Hatena::ブログ(Diary)

永字八法 RSSフィード Twitter

 | 

2005-10-31 Monday 運命の日

アストロ! 乙女塾! (アストロ! 乙女塾!シリーズ) (スーパーダッシュ文庫)

素敵なサムシング

私信本田さん、やりすぎ。(倉田英之

やりすぎなくらいがちょうどいい、と言ったのはどこの吉本芸人だったかな……。
まあともかく。この疾走感、グルーヴ感が素晴らしい。テンポか!? テンポなのか!? グダグダ言葉を重ねるよりも、最低限の言葉で走り抜けるのがいいのか!?
勉強になります
電波男的にも、「女はおっかねえ……女は信用できねえ」とか「人間顔じゃないと言いつつもいざ顔を見たら顔を基準に全てを決める」など、ネタ満載。
エロなしだから、全体の疾走感が落ちることがないのもありがたい点だ。
続きは難しいような気もするが、スキルがあることはよくわかったのです。次はファントムだ!

開田あやが怒っているとか。

猫津波トップ9/29(2005-10-26経由)
まー、どうでもいいっちゃどうでもいいんですが。

WING2005年12月号

綿流し編第七話(方篠ゆとり

時期的なもので、表紙は魅音詩音のコスプレ。魅音悪魔詩音魔女で。まあ、それはともかく。
綿流しの晩が明け、圭一は魅音詩音から揺さぶりをかけられる。そして図書館詩音と落ち合い、大石出会い、さらに揺さぶられる。最後詩音から電話で、圭一は富竹と鷹野が殺されたことを聞かされる。
ナンバーディスプレイがないからなあ、この時代。どこから詩音電話かけてるかわからないしなあ。やっぱり文明の利器はミステリの敵なのか。

韓国人につけるクスリ ―韓国・自覚症状なしのウリナライズムの病理

韓国人につけるクスリ ―韓国・自覚症状なしのウリナライズムの病理

韓国人につけるクスリ ―韓国・自覚症状なしのウリナライズムの病理

朝鮮人と仲良くなるのは無理だと思いました。国家レベルでも個人レベルでも。
他人立場に立つことができない連中に良心とかは期待できないし、自分の行動が世界とか社会の中でどれだけの影響があるのかを考えられない連中に、国際的貢献とか職人的なプライドとかを期待できないしね。
なにより、一つの考え方しか受容されない風土には、正直吐き気を覚える。扱い方が一つでいいと言うのは、簡単だが面白くは無い。
参考になりました。

2005年秋号(Vol.7)

毎度毎度ロボ娘レさんにはお世話になっております

キョウハクDOG'S(しゃあ?

意外に面白いオタクネタだからかなあ。嗜好錯誤中には笑った。せつなは自分が犬っぽいことを自覚しているのか……。まあ、俺はどうあがいても猫派だがな。

いおの様ファナティクス(藤枝雅

百合。完全百合宣言。すげえ。この国の下層階級もとい一般庶民の男たちがどんな生活してるのか見てみたいぜ。ちなみにこの作品眼鏡属性オン。

SCAPE-GOD高遠るい)第三話

これも百合かよ! そしてゲスト出演でCYNTHIA THE MISSION 1 (ZERO-SUM COMICS)から二人。
しかしこの作品モンスターの選択でセンスが光る。と言うかマニアだな作者。きっと本棚には水木しげるあたりがずらりと並んでいるに違いない。蜃気楼原典通り貝(蛤)の擬人化だったりして通だ。
そして正体不明と言うかいやこれ絶対アンドロイドだろと言う漆黒機械ブラックゴートが登場。期待させますなあ。

こはるびよりみづきたけひと

こちらに移籍でしょうか。まあ連載で読めるのはありがたいですが。つか二巻はまだですか。
売れ残りメイドロボ……ああ、なんて切実な。

久遠「ゆいさんも
この売れ残り度合いを
想像してみるといいわ!

子猫のオリに
生後半年の猫が
まぎれて売れ残ってる
居づらさを!」

ゆい「うわぁ
それは正視に
耐えませんねえ」

これはこれで一本何かかけそうなネタだなあ……

はやて×ブレード林家志弦)番外「バカの順番」

これも百合か! つかレズか!

猫神さま(源久也

もう駄目だ。完全にこの漫画にはまった。猫神様のボケがたまりません。

食玩少女レアだもん!!(かのえゆうし

……レアたちが巨大なナノマシン(何この矛盾する単語の組み合わせは)であることが判明。これもロボ娘物になるのか?
ま、最終回と言うことで、お疲れ様でした。

まとめ

目が離せませんよこの雑誌。いえー。

2005年11月号

予告されていた中山哲学が載っていた。そしてそれ以外では眼鏡とか姉とかしか真面目に読んでない俺。

教えてほしいの(中山哲学

高校生同士のアレだが、だんだんキャラクターの外見年齢が下がってきている。本性を徐々にあらわしているのか!? なおかつ巨乳でなかなかぐっとくる。
二回目の登場にして、前から二番目と言う掲載から銀行屋なんかは実際に人気があるんじゃないかと言ってきたが、俺はMUJINがどれくらいアンケート主義なのか知らないし、反応があったにしろ9月号の感想が集まる頃にはすでに11月号の原稿にはとりかかっているはずだから、まだこの位置は編集のテコイレなんじゃないかと俺は見ているんだがどうだろう。
でもうまいのはうまいよね。絵だけじゃなくて、コマ割とか話運びとかそういう面でも。

次号予告

ああ、ちゃんと有賀冬さんも名前載ってるねー。……え? ピンナップ中山哲学
ちゃんとカラー原稿も描けますよとアピールか……あなどれねえなあ。

アストロ! 乙女塾! (アストロ! 乙女塾!シリーズ) (スーパーダッシュ文庫)

素敵なサムシング

私信本田さん、やりすぎ。(倉田英之

やりすぎなくらいがちょうどいい、と言ったのはどこの吉本芸人だったかな……。
まあともかく。この疾走感、グルーヴ感が素晴らしい。テンポか!? テンポなのか!? グダグダ言葉を重ねるよりも、最低限の言葉で走り抜けるのがいいのか!?
勉強になります
電波男的にも、「女はおっかねえ……女は信用できねえ」とか「人間顔じゃないと言いつつもいざ顔を見たら顔を基準に全てを決める」など、ネタ満載。
エロなしだから、全体の疾走感が落ちることがないのもありがたい点だ。
続きは難しいような気もするが、スキルがあることはよくわかったのです。次はファントムだ!

開田あやが怒っているとか。

猫津波トップ9/29(2005-10-26経由)
まー、どうでもいいっちゃどうでもいいんですが。

WING2005年12月号

綿流し編第七話(方篠ゆとり

時期的なもので、表紙は魅音詩音のコスプレ。魅音悪魔詩音魔女で。まあ、それはともかく。
綿流しの晩が明け、圭一は魅音詩音から揺さぶりをかけられる。そして図書館詩音と落ち合い、大石出会い、さらに揺さぶられる。最後詩音から電話で、圭一は富竹と鷹野が殺されたことを聞かされる。
ナンバーディスプレイがないからなあ、この時代。どこから詩音電話かけてるかわからないしなあ。やっぱり文明の利器はミステリの敵なのか。

韓国人につけるクスリ ―韓国・自覚症状なしのウリナライズムの病理

韓国人につけるクスリ ―韓国・自覚症状なしのウリナライズムの病理

韓国人につけるクスリ ―韓国・自覚症状なしのウリナライズムの病理

朝鮮人と仲良くなるのは無理だと思いました。国家レベルでも個人レベルでも。
他人立場に立つことができない連中に良心とかは期待できないし、自分の行動が世界とか社会の中でどれだけの影響があるのかを考えられない連中に、国際的貢献とか職人的なプライドとかを期待できないしね。
なにより、一つの考え方しか受容されない風土には、正直吐き気を覚える。扱い方が一つでいいと言うのは、簡単だが面白くは無い。
参考になりました。

2005年秋号(Vol.7)

毎度毎度ロボ娘レさんにはお世話になっております

キョウハクDOG'S(しゃあ?

意外に面白いオタクネタだからかなあ。嗜好錯誤中には笑った。せつなは自分が犬っぽいことを自覚しているのか……。まあ、俺はどうあがいても猫派だがな。

いおの様ファナティクス(藤枝雅

百合。完全百合宣言。すげえ。この国の下層階級もとい一般庶民の男たちがどんな生活してるのか見てみたいぜ。ちなみにこの作品眼鏡属性オン。

SCAPE-GOD高遠るい)第三話

これも百合かよ! そしてゲスト出演でCYNTHIA THE MISSION 1 (ZERO-SUM COMICS)から二人。
しかしこの作品モンスターの選択でセンスが光る。と言うかマニアだな作者。きっと本棚には水木しげるあたりがずらりと並んでいるに違いない。蜃気楼原典通り貝(蛤)の擬人化だったりして通だ。
そして正体不明と言うかいやこれ絶対アンドロイドだろと言う漆黒機械ブラックゴートが登場。期待させますなあ。

こはるびよりみづきたけひと

こちらに移籍でしょうか。まあ連載で読めるのはありがたいですが。つか二巻はまだですか。
売れ残りメイドロボ……ああ、なんて切実な。

久遠「ゆいさんも
この売れ残り度合いを
想像してみるといいわ!

子猫のオリに
生後半年の猫が
まぎれて売れ残ってる
居づらさを!」

ゆい「うわぁ
それは正視に
耐えませんねえ」

これはこれで一本何かかけそうなネタだなあ……

はやて×ブレード林家志弦)番外「バカの順番」

これも百合か! つかレズか!

猫神さま(源久也

もう駄目だ。完全にこの漫画にはまった。猫神様のボケがたまりません。

食玩少女レアだもん!!(かのえゆうし

……レアたちが巨大なナノマシン(何この矛盾する単語の組み合わせは)であることが判明。これもロボ娘物になるのか?
ま、最終回と言うことで、お疲れ様でした。

まとめ

目が離せませんよこの雑誌。いえー。

2005年11月号

予告されていた中山哲学が載っていた。そしてそれ以外では眼鏡とか姉とかしか真面目に読んでない俺。

教えてほしいの(中山哲学

高校生同士のアレだが、だんだんキャラクターの外見年齢が下がってきている。本性を徐々にあらわしているのか!? なおかつ巨乳でなかなかぐっとくる。
二回目の登場にして、前から二番目と言う掲載から銀行屋なんかは実際に人気があるんじゃないかと言ってきたが、俺はMUJINがどれくらいアンケート主義なのか知らないし、反応があったにしろ9月号の感想が集まる頃にはすでに11月号の原稿にはとりかかっているはずだから、まだこの位置は編集のテコイレなんじゃないかと俺は見ているんだがどうだろう。
でもうまいのはうまいよね。絵だけじゃなくて、コマ割とか話運びとかそういう面でも。

次号予告

ああ、ちゃんと有賀冬さんも名前載ってるねー。……え? ピンナップ中山哲学
ちゃんとカラー原稿も描けますよとアピールか……あなどれねえなあ。

アストロ! 乙女塾! (アストロ! 乙女塾!シリーズ) (スーパーダッシュ文庫)

素敵なサムシング

私信本田さん、やりすぎ。(倉田英之

やりすぎなくらいがちょうどいい、と言ったのはどこの吉本芸人だったかな……。
まあともかく。この疾走感、グルーヴ感が素晴らしい。テンポか!? テンポなのか!? グダグダ言葉を重ねるよりも、最低限の言葉で走り抜けるのがいいのか!?
勉強になります
電波男的にも、「女はおっかねえ……女は信用できねえ」とか「人間顔じゃないと言いつつもいざ顔を見たら顔を基準に全てを決める」など、ネタ満載。
エロなしだから、全体の疾走感が落ちることがないのもありがたい点だ。
続きは難しいような気もするが、スキルがあることはよくわかったのです。次はファントムだ!

開田あやが怒っているとか。

猫津波トップ9/29(2005-10-26経由)
まー、どうでもいいっちゃどうでもいいんですが。

WING2005年12月号

綿流し編第七話(方篠ゆとり

時期的なもので、表紙は魅音詩音のコスプレ。魅音悪魔詩音魔女で。まあ、それはともかく。
綿流しの晩が明け、圭一は魅音詩音から揺さぶりをかけられる。そして図書館詩音と落ち合い、大石出会い、さらに揺さぶられる。最後詩音から電話で、圭一は富竹と鷹野が殺されたことを聞かされる。
ナンバーディスプレイがないからなあ、この時代。どこから詩音電話かけてるかわからないしなあ。やっぱり文明の利器はミステリの敵なのか。

韓国人につけるクスリ ―韓国・自覚症状なしのウリナライズムの病理

韓国人につけるクスリ ―韓国・自覚症状なしのウリナライズムの病理

韓国人につけるクスリ ―韓国・自覚症状なしのウリナライズムの病理

朝鮮人と仲良くなるのは無理だと思いました。国家レベルでも個人レベルでも。
他人立場に立つことができない連中に良心とかは期待できないし、自分の行動が世界とか社会の中でどれだけの影響があるのかを考えられない連中に、国際的貢献とか職人的なプライドとかを期待できないしね。
なにより、一つの考え方しか受容されない風土には、正直吐き気を覚える。扱い方が一つでいいと言うのは、簡単だが面白くは無い。
参考になりました。

2005年秋号(Vol.7)

毎度毎度ロボ娘レさんにはお世話になっております

キョウハクDOG'S(しゃあ?

意外に面白いオタクネタだからかなあ。嗜好錯誤中には笑った。せつなは自分が犬っぽいことを自覚しているのか……。まあ、俺はどうあがいても猫派だがな。

いおの様ファナティクス(藤枝雅

百合。完全百合宣言。すげえ。この国の下層階級もとい一般庶民の男たちがどんな生活してるのか見てみたいぜ。ちなみにこの作品眼鏡属性オン。

SCAPE-GOD高遠るい)第三話

これも百合かよ! そしてゲスト出演でCYNTHIA THE MISSION 1 (ZERO-SUM COMICS)から二人。
しかしこの作品モンスターの選択でセンスが光る。と言うかマニアだな作者。きっと本棚には水木しげるあたりがずらりと並んでいるに違いない。蜃気楼原典通り貝(蛤)の擬人化だったりして通だ。
そして正体不明と言うかいやこれ絶対アンドロイドだろと言う漆黒機械ブラックゴートが登場。期待させますなあ。

こはるびよりみづきたけひと

こちらに移籍でしょうか。まあ連載で読めるのはありがたいですが。つか二巻はまだですか。
売れ残りメイドロボ……ああ、なんて切実な。

久遠「ゆいさんも
この売れ残り度合いを
想像してみるといいわ!

