新我愛西安 観光と生活情報  このページをアンテナに追加 RSSフィード

2009-02-26

ekobiiki2009-02-26

市内のヤオトン遺跡 夫を待ちわびて 

西安市内 窰洞(ヤオトン)遺跡を知る人は 殆んどいない

f:id:ekobiiki:20090224121433j:image

市内の一大観光地 大唐芙蓉園から車で10分の場所に

f:id:ekobiiki:20090224122812j:image

唐代の 寒窑遺跡   ・・この場所はゲイさんしか知らなかった

f:id:ekobiiki:20090224120224j:image

素朴な展示部屋に 詳細が書かれていた

f:id:ekobiiki:20090224120731j:image

都の長安 一大文明が栄え 贅をつくし権力を誇示するため

次々と皇帝の宮殿が造られていた ・・・その影で洞窟で暮らす

f:id:ekobiiki:20090224123915j:image

一本の川を境に 極楽と耐え忍ぶ生活に分かれた

f:id:ekobiiki:20090224155011j:image

川の水さえ権力者に独占され 深く井戸を掘り 耐え忍ぶ人たち

f:id:ekobiiki:20090226110859j:image

煉瓦で補修されたが 元々は深い穴だけ残っていたそう

f:id:ekobiiki:20090226111430j:image

苦労し得た深井戸の水 三姐の泉とし 甘い味がする ・・

・・思夫亭・・ 戦国兵士として召集され行方不明 生死さえわからない夫 

f:id:ekobiiki:20090224121815j:image

18年間 待ち続けていた妻の物語   

伝説だと思われていたが 遺跡が発見され実在の人物だったことが。

f:id:ekobiiki:20090224122930j:image

飢饉に耐えたヤオトン生活 ひたすら帰りを待つ姿が復元されていた

f:id:ekobiiki:20090226114621j:image

張学良とともに西安事件を主導したことで知られる楊虎城

f:id:ekobiiki:20090224123404j:image

楊の母親が 愛国軍人妻の手本とし発掘保存に力を注いだ。 楊虎城の母像

f:id:ekobiiki:20090226120409j:image

愛する人の元へ 籠に揺られて嫁いだ

f:id:ekobiiki:20090224124606j:image

夫に一途に会いたかっただけ・・ 願いは叶い

f:id:ekobiiki:20090226121113j:image

戦果をあげ18年ぶりに帰った夫の腕の中で安らかに眠りについた。

f:id:ekobiiki:20090224123847j:image

小さな寺があり 線香に絶え間なく火が灯されて

健気な女性に憧れ

f:id:ekobiiki:20090224124719j:image

観光客は男性ばかりでした・・。

※西安市長安区 寒窑遺跡 入場料10元 ヤオトン住宅は現在も使用中です。


今日の西安

・・初雪・・  最高気温1℃ 最低−3℃ 

f:id:ekobiiki:20090225083521j:image

植林された木々に 雪の恵みが!!