可愛かったので、次に出るときもまた料理に挑戦してほしいです。そして、金スマのツリーマン特集。こっちもすごかった〜。予想はしてたけど、キミハブレイクで使った映像を1時間もまるまる使い回すとは(苦笑)。「ディレクターが同じだから」とかそんな理由ありなのか? キミハが好きで毎週見てる人がいたら、ツリーマンの裏話を金スマで流してキミハでやらないとか失礼すぎるだろ(え?「またキミハで使い回すから大丈夫」だって? ああ、それなら良かった・・・ってオイ!w ほんとにやりそうだからなあ)。


というわけで日曜日。

朝10:00-11:45

フジテレビ『笑っていいとも!増刊号』

タモリ休みの一週間…テレフォン緊張の連続織田裕二に戸田恵梨香泰葉に初登場ケンコバ各曜日反省”


夜10:00-11:50

WOWOW『ドラマW 人間動物園』公式

“ある“誘拐事件”をめぐる、犯人と刑事達との壮絶な盗聴合戦。次から次へと浮上する容疑者たち。誘拐劇に隠された犯人の目的とは?本当は誰が“誘拐”されたのか? 刑事はなぜ狙われたのか?愚直なベテラン刑事が誘拐事件の真相を解明するまでを、複雑に入り組んだトリックと二転三転の手に汗握る展開で描き出す。”

演出:田中誠 脚本:鴻池康久 原作:連城三紀彦 制作協力:オフィス・シロウズ

出演:松本幸四郎 江守徹 高畑淳子 山本太郎 小島聖 三田村邦彦 東ちづる 永島敏行 温水洋一 新井浩文 佐藤藍子 銀粉蝶 岩田さゆり 江口のりこ


夜10:56-11:26

日本テレビ『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!

“芸能人釣り対決(後編)”


夜11:00-11:30

TBS『情熱大陸 ミュージシャン・斉藤和義


夜11:00-0:00

東京MXテレビ『松嶋×町山未公開映画を観るTV』

“「WHAT WOULD JESUS BUY?」[後]・買い物やめろ教会の伝道”



深夜0:10-0:55

NHK『わたしが子どもだったころ 俳優・宇梶剛士


深夜0:20-1:00

BS2『マンガノゲンバ

クッキングパパの現場”


深夜0:50-1:20

TBS『報道の魂 検証・足利事件報道−私たちはどう報じた』


深夜0:50-1:20

日本テレビ『NNNドキュメント'09』

“福祉施設の暗部に迫る▽知らぬ間に銀行口座が…生活保護ビジネス”


ついで月曜日(祝日)。本日よりTBS昼の部が大改変。30年以上続いた4時台時代劇枠が廃止され、『水戸黄門』再放送は5時台に移動します。

朝9:55-10:50

TBS『サムスンスペシャル 伝えたい!僕らの夢 聴導犬が教えてくれたチカラ〜あすなろ学校の物語〜』

演出:田沢幸治 出演:中村蒼 田中えみ 鶴田真由 安藤麻吹 左とん平 


夜9:00-10:54

TBS『20世紀スポーツ名勝負 ライバル伝説…光と影』

“怪物・江川卓×西本聖禁断の巨人エース争いいつもお前が憎かったシンクロ小谷実可子×奥野史子!壮絶な女の戦いあなたが邪魔だった…松坂大輔×野球あきらめた敗者▽中田英寿×野人・岡野雅行秘話▽堤真一


夜11:25-0:54

BS2『BS熱中夜話スペシャル 追悼マイケル・ジャクソン


夜11:30-0:00

TBS『飛び出せ!科学くん

“古代生物シーラカンス登場!幻の超深海魚を捕獲せよ”


[]7/18(土)のテレビ番組

いやあ、ようやくNHK土9「リミット〜刑事の現場2」見ましたよ。大塚恭司ディレクターとの最兇バッテリーで『女王の教室』という剛速球をぶん投げた脚本家・遊川和彦が新たなるフィールドで再び挑んだ「悪魔もの」(笑)。期待通り、ブッチ切りの今期イチオシ、骨太ドラマでした。「おめぇもしっかり踏みとどまって、闘え!人間なら!」ってもうw、黒・金八こと武田鉄矢の説教に笑いが止まりません。斉藤洋介も見たこと無いような芝居で魅せるし(あいかわらずNHKはベテランの引き出し開けるのが上手い!)、黒・金八の影響でダークサイドに堕ちる(?)未來くんがいまから楽しみ。このペースで全5回を走り抜き、本年度1位の座をゲットしてもらいたいです。


土曜日。NHK土曜ドラマ『リミット〜刑事の現場2』をご覧の皆さま、今夜は直前に野球中継が入るため、放送開始時間に十分注意して下さい(一応、30分遅れの夜9:30スタートということになってますが、延長の場合は以降の番組に休止・変更ありとのこと。休止ならいいけど繰り下げだけは勘弁!)。

昼0:00-3:40

WOWOW『舞台「ムサシ」』

作:井上ひさし 演出:蜷川幸雄 出演:藤原竜也 小栗旬 鈴木杏 辻萬長 吉田鋼太郎 白石加代子


夜7:00-8:54

TBS『キズナ食堂スペシャル』

モーニング娘。の同窓会”


夜10:30-11:20(野球中継延長の場合、休止・変更あり)

NHK『ワンダー×ワンダー  シャル・ウィ・“ラスト” ダンス?』

“バレリーナ・草刈民代、夫婦で挑んだ引退までの日々▽プライベート映像を初公開!▽周防正行監督が撮影”


深夜3:20-3:50

フジテレビ『映画の達人2エンドクレジッツ 美術監督・種田陽平

日本テレビ、土9枠『華麗なるスパイ』(君塚良一脚本、長瀬智也フカキョン・杏・寺島進出演!)は本日より放送スタート。初回は2時間SPです。うわあ、土曜9時は遊川さんと君塚さんの直接対決なのか。同じジャンルじゃなくてちょっと残念(でも視聴者取り合いになるのはイヤだからこれでいいのか)。


ちなみに、大塚恭司ディレクターといえば、若い頃はボクサー志望だったそうで、↓こんな面白いインタビューがUPされてました。

「戦士と語る」その69 大塚恭司さん(TVディレクター)


2009-07-17(Fri)

[]7/18(土)より公開される映画情報

アマルフィ 女神の報酬(仮題:アマルフィ 女神の50秒)』※全国公開

 (監督:西谷弘 原作:真保裕一 出演:織田裕二,天海祐希,戸田恵梨香,佐藤浩市)

#『不灯港』(監督:内藤隆嗣)※渋谷ユーロスペース

#『カフェ・ソウル』(監督:武正晴)※渋谷シアターTSUTAYA

#『窓ノ外ノ世界』(監督:松村清秀)※渋谷シアターTSUTAYA

#『築城せよ!』(監督:古波津陽)※テアトル新宿

#『ウォレスとグルミット ベーカリー街の悪夢』(監督:ニック・バーク)

 ※渋谷シネマ・アンジェリカ,立川シネマシティ,銀座テアトルシネマ


f:id:eichi44:20090716213131j:image:left映画「アマルフィ 女神の報酬」予告編

D


7/18(土)〜7/31(金)まで

#『映画美学校セレクション2009』※渋谷ユーロスペース




『不灯港』『映画美学校セレクション2009』『カフェ・ソウル』『窓ノ外ノ世界』『築城せよ!』『ウォレスとグルミット』の詳細は↓以下の記事につづく。


[][]『不灯港』まもなく公開(7/18〜8/28まで)

f:id:eichi44:20090716213152j:image:right

『不灯港』 7/18(土)〜8/28(金)まで


【監督・脚本】内藤隆嗣【撮影】

【出演】小手伸也/宮本裕子/広岡和樹/ダイアモンド・ユカイ/斉藤文太/柴崎武史/田中次郎/麿赤兒

101min/2008年

□上映館:渋谷ユーロスペース


万造、38歳。

職業、漁師。

嫁、募集中。


【STORY】小さな港町で漁師として働く万造は、父親の残した漁船に乗り、来る日も来る日も沖へ出て網を曳く毎日。たまの楽しみはうらびれたバーで酒を飲むこと。平屋の一軒家に一人暮らし。もちろん、独身。町役場主催のお見合いパーティーへ出かけるも、時代錯誤なファッションと寡黙な性格がアダとなり結果は惨敗…。そんな孤独な男・万造が、ある日コケティッシュで都会的な魅力を持つ美津子に出会い、一目ぼれ。彼女のために持つものすべてを投げうっても、万造はこれまでの人生で一番幸せだった。しかし、そんな幸福な日々は長くつづく訳もなく……。

昨年度の第18回PFFスカラシップ作品がPFF2009開催中のこの時期に、併せて公開となりました。監督はPFFアワード2006で企画賞を受賞した「MIDNIGHT PIGSKIN WOLF 」の内藤隆嗣監督。ちなみに内野監督、現在番組制作会社スペードワンに勤めているようなので、これからどこかの番組で名前を見かけることがあるやもしれません。


予告編

D


舞台挨拶等の予定は以下の通り。

7/18(土)12:20/14:30の回 初日舞台挨拶

ゲスト(予定):小手伸也、宮本裕子、広岡和樹、ダイアモンド・ユカイ内藤隆嗣監督

※チケットぴあにて既に発売中。

【関連記事】

内藤隆嗣監督インタビュー1,2,3



[][]『映画美学校セレクション2009』まもなく公開(7/18〜7/31まで)

『映画美学校セレクション2009』 7/18(土)〜7/31(金)まで

□上映館:渋谷ユーロスペース(〜レイトショー)


【上映作品&スケジュール】※作品詳細はこちら

◆7/18(土)(2本立て/合計110分)

 『2001映画と旅』監督:黒沢清 出演:市沢真吾、高橋洋古澤健、藤森朋果

 『大いなる幻影』監督:黒沢清 出演:武田真治唯野未歩子、億田明子

◆7/19(日)(2本立て/合計78分)

 『春雨ワンダフル』監督・脚本:青山あゆみ 出演:鈴木卓爾北川智絵、小沢紗季

 『意外と死なない』監督・脚本:大九明子 出演:億田明子、けーすけ、愛染恭子

◆7/20(月)(2本立て/合計111分)

 『五尺三寸』監督・脚本:別府裕美子 出演:佐久間駿、石原圭人、川上将平

 『どこまでもいこう』監督・脚本:塩田明彦 出演:鈴木雄作、水野真吾、芳賀優里亜

◆7/21(火)

 『ルック・オブ・ラブ』監督・脚本:植岡喜晴 出演:戸田昌宏、葉月蛍、温水洋一

◆7/22(水)

 『アカシアの道』監督・脚本:松岡錠司出演:夏川結衣渡辺美佐子高岡蒼佑杉本哲太、藤田弓子、りりィ

◆7/23(木)

 『害虫』監督:塩田明彦 脚本:清野弥生 出演:宮崎あおい蒼井優田辺誠一

◆7/24(金)(2本立て/合計83分)

 『赤い芝生』監督・脚本:梅内美江子 出演:菊地百合子(菊地凛子)、山根光雄、桜井辰博 ほか

 『みつかるまで』監督・脚本:常本琢招/共同脚本:藤田一朗 出演:板谷由夏、水橋研二、諏訪太朗

◆7/25(土)(3本立て/合計102分)

 『綱渡り』監督・脚本:小出豊出演:浅野翔太、松橋かずき、長谷川智也 ほか

 『蘇州の猫』監督・脚本:内田雅章 出演:黄金井直子、アッサム、川田希 ほか

 『とどまるか なくなるか』監督・脚本・編集:瀬田なつき 出演:嶺野あいか、洞口依子桐本琢也 ほか

◆7/26(日)(2本立て/合計86分)

 『人コロシの穴』 監督・脚本:池田千尋 出演:桐野ゆき、磯沙智代、木田貴裕 ほか

 『女たち』 監督・脚本:佐藤央 出演:佐古真由美、篠田剛、野口満里子 ほか

◆7/27(月)(2本立て/合計104分)

 『犬を撃つ』監督・脚本:木村有理子 出演:堀江慶、山内知栄、糸井光琳、赤木香

 『独立少女紅蓮隊』監督:安里麻里 脚本:南川要一 出演:東海林愛美立花彩野太田千晶 ほか

◆7/28(火)(3本立て/合計100分)

 『モリムラ』監督・脚本:村山圭吾 出演:東哲哉、佐藤智幸、さわいりしのぶ ほか

 『殺しのはらわた MASTERS OF KILLER』監督・脚本:篠崎誠 出演:嶋田久作唐橋充藤田陽子 ほか

 『狂気の海』監督・脚本:高橋洋 出演:中原翔子、田口トモロヲ、長宗我部陽子

◆7/29(水)(3本立て/合計96分)

 『魔眼』監督・脚本:伊藤淳 出演:谷更紗、小田篤、渡辺美穂子、舘美涼、秋山輝雄 ほか

 『大拳銃』監督・脚本:大畑創 出演:小野孝弘、岡部尚、宮川ひろみ ほか

 『×(かける)4』監督:万田邦敏 脚本:福井早野香 出演:砂野安紀、梓未來、苧坂淳 ほか

◆7/30(木)(ドキュメンタリー2本立て/合計89分)

 『築地五丁目』監督:五十嵐恭子

 『あおぞら』監督:加瀬澤充

◆7/31(金)(ドキュメンタリー2本立て合計107分)

