Hatena::ブログ(Diary)

乗り降り記録ブログ[駅ログ] このページをアンテナに追加 RSSフィード

2017-05-05 七里&大和田

#3175+3176 七里&大和田(2017.05.04)

ゴールデンウィーク後半。5連休ながら、特段遠出する予定もないので、近郊でのプチ降り乗り旅に出かけました。

5月4日は、「TRAIN SUITE 四季島」の一番列車(3泊4日コース)が上野に戻ってくる日。通過予定時刻に合わせ、大宮駅で待機し、しっかり見物、撮影することができました。(→画像

その足で、東武アーバンパークラインの未乗降駅に行くというプラン。大宮17:05発の下り列車で、まずは4駅目、七里に向かいました。17:13着です。

f:id:ekilog:20170504234202j:image

ホームは対面式。改札、駅舎は上りホーム側なので、跨線橋で渡る必要があります。跨線橋からの眺めはいい意味で長閑な感じ。その雰囲気は、隣駅に向かうまでの道中も同じでした。

f:id:ekilog:20170504234237j:image

七里からは、ひと駅戻る形で、大和田へ。両駅はともにさいたま市見沼区にあり、区役所は両駅の間にあります。区役所経由でもよかったのですが、少々遠回りだったので、この日はできるだけ線路沿いに歩きました。

近道のつもりでも、歩いた距離は約2km*1。ゆっくり歩いたこともあり、大和田駅の踏切に着いたのは、七里到着から40分後でした。

f:id:ekilog:20170504234306j:image

ちょうど上り列車が出たところだったので、次は10分後…と思いきや、この時は13分後。次の大宮行きは、18:05発でした。間が空くということは、何かが来るということです。そう、急行列車です。アーバンパークラインの急行は、柏駅などでは見たことがありますが、実際に急行(通過列車)として走るのを見送ったのは今回が初。結構なスピードで通過して行ったので、驚くとともに心動かされるものがありました。大宮岩槻春日部…ぜひ乗ってみたいものです。

f:id:ekilog:20170504234434j:image

大和田駅も、七里駅同様、ホームは対面式。今度は、下り側に駅舎、改札があるので、さっきと逆です。跨線橋を渡り、上りホームへ。列車は定刻通りに来ました。

f:id:ekilog:20170504234501j:image

alphapolis ranking banner 《鉄道系短編小説「二人のPartiton」用》 alphapolis ranking banner 《鉄道系短編小説「海線丘線」用》 [駅ログ]電網浮遊都市アルファポリス「blog」部門に登録中 *週に一度のクリック、よろしくお願いします。 鉄道コム > 鉄道ブログ

*1:両駅間の営業キロは1.6km

2017-01-09 加茂宮

#3173 加茂宮(2016.11.13)

ニューシャトル、最後の未乗降駅は加茂宮。14:41着−51発です。

f:id:ekilog:20170109014615j:image

大宮に近づいていることもあり、駅は完全に市街地の中。国道17号(中山道)も近くを通っていて、とにかく賑やかな中にある駅でした。

駅舎の外観(東側)はこんな感じ。東側(上り)・西側(下り)ともに、エレベーターや階段の配置は同じで、構造としては明瞭。エレベーターのガラス面に「かものみや」とタテに入っている点や、階段途中に駅名標が掲示されている点も両側で同じでした。

f:id:ekilog:20170109014651j:image

ニューシャトルの駅ウォッチングは、これにて終了。新たに降り乗りした6駅、それぞれの特色がわかるとともに、大宮〜丸山、丸山〜内宿の各区間の違いもしっかり認識でき、有意義でした。この日のフリー乗車券は420円。そのおトク度は、計り知れないものがあります。

alphapolis ranking banner 《鉄道系短編小説「二人のPartiton」用》 alphapolis ranking banner 《鉄道系短編小説「海線丘線」用》 [駅ログ]電網浮遊都市アルファポリス「blog」部門に登録中 *週に一度のクリック、よろしくお願いします。 鉄道コム > 鉄道ブログ

