Hatena::ブログ(Diary)

乗り降り記録ブログ[駅ログ] このページをアンテナに追加 RSSフィード

2010-12-30 小諸&上田

#2532+2533 小諸&上田(2010.12.25)

13:01に中込を出て、しばらくは晴れやかな空の下、小海線に揺られていた訳ですが、小諸に近づくにつれ曇りがちに。13:30に小諸に着き、外に出るとすっかり寒々しくなってしまいました。雪がないので油断してましたが、やはり信州は寒い!ということなんでしょう。

小諸が上野特急あさま号などでつながっていた時代はもうちょっと活気があったんだと思いますが、駅前は昔ながらというか、いま一つ冴えない印象です。こうした空気感も手伝って、余計に寒く感じたのかも知れません。

f:id:ekilog:20101229180447j:image


f:id:ekilog:20101229180847j:image

同駅が純粋に国鉄の駅だった頃に、一度下車したことがあるので、JR分の記録は付けず、今回の記録(通算2532番目)は、しなの鉄道としてのカウントです。この後の上田は、やはり国鉄時代に下車し、JRになってからも乗り降りしていますが、完全にしなの鉄道に移行してしまっているので、カウントし直すことはせず、新たな記録(通算2533番目)は初めて乗車する上田電鉄(別所線)の分としています。標題は単に「小諸&上田」ですが、正確には「小諸(しなの鉄道)&上田(上田電鉄)」。経営分離後(並行在来線)の駅の乗降記録は悩ましいものがあります。

13:52に小諸を出て、上田には14:14に到着。宿は上田駅前にとっているので、早々と目的地に着いてしまったことになりますが、本題はこれからです。ウィークエンドパスを持っている以上、上田電鉄に乗らない手はない。よく考えると、18きっぷでは小諸止まりのところ、上田まで来れて、さらに足を延ばせる訳ですから、こんな利便性の高い切符はないと言えるでしょう。

f:id:ekilog:20101229180617j:image


f:id:ekilog:20101229180931j:image

小諸と違い、上田は大きく様変わりしました。新幹線効果というのもあるかも知れませんが、空気感という点でも明らかな相違を感じます。端的には「町が元気」ということが言えそうです。

新幹線は地上改札、しなの鉄道上田電鉄の改札は上階にあって、連絡が楽々という構造にも感心しました。ローカル私鉄と言っても侮れない訳ですが、ひと足ホームに入ればたちまちローカル感に包まれます。15:02に乗った車両(→参考)はこの通り、東急でおなじみの1000系ですが、二両編成ということもあって、やはりローカルな感じ。扉は自分で開ける、というところがまたポイントです。

f:id:ekilog:20101229180728j:image

電網浮遊都市アルファポリス「blog」部門に登録中。週に一度のクリック、または「エッセイ・ブログ大賞」(12/1〜31開催)への投票、よろしくお願いします。  鉄道コム > 鉄道ブログ  「全国鉄道駅名一覧2010」発行しました

2010-12-28 中込

#2531 中込(2010.12.25)

2010年の新規乗り降りは羽田空港の国際線新駅(#2529#2530)でおしまいかと思っていたら、思いがけず「ウィークエンドパス」を使う機会を得、本年最後の週末を鉄旅で過ごすことになりました。当然、通算の乗降駅数もさらに上積み。ありがたい限りです。(「何故ウィークエンドパス?」という話はまた追い追い)

ホリデー快速で新宿を出て、立川高尾と乗り換えて、小淵沢に11時過ぎに到着。11:19発の小海線に揺られ、ひたすら終点の小諸に向かいました。

小雪舞う中を走り、清里野辺山と進むにつれ、積雪量は増えていきましたが、クリスマス寒波云々と報じられていた割には大雪ということもなく、野辺山から先、つまり標高が下がるに従い、雪は見当たらなくなり、八千穂辺りからは晴れたり曇ったり(途中、小海近辺で多少降雪があった程度)でした。

