Hatena::ブログ(Diary)

乗り降り記録ブログ[駅ログ] このページをアンテナに追加 RSSフィード

2010-09-09 由比&興津

#2516+2517 由比&興津(2010.08.23)

東田子の浦を11:08に出てから約20分。吉原から蒲原までの各駅は過去に乗降済みだったので、次の目標駅は由比になります。

海に近い駅というのは織り込み済みですが、海に出にくい駅でもある、というのはホームに立ってみて改めて実感しました。東名高速や国道(富士由比バイパス)が見事に海へのアクセスを封じているのです。片浜や東田子の浦のように住宅地が広がるような地形でないことも承知の上でしたが、その圧迫感は何とも言えないものがありました。

f:id:ekilog:20100908234943j:image


f:id:ekilog:20100908235046j:image

そうは言ってもここは宿場町。南へちょっと歩けば寺尾地区があり、古い町並みが見られるというので足を延ばしてみました。小池邸までは行けなかったものの、その界隈の雰囲気を味わい、旧東海道を歩きながら駅に戻りました。写真は由比駅上(バス停の名称)からの駅と駿河湾の光景です。こうして見下ろす限りは、圧迫感も何もないですね。

f:id:ekilog:20100908235140j:image

サクラエビのかき揚げの有名店はあいにく月曜が休みだったので、散策に徹した訳ですが、20分というのはすぐでした。11:49発の島田行きに乗り、次をめざします。しかし...

ここまでの駅の間隔に慣れていたせいか、なかなか興津に着きません。途中、薩埵峠の下を通ることから、狭まった方を見ていると余計に時間を感じてしまう。着いたのは11:54…5分はやはり長かったです。

f:id:ekilog:20100908235306j:image


f:id:ekilog:20100908235336j:image

興津からは浜松行きの始発に乗り換えです。12:04発なので、滞在時間は10分。駅前の商店を見物する程度で、宿場云々どころではありませんでした。(由比同様、興津も暑かった...早々に折り返しの始発に乗り込むことになります。)

電網浮遊都市アルファポリス「blog」部門に登録しました。*週に一度のクリック、よろしくお願いします。  鉄道コム > 鉄道ブログ  「全国鉄道駅名一覧2010」発行しました