eijyo

2004/12/13 (Mon) 山下憲治さんのBlog

eijyo2004-12-13

[] 山下憲治さんのBlog

 10月29日から、はてなダイアリーをつけ始め、ほぼ毎日、続けている。Web上の日記サイトを知ったのは1997年ごろだったと思う。日記ポータルというものをYahoo! Internet Guide誌で知り、そこから様々な日記を覗いたのだが、妙なサイトが多く、好きにはなれなかった。

 1999年に山下さんから日記を書き始めたとの案内をもらい、訪れてみたら、流石、雑誌編集者。朝の1時間で意見がうまくまとまっている。

http://home.impress.co.jp/staff/ken/

 こんなサイトを自分でも作ってみたいと思っていたが、Blogブームのお陰で5年後に実現することができた。

  

 山下さんは、インプレスで入門書「できるシリーズ」やメールマガジン「Watchシリーズ」などを企画、推進された方である。

 山下さんとは、彼がアスキーに新入社員で入ったころ、日本語版MSJ(マイクロソフト システムズ ジャーナル)に「かな漢字変換」の執筆依頼をもらい、社員の大友くんに「Romantic」という洒落たタイトルで、ローマ字変換のWindowsソースプログラムとその解説を書いてもらったのが、出会いである。

 1995年春のコムデックスでは、アトランタCNNセンター内の中華料理屋でインターネットの威力などについて語り合った。その時、彼はアップルのQuickTakeという、デジカメのはしりを使って、写真を毎日、impress.comに送っていた。以下のレポートの「地球は小さい」にちょっと書いた。

http://www.est.co.jp/ks/tabi/9504cmdx.htm

 1999年には電子書籍コンソーシアムに参加され、部会などでご一緒した。

 とても落ち着いた、優しい、思いやりのある方だった。私よりも10数歳年下だが、インターネットについての考え方など、いろいろ影響を受けた。

  

 彼のBlog1998年から2000年にかけて、20数回で終わっている。2000年7月に亡くなられたからである。享年35歳。亡くなられたときに、できるシリーズの著者の皆さんに声をかけて、追悼ホームページを作ろうとしたが果たせなかった。ご冥福をお祈りすると共に、思い出を綴ってみた。

  

 追悼HPをいくつかご紹介する。

メールマガジンの父、山下憲治氏を偲ぶフォーラム

http://ascii24.com/news/i/topi/article/2000/07/25/610374-000.html

・四家さんの追悼文 (リンク切れ)

http://ad.impress.co.jp/staff/shike/ken.html

・島住み雑記

http://www2b.biglobe.ne.jp/~kanemori/zakki-yamashita.htm

・日本で最初の商用メルマガを作った人

http://blog.mita.minato.tokyo.jp/archives/2005/10/post_236.html