Hatena::ブログ(Diary)

乗り降り記録ブログ[駅ログ] このページをアンテナに追加 RSSフィード

2018-09-28 魚崎&住吉(神戸新交通)

#3347+3348 魚崎&住吉(神戸新交通)(2018.08.20)

阪急阪神1dayパス」を使っての乗り降り旅、阪神電車編の次は再び阪急へ。そのつなぎとして思いついたのが、六甲ライナーでした。

阪神魚崎駅#2600)は、約7年前に来ていたものの、いつものあわただしい降り乗りのみで、駅を外から眺めることもなければ、六甲ライナーへの乗り換えも何もありませんでした。今回晴れて、阪神六甲ライナーの乗り換えが叶った訳ですが、連絡通路を移動すれば済んでしまうのが逆に悩ましいところ。それなりに急いでいたので、駅舎外観を見るなり撮るなりというのは、またもお預けとなりました。

↓ 六甲ライナー魚崎駅は、通路の窓から何とか撮影

f:id:ekilog:20180928003653j:image

14:08に着き、その移動途中で住吉方面の六甲ライナーが見えました。運転間隔がわからなかったので、次発までしばらく時間があるものと思っていたら、日中でも6分間隔という高頻度で驚くことに。駅周りを見学する余裕はなく、取り急ぎ運賃のみ確認し、Suicaで入場しました。ホームで待つこと数分。定刻通り、14:17発が来ました。六甲ライナー、これが初乗車です。

f:id:ekilog:20180928003814j:image


↓ 間もなく住吉到着

f:id:ekilog:20180928004100j:image

車内は適度に空いていて、幸運にも先頭部が空席だったので、そこで一区間の展望を楽しむことに。営業キロは1.2kmですが、東灘区役所付近の直角カーブなどもあって、総じてゆっくりめでした。終点の住吉到着は14:20。所要時間3分ということになりますが、体感的にはより長く感じました。広い視界で見どころが多く、充実した時間だったためでしょう。

f:id:ekilog:20180928004235j:image


f:id:ekilog:20180928004357j:image

↑ 住吉〜魚崎は210円。マリンパークは250円。

次の乗り換えも出たとこ勝負だったので、ホーム、駅名標、券売機など最低限の要素を撮って、足早に出場。改札基準の入出場で言えば、10分ほどの短時間でしたが、六甲ライナーの乗り初め、これにて無事達成*1です。

alphapolis ranking banner 《鉄道系短編小説「二人のPartiton」用》 alphapolis ranking banner 《鉄道系短編小説「海線丘線」用》 [駅ログ]電網浮遊都市アルファポリス「blog」部門に登録中 *週に一度のクリック、よろしくお願いします。 alphapolis ranking banner 《続々 東京百景》 鉄道コム > 鉄道ブログ

*1:兵庫県内の鉄道(路線として独立)で、一区間も乗ったことがないのは、北条鉄道のみとなりました。同様の観点だと、大阪府では水間鉄道京都府では嵯峨野観光鉄道が挙げられます。今後の目標です。