2017-01-07 吉野原&今羽

#3171+3172 吉野原&今羽(2016.11.13)

ニューシャトルの新たな降り乗り、沼南の次は吉野原です。着いたのは14:16。次の列車は10分後ですが、その時間で隣の今羽へ歩いて移動することにしました。今羽発は14:27です。

吉野原〜今羽の営業キロは0.8km。この距離を10分でというのはもともと厳しかった訳ですが、駅の造りがその厳しさを助長する感じ…改札の位置が吉野原駅が北側、今羽駅が南側で、距離が広がるパターンでした。また、吉野原駅の改札は、他の駅が地上にあるのと異なり、上り・下りの各ホームをつなぐ連絡通路上(下りホーム寄り)にあり、戸惑いつつもその様子を見たり撮ったりしていたため、余計に時間がかかったというのもあります。

f:id:ekilog:20170107004810j:image


f:id:ekilog:20170107005404j:image

↑ ニューシャトルの駅には、駅周辺にある象徴的なものをモチーフにしたボードが掲出(吉野原は、近くにある鉄工所のイメージ)


f:id:ekilog:20170107005915j:image

線路沿いにひたすら歩くだけでしたが、今羽に着いたのは14:30過ぎ。乗ったのは14:37発でした。

f:id:ekilog:20170107010020j:image


f:id:ekilog:20170107010213j:image

↑ 今羽駅上りホームから見た吉野原駅の様子(望遠で撮ると近くに見える)


f:id:ekilog:20170107010459j:image

alphapolis ranking banner 《鉄道系短編小説「二人のPartiton」用》 alphapolis ranking banner 《鉄道系短編小説「海線丘線」用》 [駅ログ]電網浮遊都市アルファポリス「blog」部門に登録中 *週に一度のクリック、よろしくお願いします。 鉄道コム > 鉄道ブログ

2017-01-05 沼南&原市

#3170+2186 沼南&原市(2016.11.13/2004.11.14)

志久の次は、沼南(13:53着−14:03発)。丸山から南は、新幹線を挟んで上りと下りの線路が分かれるため、この駅から先(鉄道博物館駅まで)、ホームも上りと下りで離れ離れになります。

f:id:ekilog:20170105001622j:image


f:id:ekilog:20170105001657j:image

↑ 連絡通路の上を通る高架の並び…右から、ニューシャトル(上り方面)、東北新幹線、上越・北陸新幹線

とりあえず駅の外に出るため、新幹線高架の下にある通路へ。この通路は、上りと下りを結ぶもので、その中間に階段があります。改札は、その階段を降りた先にあり、駅の構造は少々複雑な感じ。駅周辺は開発が進んでいて、駅とは対照的にスッキリした印象を受けました。

さて、この後は残る未乗降駅での降り乗りになりますが、過去に来ていながら、これといった写真がなかったために掲載を見送っていた駅をこの流れで載せることにします。原市駅です。

f:id:ekilog:20170105003528j:image

初めて訪れたのは、12年前のこと。当時と違う面もあるかも知れませんが、一応こんな感じということで。(原市では14:04着−15発。外には出ず、ホームで新幹線などを見送って過ごしました。)

alphapolis ranking banner 《鉄道系短編小説「二人のPartiton」用》 alphapolis ranking banner 《鉄道系短編小説「海線丘線」用》 [駅ログ]電網浮遊都市アルファポリス「blog」部門に登録中 *週に一度のクリック、よろしくお願いします。 鉄道コム > 鉄道ブログ

2016-12-29 羽貫&志久

#3168+3169 羽貫&志久(2016.11.13)

