Hatena::ブログ(Diary)

乗り降り記録ブログ[駅ログ] このページをアンテナに追加 RSSフィード

2010-04-29 福井駅前

#2475 福井駅前(2010.02.11)

ハーモニーホールを定刻に出たのはいいものの、次の次の停車駅、ベル前で思わぬ遅れに見舞われます。今は急行も停まるようになり、多少は分散されてるんでしょうけど、普通しか停まらない当時において、利用客が集中するのは止むを得ないこと。ここでの降車ラッシュが数分の遅れを生じ、それが花堂で待機している上り列車の遅れをも招いていた、という訳です。(ちなみに、ベル前のベルは「ショッピングシティ ベル」を指します。ちょっとした商業施設なので、乗り降りが多いのも納得です。)

かくして、市役所前には10:20着のところ10:24着。もともとここで一旦ホテルに戻り、遅いチェックアウトを済ませ、再度福井駅に戻る、そんな行程に変更していたので、遅れがどうこうというのはなかったのですが、雨で足場が悪い中です。少しでも時間に余裕があった方が...の心境で、再び市役所前に。何だかんだで11時近くになってたんですから、やはり数分というのは侮れません。

午後は北陸フリーきっぷで石川県内を巡るつもりだったので、福井を出るのは11:47発と決めていました。(12:20に加賀温泉に着いたら、ここからいよいよ特急三昧、というプランです。) なので、まだまだ福井鉄道に乗ろうと思えば乗れたのですが、仮にここで田原町をめざそうとすると、市役所前11:03発→田原町11:10着で、それがすぐ折り返せば楽勝のところ、何と11:35発と空いてしまうことが判明したため、見送りに。(それに乗れば11:41に福井駅前に着くには着くのですが、乗換時間6分というのはいくら何でも、です。)

田原町から来た一本(市役所前10:59発)で、おとなしくひと駅、福井駅前まで乗ることにしたのでした。(ちなみに、市役所前電停に掲示されている時刻表には、福井駅前行きの時刻は載ってませんでした。ご注意を。)

f:id:ekilog:20100428234000j:image


f:id:ekilog:20100825205641j:image

こうして福井駅前で下車し、福鉄の旅は終了。JRに乗るまでの時間は、地元チェーン店でソースカツ丼を食べたり、プリズム福井で地産品を見たり、程よく過ごすことができました。

f:id:ekilog:20100428234110j:image

↑ 夜の福井駅前電停はこんな感じ(前日に撮影)。レトロな車両は日中よりも夜の街の方がお似合い?

☆この後、石川編・富山編と続きますが、一時、2009年のレビューをはさむ予定です。

電網浮遊都市アルファポリス「blog」部門に登録しました。*週に一度のクリック、よろしくお願いします。  鉄道コム > 鉄道ブログ  

2010-04-26 浅水&ハーモニーホール

#2473+2474 浅水&ハーモニーホール(2010.02.11)

1日フリー乗車券がある以上は、より多くの駅で乗り降りするのが筋ですが、寒さ+雨+本数限定、となるとそういう訳にも行きません。選ぶとするなら、武生新田原町福井駅前と乗って、全線達成!というプランか、運転間隔(次の電車が来るまでの20分間)を使って乗り降りを増やすプランか、の二択。ただ、時刻表をよくよく見ると、どうも田原町に行っている時間はなさそうだ、ということで結局、駅数を増やす方を取りました。

20分の間で歩いて移動できそうなのは、浅水ハーモニーホール、江端〜ベル前〜花堂〜福井新の4通りか...駅名がちょっと変わっていて、急行も停まること、あとはそのホールはどんなものなのか、という興味から、浅水ハーモニーホールで行くことにしました。(西鯖江に向かう往路で、沿線・沿道を確認していたこともあり)

浅水(あそうず)駅は、有人駅で、駅舎もこの通り堂々たるもの。ただ、駅周辺には目を引く建物や施設等はなく、一見した限りでは急行停車駅たる理由は定かではありません。下車してみてわかったのは、付近の郵便局や小学校は、浅水ではなく麻生津と書くこと。ちゃんと調べればいろいろわかるんでしょうけど、こうした異名がある土地は歴史が深いことの表れ...とすると、福井鉄道もその辺りを重んじて?と推察するばかりです。

f:id:ekilog:20100426000140j:image


f:id:ekilog:20100426000212j:image

下車したのは09:44でしたが、降り注ぐ雨と路肩の雪に気を付けながら歩いていたら、思いがけず時間をとられてしまい、ハーモニーホール駅近くの交差点(その名は音楽堂西口)に着いたところですでに10時。10:06発の下りに乗るつもりだったので、その音楽堂を見物する時間はあいにくありませんでした。ホール外観がしっかり撮れればそれでよし、といったところです。

f:id:ekilog:20100426000348j:image


f:id:ekilog:20100426000502j:image

(←左:ハーモニーホール駅とハーモニーホール→右)

f:id:ekilog:20100426000651j:image

電網浮遊都市アルファポリス「blog」部門に登録しました。*週に一度のクリック、よろしくお願いします。  鉄道コム > 鉄道ブログ  

2010-04-23 武生&武生新

#2471+2472 武生&武生新(2010.02.11)

福井鉄道の西鯖江武生新(現在は越前武生)間は、途中に3駅(現在は4駅)ありますが、この区間を並行するJRは、途中駅なし。鯖江から武生は1駅・5分。実にあっさりしたワンストップ乗車でした。

