Hatena::ブログ(Diary)

elm200 の日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2010-01-09

[]15歳の君たちに告ぐ、海外へ脱出せよ


この文章を、いま15歳を迎える日本人たち(1995年生まれ)に向かって書く。それ以上の年齢の人たちは読まなくてもかまわない。読んだ結果何かを感じるかもしれないが、それはこの文章の趣旨とは関係ない話だ。

君がもし、大学に行くことを考えているのなら、日本の大学はやめたほうがいい。日本の大学を卒業しても、専門知識はろくに身につかない。大学3年生のときから、「就活」という世にもくだらない非生産的な活動にエネルギーを注がなければならないからだ。激しい競争を潜り抜けて、大企業に就職できても、それは約束の地などではない。日本の大企業は中高年によって支配されていて、若者の意見は黙殺される。それでも、中高年の社員が賢ければいいかもしれない。実際のところ、彼らは論理的思考力を欠いている。考えてみてほしい。彼らは、日本の経済がまだ繁栄していたころに就職した人たちだ。当時の大学はレジャーランドだった。真面目に勉強するやつは「堅物」と敬遠され、下手をすると変人扱い。先輩のやり方を模倣するだけで、自分の頭で物事など一度も考えたことがない連中だ。歳を取り、腹に贅肉がついて、見た目は立派になったが、中身は空っぽである。こんな連中についていっても、未来などない。

起業は理想的なシナリオだ。しかし、日本社会は起業に対して非常に冷たい。いまの状況では叩き潰されるのが関の山だ。

一言で言えば、日本に希望なんかない。日本を変えていくしかない。

物事を変えるには二つの方法がある。一つは、直接抗議すること。もう一つは、逃げることだ。あるレストランのメニューがまずかったとしよう。一つは、「まずいよ。もっとうまいのを作ってよ」と抗議することだ。しかし、それでもうまくならなかったらどうするか?そのレストランに行かなければいい。そうやって客がみな逃げ出せば、レストランの経営が傾く。そこで経営者は初めて何かがおかしいことに気がつく。本気で対策を講じるだろう。

日本社会はこの20年間、驚くほど変化しなかった。この巨大な惰性が向こう数年で大きく変わるとは思えない。日本がよい方向に変わるだろう、という可能性に賭けるのは危険すぎる。自分自身の人生を守るために、逃げるべきだ。そして、それが同時に日本を変えていくことにもつながる。

海外へ出よう。英語を学んで、世界の人々と交流し、日本の狭苦しい世界観から解放されよう。意志さえあれば、英語を学ぶのにそれほどカネはかからない。インターネットには英語の資料があふれているし、Skype で安く英会話を学ぶこともできる。アジアの準英語圏フィリピンマレーシアインドスリランカ等)ならば留学も安い。可能なら、英語圏の大学への進学が望ましい。そこで、いろんな国から来た学生たちと交流し、多様な価値観に触れることができるだろう。これは、やはり実際に体験してみないとわからないことだ。

日本企業への就職はどうなる?考えが小さいなあ。日本企業なんてこれから尻すぼみだぜ。重要なのは、世界のどこでも働ける能力を身につけることだ。それが究極の社会保障でもある。海外大学卒を採用しないようなケツの穴の小さい日本企業なんて、こっちからお断りだ。もっといい待遇で自分を雇ってくれる外国企業を見つけよう。あるいは起業するのもいいかもしれない(できれば日本以外で)

今日、私は、ある日系ベトナム企業の採用面接の手伝いをした。ベトナムでもっとも優秀な大学を出て、コンピュータ技術・管理能力に優れて、英語・日本語がペラペラの若者たちが、6万円から9万円ほどの月給で働いていた。君たちの本当の競争相手は、こういう新興国で猛烈に勉強している若者たちだ。どうか「就活」などという愚にもつかない通過儀礼のために、君たちの貴重な若き日々を浪費しないでほしい。世界の企業に求められる技能を身につけ、がっぽり稼いで、自由な生き方を手に入れようじゃないか。

