Hatena::ブログ(Diary)

乗り降り記録ブログ[駅ログ] このページをアンテナに追加 RSSフィード

2018-05-14 熊川

#3293 熊川(2018.03.25)

東秋留から乗ったのはホリデー快速。何もなければ、そのまま新宿へ直行できたのですが、ラスト1駅が残っていたので、一区間限りの乗車でした。都内の未乗降駅で最後となったのは、東秋留と拝島の間にある熊川。五日市線唯一の無人駅です。カーブ区間にある片側一面の駅で、至って小振りな感じ。利用客が少ないこともあり、ホームから夕陽を眺めたり、駅の内外で記念撮影をしたり、悠長に過ごすことができました。

f:id:ekilog:20180513212604j:image


f:id:ekilog:20180513212657j:image


↓ 発車標もコンパクト

f:id:ekilog:20180513212746j:image

着いたのは17:39。次の拝島行きは18時ちょうどです。20分あれば、他にもいろいろできそうですが、結果的にあまり遠出することもなく、終了。何はともあれ、これで都内全駅達成です!

f:id:ekilog:20180513212923j:image

出生地が小田急沿線につき、初めて乗った駅、降りた駅は駅ナンバリングで言うと、OH14、OH11といったところ。都内の鉄道駅*1は、それらを起点にこれまでこまめにこなしてきた訳ですが、晴れて達成となりました。都内で今後新たな乗り降りの対象となるのは、新駅ということになります。

alphapolis ranking banner 《鉄道系短編小説「二人のPartiton」用》 alphapolis ranking banner 《鉄道系短編小説「海線丘線」用》 [駅ログ]電網浮遊都市アルファポリス「blog」部門に登録中 *週に一度のクリック、よろしくお願いします。 alphapolis ranking banner 《続々 東京百景》 鉄道コム > 鉄道ブログ

*1:自前のデータベース上の駅数は770。上野動物園の上野懸垂線(乗降済み)も加えると772です。乗降済みで廃駅になってしまった駅は、平成以降では京成線博物館動物園があります。

2018-05-12 武蔵引田&東秋留

#3291+3292 武蔵引田&東秋留(2018.03.25)

18きっぷを使っての都内の未乗降駅めぐり、いよいよラストが近づいてきました。

青梅、拝島で乗り換えて、五日市線に乗車。JRの都内の路線では、五日市線が最も乗車回数が少ないため、乗降済みの駅も少数・・・拝島を除く6駅のうち、この日まで半分が残ったままだったという訳です。

残った中から、まずめざしたのは武蔵引田。ここでは17:08着−16発で、時間的にはちょうどいい感じでした。駅前の桜をしばし観賞し、西日に照らされた畑地をホームから眺め...といった過ごし方。気分的にはローカル線の旅です。

f:id:ekilog:20180512003327j:image


f:id:ekilog:20180512003433j:image

次に向かったのは、東秋留。ここまで来ると行きつ戻りつの必要がないため、拝島方面の列車に順に乗る形で、次の列車までの間が滞在時間になります。着いたのは17:23。次は「ホリデー快速あきがわ6号」(17:37発)なので、比較的長く過ごすことができました。

f:id:ekilog:20180512003534j:image


f:id:ekilog:20180512003733j:image


f:id:ekilog:20180512003702j:image

構内は1面2線で、西端の改札を出ると、その2線それぞれに踏切があり、少し変わった構造。下り列車を降りた客は、改札を出て左(南側)に出ようとしても、その列車が去るまでは踏切で足止めされることになります。ある意味、構内踏切だと思いました。そんな具合で、当駅では駅周りの観察がメイン。ただし、踏切の都合で乗り損なうことがあってはいけないので、早めにホームに戻りました。

f:id:ekilog:20180512003920j:image

↑ 次の未乗降駅は「ホリデー快速あきがわ」で

alphapolis ranking banner 《鉄道系短編小説「二人のPartiton」用》 alphapolis ranking banner 《鉄道系短編小説「海線丘線」用》 [駅ログ]電網浮遊都市アルファポリス「blog」部門に登録中 *週に一度のクリック、よろしくお願いします。 alphapolis ranking banner 《続々 東京百景》 鉄道コム > 鉄道ブログ