 『SELF AND OTHERS』監督:佐藤真 撮影:田村正毅 ナレーション:西島秀俊

 『AA 第1章 時代の未明から』監督:青山真治 出演:大友良英近藤等則佐々木敦 ほか


【関連記事】


[][]『カフェ・ソウル』まもなく公開(7/18〜9/4まで)

f:id:eichi44:20090716213142j:image:right

『カフェ・ソウル』 7/18(土)〜9/4(金)まで


【監督】武正晴【脚本】金杉弘子【撮影】

【出演】John-Hoon/斎藤工/チェ・ソンミン/キム・ドンウク/京野ことみ

min/2009年

□上映館:渋谷シアターTSUTAYA


【STORY】韓国はソウル、その街の片隅にひっそり佇む伝統菓子屋「牡丹堂」。フード・ルポライターの井坂順(齋藤工)が偶然出会ったその店は、寡黙だが腕の良い店主・サンウ(チェ・ソンミン)が一人で切り盛りしていた。サンウの人柄と牡丹堂の味に魅了された順はこの店で取材する事に決めるが、牡丹堂は地元のヤクザから立ち退きを迫られていた。そのいざこざからサンウが怪我をしてしまい、しばらくお菓子作りが出来なくなってしまう。そこにサンウの弟・サンヒョク(John-Hoon)が現れる。初めは反発しあう順とサンヒョクだったが、牡丹堂を守るために協力していく二人の間に、いつしか不思議な友情が芽生えて行く。しかしヤクザの刺客としてサンウのもう一人の弟・サンジン(キム・ドンウク)が現れたことにより牡丹堂は窮地に陥ることとなる。牡丹堂の運命は?バラバラになってしまった家族の絆は? それはサンヒョクが作る想い出の味がカギを握っていたのだった……。


予告編

D


舞台挨拶等の予定は以下の通り。

7/18(土)10:25/12:50の回 初日舞台挨拶

ゲスト(予定):斎藤工、武正晴監督

※全席指定。チケットは既に発売中。

カフェ・ソウルオフィシャルガイ (Bamboo Mook)Navigate DVD “カフェ・ソウル” featuring 斎藤工Navigate DVD “カフェ・ソウル” featuring John-Hoon

【関連記事】


[][]『窓ノ外ノ世界』まもなく公開(7/18〜7/24まで)

f:id:eichi44:20090716213145j:image:right

『窓ノ外ノ世界』 7/18(土)〜7/24(金)まで


【監督・脚本】松村清秀【撮影】

【出演】中村誠治郎/秋山莉奈/根本正勝/椎名鯛造/寿里/松嶋初音/河野弘樹/あじゃ

min/2009年

□上映館:渋谷シアターTSUTAYA


【STORY】都内に小さなショップをオープンしたばかりのジュン。家賃の安さ以外にこれといって取り立てるべきものの無いその店は、見事なまでに本日もお客さんが入ってこない。仕事中にもかかわらず趣味のネットサーフィンに興じるジュンは、ふと気になるホームページを見つける。そのページに掲載されている絵はとても女性的で、どれも窓辺から見える風景を描いていた。じっくりと絵を眺めた後、“Mail”と書かれたリンクボタンをクリックし、おもむろにメールを打つジュン。そのメールは、ミサという女の子の元に届く。何度かのメールのやりとりを経て、うち解け合う二人。ジュンはミサの住む街に興味を抱き、ミサの元を訪れる。しかしそこでジュンが見たのは、車椅子に乗った女の子だった。彼女はALSという、10万人に1人の確率で発症する神経変性疾患で、病状の進行がきわめて速く、有効な治療法が確立されていない難病に蝕まれていた……。


予告編

D


舞台挨拶等の予定は以下の通り。

7/18(土)19:40/21:30の回 初日舞台挨拶

ゲスト(予定):中村誠治郎、秋山莉奈、根本正勝、椎名鯛造、寿里、松嶋初音、河野弘樹

※全席指定。チケットは既に発売中。

【関連記事】


[][]『築城せよ!』まもなく公開(7/18〜8/7まで)

f:id:eichi44:20090717234028j:image:right

『築城せよ!』 7/18(土)〜8/7(金)まで


【監督】古波津 陽【脚本】【撮影】

【出演】片岡愛之助/海老瀬はな/阿藤快/江守徹/藤田朋子/津村鷹志/ふせえり/木津誠之

min/2009年

□上映館:テアトル新宿


【STORY】2009年、過疎化がすすむ町・猿投(さなげ)に突如として現れた3人の戦国武将。彼らは自分の城を完成できずに無念の死を遂げた侍の霊だった。殿様の「築城せよ!」という号令のもと、町おこしを願う住民たちを巻き込んで、壮大かつ無謀なプロジェクトが始まる。しかも素材は段ボール、築城期間はわずか3日。彼らの意味不明な号令と傍若無人な振舞いに住民たちもあきらめムード。しかし「いつまでも心に残る城こそ、本物である」という熱心な殿様の姿に、大学生ナツキは心を打たれる。いつしかナツキを中心に町民たちも一つにまとまり、築城は進んでいく。一方、工場誘致で町おこしを狙う町長一派が、段ボール城を包囲する。果たして城は無事完成するのか……?

6/20(土)より新宿ピカデリーにて上映されていた『築城せよ!』が今週末よりテアトル新宿へと場所を移し、引き続きイブニング上映されることになりました。


予告編

D


舞台挨拶等の予定は以下の通り。

7/20(月・祝)18:55の回上映後 トークショー

ゲスト(予定):海老瀬はなさん(井原ナツキ役)、木津誠之(ゴン・権大夫役)、古波津陽監督 

※全席指定。チケットは既に発売中。

【関連記事】

海老瀬はなインタビュー海老瀬はな&阿藤快&古波津陽監督インタビュー古波津陽監督&益田祐美子プロデューサー インタビュー


[][]『ウォレスとグルミット ベーカリー街の悪夢』まもなく公開(7/18〜9/4,9/19〜10/2まで)

f:id:eichi44:20090718101707j:image:right

『ウォレスとグルミット ベーカリー街の悪夢』 7/18(土)〜9/4(金)、9/19(土)〜10/2(金)まで


【監督】ニック・パーク【脚本】ニック・パーク/ボブ・ベイカー

【アニメーション制作】アードマン・アニメーションズ

【声の出演】津川雅彦/森久美子

29min/2008年

□上映館:渋谷シネマ・アンジェリカ立川シネマシティ(8/21まで)/銀座テアトルシネマ(8月初旬まで)


【STORY】奇想天外な発明品でいつも大騒動を巻き起こしてしまうウォレス。そんなお間抜けな主人をけなげに守ろうといつも大活躍の愛犬グルミット。このコンビの今回のお仕事は、“街のパン屋さん” 。ふっくら焼けた美味しそうなパンを、みんなのお家に配達してまわります。でもよく見ると、働いているのは、やっぱりグルミットばかり!? ウォレスは、街で出会ったかつてのCM女優パイエラ・ベークウェルに恋をして、仕事に熱が入らない様子です。おまけに、街で起こっている「パン屋さん連続殺人事件」の犯人にウォレスが狙われていることを知ったグルミットは、あの手この手で主人を救おうとします。それでも能天気なウォレスはまったく気づいてくれません。はたして、グルミットはウォレスを救うことができるのか……?


同時上映:デジタルリマスター版「チーズ・ホリデー(1989年)」「ペンギンに気をつけろ!(1993年)」「危機一髪!(1995年)」(新字幕、新吹替)

原題は「Wallace & Gromit in A Matter of Loaf and Death」。2008年のクリスマスに本国イギリスで放映され58%とという驚異的な視聴率を叩き出した29分の新作短編「ベーカリー街の悪夢」に、旧作3本をつけて公開。長編かと思ったら短編だったのか。


予告編

D

オリジナル版の予告見ると、津川さんがウォレスって適任じゃない? すげえ似てる、声が。ちなみに上映は字幕、吹き替え両方ありますのでお好きな方でどうぞ。


2009-07-16(Thu)

[]7/17(金)より公開される映画情報

『Wednesday〜アナザーワールド〜』※シネマート六本木 3日間限定上映

 (監督:東真司 出演:北村悠(FLAME),山本博子,原田龍二,原田大二郎)

実写版 まいっちんぐマチコ先生』※シネマート六本木 2日間特別上映

 (監督:植田中 出演:相澤仁美,赤井沙希,小池唯,川口直哉,野村大輔,及川奈央


7/17(金)〜8/5(水)まで

#『第31回ぴあフィルムフェスティバル(PFF2009)』※東京国立近代美術館フィルムセンター大ホール


『PFF2009』の詳細は以下に続く。

[]『第31回ぴあフィルムフェスティバル』まもなく開催(7/17〜8/5まで)

梅雨が明けたところでまた今年もこの季節がやってまいりました!「渋谷東急(クロスタワーホール)」から京橋にある「東京国立近代美術館フィルムセンター」に移っての開催となった今年のPFF(渋谷再開発の影響なんでしたっけ?>うろおぼえ)。会場変更による一番の違いはなんといっても「全席指定制」になったことでしょうか。といっても当日券以外全てチケットぴあでの販売になるため、座席は「前方」「中央」「後方」ぐらいしか選べないようでなかなかむずいですね(追記:実際にチケット買った方から情報いただきました。席はチケットぴあ店頭で細かく選べるそうです)。今回の審査員は諏訪敦彦監督、下田淳行プロデューサー、作家の三浦しをん氏、吉田大八監督、俳優の松田龍平くんの5名となっております。もちろん7/31(金)の表彰式には全員登壇されるんじゃないかと思うのでチケットの購入はお早めに(追記:告知はされてないようですが、表彰式のチケットは既に完売してるそうです。)。

『第31回ぴあフィルムフェスティバル』 7/17(金)〜8/5(水)まで

会場:東京国立近代美術館フィルムセンター 大ホール 地図はこちら

※全席指定。当日券の有無は上映スケジュールを参照。


f:id:eichi44:20090716213036j:image:right【コンペティション部門】

PFFアワード2009作品・日程詳細

●Aプロ:「ソレダケ」(26分)監督:岩永 洋 

    「私の叙情的な時代」監督:任 書剣(99分) ※予告

●Bプロ:「青春墓場〜問答無用〜」監督:奥田庸介(29分)※予告 

    「ぴゅーりたん」監督:佐々木 想(91分)

●Cプロ:「大拳銃」監督:大畑 創(31分)※予告

    「夢の島」監督:蔦 哲一朗(83分・白黒) ※予告

●Dプロ:「かたすみで、ヤッホウ」監督:松村真吾(40分) 

    「一秒の温度」監督:井上真行(75分)

●Eプロ:「Souda Kyouto He Ikou」監督:加納 隼(40分) 

    「恋愛革命」監督:武田真悟(63分)

●Fプロ:「シュナイダー」監督:頃安祐良(44分)※予告 

    「chain」監督:加治屋彰人(55分)

●Gプロ:「VISTA」監督:佐々木靖之(46分) 

    「彼女のファンタジー」監督:中嶋祐介(63分)

●Hプロ:「普通の恋」監督:木村承子(45分) 

    「靄の中」監督:飯塚 諒(61分)

7/31(金) 16:30〜PFFアワード2009表彰式+グランプリ作品上映


f:id:eichi44:20090716213028j:image:right【招待作品部門】

◆第19回PFFスカラシップ作品作品・日程詳細

「川の底からこんにちは」監督:石井裕也(104分[予定])

  出演:満島ひかり、遠藤雅、相原綺羅、志賀廣太郎、岩松 了


イーストウッド! 〜映画監督クリント・イーストウッド誕生〜作品・日程詳細

「半魚人の逆襲」(82分・DVD・白黒)日本語字幕付

「夕陽のガンマン」(132分・カラー)日本語字幕投影

「続・夕陽のガンマン/地獄の決斗」(180分・カラー)日本語字幕投影

「マンハッタン無宿」(94分・カラー)日本語字幕投影

「The Beguiled : The Storyteller」(12分)

「白い肌の異常な夜」(105分・カラー)日本語字幕投影

恐怖のメロディ」(102分・カラー)日本語字幕投影

「荒野のストレンジャー」(105分・カラー)日本語字幕投影

「愛のそよ風」(105分・カラー)日本語字幕投影

許されざる者」(131分・カラー)日本語字幕付

マディソン郡の橋」(135分・カラー)日本語字幕付

「真夜中のサバナ」(155分・カラー)日本語字幕付

トゥルー・クライム」(127分・カラー)日本語字幕付

スペース カウボーイ」(130分・カラー)日本語字幕付

ブラッド・ワーク」(110分・カラー)日本語字幕付

「ミスティック・リバー」(138分・カラー)日本語字幕付

父親たちの星条旗」(132分・カラー)日本語字幕付

ミリオンダラー・ベイビー」(132分・カラー)


大島渚講座 作品・日程詳細

「日本春歌考」(103分)講師:黒沢清

「絞死刑」(117分)講師:黒沢清

愛のコリーダ」(104分)講師:若松孝二

大島渚とテレビドキュメンタリー」講師:是枝裕和

PFFアワード2009の方には8/8(土)から開催される傑力珍怪映画祭にもラインナップされてる「大拳銃」も入ってますね。それから予告見て思い出した! 「大拳銃」と同時上映の「夢の島」って、前に松江監督のとこで話題になったあの「夢の島」か! この2本立ては非常にオイシイんじゃないでしょうか。今年度のスカラシップ作品は満島ひかりちゃんが主演! ちなみに、昨年度のスカラシップ作品『不灯港』(内藤隆嗣監督)は今週末7/18(土)より渋谷ユーロスペースにて公開されますので併せてどうぞ。