鉱産鉱産 2010/01/10 01:21 センター一週間前にこのエントリーはないわ…
英語だけしゃべれてもそれが世界のどこでも働けることにはならないと思うね

 2010/01/10 01:36 記事にもかいてあるように,英語力・技術があっても食い扶持に困らない程度じゃないですか?結局は,日本企業もしくは外資の大企業が一番無難な気がします.

schwartz0000schwartz0000 2010/01/10 01:42 はじめまして。

鉱産さん:
>英語だけしゃべれてもそれが世界のどこでも働けることにはならないと思うね
その通りです。英語が世界を広げる事はあっても、それは自分の中に広げるべき世界を持っている場合においての事です。
だからブログ主さんは「大学から海外へ出たらどうか」と言っているようですが、どうでしょうか。日本の大学と違って、普通の国の大学は勉強ができるところだからです。
日本の大学だって本人の心がけ次第と言えなくもないですが、長期雇用に守られた企業に入るために「就職活動」などという大名行列みたいな宗教行事に参加を強要されます。就職活動は勉強にはなりますが、もっと効率の良い勉強方法が国境の向こうにはあります。

piperpiper 2010/01/10 02:07 無難に生きてると、日本経済腐らせるから海外で武者修行してこいってことじゃないか?
優秀な若者の進路を導く方向性は間違ってないと思う。
日本にいるよりは成長できるのだから。
将来的には日本に戻って還元してくれればいいんだけどね・・・

gingin1234gingin1234 2010/01/10 02:23 > 彼らは、日本の経済がまだ繁栄していたころに就職した人たちだ。当時の大学はレジャーランドだった。真面目に勉強するやつは「堅物」と敬遠され、下手をすると変人扱い。

そんな連中に負け続けて、追い抜かれて、「失われた10年」の間でも寄り集まってようやく日本に勝てる程度の規模でしかない欧州の国々って一体……
まあ、海外に行くのは悪くないと思うけど、「若者の意見は黙殺される」「論理的思考力を欠いている」「真面目に勉強するやつは「堅物」と敬遠され、下手をすると変人扱い」と乱暴に片付けるような人間の意見は、正直なところ驚くほどに説得力がないです。

> 新興国で猛烈に勉強している若者たちだ。

そういう学生は、その片手間に日本の学生以上に就活に命をかけてるんじゃないんでしょうか?

bobbybobby 2010/01/10 04:51 >海外へ出よう。英語を学んで、世界の人々と交流し、日本の狭苦しい世界観から解放されよう。

自分が優秀だと思う人は米国の一流大学を目指し、理学と工学系なら博士課程まで、文系ならMBAかCPAまでを目標としよう。成功した時の期待値(生涯賃金)は、日本にいるより1桁大きくなると思う。

2流・3流大学のレンジの人は、アジア(中国、香港、フィリピン、シンガポール)を目指そう。英語なら香港かシンガポールがお薦め。先進国に等しいインフラと多数の外資系企業が集中している。もうひとつ、中国語というオプションもある。これからのビジネス機会は、英語の他に北京語(普通語)のオプションもあると思う。中国は今年中に日本のGDPを抜いて世界2位になるライジングサンの国だから、北京や上海には、チャンスは沢山あると思う。

「逃げる」と思わず、世界に「挑戦」してほしい。

webeeswebees 2010/01/10 10:02 ま、もっともな意見でしょうね、残念ながら。

企業は安い人件費を求めて海外に流出しはじめているし、それを追いかけて安い賃金でまともな生活をする人たちに、日本の高い年金や税金を負担する余裕はありません。すると中にいる人は必然的により少なくなった人数で割高でおいしい思いをした人たちを支えることになります。(できたら、誰かに反論してもらいたいけど)

海外移住を決意するまでがいちばん大変だという声もありますし、そもそも具体的な選択肢として多くの人々がこういうことを考え出した時点ですでに「始まっている」とも言えるわけですよね。AERAも中国で活躍する日本人の特集をしています。

ちなみに、語学はなんとでもなります。というより学校英語が苦手だった人のほうが実習で学ぶべきだと思います。ただ、留学したいヒトは最低の技量が必要なので、アカデミックな語彙(だいたい500くらい)と基本文型を徹底的に叩き込むべきかもしれません。

えっとえっと 2010/01/10 11:09 15才の子たちが読まないだろうし、日本の今の15才をまったく知らないでものを言う、これはいかに? あなたが輝いていれば、自然とついていくのに。それさえわからないなら、15年後のあなたが、グローバルの中でアイデンティを失っていないといいけどね。だいたい、日本人の仲間が欲しいだけでしょ。これが一番変。ノアの箱舟のつもりなんでしょうか?

