Hatena::ブログ(Diary)

乗り降り記録ブログ[駅ログ] このページをアンテナに追加 RSSフィード

2010-08-31 富士見町

#2512 富士見町(2010.08.23)

この日は湘南モノレール沿線を起点に、東海道の旅に出ました。多少早めに発つことができたので、大船まで乗らず、その手前の富士見町で降りることを思いつき、敢行しました。

f:id:ekilog:20100830231217j:image


f:id:ekilog:20100830231332j:image

07:39着・発の便でしたが、平日の朝ということで満員状態。富士見町から乗車する客は多く、発車したのは07:40を回っていたようです。下車して正解、とその時は思いましたが、大船までの道程は決して甘くなく、朝にしては強い日射と折からの暑さで意気揚々とは行きませんでした。富士見町からの一駅、その需要が高くなるのも頷けます。

f:id:ekilog:20100830231454j:image

通りがかった「田園(でんえん)踏切」では何分か足止めを食いましたが、その小休止がよかったようで、先を見遣れば大船観音が姿を現し、旅人を見送ってくれるが如く映りました。富士見町で降りた甲斐あり、というものです。

f:id:ekilog:20100830231619j:image

電網浮遊都市アルファポリス「blog」部門に登録しました。*週に一度のクリック、よろしくお願いします。  鉄道コム > 鉄道ブログ  「全国鉄道駅名一覧2010」発行しました

2010-08-28 香川

#2511 香川(2010.08.22)

ちょっとした閑暇に相模線のプチ往復を試みました。15:38に茅ヶ崎を出て、香川には15:43着。15:50に出て、茅ヶ崎に15:55着で戻る、というお手軽なものです。

f:id:ekilog:20100828010934j:image

自作の電子書籍「全国鉄道駅名一覧2010」中、「よもやまクイズ」というのを設け、その18問目にも出てきますが、「県名と同じ名なのにその県にない駅名」の好例と言えるのがこの香川駅。記憶に残っていたこともあり、実際に訪ねてみることにしたのでした。

f:id:ekilog:20100828011030j:image


f:id:ekilog:20110601204817j:image

ローカルな中にも生活感、というのが主な印象で、好感が持てました。単線の良さとも言えますが、ここは上り・下りのどっちであっても(階段や跨線橋などを通る必要なく)すぐに乗車できる、というのがまた秀逸ですね。

電網浮遊都市アルファポリス「blog」部門に登録しました。*週に一度のクリック、よろしくお願いします。  鉄道コム > 鉄道ブログ  「全国鉄道駅名一覧2010」発行しました

2010-08-25 大金

#2510 大金(2010.08.20)

宝積寺に停車中の車両を見ることはあっても、実際に乗車することはこれまでなかった烏山線。無理を承知で行程に組み込み、せっかくなのでご利益目当てで大金(おおがね)駅まで行って戻って、というのを企てました。

車窓に広がる景色も、起伏やカーブも、有人駅だったり無人駅だったりも、とにかく変化に富む烏山線に揺られること20分。鴻野山から先は鄙びた感じもあっただけに、大金に着く手前で急に町並みが現れた時はそのギャップに目を見張ることになります。

f:id:ekilog:20100824211934j:image

乗ってきた便は、13:55着のところ少し遅れて13:56。着くと隣にはすでに宇都宮行き(↑写真)が控えていて、大慌てです。13:58発なので猶予は数分。その間、一応改札を出て、駅名標など目ぼしいものをとにかく撮って、発車ギリギリで滑り込む格好になりました。これではご利益も何もなさそうですが、そこまで行って来た、というのは代え難いものがあります。自分で撮ったこうした写真一つあればいい。拝むもよし、プリントアウトするもよし、です。

f:id:ekilog:20100824212044j:image


f:id:ekilog:20100824212119j:image

★おかげ様で、さらなる乗り降りの上積みをして帰ってくることができました。8/20は大金だけですが、8/22にもう一駅、8/23はちょっとしたペースで降り乗り、といった感じです。しばらく「2010年・夏」編が続きます。どうぞお楽しみに。

電網浮遊都市アルファポリス「blog」部門に登録しました。*週に一度のクリック、よろしくお願いします。  鉄道コム > 鉄道ブログ  「全国鉄道駅名一覧2010」発行しました

2010-08-19 穴守稲荷

#2345 穴守稲荷(2007.08.11)

京急空港線でまだ乗り降りしていなかったのが穴守稲荷でした。この日は城南島でのフィールドワークを控え、早めに動くことにしていたので、まずは蒲田駅から京急バスで六間堀まで乗り、そこから歩いて穴守稲荷駅へ、という行程を組みました。

f:id:ekilog:20100818233657j:image

肝心の穴守稲荷神社へのお参りは叶わなかったものの、駅前の鳥居はありがたく拝ませてもらいました。鳥居の真横がファストフード店、というのはちょっとどうかと思いましたが、色的には調和している(?)のでOKなのでしょう。(朱か赤かの違いはありますが)

f:id:ekilog:20110503000943j:image

★次回更新は、8/25以降を予定しています。新たな乗り降りが増えるのかどうなのか・・・ひとつお楽しみに。

電網浮遊都市アルファポリス「blog」部門に登録しました。*週に一度のクリック、よろしくお願いします。  鉄道コム > 鉄道ブログ  「全国鉄道駅名一覧2010」発行しました

