Hatena::ブログ(Diary)

乗り降り記録ブログ[駅ログ] このページをアンテナに追加 RSSフィード

2014-09-13 長野原草津口

#2890 長野原草津口(2014.09.06)

川原湯温泉を12:08に出て、次の長野原草津口(終点)へ。この区間、現在は営業キロで5.9kmですが、新・川原湯温泉からだと5.0kmになるんだとか。とにかく、その5.9km(厳密には、新設線との付け替え部分まで)は、9/24まで。今回が見納め・乗り納めになります。

吾妻川沿いの緑豊かな景観をいろいろと眺めたり撮ったりしているうちに、新設線の「第三吾妻川橋梁」が視界に入ってきました。橋梁から続く新しい高架橋が近づき、付け替え部分が現われると、ゆっくりと終着駅へ。12:15、長野原草津口に到着です。

f:id:ekilog:20140913000240j:image

↑ 到着後も発車前も同じ構図の115系(これは発車前に撮影)


↓ 駅の外に出たのは到着から15分後

f:id:ekilog:20140913000726j:image

この後は、万座・鹿沢口方面へは行かず、長野原草津口で折り返し。乗って来た115系に再び乗ることになります。13:05発なので、滞在時間は50分。時間的にかなり余裕がありましたが、ホームや駅構内でゆったり過ごし、当の「第三吾妻川橋梁」下までの往復で、ちょうどいいくらいに。ホームに帰ってきたのは、発車10分前でした。

f:id:ekilog:20140913001113j:image

↑ 特急「草津1号」が到着(12:32着)。右奥は「第三吾妻川橋梁」。


↓ 近づき過ぎると上手く撮れないのがこの橋梁。「バスケットハンドル型」と呼ばれる構造が一つの特徴。

f:id:ekilog:20140913001714j:image


f:id:ekilog:20140913002206j:image

↑ ホームの端から撮った付け替え部分。右が既設線(〜9/24)、左が新設線(10/1〜)。


↓ 手前の国道145号線、右に架かる低い位置の橋もいずれは水没。長大な橋は、不動大橋(第二湖面橋)。

f:id:ekilog:20140913002908j:image

alphapolis ranking banner 《鉄道系短編小説「二人のPartiton」用》 alphapolis ranking banner 《鉄道系短編小説「海線丘線」用》 [駅ログ]電網浮遊都市アルファポリス「blog」部門に登録中 *週に一度のクリック、よろしくお願いします。 鉄道コム > 鉄道ブログ

Connection: close