Hatena::ブログ(Diary)

乗り降り記録ブログ[駅ログ] このページをアンテナに追加 RSSフィード

2014-03-03 赤岩口&運動公園前

#2841+2842 赤岩口&運動公園前(2014.01.05)

2010年8月の市内線の旅では来ることができなかった2つの終点、赤岩口と運動公園前を訪ねるのが今回の重要テーマ。まずは赤岩口の方にやって来た訳ですが、着いたのが17:24となると、明るさ残るギリギリの時間で、あれこれ撮るには厳しい状況でした。市電の日イベントなどが行われる赤岩口車庫の方もクッキリとは写せず、目視でも何の車両が停まっているのかがわからない有様。そうこうしているうちに、乗って来た電車が折り返す時間(17:26発)になってしまい、やむなく赤岩口を後にしました。もちろん、車庫に近づいて、しっかり見る・撮るというのもできなくはありませんでしたが、その次だと17:40なので、さすがに暗くなってしまう・・・運動公園前までは何とか明るいうちに、という話です。

f:id:ekilog:20140302233609j:image


f:id:ekilog:20140302233644j:image

運動公園前へは、隣の井原で乗り換えればすんなり行けますが、こういう時はうまく行かないもので、井原に着いたと同時に、運動公園前行きが発ってしまう格好に。時刻表上は、もともと間に合う設定ではない*1のですが、ひと足遅かった、という感じが何とも惜しい。営業キロでは600mほどなので、とりあえず歩いてもう一つの終点に向かうことにしました。

f:id:ekilog:20140302234013j:image

当然のことながら、歩いている途中で辺りはいよいよ暗くなるし、先に行ってしまった電車も運動公園前を17:33に発車し、それを見送る感じになるしで、気分的には「嗚呼・・・(脱力状態)」。しかもあと数分早ければ、その17:33に乗れた可能性があったとなれば尚更です。当の岩田運動公園も暗い中ではよく見えないし、他に何をするでもないので、ここで過ごした時間(10分ほどでしたが)長く感じました。せめてもの救いは、路面の線路が正にここで終わり、というのをしかと撮れたことでしょう。何はともあれ、17:46発に乗り、駅前方面に戻ります。路線の乗車という点では、これで完乗です。

f:id:ekilog:20140302234058j:image

alphapolis ranking banner 《鉄道系短編小説「二人のPartiton」用》 alphapolis ranking banner 《鉄道系短編小説「海線丘線」用》 [駅ログ]電網浮遊都市アルファポリス「blog」部門に登録中 *週に一度のクリック、よろしくお願いします。 鉄道コム > 鉄道ブログ

*1:赤岩口発の井原着は17:28で、運動公園前行きの井原発は17:26でした。