Hatena::ブログ(Diary)

乗り降り記録ブログ[駅ログ] このページをアンテナに追加 RSSフィード

2015-04-24 高根木戸

#2978 高根木戸(2015.04.18)

新京成線全24駅、降り乗りのラストは高根木戸になりました。着いたのは16:11。駅前にイオン高根木戸店があり、時間を過ごすには打ってつけな訳ですが、つい長居してしまい、次の次の列車に乗ることに。時刻表通りなら16:31発のところ、なぜか数分遅れ。高根木戸での滞在時間は、他の駅よりもさらに長めと相成りました。何はともあれ、完結です。

f:id:ekilog:20150424002643j:image


f:id:ekilog:20150424002727j:image


f:id:ekilog:20150424002850j:image

「乗りトク!さくら満開おでかけきっぷ」のおかげで、新京成線の未乗降駅を晴れてクリアすることができました。一日乗車券でこれをやろうとすると結構大変だったりしますが、3日分使えるということで、9駅を3回に分けて臨むことができたのがまたよかったと思います。津田沼や松戸にまずアクセスしないといけないという点では負担感はありますが、着いてしまえばあとは楽なものです。新京成線全線開通60周年*1という節目にあたったのも何かのご縁でしょう。総じて、いい経験ができました。

首都圏の大手私鉄のうち、未乗降駅が残っているのは、東武、西武、京成相鉄の4社。相鉄はあと3駅なので、今度の連休あたりで早々に達成したいものだと思います。

alphapolis ranking banner 《鉄道系短編小説「二人のPartiton」用》 alphapolis ranking banner 《鉄道系短編小説「海線丘線」用》 [駅ログ]電網浮遊都市アルファポリス「blog」部門に登録中 *週に一度のクリック、よろしくお願いします。 鉄道コム > 鉄道ブログ

*1:4月11日に運転開始した「全線開通60周年記念ヘッドマーク」つきの編成には、あいにくお目にかかれませんでしたが...

2015-04-21 滝不動

#2977 滝不動(2015.04.18)

新京成線「乗りトク!さくら満開おでかけきっぷ」の旅、3回目をご紹介します。きっぷの有効期間は19日までということで、その前日、4月18日に行ってきました。

1回目は新津田沼、2回目は松戸からのスタートでしたが、今回は京成津田沼京成本線の特急でやって来て、一度改札を出た後、有人改札できっぷに日付をもらい、出発です。

京成津田沼15:39発で、15分ほど乗車。滝不動に着きました。駅名の由来である「御瀧不動尊」は結構離れているため、何らかのお目当てが他になければ、訪れることはあまりないであろう、そんな駅です。駅の近くには、佐久間牧場というのがあり、知っていれば立ち寄ったと思いますが、駅周辺を少し歩いた程度では気が付かない立地。この日はご縁がありませんでした。

f:id:ekilog:20150420234845j:image


f:id:ekilog:20150420234926j:image


f:id:ekilog:20150420235049j:image

16:08発の千葉中央行きは、「2015年マリーンズ号」でした。これで2駅戻ります。新京成線の未乗降駅、残り1つです。

alphapolis ranking banner 《鉄道系短編小説「二人のPartiton」用》 alphapolis ranking banner 《鉄道系短編小説「海線丘線」用》 [駅ログ]電網浮遊都市アルファポリス「blog」部門に登録中 *週に一度のクリック、よろしくお願いします。 鉄道コム > 鉄道ブログ

2015-04-18 境港

#2976 境港(2015.04.09)

境線全線の営業キロは約18km。米子〜境港を約40分で結びます。米子9:44発で、境港到着は10:25。お店も始まり出す時間で、よくできたダイヤ設定だと思います。

f:id:ekilog:20150417233720j:image


f:id:ekilog:20150417233958j:image:w450

↑ 早速、ねずみ男が登場(ホームから撮影)


f:id:ekilog:20150417234150j:image

境線が初めてなら、終点の境港ももちろん初めて。ホームや駅舎を時間をかけて見物してから、ようやく街へ。定番の水木しげるロードを往復し、その途中で昼食をとり、他にも気になる店に寄ったり、妖怪ブロンズ像を撮ったりといった具合で過ごしていたら、予定通りの2時間コースになっていました。

