Hatena::ブログ(Diary)

乗り降り記録ブログ[駅ログ] このページをアンテナに追加 RSSフィード

2017-05-27 猿猴橋町

#3181 猿猴橋町(2017.05.18)

5100形グリーンムーバーマックス)に乗ること十数分。終点の「広島駅」が近づいてきました。ホテルは、その広島駅からも近かったのですが、最寄りと言えるのは、広電の猿猴橋町。終点まで乗らず、一つ手前で降りて、ホテルに戻ることにしました。

時刻表では7時過ぎのところ、着いたのは7時ちょうど。停留場の幅が狭い件は、事前にアナウンスがあったので承知していたものの、実際に降り立ってみると、驚きの狭さでした。乗ったのは超低床タイプの車両だったので、停留場の構造物とはほぼフラットだった訳ですが、この狭さだと安全地帯というよりは乗降用のステップの如し。5100形などから降車する場合は、道路に直接でもいいと思ったのでした。

f:id:ekilog:20170527002322j:image


f:id:ekilog:20170527002405j:image

*広島でのプチ降り乗りはこれにて終了。次は、九州編です。

alphapolis ranking banner 《鉄道系短編小説「二人のPartiton」用》 alphapolis ranking banner 《鉄道系短編小説「海線丘線」用》 [駅ログ]電網浮遊都市アルファポリス「blog」部門に登録中 *週に一度のクリック、よろしくお願いします。 鉄道コム > 鉄道ブログ

2017-05-25 本通

#3179+3180 本通(2017.05.18)

初めてのアストラムラインは、新白島(6:32発)→本通(6:37着)の片道1回。営業キロ1.7kmというわずかなものでした。平日6時台でしたが、乗車状況はそれなり。終点の一つ手前、県庁前では結構な人が降り、中心地ならではの活気が感じられました。

乗客が減ったため、終点の本通駅の方は、わりと閑散としていて、始発に乗り込む人もチラホラ。ホームの様子などをゆっくり撮りつつ、改札に移動し、地上に出ました。

f:id:ekilog:20170525001622j:image


f:id:ekilog:20170525001739j:image

出るとすぐに目に付いたのが、広島電鉄の車両の流れ。本通電停は目の前にあり、アクセスの良さを実感しました。

ここから乗るべき系統は、「広島駅」行き。時刻表では6:47発で、ほぼ定刻に来ました。車両は、5100形グリーンムーバーマックス)。広電の軌道線に乗るのは、実に26年ぶりにつき、この5100形*1は初乗車です。なかなか快適でした。

f:id:ekilog:20170525001849j:image

alphapolis ranking banner 《鉄道系短編小説「二人のPartiton」用》 alphapolis ranking banner 《鉄道系短編小説「海線丘線」用》 [駅ログ]電網浮遊都市アルファポリス「blog」部門に登録中 *週に一度のクリック、よろしくお願いします。 鉄道コム > 鉄道ブログ

*1:この時に乗った5107号は、2007年製

2017-05-23 新白島

#3177+3178 新白島(2017.05.18)

泊まりがけの旅は、ゴールデンウィークではなく、5月後半にシフト。九州北部の旅に出ました。目的地をつなぐ上で、朝早くに東京を出るのでは時間的に厳しかったので、広島で前泊することにし、その翌朝(九州入りする前に)、広島駅から遠くない範囲で、降り乗りに興じました。今回はその記録です。

広島駅を6:18に出る可部線直通の列車(緑井行き)で、隣の新白島へ。2015年3月14日開業につき、ホームやコンコースなど、随所に新しさが感じられました。広島高速交通アストラムライン)の新白島駅に通じる連絡通路もまだまだ新しい感じで、通路から見下ろすアストラムラインの駅ももちろんフレッシュ、かつ斬新な印象。目を惹くものがありました。

f:id:ekilog:20170522235600j:image


↓ 黄色の115系緑井」行き

f:id:ekilog:20170522235928j:image


f:id:ekilog:20170523000128j:image

↑ アストラムライン新白島


↓ JR新白島

f:id:ekilog:20170523000223j:image

地上に出て、アストラムライン新白島駅に向かって歩きながら振り返るとJRの新白島駅の駅舎がようやく目に入りました。JRとアストラムラインの接続駅として開設され、同じ日に開業した訳ですが、直結というよりは少し歩く感じ。その辺を見越して、ここでの乗り換えは、6:21着−32発と余裕をもって臨みました。