それから、東京は連日30度を超す猛暑が続いていますが、会場への飲み物の持込みは可能なのか、クーラーの効き具体はいかほどか、といったあたりのことはフィルムセンターのサイトを見てもいまひとつよくわからないので、不安な人は事前に問い合わせしておいた方がいいかもしれません。


2009-07-15(Wed)

[]トークショーいろいろ

追加情報が出ていたのでおしらせしておきます。

『非女子図鑑』トーク(@新宿K'sCinema

7/17(金)19:10の回上映後

ゲスト(予定):片桐はいり山崎真実、川野浩司監督、山口雄大監督


私は猫ストーカー』トーク&短編上映(※シネマート新宿

7/17(金)20:30の回上映後 

『街灯奇想の夜』(84年/8mm/7分)

『ケーキを食べたのは誰?』(07年 出演:唯野未歩子鈴木卓爾田中要次/10分)

鈴木卓爾監督の旧作短編を上映(監督のトーク付)。

7/21(火)20:30の回上映後

『男の子はみんな』(07年 出演:唯野未歩子鈴木卓爾、寺十吾、近藤公園徳井優、谷川誠司/12分)

『種を蒔いたのは、ばあば?』(07年 出演:唯野未歩子、寺十吾、猫田直、田中要次/9分)

鈴木卓爾監督の旧作短編を上映(監督のトーク付)。


美代子阿佐ヶ谷気分』(@渋谷イメージフォーラム

7/17(金)19:10の回上映前

ゲスト(予定):水橋研二(俳優・安部役)×坪田監督

7/18(土)19:10の回上映前

ゲスト(予定):宮台真司(社会学者)×坪田監督

7/19(日)19:10の回上映終了後

ゲスト(予定):ギャランティーク和恵(歌手)×坪田監督

7/20(月・祝)19:10の回上映前

ゲスト(予定):江本純子毛皮族/劇団、江本純子主催)×町田マリー(女優・美代子役)×坪田監督

7/21(火)19:10の回上映前

ゲスト(予定):本多章一(俳優・川本役)×坪田監督

7/22(水)19:10の回上映前

ゲスト(予定):田淵純(歌手)×坪田監督

7/23(木)19:10の回上映前

ゲスト(予定):松浦祐也(俳優・池田役)×坪田監督

7/24(金)19:10の回上映前

ゲスト(予定):大久保賢一(映画評論家)×坪田監督

7/25(土)19:10の回上映前

ゲスト(予定):しまおまほ(アーティスト)×坪田監督

7/26(日)19:10の回上映前

ゲスト(予定):吉川スミス(放送作家)×坪田監督

7/27(月)19:10の回上映前

ゲスト(予定):サミー前田(音楽プロデューサー・DJ)×坪田監督

尚、新宿K'sCinemaで上映中の『斜陽』『非女子図鑑』、渋谷シアターTSUTAYAで上映中の『第2写真部』『スリーデイボーイズ』は今週末7/17(金)まで


[]7/16(木)、7/17(金)のテレビ番組

今週末公開の映画『アマルフィ』の予告映像で天海ねえさんと戸田恵梨香ちゃんを見るたびに、直前に『BOSS』で共演させたのは失敗だったんじゃないかと思う今日この頃です。


木曜日。

夜10:00-10:45

NHK『ヒューマン ドキュメンタリー 最期の家で  ホームホスピス 入居者と家族の日々』

“人生の最期を過ごす家▽がんや認知症と向き合う日々▽生まれる絆家族に何ができるのか”


夜11:30-0:00

東京MXテレビ博士の異常な鼎談

“「マイケル・ジャクソン=小沢一郎」説(後編)”

ゲスト:西寺郷太


そして金曜日。金スマの川村かおり特集は随分放送時期がずれこみましたね。ていうかツリーマンって先週キミハブレイクでやったばっかじゃん! 視聴率13.2%も獲ったからって同じ局の特番ネタを急遽使い回すなんて恥ずかしいぞ! そもそもこないだのツリーマン特集だって、時間もたせられないからなんかしんないけど再現VTRの同じシーンを何回も何回も使い回して。仮に使い回しではなく未放送のVTRがあるんだとしたら他番組で使ってないでキミハブレイクで使っとけよ。『クメピポ!』も打ち切りが決まったし、ほんとにTBSさん、たのんます!

夜8:00-9:00

BS2『絵金伝説〜幕末土佐を生きた闇の絵師〜』

“高知県香南市赤岡町などに伝わる歌舞伎や浄瑠璃の「残酷な場面」を描いたびょうぶ絵。作者は絵金(えきん)こと幕末の絵師・金蔵。その絵の謎と不思議な魅力に迫る。”

出演:浜田学,坂東三津五郎,土佐絵金歌舞伎伝承会 語り:江波杏子



夜9:00-10:48

TBS『中居正広のキンスマ!』

“娘にどうしても伝えたい…川村カオリががんと闘いながら立った命がけのステージ…舞台のウラでは一体何が…▽体が木のようになってしまった男・ツリーマンを救え…取材ディレクターが仰天の証言”


夜9:00-10:52

フジテレビ『金曜プレステージ 鬼平犯科帳スペシャル〜雨引の文五郎〜20年目に突入!大人気シリーズ待望の最新作』

出演:中村吉右衛門 多岐川裕美 勝野洋 蟹江敬三 梶芽衣子 綿引勝彦 賀来千香子 國村隼 伊東四朗


夜11:00-11:30

TBS『A−Studio』

竹中直人、娘登場でア然!怒鳴り合い夫婦ゲンカ”


深夜0:10-1:00

BS1『BS世界のドキュメンタリー シリーズ・核の時代「核開発の傷あと オーストラリア」』

“オーストラリアの砂漠地帯は50年以上にわたり、核による汚染にさらされてきた。番組は、イギリスの原爆実験にかかわって被ばくしたオーストラリア軍の元兵士たちとアボリジニの人びとの証言や、当時の記録映像、現在の核廃棄物投棄場の建設計画に反対する専門家と政治家たちのインタビューを通して、オーストラリアの核汚染の歴史を明らかにする。”


深夜0:35-1:20

TBS『新知識階級 クマグス』

“ハードボイルドSP!殺しの免許持つ日本人&テロ対策特殊訓練男”


深夜0:45-2:35

BS2『ミッドナイトステージ館 劇場中継「放課後アゲイン」』

脚本:樅野太紀(元チャイルド・マシーン) 演出:鈴木つかさ(元ザ・プラン9

出演:中山功太、ダイアン、ミサイルマンネゴシックス、熊谷奈美、山田翠 ほか


深夜2:59-3:59

TBS『スジナシ 紺野まひる



2009-07-13(Mon)

[]新宿テアトルタイムズスクエアが8/30(日)で閉館!

新宿タカシマヤタイムズスクエアの12階にあるテアトル系映画館「テアトルタイムズスクエア」が、来月8/30(日)をもって閉館するそうです。

テアトルタイムズスクエア閉館のお知らせ


テアトルタイムズスクエアは、本年8月30日(日)をもちまして営業を終了することとなりました。2002年4月のオープン以来、7年間に亘り映画ファンの皆様に親しまれてまいりましたが、契約満了を迎えることに伴い、経営効率化を図るため閉館を決定させて頂きました。


これまでのご愛顧に心より御礼申し上げます。


テアトルタイムズスクエア公式サイトより

洋画がメインの映画館だったこともあり、うちでは数えるぐらいしか紹介することがなかったんですけど、単館系の中でも非常にスクリーンの大きなところだっただけに残念ですね(341席 8.5m×16.0m)。詳細はまだ出ていないのですが、8月29日(土)、30日(日)の2日間は特別プログラムの上映を予定しているそうです。


現在上映中の作品は以下の2本。新宿で「レスラー」が見られるのはここだけです。

マン・オン・ワイヤー』(※7月24日(金)まで) | ミッキー・ローク主演『レスラー

D D


明後日、水曜日は1000円均一ですので、未見の方はこの機会に是非。ああ、早いとこ「マン・オン・ワイヤー」を見に行かなければ終わってしまう。


そういえば、こけらおとしは瀬々監督の『ドッグスター』(2002年4月27日公開)でしたっけ。一度も行ったことのない方は写真があるのでこちらからどうぞ。


2009-07-12(Sun)

[]7/13(月)〜7/15(水)までのテレビ番組

うかつだった...orz。新宿バルト9って土日と月〜金でスケジュールちがうのね。ミッドナイト上映じゃ家に帰れない。こんなことなら今日行けば良かった。失敗した。


というわけで月曜日。せっかくハンチョウがこなれてきたのに来週で終わりか。

夜9:00-9:54

テレビ東京やりすぎコージー

“芸歴20周年芸人が大集合!▽下積み時代の苦労話や感動話を披露 フジワラ 松村邦洋ほか”


夜10:00-10:45

NHK『ヒューマン ドキュメンタリー 女優・森光子 放浪記に生きる』


夜10:30-11:24

フジテレビ『SMAP×SMAP』

“一夜限り!浅野ゆう子陣内孝則三上博史&柳葉敏郎あの名作ドラマ豪華同窓会”


夜11:15-0:10

テレビ朝日『もしものシミュレーションバラエティー お試しかっ!』

“懐かしTVゲーム1面を10人連続クリアするまで帰れない▽マリオ、ぷよスト2…歴代名作続々”


夜11:30-0:00

フジテレビ『桑田佳祐の音楽寅さん←追加!

“桑田&原由子新曲制作▽大泉洋も登場の夢企画”


深夜1:33-2:03

TBS『ドキュメント・ナウ』

“急増・家を手放した人たちの地獄の日々”


深夜2:45-3:15

フジテレビ『なべあちっ』

陣内孝則三上博史浅野ゆう子

尚、月9『ブザー・ビート〜崖っぷちのヒーロー〜』は本日より放送スタート。


そして火曜日。

夜7:30-7:56(再放送 BS2深夜0:10-12:36)

NHK『クローズアップ現代 村上春樹 “物語”の力』←追加!

“新作『1Q84』が大ヒット中の作家・村上春樹氏。新作発表の前にエルサレムで行ったスピーチで「個人の魂の尊厳を浮かび上がらせる」と宣言した村上氏が、読者に向けて発したメッセージとは何なのかを読み解く。またアメリカや中国のHaruki愛読者たちを取材し、それぞれの国が抱える課題や精神状況に対して村上作品が何を投げかけているのかを探る。”

ブック・コメンテーター:松田哲夫 朗読:栗山千明青木崇高


夜10:00-11:00

NHK『ヒューマン ドキュメンタリー あと数か月の日々を〜物理学者・戸塚洋二 がんを見つめる〜』

“世界的な実験物理学者・戸塚のブログ▽死の恐怖▽科学者であることとはほか”


夜10:00-10:54

TBS『リンカーン』←追加!

アンタッチャブルの説教先生▽メンバーから批難の嵐!”


夜11:58-0:29

日本テレビ『99プラス』

“響が挑む恐怖の心霊ナイト壁からイケナイ手挑発”


深夜0:10-0:40

NHK『名将の采配 真田昌幸』

“上田城の戦い▽懐の深さが勝利の鍵!”


深夜0:12-0:53

テレビ東京ありえへん∞世界

“二度と見れないテレ東深夜視聴率ベスト20(秘)ギルガメ”

えぐっちゃん回復まで、菜々子スペシャルで頑張る火9『救命病棟24時 救名医・小島楓』は本日より放送スタート。



そして水曜日。

深夜0:12-0:43

テレビ東京『ゴッドタン・神の舌』

“ドスベリサミットを開催▽サバンナ等が過去にスベッた話を暴露”

TBSの水曜深夜『帝王』(塚本高史主演!)は本日より放送スタート。お願いです、TBSさん。『帝王』の後は何とぞ『古代少女ドグちゃん』(窪田正孝柄本時生出演、井口昇・豊島圭介・清水崇ほか監督、継田淳・三宅隆太・加藤淳也ほか脚本、西村喜廣特殊造形、毎日放送・キングレコード制作!)をお買いあげくださいませ! それが無理ならもう一枠MBS系ドラマ枠の新設を!


2009-07-11(Sat)

[]『足利事件』報道についての比較検証その2(DNA鑑定に使用された「毛髪」のゆくえ)

引き続き、各新聞紙面を比較して出てきた気になる点について検証してみたいと思います。前回の検証は↓こちら。

『足利事件』報道についての比較検証その1(少女趣味の裏付けとされた押収物のゆくえ)



検証その2:DNA鑑定に使用されたのは毛髪?体液?

