Hatena::ブログ(Diary)

馬まみれ

2016-06-23

社台サンデー出資候補2016年(長文)

社台サンデー募集2016の陣です。

募集期間中にどうのこうの言うほど心臓が強くないのでこのタイミングで・・・

(G1tcは一頭も候補がいなかったので今回はなし)

1は夢、2は現実。

色々こねくり回しても仕方ないので、開き直って第1希望は
細かいことは考えず一番欲しいと思う馬を書く、
そこまでの馬がいれば、それでいいでしょう。

一番欲しい馬を決めるのはそう難しいことではないですから、
私にとっての社台サンデーは基本的に第2希望をどうするかが全てです。
一発は望まず丈夫にコツコツやってくれそうで、
その上で第2希望でも取れる馬を探すのが命題。

人気しないところという制約が付くので自ずと地味路線を攻めるしかなく
縦縞、リリー育成、ダート、短距離、牝馬、不人気種牡馬、下位厩舎、割高など
これらからいくつかの条件は飲まなくてはなりません。

セオリー通りならハーツクライ狙いかなと思っていた今年。
ところが募集馬を見れば高額人気馬と、リスクを孕んでる系の二層に分かれていて
自然と手が出ず終いでした。まあ、またピークが過ぎて世に忘れられた頃にでも
出資するとしましょう。

また今年は二世代目のルーラーシップをはじめ、オルフェーヴル、ロードカナロア、
エイシンフラッシュ等、現役時代から人気の新種牡馬が豊富にラインナップされ
加えてステイゴールドの事実上ラストクロップとそこらに票が集中しそうなので
基本的に避けて狙って行きましょう、というスタンスでした。

140ラルケットなんて今はまだ緩慢さが目立つけど、もしギュッとしてきたら
かなり走りそうな器を感じましたけどね。

まあ募集は毎年ありますからのんびりやります。



さて早速候補に、或いは候補になりかけたお馬さんは以下です。

11:アオゾラペダルの15(ダイワメジャー) 
ダイワメジャー×ホワイトマズルの定番ニックス。
そしてスカーレットブーケの全きょうだい2x3クロスという
「うーむ、これはちょっと危険な配合ですが・・・」といぶかしげな表情で
言われてしまいそうな意欲的と言えば意欲的な配合。
血統表通りのゴツゴツもっさりした雄大な馬体も背は低めで距離適性はやはり短めか。
大物感までは疑問ですが、テーマ通りコツコツはやってくれるだろうという
計算高い一頭も、ツアーで直接見ると気になる点がないわけじゃなく、
それでも神秘的な青い目に吸い込まれ筆を入れるか否か迷うところです。


28:ステラプラドの15(ワークフォース)
My Bupersの4x3のハーツ娘と言えば、我らがレッドセシリア嬢。
そしてこのステラプラドも同じくMy Bupersの4x3のハーツおばさん。

稀有なMy Bupersの牝馬クロスですから現役時代の成績は
極太マッキーで塗りつぶして記憶から消し去ってしまうとしても、
問題は配合相手がワークフォースという、
フォースと共にあらんことを・・・と祈るレベルの闇。

無理矢理見るならノンコノユメと似たような配合ですが
上75%を見ればKingmambo、サドラーにハーツクライとのんびり屋さん大集合。

馬体は両親の共通である特徴をしっかりと継いだ胴長体型ですが
後肢の形は走るハーツと類似しておりそこは好感度高め。
4月15日生まれで441kg、体高や胸囲などを含めてサイズは充分。
1400万円募集なのでそんなに上を目指さなくても充分戦えるし
三振しても被害は最小限で済むのは何よりも大きなメリットではあります。

ただ、血統がどうの馬体がどうのより、まず縦縞で1400万募集の
黒岩厩舎、ワークフォース産駒に出資するの?
という問いに首を縦にふれるかどうかから始まる話ですね。

※追記 募集停止されました


50:ラントゥザリードの15(キングカメハメハ)
キンカメ×ギムレットで硬めに出たダート馬で音無厩舎。
文字情報、馬体、血統、厩舎、サイズと矛盾ないのは好感も
問題はちょっと前に不安があるのとお高めの4000万募集。
100万払ってコツコツとなると最低でも1000万下で勝負になるレベルが必須。
実績も欲しい余裕のある方が第2で書く用の馬なのかなあと思ったりも。