Re:えっとRe:えっと 2010/01/10 11:20 そういう妄言は自然と15才がついてくる輝かしい日本を作ってからどうぞ。>えっと

yuuyuu 2010/01/10 11:21 あまりにも乱暴な思考で、まるで説得力がありません…。

>重要なのは、世界のどこでも働ける能力を身につけることだ。

世界のどこでも働ける能力って、いったい何ですか?

>世界の企業に求められる技能を身につけ、がっぽり稼いで、自由な生き方を手に入れようじゃないか。

なるほど、「市場経済の要求に順応し」「がっぽり稼ぐ」 ことが、自由につながるとのお考えなんですね。
でもそれは、いったいどんな自由なんでしょうか。
私には、この呼びかけは不自由な生への誘いにしか思えません。
筆者がどんな哲学をもとに生きようと自由ですが、私としては「15歳の君たち」がこういう声には耳を傾けないことを切に願います。

えっとえっと 2010/01/10 11:24 日本を出るなら、まず、日本語を捨てなさいよ。日本語で考えてはダメですよ。なにより日本を大切にするより、住んでいる国を大切にしなければ、その国の人ではないということですよ。それとも、海外で働いて、ガンガン日本へ故郷納税をするということですか。日本人であるならば、納税の義務があるんですよ。日本がどうのこうのと言われるならば、まず第一に、日本国憲法の義務に従うことです。いったい、どれだけ義務を果たされているのやら?

えっとえっと 2010/01/10 11:25 そういう妄言は自然と15才がついてくる輝かしい世界を作ってからどうぞ。

バカなんじゃないの?

えっとえっと 2010/01/10 11:28 日本国籍を捨ててから言ってください!

久々に、ちょーーーー、むかついた。

yasuharu519yasuharu519 2010/01/10 12:00 日本のトップと言われる大学に通っているが、エントリーに全くの同感。
留学経験から言わしてもらうと大学が全く悪いとは思わないが、トップの大学でさえ、学生のレベルが海外のそれと全く違う。
まわりの学生は、受験でめいっぱい勉強したし、どーせネームバリューで就職は大丈夫だからと安心しきって
試験もカンニング、レポートは周りのを写すといったことが普通に横行している。
受験のときは賢かったのかもしれないが、人間として尊敬をするといった人はほとんどいないのが現状。
なんとかしないと日本はどんどん下がっていくでしょうね

mimizawamimizawa 2010/01/10 12:23 「日本の大学を卒業しても、専門知識はろくに身につかない。」はちょっと異議あり。私は酒井さんと同じ大学の工学部を出て、専門知識たくさん習いましたし、そのほかに学内のコンピュータネットワークを駆使して勝手にいろんな専門知識を身に付けました。それが現在までの海外就職や海外起業に活きています。それ以外は全面同意です。
というか6万はお書きのとおり最上位能力層の値段であって、日本の本当の底辺層になったら3千円とかの奴らと同等になることを書かれてないのは、酒井さんの優しさですね。
私の2010年代の夢は、東南アジアで財閥を作り、そこへ若い日本人をいっぱい招き入れることです。上がやらないなら下がやるしかないでしょう。

bobbybobby 2010/01/10 12:35 文化に関する意見は千差万別だから、えっとさんとyuuさんに直接反論するつもりはありません。以下は自分の経験です。

>日本を出るなら、まず、日本語を捨てなさいよ。
母国語と居住国の言葉と業務上使用する言葉は、それぞれ別々であって何も問題ありませんでした。

>日本語で考えてはダメですよ。
英語だろうと中国語だろうと、何年も日常的に使っていると、その言語を話している時は、自動的にその言語で考えるようになりますから、心配する必要はありません。大事なのは慣れのようです。