2018-05-08 石神前&日向和田

#3289+3290 石神前&日向和田(2018.03.25)

宮ノ平を15:52に発ち、次の未乗降駅に着いたのは15:56。石神前です。

f:id:ekilog:20180507232752j:image


f:id:ekilog:20180507232938j:image

1面1線の簡素な駅で、駅の外にもすぐにアクセス。青梅街道も目の前です。

ここで次の列車を待って、青梅線ラスト一駅の降り乗りをする手もありましたが、めざす駅は隣の日向和田営業キロでも1kmと近いので、街道沿いに歩いて、行程を短縮することにしました。

石神前の駅名由来である石神社で一礼し、「梅の公園」などに通じる神代橋周辺の景色を眺め...といった具合でゆっくりめに歩くと、日向和田には16:15に到着。ここも1面1線の駅で、構内にはすぐに入れました。入場したという感覚はあまりなかった訳ですが、これで青梅線全駅達成です。

f:id:ekilog:20180507233135j:image


f:id:ekilog:20180507233239j:image

この日まで「吉野梅郷梅まつり*1」を開催していましたが、時間も時間なので梅の方はパス。16:18発の青梅行きに乗り、次の目的地へ向かいました。都内の未乗降駅、残すは三つです。

alphapolis ranking banner 《鉄道系短編小説「二人のPartiton」用》 alphapolis ranking banner 《鉄道系短編小説「海線丘線」用》 [駅ログ]電網浮遊都市アルファポリス「blog」部門に登録中 *週に一度のクリック、よろしくお願いします。 alphapolis ranking banner 《続々 東京百景》 鉄道コム > 鉄道ブログ

*1:2018年は2/25〜3/25の開催。最寄駅は日向和田。梅まつりにあわせて、2/24〜3/21は日向和田ホリデー快速が臨時停車。

2018-05-06 宮ノ平

#3288 宮ノ平(2018.03.25)

青梅線の未乗降駅で最も遠方だった鳩ノ巣を訪ねた後は、青梅寄りの駅へ。まず向かったのは、青梅の西隣、宮ノ平です。

到着時刻は15:39。乗って来た列車を見送っていると、隣の留置線に回送列車が入線・・・着いて早々「!」と「?」でした。(青梅始発の列車が入って来るというのは、あとで知りました。)

f:id:ekilog:20180506010736j:image


f:id:ekilog:20180506010914j:image

回送列車を眺めた後は、南側の駅舎と桜、北側や南北通路からの構内などを見物。ホームに戻ると、今度は上り通過列車との行き違いが待ってました。ホリデー快速おくたま2号です。これまたちょっとしたサプライズでした。

f:id:ekilog:20180506011152j:image

その通過を待って、下りも発車。乗ったのは、15:52発の奥多摩行きです。

alphapolis ranking banner 《鉄道系短編小説「二人のPartiton」用》 alphapolis ranking banner 《鉄道系短編小説「海線丘線」用》 [駅ログ]電網浮遊都市アルファポリス「blog」部門に登録中 *週に一度のクリック、よろしくお願いします。 alphapolis ranking banner 《続々 東京百景》 鉄道コム > 鉄道ブログ

2018-05-04 鳩ノ巣

#3287 鳩ノ巣(2018.03.25)

高尾以西の旅を終え、都内に戻った後は、いよいよ東京都にある鉄道駅の全駅乗降に向けて移動。2012年4月に12駅クリア(#2665#2676)して以来、都内の未乗降駅探訪はすっかりご無沙汰になっていたので、年度が変わる前にと、この日臨みました。

朝は予定外のスケジュールで動いていましたが、梁川の時点でプラン通りに。その先の行程は調べておいた時刻でOKゆえ、気分的にも楽な状態になりました。高尾、立川(発車は数分遅れ)青梅と乗り換えを重ね、青梅線の未乗降駅をこなしていきます。