佐久の盆地に入ってからはすっかり晴れ渡り、いい意味で予報に裏切られました。そして12:58、定刻通り中込に到着。停車時間3分というのはわかっていたので、すかさず改札を抜け、外観を撮影し、戻りました。

f:id:ekilog:20101227212020j:image

空も青なら、駅舎の駅名標示も青。偶然にも同じような色合いで、撮りながらハッとしたのは言うまでもありません。極めて短時間の駅舎探訪でしたが、この一枚のため、と言えばそれで十分通用しそう。「降りられる時はとにかく外へ」の意義を改めて実感したのでした。

f:id:ekilog:20101227212055j:image

↑ 発車時刻は13:01・・・時計の針はもうすぐ13時ちょうど!


f:id:ekilog:20101227212151j:image

電網浮遊都市アルファポリス「blog」部門に登録中。週に一度のクリック、または「エッセイ・ブログ大賞」(12/1〜31開催)への投票、よろしくお願いします。  鉄道コム > 鉄道ブログ  「全国鉄道駅名一覧2010」発行しました

2010-12-22 鉄道博物館

#2375 鉄道博物館(2008.01.27)

*12月というのは新たな乗り降りがそれほど多くない月なので、過去の記録を遡ってもこれといったのがありません。なので今回は1月から持ってくることにします。(間延びしてしまい、失礼しました。)

鉄道博物館は、開館して3カ月余り経ってから行きました。この地にこれができなければ訪れることはなかったであろう鉄道博物館駅。ニューシャトルには、2004年の埼玉県民の日(11月14日)に一日乗車券(400円)を使って乗り降りを試みましたが、大成駅(当時)では下車しなかったので、この日が初下車となりました。

f:id:ekilog:20101221215634j:image


f:id:ekilog:20101221215727j:image

2008年1月下旬は「Suicaまつり」開催、ということでこのタイミング。クイズラリーに参加してトートバッグをもらったり、鉄博ホールで「Suicaのあゆみ展」を見物したり、退館時にはSuicaペンギンオリジナルマグネットをもらったりと正にSuicaデーとなり、上出来でした。もちろん館内もくまなく見学し、4時間ほど過ごしました。入館料1,000円、お安いものだと思います。

f:id:ekilog:20101221215820j:image

電網浮遊都市アルファポリス「blog」部門に登録中。週に一度のクリック、または「エッセイ・ブログ大賞」(12/1〜31開催)への投票、よろしくお願いします。  鉄道コム > 鉄道ブログ  「全国鉄道駅名一覧2010」発行しました

2010-12-15 南茨木

#2208 南茨木(2004.12.05)

阪急堺筋線直通35周年記念乗車券」を使っての小旅行、阪急ラストの降車は南茨木でした。ここから大阪モノレールに乗り換えて、伊丹空港に向かい、羽田へ、という行程です。

あいにく阪急南茨木駅の撮影記録はなく、モノレール南茨木駅を撮った一枚もパッとしなかったので、2008年11月30日*1の「スルッとKANSAI」旅での写真から持ってきました。

f:id:ekilog:20101214223626j:image


f:id:ekilog:20101214223706j:image

大阪モノレールに乗ったのは、この時が二度目でしたが、蛍池から東は初めてでした。途中、大阪キタと思しき高層建築を遠くに望む大展望が広がり、固唾を呑んだのを憶えています。大阪の絶景スポットの一つと言っていいでしょう。記念乗車券ではモノレールは乗れないため、南茨木から大阪空港までの420円は別に払いましたが、この展望を楽しめるならお安いものだと思います。

f:id:ekilog:20101214224418j:image

電網浮遊都市アルファポリス「blog」部門に登録中。週に一度のクリック、または「エッセイ・ブログ大賞」(12/1〜31開催)への投票、よろしくお願いします。  鉄道コム > 鉄道ブログ  「全国鉄道駅名一覧2010」発行しました

*1#2407西院(嵐電)と#2408の今津(阪急)の間には、実は大阪モノレールが挟まっていたのでした。[西院(阪急)〜南茨木蛍池宝塚西宮北口〜今津]という次第。今津までの各駅は、いずれも乗降済みだった訳です。

2010-12-09 西院

#2205 西院(2004.12.05)

