Hatena::ブログ(Diary)

山田 錦の日記

2016-05-02

山田錦の日記2016年4月13日(書いたのは、5月1日)

07:07

5月1日(日)


 今月後半から、楽しみにしていた、

 11連続日のガイドの仕事は、

 キャンセルになりました。


    「お客様が、女性ガイドを

     希望しているので、降りてほしい。」

 

  と言われ、山田、真っ青。げっそり

  一応、2週間以上前のキャンセルなので、

  キャンセル料は発生せず、

  請求権はありません。

  まあ、しかも、前回は、山田側の、オーバーブッキングで、

  多少、迷惑を掛けているので、お互いさま、と言ったところ・・・

  だけど、やっぱり、熱にうなされる。

  だって、25000円×11=275000円

  しかも、これ、JFGじゃないので、

  手数料を持っていかれることもない。

  狩りでいえば、野鹿を撃ち損ねたようなもの。

  ネコで言えば、イタチを取り逃がしたようなもの。

  密漁業者でいえば、

  真珠を撮る前に、湾岸警察に逮捕されたようなもの。

  いや、これは、当然か。たとえが、悪かった。

  まあ、とにかく、大きな仕事が逃げて行ったんだ。

  山田は,そういえば、その昔、嫁さんに、逃げられた。

  まあ、あれは、山田が悪かった。

  暴力を振るったのだから。

  逃げられて、自業自得。

  でも、今回の仕事は、無実の罪のお仕置きだ。

  

  ヾ(@^▽^@)ノ


  【 神様: なあ、お前、

        11日間も、家を空けたらあかんよ。 】


  何か、そんな風に、

  神様が言っておられるような気がします。

   山田の父は、心臓病の他、腰痛、膝関節痛、糖尿、

   泌尿器(前立腺肥大)、背骨の圧迫骨折・・・

  と、まあ、麻雀に例えると、

  ハネ満(満貫より、2翻多い役の上がり)

  大病弱人。病気のプロフェッショナル

  11日間も放ったらかしにするのは、

  たとえ、20万円稼ごうとも、

  親不孝。それは、神様も嘉しないことなのであろう。


  ということで、気が抜けたような、山田であります。


  今度の仕事のことは、

  書けないので、先日の仕事の続きでも

  書こうかね。

  

  あれは、4月13日の仕事。


  【4月13日】

 

  

 神戸ANAクラウンプラザにお迎えです。

 きょうは、山田にとっては、最終日。

 

  「大阪観光」

 なのですが、午前中は、

 まだ神戸大学医学部の会議となっています。

 バスは、午前8時に迎えに来ました。

 山田、また、あのロビーでコーヒーを飲んでいます。

 クロワッサンをボロボロこぼしながら・・・

 一口食べては、ボロボロボロ

 二口食べては、ボロボロボロリン

 テーブルに雪が積もります。茶色い雪。

 雪の白樺並木、夕日が映える〜るんるん  


春子さん:  山田さん、おはようございます。

       きょうは、最終日ですね。

       よろしくお願いします。 


山田   : はい、お世話になりました。

       もう一日、お付き合い下さい。


  春子さんも、コーヒーとクロワッサンです。

  山田、どのように、

  お召し上がりになるのか、観察研究して、

  自分に、取り入れようと思ったが・・・

  春子さんの携帯に電話。

  春子さんは、クロワッサンを紙ナプキンに包んで、

  トートバッッグにしまい込みます。


  【教訓】  授業料を払わないと、

        正しいクロワッサンの食べ方は学べない。


 バスが到着しました。

 ミネラルウォーター28本を積み込み。

 バナーを積んで、お菓子も積んで、出発準備完了。

 人数を数えます。28名。オーケー。出発〜。


  【神戸大学医学部付属病院】


   前回と同じ大学病院の会議室です。

   まず、バナーを前列の人、全員でもって、

   集合写真。 ホストの教授は、真ん中です。

   イサ ダロワ タトロ 

   フィリピン語で、1、2、3 の意味。

   

   これが、フィリピン流、写真の取り方。



春子さん : 山田さん、どうしますか?


山田   : 聞いていても、さっぱり、わからないし、

       居眠りでもしたら、

       いけないので、外で待ってます。

       用事があれば、携帯で知らせて

       ください。近くにいますので・・


春子さん: わかりました。

      では、その間、USJの入場券が

      いくらするのか、調べて

      おいて、いただけます?

      きょう、これから、直行する組があるのです。

  

山田   : はいよ。

   USJでは、この4月1日より、

   入場料金の価格改定がありました。

   

   山田のスマホは、ヤフースマホ。検索は、ヤフー検索。

   調べたところ、

   

    大人   : 7200円

    シニア  : 6470円 

    子供   : 4980円

   シニア身障者 : 3600円     

   子供身障者  : 2490円

 

   かなりの値上げになっています。

   毎日、何万人の人が訪れるUSJ。

   1万人だとしても、7000万円。

   たぶん、毎日、億単位のお金でっせ。

   ディズニーが儲けてはるんでっしゃろなあ。

   宿題が終わったので、山田、

   1階の売店で、コーヒーを買って、すすっていました。

  

   そこへ、バスのドライバーさんがやってきた。


ドライバーさん: やあ、どうも。


山田     : どうも、どうも。


  お互い、話題のない、他人というのは、

  こういう会話になってしまいます。


   【会議終了】


  会議が終わりました。 

  会議室から、バスに誘導するのであるが、

  方向音痴の山田、困っちゃう。

  えーい、どこかへ、行くだろう。

   「こちらですよ。」

  と、言いかけて、振り返ると、

  誰も、ついてこない。


  【教訓】 人望の薄い人物には、人は、誰もついてこない。

  山田、だいぶん、遠回りして、

  バスのところに、やっと、たどり着きました。

  (;^_^A


  【感想文】    神戸大学病院の、会議室は、一度入ると、

          なかなか、出られない、迷路です。



大阪へ出発】


   結局、USJに行く人はいません。全員、市内観光。

   阪神高速京橋入り口から、高速へ、上がります。

   マイクは、春子さんが持ちます。


   一通りの行程説明が済むと、山田にバトンタッチ。

   神戸の歴史, 神戸の人口、など、

   神戸なんでも話を繰り広げます。

   ちなみに、神戸は、最近、人口を福岡市に、抜かれました。

   まあ、説明するときは、どちらも、150万ですけどね。


   神戸大学病院は、源平、一の谷の合戦のとき、

   鵯越えの奇襲を仕掛けた場所。

   源義経は、他の勇者たちとともに、

   崖を騎馬で、駆け下り、平家を翻弄させた。

   ただし、源平合戦の話は、致しません。

   

   するときもあるのですが、

   今回のお客様は、 

   そういう話は、あまりお好きでは、なさそうです。   

   神戸大学病院のある有馬街道

   (国道428号線)の果てに温泉があり、聖徳太子

   お湯に浸かったとか、せいぜい、それぐらいの話。 

   バスは、すでに、芦屋あたりに来ています。

   芦屋夫人の話。

   昭和3年に出版された、丸尾 長顕の著作、

    「芦屋夫人」

   話題作となり、セレブの先駆けとなった話。

   豪邸の話と

   一般庶民の暮らす普通の家屋の間取りの説明

   平均サラリーマンの月収。平均家賃。家族構成。

  

