Hatena::ブログ(Diary)

乗り降り記録ブログ[駅ログ] このページをアンテナに追加 RSSフィード

2010-10-30 西登戸&みどり台

#2419+2420 西登戸&みどり台(2009.10.29)

京成千葉線の駅は、JR総武線の各駅と概ね隣接しているため、総武線ついでで乗り降りする機会がそれなりにあったのですが、西登戸とみどり台の2駅については、そういう訳に行かず、これまでご縁がありませんでした。

この日は意を決して西千葉まで行き、とにかく西登戸かみどり台のどっちかに出て、ひと駅乗ってまた西千葉へ、というのを実行しました。(2009年は京成線100周年記念(→参考)で「往年の列車カラー」の復活というのがありました。その一色を見物しに、というのも目的の一です。)

西千葉からマロニエ通りを進み、陸橋へ出ると左が西登戸、右がみどり台というのがわかります。とりあえずより近い西登戸へ向かいました。

f:id:ekilog:20101030000058j:image


f:id:ekilog:20101030000325j:image

駅舎はこんな具合で至ってローカル。あいにく復刻カラーには乗れませんでしたが、ひと駅の旅を楽しむことができました。

みどり台もまたローカル駅(構内踏切タイプ)でした。沿線の住宅街にローカル観がない分、余計そう思えるのかも知れません。

f:id:ekilog:20101030000246j:image


f:id:ekilog:20101030000358j:image

線路沿いに歩き、再び陸橋に戻ると折りよくカラフルなのが姿を見せました。ご覧の通りです。(車両を上から撮ったのもありますが、車両の感じがわかる方で。西登戸・京成千葉方面になります。色は「ファイアーオレンジ」)

f:id:ekilog:20101030000545j:image

電網浮遊都市アルファポリス「blog」部門に登録しました。*週に一度のクリック、よろしくお願いします。  鉄道コム > 鉄道ブログ  「全国鉄道駅名一覧2010」発行しました

2010-10-24 越谷レイクタウン

#2398 越谷レイクタウン(2008.10.29)

首都圏で新しい駅ができると可能な限り初日、初日がダメなら近日中、それでもダメなら数ヶ月、といった目安で足を運ぶようにしていますが、はるひ野#2365)然り、近年は思うように行かないケースがままあります。

2008年3月のダイヤ改正に合わせ、南越谷と吉川の間に開業した越谷レイクタウン。ここも半年以上経ってからようやく、となりました。

この日は武蔵野線経由で帰れる場所にいたので、仕事を早めに切り上げて向かいました。ホームは広め、駅舎は当然のように立派、そして何よりのポイントは、一大商業施設直結!でしょう。

f:id:ekilog:20101023205012j:image


f:id:ekilog:20101023205204j:image

一応、ショッピングセンター内をひととおり見て回りはしましたが、早い夕食をとる程度で、買い物はなし。目的はあくまで「新駅」なのでした。

f:id:ekilog:20101023205113j:image

電網浮遊都市アルファポリス「blog」部門に登録しました。*週に一度のクリック、よろしくお願いします。  鉄道コム > 鉄道ブログ  「全国鉄道駅名一覧2010」発行しました

2010-10-18 和白、唐の原、唐人町

#2180〜2182 和白、唐の原、唐人町(2004.10.11)

6年前に遡っての駅ログです。ここまで戻ると通算の番号も多少ズレがあるかも知れませんが、とにかく2180番目から3駅分です。

出張で福岡入りした際、時間の合間に和白干潟を自主的に見学することにし、まずはJRで和白へ。当時は「みなと香椎」(アイランドシティ)がまだ工事中だったので、写真のような景観でした。(今はどうなっているのやら?)

f:id:ekilog:20101017211531j:image


f:id:ekilog:20101017212556j:image


f:id:ekilog:20101017212424j:image

漂着物や水質をざっと確認して、干潟を後にしました。そのまま歩くと、和白に戻るよりは、西鉄唐の原に出るのが自然だったので、そこから西鉄貝塚線*1に乗り、天神まで向かったのでした。

f:id:ekilog:20101017211625j:image


f:id:ekilog:20101017213139j:image

アクロス福岡でのイベント終了後、今度は福岡ドームを見に、唐人町へ。この時は気付いてませんでしたが、唐人町唐の原は、福岡県内の駅では50音順でお隣。こういう記録になりました。(唐人町の駅風景は写真に収めなかったので、代わりにドームの写真)

f:id:ekilog:20101017212304j:image

電網浮遊都市アルファポリス「blog」部門に登録しました。*週に一度のクリック、よろしくお願いします。  鉄道コム > 鉄道ブログ  「全国鉄道駅名一覧2010」発行しました

*1:当時は宮地岳線。この時、もっと時間があれば北上して津屋崎まで行ったのですが、見送りました。新宮から先が廃止になってしまうと知っていれば無理してでも行ったんですけどね。

2010-10-13 ディズニーリゾートライン各駅

#2309〜2312 リゾートゲートウェイ、東京ディズニーシー、東京ディズニーランド、ベイサイド(2006.10.12)

なかなか機会がありませんでしたが、開園して5年が経ったところでようやく行くことができました。東京ディズニーシーです。(「東京都秋期限定パスポート」なるものをGETできたのが大きかった?)