市町村合併前は武生市だったので、市名と駅名が一致していて覚えやすかったのですが、今は何と越前市。隣に越前町南越前町があるので、余計に戸惑います。

これで越前駅に変えたとしたら、もっと目立つようにするのかも知れませんが、現状(武生駅)は、このように駅名が見えにくい感じ。回り込んで何とか撮ったのがこの写真です。

f:id:ekilog:20100422224918j:image

次は武生新から再び福鉄に乗ります。09:20発なので、余裕はあったつもりでしたが、福井鉄道への行先案内等の表示がなく、焦りました。武生駅と武生新駅の間を平和堂(アル・プラザ)が完全に遮っていて、距離感がつかめない上に、駅もなかなか視界に入ってこない。せめて「○○○m先」といったものがあれば、と思ったものです。

写真にあるように、武生新に着いたのは発車5分前でした。福鉄←→JRの乗り換えはどうも円滑に行かないようです。

f:id:ekilog:20100422225016j:image


f:id:ekilog:20100422225120j:image

さて、武生新は越前武生に、武生新の次の西武生は北府(きたご、と読むんだそうで)にそれぞれ改称されましたが、西武生は改称前にちょっとしたブームがありました。この時はまだ知らなかったのですが、旅を終えて、某ケータイ会社のCMを見た時に「あっ!」 そう、白い犬が出てくるあのCMの駅だったのです。(下車する方々がそこそこいたのも納得です。) いわゆる名駅舎なので、CMに関係なく訪れる人はいると思いますが、今はどうなんでしょうね。

f:id:ekilog:20100422225312j:image

電網浮遊都市アルファポリス「blog」部門に登録しました。*週に一度のクリック、よろしくお願いします。  鉄道コム > 鉄道ブログ  

2010-04-20 西鯖江&鯖江

#2469+2470 西鯖江&鯖江(2010.02.11)

急行列車に乗った以上は、早々と着いて良さそうですが、そこは福井のローカル電車。単線区間に入る前の列車交換の都合上、花堂でしばらく停車(≠急行停車駅)したのですが、これがなかなか発車しない。あとでわかったことですが、交換で入ってくる普通列車(下り)は、花堂の手前の「ベル前」(無人駅)で降車する客が多く、その分出発が遅れるから、だったのです。

そんな事情を知らない福鉄初心者は、ただやきもきしながら西鯖江をめざします。雪の残る長閑な沿線風景を楽しみながらもどうにも落ち着かない、そんな20分間でした。

f:id:ekilog:20100419214606j:image


f:id:ekilog:20100419214819j:image

08:42に着く予定が何だかんだで5分遅れ。ここからJRの鯖江に向かい、08:58発の敦賀行きに乗って武生まで、というプランだったのですが、知らない土地での時間短縮は厳しいものがあります。実質10分で果たしてたどり着けるのか? 手持ちの地図を頼りに、公民館、本町通り、ユアロードコマチ(古町)などを左右に見ながら、ひたすら東進。北陸本線の線路が視野に入った時は、少しはホッとしましたが、次の瞬間、右方向に走っていく列車が見えたものだからたまりません。とにかく走りに走って、何とか間に合った、というのが西鯖江鯖江の乗り降り記録の実態です。(これをサバエバル状態と言うかどうかは、いざ知らず)

こんな具合だったので、鯖江駅の外観を撮ったのは一枚限り。ちゃんと乗車したことを示す写真としては、これくらいです。(あわてて撮った割には上出来?)

f:id:ekilog:20100419214641j:image


f:id:ekilog:20100419214839j:image

電網浮遊都市アルファポリス「blog」部門に登録しました。*週に一度のクリック、よろしくお願いします。  鉄道コム > 鉄道ブログ  

2010-04-17 市役所前

#2468 市役所前(2010.02.11)

2月10日は、午後から福井市役所と市の北端に近い棗地区の学校にお話を伺いに行くことになってました。その用件がまず先にあって、あとは富山での会合やローカル私鉄の自発的な調査(?)などを引っかけた、というのがこの時の北陸の旅の真相です。北陸フリーきっぷは、日程&行程的に好都合だったという訳です。(加賀温泉から福井までは別料金というのが微妙なところですが、570円だったら安いものです。)

10日は6駅止まり。2月11日の新たな乗り降りは、通算2468番目からのスタートです。福井はこれまでに数度来ていますが、福井鉄道には乗ったことがなかったので、とにかく乗れるだけ乗ろうと企むことになります。折りよく土日祝(+指定日)限定の「1日フリー乗車券」(500円)も使える。もうこれしかない!という感じで乗り降りに励むことにしました。

ホテルの最寄は「市役所前」でした。この手の電停だと、「駅ログ」としての扱いも曖昧になってきますが、とにかく同所から乗り込んだので、乗り降り記録的には間違いありません。08:15発の急行「武生新」(当時)行きに乗り、車内で1日乗車券を購入し、出発。生まれての初めての福鉄の旅が始まるのでした。

f:id:ekilog:20100416232432j:image

ちなみに、2010年2月時点での駅名(市内線除く)はこの通りです。このうち4駅が改称され、1駅が新たに加わったものに今は変わっているはずです。

f:id:ekilog:20100416232539j:image


f:id:ekilog:20100416232610j:image

電網浮遊都市アルファポリス「blog」部門に登録しました。*週に一度のクリック、よろしくお願いします。  鉄道コム > 鉄道ブログ