   さらに、年金の話。

   灘の酒造の話。

    

   神戸やくざの話。  

  

   西宮から、甲子園球場と、高校野球の話。

 

   なんでも、かんでも、話にします。

 

   観光バスのガイドさんと、

   大きく違うのは、こういう点です。

   我々は、あまり、

   詳しい、正しい、歴史話はしません。

 

   それより、将軍と天皇の違いについて、とか、

   神社とお寺の違いについて、とか、

   浴衣は、いつ着る着物であるとか、

   留めそでと振袖の違い目など、

   我々日本人には、当たり前のことでも、

   このバスのみなさんには、初めてのこと。

   もちろん、我ら、通訳ガイドにも、わからない質問が

   飛んできます。


     「なぜ、屋根瓦は、

      平らな面じゃなく、カーブしているんだ?」

  

    とか、

    そんなこと、山田には、わかりませんが、

    聞かれたら、答えなくては、なりません。

   

     「あれは、波だよ。甍の波と、

      ”こいのぼり” がセットなんだ。」

    

     「タトゥーといれずみは違うのか?」


     「タトゥーは、若者がするもの。

      いれずみは、日本のギャングがする。」

    

     「ギャングはなぜ、いれずみをするのか?」


     「 あれは、ランキング表示だ。

       ランクの高いやくざは、

       全身にいれずみをする。 

       その代表的デザインは、唐獅子牡丹だ。」


山田 : Chinese lion and

      peony are always set in painting.

    

     獅子と牡丹はいつもセットで描かれるんです。       

     Powerful and beautiful

are always set in painting.

     力と美はセットで描かれるのです。

     Tiger、symbol of power and bamboo,

     symbol of elegance

     are set painting in design.

     虎と竹はセットです。力と美の象徴ですから。

     Clouds and climbing dragon are set design.

     雲と登り龍もセット。

    

     マイクを持ったら、あること、ないこと、

     なんでもしゃべりまくる。

      

     そうして、何とか、淀川までやって来た。

     河口に、USJ があります・・・(見えていないけど)

     

     なんでも、かんでも、あります・・・

     淀川の流域面積は、全国7位で、

8.240平方km。

     流域面積の世界一は、オビ川で、

2.948.000平方km 

     

     アマゾン川は、7.050.000km

     淀川の長さ         75km


     電信柱の長さとそれに、へばりついている

     セミの長さみたいなものである。


   【大阪

    なんとか、時間をマイクでごまかした。

    ここは、大阪、天下の台所。

    バスは、堺筋道頓堀、つるたんとん前に停車。

    ここで、下車です。橋を渡り、道頓堀通りを歩きます。

    とりあえず、グリコの看板の見えるところまで、ご案内。


   ここで、自由時間、解散、集合は、午後6時。



   【法善寺横丁】


   法善寺に行きたい人は、

   午後5時に、ここ、スタバ前に集合してください。

   そのように案内していたのですが、

   午後5時、現れたのは、たった、お一人。

   たったお一人でも、

   約束は約束。ちゃんと、ご案内しなくちゃ。

   そういうわけで、

   お一人のお客様を、法善寺横丁へ、ご案内。

   ついでに、夫婦善哉をいただいてきました。

   午後5時45分。バスが6時15分になったら、

   迎えに来るとの連絡が入りました。


   善哉を食べている真っ最中。

   まあ、6時15分まで、まだ30分あります。

   ゆっくり、食べましょう。

  阪神タイガースが優勝・・・しなくても、

  公式戦が終わりに近づく、9月、10月ごろは、

  熱狂ファンが、今でも、道頓堀川に飛び込みます。

  この店のママ、

  それを見たくて、わざわざ、旦那さんと、

  見に来るんだとか。 

  お近くにお住まいのようです。


  【バスがきました】    


  午後6時過ぎ。道頓堀通りを堺筋に出たところ。

  もう、バスが来ていました。

  乗り込んだのですが、現場誘導スタッフが来て、

  

   「バスを出発させろ」、

  という。

  そんな、無茶、ゆわんとって。

  まだ、半数以上の人が戻っていません。

  春子さんに連絡を入れます。


   「山田ですけど、バスに乗っています。

    今、バスは、10名です。」


   「はい、了解。こちらは、18名そろっています。

    でも、ひっかけ橋にいますので、

    15分ほど、かかります。」


  誘導係の言うことには、

   「15分も待てないです。

    後ろのバスがまもなく、出発するので、一度出て、

    最後尾につけ直して下さい。」

  

   「仕方がありません。

    とりあえず、動きましょう。」


 ドライバーさんは、気軽に応じてくださいました。

 堺筋長堀通り〜御堂筋〜千日前通り〜元の位置。

 約20分で元の位置。

 今度は、春子さんのグループが待っていました。


   【帰路】

 神戸に帰ります。

 阪神高速阿波座入り口から、3号神戸線へ。

 帰路は、さすがに、お客様もお疲れのご様子。

 もう、ガイドは、しません。

 ルームライトを減光してもらって、

 お休みタイム。

 京橋ランプで、マイクを取ればOK。

 のんびり、行きましょう。

 約40分後、生田川を過ぎました。そろそろです。

 ルームライトを明るくしてもらいました。

 マイクを取ります。


山田 :  Thank you. We'll be back there at

      Hotel Anna Crowne Plaza very soon.

     Our today's driver was Mr. Sakamoto.

      お疲れさま。間もなく、ホテル到着です。

      きょうのドライバーは、坂本さんでした。



ドライバーさん: サンキュー。


春子さん   : And this is Haruko aacompanied with you.

         そして、御供は、春子と、


山田    : Yamada attended.

  山田でした。


みなさん : Thank you.

       This is something we give all of you.

       ありがとね。         

       これ、ちょっとばかりの気持ちです。



   チップが出ました。それも、かなりの額です。

   27人(おひとりはフィリピン添乗員さん)

   が出してくださいました。

   山田、8000円もいただいて、感激。

   随喜の涙を流しました。      


   おしまい

   山田 錦

ダンケダンケ 2016/08/19 00:09 スイスホテルの通訳さんだった人か。

分かるよ。

まーせいぜい小銭を稼いで下さい。

しょうもない人間ですな。

2016-05-01

山田錦の日記 2016年4月1日(金)

17:09

4月1日 (金)


 長いこと、日記を休んでいました。すみません。

 さて、

 今回は、和歌山ツアーのお客様です。

 ではどうぞ。

 いよいよ和歌山ツアー本番です。

 どこも、かしこも、初めて行くところばかり。

 なので、下見に、下見を重ね、準備。

 中国語でいうと、准备好了·。(チュンペイハオラ)

 中国の手旗を用意していたのですが、ご依頼元から、


  「中国の旗ではなく、香港の旗にしてください。」


 との要望が入りました。

 そこで、このツアーの3日前、

 天満橋の赤井旗幕店に、香港の手旗を発注。

 旗は、なんとか、31日、

 つまり昨日の午後に出来上がり、

 父と一緒に、受け取りに行きました。


 ちなみに、父は、山田観光事務所の所長です。


所長 : わしも、行くのか?

     お前、ひとりで行けばいいじゃないか。


山田 : たまには、外に出ようよ。



    ということで、車いすを押して行きました。

    父は、3年前の腰部圧迫骨折が尾を引いて、

    歩くときは、車いすです。


   【京阪山田駅


駅員 : 何?身障者割引のキップですか?