まず向かったのは、鳩ノ巣。2012年4月の青梅線往復時には下車できなかった駅です。満を持してやって来た、そんな駅の一つ。感慨深いものがありました。

着いたのは14:57。あとは青梅方面に戻りながらの降り乗りなので、次に乗るのは15:13発の青梅行きです。長くもなく、短くもなく…ローカル駅であることを感じさせない程よい滞在時間でした。

f:id:ekilog:20180503230157j:image

趣深い駅舎もさることながら、鳩のデザインが入った駅名看板もなかなか。南側で山容を誇る城山の眺めも良好で、絵になる駅だと思いました。

f:id:ekilog:20180503230343j:image


f:id:ekilog:20180503230540j:image

2駅先は終点の奥多摩なので、山深く入って来た印象はありますが、駅の立地は海抜310m。数字だけ見れば十分高さを感じるものの、午前中に訪ねた初狩駅(約456m)と比べれば低地です。降りて乗ってに加え、上って下ってという旅になりました。

↓ 青梅行き(上り)列車で、山を下る...

f:id:ekilog:20180503230659j:image

alphapolis ranking banner 《鉄道系短編小説「二人のPartiton」用》 alphapolis ranking banner 《鉄道系短編小説「海線丘線」用》 [駅ログ]電網浮遊都市アルファポリス「blog」部門に登録中 *週に一度のクリック、よろしくお願いします。 alphapolis ranking banner 《続々 東京百景》 鉄道コム > 鉄道ブログ

2013-09-17 南千住&浅草(TX)

#2248+2249 南千住&浅草(2005.08.24)

柏から北千住を経由し、次は南千住へ。ここから再びTXに乗り、ひと駅。南千住〜浅草、2.5kmです。

f:id:ekilog:20130916231019j:image

TX南千住駅は、表向きは常磐線の駅と一体化しているものの、両線の改札は道を挟んで別々。地上〜地下の移動もあるので、乗り換えには時間がかかります。

何時に着いたのかが不明ですが、乗ったのは14:41発の秋葉原行きでした。南千住〜浅草は、都バスが通っていますが、この日からは鉄道でも移動できるようになった訳で、その時間たったの2分! 画期的ではありますが、ホームが地下4階の深さにあることと、TX浅草駅の所在地が微妙であることが悩ましいと言えます。

f:id:ekilog:20130916231110j:image

↑ TX浅草駅ホームにて


↓ 公園六区入口交差点にて(右の大きな建物がROX)

f:id:ekilog:20130916231709j:image

実際に外に出て驚いたのは、左手にはビューホテル、右手にはROXビルという状態だったこと。駅名は「浅草」で決して間違いではないですが、正確さを期すなら「浅草六区」だろうと正直思いました。

この後は、銀座線で帰途につきました。乗車駅は浅草ではなく、田原町。TX浅草駅からだと田原町の方が近いのです。

alphapolis ranking banner 《鉄道系短編小説「二人のPartiton」用》 alphapolis ranking banner 《鉄道系短編小説「海線丘線」用》 [駅ログ]電網浮遊都市アルファポリス「blog」部門に登録中 *週に一度のクリック、よろしくお願いします。 鉄道コム > 鉄道ブログ

2013-09-10 新御徒町(TX)

#2245 新御徒町(2005.08.24)

過去の乗降記録、今度は8年前に遡り、つくばエクスプレス(TX)の開業日の駅の様子をいくつか紹介します。まずは新御徒町です。

開業初日につき、起点の秋葉原から「乗り初め」するのが筋な訳ですが、この日のTX秋葉原駅は当然のことながら大行列状態になっていて、正午過ぎの時点で乗車するのに2時間とか何とか。隣の駅からならまだ何とかなるのではないか、ということで日比谷線で仲御徒町に出て、TXの新御徒町に向かったのでした。

f:id:ekilog:20130909233734j:image


f:id:ekilog:20130909233806j:image


f:id:ekilog:20130909233843j:image

新御徒町は、予想に反して至って閑散としていて、改札も楽々。12:39発の上り列車に乗車できました。1駅でしたが、これが記念すべき初TXです。

alphapolis ranking banner 《鉄道系短編小説「二人のPartiton」用》 alphapolis ranking banner 《鉄道系短編小説「海線丘線」用》 [駅ログ]電網浮遊都市アルファポリス「blog」部門に登録中 *週に一度のクリック、よろしくお願いします。 鉄道コム > 鉄道ブログ

2012-06-02 赤土小学校前

#2393 赤土小学校前(2008.06.02)