子猫のオリに
生後半年の猫が
まぎれて売れ残ってる
居づらさを!」

ゆい「うわぁ
それは正視に
耐えませんねえ」

これはこれで一本何かかけそうなネタだなあ……

はやて×ブレード林家志弦)番外「バカの順番」

これも百合か! つかレズか!

猫神さま(源久也

もう駄目だ。完全にこの漫画にはまった。猫神様のボケがたまりません。

食玩少女レアだもん!!(かのえゆうし

……レアたちが巨大なナノマシン(何この矛盾する単語の組み合わせは)であることが判明。これもロボ娘物になるのか?
ま、最終回と言うことで、お疲れ様でした。

まとめ

目が離せませんよこの雑誌。いえー。

2005年11月号

予告されていた中山哲学が載っていた。そしてそれ以外では眼鏡とか姉とかしか真面目に読んでない俺。

教えてほしいの(中山哲学

高校生同士のアレだが、だんだんキャラクターの外見年齢が下がってきている。本性を徐々にあらわしているのか!? なおかつ巨乳でなかなかぐっとくる。
二回目の登場にして、前から二番目と言う掲載から銀行屋なんかは実際に人気があるんじゃないかと言ってきたが、俺はMUJINがどれくらいアンケート主義なのか知らないし、反応があったにしろ9月号の感想が集まる頃にはすでに11月号の原稿にはとりかかっているはずだから、まだこの位置は編集のテコイレなんじゃないかと俺は見ているんだがどうだろう。
でもうまいのはうまいよね。絵だけじゃなくて、コマ割とか話運びとかそういう面でも。

次号予告

ああ、ちゃんと有賀冬さんも名前載ってるねー。……え? ピンナップ中山哲学
ちゃんとカラー原稿も描けますよとアピールか……あなどれねえなあ。

2005-10-30 Sunday 働く人

11月10日号

どこにいっていたんだチャンピオン
俺たちは君を待っていたーっ!
つか、最近リファラ武狼ひろみでくる人が多いと思ったらそういうことだったんだね。

女子アナアナロジー武狼ひろみ

お堅い眼鏡女子アナとその妹で頭の軽い柔道チャンピオンが入れ替わってドタバタ。そんな内容。眼鏡マンセー

コンセプトは
「コスプレ♥パンチラ
ついでにニュース

月曜日から金曜日まで
日替わりコスプレ
随所にパンチラを挿入
しつつニュースを読む

これはもう
鈴木にしか
務まらん

「次は医療制度改革について」とナースコスで。
すげえオチだ。
水兵ききと並ぶ羞恥エロ漫画家に育って欲しいですね。

学習まんが

毎度毎度のロボ娘レさんより。

倫理―大学受験らくらくブック (新マンガゼミナール)

倫理―大学受験らくらくブック (新マンガゼミナール)

倫理的問題ありそうな連中が倫理を語ると言う壮大なギャグ

ベンチマーク(mspとamsp)

同じスプライトを動かす命令mspとamsp。mspは現在の位置からの移動量で計算し、amspは移動後の座標を絶対指定する。
そのどちらが早いかを確認してみた。

スクリプト

 *define
game
 *start
9
wait 1000
8
wait 1000
7
wait 1000
6
wait 1000
5
wait 1000
4
wait 1000
3
wait 1000
2
wait 1000
1
wait 1000
0
wait 1000
erasetextwindow 0

lsp 0,":s/100,100,0;#FF0000●",-100,0
textclear
mspを使った場合。
resettimer
for %1=0 to 10
for %0= -100 to 640
msp 0,1,0
print 1
next
for %0= -100 to 640
msp 0,-1,0
print 1
next
msp 0,0,1
next
gettimer %10

lsp 0,":s/100,100,0;#FF0000●",-100,0
textclear
amspを使った場合。
resettimer
for %1=0 to 10
for %0= -100 to 640
amsp 0,%0,%1
print 1
next
for %0= 640 to -100 step -1
amsp 0,%0,%1
print 1
next
next
gettimer %11

textclear
%10
%11

gosub *screenshot
click
end

 *screenshot
getscreenshot 640,480
date %101,%102,%103
time %104,%105,%106
mov $100,"20"
for %100=101 to 106
if %%100<10 add $100,"0"
itoa $%100,%%100
add $100,$%100
next
add $100,".bmp"
savescreenshot $100
return

結果

f:id:eiji8pou:20051030210438p:image
上段がmspによる結果。下段がamspによる結果。
念のために、実行する順番を入れ替えてみた(結果の表示される順番は変わらず)
f:id:eiji8pou:20051030210556p:image
結果。mspよりもamspの方が実行は早いと言う結果に。ただ、自分計算する手間を考えたらそうでもないかも知れないが。

ベンチマーク(lspとamsp)

続いて念のためのベンチマーク
既存スプライトを動かすamspを使うのと、lspでいちいち描画するのとではどっちが早いか。
結果はなんとなく想像つくけれども、一応。

スクリプト

*define
game
*start
9
wait 1000
8
wait 1000
7
wait 1000
6
wait 1000
5
wait 1000
4
wait 1000
3
wait 1000
2
wait 1000
1
wait 1000
0
wait 1000
erasetextwindow 0

lsp 0,":s/100,100,0;#FF0000●",-100,0
textclear
amspを使った場合。
resettimer
for %1=0 to 10
for %0= -100 to 640
amsp 0,%0,%1
print 1
next
for %0= 640 to -100 step -1
amsp 0,%0,%1
print 1
next
next
gettimer %11

textclear
lspを使った場合。
resettimer
for %1=0 to 10
for %0= -100 to 640
lsp 0,":s/100,100,0;#FF0000●",%0,%1
print 1
next
for %0= 640 to -100 step -1
lsp 0,":s/100,100,0;#FF0000●",%0,%1
print 1
next
msp 0,0,1
next
gettimer %10

textclear
%10
%11

gosub *screenshot
click
end

*screenshot
getscreenshot 640,480
date %101,%102,%103
time %104,%105,%106
mov $100,"20"
for %100=101 to 106
if %%100<10 add $100,"0"
itoa $%100,%%100
add $100,$%100
next
add $100,".bmp"
savescreenshot $100
return

結果

f:id:eiji8pou:20051030215414p:image
上段がlspによる数値。下段がamspによる数値。
f:id:eiji8pou:20051030215425p:image
実行する順番を入れ替えての結果(やはり上段がlsp、下段がamsp)。
やはり、いちいちスプライト作成するよりも、既存スプライトを動かした方が速度的に有利。

おっぱいバトン

バトン類は嫌いだと言う主義主張を捻じ曲げてでも、このバトンには全力で回答する価値があると思う。
それは、「おっぱいバトン」!
mixi経由で【インフォシーク】Infoseek : 楽天が運営するポータルサイト相打ちキッド氏がどうしてもと言うので仕方なく受けたのですが(一部嘘)、やる以上は全力で。俺はおっぱいが好きだーっ!

おっぱい属性を正直に答えよ

たわわ! たわわに限るよたわわ!
最低でもD! おっぱい眼鏡が大好きだっ!

おっぱい衣裳を正直に答えよ

白のブラウスに紺のタイトスカート!
ぷちりぷちりとボタンを外せ! もしくはブチブチッと!

おっぱい小道具を正直に答えよ

とりあえず先端を保護する星型の何かで。

おっぱい仕草を正直に答えよ

気をつけ! 胸を張れ! 思いっきり! 先端が月に届くくらい! そして超振動

おっぱい場所を正直に答えよ

馬にのって存分に震わせるがいい!

おっぱいを渡す人

誰でも持っていけば(・∀・)イイ!! おっぱい星人ならば。
ただ、個人的にこの辺のラインの人には回答してもらいたい気がするなりよ。

くらいかな。

まとめ

駄目だ。思いが強すぎてうまく言葉が出てこない……orz
もっと! もっと理性を!

11月10日号

どこにいっていたんだチャンピオン
俺たちは君を待っていたーっ!
つか、最近リファラ武狼ひろみでくる人が多いと思ったらそういうことだったんだね。

女子アナアナロジー武狼ひろみ

お堅い眼鏡女子アナとその妹で頭の軽い柔道チャンピオンが入れ替わってドタバタ。そんな内容。眼鏡マンセー

コンセプトは
「コスプレ♥パンチラ
ついでにニュース

月曜日から金曜日まで
日替わりコスプレ
随所にパンチラを挿入
しつつニュースを読む

これはもう
鈴木にしか
務まらん

「次は医療制度改革について」とナースコスで。
すげえオチだ。
水兵ききと並ぶ羞恥エロ漫画家に育って欲しいですね。

学習まんが

毎度毎度のロボ娘レさんより。

倫理―大学受験らくらくブック (新マンガゼミナール)

倫理―大学受験らくらくブック (新マンガゼミナール)

倫理的問題ありそうな連中が倫理を語ると言う壮大なギャグ

ベンチマーク(mspとamsp)

同じスプライトを動かす命令mspとamsp。mspは現在の位置からの移動量で計算し、amspは移動後の座標を絶対指定する。
そのどちらが早いかを確認してみた。

スクリプト

 *define
game
 *start
9
wait 1000
8
wait 1000
7
wait 1000
6
wait 1000
5
wait 1000
4
wait 1000
3
wait 1000
2
wait 1000
1
wait 1000
0
wait 1000
erasetextwindow 0

lsp 0,":s/100,100,0;#FF0000●",-100,0
textclear
mspを使った場合。
resettimer
for %1=0 to 10
for %0= -100 to 640
msp 0,1,0
print 1
next
for %0= -100 to 640
msp 0,-1,0
print 1
next
msp 0,0,1
next
gettimer %10

lsp 0,":s/100,100,0;#FF0000●",-100,0
textclear
amspを使った場合。
resettimer
for %1=0 to 10
for %0= -100 to 640
amsp 0,%0,%1
print 1
next
for %0= 640 to -100 step -1
amsp 0,%0,%1
print 1
next
next
gettimer %11

textclear
%10
%11

gosub *screenshot
click
end

 *screenshot
getscreenshot 640,480
date %101,%102,%103
time %104,%105,%106
mov $100,"20"
for %100=101 to 106
if %%100<10 add $100,"0"
itoa $%100,%%100
add $100,$%100
next
add $100,".bmp"
savescreenshot $100
return

結果

f:id:eiji8pou:20051030210438p:image
上段がmspによる結果。下段がamspによる結果。
念のために、実行する順番を入れ替えてみた(結果の表示される順番は変わらず)
f:id:eiji8pou:20051030210556p:image
結果。mspよりもamspの方が実行は早いと言う結果に。ただ、自分計算する手間を考えたらそうでもないかも知れないが。

ベンチマーク(lspとamsp)

続いて念のためのベンチマーク
既存スプライトを動かすamspを使うのと、lspでいちいち描画するのとではどっちが早いか。
結果はなんとなく想像つくけれども、一応。

スクリプト

*define
game
*start
9
wait 1000
8
wait 1000
7
wait 1000
6
wait 1000
5
wait 1000
4
wait 1000
3
wait 1000
2
wait 1000
1
wait 1000
0
wait 1000
erasetextwindow 0

lsp 0,":s/100,100,0;#FF0000●",-100,0
textclear
amspを使った場合。
resettimer
for %1=0 to 10
for %0= -100 to 640
amsp 0,%0,%1
print 1
next
for %0= 640 to -100 step -1
amsp 0,%0,%1
print 1
next
next
gettimer %11

textclear
lspを使った場合。
resettimer
for %1=0 to 10
for %0= -100 to 640
lsp 0,":s/100,100,0;#FF0000●",%0,%1
print 1
next
for %0= 640 to -100 step -1
lsp 0,":s/100,100,0;#FF0000●",%0,%1
print 1
next
msp 0,0,1
next
gettimer %10

textclear
%10
%11

gosub *screenshot
click
end

*screenshot
getscreenshot 640,480
date %101,%102,%103
time %104,%105,%106
mov $100,"20"
for %100=101 to 106
if %%100<10 add $100,"0"
itoa $%100,%%100
add $100,$%100
next
add $100,".bmp"
savescreenshot $100
return

結果

f:id:eiji8pou:20051030215414p:image
上段がlspによる数値。下段がamspによる数値。
f:id:eiji8pou:20051030215425p:image
実行する順番を入れ替えての結果(やはり上段がlsp、下段がamsp)。
やはり、いちいちスプライト作成するよりも、既存スプライトを動かした方が速度的に有利。

おっぱいバトン

バトン類は嫌いだと言う主義主張を捻じ曲げてでも、このバトンには全力で回答する価値があると思う。
それは、「おっぱいバトン」!
mixi経由で【インフォシーク】Infoseek : 楽天が運営するポータルサイト相打ちキッド氏がどうしてもと言うので仕方なく受けたのですが(一部嘘)、やる以上は全力で。俺はおっぱいが好きだーっ!

おっぱい属性を正直に答えよ

たわわ! たわわに限るよたわわ!
最低でもD! おっぱい眼鏡が大好きだっ!

おっぱい衣裳を正直に答えよ

白のブラウスに紺のタイトスカート!
ぷちりぷちりとボタンを外せ! もしくはブチブチッと!

おっぱい小道具を正直に答えよ

とりあえず先端を保護する星型の何かで。

おっぱい仕草を正直に答えよ

気をつけ! 胸を張れ! 思いっきり! 先端が月に届くくらい! そして超振動

おっぱい場所を正直に答えよ

馬にのって存分に震わせるがいい!

おっぱいを渡す人

誰でも持っていけば(・∀・)イイ!! おっぱい星人ならば。
ただ、個人的にこの辺のラインの人には回答してもらいたい気がするなりよ。

くらいかな。

まとめ

駄目だ。思いが強すぎてうまく言葉が出てこない……orz
もっと! もっと理性を!