     それなら、身体障害者手帳を見せてください。


山田 : はい、どうぞ。 (なかなか、うるさいやつめ!)


駅員 : あ、1種ですね。半額になります。

     どうぞ、半額ボタンを押してください。

     ホームでは、後ろ寄りでお待ち下さい。

     係が参ります。


   しばらくしたら、駅員さんが、

   ホームと電車に掛ける板を持ってきてくれました。


駅員 : 守口駅で乗り換えられますか?


山田 : めんどうくさいし、

     このまま、天満橋まで、乗っていきます。


駅員 : わかりました。向こうの駅に連絡しておきます。


   そして天満橋駅では、

   駅員さんが、板を持って、待ち構えていました。


   こんなに、いろいろ面倒見てくださって、

   半額とは、恐れいります。

   どうも、ありがとうございます。


    ヾ(@^▽^@)ノ


 とか、いろいろあって、きょうの運びとなりました。


 まず、 

 谷町のトヨタレンタカーに車を取りに行きます。

 本日の車は、14人乗り、トヨタコミューター。


店員:  山田さん、くれぐれも

     事故のないようにお願いします。

     午前8時からが営業時間なので、

     まだ15分早いのです。

     

     つまり、この時間帯で、

     事故が発生した場合、保険が効かないのです。

     

山田 : 了解しました。じゅうぶん、気をつけます。


      


   そうして、安全運転でやってきました。

   ここは、北フロントにある

   インターコンチネンタルホテル。

   車寄せに停めて、お迎えに行こうとしたその時、

   お客様が先に山田を発見。

  

    (以下、お客様のお名前がわからないので、

     仮称を次々に作ります。)


タラピョンさん: Good morning. You must be Yamada san ?

         おはようさんどす。山田はんですろ?


山田      : Good morning.

          Then you are group member

          of Ms. Kora Pepsi Kora?

          おはようさんどす。

          ほな、あんさんが、

          コラ・コーラさんのツアーの方?


タラピョンさん : Yes. And he is my husband.

           さいでがす。ほいで、

          こん人が、うちの亭主。


ポット・テトラさん: Hello. Mr.Yamada.

I'm Pot Tetra. Nice to meet you.

どうも、わてが、ポット・テトラです。

           山田はん、お初に

           お目にかかります。


 

     こうして、次々にご挨拶。

     わずか5分で、全員乗車。出発〜。

      我们 走吧·。行こで。


    予行演習通り、梅田ランプから、阪神高速へ。

    1時間後には、泉南ICを降り、根来寺へ。

    なかなk、順調な滑り出し。

    と、そこへ、雨が・・·下 雨了・・・

    いやん・・・雨です。

    受付で、傘を貸してもらえたので、ほっとしました。

    

    さて、本堂のガイドを・・・と思ったら、


コラコーラさん : 中には、入らないわ。

          サクラが咲いていれば、

          それでいいのよ。



山田      : ・・・(さよか)・・・・



    することがなく、ヒマになったので、

    車に戻ることにしました。

    そして、車中で、次の立ち寄り地、

    和歌山城までのルートをナビにセット。

    

    下見のときとは、ルートが違うようです。


山田    : (ま、いいか。)


    ひとりごとをつぶやきながら、

    本日の立ち寄り地の各所の電話しまくります。

    本日は、営業していますか?

    拝観できますか?などなど。

    ただし、日ノ岬にだけは、問い合わせません。

    なぜなら、先日の下見のおかげで、

    ここは、何もないところだ、

    ということが、わかったからです。


     【教訓】


    春は、襟裳岬と日ノ岬には、何もない。


    1時間後、次の場所、和歌山城に向けて出発。

    車では、中国語が飛び交っています。

    ただし、この中国語は、北京語ではなく、

    広東語です。

    

    いくらゴタが、中国語を習っているからといって

    この彼らの

    話す言葉は、わかりません。

    でも、気を使ってくれて、ときどき、

    英語を交えてくださいます。


    【和歌山城

   1時間後、和歌山城に到着。

   ナビは、前回と違って、駐車場に直行。

   どうやら、ナビのセットの仕方が

   関係あったのかもしれない。

   まあ、おかげで、時間のロスがなく、

   やってこられました。

    が、

   ここでも、みなさん、天守閣には、入らない、

   とおっしゃいます。

   

     (そんなぁ。入りたまえよ。)

       

     

   と思ってみても、押し売りは出来ません。      


    (俺様は、刑務所から出てきたばかりだが、

     このゴムひもを買ってくれよ)

   と、言うのと同じ。

   よって、がまん。


   で、みなさまは、桜を見つけるたび、お写真です。

   雨がまた、降り始めました。

   山田、傘がないので、どうしよう、と思っていたところ、

   コラコーラさんの従弟だというアイーダさんが、

   傘を貸してくださいました。

   その傘をさして、先に車に戻ります。

   そして、次の立ち寄り地、「黒潮市場」

   までのルートをナビにセットします。

   セット完了。

   ルートが、下見のときと、また違っています。

   困ったもんだ!

   同じトヨタの車なのに。

   同じレンタカー店舗で、借りた車なのに。


山田  :   なぜ違うルートが出てくるの?


天の声 :   それはね。ナビをセットした人が違うから。


山田  :   セットの仕方が違うと、ルートも変わるの?


天の声 :   そりゃ君、焼肉の店で、

        AセットとBセットじゃ、肉の種類が

        変わるじゃないか。

        

        Aセットには、カルビが多く、

        Bセットには、ロース

        肉が多い。Cセットには、ユッケが付いている。


ゴタ  :   いったい、どこの焼肉店のことだよ。 


天の声 :   わしは、焼肉が食べたいのだよ。

        このツアーが終わったら、

        食べに行こうじゃないか。 


    【黒潮市場】

   みなさん、お城からお戻りです。

   では、昼食場所の黒潮市場に行きます。

  

   ·我们走吧· (ウォーメンツォーパ) 行きましょうで。

   岬の北岸を行きます。

   ぐるりと岬を南に回り込んで、下見のときと、反対

   方向からやってきました。

   なので、ちょっと、まごつきながら、走ります。


アダムスさん : あれじゃないの?


  言われる方向を見ると、確かに、先日駐車したPです。


山田     : Oh yes. That's what I was looking for.

          ああ、そうでんがな。あれですわ。


     下見のときと違うのは、きょうは、雨で、人が少ない。

     しかも、屋外での食事は、雨で不可。

     受付で聞いてみると、

     ちゃんと、屋内の食堂がありました。


コラコーラさん: 山田はん、一緒に食べましょ。


     お誘いいただきました。

     ついでに、お相伴に預かり、お寿司

     およばれに。

     ガイドという職業は、この食事時がつらいところ。

     食べたい気持ちを抑えて、

     各テーブルを周り、食材の説明などをいたします・・・・

     そして、お茶などを入れて差し上げます・・・・    

     と、

     いうのは、教科書の中の話。

     山田は、おかまいなしに、食べました。 

     これって、ガイド失格ですけどな。

      

     そこで、思いました。

     山田の場合、昼食なしツアーのほうが、似合っている!