事件報道においては、被害者や読者・視聴者への配慮等から、直接的な表現を避けたり、広義の意味を持つ別の単語に言い換えるといったことがしばしば行われます。わかりやすいところでは「強姦」を「暴行」や「乱暴」としたり「精液」を「体液」としたり。そういった「言い換え」や「省略」がなされていることについて、報道の際にマスコミ側も明言してくれればいいのですが、なんとなく暗黙の了解みたいなかんじでいつもうやむやにされています。今年5月から裁判員制度がスタートし、報道に関するガイドラインをネット上で常時公開している新聞社も何社か出てきていますが、各社で使用されてる「マスコミ用語一覧」みたいなものについてはまだアクセスしやすい形で一般に広く公開されてはいないので、報道に接した読者・視聴者が、前後の情報を頼りに正確な情報を「推察」するという作業を常に強いられている状態です。推察した結果が事実と合致しているかどうかを簡単には知ることができない、そもそも「言い換え」に統一性があるのかどうかもわからない現状においては、あえて曖昧な表現を用いることで故意に誤読を誘発し、マスコミや警察の印象操作に利用するということも不可能ではないし、実際にそういう形で利用されているのではないかという懸念も生じます。


DNA鑑定の結果が犯人を特定する唯一絶対の物的証拠として重要視された『足利事件』ですが、最近の報道をみると、DNA鑑定に使われたのは「被害女児の半袖下着に付着していた犯人の遺留体液」であり、各社とも一貫してこのように報じています。しかし逮捕当時の報道をみると社によってまちまちで、鑑定に使われた遺留物のことを「体液」と言ってみたり「毛髪」と言ってみたり「○○など」と複数あるかのようにぼかしてみたり。容疑者とされた男性の方も同様で、情報ソースはどこも同じ捜査本部であるはずなのにかなりの食い違いが見られます。そのあたりのいい加減さが興味深かったので今回改めて検証し直してみることにしました。


比較する紙面は以下のサイトに掲載されたものを使用しますが、一語一句間違いのない正確な情報が知りたい方は、各新聞社の記事が検索できるサイト(有料)がありますので、そちらで再度確認していただけるとありがたいです。(→ G-Search 新聞雑誌記事横断検索(年会費1,000円+従量制(見出し5円/記事1件100円)))

【当時の報道】

足利事件当時の新聞報道 ※読売新聞(1991/12/1,2,1992/2/14付)の記事

足利事件 ※読売新聞(1991/12/1,3,22,25付)、朝日・毎日新聞(1991/12/1付)の記事

足利事件、逮捕当時の報道 ※東京新聞(1991/12/2,3,22,1992/1/16付)


【DNA鑑定に使われた遺留物に関する情報】

足利事件に関するルポルタージュ(pdfファイル)

<「足利事件」とDNA鑑定>佐藤博史弁護士に聞く

尚、引用にあたり個人名は全てイニシャルに変えさせて頂きました。


続きを読む

2009-07-10(Fri)

[]7/11(土)、7/12(日)のテレビ番組

お台場ガンダムの新しいニュースが入ってくるたびに頭の中がガンダムでいっぱいになるのですが、2chのデジカメ板にある専用スレ見たら、やっぱピーカンよりも雲行き怪しげな空をバックに激写した方がカッコイイという結論に達しました。


まずは土曜日。

昼2:00-2:30

NHK『土曜スタジオパーク 森山未來


昼2:00-2:50

WOWOW『マイケル・ジャクソン追悼特別番組 マイケル・ジャクソン キング・オブ・ポップの伝説』


夜7:00-8:54

テレビ朝日『サタスペ!  ビートたけし禁断の超常現象(秘)Xファイル』

“アポロ月面着陸40年(秘)アメリカの陰謀を暴露2012年に人類滅亡か!?宇宙戦争(秘)戦慄の証拠UFO撃墜をスクープ新型ウイルスは宇宙人による人類絶滅計画かメテペックモンスター宇宙ミイラ謎のDNA”


夜7:00-8:54

フジテレビ『爆笑レッドカーペット ドキッ!芸人だらけの満点コラボ2時間スペシャル! 』


夜8:00-8:45

NHK『追跡!AtoZ  知りたい!“天才脳”の作られ方・脳画像利用・最先端の現場を追う(仮)』


夜11:10-0:00

BS1『BS世界のドキュメンタリー「新聞が消えた日〜ジャーナリズム 未来への問いかけ〜」』

“インターネットが普及する中、アメリカで起きている「新聞の危機」。廃刊になった名門紙の記者の目を通して、ジャーナリズム先進国・アメリカで起きている現実を見つめる。”


夜11:25-11:55

NHK教育佐野元春のザ・ソングライターズ  小田和正 part2』


深夜1:10-5:10

フジテレビ『いぬ会社』

監督・脚本:福田雄一 声の出演:矢作兼大泉洋、戸次重幸、若槻千夏松永玲子ナイロン100℃)ほか

尚、NHKの土9『土曜ドラマ リミット〜刑事の現場2』(遊川和彦脚本、森山未來主演!)は本日より放送スタート。遊川さん、NHKならスポンサーへの抗議はありませんよ!


ついで日曜日。

朝8:00-8:30

テレビ朝日『仮面ライダーディケイド

侍戦隊シンケンジャーと夢の共演”


朝8:25-8:55

NHK『課外授業 ようこそ先輩』←追加!

“視点を変えれば世界が変わる〜森達也


昼1:00-1:45

フジテレビ『あっぱれ!! さんま新教授』

ゲスト:谷村美月


夜10:00-10:30

日本テレビ『おしゃれイズム 長瀬智也


夜10:10-11:00

BS1『地球アゴラ←追加!

“人形劇の本場チェコに暮らす日本人人形劇師・沢則行さんが登場。プラハでの活躍ぶりや日本の古典を題材にした新作「KAGUYA」に挑む様子を紹介する。”


夜10:56-11:26

日本テレビ『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!

“芸能人釣り選手権!![前]ほか”


夜11:00-0:00

東京MXテレビ『松嶋×町山未公開映画を観るTV』

“「WHAT WOULD JESUS BUY?[前]」買い物やめろ教会の伝道”


夜11:30-0:00

日本テレビ『Music Lovers』

“水谷豊&大泉洋スペシャルライブ『カリフォルニア・コネクション』『やさしさ紙芝居』名作ドラマ貴重映像!思わず大泉ものまね▽「相棒」右京さんのもう一つの顔今夜大公開”


夜0:50-1:20

日本テレビ『NNNドキュメント'09  足利事件・暴かれた冤罪 700日の取材記録』

水谷豊と大泉洋は“北海道出身”アンド“日テレドラマ主演”つながりでしょうか。


2009-07-09(Thu)

[]7/10(金),7/11(土)より公開される映画情報

f:id:eichi44:20090710015255j:image:right7/10(金)〜7/12(日)まで

quarter(クオーター)』※シネマート六本木,3日間限定上映

 (監督:小川典 出演:小嶺麗奈,島崎和歌子,袴田吉彦,原田大二郎)


7/10(金)〜7/12(日)、7/16(木)〜7/20(月)まで

第18回東京国際レズビアン&ゲイ映画祭』(@新宿バルト9,青山スパイラルホール


7/11(土)〜

ごくせん THE MOVIE』※全国公開

 (監督:佐藤東弥 出演:仲間由紀恵,亀梨和也,三浦春馬,高木雄也,石黒英雄,小栗旬,小池徹平

ハード・リベンジ、ミリー ブラッディバトル』※お台場シネマメディアージュ

 (監督:辻本貴則 出演:水野美紀,長澤奈央,辻本一樹,藤田玲,甲本雅裕,虎牙光揮

 ◇7/11(土)11:10の回初日舞台挨拶あり

f:id:eichi44:20090724220218j:image:rightビューティーキルズ!』※下北沢トリウッド

 (監督:戸梶圭太 出演:草場香織,岡本畔奈,川北冬樹,谷更紗,武藤令子)

『クールガールズ』※シネマート六本木

 (監督:中田圭 出演:矢吹春奈,上原歩,相澤仁美,多田あさみ,保阪尚希

キリトル』※渋谷アップリンクX

 (監督:田中情 出演:小野まりえ,青柳尊哉,英由佳,池内万作)

#『ニッポンの大家族 Saiko! The Large family 放送禁止 劇場版』※池袋シネマ・ロサ

 (企画/監督:ベロニカ・アディソン 協力:長江俊和)

#『第2写真部』(監督:松村清秀)※渋谷シアターTSUTAYA


映画「ごくせん THE MOVIE」予告編/第一期出演者コメント

D D


映画「ハード・リベンジ、ミリー ブラッディバトル」予告編     映画「クールガールズ」予告編

D D


f:id:eichi44:20090710015419j:image:left映画「キリトル」予告編

D



あんにょん由美香』※ポレポレ東中野

 (監督:松江哲明 出演:林由美香,ユ・ジンソン,入江浩治,キム・ウォンボギ,カンパニー松尾,いまおかしんじ,平野勝之

f:id:eichi44:20090710015337j:image:right◇イベント(松江哲明監督との上映後トークショー)

7/11(土)野平俊水(北海商科大学教授・『あんにょん由美香』出演)

7/14(火)山下敦弘(映画監督『天然コケッコー』他)

7/16(木)雨宮まみ(AVライター)

7/17(金)古泉智浩(漫画家)

7/20(月・祝)柳下毅一郎(特殊翻訳家・『女優 林由美香』監修)

7/21(火)横浜聡子(映画監督『ウルトラミラクルラブストーリー』他)

7/23(木)長澤つぐみ(女優)×前野健太(ミュージシャン)

◇ライブイベント(会場:ポレポレ東中野1F・ポレポレ坐

7/12(日)『あんにょん由美香』公開記念ライブ"ほんとうのはなし"(詳細はこちら

LIVE ACT:豊田道倫×池永正二(あらかじめ決められた恋人たちへ)×川本真琴(SPECIAL GUEST)


f:id:eichi44:20090710015330j:image:left映画「あんにょん由美香」予告編 / テーマ曲『ほんとうのはなし』(唄・川本真琴

D D



7/11(土)〜7/24(金)まで

アニメーション・マジック アート・アニメーションのちいさな学校 生徒作品集』※ラピュタ阿佐ヶ谷

 7/19(日)上映後 ゲスト:しまおまほ×真賀里文子「作品がエンターテインメントであるには?」

f:id:eichi44:20090710015253j:image:left D



尚、お台場に立つ等身大ガンダムも今週末より一般公開スタートです(詳細はこちら)。『ハードリベンジ、ミリー』と併せてどうぞ。


『放送禁止 劇場版2 ニッポンの大家族』『第2写真部』の詳細は↓以下の記事につづく。


[][]『放送禁止 劇場版2 ニッポンの大家族』まもなく公開(7/11〜8/7まで)

f:id:eichi44:20090710015301j:image:right

『ニッポンの大家族 Saiko! The Large family 放送禁止 劇場版』 7/11(土)〜8/7(金)まで


【企画/監督】ベロニカ・アディソン【企画協力】長江俊和

【出演】浦さん一家(父・純夫(39)/母・司(45)/長女・林檎(25)/次女・蜜柑(24)/長男・豪毅(23)/次男・隆太(17)/三女・梨枝(16)/四女・檸檬(13)/四男・団(12)/五女・すもも(6)/五男・雷智(5))

96min/2009年

□上映館:池袋シネマ・ロサ(8/1以降はレイトショー)


【STORY】埼玉県所沢市三上町、大家族・浦さん一家。浦さん一家は、一見笑顔の絶えない明るい家庭に見えるが、長女の家出、長男のひきこもり、家庭内暴力など、様々な問題を抱えている。ニッポンが抱える問題、家庭内のいざこざ、それに立ち向かう家族の姿を見てベロニカは思う、「あなたたちはサイコーです!」と……。

2003年からスタートした『放送禁止シリーズ』も今年の4月で丸6年を迎えました。今回の劇場版2では2002年に取材した埼玉の大家族・浦さん一家(『放送禁止2 ある呪われた大家族』というタイトルで2003年に放送)に再び密着。と言っても、メインで取材にあたったのはいつもの長江監督ではなく、家族問題をテーマにしたドキュメンタリーを数多く手掛けるカナダの女性映像作家、ベロニカ・アディソン監督(代表作:北米ドキュメンタリー賞・特別審査委員賞受賞作「アリゾナの子ら」(99)、「サハラおじさん」(02)、他多数)。長江監督は企画協力という形で参加しているようです。浦さん一家といえば、2002年の取材時に前の旦那さんが失踪。その後とある事実が明るみになり、その取材で『放送禁止3 ストーカー地獄編』で活躍したフリージャーナリスト、筒井令子氏が若手ホープとして注目されるようになった・・・なんて後日談もありましたが、その辺りはどうするんですかね。ちなみに、浦さんのお宅はかつて『呪怨』のロケ地として使用されたこともあり、『放送禁止2』をたまたまテレビで見ていた清水崇監督は浦家に降りかかる不幸な出来事の数々に「あの家はリアルに呪われた家だったのか」ととても驚いたそうです。


f:id:eichi44:20090710015453j:image:left予告編(あの林檎ちゃんが風俗嬢だなんて...orz)

D

フジテレビ「放送禁止」スタッフが贈る、観る人ぞ分かる大家族ドキュメンタリー。

日本人だからこそ気づかない、日本の家族問題。

あなたはこのドキュメンタリーで何を感じるだろうか?


