Hatena::ブログ(Diary)

秘境 上海情報 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2016-12-01

日の丸部落

硝煙下の桃源郷 江南の日の丸部落
アサヒグラフ1937年11月10日号より 『烟なほ烟る揚子江附近の片隅に、
我が軍の庇護によつて平和に歸つた 二つの部落がある』 
f:id:ekobiiki888:20161128213005j:image
宝山県沈家橋 『あまつさえ昼夜を分かたぬ庇護を加えられて
綿の選別に余念の無い 部落民の嬉しそうな顔を見るがよい』 
f:id:ekobiiki888:20161128200055j:image
宝山県盛家橋 『我が兵に護られて野良仕事より部落へかえる
日の丸部落の女子供たち』 同紙から引用

上海事変 上海郊外宝山県は日中両軍が衝突した激戦地
江南の大地に点在する村々は 戦火と破壊で犠牲を強いられた。
その中 日本軍が保護したと宣伝された村が日の丸部落である
東宝記録映画 上海 支那事変後方記録にも村の映像がでてくる

宝山6路線 日の丸部落といわれた村はどこだったのだろう
f:id:ekobiiki888:20161128230515j:image
産業道路で大渋滞 道も様変わりし地図さえ追いつきません。尋ね歩き
f:id:ekobiiki888:20161129132654j:image
沈家橋 やっと辿り着きました。 
f:id:ekobiiki888:20161129202844j:image
あの時の写真 兵士と村人の後ろに写る瓦屋根の家屋 いまは
村の廟となり 古井戸は香炉に 線香が供えられていました
(本堂は休日によりドアが閉まっていました。)
f:id:ekobiiki888:20161130000247j:image
廟から橋がみえた 橋の名も沈家橋でした。 向こう岸には
トーチカが佇む 紛れもなく上海事変 戦場の中の村でした。
f:id:ekobiiki888:20161130000248j:image
盛家橋 現名・盛橋鎮 沈家橋から揚子江方面2.2公里にあります。
f:id:ekobiiki888:20161130124645j:image
あの時の写真 兵士と村人が歩いていた木橋 その場所です。
f:id:ekobiiki888:20161130130023j:image
後に架けられた橋の名は老街橋です。元々盛家橋は明代から発展した村で
水上の交通の要所 入り江に近い橋は幾度と攻撃を受け破壊されました。
f:id:ekobiiki888:20161130131839j:image
もうそんな時代もおわり みんな安心して渡っている 
f:id:ekobiiki888:20161129123948j:image
ふたたび沈家橋の上 振り向いた可愛い笑顔
f:id:ekobiiki888:20161129123949j:image
沈家橋村の優しいおじさん なにも聞かず ただ
f:id:ekobiiki888:20161129130044j:image
心配してついて来てくれました。
f:id:ekobiiki888:20161129130045j:image
親切にしていただき本当に感謝です。この友好よ いつまでも・・・
   