   

       

      「食事なんて、車中で食べれば、

       いいのだよ。時間の節約にもなるし。」

   

     という持論を生み出した。

     


   【海南ICから高速道路で、御坊へ】


    午後の行程表は、「道成寺」と「日の岬」

    海南ICから高速にあがります。

   

    阪和自動車道は、湯浅御坊道路と名前を変えています。

    李香蘭山口淑子に名前を変えるように。

    

    大瀬康一が隠密剣士に変わるように。

    帆を持ったはずが、舳先に変わる騙し船のように、

    そのように、

    和歌山に入った阪和自動車道は、名前が変わる。

    そして、御坊ICで降りて、

    ぐるりと右に曲がって、橋を渡り、また右に。

    川沿いを少し走って、今度は左に。

    そこに道成寺はあった。

     

    雨上がりの靄にひっそりと佇む古刹

    ここは、安珍が修行を積んだ寺。

    清姫が蛇になった寺。

    可哀想に、清姫は、釣り鐘を被せられてしまった寺。

    まあ、蛇だけど。

    ちょっと、可哀想だよ。

    そのストーリーを英語でしてくれるというご住職。

    先日、訪問して、

    英語でのお話をお願いしていたものだから、

    住職自ら、宝物殿に待機。


     が、


    みなさん、

     「サクラの撮影が目的だから、

      お話なんて、いらないわ。」

    そんなこと、言われたら、山田、困っちゃう。

    住職も困っちゃった。


住職 : 用意してきた中国語パンフレット

     そしたら、これ、みなさんに

     差し上げてください。



山田 : すみません。



コラコーラさんから、注文が入りました。


  「インターコンチネンタル・ホテルに帰ったら、

   ANAクラウンプラザまで、

   荷物を運んでほしいのだけど、いいかしら?」


  「いいとも。」


 この運搬時間を30分として、

 そして、帰りの高速の渋滞を30分として、

 計上すると、もう、この道成寺の見学を終わったら、

 大阪へ帰ったほうが

 いいと判断。


 そして、車で待機していると、みなさん、お戻りです。


 只今、時刻は、午後4時30分。 

  「もう帰りましょう。」

  と、山田。


  「そんなこといわず、

   日ノ岬パークに連れて行ってよ。」

  

  と、コラコーラさん。


 ナビには、ホテル帰着まで、2時間10分と出ています。

 つまり、6時40分に到着だ。これに、さきほどの30分と

 渋滞30分を足すと、7時40分。

 そして、日ノ岬への所要は、20分。

 つまり、日ノ岬に行けば、

 午後8時までのレンタカー返却はできない。

 できないということは、12時間レンタルから、

 24時間レンタルに変更となる。

 となると、追加料金が発生する。

 

 5000円以上アップするので、

 なんとしても 午後7時には、ホテルに着けたいところ。


 人は人生に窮するとき、信心を始める。

 山田は、このとき、何を信じたか?

 ナビが、渋滞時間も計算の上、

 2時間10分を表示しているのだろうと、信じた。


  【教訓】 信じる者は救われる。


 これに、希望的観測を加える。希望的観測とは何か?

 それは、次の通り。

  【希望的観測】 

   インターコンチネンタルホテルから、

   レンタカー店に行く途中に

   ANAクラウンプラザがあるのだから、

   時間ロスは、あんまりでない。


 ということで、日ノ岬パークに行くことに決定。

 

  

  でこぼこ道を走ります。日ノ岬黄金道路。

  七曲がりの道もあります。日ノ岬七曲がり道路。

  そして、ついに、やってきた。

  日ノ岬夕日の丘 (・・と勝ってに命名した)

  桜と海景が美しい丘です。

  気の毒だが、ここは、5分間。

  だって、5000円アップは、できません。

  今更、追加料金はいただけない。

  

  時間も予算も、ぎりぎりのツアー。

  すっとんで、帰ります。

  といっても、やはり、安全第一。

  休憩時間は、助松で10分間、しっかりと費やします。

  午後、6時30分。

  楽勝でインターコンチネンタルに帰着。

  さらに、荷物はすでに、一階に運ばれていました。

  すぐに積み込んで、出発・・・

  と思ったら、4人、男性陣が乗車。

  荷物の管理係なんだそうです。

   

  「よかった。

   ベルデスクに依頼する時間が省けた。」 


  午後6時45分。ANAクラウンプラザ到着。

  そして、みなさんとお別れ。

  午後7時15分。

  

  8時まで、45分を残しながら、レンタカー返却。

  おしま〜い。


  山田錦 

2015-05-08

山田 クマモンの日記 5

05:52

2015年 2月22日 (日)


  【ホテル日航大阪、午前8時】


  久々の仕事です。 お客様は、イスラエル人男性、

  サミュエル ダヴィール様。


  【ゲスト・リレーションズ】


山田    : お世話になります。

SHMUEL DVIR 様の・・・



コンシェ

ルジュさん : ああ、山田さん、おはようございます。

        もう、そちらで、お待ちですよ。

        サミュエル・ドビュール様は・・


   見ると、にこにこ笑顔の、

   サミュエルさんが、そこには、立っていました。    



サミュエ

ルさん : Good morning. I'm Mr. Shmuel Dvir.

Nice to meet you.

おはようございます。

      サミュエル・ドヴィールです。

      初めまして。


山田  : Good morning. I'm Nishiki Yamada,

your tour guide today.

I'm pleased to meet you.

ガイドの山田錦でっさ。

      よろしゅうに。


  

    本日のツアーは、京都観光6時間。

    午後2時までに、ホテルに戻ります。 

    午後2時に、ドヴィールさんは、ここで、ある人

    との面会があるのだそうです。

    忙しい企業交渉の合間を縫っての

    京都観光です。

    その観光費用は、ドヴィールさんの会社から

    出るらしく、これからかかるすべての出費に、

    領収所をもらってほしいとのこと。


山田 : OK. No sweat.(お安いご用だっせ。)


   No sweat というのは、俗語で、砕けすぎている

   ので、使わない方がよい。

   でも、使ってしまったのは、仕方がない。


    【英会話レッスン】

   No sweat も Sure も お客様には、使うな!

   なれなれしすぎる!


   では、どういうか?

   Fine

でいいんじゃない?


   京都へ、どうやっていくか?

   サミュエルさんは、すべて、ガイドの私に、

   任せるという。

   任せてもらったら、淀屋橋から、京阪電車で、

   祗園四条へ、とりあえず、出る。

   これは、京都観光の定跡。

   将棋でいえば、矢倉戦法みたいなもの。

   麻雀でいえば、タンヤオ、ピンフみたいなもの。

   高校野球でいえば、送りバントみたいなもの。

   あったりまえの、行きかたでございます。

   仮に、途中で、

     「伏見稲荷に行きたい。」、

   と言われても、樟葉で、急行に乗り換えれば、

   簡単に、立寄りが可能。

(と思ったが、急行は、くずは止まり。)


   これは、京阪電車が悪い。

   何やっとんねん。

   くずはで、急行を終わらすな!

   伏見稲荷へ行かれるみなさまへ。

  

   仕方がないので、特急に乗って、

   丹波橋で、乗り換えて、伏見稲荷駅

   で下車して下さい。

   きつねが迎えに参ります・・・・なわけおまへん

   京阪電車のいいところは、

 

   他に、たとえば、

     「東福寺


   と言われれば、

    「東福寺駅

   で下車できる。

   つまり、どこにでも行ける・・・

   細胞に喩えると、IPS細胞みたいなものだ・・・

   かな?