今回はちょうど4年前の日暮里・舎人ライナー編(#2383 江北 〜 #2392 熊野前)の続き、取りこぼしとなっていた赤土小学校前です。

4年前に訪れた際は、この駅だけきちんと撮影していなかったため紹介できなかった訳ですが、別の機会に「都営まるごときっぷ」を手に、熊野前から一つ乗ってやってきて、下車後は都バスで再び熊野前へ、というのを実行。今回の掲載に備えた次第です。

f:id:ekilog:20120601233412j:image


f:id:ekilog:20120601233543j:image

あいにく夜遅くだったため、外観の写真はいま一つハッキリせず、ホームの写真のみとしました。ライナー(上り方面)はご覧の通り、かなり空いてました。

[駅ログ]電網浮遊都市アルファポリス「blog」部門に登録中 *週に一度のクリック、よろしくお願いします。 「全国鉄道駅名雑学」もどうぞよろしく *こちらも週に一度のクリック、よろしくお願いします! 「全国鉄道駅名雑学 “数えてみた”」 鉄道コム > 鉄道ブログ

2012-05-15 北八王子&小宮

#2675+2676 北八王子&小宮(2012.04.15)

東福生を15:16に出て、次は北八王子へ。八高線の電化区間は過去に何度か通ってはいたものの、どうしても下車できなかったのが八王子と拝島の間の二つ、北八王子と小宮でした。アクセスはしやすいので、いつでも来れるだろうという考えの甘さと電化はされてもまだ本数は少ないという現実により、なかなか叶わなかった訳ですが、この日ようやく下車できる運びとなりました。

北八王子はいつしか精密機器系の企業集まる開けた駅になっていてビックリでした。(しかも自動改札!) 15:28着の15:41発で、10分ちょっとでしたが、企業ばかりとあっては散策も何もないのでちょうどよかったと言えます。

f:id:ekilog:20120515000407j:image


f:id:ekilog:20120515000527j:image


f:id:ekilog:20120515000908j:image

ここでも青梅線の旅同様、行って戻ってで駅を稼ぎます。小宮は15:44着の16:05発で20分ほど。北八王子と比べるとローカル感があり、谷地川まで行けば良さそうな散歩道もあることがわかりましたが、さすがにそこまでは余裕がないので、駅南側の陸橋を渡って、西口から東口に廻る程度にとどめました。

f:id:ekilog:20120515000623j:image


f:id:ekilog:20120515000747j:image


f:id:ekilog:20120506010554j:image

写真は東口の桜です。この花弁がホームに降り落ちてくる様はなかなか風流でした。

[駅ログ]電網浮遊都市アルファポリス「blog」部門に登録中 *週に一度のクリック、よろしくお願いします。 「全国鉄道駅名雑学」もどうぞよろしく *こちらも週に一度のクリック、よろしくお願いします! 「全国鉄道駅名雑学 “数えてみた”」 鉄道コム > 鉄道ブログ

2012-05-12 東福生

#2674 東福生(2012.04.15)

青梅線での未乗降駅はまだいくつかあるものの、行ったり来たりを繰り返すにも限度があるので、軍畑で青梅行きに乗って以降は、ひたすら東に進むばかり。次にめざすは八高線です。

八高線の都内の駅で、まだ乗り降りしたことがないのはこの時点で3つ。その一つが東福生だったのはある意味幸いでした。こういう時はこれしかありません。福生から歩く!です。地図で見ていて、ごく近い感じだったので決行した訳ですが、地図以上にその道程は近いものがあり、楽々の乗り継ぎ*1でした。

f:id:ekilog:20120512005208j:image


f:id:ekilog:20120512005332j:image


f:id:ekilog:20120512005237j:image

東福生はちょっと寂しい感じの駅でしたが、こうした新しい車両(209系)が入ってくるとまた印象が変わるもの。青梅線ではずっとE233系だったので、余計新鮮に見えたというのもあります。

[駅ログ]電網浮遊都市アルファポリス「blog」部門に登録中 *週に一度のクリック、よろしくお願いします。 「全国鉄道駅名雑学」もどうぞよろしく *こちらも週に一度のクリック、よろしくお願いします! 「全国鉄道駅名雑学 “数えてみた”」 鉄道コム > 鉄道ブログ

*1:福生には14:40着で、東福生は15:16発。福生駅前の西友で飲食物を調達するなどしてもなお時間に余裕がありました。