丸山車両基地まつりの後は、丸山12:56発で、内宿方面へ。終点の一つ手前、羽貫をめざします。

丸山から北は単線区間で、4つの駅はいずれも島式の1面2線。ただし、内宿に向かって、ホーム左側が大宮方面(上り)で、右が下りという設定なので、慣れていないと違和感があります。途中の志久、伊奈中央と、どうもしっくり来ませんでしたが、羽貫に着く時には慣れ、進行方向左側から降車。13:02着です。

f:id:ekilog:20161229001109j:image


f:id:ekilog:20161229001356j:image

羽貫の駅周りは開けた感じで、大型の店舗も点在。そこで買い出しをするなどして、現地では比較的ゆっくり過ごしました。次に乗ったのは、羽貫13:32発の上り。大宮に戻りながら、未乗降駅を一つ一つ訪ねることとし、まずは順当に志久で降りました。

f:id:ekilog:20161229001431j:image

↑ 大宮方面を撮影。右側の車両が羽貫から乗った大宮行き(発車後の様子)。左が内宿行き。


f:id:ekilog:20161229001632j:image

志久での時間は、13:38着−48発の10分。駅の西側に、日本薬科大学がありますが、その他にはめぼしいものがなく、少々持て余す感じでした。その分、車両が両方向から入ってくる様子(左右は一般的な鉄道とは逆)をしかと見物&撮影。乗車する際も、間違えることはありませんでした。

(参考)

f:id:ekilog:20161229001751j:image:w480

↑ 丸山車両基地内で見つけたニューシャトルの配線図(ホワイトボード)。丸山〜内宿は単線(新幹線の西側にシフト)。

alphapolis ranking banner 《鉄道系短編小説「二人のPartiton」用》 alphapolis ranking banner 《鉄道系短編小説「海線丘線」用》 [駅ログ]電網浮遊都市アルファポリス「blog」部門に登録中 *週に一度のクリック、よろしくお願いします。 鉄道コム > 鉄道ブログ

2016-09-01 西吾野

#3124 西吾野(2016.08.27)

武蔵横手から再び西武秩父方面に向かい、降り立ったのは西吾野。西武鉄道で最後に残った未乗降駅です。

f:id:ekilog:20160831231402j:image

着いたのは13:42で、次に乗る飯能行きは14:04発。20分ほどあります。ホームでしばらく過ごし、改札ではICカードのタッチにじっくり時間をかけてから通過。まだ雨は本降りだったので、遠出は控え、駅の周りで過ごすことにしました。

f:id:ekilog:20160831231457j:image

降り乗りラストの駅なので、余韻に浸りつつ、いろいろな角度で撮影。すると、西武秩父駅に停車していた10000系「レッドアロークラシック」の回送列車が姿を見せ、ゆっくりと駆け抜けて行きました。駅から離れていたら、遭遇することはなかったでしょう。いい記念になりました。

f:id:ekilog:20160831231631j:image


f:id:ekilog:20160831232355j:image:w400

↑ この日のICカードの履歴(抜粋)。西武秩父〜芦ヶ久保〜武蔵横手〜西吾野で、合計647円。


↓ これは、芦ヶ久保から武蔵横手に向かう際に、西吾野駅で行き違ったレストラン列車「52席の至福」。13時過ぎでした。実物を見たのはこの時が初めて。

f:id:ekilog:20160831232019j:image

西武鉄道に初めて乗ったのは、池袋〜中村橋。かなり昔の話です。それから、何度となく回を重ね、時には、埼玉県民の日の1日乗車券なども使って、乗り降りを敢行。遂に完結となりました。関東の大手私鉄で、未乗降駅が残っているのは、京成と東武の2社。京成はあと2駅ですが、東武はさすがにまだまだ。じっくり行こうと思います。

alphapolis ranking banner 《鉄道系短編小説「二人のPartiton」用》 alphapolis ranking banner 《鉄道系短編小説「海線丘線」用》 [駅ログ]電網浮遊都市アルファポリス「blog」部門に登録中 *週に一度のクリック、よろしくお願いします。 鉄道コム > 鉄道ブログ

2016-08-30 武蔵横手

#3123 武蔵横手(2016.08.27)

芦ヶ久保を12:53に出て、次に向かうは武蔵横手。残る未乗降駅は、その途中にあるのですが、列車に乗る時間をより長くとるため、あえて行って戻ってのパターンにしました。