   さて、ホテル前のタクシーで淀屋橋まで行きます。

   ターミナル駅なので、特急に座れるからです。

   サミュエルさん、

 「SUICA」 カードをお持ちです。

   ですが、残念ながら、

   このカードは、大阪じゃ、通用しません。


   SUICA も ICOCA も 

通用するようにして欲しいモノですな。

   

   大阪都構想が実を結んだら、そうなるのでしょうか?


   京阪特急の車窓からは、パナソニックが見えます。

   ちょっと、遠くにだけど、守口の本社も見えます。

   サミュエルさんは、英語のほか、母語ヘブライ語と、

   フランス語が、ペラペラ。

   山田は、薄い脳みそがペラペラ。

  

山田  : I know one Hebrew word.


サミュエ

ルさん : Oh what is it ?


山田  : Shalom.


サミュエ

ルさん : Oh great !


祗園四条駅に着きました。

  エスカレーターで、地上に出ます。

地上には、出雲の阿国ねえさんが、

小刀かかえ、小粋に

  立っています。


山田  :  She is Okuni of Izumo.

    Do you know Kabuki dancing ?

出雲の阿国ねえさんですわ。

       歌舞伎は、ご存じでっか?        

  

サミュエ

ルさん  : Yes, I do. I'm a little interested in it.

はいな。多少は、興味もっとります。        



   南座前から、縄手通り(大和大路通り)を北へ。

   祗園・白川へ。


山田  :  The street is called Shirakawa street.

The stone paved alley sided with Ochaya.

Ochaya literally means tea house.

But don't conjure up with coffee shop.

Ochaya is where you enjoy wine and dine

accompanied by Maiko and Geiko.

Maiko and Geiko are entertainers who

dance in front of you.   

この 通りは、白川通りって言いまして、

       石畳でっしゃろ。両側は、お茶屋でっせ。

 

       コーヒーショップと、違いますねん。

       ここは、酒と料理を楽しむところです。

       そして、お茶屋といえば、芸舞妓ですなあ。   

       彼女たちは、一種のエンタテナーですわ。

       目の前で、舞も舞ってくれますのや。

    

  ここで、サミュエルさん、

スタバコーヒーが飲みたい

    おっしゃいます。

    何も、わざわざ、京都に来て、

    スタバ(世界中にある)のコーヒーでなくてもいいと

    思うのだが、人の身体は、慣れ親しんだコーヒー

    のほうが、いいんでしょうなあ。

    さて、三条大橋西詰めに鴨川を見下ろしながら

    コーヒーが飲めるスタバに行きます。

   

    ここは、常時、日本人より、海外からの旅行者

    の方が多い、コーヒー屋さん。

    行き交う言葉は、英語、スペイン語イタリア語

    中国語・・マンマミーア !

    コーヒーと、サンドイッチで、腹ごしらえ。

    観光の準備完了!

    三条河原町まで、歩いて、

シズヤ前のタクシー乗り場

    から、タクシーに乗ります。

    行き先は、二条城。東大手門が、工事中のため

    竹屋町に回ります。

    そして、ここ、「北大手門」 

と呼ばれるところで、タクシーを下車。

    あとは、二条城の係員の誘導に従って、進みます。

    

    二条城は、天守閣をもたない城です。

そもそも、天守閣

    構築する必要はなかったのです。

    1600年の関ヶ原の合戦に勝利を収めた徳川家が、

    これ以上、合戦をする必要はなく、あるとすれば、

    ただ一つ、目の上のたんこぶ、大阪城を攻め滅ぼし、

    後々の憂いのタネを

    摘み取っておくことぐらいのもの。

    実際、この二条城は、

大阪城を攻撃する、拠点となりました。

 

    大阪城を攻め落とす前工作として、

家康は、秀頼に、あちこちの

    社寺仏閣の修理、供養などに、

大金を使わせ、財力を弱らせます。

    そういう下工作の権謀術数は、

ここ、二条城で、練られた策だった

    かも知れません。


  【福寿園へ】


    「お茶体験」 の時間がせまってきました。

二条城から、タクシーで、

    四条富小路にある、福寿園へ移動します。

    きょうは、

    いつもの先生ではありませんでした。

    

     ( 日曜日だから、きょうは、

アルバイトの先生なのかな?)

  

    ひとつ、ひとつの説明も、

前回のときよりも、かなり簡略されています。

    しかも、お茶席は、先生と、

お客様おひとりと、お邪魔虫通訳がひとり。

    何とも寂しいかぎり。

    ま、いいか。千利休と勘兵衛が、静かにお茶席に

    座っていると思えば・・・。


利休  : して、親方さまは、何と?


勘兵衛 : やはり、毛利を攻めよと。


利休 :  勘兵衛殿も、ゆかれるのか?


勘兵衛 : 和睦の道を申し上げてきたのであるが、

      もはや、これまで。ゆかねば、なるまい。


  庭先の鹿威しが、コトッと鳴った・・・・


  かも知れない。

実際、ここの福寿園のお茶室には、

  それらしきものが、セットされている。

  今回は、山田には、

お茶が回ってきませんでした。

  でも、これは、アルバイト先生の手抜き。

  やはり、体験なのだから、

自分の立てたお茶を自分で

  服するなんて、おかしいじゃない。

  山田の前に、持ってこなくちゃ!

  とも、思うが、体験は、2700円。

これを1時間かけられたら、

  赤字なのかも。

  京都の中心街で、

5階まるまる貸切状態で、1時間

  2700円とは、しかも、

個人教授付で、2700円とは、

  破格の値段なのかも。

  因みに、将棋を1時間、

プロの先生から、習うと、8000円

  〜16000円。

  やっぱり、福寿園

お茶の体験学習は、お安いのかもね。



   【錦市場】 

  今回も、錦市場に行きました。

  富小路錦から、西へ歩きます。

  市場は、高倉通りまで。高倉を四条に出て、

  ここから、タクシーを拾い、JR京都駅まで。

  JR京都駅から帰ろうとしたのには、

理由がありまして、

  サミュエルさんが、持っていた、「 SUICA 」 が

  使えたら、いいな、と思ったのですが、 

  結局、使えなかった。

  政府は、何だな。観光大国

日本などと、大きな口たたくまえに、

  こういうところを、きちんと、

外国人のために、やってくれなくては!

  

  外国人には、東京も、大阪も、日本なんだよ。


山田  :  Tokyoite can use SUICA card

only in eastern Japan.

  東京人は、東日本

そのSUICAを使ってますねん。


サミュエ

ルさん : Does that mean there's

another card that they issue in Osaka ?

それは、何でっか。

大阪にも、そういうカードがありまんのか?


山田  : Yes, we have ICOCA card here

      in Kansai area.

      さよだっせ。 

      こっちは、イコカっちゅうカードや。


サミュエ

ルさん : ICACO card ?

      イカコ ?


山田  : イカコちゃうわい。イコカ、やがな。


サミュエ

ルさん : オオサカ イコカ ?


   山田、びっくり。

これって、サミュエルさん、日本語

   知っているって、ことですよね?!


山田  : オオサカ カエル


サミュエ

ルさん : Oh, let's go back.

