Hatena::ブログ(Diary)

山田 錦の日記

2014-10-20

通訳ガイドの日記 155  【モレリア(アガサ)ツアー定番、スイスホテル迎えのウォーキング・ツアー】

06:41

4月14日 (土)


 アガサ・ツアー、定番のお泊りホテルは、

 ここ、「スイス南海ホテル」。

 ミセス・アガサが、ここを指定ホテルにする理由は簡単。

 関空から、ラピートで、終点まで乗れば、

 ここまで、誰でもたどり着くことができるからだ。

 電車を降りて、そのまま、進行方向に歩き、

 改札を出て、左を向いてごらんあそばせ。

 そこには、スイス南海ホテルの入り口が、

 「ここだよ〜。」 

 と言っています。

 「入り口」がしゃべることはないので、みなさんがたが、

   「ここだよ。」

 と言って、入って行ってください。


 さて、入って、エスカレーターを上がり、

 自動ドアを通り、またエスカレーターに乗り、

 ようやく、たどり着くところ、

 そこが、われらのホテル、

  「スイス南海大阪

 の ロビーで、あります。

 さあ、フロントで、お声かけをしましょう。



    「すみませーん。ユメピリカって、何ですか?あ、言い間違えた。

     すみません。フローレス様のお部屋に電話をつないで、ください。」


    「お部屋へ掛ける電話は、

     そこの、電話をお使いください。

     受話器を取るだけで、交換台が出ますので。」


    ヾ(@^▽^@)ノ  (さよか。) 「おおきに。」


    

ゴタ  : フローレスさんのお部屋につないでください。


交換台 : スペルを頂戴できますか?


ゴタ  : エフ・・・エル・・・オー・・・アアル

      ・・・なんとかかんとか・・・です。


交換台 : はい、では、どうぞ、お話ください。


   ブーブーブー・・・カシャ


電話 : ハロー


ゴタ : Good morning. May I speak to Mr. or Ms. Flores ?

     おはようございます。フローレスはん、お願いします。


電話 : Speaking. Oh. Mr. Gota

     Please wait a minute. We'll be there in 10 minutes.

      わてだす。 ああ、ゴタはんでっか。

      ちょいとお待ちを。10分ほどで行きますわ。

 

    ヾ(@^▽^@)ノ 時はめぐり、2度目の5分間が過ぎた。


フローレス様 : Hi、 Gota.

          ゴタちゃ〜ん。


ゴタ     : Good morning.ms. Flores.

          おはようございます。


   

      フローレスさんご一家は、7名。

      おかあさまが、全権を握る大統領

      ご主人は、とても、控えめなお方。

      おやさしい、山羊のようなお方。メエ〜

      山羊座


ゴタ    : Then, let's get started.

         ほな、行きまっか?



     【午前9時】


    7名様とゴタ。

    きょうは、大阪奈良観光8時間

    ウォーキングツアーであります。

    ぞろぞろと、歩いてゆきます。ホテルのロビー。

    出口を間違えて、ぐるりと回る大蛇かな。

    先頭はゴタ。(しっかりせえ!)


    やってきたエスカレーターを降りてゆきます。

    そして、近鉄難波駅

    目指して、歩きます。

    南海難波駅から近鉄難波駅へ移動するということは、

    地上で換算すれば、

    高島屋から千日前まで、歩くこと。

    近鉄ビルの地下が、駅であります。

    駅でキップを買うのは、ゴタ。

    きょうは、準備金があります。


    難波から奈良までは、560円。

    7枚購入。3920円なり。

    1枚ずつ渡します。


     【注意】   

    ここで、キップ買うときは、確認しよう。

    間違って、阪神電車のキップを買おうとしていないか、

    どうか。

    間違って、阪神電車のキップを買ってしまったら、

    甲子園まで行きます?

    駅員さんに、わけを話して、キャンセルさせてもらいましょう。

    地下鉄

     【近鉄電車


      近鉄電車に乗るときは、特急に乗らないこと。

      うっかり乗ると、どうなるか。

      しっかり、ひとり、

500円の特急料金を徴収されますでー。

      まあ、みなさんは、お金持ちだから、いいか!

 

      平城京の三山とは何か?

      春日山生駒山奈良山。

      その生駒山標高わずか、642mの小さな山。

      電車は、生駒山地を登っていきます。

      ただし、見晴らしのいいのは、石切駅まで。

      そこからは、トンネル。山頂に行くなら、

      次の生駒駅で、近鉄生駒線に乗換、生駒山上駅まで行きます。

      宝山寺からケーブル。

ヨーデルを口ずさんでさらに、山上まで、

      生駒ケーブルに乗ります・・・てか。

      きょうは、生駒山には、いきません。

              

              

        【近鉄奈良駅

         

      ここで、フローレスのおかあさん、

換金したいとおっしゃるので、

      商店街入り口近くの換金ショップに立ち寄り。

      シャッターが閉まっていたので、「しまった。」

      と、思ったが、運良く、

ジャストのタイミングで、シャッターが

      ガラガラガラ

     「Oh it's opening.