>日本人であるならば、納税の義務があるんですよ。
日本の税制では、国内に居住していない国民は納税の義務は無いようです。

>世界のどこでも働ける能力って、いったい何ですか?
私の経験では、IT関係(システム開発、ネットワーク、営業等)というのは、間違いなくどこでも働ける能力のようです。医療というのも、国ごとに資格の取得が必要ですが、そういう能力の一つのようです。他に、理系・工学系の博士課程くらいの専門知識も、そういう能力の部類に入ると思います。あとは、言わずと知れた金融関係(株や通貨のディーラー、M&A、インキュベーターなど)でしょう。

>いったいどんな自由なんでしょうか。
特定の地域や文化、特定の政治・経済体制による制約から解放されて、自分の好きな場所で、好きな仕事をやり、人生をより楽しく過ごす事ができる「自由」だと思います。もっと簡単に言えば「社畜」にならない自由でしょうか。

>「15歳の君たち」がこういう声には耳を傾けないことを切に願います。
多くの高校生が、チャレンジ精神を高めて海外へ出て行き、成功した人の中から国内へと人が還流する事で、日本はもっと明るい国に脱皮できるように思います。たとえば台湾は戒厳令体制が解除された後で、そうやって経済発展を遂げたようです。

eses 2010/01/10 13:12 日本に来て3年になった外国人です。
この記事を読んですごく痛感してます。
日本は私の国よりは色んな人にチャンスを与えてくれた国でした。
それで出来るだけ長くこの国で働きたかったです。
1年に過ぎた時点からはこの記事で書いているようなところに気づいて、今はアメリカなどに行く準備をはじめました。
もちろんアメリカもそういう問題はあると思いますが、
私が自分の状況をわかってる上で選ぶことと、自分が知らないうちに当たり前にように生きていくのは違うと思います。
日本はいろいろ良い国ですが、何でもテンプレートやマニュアルを作ってその通りにしようとする志向があると感じてます。皆がその通りにやってくれると喜ぶ人、儲かる人があるかも知れないですね。
知らないふりをしながら幸せそうに生きていけるかも知れませんが、一度くらいは広い世界に目を向けるのも良い刺激になると思います。
(これはあくまでも個人的な意見で何か失礼な言葉がありましたらすみませんでした。)

???? 2010/01/10 13:44 日本の国籍捨てる?住むところと働くところは日本じゃないとだめなんて憲法に書いてたっけ?

 第一に、憲法の義務に従わなければいけないといってるけど、日本の経営者や管理職、職場の一般社員等の中でも労働基準法守らないところがあるからブラック企業なんて言葉が生まれてるし、〜はあたりまえ、甘え、理不尽に耐えるのは当然、とかって根性論で法律を打破されてしまうしね・・
 
 日本社会も極端な協調性を求める空気を読むなんてのもあるし、空気を読むことって大事ではあるけどドがすぎればただの考えの押し付け、同調圧力になるしね・・

 自分が〜だけ苦労してるのに、良い思いしてる奴がいるなんて許せないなんて嫉妬みたいな不幸の横並び的な人間もいるし。 海外で成功した人間には嫉妬、失敗すれば鬼の首を取ったかのごとく大喜びして罵るひともいるし・・

 ただ日本で働くのではなくサービスを受ける側=旅行者でいるならアニメもゲームもマンガも面白いし安全かつ温泉地も多いし北へのスキーも南へのスキューバとかも楽しいから娯楽に関しては良い国だと思うけどね。

 「ニートの海外就職日記」←このブログの内容によれば海外で住むのは語学関係と環境、その国の社会に慣れるまで大変だけど働くのは結構ゆったりしててクライアントも電話した時に担当の従業員が休みだと伝えられても「休みじゃ仕方ないね、良い休日を」って言ってくれる寛容なところもあるみたいだから働くことの敷居が〜してあたりまえといった感じで高い日本より確かにいいかもしれないしね。

 知り合いでもイギリスから年に何回か里帰りしてるんだから日本を捨ててるわけじゃないと思うので海外へ住んで現地で働いてたまに日本へ里帰りするって選択肢も悪くはないと思うんだけど・・
 もし海外へ働く=国籍すてろ が通るのなら今頃イチローや松井なんかとっくに剥奪されてるし、ISS(国際宇宙ステーション)勤務の野口さんもそのターゲットになりかねないしね、あとXJAPANのヨシキとかも国籍すてないといけない・・本当にまかり通ったらその他の世界に羽ばたいてる日本でも有名な日本人がどんどん国籍剥奪ラッシュでニュースになりそうですね。

えーえー 2010/01/10 14:08 就活しなけりゃいいんじゃね?