往路で乗った「ねこ娘列車」は、復路でもお世話になることに。境港12:30発−米子13:10着でした。

f:id:ekilog:20150417234300j:image

alphapolis ranking banner 《鉄道系短編小説「二人のPartiton」用》 alphapolis ranking banner 《鉄道系短編小説「海線丘線」用》 [駅ログ]電網浮遊都市アルファポリス「blog」部門に登録中 *週に一度のクリック、よろしくお願いします。 鉄道コム > 鉄道ブログ

2015-04-15 米子

#2975 米子(2015.04.09)

新京成線シリーズの途中ですが、4月にちょっとした長距離旅行をする機会ができ、その記録を間にはさむことになりました。

半年前の「サンライズ瀬戸」の一件は、栗林の回(#2896)で記した通り。やむなく乗車できなかったため、不通や運休になる要素が少ない季節にぜひ、と考えていました。今回は「サンライズ瀬戸」ではなく、「サンライズ出雲」の旅を計画。ようやく実現したという訳です。出発日は4月8日(水)。22時に東京を発ち、翌9時過ぎに米子に着きました。この先、安来、松江宍道出雲市と降りる駅の選択肢はいくつかありましたが、境線に乗るという目的もあり、米子で下車。過去に二度通った駅ですが、改札を出たのは今回が初めてです。鳥取県鉄道駅で乗り降りしたのは、これまで鳥取駅のみだったので、これで同県2駅目。まだまだです。

f:id:ekilog:20150415000659j:image

お世話になった「サンライズ出雲」を見送ったり、停車中の気動車(キハ47形など)を見物したりで、外に出たのは着いてから10分後。駅前のだんだん広場などを散策した後、早々に0番線に向かいます。0番=霊番と読み替え、「ゲゲゲの鬼太郎」の趣向に合わせているのだとか。とにかくここが境線の発着番線です。加えて、境線米子駅の愛称は、「ねずみ男」駅。ホームには、ねずみ男をはじめ、鬼太郎ワールドが展開し、見たり撮ったりであわただしくなります。

境港行きは9:44発。乗車したのは「ねこ娘列車」でした。いろいろな意味で、見た目以上にインパクトがある車両です。

f:id:ekilog:20150415000807j:image


f:id:ekilog:20150415000831j:image

↑ 米子駅は4/9と4/11に利用(この写真は4/11の15時台に撮影)

alphapolis ranking banner 《鉄道系短編小説「二人のPartiton」用》 alphapolis ranking banner 《鉄道系短編小説「海線丘線」用》 [駅ログ]電網浮遊都市アルファポリス「blog」部門に登録中 *週に一度のクリック、よろしくお願いします。 鉄道コム > 鉄道ブログ

2015-04-07 上本郷

#2974 上本郷(2015.03.29)

新京成線「乗りトク!さくら満開おでかけきっぷ」3日分のうちの2日目・・・未乗降駅のラストは上本郷です。松戸新田からは1分で着きますが、松戸からは3分と離れており、その距離のためか、駅舎や駅周辺は中核駅の佇まい。駅は、「上本郷駅ビル」と一体になっており、外観も堂々たるものです。それでも一日平均の乗降人員は、新京成線の24駅中、下から数えた方が早いとのこと。わからないものです。

f:id:ekilog:20150407001400j:image


f:id:ekilog:20150407001444j:image


f:id:ekilog:20150407001506j:image

上本郷での滞在は、17:09着−19発の10分間。この日2度目の「ジェントルピンク」車両に乗って松戸に戻り、のんびり帰途につきました。

新京成線の未乗降駅は残り2駅。次回をお楽しみに。

alphapolis ranking banner 《鉄道系短編小説「二人のPartiton」用》 alphapolis ranking banner 《鉄道系短編小説「海線丘線」用》 [駅ログ]電網浮遊都市アルファポリス「blog」部門に登録中 *週に一度のクリック、よろしくお願いします。 鉄道コム > 鉄道ブログ

2015-04-05 みのり台&松戸新田

#2972+2973 みのり台&松戸新田(2015.03.29)

新京成線の松戸と八柱の間には3つの駅があり、営業キロで1.3kmの間に3駅という分布。アクセスしやすい上に、歩いての移動も楽な駅というのは、えてして後回しになってしまうもので、この日ようやくとなりました。