       カエローぜ。


     新快速で、瞬く間に、オオサカです。

     そして、地下鉄御堂筋」線に乗り、

     心斎橋へ。こうして、ホテル日航に戻りました。

     帰着委時刻は、午後2時。


サミュエ

ルさん  :   Thank you !

          おおきに!

山田   :   Thank you !

         こちらこそ!


     こうして、山田の6時間仕事が終了しました。

      

      おしまい

      山田 錦




   

 

f:id:elegance555:20150509055755j:image

f:id:elegance555:20150509055728j:image

f:id:elegance555:20150509055726p:imagef:id:elegance555:20150509055935j:image

2015-02-02

山田クマモンの日記 4 

14:33

1月30日 (金)



  ゆかねばならぬ。おとめくださるな、妙心どの。


  で、


  どこへ、ゆかねばならんのかというと、

南禅寺、「八千代旅館」。


  きょうのお仕事は、ここの、「浮舟の間」 に

  お泊りのアメリカ人2名様。

  午前10時がツアー出発時間。

  でもって、9時40分にやってきた。

  

  宿に着くと、支配人さんが、中に

  入れてくださいました。ロビーで、待つことに。

  


  待っている間に、きょうの、行先をチェック。

  ご依頼を受けたときは、

   「お寺の禅を体験したい。」

  とのことでしたが、

  これは、京都市内で、

  金曜日にやっているお寺がないので、

  宇治の「萬福寺」 に行くことになります。

  一応、仮予約は入れていたのですが、

 

  ここを選べば、所要4時間。つまり、きょうの

  6時間コースの大半が

  ここで、潰れてしまいます。


  もう一か所、行先チェックをします。

  それは、きょうは、お抹茶の体験があります。

  受け入れ先の「福寿園」に、確認電話をしたり、

  結構、することがあります。

  そこへもってきて、ご依頼のフィリップ様が、

  ロビーで、オーストラリアの女性と仲良くなって、

  結局、オーストラリア人女性2名も、ご参加。

  山田のガイド料金は、

  2名様でも、4名様でも、同じ料金。

   

フィリップさんと : Can they join us ?

ジミーさん      彼女たちも、参加いいかい?


山田       : Why not ?

  いいっしょ。


メラニーさんと  : Thank you.

カレンさん       ありがとね。



   クライアントが4名、

   ガイドが1名・・ということは、

   ドライバーさんを入れると、6名。

   ちなみに、ガイド料金は、9名様までは、

   料金は変わりません。

   10名様から、5000円アップになりますが、

   本日は、4名様。

   この場合、何が問題かといえば、

   タクシーに乗りにくくなる、ということ。

   つまり、タクシーは、

  

   トヨタクラウン5人乗りセダンが主流なので、

   ドライバーさんを1名と数えて、6名。

   そこで、6人乗りセダン

   探してもらうことになりますが、

   これが、なかなか、難しい。

   なぜか?

   それは、6人乗りセダンは、

   前席3名、後部座席3名

   が座るように設計されている。

   前が、3人ということは、

   セパレートシートではなく、

   ベンチシートだということ。

   このベンチシートが、近年、警察の指導で、

   各メーカーは、生産を打ち切りました。

   生産打ち切りから、、6年以上経過した現在、

   さすがに、この京都でも、

   めっきり、6人乗りセダンの数は、 

   減少しました。 

   

   

    ヾ(@^▽^@)ノ


    さて、6人乗りタクシーが、

    無事、お迎えにやってきて

    くださいました。


    座る位置ですが、こういう場合、

    ガイドは、前の真ん中になります。

    ここは、シートベルトがありません。

    交通事故にあったら、まっさきに

    死ぬことのできる場所。

    天国にもっとも近い席。いいなあ。

    山田の隣に、フィリップさんが乗ります。

    後部には、オーストラリア美女2名。

    そして、ジミー青年。

 

    ジミー青年のお年は、聞いていませんが、

    とても、お若いようで、きっと、25歳くらいの

    誰もが、あこがれる年代。

    オーストラリア美女

    プラス10年〜15年ってとこか?

    背の高いメラニーさんも、 

    小柄のカレンさんも、

    35・・・40・・・いや、女性の歳は、

    しゃべると、マナー違反か。 

         

   

   

 

    【タクシーで、河原町へやってきた】


_   京都の一番の繁華街は、どこですか?

  

_   はい、それは、河原町です。


_   河原町は、どんなところですか?


_   人だかりの町です。百貨店があります。

     「人だかりの町」 

    という歌謡曲があったような・・・

    ああ、あれは、小柳ルミ子

    「雪あかりの町」でした。

     

     こちら、人ばかりの町・・・四条河原町

     我々のタクシーは、

     そこから、さらに西へ、4筋、

     富小路というところに着きました。

     ここが、お茶で有名な「福寿園」。

     お抹茶を立てる体験学習は、お一人、2700円。

     ガイドは、無料。 (ちょっと、うれしい)


    

茶室の先生 : お茶室に入る前に、

         手水(ちょうず)で、

手洗いをします。


名(迷)通訳 : Before entering the room,

         we are supposed to wash hands.


茶室の先生 : 柄杓に水を一杯すくって、左手、

         それから、右手に掛けます。 


迷人通訳   : Fill the water

        in this dipper and pour

         onto your left then right hand.


茶室の先生 : それから、口をゆすぐのですが、

         飲まないようにね。


迷人通訳   : Last of all, rinse your mouth

         with the rest of water.

        最後は、残った水で、口を

        ゆすぎなはれ。


    お茶室の先生が山田に注文。


     「 だめよ。ちゃんと、水は、

       飲まないって、言ってあげなくちゃ。」  


実は、この先生、英語がペラペラなのでした。



     【教訓】  能ある鷹は、爪を隠す。

    


先生 :  さて、正式のお茶会では、

      お茶室には、この、

にじり口」 

から入ります。

客は、ここで、戸に注意します。

     戸が、このように、

少し、空いている状態が、

      「どうぞ、お入りください。」

     という合図になるのです。

      完全に閉まっているときは、


      「今、しばらくお待ちください。」


     という意味になります。



山田 : At a formal tea ceremony,

guests are supposed to enter the room

through this small

door called " Nijiri-Guchi".


Be sure to check if the sliding door is

a little open (about 1〜3 cm).

This shows " please come in."

If you find the door is shut tight,

that's the sign of waiting a moment. 


先生 : さあ、そうしましたら

今、戸は、2センチほど、

     空いていますよね。茶室の主人の、どうぞ、

      という合図です。

      さあ、入りましょう。


山田 :  Now the door is about 2 cm

open as you see.

This is the message from the host

that this is the time.

      The time we go inside. 



  【お茶室にて】


   釜には、お湯が沸いています。

   私たちは、先生が指定した場所に

   座ります。

   先生は、まず、お茶のいわれから、

   語り始めます。



先生 : お茶はね。中国で、禅僧たちが、

     飲み始めたことから、始まりました。 

     座禅で、居眠りしなくなるのよ、ね。


迷通訳: Custom began in old China

of drinking tea among Zen Buddhist monks.

     Partly because the tea

     keeps you from a doze

     during meditation.


フィリッ

プさん : When do we eat the sweets ?

      いつ、このお菓子を食べるの?


