Hatena::ブログ(Diary)

画面に向かって空中元彌 チョップ このページをアンテナに追加 RSSフィード

2005-07-05

[]「がんばっていきまっしょい」#1 漕ぎたい


 原作も映画版も未見なんですが、雰囲気としては「ウォーターボーイズシリーズより「さよなら、小津先生」の雰囲気に近くて、好感のもてる滑り出しでした。

 鈴木杏ちゃんは「STAND UP!」以来の連続ドラマ出演ですが、この手の役どころをやらせたら右にでない芸達者ぶり。追随許さないですね。

 冒頭「一週間で人間の体内の細胞が入れ替わって、一週間前とは別人になる」云々の話を内博貴が言った時は軽く内君のブレインの調子を疑ったものですが、ラストで杏ちゃんが搾り出すようにその言葉を言った時には、もう号泣。決して演技力の差ではなく(ないとは断言できないけど)、説得力の差というか、初回の内君はまだよくわからない人ですからね。

 錦戸亮の方が今の所キャラとしては目立ち気味ですが、張り合ったり、(杏ちゃんをめぐる)恋のライバルになったりするんでしょうどうせ。そういうファン向けの絡みは勘弁願いたいですが、無理だろうなぁ。

 男子キャストの見所としては世間的にも物語的にもNEWS兼関ジャニの2人なんでしょうが、亜姫的には男子ボート部・部長役の北条隆博君をプッシュ。だってメガネだよメガネ! レンゲル睦月メガネ!! 出番もっとプリーズ!! あと特別ゲスト石垣佑磨が、多分ボート部員役で三田村邦彦の息子がいました。ここは千川高校(「H2」)ですか?

 

[]「海猿」#1


 サブタイトルの「UMIZARU EVOLUTION」というロゴに爆笑。何かこう暑苦しい男たちによる熱いドラマといった感じですが、暑苦しいのはトドロキ君で間に合ってますんで割愛。

projects
Connection: close