まずは、八柱の隣、みのり台。元山から「ジェントルピンク」の車両に乗り、着いたのは16:47でした。駅前は至って賑やかな感じだったので、次の列車が来るまでの10分間を過ごす上では好都合。ですが、そういう駅だからこそ隣の駅まで歩いてみるというのも一興と考え、松戸新田に向かうことにしました。

f:id:ekilog:20150405003238j:image


f:id:ekilog:20150405003337j:image

途中、「ウィッシュスクエア」というオシャレな一帯を経由。デザイナーズマンションならではの佇まいで、感服しました。そんなこんなで、歩くペースが遅かったため、松戸新田に着いたのは17時過ぎ。16:58発ではなく、その次の17:08発に乗り、隣駅までの0.7kmを移動しました。

f:id:ekilog:20150405003420j:image


f:id:ekilog:20150405003708j:image

alphapolis ranking banner 《鉄道系短編小説「二人のPartiton」用》 alphapolis ranking banner 《鉄道系短編小説「海線丘線」用》 [駅ログ]電網浮遊都市アルファポリス「blog」部門に登録中 *週に一度のクリック、よろしくお願いします。 鉄道コム > 鉄道ブログ

2015-04-03 元山

#2971 元山(2015.03.29)

京成バスの「松05」系統で、起点から終点まで乗車。所要時間は35分といったところです。松戸駅に着いたのは15時半頃でしたが、アトレ松戸をひととおり見て回るなどしたため、新京成線松戸駅構内に入ったのは15:50過ぎ。次の列車は、16時ちょうど発の千葉中央行きです。

折りよく、3月27日に運転を開始した千葉ロッテマリーンズのラッピング電車「2015年マリーンズ号」だったので、車両の先頭や側面など、発車前にいろいろと撮ることができました。ロッテのファンという訳ではないですが、鉄道ファンである以上は、この手の期間限定車両は押さえておきたいものです。

さて、新京成線の未乗降駅は、この時点で残り6駅。この日は多少余裕があったので、4駅の降り乗りをすることにしました。まず向かったのは、元山です。意図的に設けたカーブ区間が随所にある新京成線は、松戸から元山の間も大なり小なりのカーブがあり、直線距離で7kmに満たない両地点を営業キロで8.7km、13分かけて走ります。この間、途中に6つの駅がありますが、駅数がある割には同じ松戸市内に収まっているというのがまた特徴的。元山の隣のくぬぎ山がようやく鎌ヶ谷市ということなので、結果的に3月29日の新京成線での移動は、松戸市内で完結ということになりました。

f:id:ekilog:20150403001845j:image


f:id:ekilog:20150403002012j:image

元山には16:13に着いたので、素直なパターンで行くなら、16:19発で松戸方面に戻ることになりますが、単に引き返すのは面白味がないので、ひと駅歩くことにしました。めざすは五香です。過去の乗降記録によると、五香は一応改札を通っていることになっているのですが、定かな記憶がないため、ここでしっかりこなしておきたい、というのもありました。そんなこんなで徒歩での移動時間は20分ほど。五香から乗った松戸行きは16:41発でした。

f:id:ekilog:20150403002033j:image

alphapolis ranking banner 《鉄道系短編小説「二人のPartiton」用》 alphapolis ranking banner 《鉄道系短編小説「海線丘線」用》 [駅ログ]電網浮遊都市アルファポリス「blog」部門に登録中 *週に一度のクリック、よろしくお願いします。 鉄道コム > 鉄道ブログ

2015-04-01 八潮

#2970 八潮(2015.03.29)

つくばエクスプレスの20駅、ラストの1駅は八潮。埼玉県八潮市の唯一の鉄道駅です。着いたのは14:46でした。

f:id:ekilog:20150331234340j:image

↑ 八潮駅駅ナンバリングは「08」


f:id:ekilog:20150331234618j:image

八潮から新京成線の駅に出るには、バスで松戸に行くのが早道だろうということで、予め調べておいた京成バスに乗車。14:54発なので、タイミングとしてはよかったのですが、これでは駅周辺の探索はできません。バスの本数がある程度あればよかったのですが、次は東武セントラルバスの15:37発、京成バスだと15:54まで待たないといけません。

駅前には、フレスポ八潮など商業施設がありましたが、この日は断念。バス後方から八潮駅を眺めつつ、予定通り松戸駅に向かったのでした。

alphapolis ranking banner 《鉄道系短編小説「二人のPartiton」用》 alphapolis ranking banner 《鉄道系短編小説「海線丘線」用》 [駅ログ]電網浮遊都市アルファポリス「blog」部門に登録中 *週に一度のクリック、よろしくお願いします。 鉄道コム > 鉄道ブログ