Hatena::ブログ(Diary)

ELF Lubricants JAPAN Official Blog Twitter

 ELF Lubricants JAPAN Official Blog
ELF A brand of TOTAL


2017-01-20

ライディングの際は

ライディングの際は常にヘルメットを。

f:id:elf_lub:20170106141128j:image:w450

2017-01-09

ナンバーワン・フォーミュラ

エルフ、愛車のためのナンバーワン・フォーミュラ。

f:id:elf_lub:20170106140743j:image:w450

2016-11-25

今シーズン最後のレース

F1の今シーズン最後のレースがメキシコで開催されます。


f:id:elf_lub:20161101112631p:image

2016-11-18

2016 AUTOBACS SUPER GT Rd.8もてぎ大会 30号車レポート

f:id:elf_lub:20161118095607j:image:w500


2016 AUTOBACS SUPER GT ROUND 8


開催地:ツインリンクもてぎ(栃木県)/4.801km

11月11日(公式練習)天候:雨のち曇り コースコンディション:ウェット

11月13日(予選)天候:晴れ コースコンディション:ドライ 

11月13日(決勝)天候:晴れ コースコンディション:ドライ 観客数:36,000人


参戦初年にして全戦完走を達成!シード権の獲得にも成功する。


f:id:elf_lub:20161118095606j:image:w500

全8戦で争われるスーパーGTシリーズも、いよいよクライマックスを迎えることとなった。シリーズ初の1大会2レース開催となり、土曜日に行われた第3戦代替レースの興奮も冷めやらぬ中、日曜日に最終戦「MOTEGI GT GRAND FINAL」が開催された。

f:id:elf_lub:20161118095605j:image:w500

第3戦代替レースを16位でフィニッシュし、7戦連続完走に達成感を得たものの、すぐに気持ちは第8戦に切り替えられたのは言うまでもない。今季最後のレースでも来季のシード権を獲得するためチームポイントをしっかり稼いで、シーズンを気持ち良く締めくくることが望まれたからだ。なお、決勝レースは第3戦代替レース同様、通常より50km短い250kmで争われることとなっている。

f:id:elf_lub:20161118095604j:image:w500

公式予選 11月12日(土)8:40〜8:55

土曜日も天候には恵まれたが、日曜日はそれ以上。サーキット上空には青空が広がり、絶好のレース日和となっていた。ただし、気温は11度、路面温度は14度と低く、予選を担当した佐々木選手は、計測開始と同時に「#30 TOYOTA PRIUS apr GT」とともにピットを離れ、走りながら入念に車両のチェックを行い、タイヤに熱をじっくりと入れていった。

f:id:elf_lub:20161118095603j:image:w500

アタックを開始したのは、実にタイムが計測されてから4周目。まず1分48秒222をマークした佐々木選手は、さらにコースを激しく攻め立てて、1分47秒512にまで短縮を果たす。まだチェッカーまで時間はあったものの、目標タイムにほぼ近づいたことから、タイヤの温存も考慮し、ピットに戻ることとなった。その結果、「#30 TOYOTA PRIUS apr GT」は今季最後の戦いを6列目、12番グリッドからスタートすることが確定した。

f:id:elf_lub:20161118095602j:image:w500

佐々木孝太選手

「昨日のレースでいくつかトラブルがあって、そのあたり直した状態がどうなのか確認してからアタックしましたが、悪くないけど、もうちょっと行きたかったなって感じでした。7秒前半ぐらいは行きたいと思っていたので。本当は今回、狙い目かと思っていたんですけど、昨日のレース以外ドライで走れていないというのが、実質1年目の僕らとしてはデータがあまり無いので、影響してしまったのは否めませんね。決勝は全力を尽くし、ポイントゲット出来るように頑張ります。」

f:id:elf_lub:20161118095601j:image:w500

金曽裕人監督

「佐々木選手が持っているパフォーマンス、クルマのパフォーマンスならば、もう少し上位は狙えたはずだが、1年目の我々が持っているデーター量からすれば、このあたりで十分だと思っています。最終戦でもあり、悔いなきレースをしたくTEAM全員で挑戦し来シーズンのシード権を狙いますので、決勝にご期待ください。」

f:id:elf_lub:20161118095600j:image:w500

f:id:elf_lub:20161118095559j:image:w500

決勝レース(58周)11月13日(日)13:30〜

土曜日と同様に、通常は8分間のウォームアップは15分間に延長。「#30 TOYOTA PRIUS apr GT」は今回のスターティングドライバー、佐々木選手からの走り出しとなり、1分50秒490を記録した後にいったんピットに戻って、永井選手とのドライバー交代の練習も行い、万全を期すこととなった。