尚、7/11(土)18:30の回上映後に池袋シネマ・ロサでは長江俊和監督のサイン会が開かれます。対象となるのは劇場で↓こちらの書籍を購入された方のみ。

放送禁止

放送禁止


もちろんDVDでの予習復習もお忘れ無く。

放送禁止2 ある呪われた大家族 [DVD]

放送禁止2 ある呪われた大家族 [DVD]


おそらく上映期間は2〜3週間なので、行かれる方はお早めに。ちなみに池袋シネマ・ロサは「(混雑時を除き)入れ替え制ではありません」ので、こころゆくまで何度でもお楽しみください(詳しくはこちらを参照されたし)。


東京以外での上映状況は以下の通り。

7/11(土)〜

川崎チネチッタ名古屋シネマスコーレ

7/25(土)〜

大阪・第七芸術劇場

8/1(土)〜8/8(金)まで

シネ・リーブル博多駅

※劇場一覧はこちら

今回、北海道はやらないんですねえ。


-追記(09/11/9)-

DVDが12/16に発売されます。

放送禁止 劇場版 ~ニッポンの大家族 Saiko! The Large family [DVD]

放送禁止 劇場版 ~ニッポンの大家族 Saiko! The Large family [DVD]


【関連記事】

完成披露試写会レポート1,


[][]『第2写真部』まもなく公開(7/11〜7/17まで)

『第2写真部』 7/11(土)〜7/17(金)まで


【監督】松村清秀【脚本】ホーム・チーム/松村清秀【撮影】押尾英木/武山智則

【出演】八神蓮/秋山莉奈/大河元気/中村誠治郎/根本正勝/芳賀優里亜

110min/2009年

□上映館:渋谷シアターTSUTAYA


【STORY】創立49年という歴史をもつ『霧鳴(きりなり)女子大学』。スポーツが盛んなわけでも、偏差値が高いわけでもなく、毎年、滑り止めの滑り止めとしての地位を“着実に?”確立してきた4年生の女子大が、創立50周年を節目に“男女共学”に方向転換。多数の男子入学者を見込んだものの定員400名のところに入ってきたのはたった5名。男子トイレが全体に1ヶ所しかなかったり、とにかく肩身の狭い5人の男子新入生。大手を振って大学内で写真が撮れる環境を狙っていた柳沢清十郎(セイサン)が大学での男子の人権を勝ち取る為(方便)に第2写真部設立を呼びかける。予算も無く、カメラの値段に驚いたり、なかなか思うような写真が撮れない男子部員たちだが次第に写真の面白さにはまり出す。そんなある日、大学理事長から写真部を1つにするように指示が、なりゆきから現・女子写真部と試合をする事に……。

監督はスチールカメラマンとして活躍する傍ら俳優やアイドルのイメージDVDの企画・プロデュースも手がける松村清秀。監督としてはこれが2作目なのかな?(デビュー作は松田悟志主演『一生の?お願い』)。1週間限定上映ということで、来週からはもう1本の監督作『窓ノ外ノ世界』の上映も始まります。


予告編

D


舞台挨拶等の予定は以下の通り。

7/11(土) 初日舞台挨拶

ゲスト(予定):

(18:20の回)八神蓮、大河元気、秋山莉奈、中村誠治郎、根本正勝

(21:00の回)大河元気、秋山莉奈、中村誠治郎、根本正勝

※全席指定。チケットは既に発売中。


【関連記事】


2009-07-08(Wed)

[]7/9(木)、7/10(金)のテレビ番組

くらたま妊娠!相手はバツ3、女性経験600人の“典型的だめんず”」っていうニュースがあって、お相手の“だめんず”があの叶井Pだってのにも驚いたけど、叶井Pに関する数々のデータの中で「そこだけはそっとしといてあげてくれ」と思ったのが「バツ3」でも「女性経験が500〜600人の大性豪」でも「お父さんはバツ5」でも「異母兄弟18人(推定)」でもなく「叶井さんは借金まみれ」の一文だったというのはここだけの話です。


木曜日。本日昼1:30よりWOWOWで連続ドラマW『空飛ぶタイヤ』の再放送が始まります。大手自動車のリコール隠しに立ち向かう運送会社社長の戦いを描いた骨太ドラマです。モチーフになったのは明らかに三菱自動車のあの事件。民放では絶対題材にできないです。結末は分かりながらも、立ち向かう敵があまりに大きすぎてほんとに勝てるのか、いったい登場人物の誰が味方になるのか、先が読めそで読めない展開に毎回一喜一憂しながら見続けた作品。非常に面白かったのでお時間のある方は是非!

夜8:00-8:30

NHK教育福祉ネットワーク

“この人と福祉を語ろう 〜漫画家・中村ユキさん 統合失調症の母とともに〜”

わが家の母はビョーキです

わが家の母はビョーキです


深夜1:00-1:30(毎週木曜深夜放送)

フジテレビ『ノイタミナ 東京マグニチュード8.0公式

“夏休みに入ったばかりのお台場。中学1年生の未来は、弟の悠貴に付き合わされロボット展を見に来ていた。そこへ突如襲った、マグニチュード8.0 の海溝型大地震。連絡橋は崩れ落ち、東京タワーは倒壊―。一瞬にしてすべてが変わった東京。未来は悠貴の手をひき、お台場で出会ったバイク便ライダー・真理の力を借りながら世田谷にある自宅へ向かう。 果たして3人は無事に家に帰ることができるのか!?”

監督:橘正紀 シリーズ構成:高橋ナツコ 制作:ボンズ,キネマシトラス

本日よりテレ朝の木9『ダンディ・ダディ?〜恋愛小説家・伊崎龍之介〜』(舘ひろし・南沢奈央石黒英雄出演!)、フジテレビの木10『任侠ヘルパー』(草なぎ剛・黒木メイサ・仲里依紗・加藤清史郎出演!)放送スタート。


そして金曜日。徹子の部屋、例のアレを流すのですか?

昼1:20-1:55

テレビ朝日『徹子の部屋』

“清水由貴子さん忌野さん追悼特集(2)”


夜8:00-8:45

BS2『BS熱中夜話 マイケル・ジャクソン(後編)』

“ダンスの魅力”

解説:西寺郷太 ゲスト:ゴリ、吉澤ひとみ


夜8:00-8:54

テレビ朝日『ミュージックステーション

出演:Perfume


夜11:00-0:00

BS2『Shibuya Deep A』公式

“今夜はホラーSP!60分丸ごとコワ〜イ企画満載でお送りします。”


夜11:00-11:30

TBS『A-Studio 堺雅人


夜11:30-0:00

フジテレビ『僕らの音楽』

“初登場!小池徹平と同級生の蒼井優が対談”


深夜0:55-1:55

NHK『マイケル・ジャクソン “KING OF POP”の軌跡』


深夜2:59-3:59

TBS『スジナシ 村田雄浩』

尚、7/20(祝・日)夜11:25よりBS2にて『BS熱中夜話スペシャル 追悼マイケル・ジャクソン』が放送されます。先日のウィークエンドシャッフルでもマイケルへの想いを熱くぶちかましたマイケル研究家、ノーナ・リーヴスの西寺郷太氏がこちらにも解説者として呼ばれてるので、いろいろと語り倒してくれるのではないかと思います。


2009-07-07(Tue)

[]7/8(水)のテレビ番組

ポレポレに行こうと中央線に乗ったらまさかの総武線運行停止で、あと一駅だというのに中野で足止め喰らって参った参った。駅員さんに別ルートでの行き方聞いたけど東西線のなんとかって見知らぬ駅で降りて歩けって言われてさっぱりわからなかったので帰りの電車も心配だし結局帰ってきてしまった。こういうときJR中央線の各駅電車ってなにしてるんだろ。


というわけで水曜日。クメピポは思わせぶりすぎる(笑)。どうせ釣りでしょ?

夜10:00-10:54

TBS『クメピポ! 絶対あいたい1001人』

“どうしてもあなたに会って確かめたいことがあった…突然そう言って久米宏久本雅美を泣かせた”


深夜0:12-0:43

テレビ東京『ゴッドタン・神の舌』

“マジ歌裏側…原始人暴動”


深夜0:15-0:45

テレビ朝日『堂本剛の正直しんどい

山田孝之と一日デート”


深夜2:53-3:53

フジテレビ『NONFIX お腹の虫さんやっつけるで!〜“生存率0%”と闘う母と子の絆〜』

“4歳の男の子を突然襲った、子供の肝臓がん“肝芽腫"母から息子への肝臓移植、そして肺への転移…壮絶ながんとの闘いの末に、母と子の絆が生んだ“奇跡"とは…”

本日より日テレの水10『赤鼻のセンセイ』(土田英生脚本 大泉洋,香椎由宇,神木隆之介,須賀健太,尾美としのり,光石研,小林聡美出演!)が放送スタート。神木くんと須賀くん、昔から仲はいいみたいだけど、売れっ子になってから同じフレームで芝居するのはこれが初めて?


2009-07-06(Mon)

[]7/7(火)のテレビ番組

とりいそぎ火曜日。おぎやはぎのゴルフ番組がなにげに気になる。

夜7:50-9:48

TBS『バラエティーニュース キミハ・ブレイク』

“脳と五感を刺激する(秘)映像“トリハダもん”▽体が木になっていく病気と闘うツリーマン完全独占密着に…感動▽切断された体が再生する魔法の粉&人間の臓器つくるプリンター(秘)最先端技術に…感激恐怖!都市伝説!珍獣トリハダ映像満載”


夜10:00-10:50

NHK『プロフェッショナル 仕事の流儀 魂をゆさぶる顔は、こうして作る・特殊メーク・江川悦子(仮)』

“映画などで活躍する特殊メーキャップアーティスト・江川悦子さん(55)の仕事の流儀に迫る。ことし5月、主演男優が女性に変装する探偵ドラマ、中村獅童が老け役を演じる日米合作映画など、大きな仕事が次々と舞い込んだ。わずかな制作期間で、最高のメークに仕上げる江川さんの仕事に密着する。”


夜11:15-11:45

フジテレビ『人志松本の○○な話』

“過去最大!男11人が好きなもの熱弁”

出演:松本人志 千原ジュニア 田中直樹 岡田圭右 ゴリ 天津木村 石田明 塙宣之 綾部祐二 村上純 コカドケンタロウ


夜11:59-0:29

TBS『タイノッチ』

“ジュニア男前伝説!のはずが…過去の恋愛ネタ暴露でKO寸前?”


深夜0:10-0:40

NHK『名将の采配  アレクサンドロス・窮地を突破する“統率力”』


深夜0:59-1:29

TBS『ホリさまぁ〜ず

“禁断!創作美談の会で珠緒プンプンに有吉が”


深夜1:30-2:00(毎週火曜深夜放送)

テレビ東京おぎやはぎの そこそこスターゴルフ』←新番組,公式

こちらのレビューを読むとただのゴルフ番組じゃないっぽい

フジテレビの火10『恋して悪魔〜ヴァンパイア☆ボーイ〜』(小川智子脚本、桜庭ななみ出演!)は本日より放送スタート。ななみちゃんすごいな。1週間に3作も出てるのか。


2009-07-05(Sun)

[]水橋研二クンが今月から新事務所に所属! 新しい事務所は意外にも・・・

昨年からフリーで活動していた水橋クンですが、「7月1日より事務所に所属することになった」との告知がありました。


所属先は「Vithmic゜star(ヴィズミックスター)」(追記:現在はヴィズミックに改名)。全然聞いたことのない事務所だったので調べてみたところ、どうやら山崎真実ちゃんがいる事務所らしいです。元はグラビアアイドルをメインで抱える事務所だったのかな? これはなかなか意外な展開ですね。いま水橋クンについてくれてるマネージャーさんがこの事務所の専属になったとかそういうことなんでしょうか。


新しい事務所の公式ページは↓こちらです。

水橋研二 | タレント | ヴィズミックスター

(追記:サイトがリニューアルし新着情報等はこちらからどうぞ)


めちゃめちゃ“女の園”ですけど(笑)、ホリエージェンシーにおける向井理クンみたいな位置づけになるのかしら。


Wikipediaを読んだら、今年の5月まで「ファンタスタープロモーション」という社名で大阪を拠点に活動していた事務所だそうです。東京に新事務所をかまえることになり6月に社長交替(前社長は常務取締役へ)。名前も現在のものへと改称したとか。あのナイナイやべっちの実兄・矢部美幸が創立した会社だそうです(へー!)。所属してるタレントさんのブログをいろいろ巡ってみると「事務所が広くなったー!」って喜んでるので、これから東京での業務をいろいろと拡大してゆく足がかりにフリーだった水橋クンに声をかけたってことなんですかね。


[]本日、ポレポレ東中野にて高橋陽一郎監督『日曜日は終わらない』(出演:水橋研二、林由美香)が一夜限りの特別上映!(7/5(日)21:00より)

7/11(土)より上映される映画『あんにょん由美香』(松江哲明監督)の公開を記念し、現在ポレポレ東中野にて『R18 LOVE CINEMA SHOWCASE VOL.6(林由美香×松江哲明特集上映)』が開催されているのですが、本日21:00より特別上映されるのが、第36回シカゴ国際映画祭で国際批評家連盟賞を受賞し、第53回カンヌ国際映画祭《ある視点部門》にも正式招待されながら、NHKでの再放送もままならず未だソフト化もされず、故に幻の傑作ドラマとして語り継がれては主宰スタッフの尽力により映画祭や特集上映で時折その姿を垣間見ることができるNHKハイビジョンドラマ『日曜日は終わらない』です。