The shop has been waiting for us.」

     (ああ、開きますわ。

この店、わてら来るのん、待っててくれはった。)

                       

     1000ドルを円に換金。0をふたつ付けると円になる。

     100000円。端数分は、手数料。ただし、外国人が換金

     する場合、パスポートの提示を求められる。

     フローレスさん、もちろん、ご持参。

       「この紋所が目に入らぬか。」

    というセリフをあらかじめ、練習していても、いざ、本番で、


       「ここの門どころ、カメに入らぬか。」


     となってしまう。やはり、日本語は難しい。

 

        【タクシーに乗って、東大寺へ】

              

    タクシー2台に分乗、東大寺参道入り口まで行きます。

    ここは、奈良公園の一部。

    鹿に出迎えられます。

    一応、野生だとのことで、あんまり、

    鹿にちょっかい出していると、

    ときに、襲ってくるとの事例もあるので、

    ほどほどにしましょう。

    鹿は、春日大社のお使い。

    メッセンジャーです。そのわりに、

    紙まで食べてしまう大食漢。   

            

        【東大寺


    きょうの切符は、ゴタが買います。

    アガサはんとこのツアーは、

    準備金は、お客様が、

    直接ゴタに渡してくれます。

    本来、前もって、送金するべきもの。

    ただし、そんなことすれば、

    送金手数料で、5000円ほど

    目減りする。

    その目減りを回避するため、

    お客様に了解を得て、手渡しにしてもらう。

    まあ、何というか、ガイド料金は、お客様にちょんばれで、やりにくい。

             だってですよ。このガイド料金は、アガサさんの旅行会社に支払う

             コミッションまで、入っているのですから。

             ちなみに、この日のゴタのガイド料金は、27000円。

             ない、ない。そんなにおまへんで。7000円は、後日、WUで

             マニラに送金するんやでー。

             みなさん、大仏殿まえで、お写真。ゴタもお手伝い。

            わーい(嬉しい顔)


            「この大仏殿前の邪魔な鉄くずは、何ですか?」

            「これは、創建当時から残る貴重な灯籠です。」  

            「灯籠って何ですか?」

            「明かりが点るのです。」

            「ホンマでっか?」

            「いや、知りません。点っているのを見たことありません。」


          大仏殿に入ります。大きな仏像です。


お客様 : The biggest in Japan ?, the Buddha ?

        日本一かい?仏像は?


ゴタ   : Yes it is.

       そうです。  


           

             気になる鎌倉の大仏は、

             像高約11.39メートル(台座を含め高さ13.35メートル)。重量約121トン。

             こちら、像座高14.98メートル。

             蓮華座高3.04メートル。

             同じ条件なら、約18メートルなので、勝った。

             重量は、約250t、台座の重さが約130tです。

             ただし、本当の日本一は、牛久大仏の100メートルですけどね。

             そんなん、内緒にしときましょう。

      

        【依水園】


           きょうは、お客様のリクエストで、依水園に入ります。

           ただし、ゴタは始めて。

           でも、ガイド魂にかけて、知らないそぶりは見せない。

           影で、こそこそ電話して、場所を確かめる。

           電話での説明によると、南大門の手前に、赤いポストがあって、

           これを右に曲がる。突き当たりが、おそば屋さんで、ここを左に。

           あとは、真っ直ぐ歩いてくると、左側に入り口があるから、

           簡単にわかる・・・とのこと。


           そういうわけで、胸をはって、「レッツゴー」


           の、つもりが、赤いポストで、曲がろうとしたとき、


おかあさん : No, Mr.Gota  We're going straight.

        We'd like to buy some souvenirs over there.

        ゴタはん、真っ直ぐ行くわよ。

        だって、むこうの店でおみやげ買うのよ。                     

      

困ったゴタ :  (さよか・・) Oh, alright.


          みなさん、たくさんお買い上げ。ありがとうございます。

          お店に成り代わり、お礼申し上げます。  

          この間、お店に人に、こっそり、依水園の行き方を聞く。

          やはり、さっきの赤いポストまで、戻らなくてはいけないそうです。 

          

          なので、戻った。赤いポストを・・・・左折。だな?

          念のため、くるりと、180度回転して、右。正解。

        

          しばらく行くと、突き当たり。あ、おそば屋さんがある。

          左折である。行った。向こうの人が集まっている辺り、

          あそこが、依水園なのだろう。勇気を持って進む。


       【依水園】


           無事、クリア。依水園に到着。入場料は、600円。

           600×7=4200円の支払い。

           ただし、ここは、美術館のチケットと抱き合わせ。

           

