Hatena::ブログ(Diary)

乗り降り記録ブログ[駅ログ] このページをアンテナに追加 RSSフィード

2014-09-21 富士山下&天王宿

#2893+2894 富士山下&天王宿(2014.09.06)

わたらせ渓谷鐵道の下新田からは、上毛電気鉄道の2つの駅に徒歩でアクセスできます。天王宿と富士山下です。

どちらか一つというのでは面白くないので、両方ともというのがこういう時の基本。富士山下15:49発→天王宿15:51着−16:02発→西桐生16:07着という行ったり来たりパターンで訪ねることにしました。

f:id:ekilog:20140920201842j:image

下新田から寄り道しながら歩くこと20分。富士山下駅と、正しく「富士山」の下に来ました。駅は、GoogleのCMで出たこともあって、知名度が上がった訳ですが、この時は特に遠来の客も居らず、当の富士山の方も人影はありませんでした。せっかく来たので、山頂をめざしましたが、中腹まで登ったところで、蚊が出現し、断念。登山に充てる時間が余ったので、渡良瀬川上毛電鉄の橋梁(→参考を眺めるなどして過ごしました。山の下にある駅、かつ、川に面した駅でもあるのが、富士山下です。

f:id:ekilog:20140920202624j:image

↑ 渡良瀬川橋梁に差し掛かる「ロイヤルブルー」編成


↓ 「ロイヤルブルー」@天王宿

f:id:ekilog:20140920202944j:image

見どころが多い富士山下と比べ、めぼしいものが駅周辺にあまりないのが天王宿。ただし、少し歩けば、前橋地方検察庁前橋地方裁判所のほか、各種機関が集まる合同庁舎もあり、ちょっとした中心都市の趣に。足を運んでもよかったのですが、後の行程のこともあり、いつもの降りて乗ってレベルで引き返しました。

f:id:ekilog:20140920203227j:image

↑ 「ジュエルピンク」に乗って西桐生へ


↓ 車中から撮った富士山下駅富士山(後方の丘)

f:id:ekilog:20140920203548j:image

alphapolis ranking banner 《鉄道系短編小説「二人のPartiton」用》 alphapolis ranking banner 《鉄道系短編小説「海線丘線」用》 [駅ログ]電網浮遊都市アルファポリス「blog」部門に登録中 *週に一度のクリック、よろしくお願いします。 鉄道コム > 鉄道ブログ