アストラムラインの方は、駅舎は地上、ホームは半地下。ここから南に向かって、地下区間になります。アストラムラインは初乗車。ICカードが使えそうなのは承知していましたが、JR系ではICOCAのみ・・・試しにSuicaをタッチしたら、NGでした。券売機できっぷを買い、改札を通過。半地下のホームに立ち、本通行きを待ちました。終点までは190円、乗車時間は5分ほどです。

f:id:ekilog:20170523000412j:image


f:id:ekilog:20170523000455j:image

alphapolis ranking banner 《鉄道系短編小説「二人のPartiton」用》 alphapolis ranking banner 《鉄道系短編小説「海線丘線」用》 [駅ログ]電網浮遊都市アルファポリス「blog」部門に登録中 *週に一度のクリック、よろしくお願いします。 鉄道コム > 鉄道ブログ

2012-11-18 御領

#2730 御領(2012.11.03)

神辺を定刻の15:52に発車した総社行きでしたが、次の次の停車駅、御領で思わぬ足止め。神辺行きの列車と交換するところ、何らかの事情でそれが来ない・・・。乗務員さんはホーム備え付けの電話(非常用?)で何やらやりとりしているものの理由は結局不明。時刻表では御領発15:58ですが、しばらくかかる見込みということでしっかり下車させてもらいました。思いがけず乗降記録が一つ増えた、という訳です。

f:id:ekilog:20121118002739j:image


f:id:ekilog:20121118002918j:image


f:id:ekilog:20121118003235j:image

御領の次、子守唄の里高屋であるとか、中心駅である井原であるとか、または車両基地のある早雲の里荏原でこういう事態があれば、降りたついでにいろいろと撮るべきものもあったと思いますが、この御領は想定外。発車時刻不明ということもあり、ただ階段を下りて上った程度で、駅舎外観その他、これといった写真は撮れていません。ただし、時間がわかっていたとしても、めぼしいものが撮れたかどうか。駅名から単純に考えれば、かつては一定のステイタスがあったと思われる御領ですが、今は...という感じでした。

御領を出たのは16:06前後。途中、井原では当初3分の停車時間がありましたが、そこは見事短縮。走行中もなかなかの速さで、遅れを挽回しているのがわかりました。

矢掛や吉備真備などで下車する余裕が全くなかった訳ではありませんが、そのキャッチアップする感じが楽しかったので、そのまま乗車。終点近く、高梁川のトラス橋を渡る頃には遅延はなくなっていたようで、清音には定刻通り、16:44に着いていました。大したものだと思います。

↓ 途中で次の列車に乗り換えていたら、おそらく撮れなかったであろう一枚。夕日とトラス橋です。

f:id:ekilog:20121118003137j:image

[駅ログ]電網浮遊都市アルファポリス「blog」部門に登録中 *週に一度のクリック、よろしくお願いします。 「アド街ック天国 『街』リスト」用ランキングバナー(週に一度のクリック、よろしくお願いします!) 鉄道コム > 鉄道ブログ

2012-11-15 神辺

#2728+2729 神辺(2012.11.03)

旅の2日目は、「岡山・尾道おでかけパス」を使って山陽本線を西へ。乗り降り旅に忠実であれば、同じ西行きでもまた違った展開*1になるところ、今回は鞆の浦と尾道という二大観光地を巡るのをメインにしていたため、至ってシンプルでした。

岡山(06:45発)〜福山(07:44着)、鞆の浦まで行って戻って、福山(10:50発)〜尾道(11:09着)が往路。復路は、尾道(13:48発)が当初の予定でしたが、1時間余り遅らせて、15:00発で福山へ。福塩線の接続*2の都合で、この時間にするしかなかった訳ですが、これにより神辺からの井原鉄道の旅は、途中下車なし=ひたすら総社へ、ということになります。

「岡山・尾道おでかけパス」は、井原鉄道も乗り降り自由。それ故、矢掛や吉備真備などで降りるプランも考えていたのですが、仕方ありません。まずは完乗、と気持ちを切り換えつつ、神辺であわただしく乗り換えるのでした。乗換時間は、15:48着−52発の4分。あまり余裕がなかったので、写真も最低限です。

f:id:ekilog:20121115005802j:image

↑ ミラーに映る黄色い車両を降り、隣のホーム奥に控える1両へ


f:id:ekilog:20121115005956j:image

↑ 井原鉄道は今回が初


f:id:ekilog:20121115010715j:image


↓ 福山〜神辺は、この105系で(福塩線も初乗車)

f:id:ekilog:20121115010317j:image

[駅ログ]電網浮遊都市アルファポリス「blog」部門に登録中 *週に一度のクリック、よろしくお願いします。 「アド街ック天国 『街』リスト」用ランキングバナー(週に一度のクリック、よろしくお願いします!) 鉄道コム > 鉄道ブログ 

*1:例えば、庭瀬や鴨方で古い町並みを訪ねたり、中庄でスタジアムを見たり...あとは中堅の笠岡、パスの有効区間西端の糸崎など。福塩線も府中までの間を行ったり来たり、とか。

*2:福山着15:20→福山発15:33。その前は14:20発。