11月10日号

どこにいっていたんだチャンピオン
俺たちは君を待っていたーっ!
つか、最近リファラ武狼ひろみでくる人が多いと思ったらそういうことだったんだね。

女子アナアナロジー武狼ひろみ

お堅い眼鏡女子アナとその妹で頭の軽い柔道チャンピオンが入れ替わってドタバタ。そんな内容。眼鏡マンセー

コンセプトは
「コスプレ♥パンチラ
ついでにニュース

月曜日から金曜日まで
日替わりコスプレ
随所にパンチラを挿入
しつつニュースを読む

これはもう
鈴木にしか
務まらん

「次は医療制度改革について」とナースコスで。
すげえオチだ。
水兵ききと並ぶ羞恥エロ漫画家に育って欲しいですね。

学習まんが

毎度毎度のロボ娘レさんより。

倫理―大学受験らくらくブック (新マンガゼミナール)

倫理―大学受験らくらくブック (新マンガゼミナール)

倫理的問題ありそうな連中が倫理を語ると言う壮大なギャグ

ベンチマーク(mspとamsp)

同じスプライトを動かす命令mspとamsp。mspは現在の位置からの移動量で計算し、amspは移動後の座標を絶対指定する。
そのどちらが早いかを確認してみた。

スクリプト

 *define
game
 *start
9
wait 1000
8
wait 1000
7
wait 1000
6
wait 1000
5
wait 1000
4
wait 1000
3
wait 1000
2
wait 1000
1
wait 1000
0
wait 1000
erasetextwindow 0

lsp 0,":s/100,100,0;#FF0000●",-100,0
textclear
mspを使った場合。
resettimer
for %1=0 to 10
for %0= -100 to 640
msp 0,1,0
print 1
next
for %0= -100 to 640
msp 0,-1,0
print 1
next
msp 0,0,1
next
gettimer %10

lsp 0,":s/100,100,0;#FF0000●",-100,0
textclear
amspを使った場合。
resettimer
for %1=0 to 10
for %0= -100 to 640
amsp 0,%0,%1
print 1
next
for %0= 640 to -100 step -1
amsp 0,%0,%1
print 1
next
next
gettimer %11

textclear
%10
%11

gosub *screenshot
click
end

 *screenshot
getscreenshot 640,480
date %101,%102,%103
time %104,%105,%106
mov $100,"20"
for %100=101 to 106
if %%100<10 add $100,"0"
itoa $%100,%%100
add $100,$%100
next
add $100,".bmp"
savescreenshot $100
return

結果

f:id:eiji8pou:20051030210438p:image
上段がmspによる結果。下段がamspによる結果。
念のために、実行する順番を入れ替えてみた(結果の表示される順番は変わらず)
f:id:eiji8pou:20051030210556p:image
結果。mspよりもamspの方が実行は早いと言う結果に。ただ、自分計算する手間を考えたらそうでもないかも知れないが。

ベンチマーク(lspとamsp)

続いて念のためのベンチマーク
既存スプライトを動かすamspを使うのと、lspでいちいち描画するのとではどっちが早いか。
結果はなんとなく想像つくけれども、一応。

スクリプト

*define
game
*start
9
wait 1000
8
wait 1000
7
wait 1000
6
wait 1000
5
wait 1000
4
wait 1000
3
wait 1000
2
wait 1000
1
wait 1000
0
wait 1000
erasetextwindow 0

lsp 0,":s/100,100,0;#FF0000●",-100,0
textclear
amspを使った場合。
resettimer
for %1=0 to 10
for %0= -100 to 640
amsp 0,%0,%1
print 1
next
for %0= 640 to -100 step -1
amsp 0,%0,%1
print 1
next
next
gettimer %11

textclear
lspを使った場合。
resettimer
for %1=0 to 10
for %0= -100 to 640
lsp 0,":s/100,100,0;#FF0000●",%0,%1
print 1
next
for %0= 640 to -100 step -1
lsp 0,":s/100,100,0;#FF0000●",%0,%1
print 1
next
msp 0,0,1
next
gettimer %10

textclear
%10
%11

gosub *screenshot
click
end

*screenshot
getscreenshot 640,480
date %101,%102,%103
time %104,%105,%106
mov $100,"20"
for %100=101 to 106
if %%100<10 add $100,"0"
itoa $%100,%%100
add $100,$%100
next
add $100,".bmp"
savescreenshot $100
return

結果

f:id:eiji8pou:20051030215414p:image
上段がlspによる数値。下段がamspによる数値。
f:id:eiji8pou:20051030215425p:image
実行する順番を入れ替えての結果(やはり上段がlsp、下段がamsp)。
やはり、いちいちスプライト作成するよりも、既存スプライトを動かした方が速度的に有利。

おっぱいバトン

バトン類は嫌いだと言う主義主張を捻じ曲げてでも、このバトンには全力で回答する価値があると思う。
それは、「おっぱいバトン」!
mixi経由で【インフォシーク】Infoseek : 楽天が運営するポータルサイト相打ちキッド氏がどうしてもと言うので仕方なく受けたのですが(一部嘘)、やる以上は全力で。俺はおっぱいが好きだーっ!

おっぱい属性を正直に答えよ

たわわ! たわわに限るよたわわ!
最低でもD! おっぱい眼鏡が大好きだっ!

おっぱい衣裳を正直に答えよ

白のブラウスに紺のタイトスカート!
ぷちりぷちりとボタンを外せ! もしくはブチブチッと!

おっぱい小道具を正直に答えよ

とりあえず先端を保護する星型の何かで。

おっぱい仕草を正直に答えよ

気をつけ! 胸を張れ! 思いっきり! 先端が月に届くくらい! そして超振動

おっぱい場所を正直に答えよ

馬にのって存分に震わせるがいい!

おっぱいを渡す人

誰でも持っていけば(・∀・)イイ!! おっぱい星人ならば。
ただ、個人的にこの辺のラインの人には回答してもらいたい気がするなりよ。

くらいかな。

まとめ

駄目だ。思いが強すぎてうまく言葉が出てこない……orz
もっと! もっと理性を!

2005-10-29 Saturday これがほんとのツインテール!

できることできないこと

no titleにて。

立ち絵が移動している間も文字ウインドが表示されていて物語を切ることがないから
立ち絵の移動だけならば、む式ツールキットにて再現することができます。
しかし、NScripter仕様として、その際には文字ウインドウは消されてしまうのです。
こればっかりは残念ながらどうしようもない。

実はできたりするんだな、これが。
erasetextwindowを使います。
erasetextwindow 0 にすると、「テキストウィンドウ(=文字ウィンドウ)が消えません」
erasetextwindow 1 にすると、「普通通り消えます」
なんですね。
もちろんFate/hollow ataraxia 初回版(DVD-ROM)みたいに高速にはできんですがー。
blt使うとか色々工夫できる点はありますけどもー。
ついでに言えば、書散し編・ツールキットを使っていても、「erasetextwindow 0」でおのぞみ演出になるでしょう。
で、織成し編で使う場合には、他の人のスクリプトのためにスクリプト最後で「erasetextwindow 1」をやっていただきたいところ。注意点はそんだけー。

サンプルスクリプトその1

 *define
game
 *start
lsp 0,":s/100,100,0;#FF0000●",-100,100
erasetextwindow 0
setwindow 50,50,10,10,26,26,2,2,20,1,1,#999999,20,20,619,459
テキストウィンドウを消さないでエフェクトしてみる。(draw系命令を使わなかった場合)
 *main
for %0=1 to 840
msp 0,1,0
print 1
next
for %0=1 to 840
msp 0,-1,0
print 1
next
goto *main

サンプルスクリプトその2

 *define
game
 *start
lsph 0,":s/100,100,0;#FF0000●",0,0
setwindow 50,50,10,10,26,26,2,2,20,1,1,#999999,20,20,619,459
テキストウィンドウを消さないでエフェクトしてみる。(draw系命令を使った場合)
 *main
for %0=-100 to 740
drawclear
drawsp 0,0,255,%0,100
drawtext
draw
wait 1
next
for %0=740 to -100 step -1
drawclear
drawsp 0,0,255,%0,100
drawtext
draw
wait 1
next
goto *main

大型版 あらしのよるにシリーズ(4) きりのなかで

大型版 あらしのよるにシリーズ(4) きりのなかで

大型版 あらしのよるにシリーズ(4) きりのなかで

BL作家である久世番子がその作品暴れん坊本屋さん (1) (ウンポコ・エッセイ・コミックス)の中で「やおいくさいぜゲヘヘヘヘ」と紹介していた本。別ルートで見る機会があったので読んで見た。
……なにこの秘密バカップルぶりは! これを絵本として若年層に読ませたりして本当にいいのか?
オオカミとヤギの性別がはっきりしないのもなおさら801くせえ。
洞窟の中でふたりっきりになって霧が全てを覆い隠すラストシーンは狙っているとしか思えねえ。いやこれは絶対同人誌出てるだろう!
今度コミケ行く時はさがしてみよう。

ST 黒の調査ファイル (講談社ノベルス)

ST 黒の調査ファイル (講談社ノベルス)

ST 黒の調査ファイル (講談社ノベルス)

色+調査ファイルシリーズの一応最終巻。今回の主役は武道家+人間ガスクロマトグラフィーの黒崎さんが、中国系マフィアのやった放火・殺人事件を解決すると言う内容。
黒崎が主役だとセリフなくて間がもたない(笑)
トリック自体普通に「あーあれか」と思ったけど、実際できるもんなのかね?

第02話「新しい朝。」

SOLTYREI
他のハンター協会から狙われるミリンダ。その危機を救うソルティ(この段階では名無し)。
しかしソルティは未登録市民であることが判明し、当局連行されそうになるが、ロイが引き取ることになる。また、ロイがソルティに名をつける。そんな話。

感想

思ったこと

何故、侵入者の画像とソルティが一致しなかったか?

  1. ソルティが当局に拘束されることを望まない勢力が、外部からハッキングしてデータ改竄した。
  2. 実は第01話の展開はミスリードで、ソルティ型がもう一機潜伏している。ロイのとこにいるのと、パワードスーツガチやった機体は別。
  3. 偶然。

さてどれだろー。

ツッコミどころ

人をかばって自分が撃たれるソルティ、それはいいんだが服に穴があかないのはなんでだー。
あの時代の服は全部ケブラーでも入れてんのか。

まとめ

まだ硬いなあ。

第03話「青の少女」

SOLTYREI
病院からある品の護送を依頼され、それをミリンダのハンター協会経由で受けるロイ。その病院には盗賊から予告状が出されており、護衛を強化する必要があった。ソルティはついでにその病院市民登録必要な健康診断書をもらいに行く。護送中、盗賊に襲われソルティのメカパワーで防御、しかし結局品は盗賊の手によって破壊される。だが、そのアタッシュケースに入っていたのは出所不明麻薬だった。盗賊義賊を自認していたのだ。
ソルティは無事に市民登録され、ロイ養女になる。また、ソルティを調べてその秘密の一端を知ったバカは病院をクビになり、ミランダに拾われる。

感想

何もないところでこける眼鏡ドジっ娘キタ━━━━(゜∀゜)━━━━ッ!!と思ったらちょい役だったし、やっぱり思ったとおり仮の姿だった。むしろエルフェンリート並にクビチョンパしたらどうしようとか心配してた。
ソルティ強いよソルティ。つかロイなついてんのは刷り込みだろ。
ロイ、なんかもう諦めてソルティを受け入れてしまった感じ。
ドラマ面でのハイライトは、ロイコートくるまって眠るソルティのシーン。「あ、お父さんの匂いがする……」とか脳内補完した俺。
アクション面では落ちてくる障害物をソルティが走りよって超振動破壊するシーンか。ロイはそれで無事だったけど、でもかけらで被害出してるよなあ。
盗賊三兄弟は全員頭あったかそうでいいなあ。

まとめ

そろそろキャラがでそろってきたかな? 世界観が視聴者に浸透してきた頃合なので、情報密度も高くなってきた。
はよ続き見たいのう。

HEART TREATMENT

HEART TREATMENT

HEART TREATMENT

ポーズに表情が乏しい気のする作家さんです。きっちり描こうとして勢いを殺してしまってるような、そんな感じ。
全体はいくつかの連作短編集になっていますが、特に感情移入できるような話もなくその辺はスルー
対象は「チャイムMachine」。
話らしい話はなし。都会のマンション住まいの男が、ダッチワイフも可能なロボ娘を三日間レンタルする。しかしこの話はかなり印象に残っている。何でだろう……。
ああ、ロボ娘ショートカット眼鏡かけてるからだな。やっぱりあうあうが最高な思想なんだ俺は……。
まあ、オチの方がすごいけれども。
三日が過ぎた時、レンタル継続もしくは買取をせまられるわけだが、レンタル継続は「1500万クレジット」で買取は「25万クレジットである。そりゃ買取した方がマシじゃんか! まあ、「1500クレジット」の誤植かも知れんけど。
最後コマロボ娘を抱いて「いい時代だねえ」俺もその時代に行きたいぞ。

素直クール

サービス終了のお知らせ - Yahoo!ジオシティーズ(各所経由)
こうやってまとめられるととてつもなくぐっと来る属性だ。

できることできないこと

no titleにて。

立ち絵が移動している間も文字ウインドが表示されていて物語を切ることがないから
立ち絵の移動だけならば、む式ツールキットにて再現することができます。
しかし、NScripter仕様として、その際には文字ウインドウは消されてしまうのです。
こればっかりは残念ながらどうしようもない。

実はできたりするんだな、これが。
erasetextwindowを使います。
erasetextwindow 0 にすると、「テキストウィンドウ(=文字ウィンドウ)が消えません」
erasetextwindow 1 にすると、「普通通り消えます」
なんですね。
もちろんFate/hollow ataraxia 初回版(DVD-ROM)みたいに高速にはできんですがー。
blt使うとか色々工夫できる点はありますけどもー。
ついでに言えば、http://www.eiji8pou.pics/download/tool.htmtitleを使っていても、「erasetextwindow 0」でおのぞみ演出になるでしょう。
で、織成し編で使う場合には、他の人のスクリプトのためにスクリプト最後で「erasetextwindow 1」をやっていただきたいところ。注意点はそんだけー。

サンプルスクリプトその1

 *define
game
 *start
lsp 0,":s/100,100,0;#FF0000●",-100,100
erasetextwindow 0
setwindow 50,50,10,10,26,26,2,2,20,1,1,#999999,20,20,619,459
テキストウィンドウを消さないでエフェクトしてみる。(draw系命令を使わなかった場合)
 *main
for %0=1 to 840
msp 0,1,0
print 1
next
for %0=1 to 840
msp 0,-1,0
print 1
next
goto *main

サンプルスクリプトその2

 *define
game
 *start
lsph 0,":s/100,100,0;#FF0000●",0,0
setwindow 50,50,10,10,26,26,2,2,20,1,1,#999999,20,20,619,459
テキストウィンドウを消さないでエフェクトしてみる。(draw系命令を使った場合)
 *main
for %0=-100 to 740
drawclear
drawsp 0,0,255,%0,100
drawtext
draw
wait 1
next
for %0=740 to -100 step -1
drawclear
drawsp 0,0,255,%0,100
drawtext
draw
wait 1
next
goto *main

大型版 あらしのよるにシリーズ(4) きりのなかで

大型版 あらしのよるにシリーズ(4) きりのなかで

大型版 あらしのよるにシリーズ(4) きりのなかで

BL作家である久世番子がその作品暴れん坊本屋さん (1) (ウンポコ・エッセイ・コミックス)の中で「やおいくさいぜゲヘヘヘヘ」と紹介していた本。別ルートで見る機会があったので読んで見た。
……なにこの秘密バカップルぶりは! これを絵本として若年層に読ませたりして本当にいいのか?
オオカミとヤギの性別がはっきりしないのもなおさら801くせえ。
洞窟の中でふたりっきりになって霧が全てを覆い隠すラストシーンは狙っているとしか思えねえ。いやこれは絶対同人誌出てるだろう!
今度コミケ行く時はさがしてみよう。

ST 黒の調査ファイル (講談社ノベルス)

ST 黒の調査ファイル (講談社ノベルス)

ST 黒の調査ファイル (講談社ノベルス)

色+調査ファイルシリーズの一応最終巻。今回の主役は武道家+人間ガスクロマトグラフィーの黒崎さんが、中国系マフィアのやった放火・殺人事件を解決すると言う内容。
黒崎が主役だとセリフなくて間がもたない(笑)
トリック自体普通に「あーあれか」と思ったけど、実際できるもんなのかね?