f:id:elf_lub:20161118095558j:image:w500

土曜日にも23,500人もの大観衆が詰めかけたが、日曜日にはさらに増えて36,000人に。すべての観客席からファンが見守り、ホームストレート脇の仮設スタンドなど、ほぼ満員!グリッドにもその興奮の様子が伝わってくるほどで、自ずとドライバーたちのボルテージも高まる一方だった。

f:id:elf_lub:20161118095653j:image:w500

オープニングラップの「#30 TOYOTA PRIUS apr GT」は、まずはポジションをキープ。数周すると、いくつかのグループが形成されるようになり、8番手を争うグループの中でさらにポジションを上げようと、チャンスを待つこととなった。8周目には11番手に浮上。だが、それからしばらくすると、先のグループから遅れをとるようになったばかりか,後方からプレッシャーをかけられるようになり、やむなく11周目と12周目に1台ずつポジションを譲ることとなる。

f:id:elf_lub:20161118095652j:image:w500

明らかに状態は厳しそうだが、16周目を過ぎるとドライバー交代が次々と行われ、その都度ポジションは上がって行く。そして暫定2番手にまで浮上した30周目に、永井選手へのチェンジが行われた。

f:id:elf_lub:20161118095651j:image:w500

14番手でレースを折り返した永井選手は、33周目にひとつ順位を落とした後、4台でのバトルを繰り広げることに。結果的には先行を許してしまうのだが、クリーンなファイトの中で得られたことは少なからずあったはずだ。ゴール間際は単独走行になり、ラップタイムも安定。その結果、トップと同一周回の17位でフィニッシュ。

f:id:elf_lub:20161118095650j:image:w500

その結果、3戦連続で3ポイント獲得となりチームランキングは18位となり、Aシード権を獲得することになった。1年目のルーキーチームがシード権を獲得することは至難であり快挙とも言える。来シーズンは、より進化、より向上を狙っているはずであり期待が高まる。

f:id:elf_lub:20161118095649j:image:w500

永井宏明選手

「今回も無事、完走できました。これで1年間終わりました。本当に苦しみながらも、いい勉強をさせてもらいました。来シーズンにもつながる1年だったかなと思っているので、もう一度レース全部見て、反省してステップアップ出来るように頑張りたいと思います。来年ももちろんもっと上を目指しますので、ご期待ください。」

f:id:elf_lub:20161118095648j:image:w500

佐々木孝太選手

「ベストを尽くせたと思うんですけど、クルマが帰ってこないと分からないのですが、何か途中から足まわりに不具合が生じた感じがあるんですよ。それまでは全然、前のクルマに着いていけたから、それは残念でしたけど。とりあえず、今持っているクルマのポテンシャルは引き出しながら、目標のシード権は取れたので、来年に向けては繋がるんじゃないかな、と思っています。」

f:id:elf_lub:20161118095647j:image:w500

金曽裕人監督

「#30の最大の目標は、予選落ちが無く、来シーズンの菅生RACE、海外RACEの参加権利が与えられるAシードを獲得することでしたから、絶対に欲しかったものが取れたというのは、すごく喜ばしいことだと思います。また、永井選手においては初参戦で快挙だと思います。このチームは志が高いことから今年一年を通して、速さも戦い方も全然満足していないが、初年度から2台のプリウスがシード権を得れたことは、僕はものすごく満足しています。来シーズンはもっとパフォーマンスを追求し、どこまで上がって行けるかも楽しみです。大きな目標のある魅力的なチームだと思うので、全て強化できるように僕らも頑張りますのでご期待ください。本当に1年間、応援していただいた皆さまのおかげでAシード獲得。心から感謝です!」

2016 AUTOBACS SUPER GT Rd.3もてぎ大会 30号車レポート

f:id:elf_lub:20161118094506j:image:w500


2016 AUTOBACS SUPER GT ROUND 3


開催地:ツインリンクもてぎ(栃木県)/4.801km

11月11日(公式練習)天候:雨のち曇り コースコンディション:ウェット

11月12日(予選)天候:晴れ コースコンディション:ウェット 

11月12日(決勝)天候:晴れ コースコンディション:ドライ 観客数:23,500人


7戦連続完走。シード権獲得へ確かな手応えを掴む。


f:id:elf_lub:20161118094505j:image:w500

5月にオートポリスで行われるはずだった、スーパーGTシリーズ第3戦は熊本地震の影響を受けて中止になり、代替レースが最終戦と併せて「MOTEGI GT GRAND FINAL」として開催されることとなった。1大会2レース同時開催は、シリーズ初の試みとなる。

