Hatena::ブログ(Diary)

乗り降り記録ブログ[駅ログ] このページをアンテナに追加 RSSフィード

2013-11-17 五十鈴川

#2794 五十鈴川(2013.10.06)

この日のテーマは、近鉄の3つの支線を往復することの他にもう一つ、新しい観光列車を見物・撮影する、というのがありました。その名は「つどい」。前日の10月5日にデビューしたばかりで、前評判も上々。運行開始記念入場券は、発売初日に早々に売り切れてしまったとか。伊勢志摩地域の観光客向けということで、運転区間は賢島伊勢市と限定的、かつ運転日・本数も限られているため、予め計画を立てて臨む必要があります。鈴鹿線、内部線、八王子線の後、時間を見計らいながら南に移動していったのは、この「つどい」に合わせてのもの。我ながらうまく組んだものだと思います。

白子11:14発で、あとはひたすら終点まで。当初は伊勢市で降りて、12:20発の「つどい」を見送るつもりだったのですが、通常は宇治山田止まりの急行が特別に五十鈴川まで延長運転する日に当たったとなれば話は変わります。未乗降の駅となれば尚更で、とにかく先に五十鈴川まで行って、後から来る「つどい」を待つというプランに変更です。五十鈴川には、12:08着。「つどい」が来るのは12:30なので、かなり余裕があります。駅からそう遠くない場所にある月読宮に行って戻ってくるのも可能だった、と思われます。

予期せぬ事態は、12時過ぎに起こりました。何となく不調だったデジカメ宇治山田を過ぎた辺りから、いよいよおかしくなり、「レンズエラー」だ何だで動かなくなってしまったのです。五十鈴川に着いてもなお回復せず、当然のことながら乗って来た急行列車も撮影できなければ、改札を出てからもなおNG。過去に試した対処方法も利かず、デジカメを手にただ無為に駅前で時間を費やすばかりという状況でした。(撮りたいものが撮れない…旅行者にとってはツライの一言です)

半ば諦めつつ、とにかく見物だけでもということでホームに戻り、待つこと数分。遠くから「つどい」が見え始めた時、奇跡は起きました。出っ張ったままのレンズを無理に押したところ、反発するように動き出し、ディスプレイが復活! 撮影できることを確認し、その回復後2枚目がこの写真…「つどい」の晴れ姿を何とか収めることができたという訳です。(ピントが合っていないのは、まだ本調子でないことの証し?)

f:id:ekilog:20131116232800j:image

3両編成のうち、間近に車内を見ることができたのは中間の「イベントスペース」車両。あれこれ趣向が凝らされているのはわかりましたが、回復したてのデジカメを気遣いながらだったため、ハッキリとは覚えておらず、気付けば発車〜といった具合でした。不調ながらも本番ではちゃんと動いてくれたため、「つどい」の写真を何枚か手に入れることができた訳ですが、これは単なる偶然なのか、その車両の持つパワーなのか、伊勢ならではの神業のようなものなのか、いろいろ考えられそうです。運が向いていた、ということだけは確かだと思います。

「つどい」を見送ったところで、ようやく駅舎、駅前などを撮影。一転してあわただしい感じになりましたが、時間的には予定通り。12:38発の白塚行きで、ひとまず宇治山田に向かいました。

f:id:ekilog:20131116232914j:image


f:id:ekilog:20131116232936j:image

alphapolis ranking banner 《鉄道系短編小説「二人のPartiton」用》 alphapolis ranking banner 《鉄道系短編小説「海線丘線」用》 [駅ログ]電網浮遊都市アルファポリス「blog」部門に登録中 *週に一度のクリック、よろしくお願いします。 鉄道コム > 鉄道ブログ