先生  : 今、もう、召し上がってください。

      お茶をいただく、少し前に、どうぞ。


迷通訳 : Please have it now.

      This is the timing for it.


迷通訳は、ここから、独走。先生の言葉を待たず、

  知識をひけらかす。


山田 : As we Japanese don't

put sugar in the tea,

it feels you a little bitter.

So it is necessary to welcome

the bitterness by

taking so much sweetness.

日本人って、お茶に砂糖を

入れないじゃない。

     それで、お茶って、苦いものでしょ。

それで、

     苦さを歓迎するため、先に、

甘味を取るんですよ。     


  先生は、頷いてらしたので

山田の説明で、まる。正解。


メラニ

ーさん: When was the tea introduced into Japan ?

お茶が日本に入ったのは、いつごろなの?


山田 : It dates back to the Kamakura

period about

800 years ago when

Buddhist monks brought

back to Japan.

Among them, Priest Myoe

is the most famouse.

     800年前の鎌倉時代にさかのぼります。

     禅僧が中国から、もたらしました。

     彼らの中で、明恵上人は、特に、有名です。



   いよいよ、始まります。

   先生は、畳の中にある釜から、お湯を

   ひしゃくで、すくい上げます。


   釜は、kettle でいいと思います。

cauldron は大釜

   のことなので、ちょっと違うかな、

と思いました。

 

   なつめ 

(tea case とやりましたが、本では 

tea caddy)

     

から、

お茶(green powdered tea) を

     茶杓 (tea ladle ) で2杯、

茶碗(tea bowl) に入れ、

     ひしゃく(water dipper )

約半分の湯を茶碗に注ぎ入れます。

   そして、あの散髪屋にある、

あのヒゲソリするときの石鹸を

  ぞりぞり顔につけるブラシ・・・

そう、思い出した、茶筅

   茶せん(bamboo tea whisk) で、

泡立てるように、混ぜます。

     

( muddle と言ってみましたが、

stir と言い直しました。)

    

( でも whip の方がよかったかな?)


      

先生 : お茶椀は、あなたと

     次の方との間に置かれます。

     そうしますと、あなたは、次の方に、

     軽く会釈をして、

     先に頂戴する旨を述べます。

     

 「お先に。」とか、「失礼します。」とか、

     お声を掛けたりします。


山田 : The host puts the tea bowl

between you and the next guest.

What you do is to address the

excuse to your neighbor.



先生 : そしたら、お茶椀を、

ご自分の前に置きます。

     そして、

       「お点前頂戴いたします。」

     と言いいます。

    

山田 : Move the bowl in front of you,

and give utterance

Otemae chodai shimasu.



先生 : だめよ。難しすぎるわよ。 そこは、

       「サンキュー」

でいいんじゃないかしら?


メアリ

さん  : Thank you.



先生 : そしたら、 お茶碗を3度、

右に回して下さい。

     絵柄を、主人側に向けて、飲みます。


山田 : Now.,turn the bowl clockwise.

Make three times move so that

the picture part comes facing

the host.     


先生 : そんなこと言ってないけど、まあそうです。

      絵柄を汚さないようにという意味で。


山田 : 流派によって違うのかな?

      あ、すみません。いらぬことを言って。


先生 : 流派というより、今回、一度だけのお稽古

     なので、細かな点は、問わずに、

     お茶とは、どういうものかを

     体験していただくのが、主眼です。



   このあと、本来は、口のついたところを、指で

   拭いたりするところもあるのですが、

   衛生上、ここでは、

   1回、1回、新しいお茶碗を用意して

   体験します。


   そういえば、大徳寺で、

お茶をいただいたときは、

   お菓子を懐紙に取りましたが、ここでは、何も

   用意しなくても、大丈夫でした。


   メラニーさんのお点前が、

   素晴らしく、これには、先生も

   絶賛。

   ただし、そのお茶は、

   フィリップさんが飲まれました。

   (全員に回りません。)

   フィリップさんの立てたお茶は、カレンさんが、

   カレンさん入れたお茶は、ジミーさんが、

   ジミーさんのお点前のお茶は、

   なぜだか、山田が頂きました。

    

     「結構な、おふく加減で。」


   と言ったら、みなさん、お稽古。


     「Kekko Naoko De 」


    「違います。結構なおふく加減。」


    「Kekko Naoko Kageeda」


先生 : 通訳さん、あなた、それは、無理よ。

     日本人でも、練習して言う言葉なんだから。


山田 : それも、そうやな。



   お茶の時間は終わりました。

   先生は、床の間と掛け軸の

   説明に入ります。

   掛け軸の言葉は、忘れてしまいましたが、

   全部、漢字でした。

   梅という漢字と、蕾に相当する難しい漢字と、

   雪という漢字。

   

   あと深山幽谷に相当する言い回しの漢字。

   ハハハ 無教養なので、

   あんまり思い出せない・・・すんません。

   先生が解説するところ、


  「 掛け軸は、季節、

季節に応じたものを掛け替えます。

    今は、梅が開く前、

冠雪の梅花が、蕾の状態で、

    春を待っている、

という風景を詩っています。」


山田 : ほう、なるほど。

     (どない、通訳しょーかな?)

      A plum tree is waiting for Spring

      its bud wearing snow on top

      in the deep of the mountain.

   

みな

さん : Oh beautiful.

     オー ビューラフォー。


    ヾ(@^▽^@)ノ


  何とか、通じたので、ねえかい。


  

   《お買い物》


   お茶の体験 (tea ceremony experience)

   が終了しました。

   みなさん、茶道具を買って帰りたいと、

   おっしゃいます。

   幸い、福寿園は、お茶の専門店。

   一応、それなりに、

   お茶の一式 ( tea ceremony gear で、いいか?)

   は、売っているようです。

   メラニーさんと、フィリップさんは、ご家族を

   楽しませようと、たくさんお買い込み。

   毎度、ありがとうございます。


     【錦市場


   お散歩の時間です。市場の中をお散歩。

   というか、楽しい買い食い。

   さっき、食べた「梅」の饅頭が恋しいのか、

   お饅頭を

   見る度、立ち止まり、お訪ねです。


フィリッ

プさん : What is this manju made of ?

      これ、何の饅頭やろ?


山田  : Sweet bean paste covered with rice cake

      and coated with green tea powder.

      何か、おもちに、抹茶ふりかけてあって、

      中は、あんこや。     

    

フィリッ

プさん : I'll try one.

      食べてみるわ。


お店の人: 粒あんと、こしあんが

      ありますけど、どっちが

      よろしい?


山田  : There are two types of sweet beans.

      One is strained

      the other not strained remaining whole.    

      Which do you like ?

       粒あんと、漉しあんがあんねんてえ。

      どっち、しはります?


フィリッ

プさん  : Which is better ?

どっちがええ?



山田  : I like whole bean type better.

わては、粒あんが好きやけど。



フィリッ

プさん : Alright.

       I'll have that whole bean type of jam.

      オッケー、粒あんタイプにするわ。



【お昼ごはんは、錦市場で】


  イイダコの串刺しが売っていました。

  フィリップさん、買って、

  歩きながら、お召し上がり。

  ところで、イイダコを英語で、どういうのだろう?

  歩きながら、悩んでいたら、


フィリッ

プさん : The baby octopus tastes very good.

