やみつき CinemaCrew(「映画秘湯」改メ)

<お知らせ> 昨年開催してご好評を戴いた「役に立つ山中貞雄」の西山洋市トークを、
ラピュタ阿佐ヶ谷さんHPにて公開しています。 どうぞhttp://www.laputa-jp.com/より御覧下さい! ☆『特別付録』まで全てUPされました。付録だけに西山さんの表情も服装もリラックスモード、まずは画像だけでも御覧下さい!
 

2010-07-07 七夕だから?

輪廻 死にたい女&性遊戯 22:35

シネマヴェーラ 16:20&19:00 約20名


サッカーW杯にウツツを抜かしていましたが、映画も観ておりますよ。

このままでは備忘録として役に立たなくなってしまうので、ちょこちょこ更新します。


さて足立正生特集より若松孝二監督『性輪廻 死にたい女』(71年・足立正生脚本作品)とご本人監督の『性遊戯』(69年)。

『性遊戯』は猥雑なエネルギーに満ち溢れた痛快作品、明日(9日金曜)も上映があるので未見の方はぜひ御覧戴きたい!


吉沢健、小水一男、秋山道男といった男性出演陣が良いのは予想できたが、中嶋夏という主演女性がメヂカラ&ガッツがあってとても良かった。ちょっと調べただけでは確証は得られなかったのですが舞踏家の方なのでしょうか。

『性輪廻』の主演、島絵梨子さんも美しくかつ肝のすわった方でしたが、こちらも出演作品少なく残念。

久しぶりに行ったシネマヴェーラも何だか人が少なく感じられ、これまた残念。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/eigahitokw/20100707

2010-07-04 根岸明美おそるべし

33号車応答なし 22:56

ラピュタ阿佐ヶ谷 19:20 約30名


ラピュタでの谷口千吉特集、『不良少年』がかなり良かったらしいが情報を得た時にはすでに間に合わずで『33号車応答なし』(55年)へ。


パトロールカー巡回をする池部良志村喬の警官コンビを描いた作品なのだが、後半に入っての加速感あるアクション、およびそこで登場してくる悪のファミリーのワルぶりが素晴らしい。ファミリーの大男は、魘されそうなくらい恐ろしかった。

10日土曜までの上映ながら強力オススメ作品。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/eigahitokw/20100704

2010-07-03 関西ゼロ年代映画

にくめ、ハレルヤ22:06

アップリンクX 17:00 約10名


板倉善之監督『にくめ、ハレルヤ!』、善意と悪意の境界が混濁してゆくところなど面白いと思ったが、いかんせん私に兄的資質が欠けており、いまいちノルことができなかった。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/eigahitokw/20100703

2010-07-02 GEIDAI−CINEMA#4より

真夜中の羊 22:56

ユーロスペース2 21:00 約100名


ヤングポール監督『真夜中の羊』は、破綻間違いなしと思われるほどのアイデア過積載、イヤミやキッチュに落ちかねない箇所を多々含みながら、なぜだかスルリと走り抜けてしまう痛快作品であった。

岡部尚は『姉ちゃん、ホトホトさまの蟲を使う』に続いて姉に翻弄される弟の役(を鑑賞)だったが、文字通り泥にまみれながらの挑戦であった。

『こんなに暗い夜』の宮本りえは、「大丈夫」と呟かれても全く信じる気が起きないほどのダークネスを、声質ばかりでなく全身にまとっていた。

いずれまた上映の機会があると思うので、その際はぜひ御覧下さい。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/eigahitokw/20100702

2010-06-20 しなやかなたくましさ

音の城♪音の海 22:10

アップリンクX 15:00 約20名 大半若者


知的障害を持つ子供たちと音楽家たちとの演奏を通じた交流を捉えたドキュメンタリー作品。

秩序立てて物事を進行させようと試みる大友良英氏に対し、まるで言うことを聞かない子供たち。どうなることかと見守るうちに両者ともに変容してゆく姿が痛快。


全30ページのパンフレットで監督の服部智行は巻末2頁のQ&Aにしか登場していない奥ゆかしさ。

だがそこには本作品については、音声編集ソフトを制作する会社に勤務していたことがキッカケとなったこと、そして中小企業診断士である現在は、商店街活性化の映画を企画しているとある。

転職しても映画の題材をすかさず見出してしまうのか、題材のために転職したのかは知らないが、細身の体からは予想外のたくましさを感じた。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/eigahitokw/20100620