2010-08-16 柳小路&石上

#2343+2344 柳小路&石上(2007.08.06)

江ノ電15駅のうち、11駅は早々に乗り降り済みだったものの、腰越が1993年11月、七里ヶ浜が1996年2月と間延びした感じになり、最後に残った2駅、柳小路と石上は実にそれから10年以上経ってようやく、となりました。

両駅の距離は600m。ひと駅分乗って、また歩いて戻る、ということにして、自転車でまずは柳小路へ向かいました。

f:id:ekilog:20100815220752j:image


f:id:ekilog:20100815220842j:image

無人駅なので、改札記録を残すにはPASMOに頼るしかありません。駅にはこうした簡易式の改札機が入場と出場とそれぞれあり、ここにピッとやればオートチャージもOK、という仕掛けになってました。

f:id:ekilog:20100815220918j:image

柳小路でしっかりオートチャージし、記録とともに乗車します。そして石上で降りたら、今度は出場の方でピッ。1分の乗車で190円は何とも高額な気もしますが、これが乗り降りの基本というものです。後日、利用明細を印字すれば、その時の記録がしっかり残る訳ですから、ありがたい限りです。

f:id:ekilog:20100815221028j:image


f:id:ekilog:20100815221104j:image

という訳で、この日めでたく江ノ電15駅全駅達成と相成りました。ちなみに江ノ電の創設当初は、藤沢〜柳小路に3駅(石上・高砂(現・石上)・川袋)あったそうです。全体でも倍以上の駅があったそうですから、往時の方からすれば「15駅如きで何を〜」ですね。

電網浮遊都市アルファポリス「blog」部門に登録しました。*週に一度のクリック、よろしくお願いします。  鉄道コム > 鉄道ブログ  「全国鉄道駅名一覧2010」発行しました

2010-08-13 氏家&西那須野

#2341+2342 氏家&西那須野(2007.08.03)

列車の遅れの影響がどの程度だったか、今となっては不確かですが、次にめざしていた氏家に着いたのは11時頃でした。

2005年3月に「さくら市」ができ、その市役所最寄駅となったのがこの氏家。市の中心部の駅はしっかり押さえる、ということで訪れた訳ですが、ここはいい意味でまだ素朴な感じが漂っていたのを思い出します。新市誕生とともに駅名を変えるとしたら「さくら氏家」とかになりそうですが、そうしなかったのはよかったと思います。

f:id:ekilog:20100812223906j:image


f:id:ekilog:20100812224205j:image

さて、宇都宮から北は自ずと列車本数が減る訳ですが、約20分間隔という時間帯だったのがよかったようで、矢板(実は1998年10月済み)でも下車できた上で、西那須野には12時過ぎの到着となりました。

当時はあまり乗降記録を意識していなかったので、これといった写真はありませんが、こちらも新市誕生記念になります。「那須塩原市」の標を写し込めるのはこの位置しかないでしょう。

f:id:ekilog:20100812223952j:image


f:id:ekilog:20100812224237j:image

電網浮遊都市アルファポリス「blog」部門に登録しました。*週に一度のクリック、よろしくお願いします。  鉄道コム > 鉄道ブログ  「全国鉄道駅名一覧2010」発行しました

2010-08-10 野木&間々田

#2339+2340 野木&間々田(2007.08.03)

これまた自治医大の続きと思われてしまいそうですが、そのまた2年前、2007年8月の乗り降り記録になります。

この日は順当に北へ向かうに従い、野木、間々田と降りて乗ってを続けることにしていたのですが、思わぬ遅延(湘南新宿ラインの車両トラブル)で、番狂わせが生じます。写真は野木駅の改札内部を写したものですが、09:50 小金井行きの次が、09:37 小金井行き、つまり逆転状態になっていたのです。何時何分着で野木に着いたのかが定かではないですが、少なくとも間々田に行くのに乗ったのは一応定刻の09:50発。間々田から先は、その次の遅れていた小金井行き、だったと記憶しています。

f:id:ekilog:20100809223602j:image


f:id:ekilog:20100809230707j:image

両駅とも、時間が読めるようなそうでないような状況での乗降だったので、これまたホームや列車の写真が撮れていません。列車待ちでやたら間延びするのも考え物ですが、間隔が変な縮まり方をするのもまた困り物。やはり時刻表通りに動いてほしいものだと思います。(旅は意の"ままだ"、にならなかった"間々田"でした。)

f:id:ekilog:20100809223646j:image

↑ 目標通りなら、すでに間々田駅東口の整備は終わったことになります


f:id:ekilog:20100809230737j:image

電網浮遊都市アルファポリス「blog」部門に登録しました。*週に一度のクリック、よろしくお願いします。  鉄道コム > 鉄道ブログ  「全国鉄道駅名一覧2010」発行しました