『日曜日は終わらない』(1999年 NHK-BS2放送)*


海へ行くつもりだったあの日、僕は何故か人を殺した。


【監督】高橋陽一郎【脚本】岩松了【音楽】りりィ&Yoz

【出演】水橋研二/林由美香/塚本晋也/りりィ/渡辺哲/絵沢萠子/山口美也子/伊藤歩/大杉漣/沢木麻美/サニー・フランシス/岩松了/新屋英子/光石研

90min/1999年

高橋陽一郎監督とえいば、いまや大河ドラマ『天地人』での舞台風スポットライト演出ですっかり有名になってしまいましたが(苦笑)、本作は罪を犯す青年の心模様や、家族・社会との関わり方を、『天地人』とは真逆ともいえる抑制のきいた演出で静かに丁寧に描いており、「なんで高橋ディレクターにこんなに熱心なファンがつくのかわからない」という人には是非見て頂きたい作品でもあります。


リストラ青年による犯罪とそこからの再生を描いていることもあり、社会学者・宮台真司が選ぶ『とってもエイリアンズな日本映画』10選にも選ばれている本作ですが、『日曜日が終わらない』に母親役で出演している女優・りりぃの主演映画『パーク アンド ラブホテル』(熊坂出監督)公開時に行われた鼎談で、宮台さんが“屋上、非日常”という観点から改めて『日曜日は終わらない』に触れていたので一部転載しておきます(該当部分はリンク先の後半に出てきます)。

宮台:NHKディレクターの高橋陽一郎が作った『日曜日は終わらない』っていう凄くいいハイビジョンドラマがあるの。権利関係が片付かなくてビデオやDVDになってないどころか、映画館でもかけられない。上映運動をやって1回上映したこともあるんだけどね。

 物凄い傑作なんだ。で、この『パーク アンド ラブホテル』と、屋上の使い方が似てるんですよ。屋上での散髪シーンとか、夕暮れの屋上の使い方とか。でも、似ているぶん、かえって違いが際立つところがある。

 高橋陽一郎って僕と年が違わないせいもあって「中途半端な場所」というコンセプトをつきつめるの。たとえば「現実だったのか夢だったのかわからなくなる」とか「それがいつだったのかわからなくなる」みたいに時間が変性しちゃう場所として描かれているのね。

 けっして大袈裟な描かれ方じゃない。でも、主人公たちがそこを通過するたびにリセットされちゃう。「あれは何だったのか」「どういう意味を持つのか」わからなくなっちゃう場所として描かれるわけ。


映画監督の熊坂出さん、ミュージシャンの日比谷カタンさんと、まったり鼎談(@MIYADAI.com.Blog)

(追記:宮台さんのBLOGでも本日の上映向けに緊急告知が出ました。

 僕の1999年ベスト1『日曜日は終わらない』(高橋陽一郎監督)が一夜限り公開。(@MIYADAI.com.Blog)

 ビデオで60回以上見てるって(笑)、ほんと好きなんですね。)


せっかくなので、以前に1週間だけモーニングショー上映されたときの関連記事にも改めてリンク張っておきます。

『日曜日は終わらない』まもなく公開(2005/10/22〜10/28まで)

『日曜日は終わらない』舞台挨拶レポート、岩松了×高橋陽一郎


それから作品の感想も少し。少しネタバレになるのであらすじを知らない方はお気を付けて。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

いつも水橋クンや由美香さん絡みでしか語ってませんが、青少年による家族殺しや自宅への放火事件が起こり、取り調べによって漏れ伝わってきた拙い自供をもとに「動機が不可解」「何故その程度の理由で犯行にはしるのか」と報道されるたび、私はいつもこの映画のことを思い出すのです。


水橋研二演じる主人公は、あまり自己を主張しないタイプのおだやかな青年で、自分の中の負の感情を他人に話さないし顔にも出さない、周りがそれでよければ自分も従いますといった感じで、何か相手に要求があっても些細なことだからと自分の中に押し込めてしまいがちな、本当にどこにでもいそうなごく普通の青年です。両親は離婚し、現在は母親と同居。父親の働く会社に就職してたがそこもリストラされて、いまは毎日なにもせず、街中を自転車で走り回ったりして過ごしてる。ある日、母親に新しい恋人が出来て、その交際相手が家に出入りするようになる。ちょっといわくつきの相手だが、主人公ももう社会人だし、母親が良ければということで特に反対することもなく受け入れてはいるが、交際相手が家にくるたび自分の居場所がどんどん侵食されてゆくようで居心地が悪く、なんだからくつろげない。交際相手は結構いいひとそうで、母親との結婚も視野にいれてるせいかなんとか主人公と仲良くなろうと懸命にコミュニケーションを図ってくる。けどそのたびにくつろぎの空間が侵されてゆくような息苦しい気分になり、表面上は嫌な顔もせず受け入れてるけど、でもやっぱりどうしても彼と一緒に家にいるのは息苦しくて、ピンサロのお姉さんのもとに通っては息抜きをする日々。そんな彼があることをきっかけに母親の交際相手を衝動的に殺してしまうのだけど、周囲からすればその交際相手とも表面上うまくやってるように見えてたはずで、実際主人公も殺したいほど嫌ってたり憎んでたりしたわけではないだろう。たまたま悪いことが重なってしまい、行き場を失った主人公の苦しみを解放する手段が当時の彼にはこれしかなかった、ストレスの元凶である交際相手を殺すことしかなかったことは彼の生活の一部始終を見てると容易に想像できる。


巷で青少年による殺人事件が起こったときにいつも思うんだけど、もし私がこの映画の主人公で警察に捕まって動機を聞かれたら、きっと「雨が降ってたから」って答えるだろうなと。だってほんとにそうなんだ。あの日、雨が降らず当初の予定通りピンサロのお姉さんとデートできていれば気分もリフレッシュされ殺すほどの追いつめられた精神状態になることもなかったはずなんだ。ほんとにたまたまなんだよ。いや、そもそも会社をリストラさえされなければ家を出て一人で暮らすという選択もできただろうし、生活が充実してれば、交際相手の存在もそれほどストレスに感じていなかったかもしれない。そういったいろんなことの積み重ねで起きてしまったことだけど、取り調べで警察に話すのは「雨が降ってたから」「殺すつもりはなかった」「なんでこんなことをしてしまったのか」「リストラされてなんか毎日が鬱屈してた」あたりだろうし、それが記事になれば「雨が降ってたぐらいで殺すのか」とか「リストラ青年の凶行」とか言われるんだろうなって思う。


劇中では主人公にとって母と暮らす「自宅」がどれだけ居心地のいい空間でありくつろげる場所であるかというのが、水橋研二ののびのびとした自然体極まりない演技で見事に体現されており、自分を解放できる大切な居場所が第三者によって侵食されることへの息苦しさが丁寧に時間をかけて描かれているからこそ、後に引き起こされる殺人も理解可能な行動として受け入れることができる。


巷で起こる青少年の不可解な事件も、断片的な事柄しかわからないからワカラナイのであって、四六時中彼/彼女に密着しその一挙手一投足にきちんと耳目を傾けていれば、一見不可解に見える動機も理解可能なものとして受け入れることができるのではないか。事件が起こるたび、この映画を思い出しては、いつもそんなことを考えてます。


2009-07-04(Sat)

[]窪田クン、関西ローカルドラマ『古代少女ドグちゃん』(清水崇井口昇ほか監督)で主演!(でも見れねえ!>いや見れる?)

我らがケイタことアキラこと窪田正孝クンですが、10月から毎日放送(MBS)で始まる深夜ドラマ『古代少女ドグちゃん』への主演が決まったそうです(解除反応さん経由)。しかも監督が「清水崇井口昇ほか」なのに“関西ローカル”ってズルいじゃん!見れないじゃん!

谷澤恵里香、Gカップ“土偶”挑戦…MBS・古代少女ドグちゃん


88センチGカップを誇るグラビアアイドル・谷澤恵里香(18)が、10月スタートの毎日テレビ深夜連続ドラマ「古代少女ドグちゃん」(水曜・放送時間未定)のヒロインに大抜てきされたことが3日、分かった。


 ドラマ初出演初主演の谷澤が演じるのは、現代に復活した天真らんまんな土偶の神様「ドグちゃん」。現代社会に潜む妖怪を見つけると、セーラー服を脱ぎ捨てて土偶形ビキニ姿に変身し、退治する。奇想天外な1話完結の特撮ホラーコメディーだ。(中略)


関西ローカルの深夜ドラマと思えない豪華俳優陣も話題になりそう。考古学者役には上川隆也(44)。その息子役で、ヒロインのしもべとして活躍する杉原誠役は、NHK時代劇「浪花の華〜緒方洪庵事件帳〜」で主演した窪田正孝(20)が谷澤とダブル主演となる。誠の母親を斉藤由貴(42)が演じ、週替わりの妖怪役は竹中直人(53)、ソニン(26)、田口浩正(41)、美保純(47)、安達祐実(27)らがズラリ。


ヒット作「呪怨」で知られ、ハリウッド映画「寄生獣」を製作中の清水崇監督「片腕マシンガール」の井口昇監督らが各話を担当。気鋭のクリエーターたちが、特撮とVFXが融合した独自の世界観をつくり上げる。

えー!まさか7/9(木)の阿佐ヶ谷ロフトAの会合はそういう会合も兼ねてたりしないよね?(疑惑の目。でも用事があるから行けない) 東京MXテレビさん、お願いだから買い上げて! TBSが放送するなんて100%ありえない!(追記:と思ったら、水曜深夜って今年4月から新しく始まった「漂流ネットカフェ(制作:MBS,キングレコード)」「帝王(制作:MBS,ジョリー・ロジャー)」の枠か!? わーい、もしかしてこっちでも見れる?>追記:いや、よく見たら「漂流」も「帝王」も大阪では金曜放送だった...orz。水曜はあれか。「子育てプレイ」の方か。でも時間帯は未定なんだよね。なんとか枠奪い取って「あらびき団」の後ろの深夜ドラマ枠にねじ込んで欲しい。「あらびき団」と「ドグちゃん」が続けて見れたらとっても素敵だと思う。)



とりあえず井口監督、解禁されましたので撮影が始まったらレポートお待ちしております。

井口昇の「きっと男子ばっかり見るだろうから敢えて言うけど女の子集まれ!」


[]WOWOWドラマ『ママは昔パパだった』の窪田クンの役柄は噂どおり○○○役でした

というわけで本人のブログに女装写真が掲載されておりますw。

きゃ!! [窪田正孝] (2009/7/2)

出演は第5・6話。楽しみ〜♪


連続ドラマW『ママは昔パパだっった』公式サイト 8/23(日)夜10時より放送(全6回)


関連過去記事:

ヘタレ返上? 我らがケイタ(@ケータイ捜査官7)、我らがアキラ(@浪花の華)こと、俳優・窪田正孝の次回作は・・・


[]7/4(土)〜7/6(月)のテレビ番組

おいおい、晴れるなら出かける前に言ってくれよ〜(せっかくの洗濯のチャンスを1回フイにしてもうた)。ああ、早くカラッと夏空にならないかなあ。フトンが干したい、フトンが干したい、フトンが干したい(3回唱えてみた)。いまテレ朝で石原裕次郎主演『富士山頂』っていう1970年の映画が地上波ゴールデンで放送されてるけど、この時間帯にこんな昔の映画を見るってなんか新鮮で楽しいね(追記:市原悦子が若すぎる!!!!!)。


というわけでもう夜ですが、見逃せないのがいくつかあるのでとりいそぎ土曜日。“金髪のヨハネス”って浦沢直樹『MONSTER』の元ネタじゃなかったっけ?

夜9:30-11:00

BS2『BS20周年ベストセレクション 金髪のヨハネス〜ナチにさらわれた子どもたち〜』

“ナチス親衛隊(SS)長官のヒムラーが1935年に設置した、秘密組織レーベンスボルン(生命の泉)。SS隊員とアーリア系女性の婚外交渉によって生まれた子どもを、ドイツ人家庭の養子として育てるといういわば人為的な生殖補助政策である。自分の出生を知ったヨハネス・ドリガーさんのノルウェー行きに同行しながら、ナチの人種政策の実態とそれがもたらした傷の深さを追及する。 ”


夜11:25-11:55(毎週土曜夜放送)

NHK教育佐野元春のソングライターズ』←新番組

小田和正パート(1)▽音楽の“言葉”の世界を探求する対談”

立教大学公式サイトによると、この番組は、文学部百周年事業として、元立教大学文学部兼任講師、本学校友である佐野元春の企画構成によるもので、立教大学で撮影が行われたそうです。


深夜1:50-2:20

フジテレビ『映画の達人2 エンドクレジッツ』

“製作総指揮(エグゼクティブ・プロデューサー) ポール・メイソン▽今回のゲストは、8月8日公開の映画「HACHI 約束の犬」(ラッセ・ハルストルム監督)から、同作品のエグゼクティブ・プロデューサーであるポール・メイソン。果たして彼は、日本に伝わるハチ公のエピソードを、そしてオリジナルの日本映画版を、どのように翻案し、制作していったのだろうか?”


