Hatena::ブログ(Diary)

英語劇ドットコム日報 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2015-12-23 【タロット:ワンドのエース】新年に向けてモチベーションUP

eigogeki2015-12-23

| 20:41 | 【タロット:ワンドのエース】新年に向けてモチベーションUP - 英語劇ドットコム日報 を含むブックマーク 【タロット:ワンドのエース】新年に向けてモチベーションUP - 英語劇ドットコム日報 のブックマークコメント

演じることはacting、すなわち"何かをする"ことと言われます。台本を読んでセリフを覚え、感情を想像するだけでは不足......というより、まったく演技とは程遠いかもしれません。

とはいえ、やっぱりセリフに目が行ってしまいがち。人前で話すことは恐怖やストレスを感じる行為のワースト三位以内に入るそうなので、それも関係してるかな。また、観客の立場で言えば感動させられる演技=感情表現がすごい演技、という思い込みもありそうです。

そこで本当に、悲しいほどに見落とされがちなのが行動です。台本に出てくる人物はいったい、その瞬間に何をしているのか? ト書きには最低限のことしか書かれておらず、あとは役者が埋めていかねばなりません。そうしないと、言うことは立派で感情だけを撒き散らし、何も行動しない人と大差ない状態になってしまいます。

私も演技を学び始めた頃は「What is your action?」と何度も先生に言われました。今でも人物の行動を考えることは大仕事です。だけど、行動の部分をうまく作ることができると確信を持って演じることができる。意識が行動することに向けられると変な緊張をしなくて済むのです。この経験は生き方全般にとてもよい影響を与えてくれました。

さて、このブログで三日間、剣と金貨、杯とエースのカードを三種類見てきましたが、タロットにはあと一枚エースがあります。それが画像のカード"ワンドのエース"。wand=棒、杖と呼ばれることも。棒は行動力やエネルギーを表します。

もくもくとした雲から手が突き出すのは他のエースと同じですが、このカードはなんだか力強さを感じます。木の棒を握った手、親指は「よっしゃ!」と言うかのように上向きに(下向きにすると強く握れない...)。川のほとりに緑の木々があり、風景はひらけています。遠くの丘の上にはお城。これから王様と謁見するのか、一揆のために立ち上がるのか? すると、こんな会話が聞こえてきそうです。


「2016年に向けて、モチベーションが高まってきたようだな」

「はい、タロット様! 精一杯がんばりたいと思います! 気合い入ってます!」

「よし、その気合いを形にした棒をプレゼントしてやろう。さて、お前はこの棒を持って何をしに行くつもりかな?



.......その問いへの答えは具体的であればあるほど効果的。「とにかく一生懸命やります」では漠然とし過ぎです。脚本コンテストに応募するなら書きたい題材を絞り込み、さらに時代設定や舞台設定、主人公の人物像を絞り込む、というふうに大きな行動からどんどん小さな行動に絞っていかれるとよいでしょう。

この一年を振り返って、忙しくてなかなか思うことが出来なかったなあというかたもいらっしゃると思います。でも、本当にちゃんと振り返ると、一瞬一瞬、一生懸命に何かをしていたはず。日々の行動に対して「雑用に追われているうちに、いつの間にか意識が低くなっちゃうなあ」としょんぼりする日は、棒を持ってお城を眺めるこのカードの風景を想像するといいかもしれません。

ちなみに、私はたまに演技指導にタロットカードを持参することがあります。長時間のお稽古でマンネリ化してきたり、何度テイクを重ねてもOKが出ない時の打開策(ヒント)として使ったりします。その時々で解釈は異なりますが、このカードが出たら「行動、忘れてないか?」という警告とも受け取れる。小道具を追加して動きの変更をご提案させて頂くこともあります。




★年末年始も完全予約制にて"なんでも相談"を受け付けています。進路や人間関係、演技や演出、舞台/映画/ドラマの企画、教育や自己表現のしかたなど話題は自由です。占いはしませんが、タロットを見ながら新年に向けての抱負を探してみたいかたはお手伝いいたします。12月24日(木)〜1月5日(火)9:30AM〜8PMの間でご希望のお時間をお知らせください。

[場所]東京メトロ東西線「西葛西」駅徒歩2分 英語劇ドットコムオフィス(お申込みの方に直接ご案内いたします。遠方にお住まいのかたはスカイプもOK)

[料金]5千円(税込、90分〜2時間程度を目安)

お問い合わせ、お申込みはこちらのメールフォームから。お会いできる日を楽しみにしています。

ページビュー
452760
カウンター