Hatena::ブログ(Diary)

衛生管理者試験の覚書


この不況の中、資格を取ってキャリアアップを図りたいと思っている方は、たくさんいらっしゃると思います。でも、どんな資格が一番役に立つのか?本当に役に立つ資格を知っている方は少ないのでは?資格試験の学校や予備校などは、人気資格を売り込むだけで、本当に役立つ資格は何か?ということは教えてくれません。人気がある資格=役に立つ資格でしょ?いえいえ、残念ながら、人気がある資格=役に立つ資格ではないのが現状です。その理由は、メールマガジン「その資格は食えますか?」で!


2010-01-14

衛生管理者試験は簡単な資格という理由で受験するべきではない

| 08:02

資格試験では、簡単といわれる資格もあれば、難しいといわれる資格もあります。

法律関係の資格であれば、

宅建行政書士社労士司法書士司法試験

というようなランク付けがなされていることがあると思います。

法学部で勉強している方であれば、宅建行政書士くらいは、余裕で合格できるというような話を耳にすることもあると思います。

でも、甘く見すぎていて、対策をしていなければ合格が難しいのは当然です。

例えば、宅建であれば、法学部生にとって有利になるのは、権利関係くらいのもので、その他の科目については、特別に有利になるわけではありません。

そのため、法学部司法試験の勉強をしていようが、宅建専用のテキストや問題集をこなさなければなりません。

実際に勉強してみれば、簡単といわれている宅建ですら、結構、難しいと感じると思います。


周りは、「宅建くらい簡単だろ〜。」

と言っていても、実際に受験している立場としては、結構つらいものです。

簡単と言われている資格であればあるほど、

「合格できなければ馬鹿にされてしまう。」

とプレッシャーもかかるものです。

もちろん、宅建行政書士とはいえ


続きを読む

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/eikoka12/20100114/1263423737