f:id:elf_lub:20161118094504j:image:w500

今年から2台のZVW50型トヨタプリウスでGT300クラスに挑むaprが「#30 TOYOTA PRIUS apr GT」を託したのは、永井宏明選手と佐々木孝太選手だ。永井選手はルーキーながら、佐々木選手の指導の下、ポルシェカレラカップジャパンやスーパー耐久で実力を高めてきたドライバーで学習能力の高さに定評を持つ。もちろん佐々木選手とのコンビネーションも抜群で、第2戦富士では早くも9位入賞を果たし、全戦で完走を果たしている。

f:id:elf_lub:20161118094503j:image:w500

今回のレースの特徴は、シリーズ7戦目に当たることもあってウエイトハンデが半減されること。そのため「#30 TOYOTA PRIUS apr GT」はわずか2kgのウエイトで挑むことが可能。また、最終戦にも共通するが、通常より50km短い250kmで争われ、なおかつ予選と決勝が1日で、第3戦は土曜日に行われることとなる。舞台となるもてぎはストップ&ゴーの繰り返されるレイアウトで知られるだけに、軽さは確実に武器となり、通常より短いレース距離は戦術の幅も広げることだろう。

f:id:elf_lub:20161118094502j:image:w500

公式練習セッション1 11月11日(金)9:00〜10:00

普段なら、土曜日の午前に行われる公式練習だが、今回は金曜日の午前・午後に1時間ずつ、2セッション実施されることとなった。第3戦がウエイトハンデ半減、最終戦がノーハンデとなるため、ランキング上位のチームであれば重量差を見越した2通りのセットアップを行わなければならないが、幸か不幸か「#30 TOYOTA PRIUS apr GT」は少ないウエイト搭載量により、大幅な変更を必要とせず、セットアップを行うことができる為、多くのトライが可能となる。

f:id:elf_lub:20161118094501j:image:w500

ところが午前のセッション1は雨に祟られてしまう。天気予報では土曜日以降は雨が降らないことを伝え、そればかりか雨雲レーダーで間もなく回復することは明らかだったため、「#30 TOYOTA PRIUS apr GT」はしばらくピットを離れないことに。2回の赤旗中断後、かなり雨が弱くなっていたことから、佐々木選手による走行が開始されたが、1分41秒010を記した直後に、3回目の赤旗が出され、残り5分の時点で計測終了のアナウンスが。なお、このセッション1終了直後に、セッション2の40分間延長が発表となった。

f:id:elf_lub:20161118094500j:image:w500

公式練習セッション2 11月11日(金)13:00〜14:40

セッション1の終了後に雨は止んでいたが、路面はまだ濡れたまま。土曜日の予選も同じような状況が考えられることから、まずはウェットセットも詰めることに。最初に佐々木選手が「#30 TOYOTA PRIUS apr GT」に乗り込み、周回が重ねられていった。徐々に水も履けていき、僅かながらもコンディションは向上、1分57秒936にまでタイムを詰めた直後の、セッションのほぼ折り返しで永井選手と交代する。

f:id:elf_lub:20161118094459j:image:w500

永井選手はロングランを行うこととなり、徐々にタイムを短縮して行く中、1分58秒110にまで到達。その頃にはスリックタイヤを早々と装着した車両もあり、そろそろ永井選手にも……と思われたのだが、不運なことに雨は再び降り始めてしまう。この後は佐々木選手と永井選手が交互に3周ほど周回するが、路面状態の再悪化により、タイムアップは果たせずに終わった。

f:id:elf_lub:20161118094458j:image:w500

公式予選 11月12日(土)8:35〜8:50

今回の予選はノックアウト方式を採らず、15分間の一発勝負となり、ドライバーはひとりだけ走ればいい。ただし、同じドライバーが日曜日に行われる予選に連続して走ることは許されていない。「#30 TOYOTA PRIUS apr GT」は、ここで永井選手を投入。土曜日は好天に恵まれたものの、路面はまだ濡れたままで、近い状態をしっかり公式練習のセッション2で走りこんでいたからだ。

f:id:elf_lub:20161118094457j:image:w500

もちろんレインタイヤを装着して、永井選手はコースイン。アウトラップともう1周をウォームアップに充ててから、アタックを開始する。まずは2分2秒554を記し、次の周には2分2秒519まで短縮。これでしっかり感触を得られたようで、計測3周目には2分0秒685にまでタイムを短縮。ラストアタックでは2分0秒312まで到達することに。この結果「#30 TOYOTA PRIUS apr GT」は13列目、25番グリッドから第3戦決勝レースに挑むことが決定した。

f:id:elf_lub:20161118094604j:image:w500

永井宏明選手

「予選には硬めのタイヤを選んでアタックしましたが、乾くか乾かないぐらいの状態だったんで、それぐらいがいいと判断して行ったんですけど、思ったほど乾かず、路面状況に合っていなかった感じがします。昼からは天気も回復し、路面も乾きそうなので、おそらく決勝はスリックタイヤで走れるんじゃないでしょうか。練習走行でかなり周回を重ねているので、いい走りができると思います。」