           依水園は、吉城園とともに、興福寺の塔頭、摩尼珠院の跡地に

           造られた庭園です。

           という知識をテキストで、仕入れて、    


           入って見た。

           日本庭園が続きます。

           池泉回遊式。のんびりする向きにはいいが、

           詰め込み日程の我々は、すぐに移動。やや残念にて、

           次の場所へ。

           次の場所は、美術館。陶磁器が展示されています。

           ゴタの目には、どれも、ネコの茶碗。ニャーンちゃって。


       【ならまち】

           食事場所の「奈良和み館」に電話したら、きょうは、大型

           観光バスがたくさん入るから、団体専用にするので、

           ごめんなさい、だって。つまり、お断りって、言われたんだ。ナッシー

           なので、通過して、ならまちへ。

           で、

           結局、いつもの、「馬酔木の郷」にやってきた。

           ここに来ると、どうなるか。ガイドが、楽できる。

           なぜなら、メニューが、少なく3つ。注文を聞きやすい。

             「うどん定食」か

             「お漬け物定食」か

             「馬酔木定食」かしかない。

            わかりやすいぜ。

            お値段は、それぞれ、1000円、1400円、1600円。

            ちと、高いが、のんびりできるのが、いいんだぜ。

            本来は、奈良漬けの店。お漬け物屋さんなのだ。


         【午後は大阪へ】

   

            食事のあとは、商店街を通り抜け、近鉄奈良駅へ。

            快速急行で、大阪に引き返します。

            大阪城に行くため、上本町で下車。タクシーで、

            大阪城へ。

            

           タクシー料金は、今まで、初乗り料金で、行けたのですが、4月の改正

           で、2メーターほど、跳ね上がります。


        【大手門】  

        

           ここで、写真を撮ります。それから城内へ。

           城壁の銃口を見せて、驚かせます。

           バーン

           と、冗談をやる日とやらない日があります。

           (お客様を見て決める)

           さらに、門をくぐります。今度は、上から、石が落とされます。

           と、いうことになっていますが、徳川家が治めた時代、

           戦争で、使われたことはないはず。


       【天守


          入場料金は、ゴタが支払います。7枚買ってから、

          窓口で、領収書をもらいます。

          このとき、車いす利用を申し出ることができます。


           Is there anyone who is disabled ?

           身障者の方って、います?


           No

           いないよ。


           Then we have to use staircases from 5th to 8th.

           じゃあ、階段で、上ることになります。


           What if someone is disabled ?

           身障者だったら?


           You can use the elevator from here all the way to the top.

           ここから、展望階まで、エレベーターになります。


           Oh my limbs got to be paralyzed. Give me a wheelchair.

           あ、手足がマヒしだした。車椅子をたのむ・・・

         

           No  too late.

           あきまへん。     


  【展望階】


      迎賓館が見えます。オバマはんは、韓国に行きますので、今回は、ここを使う

      ことは、なさそうです。


      ヘップの観覧車が見えます。

      阿倍野ハルカスが見えます。

      

      Oh Look. The Philippine Islands over the sea !

      ああ、フィリピンが見えるよー!


      No.


     【おみやげ売り場】


    息子さんのアントニオさんが、日本刀を見ています。

    お買い求めでしょうか。

    結局、買わずに出てきました。

    でも、あの様子じゃ、次、行ったら、買いはりまっせ。

    明日は、きっと、京都ハンディクラフトセンターに

    連れて行って差し上げるわよー。いい日本刀が売ってまっせー。

    徳川家康日本刀でっせ。どないだ?

    葵のご紋入りの鞘でっせ。

    あ、ついでに、甲冑も買いなはれ。30万円に値切るん、交渉したげまっせ。

 

        

     【ゴタよ、天の声を聴け】


       天の声:  あんまり、変な念力を送ったらあきまへんで。お客様に。

       ゴタ信者: すんません。

    

       

    さて、本日、最後のメイン・スケジュールは、造幣局の通り抜け。

    大阪城から、タクシー2台に分乗して、ここ、天満橋の南ゲートに

    やってきたのだが、先のグループが見当たりません。

    どこへ行ったのやら。


    わかりません。周囲には、いません。

    どこにもいらっしゃいません。

    探し回ること、1時間。性根尽き果てたころ、南門の植え込みに

    座ってらっしゃいます。


       「タクシー、降りたとこで、待っとけや。」


    と、言いたいところだが、相手は、お客様。


      「無事に、会えてよかったです。」


   バッキャローの怒りは、何が何でも、鎮めよ。いかりを鎮めよ。

   何事もなかったかもように、ふるまうのだ。ゴタよ。それが、天の声だ。


天の声 :   ええこと、ゆうやないか、たまには、えー!   

            

        わーい(嬉しい顔)


      午後5時。まあ、会えてよかったんや。花見続行。

      南門を入り、色とりどりの桜を楽しみます。

      

      白い桜、黄色い桜、淡い桜、深紅の桜、何でもありますチンカラリンるんるん

     さて、遠い抜けは、約30分で、おしまい。

     もう、北門、銀橋西詰めに出てきました。

     帰りましょう。スイス南海ホテルに。タクシーを2台止めて、

     今度は、両方のタクシーに、連れ持って走行して欲しい旨を頼みました。

     まさか、スイス南海ホテルで、失踪することは、あるまいが。

     2台、くっついて、帰っていきました。

     おしまい

     山田 錦

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/elegance555/20141020/1413754893
Connection: close