深夜1:30-2:30

日本テレビ『プロレス界の盟主 三沢光晴 追悼特別番組』公式

“7月4日(土)ディファ有明にて行なわれる「お別れ会」の様子を即日放送。また三沢選手の過去の名勝負・激闘を紹介し振り返ります。全日本時代からは、ジャンボ鶴田戦・ハンセン戦・川田戦・年間ベストバウトの小橋戦など。ノア時代は、他団体選手との対抗戦・交流戦、年間ベストバウトの小橋戦、ノア若手との激闘などを放送する。”

尚、先週終わったと思ったらあっという間に始まった日テレ深夜ドラマ『イケ麺新そば屋探偵〜いいんだぜ!〜』(出演者同じ。初回ゲストはオードリー)は本日より放送スタート。


そして日曜日。

朝7:00-7:30

フジテレビ『ボクらの時代』

出演:ちばてつや×さいとう・たかを×藤子不二雄


朝9:00-9:30

テレビ朝日『題名のない音楽会  山下洋輔トリオ〜40年目の同窓会〜(2)』


夕方4:00-5:15

テレビ東京モヤモヤさまぁ〜ず2 IN わいはーわいはー』

“奇跡の3回目!ハワイ行っちゃいましたSP爆笑カキ氷”


夕方4:40-5:45

WOWOW『幻の写楽 発見!〜失われたニッポンを探して〜』

ナビゲイター:杏


夜11:00-0:00

東京MXテレビ『松嶋×町山未公開映画を観るTV』

“デビルズプレイグラウンド[後]・絶対禁欲主義キリスト教徒アーミッシュの知られざる実態”


深夜1:00-1:30

日本テレビ『NNNドキュメント'09 ホーム そらまめ “独り立ち”までの3年間』

“大阪市西淀川区にある“ホームそらまめ”。4年前、大阪府と市から補助金を受けて設立され、児童養護施設や少年院などを出た少年を受け入れている。生まれてすぐに両親が離婚、親権を持った父親も病気を患い、乳児期から施設で育った野村慧くん(18)。人とのコミュニケーションが不得手な「発達障害」という困難を抱えていた。ホーム長の藤川栄治さんは一緒に職を探し、ささいなことでもやり遂げたら褒める。仕事を途中で辞めた時には職場に頭を下げ、慧くんには「心配するな。仕事はなんぼでもある」と励まし続けた。やがて、投げやりで無気力だった慧くんが、肯定される体験を積み上げるうちに変化を見せ始める。”

ナレーター:斉藤由貴

尚、TBSの日9『日曜劇場 官僚たちの夏』は本日より放送スタート。


そして月曜日。ほんとテレ東さんだけだよ、『おくりびと』に便乗してたの(あとNHKも)。TBSももっと便乗しろ(映画が終わったらさっさと手を引きやがって)。

夜7:00-7:54

テレビ朝日『報道発 ドキュメンタリ宣言  ある日突然犯人に』

“痴漢えん罪で夫が逮捕逆転無罪までの1000日科学鑑定が暴く(秘)真相”

ナレーター:小林薫


夜9:00-9:54

テレビ東京やりすぎコージー

“最強“ツッコミ芸人”が夢の対決!フジモン&小杉VSホリケン軍団前代未聞!ほぼ事故…”


夜10:00-10:54

テレビ東京カンブリア宮殿

“葬儀会社代表取締役社長・冨安徳久とトーク▽葬儀会社のイメージを変えた独自の経済理論を紹介”


夜10:00-10:54

日本テレビ『しゃべくり007』

“解禁ガクトの正体!超豪華自宅公開(秘)肉体(秘)食事▽毒舌怪人マツコ・デラックスに7人まとめて怒られる”


夜11:15-0:10

テレビ朝日『もしものシミュレーションバラエティー お試しかっ!』

“(秘)実験!寝る直前に1キロ食べて一番太らない夜食探せ!過酷7日間ロンブー亮(秘)食べ合わせも▽顔芸No.1決定戦”


夜11:30-0:00

TBS『飛び出せ!科学くん

“東京に潜む(秘)生物▽日比谷公園で2メートル謎の怪魚を捕獲”


深夜0:35-0:45(月〜木)

フジテレビ『ジョーデキ!!芸能人こだわり王講座 イケタク』

麒麟・川島がドラゴンクエストシリーズを語る”

尚、本日深夜1:10より『トリハダ3』再放送です。


2009-07-03(Fri)

[]7/4(土)より公開される映画情報

MW-ムウ-』※全国公開(Flashなのでリンクが張れませんでした)

 (監督:岩本仁志 原作:手塚治虫 出演:玉木宏,山田孝之,石田ゆり子,石橋凌

 ◇インタビュー:玉木宏1,2/山田孝之1(動画あり),2,3

#『蟹工船』(監督:SABU)※シネマライズ渋谷,テアトル新宿,

#『美代子阿佐ヶ谷気分』(監督:坪田義史)※渋谷イメージフォーラム

#『私は猫ストーカー』(監督:鈴木卓爾) ※シネマート新宿

#『スリーデイボーイズ 』(監督:夏目大一朗)※渋谷シアターTSUTAYA


映画「MWムウ」予告編

D


7/4(土)〜7/17(金)まで

『ウルトラミラクル横浜聡子ワールド』※渋谷ユーロスペース

◇上映作品:「ちえみちゃんとこっくんぱっちょ」「ジャーマン+雨」

◇7/8(水)「ジャーマン+雨」上映後ティーチイン ゲスト:横浜聡子監督



また、白石晃士監督の映画『グロテスク』が7/4(土)〜7/10(金)連日20:50より渋谷アップリンクXにて再上映されます。レンタル用DVDでは残酷描写がいろいろとカットされてるので、オリジナルが見たい方はこの機会にどうぞ。イベントももりだくさんです。

7/4(土)

ゲスト(予定):長澤つぐみ、SS(主題歌担当)

※観客(定員42名)全員に長澤つぐみ本人直筆サイン入りチラシ&握手会決定!

※SSのスペシャル!生ライブ

7/5(日)

ゲスト(予定):長澤つぐみ、川連廣明、白石晃士監督

※観客(定員42名)全員に長澤つぐみ本人直筆サイン入りチラシ&握手会決定!

7/10(金)

ゲスト(予定):川連廣明、大迫茂生、ピエール須田(特殊メイクアーティスト)

※特殊造形・ピエール須田による、グロ映像の裏側!

※出演者(川連、大迫)が語る「グロテスク」の本当の世界!マスコミには言えない裏話!!



美代子阿佐ヶ谷気分』『私は猫ストーカー』『スリーデイボーイズ』の詳細は↓以下の記事につづく(追記:あー!『蟹工船』忘れてた!)。


[][]『美代子阿佐ヶ谷気分』まもなく公開(7/4〜9/11まで)

f:id:eichi44:20090702235549j:image:right

『美代子阿佐ヶ谷気分』 7/4(土)〜8/21(金),8/29(土)〜9/11(金)まで


【監督】坪田義史【脚本】福田真作/坪田義史【撮影監督】山崎大輔【撮影】与那覇政之

【出演】水橋研二/町田マリー/三上寛/杉作J太郎/林静一/佐野史郎

86min/2008年

□上映館:渋谷イメージフォーラム(8/8以降はレイトショーへ移行,8/21まで)/ポレポレ東中野(8/29〜9/11まで)


【STORY】愛のすべてを描きたかった・・・。70年代初頭。漫画家・安部愼一と恋人の美代子は東京・阿佐ヶ谷で同棲生活を送っていた。彼女をモデルとして月刊漫画ガロに発表した『美代子阿佐ヶ谷気分』は、彼らの一番美しい青春の季節を見事に切り取っただけでなく、当時の若者たちを取り巻く時代の空気感をも掬い取り、彼の代表作となる。しかし、自らの私生活の中に創作の糧を見つけようとする安部は次第に行き詰まり、焦りと絶望は次第に狂気をはらんでいく。その傍らで美代子は自らの性(さが)を意識し始める……。


関連:水橋研二公式ブログ「えごのみ公園」

1970年代に『ガロ』で活躍していた漫画家・安部愼一が自身と後に妻となる恋人・美代子をモデルに描いた私小説的同名漫画を、2000年の「イメージフォーラムフェスティバル」でグランプリを受賞した坪田義史監督が映像化。


予告編

D

※坪田監督への動画インタビューはこちら

f:id:eichi44:20090515225302j:image


尚、単独インタビュー(↓の【関連記事】参照)では事務所から独立した経緯についても語られているので水橋ファンの皆さんは是非ご一読を。また、水橋クンといえば、NHK制作によるハイビジョンドラマ『日曜日は終わらない』(高橋陽一郎監督)が7/5(日)21:00よりポレポレ東中野にて特別上映されます。いまだソフト化されない作品なので未見の方はこの機会に是非。大河ドラマ『天地人』の演出ではなんやかんや言われてる高橋監督ですけど(苦笑)、本作は180度違うタッチなのでお楽しみに。


舞台挨拶等の予定は以下の通り。

7/4(土)11:10の回上映後 初日舞台挨拶

ゲスト(予定):水橋研二、町田マリー、本多章一、松浦祐也、あんじ、佐野史郎、坪田義史監督

7/11(土)19:10の回 上映前トークショー

ゲスト(予定):ヴィヴィアン佐藤(ドラアグクイーン、非建築家)

水のようだ

水のようだ


【関連記事】

水橋研二インタビュー1,,町田マリー ロングインタビュー安部愼一(原作者)インタビュー


[][]『私は猫ストーカー』まもなく公開(7/4〜8/28まで)

f:id:eichi44:20090702235556j:image:right

『私は猫ストーカー』 7/4(土)〜8/28(金)まで


【監督】鈴木卓爾【脚本】黒沢久子【撮影】たむらまさき

【出演】星野真里/江口のりこ/宮崎将/諏訪太朗/岡部尚/坂井真紀/徳井優/品川徹/寺十吾/麻生美代子

103min/スタンダード/2009年

□上映館:シネマート新宿渋谷ユーロスペース(8/15〜8/28まで)


【STORY】人も猫もみんなはいつかはいなくなってしまうからどんなに愛しくても、ふれあえる時間は、ほんのわずかなのです。だから、ハルは時間が許すかぎり猫のあとをつけるのです。いつもは古本屋でアルバイト。恋愛話ばかりの真由子、寡黙なご主人、ちょっと口うるさい奥さん、子供のいない主人夫婦に飼われた猫のチビトムとのゆるやかな日々。でも、元彼は故郷で結婚すると言うし、鈴木さんにはつきまとわれるし、ご主人は、昔の恋人に送った本が偶然手元に戻って来て、奥さんと波乱ぶくみ…。人間って、どうしてこうなんだろう?猫を追いかけて町を行けば、猫を取り巻く人々の心情も見えてきます。人も猫もみんなはいつかはいなくなってしまうからどんなに愛しくても、ふれあえる時間は、ほんのわずかなのです……。


原作は浅生ハルミンの同名エッセイ。監督や脚本家としての顔も併せ持ち俳優としても活躍する鈴木卓爾の劇場長編デビュー作です(ちなみに次回長編作は『ゲゲゲの女房』)。


予告編

D


7/4(土)12:00/14:30の回に初日舞台挨拶あり。ゲストは浅生ハルミン(原作)、鈴木卓爾監督、星野真里、タラオくんを予定。残念ながらチケットは既に完売しております。


私は猫ストーカー

私は猫ストーカー

【関連記事】

鈴木卓爾監督×星野真里インタビュー星野真里インタビュー


[][]『スリーデイボーイズ』まもなく公開(7/4〜7/17まで)

『スリーデイボーイズ 』 7/4(土)〜7/17(金)まで


【監督・脚本】夏目大一朗【撮影】大山ヨシアキ

【出演】塚原大助/清水伸/吉村紗耶香/宮澤佐江(AKB48)/山本剛史/大久保佳代子/諏訪太郎

min/2009年

□上映館:渋谷シアターTSUTAYA (21:00〜レイトショー)


【STORY】人里離れた山奥の寺。静かに経が読み上げられるいつもの風景の中、山を走る三人の人影があった。寺の跡取り息子の知朗(チロウ)、ラッパーの夢を捨てきれない清遂(セイスイ)、そして女性修行僧の有子(ウシ)。彼らはキツイ修行に耐えかね、寺を脱走したのだった。逃げる三人のもとへ、彼らを連れ戻そうとする寺からの追ってが迫る。行く先々で降りかかる災難、泣いて、笑って、叫んで、また逃げる。実はこの脱走には三者三様の深い事情があったのだ……。


関連:夏目大一朗監督公式サイト

劇場でかかってた予告「監督出演者に訴えられる!編」がなかなか面白かったんですよね。監督は第9回インディーズムービーフェスティバルで『ルーダイアモンドナックルス』がグランプリを受賞した夏目大一朗監督。


舞台挨拶等の予定は以下の通り。

7/4(土) 初日舞台挨拶

 ゲスト(予定):塚原大助、清水伸、吉村沙耶香、夏目大一朗監督

※全席指定。チケットは既に発売中。

7/5(日)上映前「お寺の副住職さんとトーク」

 ゲスト(予定):吉村紗耶香、夏目大一朗監督

7/7(火)上映前 出演者舞台挨拶&和太鼓生演奏

 ゲスト(予定):朝香賢徹、山林真紀、箱木宏美、夏目大一朗監督

7/8(水)上映前 事情によりボツになった予告編ロングバージョン上映

 タイトル「監督出演者に訴えられる!宮澤佐江AKB48)、テツ&トモも怒号を飛ばす!」

7/9(木)上映前舞台挨拶

 ゲスト(予定):吉村紗耶香、朝香賢徹

7/10(金)上映前トークショー

 ゲスト(予定):宮澤佐江AKB48)×朝香賢徹×夏目大一朗監督トークショー」

【関連記事】


[][][]『蟹工船』まもなく公開(7/4〜8/21まで)

