Hatena::ブログ(Diary)

乗り降り記録ブログ[駅ログ] このページをアンテナに追加 RSSフィード

2015-09-10 大志田

#3004 大志田(2015.08.29)

駅をめぐるための臨時列車というのがあって、その一つに、北上〜盛岡宮古を往復する快速「もくぞう驛舎号」があります。以前から気になっていたので、何とか機会を設けてトライしようと考えていたところ、今夏に実現する運びとなりました。運転日は、8月29日(土)限り。こういう時ばかりは、新幹線を使うしかありません。E5系「はやぶさ」1号で、盛岡に着いたのが8:45。「もくぞう驛舎号」は、盛岡9:10着−21発なので、乗り継ぎとしてはいい方でしょう。

「もくぞう驛舎号」という名前からすると、一般形または国鉄色気動車がピッタリな感じですが、使用車両は、ジョイフルトレイン「Kenji」。長い時間をかけて走るので、多少なりともくつろげる車両を、ということなのでしょう。おかげで快適に過ごすことができました。その「Kenji」に乗るのも初めてなら、山田線盛岡宮古の乗車も初。途中停車駅で降り乗りすれば、どこも初めてになります。

駅めぐりがテーマではあるのですが、いろいろと制約があるようで、停車時間を長くとっている駅は3駅のみ。いずれも初めての駅ではあるものの、新たな降り乗りを増やすという点では、物足りない感もあります*1

f:id:ekilog:20150910002103j:image

↑ 大志田駅停車中の「もくぞう驛舎号」

山田線の沿革などを聞きながら20分ほど乗っていると、いつしか深い山間に入っていて、絶境と呼べる風景になりました。そして、9:44に大志田に到着。往路では10:01発なので、17分あります。かつては、スイッチバックが使われていた駅で、その線路がまだ残っているため、それを見に行ったり、待合所にある時刻表やノートを見たりと、ある程度の過ごし方はできますが、やはり少々持て余す感じ。いわゆる秘境駅での降り乗りというのはあまり経験がないため、時間の使い方が甘いのだと思います。発車までの数分間は、車内の見学に充てることにしました。

f:id:ekilog:20150910002234j:image

↑ 左が山田線(本線)、右がスイッチバック廃線


↓ 大志田駅時刻表・・・ここまで本数が少ない時刻表を見るのも初めて

f:id:ekilog:20150910002436j:image

alphapolis ranking banner 《鉄道系短編小説「二人のPartiton」用》 alphapolis ranking banner 《鉄道系短編小説「海線丘線」用》 [駅ログ]電網浮遊都市アルファポリス「blog」部門に登録中 *週に一度のクリック、よろしくお願いします。 鉄道コム > 鉄道ブログ

*1:例えば、上米内と茂市で、5分ずつでも停車時間をとってもらえれば...と