Hatena::ブログ(Diary)

乗り降り記録ブログ[駅ログ] このページをアンテナに追加 RSSフィード

2018-12-02 安芸

#3374 安芸(2018.11.05)

後免から先はいよいよ、土佐くろしお鉄道の「ごめん・なはり線」。初めて乗る路線です。

海が見え始めたのは15分ほど経った辺り。あかおかを過ぎるとほぼ海沿いになり、土佐湾の展望が開けます。夜須〜西分、赤野〜穴内、穴内〜球場前の3か所でトンネル区間があったり、西分〜和食では松林が続く一帯があったりしますが、そのほかは進行方向右は常にオーシャンビュー。球場前に着くまでの20分余り、楽しむことができます。この日は好天に恵まれ、午後の気温は概ね21℃台後半安芸基準→参考。日射が強いこともあって車内は暑く、夏の海を見ているようでした。(写真は、トンネルを出た後、西分に向かう途中で撮った一枚。海は近く、そして広く...の図です。)

f:id:ekilog:20181201225142j:image:w480

海から少し離れたところで、列車終点の安芸に到着。12:23着です。路線はこの先、奈半利までありますが、一旦下車することになります。一般的なローカル線だと、終点まで行く列車が来るまで長々と待つことになりそうですが、ごめん・なはり線は違いました。安芸始発の奈半利行きがきちんと設定されていたのです。

f:id:ekilog:20181201225310j:image

↑ 1番線停車中の安芸終点の列車。折り返しの運用はなく、この後は車庫へ。

営業キロ15kmを結ぶその区間運転(安芸奈半利の場合)は、早朝に2本ありますが、日中以降はこの一本限り。発車は12:34・・・安芸駅での滞在時間は10分ほどということになります。

駅舎、駅前広場、駅構内にある「ぢばさん市場」などを見て回ると、10分はあっという間。昼食用の品を何とか買い、ホームに戻りました。奈半利行きの発車がもう少し遅ければ...という想いはありますが、初めから奈半利まで行く列車に乗っていた場合は、安芸で下車することもなかったでしょうから、10分あれば十分。むしろ、“列車運用の妙”に感謝しないといけません。

↓ 駅前広場(右の像は、安芸駅のキャラクター「あきうたこちゃん」→参考

f:id:ekilog:20181201225854j:image


f:id:ekilog:20181201230350j:image

↑ 12:34発は安芸駅始発。日中時間帯の奈半利行きは(区間運転を含め)概ね1時間に1本をキープ。


↓ 下車できたおかげで、ごめん・なはり線の略歴を標すプレートもしっかりチェック。2002年開業…改めて快挙だと思います。

f:id:ekilog:20181201231224j:image

alphapolis ranking banner 《鉄道系短編小説「二人のPartiton」用》 alphapolis ranking banner 《鉄道系短編小説「海線丘線」用》 [駅ログ]電網浮遊都市アルファポリス「blog」部門に登録中 *週に一度のクリック、よろしくお願いします。 《続々 東京百景》 *週に一度のクリック、よろしくお願いします。 鉄道コム > 鉄道ブログ