第02話「新しい朝。」

SOLTYREI
他のハンター協会から狙われるミリンダ。その危機を救うソルティ(この段階では名無し)。
しかしソルティは未登録市民であることが判明し、当局連行されそうになるが、ロイが引き取ることになる。また、ロイがソルティに名をつける。そんな話。

感想

思ったこと

何故、侵入者の画像とソルティが一致しなかったか?

  1. ソルティが当局に拘束されることを望まない勢力が、外部からハッキングしてデータ改竄した。
  2. 実は第01話の展開はミスリードで、ソルティ型がもう一機潜伏している。ロイのとこにいるのと、パワードスーツガチやった機体は別。
  3. 偶然。

さてどれだろー。

ツッコミどころ

人をかばって自分が撃たれるソルティ、それはいいんだが服に穴があかないのはなんでだー。
あの時代の服は全部ケブラーでも入れてんのか。

まとめ

まだ硬いなあ。

第03話「青の少女」

SOLTYREI
病院からある品の護送を依頼され、それをミリンダのハンター協会経由で受けるロイ。その病院には盗賊から予告状が出されており、護衛を強化する必要があった。ソルティはついでにその病院市民登録必要な健康診断書をもらいに行く。護送中、盗賊に襲われソルティのメカパワーで防御、しかし結局品は盗賊の手によって破壊される。だが、そのアタッシュケースに入っていたのは出所不明麻薬だった。盗賊義賊を自認していたのだ。
ソルティは無事に市民登録され、ロイ養女になる。また、ソルティを調べてその秘密の一端を知ったバカは病院をクビになり、ミランダに拾われる。

感想

何もないところでこける眼鏡ドジっ娘キタ━━━━(゜∀゜)━━━━ッ!!と思ったらちょい役だったし、やっぱり思ったとおり仮の姿だった。むしろエルフェンリート並にクビチョンパしたらどうしようとか心配してた。
ソルティ強いよソルティ。つかロイなついてんのは刷り込みだろ。
ロイ、なんかもう諦めてソルティを受け入れてしまった感じ。
ドラマ面でのハイライトは、ロイコートくるまって眠るソルティのシーン。「あ、お父さんの匂いがする……」とか脳内補完した俺。
アクション面では落ちてくる障害物をソルティが走りよって超振動破壊するシーンか。ロイはそれで無事だったけど、でもかけらで被害出してるよなあ。
盗賊三兄弟は全員頭あったかそうでいいなあ。

まとめ

そろそろキャラがでそろってきたかな? 世界観が視聴者に浸透してきた頃合なので、情報密度も高くなってきた。
はよ続き見たいのう。

HEART TREATMENT

HEART TREATMENT

HEART TREATMENT

ポーズに表情が乏しい気のする作家さんです。きっちり描こうとして勢いを殺してしまってるような、そんな感じ。
全体はいくつかの連作短編集になっていますが、特に感情移入できるような話もなくその辺はスルー
対象は「チャイムMachine」。
話らしい話はなし。都会のマンション住まいの男が、ダッチワイフも可能なロボ娘を三日間レンタルする。しかしこの話はかなり印象に残っている。何でだろう……。
ああ、ロボ娘ショートカット眼鏡かけてるからだな。やっぱりあうあうが最高な思想なんだ俺は……。
まあ、オチの方がすごいけれども。
三日が過ぎた時、レンタル継続もしくは買取をせまられるわけだが、レンタル継続は「1500万クレジット」で買取は「25万クレジットである。そりゃ買取した方がマシじゃんか! まあ、「1500クレジット」の誤植かも知れんけど。
最後コマロボ娘を抱いて「いい時代だねえ」俺もその時代に行きたいぞ。

素直クール

サービス終了のお知らせ - Yahoo!ジオシティーズ(各所経由)
こうやってまとめられるととてつもなくぐっと来る属性だ。

できることできないこと

no titleにて。

立ち絵が移動している間も文字ウインドが表示されていて物語を切ることがないから
立ち絵の移動だけならば、む式ツールキットにて再現することができます。
しかし、NScripter仕様として、その際には文字ウインドウは消されてしまうのです。
こればっかりは残念ながらどうしようもない。

実はできたりするんだな、これが。
erasetextwindowを使います。
erasetextwindow 0 にすると、「テキストウィンドウ(=文字ウィンドウ)が消えません」
erasetextwindow 1 にすると、「普通通り消えます」
なんですね。
もちろんFate/hollow ataraxia 初回版(DVD-ROM)みたいに高速にはできんですがー。
blt使うとか色々工夫できる点はありますけどもー。
ついでに言えば、ページが見つかりませんでした – オークランドの電車は動いているときと、動いてないときがあるらしい。観光客はどうやって調べたらいいのかな?を使っていても、「erasetextwindow 0」でおのぞみ演出になるでしょう。
で、織成し編で使う場合には、他の人のスクリプトのためにスクリプト最後で「erasetextwindow 1」をやっていただきたいところ。注意点はそんだけー。

サンプルスクリプトその1

 *define
game
 *start
lsp 0,":s/100,100,0;#FF0000●",-100,100
erasetextwindow 0
setwindow 50,50,10,10,26,26,2,2,20,1,1,#999999,20,20,619,459
テキストウィンドウを消さないでエフェクトしてみる。(draw系命令を使わなかった場合)
 *main
for %0=1 to 840
msp 0,1,0
print 1
next
for %0=1 to 840
msp 0,-1,0
print 1
next
goto *main

サンプルスクリプトその2

 *define
game
 *start
lsph 0,":s/100,100,0;#FF0000●",0,0
setwindow 50,50,10,10,26,26,2,2,20,1,1,#999999,20,20,619,459
テキストウィンドウを消さないでエフェクトしてみる。(draw系命令を使った場合)
 *main
for %0=-100 to 740
drawclear
drawsp 0,0,255,%0,100
drawtext
draw
wait 1
next
for %0=740 to -100 step -1
drawclear
drawsp 0,0,255,%0,100
drawtext
draw
wait 1
next
goto *main

大型版 あらしのよるにシリーズ(4) きりのなかで

大型版 あらしのよるにシリーズ(4) きりのなかで

大型版 あらしのよるにシリーズ(4) きりのなかで

BL作家である久世番子がその作品暴れん坊本屋さん (1) (ウンポコ・エッセイ・コミックス)の中で「やおいくさいぜゲヘヘヘヘ」と紹介していた本。別ルートで見る機会があったので読んで見た。
……なにこの秘密バカップルぶりは! これを絵本として若年層に読ませたりして本当にいいのか?
オオカミとヤギの性別がはっきりしないのもなおさら801くせえ。
洞窟の中でふたりっきりになって霧が全てを覆い隠すラストシーンは狙っているとしか思えねえ。いやこれは絶対同人誌出てるだろう!
今度コミケ行く時はさがしてみよう。

ST 黒の調査ファイル (講談社ノベルス)

ST 黒の調査ファイル (講談社ノベルス)

ST 黒の調査ファイル (講談社ノベルス)

色+調査ファイルシリーズの一応最終巻。今回の主役は武道家+人間ガスクロマトグラフィーの黒崎さんが、中国系マフィアのやった放火・殺人事件を解決すると言う内容。
黒崎が主役だとセリフなくて間がもたない(笑)
トリック自体普通に「あーあれか」と思ったけど、実際できるもんなのかね?

第02話「新しい朝。」

SOLTYREI
他のハンター協会から狙われるミリンダ。その危機を救うソルティ(この段階では名無し)。
しかしソルティは未登録市民であることが判明し、当局連行されそうになるが、ロイが引き取ることになる。また、ロイがソルティに名をつける。そんな話。

感想

思ったこと

何故、侵入者の画像とソルティが一致しなかったか?

  1. ソルティが当局に拘束されることを望まない勢力が、外部からハッキングしてデータ改竄した。
  2. 実は第01話の展開はミスリードで、ソルティ型がもう一機潜伏している。ロイのとこにいるのと、パワードスーツガチやった機体は別。
  3. 偶然。

さてどれだろー。

ツッコミどころ

人をかばって自分が撃たれるソルティ、それはいいんだが服に穴があかないのはなんでだー。
あの時代の服は全部ケブラーでも入れてんのか。

まとめ

まだ硬いなあ。

第03話「青の少女」

SOLTYREI
病院からある品の護送を依頼され、それをミリンダのハンター協会経由で受けるロイ。その病院には盗賊から予告状が出されており、護衛を強化する必要があった。ソルティはついでにその病院市民登録必要な健康診断書をもらいに行く。護送中、盗賊に襲われソルティのメカパワーで防御、しかし結局品は盗賊の手によって破壊される。だが、そのアタッシュケースに入っていたのは出所不明麻薬だった。盗賊義賊を自認していたのだ。
ソルティは無事に市民登録され、ロイ養女になる。また、ソルティを調べてその秘密の一端を知ったバカは病院をクビになり、ミランダに拾われる。

感想

何もないところでこける眼鏡ドジっ娘キタ━━━━(゜∀゜)━━━━ッ!!と思ったらちょい役だったし、やっぱり思ったとおり仮の姿だった。むしろエルフェンリート並にクビチョンパしたらどうしようとか心配してた。
ソルティ強いよソルティ。つかロイなついてんのは刷り込みだろ。
ロイ、なんかもう諦めてソルティを受け入れてしまった感じ。
ドラマ面でのハイライトは、ロイコートくるまって眠るソルティのシーン。「あ、お父さんの匂いがする……」とか脳内補完した俺。
アクション面では落ちてくる障害物をソルティが走りよって超振動破壊するシーンか。ロイはそれで無事だったけど、でもかけらで被害出してるよなあ。
盗賊三兄弟は全員頭あったかそうでいいなあ。

まとめ

そろそろキャラがでそろってきたかな? 世界観が視聴者に浸透してきた頃合なので、情報密度も高くなってきた。
はよ続き見たいのう。

HEART TREATMENT

HEART TREATMENT

HEART TREATMENT

ポーズに表情が乏しい気のする作家さんです。きっちり描こうとして勢いを殺してしまってるような、そんな感じ。
全体はいくつかの連作短編集になっていますが、特に感情移入できるような話もなくその辺はスルー
対象は「チャイムMachine」。
話らしい話はなし。都会のマンション住まいの男が、ダッチワイフも可能なロボ娘を三日間レンタルする。しかしこの話はかなり印象に残っている。何でだろう……。
ああ、ロボ娘ショートカット眼鏡かけてるからだな。やっぱりあうあうが最高な思想なんだ俺は……。
まあ、オチの方がすごいけれども。
三日が過ぎた時、レンタル継続もしくは買取をせまられるわけだが、レンタル継続は「1500万クレジット」で買取は「25万クレジットである。そりゃ買取した方がマシじゃんか! まあ、「1500クレジット」の誤植かも知れんけど。
最後コマロボ娘を抱いて「いい時代だねえ」俺もその時代に行きたいぞ。

素直クール

サービス終了のお知らせ - Yahoo!ジオシティーズ(各所経由)
こうやってまとめられるととてつもなくぐっと来る属性だ。

2005-10-28 Friday 不貞寝

すねる

SoltyRei見てたらマシンフリーズした。やりかけの全てがぶっとんだ。
やる気をなくして不貞寝した。

私の趣味は

本屋を困らせることでは決してありません。
本屋に行って「電撃帝王ないですか」と言ったら5分くらい探された。
明日入荷です」と言われたので何も買わずに帰った。

この日記の値段


My blog is worth $14,113.50.
How much is your blog worth?


1ドル100円で計算するなら、14000円かそこらってことだ。
……なんかやってられるかと思った。

すねる

SoltyRei見てたらマシンフリーズした。やりかけの全てがぶっとんだ。
やる気をなくして不貞寝した。

私の趣味は

本屋を困らせることでは決してありません。
本屋に行って「電撃帝王ないですか」と言ったら5分くらい探された。
明日入荷です」と言われたので何も買わずに帰った。

この日記の値段


My blog is worth $14,113.50.
How much is your blog worth?


1ドル100円で計算するなら、14000円かそこらってことだ。
……なんかやってられるかと思った。

すねる

SoltyRei見てたらマシンフリーズした。やりかけの全てがぶっとんだ。
やる気をなくして不貞寝した。

私の趣味は

本屋を困らせることでは決してありません。
本屋に行って「電撃帝王ないですか」と言ったら5分くらい探された。
明日入荷です」と言われたので何も買わずに帰った。

この日記の値段


My blog is worth $14,113.50.
How much is your blog worth?


1ドル100円で計算するなら、14000円かそこらってことだ。
……なんかやってられるかと思った。

2005-10-27 Thursday 忘却の河

2005-10-26 Wednesday ねむー

どっちだ!

Kittenwar! May The Cutest Kitten Win!
ひたすら「どっちの猫がいいか」を選択していくサイト……。
ハァハァして死にそうでつ。

島根いいとこ一度はおいで

いや、言ったことないんだけどな。水木しげるマニアの友人が聖地巡礼で行くくらいで。
(都議会議員初鹿あきひろ先生応援サイト)mumurブルログ:韓国・馬山市の「会って話し合いをしましょう」との提案に対し、島根県は無視の方針
記事内容ハラショーものなんだけど、それよりもコメントが。

>いま、日本中神様が集まっている島根は無敵ですね!
>え?宴会中?

