Hatena::ブログ(Diary)

乗り降り記録ブログ[駅ログ] このページをアンテナに追加 RSSフィード

2014-04-15 松風町

#2867 松風町(2014.04.05)

千歳町から松風町というのは、おめでたい席で出てきそうな広間の名称をつないでいるようで、快いものです。12:50に松風町で下車し、しばらく市電に沿って歩いていると、駒場車庫前で見かけた「貸切」車両、812号が通り過ぎて行ったので、これも何かの縁というか、縁起の良さを感じました。そして、その後を追うように、やはり車庫で連なっていた530号も登場。すると、函館駅前から松風町に向かって、新型の9600形「らっくる」が現われ、新旧車両がすれ違う場面も見ることができました。松風町で降りたタイミング、なかなか絶妙だったようです。

f:id:ekilog:20140414234655j:image


f:id:ekilog:20140414234716j:image


f:id:ekilog:20140414234956j:image

↑ まずは800形812号


↓ 続いて500形530号

f:id:ekilog:20140414235016j:image

530号を見送り、駅前のホテルに荷物を預けに向かう途中のことです。急に雪模様になり、時に風が強く吹き始め、大いにあわてました。函館とは言え、4月とは思えぬ天候、そして寒さ。体感としては冬の某ですが、暦の上では「春の嵐」ということになるのでしょう。そんな嵐(=吹雪)の猛威に遭う前に、ホテルに入ることができたのでよかったものの、天気の急変で身動きが取りにくくなり、お昼を食べる時間と函館駅で過ごす時間を確保するのが精一杯。函館を14:03に出るのは決まっていたので、それまでの間に市電でさらにどこかへ、というのは断念せざるを得ませんでした。(市電の続きは、再び函館に戻ってきてから。時間が時間だったので、何とか乗れた、という感じでした。)

alphapolis ranking banner 《鉄道系短編小説「二人のPartiton」用》 alphapolis ranking banner 《鉄道系短編小説「海線丘線」用》 [駅ログ]電網浮遊都市アルファポリス「blog」部門に登録中 *週に一度のクリック、よろしくお願いします。 鉄道コム > 鉄道ブログ