      うめえわ、このチビ鮹。


山田  : That's good.

      よかったね。


   どうやら、イイダコは、 

   baby octopus と言うようである。


   ヾ(@^▽^@)ノ


   お寿司屋さんを見つけたので、覗いてみた。

   

    「どないやろなあ?」

   と思っていたら、



フィリッ

プさん  : Looks fine.

       Let's take lunch at this restaurant.

       ええんちゃう。

       入ろうな。


  

  どうやら、我々のリーダーは、フィリップさんに

  知らぬ間に決定していたようである。

  注文したメニューの控えが残っています。



  盛り合わせ2合折り詰め 3900円 

  鉄火巻1本          820円

  フィリップさんとジミーさんが、シェア

 点心 (にぎりセット)  カレンさんが注文

 京にしき          メラニーさんが注文

 

 おすすめセット      山田    

     

  お店の方が、山田に尋ねます。


   「どこの国の方?」


   「こっちのお兄さん方がワシントン

    奥の女性が、オーストラリアの、えーと・・・」



メラニーさん: Broome.

Do you know Broome ?

Sister city with Taji in Japan.

        ブルームよ。

ご存じ?

        日本のたじ市と姉妹都市なのよ。


山田     : 知らんなあ。たじ?

          

お店の方  :  但馬やったら知ってるけど。


メラニーさん: We have a lot of tombs that bury

roughly 1000 Japanese people.  

ブルームはなあ、

        日本人のお墓がいっぱいあんねん。

1000人ぐらいのお墓。


山田    : How come ?

なんで、あんのん、お墓が ?


メラニーさん: They were divers who collected

        pearls in the sea.

        潜水夫さんや。真珠とってはってん。

        Most of them were immigrants

from Japan and other countries

from south east Asia.

        They died of caisson disease.

        みんな日本とか、移民の人や。

        潜水病で亡くなりはってん。


山田    : ふーん。



   メラニーさんの話では、ブルームという町は、

   昔から、真珠養殖がさかんで、移民者が、

   潜水作業に従事したのだとか。



     【京都ハンディクラフトセンターへ】


   着物をおみやげに買いたい

   というフィリップさんたち。

   本格的な呉服店の着物は、無理だと思うので、

   京都ハンディクラフトセンターに、移動することに。


   6人乗りタクシーを待っていたが、らちがあかず、

   バスで行くことにした。

   リーダーのフィリップさんが、スマホで、検索し、

   乗るバスがわかった。201系統のバスである。

   203系統のバスが来ました。

   熊野神社経由の表示があったので、

   これに、乗ることに決定。

   決定委員長は、今回は、山田。

   Okay guys ! let's get on !

   野郎ども、乗るぜ〜!

          

    走る人

   うまく全員座れました。

   バスは、東国原・・・ではなく、そのまんま東へ。

   東の突き当たりに、八坂神社があります。

   御祭神は、素戔嗚尊スサノオノミコト)。

   656年、高麗の使者、

   伊利之が新羅国のスサノオノミコト

   を分霊して、山城の地に奉齋したのが始まりだとか。

   バスは、八坂神社から、今度は、北へ。

   そして、熊野の交差店

     (聖護院八つ橋の本店前)を右折。

   すぐのところが、バス停です。おひとり、230円。

   無事、全員下車。

   「京都ハンディクラフトセンター」は、

   

    ここから、東へ、100m。

   東館は、現在、1Fのみが営業。

   来る度、寂れる西館。

   一句

   【 ハンクラや 来るたび寂し 西の館 】 


   この5、6年で、みるみるすさんでいった

   京都ハンディクラフトセンター。

   その主な理由のひとつは、

   英米からの団体ツアーが

   激減したこと。

   今は、プライベートツアーしか、やってこない。

   それも、JTBサンライズツアーの

   ステーションをやめてから、集客対策を

   取らなかったことが、原因していると思う。


   ( 今、団体客といえば、

     東南アジア客ばかりでっせ。)


   さて、フィリップさん、

   お着物をお買い上げ。しかも、

   何と、10点。そのほか。

   Tシャツが10着。

   奥さんとお子さんへのおみやげだという。

   

   メラニーさんも、お着物を数点。

   

   わしゃ、店から送客手数料、ほしいわ。


   【6人乗れるタクシーは、ないかも】

   帰りは、タクシーは、ないかも。

   そこで、歩いて帰ることにしました。

   途中、「平安神宮」 でお写真。

   冷泉通り、岡崎道、二条通り、

   白川通り、そして、約20分後、

   帰ってきました、「八千代旅館」。

   本日は、40名の外国のお客様がご宿泊

 

  あの、クチコミ記事を書くなら、

   この旅館がいいなあ。

   

   ただ、今のところ、採用通知はありません。

   まあ、いいか。

   どうせ、2500円にしか、ならないバイトだし。

   さて、旅館に到着して、

   ガイド料金の受け取りをしました。

   みなさんの相談で、

   フィリップさんのグループが、9000円を、

   メラニーさんのグループが、9000円を

それぞれ、お支払い。

   ありがとうございました。サンキュー。

  

f:id:elegance555:20150202145039p:image

f:id:elegance555:20150202145037p:image

f:id:elegance555:20150202145035p:image

f:id:elegance555:20150202145701p:image

f:id:elegance555:20150202145847p:image

f:id:elegance555:20150202145911p:image

q

14:20

q

2015-01-28 山田クマモンの日記 3

1月23日 (金)


今回の記事です。

Rihga Royal Hotel Kyoto

I, as a tour guide, have often tourists

who ask me to reserve a good hotel in Kyoto.

There are some that are very close to the station

but this one is close not only to the station

but also to a big famouse temple (Nishi Honganji Temple)

and to a hyper market (commercial complex called AEON).

And because a large part of my clients use a car,

no other hotel is more convenient than this one for us.

In Kyoto, even if it's a big and prestigious hotel,

its parking lot is often under the management of other company.

(You need to pay the expensive parking fee.)

This old prestigious hotel has its own parking place

for more than 100 cars.

There are some hallways on which they lay a wonderful carpet

depicting a stopne pavement. You'd have a feeling

as if you are walking on the stone flooring.

In the room, there you can enjoy a Japanese style space

with sliding doors(fusuma).

These are the reason why I offer this hotel to my clients.



今回の記事の日本語訳です。


リーガロイヤルホテル


ガイドの私は、京都のホテルに予約を取るよう、

お客様から言われたりします。

駅の近くに、いくつかあるのですが、

このホテルは、駅に近い上、有名なお寺(西本願寺

にも、巨大スーパー(イオンと呼ばれる複合商業施設)にも近い。 

私のお客様は、車を利用するケースが多く、

このホテルほど便利なところはありません。

京都では、たとえ、大手老舗ホテルでも、

駐車場は別業者の管理下である場合が多いのです。

(つまり、高額の駐車料金が必要)

こちらの老舗ホテルでは、駐車に関しては、

100台以上の収容スペースがあります。

廊下の一部はカーペットが石畳のデザインになっているところがあります。

石畳を歩いている気分も、いいものです。

部屋には、ふすまがあり、和風空間を楽しむことができる。

これらの理由で、

私は、自分のお客様には、このホテルをおすすめしています。 



 

f:id:elegance555:20150128105122j:image

f:id:elegance555:20150128105100j:image