武蔵横手は、13:19着−28発。雨はそれなりに降っていたので、散策するのも難しく、時間的にはちょうどいいくらい。構内踏切を渡り、駅舎の中と外を見物し、という程度でした。

f:id:ekilog:20160829225607j:image


f:id:ekilog:20160829225631j:image

ホームからは、当地名物のヤギの家とそのフィールドを見ることができますが、雨の中ではヤギが出てくることもなく、閑散とした状態。次の目的駅で折り返し、いよいよ帰る段になって、改めてフィールドを見てみたら、折よく一頭が活動中でした。どのヤギ(→参考)かはあいにく不明ですが、お目にかかれて何とやらです。

f:id:ekilog:20160829225750j:image:w400

alphapolis ranking banner 《鉄道系短編小説「二人のPartiton」用》 alphapolis ranking banner 《鉄道系短編小説「海線丘線」用》 [駅ログ]電網浮遊都市アルファポリス「blog」部門に登録中 *週に一度のクリック、よろしくお願いします。 鉄道コム > 鉄道ブログ

2016-08-28 芦ヶ久保

#3122 芦ヶ久保(&西武秩父発SLパレオエクスプレス)(2016.08.27)

8/27は、秩父鉄道の「SLパレオエクスプレス」が、西武の西武秩父駅に乗り入れ、そこから発車するというちょっとしたイベントデー。あいにくの雨(時に大降り)でしたが、その珍しいシーンを見物すべく、意を決して出かけました。そのついでに、西武線の未乗降駅にも行こうという話です。

池袋9:50発の急行で飯能まで行き、そこで乗り換えてひたすら西武秩父へ。着いたのは11:33(1番線)でした。パレオエクスプレスの西武秩父入線は、11:29ということだったので、着いた時点で見ることができましたが、SLが停車しているホーム(2番線)への入場は、イベントツアー参加者限定につき、一般客は遠くからの見物です。とりあえず撮れる範囲で撮り、一旦、西武秩父駅を出ました。

パレオエクスプレス(三峰口行き)の発車時刻は、12:19。発車シーンを見届けてから戻るのであれば、12:38発の飯能行きとなりますが、雨も強かったので、一つ前の列車にしました。12:08発です。これに乗ったことで、2番線からでも撮りにくい構図で、SLと10000系「レッドアロー号」の並びを撮ることができました。たまたま機転が利いた、ということにしておきましょう。

f:id:ekilog:20160828004613j:image

西武秩父でのSLイベントの後は、いつもの降り乗り旅。西武線の未乗降駅は、あと3つというところまで来ていたので、ゆとりを以ってこなすことにしました。まずは、芦ヶ久保です。

f:id:ekilog:20160828004702j:image


f:id:ekilog:20160828004757j:image

12:16に着き、しばらくホームで過ごしてから、外へ。次の列車は12:53発なので、かなり時間があります。雨は相変わらず強かったので、あまり動けない状況でしたが、駅前広場の先にある階段を下ると、横瀬川に架かる橋や、川沿いの道路(国道299号)に出られることがわかったので、下りてみることにしました。

雨を集めて激しく流れる川を眺めた後、何となく国道を歩いていると、道の駅「果樹公園あしがくぼ」を発見。土地のものなどをあれこれ見ていたら、すぐに時間が経ってしまいました。最初から、道の駅に来ていれば、食事の時間も含め、いろいろできたかも知れませんが、来れただけよかったと思います。

階段を上がり、再び駅へ。雨は小降りになっていました。

alphapolis ranking banner 《鉄道系短編小説「二人のPartiton」用》 alphapolis ranking banner 《鉄道系短編小説「海線丘線」用》 [駅ログ]電網浮遊都市アルファポリス「blog」部門に登録中 *週に一度のクリック、よろしくお願いします。 鉄道コム > 鉄道ブログ

2016-06-09 高麗

#3116 高麗(&武蔵丘車両検修場)(2016.06.05)