当「駅ログ」を始めて、おかげ様で一年が経ちました。一年前に載せたのが嵐電西院#2407)なら、今回はその対とも言える阪急西院です。

f:id:ekilog:20101208222615j:image


f:id:ekilog:20100825204900j:image

6年前にこの西院にやって来たのは、大阪の出張ついでに嵐山に足を延ばし、そのまた延長で、だったのですが、この時はスルッとKANSAIではなく、「阪急堺筋線直通35周年記念乗車券」(→PDF)なる乗車券を使ってのことでした。

この乗車券、1,400円ながら大阪市営の地下鉄+バスに、阪急各線(京都本線千里線嵐山線)が乗り放題というスグレモノ。大阪と嵐山京都を往復するのに加え、大阪市内の移動にも事欠かない。乗り降りにも最適な一枚だった訳です。

この日新たに乗り降りした駅は、東三国、昭和町、文の里、四天王寺前夕陽丘、谷町六、十三、淡路、桂、大宮、そして西院、さらに西京極南茨木とそれなりだったのですが、見返してみると駅ログ的に掲載可能な駅は限られていました。当時はさほど熱心に記録(撮影)していなかったのです。

その中から代表して西院。カメラを向けたのは、その標示が堂々としていたからだと思います。(読み仮名が振ってないところにも威厳を感じます。)

電網浮遊都市アルファポリス「blog」部門に登録中。週に一度のクリック、または「エッセイ・ブログ大賞」(12/1〜31開催)への投票、よろしくお願いします。  鉄道コム > 鉄道ブログ  「全国鉄道駅名一覧2010」発行しました

2010-12-05 近江神宮前

#2302 近江神宮前(2005.12.02)

さらに遡って5年前、京阪京津線の旅から近江神宮前です。「湖都古都おおつ1dayきっぷ」(500円)を手に入れて、天智天皇山科陵、近江大津宮錦織遺跡、穴生衆積み石垣、日吉馬場に日吉大社と沿線を巡りました。

f:id:ekilog:20101204235254j:image


f:id:ekilog:20101204235357j:image

乗り降りも多かった訳ですが、意外なことにこの日新たに下車した駅は、御陵とこの近江神宮前のみ。駅の記録というよりも、車庫の記録?になってますが、「駅ログ」の自覚がなかった当時としては貴重な一枚です。

電網浮遊都市アルファポリス「blog」部門に登録中。週に一度のクリック、または「エッセイ・ブログ大賞」(12/1〜31開催)への投票、よろしくお願いします。  鉄道コム > 鉄道ブログ  「全国鉄道駅名一覧2010」発行しました

2010-12-01 畝傍御陵前&八木西口

#2413+2414 畝傍御陵前&八木西口(2008.12.01)

#2412大江橋の続きの2駅、ようやくの掲載です。ちょうど2年前になります。

スルッとKANSAIの3dayの最終日は、京都から帰京する日でもあったので、往復しやすいように近鉄京都線を軸に、無理のない範囲で南下して京都に戻ることにしました。思いついたのは橿原神宮今井町。てっきり橿原神宮前と大和八木でいいものと思っていたら、思いがけずそれぞれの隣駅が最寄ということがわかり、駅数を増やす上でも好都合な旅となりました。

畝傍御陵前からは橿原公苑を経由して橿原神宮へ。八木西口からはJR桜井線や飛鳥川を越えて今井町へ。いずれも1時間前後の滞在と短めではありましたが、満喫はできました。

f:id:ekilog:20101130230907j:image


f:id:ekilog:20101130231045j:image


f:id:ekilog:20101130230951j:image


f:id:ekilog:20101130231152j:image

本数は少なくはないので、例えば田原本近鉄郡山で次が来るまでブラブラするという手もあったと思いますが、行った先でそれなりに過ごすというのが旅の姿というものでしょう。かくして、この日の新たな乗降駅はこの2つのみ、と相成りました。

★これを以って、#2394から最新の#2530までがつながりました。(→目次参照) あとは、新たな乗り降りを載せるか、#2393以前でまだ載せていない記録を綴るかです。引き続き、お楽しみに。

電網浮遊都市アルファポリス「blog」部門に登録中。週に一度のクリック、または「エッセイ・ブログ大賞」(12/1〜31開催)への投票、よろしくお願いします。  鉄道コム > 鉄道ブログ  「全国鉄道駅名一覧2010」発行しました