今日は18:00から高天原会館大ホールにてアカペラデュオ「あ・うん」のライブがある予定です(嘘)

ちなみに最終日には人気絶頂バンド「はっぴいセブン」のコンサートが(大嘘)
Posted by 日本教徒しわよせん at October 26, 2005 16:56

見てー!(笑)
ていうか、神道も仏教もごっちゃかい。さすがは日本の神様。おおらかさのレベルが違うぜ!

ゆい

f:id:eiji8pou:20051026190742j:image
f:id:eiji8pou:20051026190809j:image
媚びないメイドロボと言う新機軸
しかし衣装はカウベルつきアンミラ制服B風。
主人公の村瀬はヘンタイだよ。間違いない。

どっちだ!

Kittenwar! May The Cutest Kitten Win!
ひたすら「どっちの猫がいいか」を選択していくサイト……。
ハァハァして死にそうでつ。

島根いいとこ一度はおいで

いや、言ったことないんだけどな。水木しげるマニアの友人が聖地巡礼で行くくらいで。
(都議会議員初鹿あきひろ先生応援サイト)mumurブルログ:韓国・馬山市の「会って話し合いをしましょう」との提案に対し、島根県は無視の方針
記事内容ハラショーものなんだけど、それよりもコメントが。

>いま、日本中神様が集まっている島根は無敵ですね!
>え?宴会中?

今日は18:00から高天原会館大ホールにてアカペラデュオ「あ・うん」のライブがある予定です(嘘)

ちなみに最終日には人気絶頂バンド「はっぴいセブン」のコンサートが(大嘘)
Posted by 日本教徒しわよせん at October 26, 2005 16:56

見てー!(笑)
ていうか、神道も仏教もごっちゃかい。さすがは日本の神様。おおらかさのレベルが違うぜ!

ゆい

f:id:eiji8pou:20051026190742j:image
f:id:eiji8pou:20051026190809j:image
媚びないメイドロボと言う新機軸
しかし衣装はカウベルつきアンミラ制服B風。
主人公の村瀬はヘンタイだよ。間違いない。

どっちだ!

Kittenwar! May The Cutest Kitten Win!
ひたすら「どっちの猫がいいか」を選択していくサイト……。
ハァハァして死にそうでつ。

島根いいとこ一度はおいで

いや、言ったことないんだけどな。水木しげるマニアの友人が聖地巡礼で行くくらいで。
(都議会議員初鹿あきひろ先生応援サイト)mumurブルログ:韓国・馬山市の「会って話し合いをしましょう」との提案に対し、島根県は無視の方針
記事内容ハラショーものなんだけど、それよりもコメントが。

>いま、日本中神様が集まっている島根は無敵ですね!
>え?宴会中?

今日は18:00から高天原会館大ホールにてアカペラデュオ「あ・うん」のライブがある予定です(嘘)

ちなみに最終日には人気絶頂バンド「はっぴいセブン」のコンサートが(大嘘)
Posted by 日本教徒しわよせん at October 26, 2005 16:56

見てー!(笑)
ていうか、神道も仏教もごっちゃかい。さすがは日本の神様。おおらかさのレベルが違うぜ!

ゆい

f:id:eiji8pou:20051026190742j:image
f:id:eiji8pou:20051026190809j:image
媚びないメイドロボと言う新機軸
しかし衣装はカウベルつきアンミラ制服B風。
主人公の村瀬はヘンタイだよ。間違いない。

2005-10-25 Tuesday 告解

2005-10-24 Monday 首凝り

オリスク支援補足TIPS

オリスク支援 - 永字八法について。
ある質問を受けたので、回答してみた。

http://d.hatena.ne.jp/eiji8pou/20050914/1126709682スクリプトを使ってることが前提です。
bmp\haikei\mori\mo1.jpgは、目明し編罪滅し編では違う画像になっています。そのどちらも使うために、下記のようなスクリプトを組みました。

(前略)
chnsa 5
bg "bmp\haikei\mori\mo1.jpg",1
\
chnsa 6
bg "bmp\haikei\mori\mo1.jpg",1
\
(後略)

しかし、思ったように表示してくれません。どうしたらいいでしょうか?

これは、NScripter仕様に基づく現象だと思われます
同じ命令で同じ画像ファイル名を指定すると、前回のファイル名と比較して一致した場合ファイルの読み込みをしないようなのです。
今回はbg命令でそれが確認できましたが、他の命令でどうなるかはまだ確認していません。
ただ、この仕様回避方法はあります。一度、別の背景画像差し替えればいいのです。
その際は画面に反映させなければユーザーの目にその処理が触れることはありませんので、安心です。
下記のようにしてみてはいかがでしょうか?

(前略)
chnsa 5
bg "bmp\haikei\mori\mo1.jpg",1
\
chnsa 6
bg black,0 ; ←この行を追加。一旦背景を内部的に真っ黒にしてみる。
bg "bmp\haikei\mori\mo1.jpg",1
\
(後略)

math.dll

この年になってC言語をやり始めるとは思わなかったよ。なんて言ったりして。
何かを学び始めるのに遅すぎるってことはないよな。
某氏からたきつけられて、C言語を使ってNScripter用のdll作成してみた。
とりあえず、math.hに入っているような関数をそのままNScripterから使えるようにしてみたものです。また、それを使うためのNScripter側の準備もしてみました。

追記

こっちでも、dllを使ってatan2実装しました(笑)
こっちのatan2は角度について、-180〜180の範囲で得られる(はず)です。C言語atan2仕様ってそんな感じだよね?

define_math.txt

numalias math_param1
numalias math_param2
numalias math_result
numalias math_temp1
numalias math_temp2
numalias math_loop
------
------
;==============================
; アークタンジェント2
; 引数は、%角度を受け取る変数,%距離を受け取る変数,%X座標,%Y座標
;==============================
 *atan2
getparam i%math_result,i%math_loop,%math_param1,%math_param2
mov $math_temp1,"math.dll/510&"
itoa $math_param1,%math_param1
itoa $math_param2,%math_param2
add $math_temp1,$math_param1
add $math_temp1,"&"
add $math_temp1,$math_param2
exec_dll $math_temp1
getret %%math_result
getret $math_temp2
atoi %%math_loop,$math_temp2
return
;==============================
; 平方根
; 引数は、%結果を受け取る変数,%平方根を出したい変数
; マイナスの数値を与えた場合、何もしない。
;==============================
 *sqrt
getparam i%math_result,%math_param1
if %math_param1<0 return
if %math_param1=0 mov %%math_result,0:return
mov $math_temp1,"math.dll/512&"
itoa $math_param1,%math_param1
add $math_temp1,$math_param1
exec_dll $math_temp1
getret %%math_result
return
;==============================
; 平方根2
; 結果は1000倍された値になる。それ以外は何も変わらない。
;==============================
 *sqrt2
getparam i%math_result,%math_param1
if %math_param1<0 return
if %math_param1=0 mov %%math_result,0:return
mov $math_temp1,"math.dll/513&"
itoa $math_param1,%math_param1
add $math_temp1,$math_param1
exec_dll $math_temp1
getret %%math_result
return
;==============================
; hypot - ユークリッド距離関数
; 引数は、%結果を受け取る変数,%X座標,%Y座標
; 原点と引数に与えた座標間の距離を返す。
;==============================
 *hypot
getparam i%math_result,%math_param1,%math_param2
mov $math_temp1,"math.dll/514&"
itoa $math_param1,%math_param1
itoa $math_param2,%math_param2
add $math_temp1,$math_param1
add $math_temp1,"&"
add $math_temp1,$math_param2
exec_dll $math_temp1
getret %%math_result
return
;==============================
; hypot2 - ユークリッド距離関数2
; 1000倍された距離を返す。それ以外はhypotと同じ。
;==============================
 *hypot2
getparam i%math_result,%math_param1,%math_param2
mov $math_temp1,"math.dll/515&"
itoa $math_param1,%math_param1
itoa $math_param2,%math_param2
add $math_temp1,$math_param1
add $math_temp1,"&"
add $math_temp1,$math_param2
exec_dll $math_temp1
getret %%math_result
return
;==============================
; 絶対値。引数をそのまま絶対値に変換する。
;==============================
 *abs
getparam i%math_result
if %%math_result < 0 mul %%math_result,(-1)
return
;==============================
; 絶対値。第一引数に第二引数の絶対値を代入する。
;==============================
 *abs2
getparam i%math_result,%math_param1
if %math_param1 < 0 mul %math_param1,(-1)
mov %%math_result,%math_param1
return
;==============================
; 端数切り上げ割り算
;==============================
 *div2
getparam i%math_result,%math_param1
if %math_param1=0 inc %math_param1
mov %math_temp1,%%math_result mod %math_param1
div %%math_result,%math_param1
notif %math_temp1=0 inc %%math_result
return

dll本体ダウンロード

http://www.eiji8pou.pics/download/math20051024.zip

使い方

汎用ライブラリ・define_math.txt - 永字八法の焼き直しなのあんまり変わってない。

  • atan2
  • sqrt
  • sqrt2
  • hypot
  • hypot2

の五つを追加する。

ノート

某氏からstring.hが混じってる……」と指摘を受けたので、文字列関係命令別に切り出すことにした。

文字列系汎用ライブラリ

math.dll - 永字八法によって、汎用ライブラリ・define_math.txt - 永字八法から分離させられた部分。

スクリプト

------
------
;==============================
; 文字列の左側に追加をする。
;==============================
 *left_add
getparam s%math_result,$math_param1
add $math_param1,$%math_result
mov $%math_result,$math_param1
return
;==============================
; 文字列を二つに分割する。右からn文字目で切り取る。
;==============================
 *right_split
getparam s%math_result,s%math_temp1,$math_param1,%math_param2
len %math_param1,$math_param1
sub %math_param1,%math_param2
mid $%math_result,$math_param1,0,%math_param1
mid $%math_temp1,$math_param1,%math_param1,%math_param2
return
;==============================
; 文字列を二つに分割する。右からn文字目で切り取る。2バイト文字用
;==============================
 *right_split2
getparam s%math_result,s%math_temp1,$math_param1,%math_param2
len %math_param1,$math_param1
sub %math_param1,%math_param2*2
mid $%math_result,$math_param1,0,%math_param1
mid $%math_temp1,$math_param1,%math_param1,%math_param2*2
return

他に何か文字列関係必要ものがあったっけ?

ベンチマーク実験

atan2が、スクリプト版dll版の両方が出来たので、どちらが早いかをベンチマーク

内容

xとyをそれぞれ-50から50の間で変化させて、10201の座標を作り、それぞれに対して二種類のatan2を実行し、その実行時間を調べる。
条件として、スクリプト版とdll版の順番を入れ替え、なおかつsaveoffするしないの都合4回を行うことにした。

結果

10201回の試行に対し、dll版は45秒前後で安定し、スクリプト版は50秒オーバーで安定した。これは条件をどのように入れ替えてもほぼ同じ結果になった。
まりdllを呼び出すオーバーヘッドを払ってもまだ速度的にはおつりが来ると言うことだ。
あーあ、これからは素直にdll使った方がマシってことか。

フィボナッチ!

http://d.hatena.ne.jp/yuta-celestial/20051023#1130040970

すげー、フィボナッチ数列って一般項にできるんだなぁと思って3バージョンほど作って比較

マジで!?
こりゃすごい早速うちにも使わせてもらおう、と思ったが。昨日の某氏との会話が思い出される。

俺「しかし、(NScripterには)sin,cos,tanはあってもそれ以上は(ない。ので)自分でやれってか。 」
某氏普通、使わないんじゃないかなぁ、ノベルゲームでw」

……自己満足かなあ。

キーワードを作った。

2005-10-14にて。

初期(三回まで)の電撃ゲーム小説大賞出身作家でなんだかんだで一番作家として成功してるのは中里融司、という事。

おー、驚きだ。

つーか中里融司ってキーワード化されてないのね。なんかそんなには思いいれのない俺がキーワードかするのもアレなのでしませんが。

なので思い入れのある俺がしましたよ、と。→中里融司

オリスク支援補足TIPS

オリスク支援 - 永字八法について。
ある質問を受けたので、回答してみた。

http://d.hatena.ne.jp/eiji8pou/20050914/1126709682スクリプトを使ってることが前提です。
bmp\haikei\mori\mo1.jpgは、目明し編罪滅し編では違う画像になっています。そのどちらも使うために、下記のようなスクリプトを組みました。

(前略)
chnsa 5
bg "bmp\haikei\mori\mo1.jpg",1
\
chnsa 6
bg "bmp\haikei\mori\mo1.jpg",1
\
(後略)

しかし、思ったように表示してくれません。どうしたらいいでしょうか?

これは、NScripter仕様に基づく現象だと思われます
同じ命令で同じ画像ファイル名を指定すると、前回のファイル名と比較して一致した場合ファイルの読み込みをしないようなのです。
今回はbg命令でそれが確認できましたが、他の命令でどうなるかはまだ確認していません。
ただ、この仕様回避方法はあります。一度、別の背景画像差し替えればいいのです。
その際は画面に反映させなければユーザーの目にその処理が触れることはありませんので、安心です。
下記のようにしてみてはいかがでしょうか?