『蟹工船』 7/4(土)〜8/21(金)まで


【監督・脚本】SABU【撮影】小松高志

【出演】松田龍平/西島秀俊/高良健吾/新井浩文/柄本時生/木下隆行(TKO)/大本武宏(TKO)/三浦誠己/竹財輝之助/利重剛/清水優/滝藤賢一/山本浩司/高谷基史/手塚とおる/皆川猿時/矢島健一/宮本大誠/中村靖日/貴山侑哉/谷村美月/奥貫薫/内田春菊/でんでん/菅田俊/大杉漣/森本レオ

min/2009年

□上映館:シネマライズ渋谷(8/21まで)/テアトル新宿(8/7まで)/


【STORY】船上で蟹の缶詰を加工する蟹工船。そこでは出稼ぎ労働者たちが劣悪な環境におかれ、安い賃金で酷使されていた。監督・浅川(西島秀俊)は労働者を人間扱いせず、非道のかぎりを尽くしたが、労働者たちは過酷な労働に疲弊し、絶望の中、ただ言われるがままに働いた。しかし、労働者の一人・新庄(松田龍平)がそんな環境に慣れてしまった労働者たちに「自分たちが変わらなければ何も変わらない!」と提起をし、労働者をまとめ、支配者・浅川監督に立ち向かった……。


予告編

D


舞台挨拶等の予定は以下の通り。

7/4(土)9:20/11:50の回(@シネマライズ渋谷) 初日舞台挨拶

ゲスト(予定):SABU監督、松田龍平西島秀俊新井浩文柄本時生

※全席指定。チケットは既に発売中(当日朝8:20頃より当日券若干数販売)。


7/4(土)11:30/14:00の回(@テアトル新宿) 初日舞台挨拶

ゲスト(予定):SABU監督、松田龍平西島秀俊新井浩文柄本時生

※全席指定。チケットは既に発売中(当日券若干数販売)。

蟹工船・党生活者 (新潮文庫)

蟹工船・党生活者 (新潮文庫)

【関連記事】

SABU監督インタビュー[前編],[後編]高良健吾インタビュー松田龍平インタビューTKO(木下・大本)インタビューSABU監督×松田龍平×TKO記者会見


2009-07-02(Thu)

日テレ『旅猿ベトナム編』の視聴率が出たのでお伝えしておきます

昨夜放送された『東野・岡村の旅猿 プライベートでごめんなさい…ベトナムの旅』の視聴率が出たようです。『ニュースウォッチ9』や『ザ・ベストハウス』『爆笑レッドシアター』『報道ステーション』といった安定的に2桁視聴率を叩き出してくる裏番組がある中、多少はゴールデンを意識しつつもこれといった派手な演出もなく普段通りのグダグダな雰囲気、落ち着いたナレーションでゴールデンに乗り込んでみた『旅猿』。はたしてその結果は・・・

10.7% 21:00-22:48 NTV 東野・岡村の旅猿プライベートでごめんなさい…ベトナムの旅

とりあえず2桁いってホッとひと安心。内容的には中国編よりもかなり面白かったので第4弾も期待しております(でもスタッフの“サプライズ”はこれで最後にしてください。お願いします)。


せっかくなので同じ時間帯の他番組と比較してみましょう。

【7月1日(水)の視聴率】(@テレビドラマ視聴率速報!!)


NHK

12.3% 21:00-22:00 NHK ニュースウオッチ9

*6.1% 22:00-22:45 NHK 歴史秘話ヒストリア

*4.6% 22:45-23:00 NHK 熱中時間

日本テレビ

10.7% 21:00-22:48 NTV 東野・岡村の旅猿プライベートでごめんなさい…ベトナムの旅

TBS

11.4% 21:00-22:48 TBS [新]水曜劇場・橋田壽賀子ドラマ・となりの芝生

フジテレビ

14.2% 21:00-21:54 CX* ザ・ベストハウス123

13.8% 22:00-22:54 CX* 爆笑レッドシアター

テレビ朝日

13.5% 21:00-21:54 EX__ [新]新・警視庁捜査一課9係

14.1% 21:54-23:10 EX__ 報道ステーション

テレビ東京

*6.1% 21:00-22:48 TX__ 水曜シアター9・密会の宿7

ご覧の通り、「ゴールデン」という枠で見た場合、決して高い数字とは言えないんですよね(通常この時間帯に放送してる『ザ!世界仰天ニュース』の平均が15%ぐらい)。いつも5〜6%台しかとれないTBSも今回ばかりは「橋田壽賀子ドラマ」で2桁のせてきたし。ファンとしては、この結果を見た日テレの編成さんが今後『旅猿』をどのように扱うのかというのが非常に気になるところ。「次はもっと派手な演出でリベンジ狙う!」などと思わず「やっぱ旅猿は休日昼間が一番視聴率とれるな。戻そう!」と素直に受け取ってくれたら嬉しいです。ひとつだけ心配なのは、この数字でもこの日の夜6時以降に日テレで放送された番組の中では「唯一の2桁視聴率」だったわけで、それってつまり『旅猿』がこの日の日テレ視聴率で単独トップ・・・? これが吉と出るか凶と出るか。


関連:TBSが朝1回の放送で見捨てた東野&岡村「旅猿」を日テレが拾い第3弾で早くも特番!ゴールデン進出!


[]トークショーいろいろ&立川で開かれる映画関連イベント

明日7/3(金)で上映終了となる『USB』『希望ヶ丘夫婦戦争』をはじめ、いくつかの映画のトークショーが決定しましたのでおしらせしておきます。

『USB』(@渋谷シネマライズ

7/3(日)19:30の回上映後 ティーチイン

ゲスト(予定):奥秀太郎監督

※全席指定。チケットは既に販売中。


『希望ヶ丘夫婦戦争』(@渋谷ユーロスペース

7/3(土)21:10の回上映前 ミニトークショー

実相寺昭雄を受け継ぐものたち第3弾 実相寺昭雄作品の俳優とは”

ゲスト(予定):寺田農(俳優)

※当日朝より整理券配布。


『『あんにょん由美香』公開記念・林由美香×松江哲明特集上映』(@ポレポレ東中野

7/9(木)21:00の回(『YUMIKA 1989-1990 REMIX』『前略、大沢遥様。』上映) 

ゲスト(予定):松江哲明カンパニー松尾

※当日朝より整理券配布。


それから明日で千秋楽となる『GEIDAI#3』(@渋谷ユーロスペース)ですが、最終日7/3(金)21:00より上映される遠藤要クン主演、真利子哲也監督『イエローキッド』をご覧になられる予定の方は、ものすごい混雑が予想されるため、できるだけ早い時間にチケットを入手されたほうが良いかと思います。要クンの初主演映画(しかも真利子監督!)ということもあり、私も月曜日の上映時にいそいそと駆けつけましたが、定員144名のところ、2時間半前にチケット買って既に50番台。15分前開場ということでしたが、ロビーに人が溢れすぎたためか時間通りに着いたら既に開場してました(70番まで入場が済んでた)。結局立ち見が30〜40人ぐらい出て、それでも数十人に帰ってもらった状況とのこと。明日は最終日ですし、月曜日の評判を聞いて駆けつける人、見納めにくる要ファンも多数いると思います…っていうか、確実にいます!ので、行かれる方は当日劇場窓口で泣かないためにも早め早めに行動してください。健闘を祈ります。



そしてそして、ワタクシがいつもお世話になっている立川シネマシティさん、立川のオリオン書房ノルテ店さん(シネマシティのそば、HMVがあるビルの3階)で以下のようなトークショーが催されますのでこちらもお伝えしておきます。お近くの方はこの機会に是非どうぞ。

私は猫ストーカー』公開記念!浅生ハルミン トークショー(@オリオン書房ノルテ店のラウンジ)

7/5(日)16:00〜 料金500円(当日精算)

ゲスト(予定):浅生ハルミン岡崎武志(書評家)、越川道夫(映画プロデューサー)

※要予約。詳しくはこちら。トーク終了後サイン会あり(登壇者の書籍持参者対象)。

私は猫ストーカー

私は猫ストーカー



ディア・ドクター』上映(監督舞台挨拶&ミニライブ付)(@立川シネマシティ

7/14(火)開場20:00 開演20:30〜23:00(終了予定)

ゲスト:西川美和監督、モアリズム(音楽)

※イベント詳細はこちら。西川作品の音楽を担当してる「モアリズム」が地元バンドということで実現した企画のようです(地元って言っても国立ですけど。国分寺と立川の間を取って「国立」になったところだからいいのか)。チケットはシネマシティ1階窓口で既に販売中(定員150名。おつまみ&ワンドリンク付きで1800円)。

ディア・ドクター オリジナル・サウンドトラック

ディア・ドクター オリジナル・サウンドトラック

『ゆれる』の音楽って別のバンドじゃなかったっけ?と思ったら、カリフラワーズ解散後に新しく立ち上げたバンドがモアリズムなのね(詳細)。


2009-07-01(Wed)

[]阿佐ヶ谷ロフトAの7月イベントスケジュールがもりだくさんすぎるのでまとめてご紹介しておきます

タイトル通り。今月は映画あり、テレビあり、ホラーあり、音楽ありで非常に充実しております。WEB予約の方が既に始まってるので行きたいイベントがある方はお早めに。尚、7/7(火)「吉田豪の男子会〜ラジオスターの悲劇?〜」(掟ポルシェ、松本ともこ、辛酸なめこ他出演)のチケットは完売してしまいました。当日券もないそうです。

2009年7月スケジュール 場所:阿佐ヶ谷ロフトA


7/3(金)

「テレビマンズ(大根仁・岡宗秀吾)のプライベートレッスン4」

“テレビ界のゲリラ戦を担当する2人のディレクターがムダに溜めたムダな知識で独自の授業をやります第4弾!”

【講師】大根仁、岡宗秀吾 【サプライズゲスト】寺坂直毅 

※予約はこちらから



7/8(水)

「映画『童貞放浪記』公開記念イベント「日本の夏、童貞の夏」」

“童貞映画の金字塔「童貞放浪記」の秘密を、公開前に皆さんだけにそっとお教えします !!”

【出演】神楽坂 恵(女優)、小沼雄一(映画監督)、石垣直哉(脚本家)

【ゲスト】小谷野 敦(「童貞放浪記」原作者)、昼間たかし(ジャーナリスト)

     増田俊樹(俳優/映画監督)

※予約はこちらから


7/9(木)

『吸血少女対少女フランケン』公開記念Vol.1

「恐怖・残酷映像論夏期特別集中講座〜ここはテストに出ます〜」

【出演】西村喜廣(映画監督)、清水崇(映画監督)、井口昇(映画監督)

    豊島圭介(映画監督)、村上賢司(映画監督)、山口雄大(映画監督)

    他、飛び入りの監督ゲストあり?

【ゲスト】川村ゆきえ(女優)

※予約はこちらから。もしくはローソンチケット(Lコード:37350)。


7/13(月)

「トークライブ「WE LOVE面影ラッキーホール」」

“今年で結成15周年を迎えた面影ラッキーホールが、禁断のトークライブを開催!”

【出演(面影ラッキーホール)】aCKy、Sinneryang

【ゲスト】森下くるみ、伊藤ヨタロウ(メトロファルス)ほか

【司会】オッチー(伊達男ナイト)

※予約はこちらから。


7/14(火)

「『吸血少女対少女フランケン』公開記念Vol.2

「モンスター映画滅多斬り〜 バンパイア 対 フランケンシュタイン」」

“バンパイア、フランケンシュタインを中心に、モンスターに毒された映画野郎のトークライブ開催!!”

【出演】友松直之(映画監督)、西村喜廣(映画監督)、塩田時敏(映画評論家)

    ノーマン・イングランド(米映画雑誌「Fangoria」ライター兼映画監督)

    他、豪華ゲスト予定

※予約はこちらから。もしくはローソンチケット(Lコード:37865)。


7/23(木)

「「吸血少女対少女フランケン」公開記念Vol.3

内田春菊と愉快な仲間たち〜奔放な女に病みつきな僕ら〜」」

【出演】内田春菊(吸血少女対少女フランケン原作者、作家)、中村うさぎ(作家、エッセイスト)

    友松直之(映画監督)他、豪華ゲスト飛び入り参加予定

※予約はから。もしくはローソンチケット(Lコード:37866)


7/27(月)

松江哲明のあなたと飲みたい 第十一回「帰って来た『めちゃ怖』にめちゃ笑」」

【上映作品】『めちゃ怖vol.3 霊能力を持つ男』(構成・演出・出演:山下敦弘 出演:野嵜好美、山本剛史)

【ゲスト】山本剛史(俳優、霊能力者)/しまだゆきやす(「めちゃ怖」プロデューサー)ほか

【司会】松江哲明(ドキュメンタリー監督)

※予約はこちらから。尚、ゲストの山本剛史さんがミッキー・ロークのファンということもあり、当日は映画『レスラー』のネタバレトークになる予定とのことなので、未見の方はできれば当日までに観ておいてくださいとのことです。上映館はこちら