ランドとシーでリゾートになって、その周りを特殊軌道が走るようになったのは知っていましたが、その必要性はよくわかっていませんでした。実際に乗ってみると、舞浜駅からオフィシャルホテルに行くのに今までは随分と苦労していたこと、駅からすぐにシーに行けない*1にしてもリゾートを一周する乗り物はあって然るべき(行楽要素として)であること、などを実感できました。2006年当時、1日フリーきっぷは600円。一周5kmという距離にしては割高な気もしますが、リゾート気分を何周でも楽しめる(+4駅の乗り降り自由)と考えればリーズナブル?だと思います。

そんなフリーきっぷを手に、まずはリゾートゲートウェイ〜東京ディズニーシーの大回り。場所柄、乗り降りの記録云々という意識は飛んでいるので、駅を撮ったとしてもいい加減なものです。(今回は4駅というか、ディズニーリゾートラインを紹介、という感じ)

f:id:ekilog:20101012225315j:image

↑ リゾートゲートウェイ・ステーション近くで撮影

f:id:ekilog:20101012225722j:image

↑ 車窓の形が特殊なのは言うまでもありません(@ベイサイド付近)

帰りは東京ディズニーシーから、ランド、ベイサイドと各駅で下車して、リゾートゲートウェイへ。園外の軌道ではあっても、ノリとしてはアトラクション?! よくできたものだと思います。

f:id:ekilog:20101012225918j:image

↑ 東京ディズニーランド・ステーション

f:id:ekilog:20101012230200j:image

↑ ベイサイド・ステーションにて(1日フリーきっぷは4種類)


f:id:ekilog:20101012230939j:image

電網浮遊都市アルファポリス「blog」部門に登録しました。*週に一度のクリック、よろしくお願いします。  鉄道コム > 鉄道ブログ  「全国鉄道駅名一覧2010」発行しました

*1:向きとしてはシー→舞浜駅→ランドの一方向のみ→参考

2010-10-10 東あずま

#2308 東あずま(2006.10.07)

4年前に遡ります。東武亀戸線の小駅の中で、なかなかご縁がなかったのがここ東あずま。この日は堀切でイベントがあり、その帰りに寄りました。平井まで歩いて、総武線に乗って、という帰り方にしたのです。

f:id:ekilog:20101009235132j:image

東は「あずま」とも読むので、「東東」とか書いてしまいそうな駅名ですが、このあずまは「吾嬬」。漢字で書くと読めないので、平仮名にしたんでしょうかね。

駅舎もローカル感たっぷりなら、ホームを横断するのに構内踏切を使う、というところもまたローカルと言うか何と言うか・・・ とにかく趣深い駅だと思います。

f:id:ekilog:20101009235322j:image


f:id:ekilog:20101009235918j:image

電網浮遊都市アルファポリス「blog」部門に登録しました。*週に一度のクリック、よろしくお願いします。  鉄道コム > 鉄道ブログ  「全国鉄道駅名一覧2010」発行しました

2010-10-07 はるひ野

#2365 はるひ野(2007.10.04)

「2010年・夏」編がひとまず終わったので、過去の記録をしばらくご紹介していこうと思います。まずは3年前の今頃の分です。

小田急線で最も新しい駅(70番目)、はるひ野。2004年12月の開業ですが、なかなかご縁がなく、できて3年近く経ってようやく訪れることができました。(これで再び小田急線全駅乗り降り達成)

f:id:ekilog:20101006215848j:image


f:id:ekilog:20101006215954j:image

未来的でありながら、外光をいっぱいに取り込む造りはなかなか。絵になる駅だと思ったものです。(→そんな駅の数々をまとめたのがこのレポートです。ご参考まで。)

f:id:ekilog:20101006220048j:image

↑ 秋の陽を浴びる「はるひ野」駅

電網浮遊都市アルファポリス「blog」部門に登録しました。*週に一度のクリック、よろしくお願いします。  鉄道コム > 鉄道ブログ  「全国鉄道駅名一覧2010」発行しました

2010-10-04 磐田&袋井

#2527+2528 磐田&袋井(2010.08.23)

豊橋鉄道市内電車)の旅も終わり、あとは再び東海道線に揺られるばかり。復路は取り立てて新たな降り乗りを増やさなくても、と行きたいところですが、せっかくの本数です。活かさない手はありません。

もともとは豊橋16:23発で磐田に17:21着、次の17:32発で一気に熱海(19:52着)という見込みでした。が、よくよく調べると、この16:23発は、浜松で16:57〜17:11と13分の停車時間があり、その間に浜松始発(17時ちょうど発)が先発するという何とも不思議なダイヤになっていたのです。(本数が多い証し?)

浜松で乗り換え、ひとまず磐田へ。名物「おもろカレー」どころではありません。ジュビロ磐田のお膝元というのを確認するばかりで、17:11着−21発ですぐさま移動です。

f:id:ekilog:20101003234207j:image


f:id:ekilog:20101003234238j:image

予定より早まった分は、次の袋井に充てることにしました。17:27着−38発とまたまた短時間ですが、藤枝のような大がかりな駅ではないので、比較的すぐに駅前に出ることができ、多少は探索も。ご当地名物「たまごふわふわ」は確認できませんでしたが、何か買い込んだところで、ロングシートの車両では食事は困難です。結局、大船エキナカにたどり着くまで、飲食はままなりませんでした。乗り降り旅ではいつものことですが、夏の旅では少々こたえますね。

f:id:ekilog:20101003234405j:image


f:id:ekilog:20101003234435j:image

*これにて「2010・夏」編は終了。次回はまた過去の記録から引っ張り出す予定です。お楽しみに。

電網浮遊都市アルファポリス「blog」部門に登録しました。*週に一度のクリック、よろしくお願いします。  鉄道コム > 鉄道ブログ  「全国鉄道駅名一覧2010」発行しました