(前略)
chnsa 5
bg "bmp\haikei\mori\mo1.jpg",1
\
chnsa 6
bg black,0 ; ←この行を追加。一旦背景を内部的に真っ黒にしてみる。
bg "bmp\haikei\mori\mo1.jpg",1
\
(後略)

math.dll

この年になってC言語をやり始めるとは思わなかったよ。なんて言ったりして。
何かを学び始めるのに遅すぎるってことはないよな。
某氏からたきつけられて、C言語を使ってNScripter用のdll作成してみた。
とりあえず、math.hに入っているような関数をそのままNScripterから使えるようにしてみたものです。また、それを使うためのNScripter側の準備もしてみました。

追記

こっちでも、dllを使ってatan2実装しました(笑)
こっちのatan2は角度について、-180〜180の範囲で得られる(はず)です。C言語atan2仕様ってそんな感じだよね?

define_math.txt

numalias math_param1
numalias math_param2
numalias math_result
numalias math_temp1
numalias math_temp2
numalias math_loop
------
------
;==============================
; アークタンジェント2
; 引数は、%角度を受け取る変数,%距離を受け取る変数,%X座標,%Y座標
;==============================
 *atan2
getparam i%math_result,i%math_loop,%math_param1,%math_param2
mov $math_temp1,"math.dll/510&"
itoa $math_param1,%math_param1
itoa $math_param2,%math_param2
add $math_temp1,$math_param1
add $math_temp1,"&"
add $math_temp1,$math_param2
exec_dll $math_temp1
getret %%math_result
getret $math_temp2
atoi %%math_loop,$math_temp2
return
;==============================
; 平方根
; 引数は、%結果を受け取る変数,%平方根を出したい変数
; マイナスの数値を与えた場合、何もしない。
;==============================
 *sqrt
getparam i%math_result,%math_param1
if %math_param1<0 return
if %math_param1=0 mov %%math_result,0:return
mov $math_temp1,"math.dll/512&"
itoa $math_param1,%math_param1
add $math_temp1,$math_param1
exec_dll $math_temp1
getret %%math_result
return
;==============================
; 平方根2
; 結果は1000倍された値になる。それ以外は何も変わらない。
;==============================
 *sqrt2
getparam i%math_result,%math_param1
if %math_param1<0 return
if %math_param1=0 mov %%math_result,0:return
mov $math_temp1,"math.dll/513&"
itoa $math_param1,%math_param1
add $math_temp1,$math_param1
exec_dll $math_temp1
getret %%math_result
return
;==============================
; hypot - ユークリッド距離関数
; 引数は、%結果を受け取る変数,%X座標,%Y座標
; 原点と引数に与えた座標間の距離を返す。
;==============================
 *hypot
getparam i%math_result,%math_param1,%math_param2
mov $math_temp1,"math.dll/514&"
itoa $math_param1,%math_param1
itoa $math_param2,%math_param2
add $math_temp1,$math_param1
add $math_temp1,"&"
add $math_temp1,$math_param2
exec_dll $math_temp1
getret %%math_result
return
;==============================
; hypot2 - ユークリッド距離関数2
; 1000倍された距離を返す。それ以外はhypotと同じ。
;==============================
 *hypot2
getparam i%math_result,%math_param1,%math_param2
mov $math_temp1,"math.dll/515&"
itoa $math_param1,%math_param1
itoa $math_param2,%math_param2
add $math_temp1,$math_param1
add $math_temp1,"&"
add $math_temp1,$math_param2
exec_dll $math_temp1
getret %%math_result
return
;==============================
; 絶対値。引数をそのまま絶対値に変換する。
;==============================
 *abs
getparam i%math_result
if %%math_result < 0 mul %%math_result,(-1)
return
;==============================
; 絶対値。第一引数に第二引数の絶対値を代入する。
;==============================
 *abs2
getparam i%math_result,%math_param1
if %math_param1 < 0 mul %math_param1,(-1)
mov %%math_result,%math_param1
return
;==============================
; 端数切り上げ割り算
;==============================
 *div2
getparam i%math_result,%math_param1
if %math_param1=0 inc %math_param1
mov %math_temp1,%%math_result mod %math_param1
div %%math_result,%math_param1
notif %math_temp1=0 inc %%math_result
return

dll本体ダウンロード

http://www.eiji8pou.pics/download/math20051024.zip

使い方

汎用ライブラリ・define_math.txt - 永字八法の焼き直しなのあんまり変わってない。

  • atan2
  • sqrt
  • sqrt2
  • hypot
  • hypot2

の五つを追加する。

ノート

某氏からstring.hが混じってる……」と指摘を受けたので、文字列関係命令別に切り出すことにした。

文字列系汎用ライブラリ

math.dll - 永字八法によって、汎用ライブラリ・define_math.txt - 永字八法から分離させられた部分。

スクリプト

------
------
;==============================
; 文字列の左側に追加をする。
;==============================
 *left_add
getparam s%math_result,$math_param1
add $math_param1,$%math_result
mov $%math_result,$math_param1
return
;==============================
; 文字列を二つに分割する。右からn文字目で切り取る。
;==============================
 *right_split
getparam s%math_result,s%math_temp1,$math_param1,%math_param2
len %math_param1,$math_param1
sub %math_param1,%math_param2
mid $%math_result,$math_param1,0,%math_param1
mid $%math_temp1,$math_param1,%math_param1,%math_param2
return
;==============================
; 文字列を二つに分割する。右からn文字目で切り取る。2バイト文字用
;==============================
 *right_split2
getparam s%math_result,s%math_temp1,$math_param1,%math_param2
len %math_param1,$math_param1
sub %math_param1,%math_param2*2
mid $%math_result,$math_param1,0,%math_param1
mid $%math_temp1,$math_param1,%math_param1,%math_param2*2
return

他に何か文字列関係必要ものがあったっけ?

ベンチマーク実験

atan2が、スクリプト版dll版の両方が出来たので、どちらが早いかをベンチマーク

内容

xとyをそれぞれ-50から50の間で変化させて、10201の座標を作り、それぞれに対して二種類のatan2を実行し、その実行時間を調べる。
条件として、スクリプト版とdll版の順番を入れ替え、なおかつsaveoffするしないの都合4回を行うことにした。

結果

10201回の試行に対し、dll版は45秒前後で安定し、スクリプト版は50秒オーバーで安定した。これは条件をどのように入れ替えてもほぼ同じ結果になった。
まりdllを呼び出すオーバーヘッドを払ってもまだ速度的にはおつりが来ると言うことだ。
あーあ、これからは素直にdll使った方がマシってことか。

フィボナッチ!

http://d.hatena.ne.jp/yuta-celestial/20051023#1130040970

すげー、フィボナッチ数列って一般項にできるんだなぁと思って3バージョンほど作って比較

マジで!?
こりゃすごい早速うちにも使わせてもらおう、と思ったが。昨日の某氏との会話が思い出される。

俺「しかし、(NScripterには)sin,cos,tanはあってもそれ以上は(ない。ので)自分でやれってか。 」
某氏普通、使わないんじゃないかなぁ、ノベルゲームでw」

……自己満足かなあ。

キーワードを作った。

2005-10-14にて。

初期(三回まで)の電撃ゲーム小説大賞出身作家でなんだかんだで一番作家として成功してるのは中里融司、という事。

おー、驚きだ。

つーか中里融司ってキーワード化されてないのね。なんかそんなには思いいれのない俺がキーワードかするのもアレなのでしませんが。

なので思い入れのある俺がしましたよ、と。→中里融司

オリスク支援補足TIPS

オリスク支援 - 永字八法について。
ある質問を受けたので、回答してみた。

http://d.hatena.ne.jp/eiji8pou/20050914/1126709682スクリプトを使ってることが前提です。
bmp\haikei\mori\mo1.jpgは、目明し編罪滅し編では違う画像になっています。そのどちらも使うために、下記のようなスクリプトを組みました。

(前略)
chnsa 5
bg "bmp\haikei\mori\mo1.jpg",1
\
chnsa 6
bg "bmp\haikei\mori\mo1.jpg",1
\
(後略)

しかし、思ったように表示してくれません。どうしたらいいでしょうか?

これは、NScripter仕様に基づく現象だと思われます
同じ命令で同じ画像ファイル名を指定すると、前回のファイル名と比較して一致した場合ファイルの読み込みをしないようなのです。
今回はbg命令でそれが確認できましたが、他の命令でどうなるかはまだ確認していません。
ただ、この仕様回避方法はあります。一度、別の背景画像差し替えればいいのです。
その際は画面に反映させなければユーザーの目にその処理が触れることはありませんので、安心です。
下記のようにしてみてはいかがでしょうか?

(前略)
chnsa 5
bg "bmp\haikei\mori\mo1.jpg",1
\
chnsa 6
bg black,0 ; ←この行を追加。一旦背景を内部的に真っ黒にしてみる。
bg "bmp\haikei\mori\mo1.jpg",1
\
(後略)

math.dll

この年になってC言語をやり始めるとは思わなかったよ。なんて言ったりして。
何かを学び始めるのに遅すぎるってことはないよな。
某氏からたきつけられて、C言語を使ってNScripter用のdll作成してみた。
とりあえず、math.hに入っているような関数をそのままNScripterから使えるようにしてみたものです。また、それを使うためのNScripter側の準備もしてみました。

追記

こっちでも、dllを使ってatan2実装しました(笑)
こっちのatan2は角度について、-180〜180の範囲で得られる(はず)です。C言語atan2仕様ってそんな感じだよね?

define_math.txt

numalias math_param1
numalias math_param2
numalias math_result
numalias math_temp1
numalias math_temp2
numalias math_loop
------
------
;==============================
; アークタンジェント2
; 引数は、%角度を受け取る変数,%距離を受け取る変数,%X座標,%Y座標
;==============================
 *atan2
getparam i%math_result,i%math_loop,%math_param1,%math_param2
mov $math_temp1,"math.dll/510&"
itoa $math_param1,%math_param1
itoa $math_param2,%math_param2
add $math_temp1,$math_param1
add $math_temp1,"&"
add $math_temp1,$math_param2
exec_dll $math_temp1
getret %%math_result
getret $math_temp2
atoi %%math_loop,$math_temp2
return
;==============================
; 平方根
; 引数は、%結果を受け取る変数,%平方根を出したい変数
; マイナスの数値を与えた場合、何もしない。
;==============================
 *sqrt
getparam i%math_result,%math_param1
if %math_param1<0 return
if %math_param1=0 mov %%math_result,0:return
mov $math_temp1,"math.dll/512&"
itoa $math_param1,%math_param1
add $math_temp1,$math_param1
exec_dll $math_temp1
getret %%math_result
return
;==============================
; 平方根2
; 結果は1000倍された値になる。それ以外は何も変わらない。
;==============================
 *sqrt2
getparam i%math_result,%math_param1
if %math_param1<0 return
if %math_param1=0 mov %%math_result,0:return
mov $math_temp1,"math.dll/513&"
itoa $math_param1,%math_param1
add $math_temp1,$math_param1
exec_dll $math_temp1
getret %%math_result
return
;==============================
; hypot - ユークリッド距離関数
; 引数は、%結果を受け取る変数,%X座標,%Y座標
; 原点と引数に与えた座標間の距離を返す。
;==============================
 *hypot
getparam i%math_result,%math_param1,%math_param2
mov $math_temp1,"math.dll/514&"
itoa $math_param1,%math_param1
itoa $math_param2,%math_param2
add $math_temp1,$math_param1
add $math_temp1,"&"
add $math_temp1,$math_param2
exec_dll $math_temp1
getret %%math_result
return
;==============================
; hypot2 - ユークリッド距離関数2
; 1000倍された距離を返す。それ以外はhypotと同じ。
;==============================
 *hypot2
getparam i%math_result,%math_param1,%math_param2
mov $math_temp1,"math.dll/515&"
itoa $math_param1,%math_param1
itoa $math_param2,%math_param2
add $math_temp1,$math_param1
add $math_temp1,"&"
add $math_temp1,$math_param2
exec_dll $math_temp1
getret %%math_result
return
;==============================
; 絶対値。引数をそのまま絶対値に変換する。
;==============================
 *abs
getparam i%math_result
if %%math_result < 0 mul %%math_result,(-1)
return
;==============================
; 絶対値。第一引数に第二引数の絶対値を代入する。
;==============================
 *abs2
getparam i%math_result,%math_param1
if %math_param1 < 0 mul %math_param1,(-1)
mov %%math_result,%math_param1
return
;==============================
; 端数切り上げ割り算
;==============================
 *div2
getparam i%math_result,%math_param1
if %math_param1=0 inc %math_param1
mov %math_temp1,%%math_result mod %math_param1
div %%math_result,%math_param1
notif %math_temp1=0 inc %%math_result
return

dll本体ダウンロード

http://www.eiji8pou.net/download/math20051024.zip

使い方

汎用ライブラリ・define_math.txt - 永字八法の焼き直しなのあんまり変わってない。

  • atan2
  • sqrt
  • sqrt2
  • hypot
  • hypot2

の五つを追加する。

ノート

某氏からstring.hが混じってる……」と指摘を受けたので、文字列関係命令別に切り出すことにした。

文字列系汎用ライブラリ

math.dll - 永字八法によって、汎用ライブラリ・define_math.txt - 永字八法から分離させられた部分。

スクリプト

------
------
;==============================
; 文字列の左側に追加をする。
;==============================
 *left_add
getparam s%math_result,$math_param1
add $math_param1,$%math_result
mov $%math_result,$math_param1
return
;==============================
; 文字列を二つに分割する。右からn文字目で切り取る。
;==============================
 *right_split
getparam s%math_result,s%math_temp1,$math_param1,%math_param2
len %math_param1,$math_param1
sub %math_param1,%math_param2
mid $%math_result,$math_param1,0,%math_param1
mid $%math_temp1,$math_param1,%math_param1,%math_param2
return
;==============================
; 文字列を二つに分割する。右からn文字目で切り取る。2バイト文字用
;==============================
 *right_split2
getparam s%math_result,s%math_temp1,$math_param1,%math_param2
len %math_param1,$math_param1
sub %math_param1,%math_param2*2
mid $%math_result,$math_param1,0,%math_param1
mid $%math_temp1,$math_param1,%math_param1,%math_param2*2
return

他に何か文字列関係必要ものがあったっけ?