59:ジプシーハイウェイの15(ダイワメジャー)
馬体の写真段階では無印も、DVDでの全身をリズミカルに使ったバネ感に心奪われ、
去年のクラックシードの14のようないきなり気になる存在になってきた一頭。
第2で確実に抑えられるならと思うもそうは問屋が。
血統を見るとダイワメジャーにサドラー、Shirley Heights、Danzigと
大筋でメジャーエンブレムと類似してしまい人気の要素となり、
案の定かなりの票数を集め候補から外さざるを得ず、ですね。


85:ブリージーウッズの15(ヴィクトワールピサ)
流れるようなネオラインは大好物。
カタログ写真を見てチェックは入れていたものの、正直言えば
最優先というわけではなく、抑えで一考というぐらい。

ところが社台の牝馬とあまり食指の動かないツアー1日目の周回展示で
気を抜いていた私を一瞬で引き締めてくれたのがこの馬。
雄大な馬体としなやかなバネ感強い歩様は
パソコンでの印象と大分違って目を奪われました。

見返してみると今回の1泊2日で撮影した馬は10頭しかおらず、
(もっともカメラは持っていかずスマホだったせいもあり)
その中でもこの馬が最多撮影賞受賞。

血統的にも上がララベルを筆頭に安定して走っており地方での実績は充分。
母系はダート一色も、ミスプロの3x3クロス持ちなんで
ピサと合うんじゃないですかね(適当)。

芝で走って欲しいところですが、仮に牝馬限定のダートが主戦場となっても
ささっと回収してくれそうで、その上40万とお安く人気もないので
3で書いて確実という点も加味すれば候補に残る馬かなと。


128:ジョウノファミリーの15(ゴールドアリュール)
去年のヒシタイトル狙いと同じ方向性。2で買えれば最高なんだけど、でも。
予想通り、いやそれ以上の大人気で早々に候補から消さざるを得なかった一頭。

そしてコツコツとは違う一頭。
逆張りのミーハー血統ですが、ノーザン繁殖とならこの父(エンパイアメーカー)でも、
ということで、欧州色豊かな母系との、言わばナムラアン的な配合は好感。
そこバラの香りが漂う良血ならではの気品を加味すれば、
140:ローズバドの15も魅力的な馬ではありました。
ただ「80万出してエンパイアメーカー牝馬なら違うの買うわ」に対する何かがあるか。
10万20万足せばディープ牝馬やそこそこの牡馬が買えますからね。

他にも
039:ウィッチフルシンキングの15(キングヘイロー)
135:スサーナトウショウの15(ダノンシャンティ)


などいかにもコツコツっぽい馬も頭には入っていたものの、なんらかの理由で断念。

あとはノーザンのローエン産駒は今年の盲点でしょ! ノーザンなら走らせるはず!
なんて思っていて 141:トランプクイーンの15あたり馬体良ければと思っていましたが・・・




と、長くなりましたが、こんな考えを経て申し込みをしました。

第1希望:151 リッスンの15
第2希望:085 ブリージーウッズの15

今年も実績をまるで生かさないドラフトとなりました。

e830oke830ok 2017/05/08 00:14 もう1年近く前になるのですが、ブリージーウッズの15を初めて見た時の感想が全く同じで、週に何回もこの書き込みを読ませて
いただいております。
この馬かなり走ると思っているわけですが、POG本には取り扱われることもなく、オフィシャル以外に情報源もなく
寂しくしております。
芝かダートか?オールマイティに走れるちお思っているのですが、厩舎が厩舎で、体は更に大きくなりそうなので
ダートで地方の重賞勝ちまくってやれと思う毎日です(笑)

elephyelephy 2017/05/10 21:03 こんにちは。
遅ればせながら今日POG本を手にしましたが、確かに写真どころか
1文字も触れられていませんね;

ただ公式のコメントはいつもいい感じですし、
やはりダートかとは思いますが、期待通りに
しっかり走ってくれるものと思っています。

血統的にも似ていて注目していた(牡牝は違いますが)
G1のサーベラージュも活躍していますしね。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/elephy/20160623/1466659594