 ・・日本側戦記 中国側資料を照らし合わせ 独自で探しました
      誤記などがあればご容赦ください

2016-11-13

そこに李香蘭がいたんだ

・・・そこに 李香蘭がいたんだ・・・
f:id:ekobiiki888:20161111173938j:image
偶然お会いした租界に住んでいた方から 聞きました。
f:id:ekobiiki888:20161113061425j:image
長安里 百年の歴史を刻んでいる 敗戦により日本人居留民は租界内
指定地域に移動するように布告 その中長安里で見かけたそうです。
f:id:ekobiiki888:20161113062105j:image
小区に入ると いまも普通に住民が暮らしています。
f:id:ekobiiki888:20161113063512j:image
なぜここにいたのだろう? その経緯を探してみました。
1944年 日本の戦況は悪化の一途を辿っていた。李香蘭満映を退社し
上海へ中華電影に加わり夜来香が大ヒット翌年大光明大戯院でリサイタル
終戦を迎え李香蘭は中国人と思われていたので祖国を裏切った漢奸容疑が
f:id:ekobiiki888:20161113070600j:image
掛けられ軍事裁判の被告になりました。※騰訊娯楽 電影新聞より
f:id:ekobiiki888:20161112203506j:image
その時 軟禁されていたのが興業坊 スコットロード(現・山陰路)
中華電影の代表である川喜多長政 野口久光らとともに比較的自由に
収容されていた。1946年2月12日判決 他方面からの協力で
日本人だと証明がされ 漢奸罪は適用されず国外追放処分となる
f:id:ekobiiki888:20161113000222j:image
中国人の名で欺いてたことを悔い 愚かだったと法廷で謝罪した
同年2月28日 引揚げ船に乗るため川喜多長政氏と黄浦埠頭へ 
f:id:ekobiiki888:20161113090400j:image
乗船直前、出入国検査員に李香蘭だとばれ書類の不備も重なり
足止め、仕方がなく引き返し呉淞路の日の丸旅館に身を寄せた。  
f:id:ekobiiki888:20161113095725j:image
長安里の対面でした。※地図は上海歴史ガイドブックより
f:id:ekobiiki888:20161106192636j:image
当時を知っている人 住民などに色々尋ねて廻りました。そのなかで
f:id:ekobiiki888:20161113101714j:image
影山とおる氏の体験記 上海日僑中学生の終戦日記の中の一文に 
長安里での出来事が書かれていました。彼の父親が山口淑子の実父
山口文雄と交流が深かった 戦後一変した中での再会。ある日 
f:id:ekobiiki888:20161113121443j:image
お父さんが李香蘭をわが家の簡易風呂に入れてあげようと言いだし
彼が迎えに行くと彼女は大喜び、四囲警戒しながら連れてくる
湯に入り生き返ったと感謝した。残り湯を貰いに来た人たちが
楊貴妃の華清池の如く美人湯に入り集中営の苦労を洗い流した。
f:id:ekobiiki888:20161113121132j:image
奇しくも今 その場所にノーリツの湯沸かし器がついていました。
それから 帰国するまでの一ヶ月間 警戒しながらも
f:id:ekobiiki888:20161113175855j:image
度々長安里へ出入りしている。歌姫は籠から抜け出し
はじめて李香蘭ではない時間を過ごした 
f:id:ekobiiki888:20161106192637j:image
3月30日 川喜多氏と共に引揚げ船に乗り帰還の途についた
f:id:ekobiiki888:20161113133552j:image
当時の呉淞路 日本商店が軒を連ねブロードウェイマンションが見えた
f:id:ekobiiki888:20161107211708j:image
現在の呉淞路 高層ビルが軒を連ね 未来都市として変貌しつづける
f:id:ekobiiki888:20161113135945j:image
時代をみつめ 映しつづける美しき上海
f:id:ekobiiki888:20161113165909j:image
あの時 ・・そこに李香蘭がいたんだ

美味しい好好栗子 立退きになった好好栗子本店が 
f:id:ekobiiki888:20161113173158j:image
北海寧路に復活だ!
f:id:ekobiiki888:20161113174951j:image
栗 つやつや輝いている! 
f:id:ekobiiki888:20161113174223j:image
おじさんも復活! この冬も沢山食べるぞー!

2016-10-31

大場鎮・戦場の村から

1937年10月27日 日軍占領大場鎮 アドバルーンが掲げられる
f:id:ekobiiki888:20161030191538j:image
大場鎮は第2次上海事変中、最大の激戦地となった
ここを落とすのに 幾度の決死の突撃を繰り返し 
f:id:ekobiiki888:20161030191539j:image
上海戦線 の203高地とまで言われ 多くの犠牲者をだした
日本軍はこの地を陥落させるため なんと八割の兵力を失った
f:id:ekobiiki888:20161030224110j:image
戦記にでてくる村を探し 市内からバスを乗り継ぎました。
大小のクリークを挟み決死の肉弾戦がつづく 弾丸が雨霰と振るなか
f:id:ekobiiki888:20161030212506j:image
戦火で逃げ惑う人々が押し寄せて難民村となった
f:id:ekobiiki888:20161031173028j:image
馬橋記念村牌坊 戦場の中の村は 存在していました。
f:id:ekobiiki888:20161031174813j:image
民国21年(1932年)に造られた石牌が時代を跨ぎ
f:id:ekobiiki888:20161031175709j:image
村は当時のままの 様相でした。 
f:id:ekobiiki888:20161031180736j:image
当時 掘られたであろう井戸が 現役で使われています。
f:id:ekobiiki888:20161031182323j:image
豊かな水源 洗濯も炊事も澄んだ水が出て冷たいそうです。
f:id:ekobiiki888:20161031183736j:image
村は戦後 江蘇省出身の人が住み始めました。
f:id:ekobiiki888:20161031185426j:image
昔ながらの生活を守り そこが戦場だったとは思えないほど
f:id:ekobiiki888:20161031185856j:image
穏やかな時間が流れ 優しい人たちが住んでいました。
f:id:ekobiiki888:20161031190350j:image
クリークまで見送ってくれた 隔てない笑顔に心が打たれ 
f:id:ekobiiki888:20161031191100j:image
平和な時代で巡り会えたことに感謝しました。

最近のランチ ひとり飯 ・・麻辣香鍋 ご飯山盛りにしてね
f:id:ekobiiki888:20161101070745j:image
蒸し蒸し 夕食用に打包の容器もらう一石二鳥 二食分
f:id:ekobiiki888:20161101070746j:image
いつものランチ いつも賑やか いつもの日月光地下 
f:id:ekobiiki888:20161101070747j:image
地下鉄9号線打浦橋駅直結 ひとりで食べてるの私だけ・・みたい