ベンチマーク実験

atan2が、スクリプト版dll版の両方が出来たので、どちらが早いかをベンチマーク

内容

xとyをそれぞれ-50から50の間で変化させて、10201の座標を作り、それぞれに対して二種類のatan2を実行し、その実行時間を調べる。
条件として、スクリプト版とdll版の順番を入れ替え、なおかつsaveoffするしないの都合4回を行うことにした。

結果

10201回の試行に対し、dll版は45秒前後で安定し、スクリプト版は50秒オーバーで安定した。これは条件をどのように入れ替えてもほぼ同じ結果になった。
まりdllを呼び出すオーバーヘッドを払ってもまだ速度的にはおつりが来ると言うことだ。
あーあ、これからは素直にdll使った方がマシってことか。

フィボナッチ!

http://d.hatena.ne.jp/yuta-celestial/20051023#1130040970

すげー、フィボナッチ数列って一般項にできるんだなぁと思って3バージョンほど作って比較

マジで!?
こりゃすごい早速うちにも使わせてもらおう、と思ったが。昨日の某氏との会話が思い出される。

俺「しかし、(NScripterには)sin,cos,tanはあってもそれ以上は(ない。ので)自分でやれってか。 」
某氏普通、使わないんじゃないかなぁ、ノベルゲームでw」

……自己満足かなあ。

キーワードを作った。

2005-10-14にて。

初期(三回まで)の電撃ゲーム小説大賞出身作家でなんだかんだで一番作家として成功してるのは中里融司、という事。

おー、驚きだ。

つーか中里融司ってキーワード化されてないのね。なんかそんなには思いいれのない俺がキーワードかするのもアレなのでしませんが。

なので思い入れのある俺がしましたよ、と。→中里融司

2005-10-22 Saturday もう耐えられない

atan2

2010-03-28追記

atan2のLua実装 - 永字八法も参照してください。
atan2 - 永字八法の焼き直し。
指摘を受けて作り直した。バグも取った。

define節

numalias atan2_dig
numalias atan2_dis
numalias atan2_x
numalias atan2_y
numalias atan2_xy
numalias atan2_absx
numalias atan2_absy
numalias atan2_sin

game以下、*startラベル以上

*atan2
	getparam i%atan2_dig,i%atan2_dis,%atan2_x,%atan2_y ; 引数の取得
	; ショートカット群
	if %atan2_x=0 && %atan2_y=0 mov %%atan2_dig,0:mov %%atan2_dis,0:return ; 原点
	if %atan2_x=0 && %atan2_y>0 mov %%atan2_dig,0:mov %%atan2_dis,%atan2_y:return ; 真上
	if %atan2_x=0 && %atan2_y<0 mov %%atan2_dig,180:abs2 %%atan2_dis,%atan2_y:return ; 真下
	if %atan2_x>0 && %atan2_y=0 mov %%atan2_dig,90:mov %%atan2_dis,%atan2_x:return ; 右
	if %atan2_x<0 && %atan2_y=0 mov %%atan2_dig,2700:abs2 %%atan2_dis,%atan2_x:return ; 左

	; 絶対値化処理
	mov %atan2_absx,%atan2_x:if %atan2_absx<0 mul %atan2_absx,-1
	mov %atan2_absy,%atan2_y:if %atan2_absy<0 mul %atan2_absy,-1

	; ここからが肝
	mov %atan2_xy,1000*%atan2_absx/%atan2_absy ; 傾きを計算
	if %atan2_absx<%atan2_absy mov %atan2_xy,1000*%atan2_absy/%atan2_absx
	goto*atan2_000to045 ; 計算する。

*atan2_end
	if %atan2_absx>%atan2_absy mov %%atan2_dig,90-%%atan2_dig ; 表裏
	if %atan2_x>0 && %atan2_y<0 mov %%atan2_dig,180-%%atan2_dig ; 第二象限
	if %atan2_x<0 && %atan2_y<0 add %%atan2_dig,180 ; 第三象限
	if %atan2_x<0 && %atan2_y>0 mov %%atan2_dig,360-%%atan2_dig ; 第二象限
	sin %atan2_sin,%%atan2_dig
	if %atan2_sin=0 mov %%atan2_dis,%atan2_absy:return
	mov %%atan2_dis,1000*%atan2_x/%atan2_sin
return

; atan2の実際
*atan2_000to001
if %atan2_xy>114588 mov %%atan2_dig,0:goto*atan2_end
mov %%atan2_dig,1:goto*atan2_end
*atan2_000to002
if %atan2_xy>38188 goto*atan2_000to001
mov %%atan2_dig,2:goto*atan2_end
*atan2_000to005
if %atan2_xy>22903 goto*atan2_000to002
goto*atan2_003to005
*atan2_000to011
if %atan2_xy>10385 goto*atan2_000to005
goto*atan2_006to011
*atan2_000to022
if %atan2_xy>4915 goto*atan2_000to011
goto*atan2_012to022
*atan2_000to045
if %atan2_xy>2414 goto*atan2_000to022
goto*atan2_023to045
*atan2_003to004
if %atan2_xy>16349 mov %%atan2_dig,3:goto*atan2_end
mov %%atan2_dig,4:goto*atan2_end
*atan2_003to005
if %atan2_xy>12706 goto*atan2_003to004
mov %%atan2_dig,5:goto*atan2_end
*atan2_006to007
if %atan2_xy>8776 mov %%atan2_dig,6:goto*atan2_end
mov %%atan2_dig,7:goto*atan2_end
*atan2_006to008
if %atan2_xy>7595 goto*atan2_006to007
mov %%atan2_dig,8:goto*atan2_end
*atan2_006to011
if %atan2_xy>6691 goto*atan2_006to008
goto*atan2_009to011
*atan2_009to010
if %atan2_xy>5975 mov %%atan2_dig,9:goto*atan2_end
mov %%atan2_dig,10:goto*atan2_end
*atan2_009to011
if %atan2_xy>5395 goto*atan2_009to010
mov %%atan2_dig,11:goto*atan2_end
*atan2_012to013
if %atan2_xy>4510 mov %%atan2_dig,12:goto*atan2_end
mov %%atan2_dig,13:goto*atan2_end
*atan2_012to014
if %atan2_xy>4165 goto*atan2_012to013
mov %%atan2_dig,14:goto*atan2_end
*atan2_012to017
if %atan2_xy>3866 goto*atan2_012to014
goto*atan2_015to017
*atan2_012to022
if %atan2_xy>3171 goto*atan2_012to017
goto*atan2_018to022
*atan2_015to016
if %atan2_xy>3605 mov %%atan2_dig,15:goto*atan2_end
mov %%atan2_dig,16:goto*atan2_end
*atan2_015to017
if %atan2_xy>3375 goto*atan2_015to016
mov %%atan2_dig,17:goto*atan2_end
*atan2_018to019
if %atan2_xy>2988 mov %%atan2_dig,18:goto*atan2_end
mov %%atan2_dig,19:goto*atan2_end
*atan2_018to020
if %atan2_xy>2823 goto*atan2_018to019
mov %%atan2_dig,20:goto*atan2_end
*atan2_018to022
if %atan2_xy>2674 goto*atan2_018to020
goto*atan2_021to022
*atan2_021to022
if %atan2_xy>2538 mov %%atan2_dig,21:goto*atan2_end
mov %%atan2_dig,22:goto*atan2_end
*atan2_023to024
if %atan2_xy>2299 mov %%atan2_dig,23:goto*atan2_end
mov %%atan2_dig,24:goto*atan2_end
*atan2_023to025
if %atan2_xy>2194 goto*atan2_023to024
mov %%atan2_dig,25:goto*atan2_end
*atan2_023to028
if %atan2_xy>2096 goto*atan2_023to025
goto*atan2_026to028
*atan2_023to034
if %atan2_xy>1841 goto*atan2_023to028
goto*atan2_029to034
*atan2_023to045
if %atan2_xy>1455 goto*atan2_023to034
goto*atan2_035to045
*atan2_026to027
if %atan2_xy>2005 mov %%atan2_dig,26:goto*atan2_end
mov %%atan2_dig,27:goto*atan2_end
*atan2_026to028
if %atan2_xy>1920 goto*atan2_026to027
mov %%atan2_dig,28:goto*atan2_end
*atan2_029to030
if %atan2_xy>1767 mov %%atan2_dig,29:goto*atan2_end
mov %%atan2_dig,30:goto*atan2_end
*atan2_029to031
if %atan2_xy>1697 goto*atan2_029to030
mov %%atan2_dig,31:goto*atan2_end
*atan2_029to034
if %atan2_xy>1631 goto*atan2_029to031
goto*atan2_032to034
*atan2_032to033
if %atan2_xy>1569 mov %%atan2_dig,32:goto*atan2_end
mov %%atan2_dig,33:goto*atan2_end
*atan2_032to034
if %atan2_xy>1510 goto*atan2_032to033
mov %%atan2_dig,34:goto*atan2_end
*atan2_035to036
if %atan2_xy>1401 mov %%atan2_dig,35:goto*atan2_end
mov %%atan2_dig,36:goto*atan2_end
*atan2_035to037
if %atan2_xy>1351 goto*atan2_035to036
mov %%atan2_dig,37:goto*atan2_end
*atan2_035to040
if %atan2_xy>1303 goto*atan2_035to037
goto*atan2_038to040
*atan2_035to045
if %atan2_xy>1170 goto*atan2_035to040
goto*atan2_041to045
*atan2_038to039
if %atan2_xy>1257 mov %%atan2_dig,38:goto*atan2_end
mov %%atan2_dig,39:goto*atan2_end
*atan2_038to040
if %atan2_xy>1213 goto*atan2_038to039
mov %%atan2_dig,40:goto*atan2_end
*atan2_041to042
if %atan2_xy>1130 mov %%atan2_dig,41:goto*atan2_end
mov %%atan2_dig,42:goto*atan2_end
*atan2_041to043
if %atan2_xy>1091 goto*atan2_041to042
mov %%atan2_dig,43:goto*atan2_end
*atan2_041to045
if %atan2_xy>1053 goto*atan2_041to043
goto*atan2_044to045
*atan2_044to045
if %atan2_xy>1017 mov %%atan2_dig,44:goto*atan2_end
mov %%atan2_dig,45:goto*atan2_end

汎用ライブラリ・define_math.txt

多分色々使われると思われる物をまとめてみた。適宜適当に増やしていく。使用する変数を使いまわすことで、変数領域を圧迫しないのが利点。

define_math.txt

numalias math_param1
numalias math_param2
numalias math_result
numalias math_temp1
numalias math_temp2
numalias math_loop
------
------
;==============================
; 絶対値。引数をそのまま絶対値に変換する。
;==============================
 *abs
getparam i%math_result
if %%math_result < 0 mul %%math_result,(-1)
return
;==============================
; 絶対値。第一引数に第二引数の絶対値を代入する。
;==============================
 *abs2
getparam i%math_result,%math_param1
if %math_param1 < 0 mul %math_param1,(-1)
mov %%math_result,%math_param1
return
;==============================
; 端数切り上げ割り算
;==============================
 *div2
getparam i%math_result,%math_param1
mov %math_temp1,%%math_result
div %math_temp1,%math_param1:mul %math_temp1,%math_param1
mov %math_temp2,0
if %%math_result <> %math_temp1 mov %math_temp2,1
div %math_temp1,%math_param1:add %math_temp1,%math_temp2
mov %%math_result,%math_temp1
return
;==============================
; 文字列の左側に追加をする。
;==============================
 *left_add
getparam s%math_result,$math_param1
add $math_param1,$%math_result
mov $%math_result,$math_param1
return
;==============================
; 文字列を二つに分割する。右からn文字目で切り取る。
;==============================
 *right_split
getparam s%math_result,s%math_temp1,$math_param1,%math_param2
len %math_param1,$math_param1
sub %math_param1,%math_param2
mid $%math_result,$math_param1,0,%math_param1
mid $%math_temp1,$math_param1,%math_param1,%math_param2
return
;==============================
; 文字列を二つに分割する。右からn文字目で切り取る。2バイト文字用
;==============================
 *right_split2
getparam s%math_result,s%math_temp1,$math_param1,%math_param2
len %math_param1,$math_param1
sub %math_param1,%math_param2*2
mid $%math_result,$math_param1,0,%math_param1
mid $%math_temp1,$math_param1,%math_param1,%math_param2*2
return
;==============================
; 奇数か偶数かを返す。
;==============================
 *is_even
getparam i%math_result,%math_param1
mov %math_param2,%math_param1
div %math_param2,2
mul %math_param2,2
mov %%math_result,0
if %math_param1 = %math_param2 mov %%math_result,1
return
 *is_odd
getparam i%math_result,%math_param1
mov %math_param2,%math_param1
div %math_param2,2
mul %math_param2,2
mov %%math_result,1
if %math_param1 = %math_param2 mov %%math_result,0
return

NScripterでSTG

風呂STG - 永字八法の続き。
atan2がきれいになった記念に。

ルール

  • マウスカーソルのある方向を向いてそっちに移動する。
  • クリック(押しっぱなしの気分で)すると弾発射。弾発射中は方向転換はできるが移動はできない。
  • 敵は移動する敵と砲台がランダム
  • 自分の弾で敵を倒してもスコアにはならない。敵と敵をぶつけて倒せば1点(実質2点)、敵の弾に敵をぶつければ3点が得られる。
  • マップ上の敵を全部倒せば面クリアー。

ダウンロード

http://www.eiji8pou.pics/download/shoot2.zip

クリーンナップ

ベンチマークの結果を受けて、実際のところnumalias(とstralias)は使わなければ使わないほど早いことがわかった。なので、numaliasを数値に変換するPerlスクリプトを試作してみたが、単純な置換では命令文も破壊してしまうことが判明した。
結局のところ、一行毎に読み込んでNScriptの構文解析をしなければならないことがわかった。手間がかかりそうなので放ることにした。

WING2005年10月号

綿流し編第五話(方篠ゆとり

綿流し前日から綿流し当日、富竹と鷹野が祭具殿に忍び込む直前まで。
鷹野んってタイトスカートじゃなくてロングパンツだったんだ……。
「悟史は転校した」って言うレナの瞳が怖い怖い。

特別読切「@やまだひねもす悩み相談所」(敷誠一

結構おもろかったです。

WING2005年11月号

綿流し編第六話(方篠ゆとり

予定通り。祭具殿に中に入り、詩音(と富竹)は音を聞き、圭一と鷹野は聞かなかった。
魅音から詩音に会わなかった?」と聞かれる圭一。

宣伝

あ、なんか面白そう(な設定)。
で、amazon批評を見ると……見事にわかれていて笑った。

スクラップ街に天使はいるか(月ノ輪航介?

「第69回金の翼賞佳作受賞作品」とか。
いまいちジェンダーがはっきりしないが、スクラップ寸前の天使ロボ娘3人のちょっといい話。この調子ロボ娘を……無理か。

2005年10月号

祟殺し編第6話(鈴木次郎

詩音、「悟史が転校」と聞いてマジになるシーンから。怖いね。
そして神社境内限定ジャンケン。なんだそりゃ。
そして魅音レナに悟史のことを聞く圭一。マジになるレナ
翌日から、沙都子は学校に来なくなる。大石がやってきて、沙都子を出せと言い出した。
順当に進んでますねー。
一番胃が痛くなる話ではありますが、圭一の鉄平襲撃シーンが一番楽しみなのも事実
早く進まないかなー。

ZOMBIE-LOANPEACH-PIT

娘を養うためにゾンビになってまで働くお父さん。人間カガミだね!
そんなリーマンゾンビさんも、ついに荒事に手を染めることを決意?
屍姫 1 (ガンガンコミックス)と比べると、より人間臭くていい感じだ。

2005年11月号

祟殺し編第7話(鈴木次郎

大石が去った後、圭一と監督北条家を訪れる。そこで鉄平登場。うーむ、ただのチンピラじゃのー。
この辺の展開は胃が痛いので、描いた漫画家さんには悪いけどさらっと流させていただきますよと。

2005年秋季号

やっぱり、2005年夏季号がみつからないんだよね。

鬼隠し編第三話(鈴羅木かりん

富竹さんが死んだ。大石の車の中で話を聞く圭一。
動揺する圭一、眠ったふりして魅音レナの話を聞いてしまう。
自室で大石電話する圭一。しかしそれをレナに聞かれてしまう。
ハイライトは「嘘だっ!」
ていうか、レナの瞳、縦に割れてるよー。

ドラゴン・パーティ

※完全にネタバレしてますので注意。
中里融司と言う作家さんは、ロボ娘スキーの中では一定地位を築いておられるお方でして、また、その礎となったのがこの作品であります
設定はこんな感じ。

宇宙に出られるようになった人類。遊星パンドラをみつけ、その中から異星技術を手に入れた。それによって人格を備えたアンドロイドを作れるようになり、ついには他の太陽系まで移民が可能になったのであった。
しかしそこに飛来した「敵」。この「敵」を見たものは「敵」の支配する別種の生き物に変わってしまう。
事実上宇宙を閉ざされた人類は、「敵」との戦いをアンドロイドたちにまかせるしかなく、徐々に衰退していった……

まあ、ここまではいい。しかしだ。

アンドロイドは原因は不明なれど女性型にしなければ起動しない

何この妄想設定……_ト ̄|○
そして、「敵」を見ても支配されない特異体質の主人公少年が、特別に作られたロボ娘星海真魚と仲間たちとともにドラゴン宇宙戦艦「魁龍」に乗り込み、「敵」にさらわれた妹を奪還する。そういう導入なんですね。
もうね、生身の女が数えるほどしか出てこないんですよ。名前つきを列挙すると、

これっくらいしかいないんですよ!
後出てくるチョイ役含む女の子は全部ロボ娘! 何この徹底振り! もう最高ですよ! 眼鏡かけたロボ娘さえ出てくるし、「ドリルつけるから!」とか言われて迷うロボ娘とかも出るし!
そして読んでいるうちにこんな状況が!