f:id:elf_lub:20161118094603j:image:w500

金曽裕人監督

「予選の後半には水も大分減ると予測し、硬めのタイヤで行ってもらったんですが、実際の路面はそんなもんじゃなかった。もっとグリップを欲しがっていて、もっとソフトなレインタイヤを履かせなければいけなかった。硬めのレインからタイヤが発動しなかったので、永井選手がどれだけ頑張っても、タイムが出ないという状態に陥ってしまいました。でも、決勝はドライレースですから、二人ともプッシュしてくれて上位も狙えるはず。心配はしておりません。」

f:id:elf_lub:20161118094601j:image:w500

f:id:elf_lub:20161118094600j:image:w500

決勝レース(58周)11月12日(土)13:10〜

今回は決勝レースの前にフリー走行が行われないものの、スタート進行の開始と同時に行われるウォームアップ走行が、8分間から15分間に増やされることとなった。ここでスタートを担当する永井選手だけでなく、佐々木選手も走行して最終チェックを行った後「#30 TOYOTA PRIUS apr GT」は大観衆が見守るグリッドに並べられた。もちろん装着されたのはスリックタイヤである。

f:id:elf_lub:20161118094559j:image:w500

グリーンシグナルの点灯と同時に、レースはスタート。オープニングラップでひとつ順位を落としたものの、これがかえって幸いした可能性も。というのも、2周目に入ってふたつのアクシデントが発生、それがいずれも永井選手の前で起こっていたからだ。少し間隔を置いたことで、冷静に対処。5周に渡ったセーフティカーランの後のリスタートもうまく決め、前を行く車両の脱落ごと、順位を上げていった。そして、レースが1/3を経過した16周目にピットイン。ロスを最小限にする為、タイヤは無交換で佐々木選手に交代する。

f:id:elf_lub:20161118094558j:image:w500

そこから順位を上げ続けることが期待されたものの、決勝がスリックタイヤでの初走行ということもあって、バランスの悪さを訴える佐々木選手。追い上げどころか、ポジションキープがやっとという状況に陥ってしまう。全車がドライバー交代を終えた直後でさえ、20番手につけるのが精いっぱい。

f:id:elf_lub:20161118094557j:image:w500

それでも先行する車両の脱落、さらに44周には1台を意地で抜いて16番手にまで浮上、ラスト5周をしっかり走り抜いて、トップから1周遅れでフィニッシュ。貴重なチームポイント「3点」を獲得することとなり、ランキング18位までのチームに与えられるAシード権の獲得も視野に入ってきた。

f:id:elf_lub:20161118094556j:image:w500

永井宏明選手

「セーフティカーが入ったあたりは、けっこうレースが荒れていたので、ちょっとびっくりしました。特に5コーナー先のトンネルでは、目の前ですごい煙が上がったんですが、うまく避けることができて良かったです。その後、クルマのバランスがコンディションにマッチせず、苦しい展開になってしまいました。タイヤは最後まで保ったんで良かったんですけど、全体のペースが上がらなくて……。最終戦に向けてもう一回エンジニアと相談して、いい方向に向けたいな。と思っています。」

f:id:elf_lub:20161118094555j:image:w500

佐々木孝太選手

「厳しいレースでした。練習でドライコンディションのセットアップが全然出来なかったので、ぶっつけ状態だったんですけど、タイヤに関して今回は大丈夫だったのに、クルマのバランスがあまりにも悪すぎて、攻めることがまったく出来ませんでした。今日のデータをもとに、明日もうちょっと攻められるクルマにしたいと思います。最後はすっきり終わりたいですね。」

f:id:elf_lub:20161118094554j:image:w500

金曽裕人監督

「スタート直後にフロントスタビが折れてました。これにより、過度なオーバーステアとなりマシンバランスは非常に厳しい状況でした。スピンアウトして完走できない可能性もありました。また、タイヤ無交換作戦に対してドライのデータが少なすぎました。もっと速いペースでいけたはずなのに、タイヤ内圧のコントロールもターゲットを外しておりペースが上がらなかったのが要因。クルマの動かし方も、今のドライの状況にうまく合わせきれてなかったです。このあたりを修正し明日は仕切り直します。今日は確実に走り切り、シリーズチームランキングのAシード権内を確保してくれたドライバー2名に感謝したい。」

f:id:elf_lub:20161118094621j:image:w500

2016-11-16

スーパーバイク世界選手権

2015年WSBK(スーパーバイク世界選手権)チャンピオンのジョナサン・レイが、エルフモト クーラントを使って、クーリングシステムのメンテナンスについて説明しています。

(英語) https://www.youtube.com/watch?v=ysAo0UlYO5g


f:id:elf_lub:20161101130230p:image:w500