はやくブロガーになりたい このページをアンテナに追加 RSSフィード

2006-08-11

[]今日購入した本 23:18 今日購入した本を含むブックマーク

1.『フーコー・コレクション4 権力・監禁』(ちくま学芸文庫小林康夫石田英敬松浦寿輝

3まだ一文字も読んでない...

2.『現象学と解釈学』(ちくま学芸文庫)新田義弘

このスクールには複雑な思いがあるけれどもね。

3.『マイケル・K』(ちくま文庫J・M・クッツェー くぼたのぞみ

これは読まなければ


たぶん『同月同日』、『文豪怪談傑作選』は断念の方向で

f:id:elieli:20060811225728j:imagef:id:elieli:20060811225748j:imagef:id:elieli:20060811225819j:image

[]ほんとにニッパチですか? 23:18 ほんとにニッパチですか?を含むブックマーク

あきらめた本への呟き

学術文庫...(計見)

文芸文庫...(田村)

叢書フロネーシスのアレ...(読む時間も読みこなす力量もない)

橘木...(来月の岩波新書で十分なはず)

バルト...(重要なのはわかってるけど...1000円台なら買うのに)

寺島のアレント(絶対こっちの方がタメになるのに、クリステヴァのアレントを買ってしまいそうだ。そして、両方買うという選択肢は無い)


逆に言うとこれ以外は買おうとしているんだが、果たして...

[]借り物 23:18 借り物を含むブックマーク

ファンを僭称しているにもかかわらず、エッセイは文庫落ちを待ってる吉野朔実。みかねた友人よりまとめて

1.『お母さんは「赤毛のアン」が大好き』

2.『弟の家には本棚がない』

3.『犬は本よりも電信柱が好き』

を貸してもらうことに。へへっ、アリガトー。でも『お母さんは〜』は文庫で持ってんだよね。まあいいや。

(そろそろかなと思って検索をかけたら『記憶の技法』の文庫、今日発売だったのね。単行本もってるけど、これは明日買おう)

お母さんは「赤毛のアン」が大好き―吉野朔実劇場弟の家には本棚がない―吉野朔実劇場犬は本よりも電信柱が好き (吉野朔実劇場)

[]不失者1stを聴きながら 02:48 不失者1stを聴きながらを含むブックマーク

久しぶりに聴きなおしてるんだが...イケます。というかイキます。読んだ本の報告なんてしてる場合じゃないっすよ。

盤違いだが、

大丈夫もしも君の神経が切れても宇宙の切れ端に結んでおけば…

という感じ。大丈夫か?


1.読み始めた本

二十一世紀資本主義論』

こっちを先に買ったのに...これを先に読んでれば対談本はいらなかったな。

2.継続中

(1)『戦後世相の経験史』

「移動経験と被差別アイデンティティの変容」桜井厚

(2)『物理世界のなかの心』

とりあえずキムに憑依して読んでいく。もちろんデイヴィドソンを読むときはデイヴィドソンに憑依して読むんですよ。

(3)『黒沢清の映画術』

伊丹十三のくだりは涙なくして読めない。

3.読了本

(1)『思想としての<共和国>』

うーん、僕はバリバールでいきます。しばらくは。

余談

(三浦信孝)

ぼくは2002年にドゥブレが来たとき、わざとバリバールは重要な思想家だと思うって言ったら、「ああ、あいつね、ノルマルではぼくが一番であいつは二番だった」って(笑)。

(2)『叶えられた祈り』

...つまんないんですが。

(3)『サザエさんの<昭和>』

「サザエさんの<社会的関心>」吉田守男(初出『歴史評論』、2005年)

さすが『歴史評論』。2005年でこれはかっこいい。おひゃらかしは置いといて、結論は疑問視がつくものの、鶴見俊輔の動体視力のなさ(と吉田守男は言ってるわけではないのだが)の指摘がここでも。あと家のなかで「嫁」でないことからそのまま「フェミニズム」に直接接続することの危うさの指摘は首肯できるわけで...まあ、そんな有難がるもんでもないだろ、と。

f:id:elieli:20060812024558j:image

Connection: close