処女神の鉄槌(アルテミスハンマー)

……おっぱいミサイル?キタ━━━━(゜∀゜)━━━━ッ!!
94センチが! 94センチが! おっぱいミサイルですよ旦那
他にも徹底的に壊されてチップ一つから再生とかのロボ萌え描写がふんだんです。
最後のとどめに、ロボ娘たちの下腹部にすえつけられた謎の部品。それは、人格情報を融合して新たな成長する機械を作り出す人工子宮だったのだ!
だがこの部品は生身の人間には使えない。情報提供者になるには、異星技術によって体と脳を無機質に変換しなければならないのだ。
しかしロボ娘を愛する少年は決意する。
「俺は人間をやめるぞーっ!」(意訳)
漢や……ほんまもんの漢や……orz
そんな風にロボ娘スキーにとっては、ていうかこれロボ娘スキーが自分妄想を存分に垂れ流しただけだろうと言うような内容なのですよ。満足満足。
難点は、絵師さん描くところのロボ娘たちがあんまり区別がつかないのと、最後の七巻はものすごく駆け足だったことくらいですかね。まあ、勢いに乗れば気にならない程度ですが。
その手の趣味の方には、五つ星でおすすめです。是非。

ふるーつメイド 1 (アクションコミックス アクションコミックスもえよん)

ふるーつメイド 1 (アクションコミックス アクションコミックスもえよん)

ふるーつメイド 1 (アクションコミックス アクションコミックスもえよん)

寺本薫の初(?)商業単行本なのですよ。
同人ではTo Heartネタでマルチあかり心理的な駆け引きをよく描いていた作家さんなのですよ。
で、これはまあ普通萌え四コマなんですが、連載時はほぼ一発ネタだったと思われるリンゴロボが出たので紹介対象なのですよ。
メイドの林檎さんの影武者であり、ネコミミアンミラアンドロイドで、ジェットで空を飛べて講義もかわりにできると言う優れもの。てか欲しいよ。
カバー外して詳しいところをその目で確認して欲しいのですよ。

atan2

2010-03-28追記

atan2のLua実装 - 永字八法も参照してください。
atan2 - 永字八法の焼き直し。
指摘を受けて作り直した。バグも取った。

define節

numalias atan2_dig
numalias atan2_dis
numalias atan2_x
numalias atan2_y
numalias atan2_xy
numalias atan2_absx
numalias atan2_absy
numalias atan2_sin

game以下、*startラベル以上

*atan2
	getparam i%atan2_dig,i%atan2_dis,%atan2_x,%atan2_y ; 引数の取得
	; ショートカット群
	if %atan2_x=0 && %atan2_y=0 mov %%atan2_dig,0:mov %%atan2_dis,0:return ; 原点
	if %atan2_x=0 && %atan2_y>0 mov %%atan2_dig,0:mov %%atan2_dis,%atan2_y:return ; 真上
	if %atan2_x=0 && %atan2_y<0 mov %%atan2_dig,180:abs2 %%atan2_dis,%atan2_y:return ; 真下
	if %atan2_x>0 && %atan2_y=0 mov %%atan2_dig,90:mov %%atan2_dis,%atan2_x:return ; 右
	if %atan2_x<0 && %atan2_y=0 mov %%atan2_dig,2700:abs2 %%atan2_dis,%atan2_x:return ; 左

	; 絶対値化処理
	mov %atan2_absx,%atan2_x:if %atan2_absx<0 mul %atan2_absx,-1
	mov %atan2_absy,%atan2_y:if %atan2_absy<0 mul %atan2_absy,-1

	; ここからが肝
	mov %atan2_xy,1000*%atan2_absx/%atan2_absy ; 傾きを計算
	if %atan2_absx<%atan2_absy mov %atan2_xy,1000*%atan2_absy/%atan2_absx
	goto*atan2_000to045 ; 計算する。

*atan2_end
	if %atan2_absx>%atan2_absy mov %%atan2_dig,90-%%atan2_dig ; 表裏
	if %atan2_x>0 && %atan2_y<0 mov %%atan2_dig,180-%%atan2_dig ; 第二象限
	if %atan2_x<0 && %atan2_y<0 add %%atan2_dig,180 ; 第三象限
	if %atan2_x<0 && %atan2_y>0 mov %%atan2_dig,360-%%atan2_dig ; 第二象限
	sin %atan2_sin,%%atan2_dig
	if %atan2_sin=0 mov %%atan2_dis,%atan2_absy:return
	mov %%atan2_dis,1000*%atan2_x/%atan2_sin
return

; atan2の実際
*atan2_000to001
if %atan2_xy>114588 mov %%atan2_dig,0:goto*atan2_end
mov %%atan2_dig,1:goto*atan2_end
*atan2_000to002
if %atan2_xy>38188 goto*atan2_000to001
mov %%atan2_dig,2:goto*atan2_end
*atan2_000to005
if %atan2_xy>22903 goto*atan2_000to002
goto*atan2_003to005
*atan2_000to011
if %atan2_xy>10385 goto*atan2_000to005
goto*atan2_006to011
*atan2_000to022
if %atan2_xy>4915 goto*atan2_000to011
goto*atan2_012to022
*atan2_000to045
if %atan2_xy>2414 goto*atan2_000to022
goto*atan2_023to045
*atan2_003to004
if %atan2_xy>16349 mov %%atan2_dig,3:goto*atan2_end
mov %%atan2_dig,4:goto*atan2_end
*atan2_003to005
if %atan2_xy>12706 goto*atan2_003to004
mov %%atan2_dig,5:goto*atan2_end
*atan2_006to007
if %atan2_xy>8776 mov %%atan2_dig,6:goto*atan2_end
mov %%atan2_dig,7:goto*atan2_end
*atan2_006to008
if %atan2_xy>7595 goto*atan2_006to007
mov %%atan2_dig,8:goto*atan2_end
*atan2_006to011
if %atan2_xy>6691 goto*atan2_006to008
goto*atan2_009to011
*atan2_009to010
if %atan2_xy>5975 mov %%atan2_dig,9:goto*atan2_end
mov %%atan2_dig,10:goto*atan2_end
*atan2_009to011
if %atan2_xy>5395 goto*atan2_009to010
mov %%atan2_dig,11:goto*atan2_end
*atan2_012to013
if %atan2_xy>4510 mov %%atan2_dig,12:goto*atan2_end
mov %%atan2_dig,13:goto*atan2_end
*atan2_012to014
if %atan2_xy>4165 goto*atan2_012to013
mov %%atan2_dig,14:goto*atan2_end
*atan2_012to017
if %atan2_xy>3866 goto*atan2_012to014
goto*atan2_015to017
*atan2_012to022
if %atan2_xy>3171 goto*atan2_012to017
goto*atan2_018to022
*atan2_015to016
if %atan2_xy>3605 mov %%atan2_dig,15:goto*atan2_end
mov %%atan2_dig,16:goto*atan2_end
*atan2_015to017
if %atan2_xy>3375 goto*atan2_015to016
mov %%atan2_dig,17:goto*atan2_end
*atan2_018to019
if %atan2_xy>2988 mov %%atan2_dig,18:goto*atan2_end
mov %%atan2_dig,19:goto*atan2_end
*atan2_018to020
if %atan2_xy>2823 goto*atan2_018to019
mov %%atan2_dig,20:goto*atan2_end
*atan2_018to022
if %atan2_xy>2674 goto*atan2_018to020
goto*atan2_021to022
*atan2_021to022
if %atan2_xy>2538 mov %%atan2_dig,21:goto*atan2_end
mov %%atan2_dig,22:goto*atan2_end
*atan2_023to024
if %atan2_xy>2299 mov %%atan2_dig,23:goto*atan2_end
mov %%atan2_dig,24:goto*atan2_end
*atan2_023to025
if %atan2_xy>2194 goto*atan2_023to024
mov %%atan2_dig,25:goto*atan2_end
*atan2_023to028
if %atan2_xy>2096 goto*atan2_023to025
goto*atan2_026to028
*atan2_023to034
if %atan2_xy>1841 goto*atan2_023to028
goto*atan2_029to034
*atan2_023to045
if %atan2_xy>1455 goto*atan2_023to034
goto*atan2_035to045
*atan2_026to027
if %atan2_xy>2005 mov %%atan2_dig,26:goto*atan2_end
mov %%atan2_dig,27:goto*atan2_end
*atan2_026to028
if %atan2_xy>1920 goto*atan2_026to027
mov %%atan2_dig,28:goto*atan2_end
*atan2_029to030
if %atan2_xy>1767 mov %%atan2_dig,29:goto*atan2_end
mov %%atan2_dig,30:goto*atan2_end
*atan2_029to031
if %atan2_xy>1697 goto*atan2_029to030
mov %%atan2_dig,31:goto*atan2_end
*atan2_029to034
if %atan2_xy>1631 goto*atan2_029to031
goto*atan2_032to034
*atan2_032to033
if %atan2_xy>1569 mov %%atan2_dig,32:goto*atan2_end
mov %%atan2_dig,33:goto*atan2_end
*atan2_032to034
if %atan2_xy>1510 goto*atan2_032to033
mov %%atan2_dig,34:goto*atan2_end
*atan2_035to036
if %atan2_xy>1401 mov %%atan2_dig,35:goto*atan2_end
mov %%atan2_dig,36:goto*atan2_end
*atan2_035to037
if %atan2_xy>1351 goto*atan2_035to036
mov %%atan2_dig,37:goto*atan2_end
*atan2_035to040
if %atan2_xy>1303 goto*atan2_035to037
goto*atan2_038to040
*atan2_035to045
if %atan2_xy>1170 goto*atan2_035to040
goto*atan2_041to045
*atan2_038to039
if %atan2_xy>1257 mov %%atan2_dig,38:goto*atan2_end
mov %%atan2_dig,39:goto*atan2_end
*atan2_038to040
if %atan2_xy>1213 goto*atan2_038to039
mov %%atan2_dig,40:goto*atan2_end
*atan2_041to042
if %atan2_xy>1130 mov %%atan2_dig,41:goto*atan2_end
mov %%atan2_dig,42:goto*atan2_end
*atan2_041to043
if %atan2_xy>1091 goto*atan2_041to042
mov %%atan2_dig,43:goto*atan2_end
*atan2_041to045
if %atan2_xy>1053 goto*atan2_041to043
goto*atan2_044to045
*atan2_044to045
if %atan2_xy>1017 mov %%atan2_dig,44:goto*atan2_end
mov %%atan2_dig,45:goto*atan2_end

汎用ライブラリ・define_math.txt

多分色々使われると思われる物をまとめてみた。適宜適当に増やしていく。使用する変数を使いまわすことで、変数領域を圧迫しないのが利点。

define_math.txt

numalias math_param1
numalias math_param2
numalias math_result
numalias math_temp1
numalias math_temp2
numalias math_loop
------
------
;==============================
; 絶対値。引数をそのまま絶対値に変換する。
;==============================
 *abs
getparam i%math_result
if %%math_result < 0 mul %%math_result,(-1)
return
;==============================
; 絶対値。第一引数に第二引数の絶対値を代入する。
;==============================
 *abs2
getparam i%math_result,%math_param1
if %math_param1 < 0 mul %math_param1,(-1)
mov %%math_result,%math_param1
return
;==============================
; 端数切り上げ割り算
;==============================
 *div2
getparam i%math_result,%math_param1
mov %math_temp1,%%math_result
div %math_temp1,%math_param1:mul %math_temp1,%math_param1
mov %math_temp2,0
if %%math_result <> %math_temp1 mov %math_temp2,1
div %math_temp1,%math_param1:add %math_temp1,%math_temp2
mov %%math_result,%math_temp1
return
;==============================
; 文字列の左側に追加をする。
;==============================
 *left_add
getparam s%math_result,$math_param1
add $math_param1,$%math_result
mov $%math_result,$math_param1
return
;==============================
; 文字列を二つに分割する。右からn文字目で切り取る。
;==============================
 *right_split
getparam s%math_result,s%math_temp1,$math_param1,%math_param2
len %math_param1,$math_param1
sub %math_param1,%math_param2
mid $%math_result,$math_param1,0,%math_param1
mid $%math_temp1,$math_param1,%math_param1,%math_param2
return
;==============================
; 文字列を二つに分割する。右からn文字目で切り取る。2バイト文字用
;==============================
 *right_split2
getparam s%math_result,s%math_temp1,$math_param1,%math_param2
len %math_param1,$math_param1
sub %math_param1,%math_param2*2
mid $%math_result,$math_param1,0,%math_param1
mid $%math_temp1,$math_param1,%math_param1,%math_param2*2
return
;==============================
; 奇数か偶数かを返す。
;==============================
 *is_even
getparam i%math_result,%math_param1
mov %math_param2,%math_param1
div %math_param2,2
mul %math_param2,2
mov %%math_result,0
if %math_param1 = %math_param2 mov %%math_result,1
return
 *is_odd
getparam i%math_result,%math_param1
mov %math_param2,%math_param1
div %math_param2,2
mul %math_param2,2
mov %%math_result,1
if %math_param1 = %math_param2 mov %%math_result,0
return