2010-08-07 自治医大

#2418 自治医大(2009.08.02)

鶴田の次は自治医大、という訳ではなく、これはまた一年前に遡っての記録です。

この日は佐野に行ってから那須塩原へ向かったのですが、両毛線の小山着13:51〜東北本線の小山発14:06という時間帯でした。奇しくも次の黒磯行きは宇都宮発ではなく小金井発。仮に小山発であれば乗り換え回数は1回で済む訳ですが、宇都宮の手前で乗り換えられるというのはそれはそれで一興です。小金井で乗り換える場合、14:13〜14:30、ただ、どうせ乗り換えるならまだ乗降していない駅で、ということで自治医大にしたのでした。ここだと14:17〜14:34で、程よい感じ。しかし、時間があった割にはろくろく写真を撮っておらず、改札通路から東口方面を撮ったこれ一枚限り。電池切れだったのか、単にうっかりしていただけか、時にはこういう乗り降り記録もあったりするのです。

f:id:ekilog:20100806233942j:image


f:id:ekilog:20100806234039j:image

ちなみに、いわゆる「宇都宮線」は、上野からこの先の石橋までは全て乗降済み。雀宮と岡本を乗降すれば氏家までは完了、となります。(高崎線は渋川まで、常磐線は勝田まで全駅クリア、というのと比較すると、宇都宮線の乗り降り具合はちょっと物足りないですね。)

電網浮遊都市アルファポリス「blog」部門に登録しました。*週に一度のクリック、よろしくお願いします。  鉄道コム > 鉄道ブログ  「全国鉄道駅名一覧2010」発行しました

2010-08-04 鶴田

#2509 鶴田(2010.07.27)

※暑さのせいか、とんだ記憶違いをし、東武宇都宮〜江曽島の発着を2時間間違えてました。江曽島を下車し、外に出たのは11時頃になります。(前回#2508の記事は訂正しました。)

昼前ながら厳しい陽射しの中を約1km。地図で見るとそれほどでもなかったのですが、直線で結ぶ道路がないため、時間はかかりました。途中、陽南第一公園といういかにも温暖な名称の公園の前を通りましたが、ここがむしろ日射から逃れられる唯一のスポット。木陰に救われながら、先を急ぐのでした。

炎天下の県道2号線(栃木街道)に出ないようにしながら、住宅街を歩いていたら、その県道がJR日光線を跨ぐ手前にたどり着きました。ここまで来ればお目当ての駅はもうすぐです。

日光線の上りの時刻が11:25というのはわかっていたので、少しペースを落とし、遠く日光の方角を見遣ったりしながら線路を越えました。かくして通算2509番目の駅、鶴田に着いたのはもうすぐ11:20になろうという時間。ちょうどいい乗り換えとなりました。

折りしも「日光線全線開業120周年」(→関連情報)ということで、周年記念のガイドペーパーを予め入手でき、鶴田駅についても予習できていたのは何よりでした。開業当時から現存する跨線橋と、その歴史的価値を示すための鋳鉄柱をしっかり確認し、駅舎やホームもじっくり見物しながら電車を待つことができた、という訳です。

f:id:ekilog:20100803221315j:image

この日は一区間だけの日光線乗車となりましたが、せっかくなので全線乗る機会を設けようと思ってます。(乗り降りが増えるかどうかは不明...)

f:id:ekilog:20100803221513j:image


f:id:ekilog:20100803221616j:image

電網浮遊都市アルファポリス「blog」部門に登録しました。*週に一度のクリック、よろしくお願いします。  鉄道コム > 鉄道ブログ  

2010-08-01 江曽島

#2508 江曽島(2010.07.27)

また過去の記録を引っ張り出して更新を、と準備していたところ、ふと宇都宮に行く機会を得、ついでにちょっとだけ乗り降りを増やすことができました。今回は通算2508番目の駅、江曽島です。

f:id:ekilog:20100731232003j:image

↑ ホームの白線と黄帯が車両の青線に映り、不思議な色調に。暑さで揺らめいているようにも見えます。


f:id:ekilog:20100731232047j:image

東武宇都宮を10:52に出て、江曽島には10:57着。一日一便ながら、ここは「特急しもつけ号」の停車駅。何かあるだろうということで、やって来た訳ですが、理由はもう一つ。それは、江曽島から歩いていける距離に他線の駅がある、です。

この日の気象統計によると、11時の宇都宮の気温は30.2℃。真夏日の只中でしたが、とにかく歩くことにしたのでした。

電網浮遊都市アルファポリス「blog」部門に登録しました。*週に一度のクリック、よろしくお願いします。  鉄道コム > 鉄道ブログ