正丸から飯能行きに乗り、「西武・電車フェスタ2016 in 武蔵丘車両検修場」の会場最寄駅、高麗に向かいます。高麗駅は、降り乗りする機会を作ろうと思えば作れた駅でしたが、武蔵丘車両検修場にいつか来るだろうからその時に、ということでとっておいたのでした。ようやくこの日、高麗で下車し、改札の外へ出たという訳です。

f:id:ekilog:20160609002238j:image


f:id:ekilog:20160609002325j:image

時刻表上の到着時刻は10:47ですが、実際は数分遅れ。駅から会場までは徒歩12分ということなので、11時過ぎに着くことになります。駅前を出発したのは、10:55頃。案内に従い、アップダウンのある道を歩き、線路沿いに出てしばらく進むと、職員専用の通路にアクセス。その入口から検修場までは約400mありますが、「武蔵丘」という名の通り、待ち受けていたのはちょっとした坂道でした。そんな坂によるスピードダウンもあり、会場入口に着いたのは11:10頃。会場は思いのほか広く、展示や実演なども盛り沢山・・・ひととおり見て回ったら2時間近くが経っていました。帰りは、高麗駅からではなく、会場発・池袋直行の臨時電車(13:10頃発)に乗車。期せずして「幸運の赤い電車」に乗ることができ、正にラッキーでした。

写真は、電車撮影会で登場した「SEIBU KPP TRAIN」、30000系「スマイルトレイン」の台車入れ実演コーナーの様子です。

f:id:ekilog:20160609002432j:image:w480

f:id:ekilog:20160609002543j:image:w480

alphapolis ranking banner 《鉄道系短編小説「二人のPartiton」用》 alphapolis ranking banner 《鉄道系短編小説「海線丘線」用》 [駅ログ]電網浮遊都市アルファポリス「blog」部門に登録中 *週に一度のクリック、よろしくお願いします。 鉄道コム > 鉄道ブログ

2016-06-07 正丸

#3115 正丸(2016.06.05)

6/5は、西武鉄道のイベント「西武・電車フェスタ2016 in 武蔵丘車両検修場」の開催日。これまでなかなか機会がありませんでしたが、今回ようやく行くことができました。

会場の武蔵丘車両検修場に直通する臨時電車もあるのですが、それを使ってしまうと、駅の乗り降りという点では面白味がないので、あえてパス。まずは、池袋8:40発の準急で練馬まで行き、元町・中華街からの最速達列車*1である「Fライナー」に乗り換え、終点の飯能へ向かうプランにしました。西武線内は快速急行というだけあって至ってスピーディー。飯能には9:26に着きました。

接続する西武秩父行きは、飯能9:28発。会場最寄りの高麗駅には9:38着ですが、それで下車してしまっては、せっかく遠方まで来た甲斐がありません。西武線の未乗降駅を少しでも行っておこうと考え、そのまま乗車し、正丸で降り乗りすることにしました。

この時の各駅停車ですが、高麗に着く前に上り列車の交換待ちがあり、武蔵丘車両検修場の下方付近で停車する時間がありました。すぐに発車する旨アナウンスがあったものの、実際は上りが来るのが遅れていたようで、この時点で数分ビハインド。正丸到着時も遅延短縮とはならず、10:03着のところ10:06着でした。

f:id:ekilog:20160607003653j:image


f:id:ekilog:20160607003724j:image


f:id:ekilog:20160607004157j:image

正丸からの上り列車は10:16発だったので、まだ余裕はありましたが、10分というのはどうにも動きようがありません。という訳で、山間部の空気を感じ、野鳥の声を聴き...といった過ごし方に。おかげでいい気晴らしになりました。

alphapolis ranking banner 《鉄道系短編小説「二人のPartiton」用》 alphapolis ranking banner 《鉄道系短編小説「海線丘線」用》 [駅ログ]電網浮遊都市アルファポリス「blog」部門に登録中 *週に一度のクリック、よろしくお願いします。 鉄道コム > 鉄道ブログ

*1:東急=特急、メトロ=急行、西武=快速急行