Hatena::ブログ(Diary)

乗り降り記録ブログ[駅ログ] このページをアンテナに追加 RSSフィード

2016-09-21 石狩月形

#3130 石狩月形(2016.09.05)

石狩当別7:45発の気動車に揺られること30分余り。月形町の中心駅であり、駅員配置駅でもある石狩月形に着きました。北海道医療大学で学生が降り、ここ石狩月形では主に高校生が下車。残るは沿線住民と思われる方々(少数)、自身を含む鉄道旅行者(大半)となりました。気動車1両の座席がほぼ埋まるくらいの人数が残っている感じでしたが、長めの停車時間があったため、大方が下車。車内は閑散となり、ホームや駅前が俄かに賑わう状態になりました。

f:id:ekilog:20160921000244j:image


f:id:ekilog:20160921000329j:image


f:id:ekilog:20160921000413j:image

↑ ストーブに小上がり...趣ある待合室

新十津川行きの列車は、8:17着−40発。20分以上あります。お店の一つ二つあれば、時間的にはちょうどいいところですが、これといったものはなく、持て余し気味。駅舎を見物し、駅周辺を散策し、それでもまだ時間があったので、早めにホームに戻りました。すると、遠くから上り列車が姿を見せ、あれよあれよで撮影会の様相に。浦臼発・石狩当別行きの列車*1でした。

f:id:ekilog:20160921000634j:image


f:id:ekilog:20160921000731j:image

停車時間が長かったのは、この列車交換のため。普通に考えれば、あって当たり前なのですが、本数が限りなく少ない区間なので、意表を衝かれた恰好です。札沼線非電化区間で、上りと下りが並ぶシーン・・・貴重だと思います。

小雨がパラつく中、車内に入り、程よい席を確保。石狩当別から石狩月形までは、後部の扉付近で「立席」だったので、ありがたく腰掛けさせてもらいました。

alphapolis ranking banner 《鉄道系短編小説「二人のPartiton」用》 alphapolis ranking banner 《鉄道系短編小説「海線丘線」用》 [駅ログ]電網浮遊都市アルファポリス「blog」部門に登録中 *週に一度のクリック、よろしくお願いします。 鉄道コム > 鉄道ブログ

*1:石狩月形は、8:34着−50発。やはり停車時間長め。