難しいなあ難しいなあ 2010/01/10 14:23 そうそう簡単に生活基盤は捨てられないでしょう・・・
永住外国人が日本を離れられないのも同じ理由。

nsoderlandnsoderland 2010/01/10 14:44 日本脱出して違った文化に接するとまず、あなたの思考方法がうんと増える。よってあなたの人生が豊かになるよ。就職はその後自然に広がる。

torigatagentotorigatagento 2010/01/10 14:51 大学2年の私は今から国外脱出の計画を立てるには遅すぎることはないかもしれん。英語を基幹にドイツ語とフランス語を英語の水準まで高めることをやってます。
し・か・し、たんに語学が使えるだけでは所詮、道具を持ちながらその使い道を知らない井の中の蛙に過ぎないのではないか。
要するに、その言語を何に使うか、その内実が空っぽなのです、日本人学生は。
あるいは中身を学ぶエネルギーを語学という手段の習得に費やすのに精一杯。

それに、国外脱出には勇気が要りますわね。

torigatagentotorigatagento 2010/01/10 14:51 大学2年の私は今から国外脱出の計画を立てるには遅すぎることはないかもしれん。英語を基幹にドイツ語とフランス語を英語の水準まで高めることをやってます。
し・か・し、たんに語学が使えるだけでは所詮、道具を持ちながらその使い道を知らない井の中の蛙に過ぎないのではないか。
要するに、その言語を何に使うか、その内実が空っぽなのです、日本人学生は。
あるいは中身を学ぶエネルギーを語学という手段の習得に費やすのに精一杯。

それに、国外脱出には勇気が要りますわね。

kumonopanyakumonopanya 2010/01/10 15:04 中国の人口13億、インドの人口12億、アメリカの人口3億、日本の人口1億。インドは公用語がヒンディ語と英語なので、中国語か英語を勉強した方がいいでしょうね。

yy928yy928 2010/01/10 15:06 34歳の通りすがりです。とても良い事書かれていますね。僕も自分の子供や若い後輩達には(かわいそうですが)日本にこだわらなくて済む生き方をしなさいと常々言っています。日本の主にビジネスの部分は今後どんどん死んでいきますから。

おpおp 2010/01/10 15:13 日本が特に世界のほかの国々と違うのはモラルとか常識だと思うんだよね。
世界共通の常識的な感覚みたいなのがあって、それを日本人は知らなすぎる。
それはもちろん日本での常識みたいに細かい規範のことではなくて、もっと全然大雑把なものなんだけど、とにかく日本人は細かい規範にとらわれすぎててそういった大雑把な世界常識がない。

はっきり言っちゃえばそれと英語力さえあれば世界中どこでも働けるし、ちょっと優秀な人だったら2,3回の旅行でそういった常識を身につけることも可能だ。

ゆうゆう 2010/01/10 15:18 高校時代に米国に留学していのですが、ボクが海外の大学を選ばなかった理由は
日本語でしか学びにくいことがあるからですよ。
西田幾多郎の哲学をはじめ、様々な難しい概念を海外で学ぶのは難しいからです。
ビジネスの部分が死ぬのでなく、現在の生活スタイルが廃れるだけです。
海外へ行くのなら大学からでは遅いです。高校時代からがっつり行って、
難解な英語も読みこなせる実力がついて初めて海外の大学へ行く意味があると思います。
ではなければ、日本の大学でがっつり勉強してから海外の大学院へ留学する方が良いのではないでしょうか。
※ただしお金持ちに限る

なるなる 2010/01/10 15:42 「起業は理想的なシナリオだ。しかし、日本社会は起業に対して非常に冷たい。いまの状況では叩き潰されるのが関の山だ。」

へぇ、外国は温かいんだ。
ちがうでしょ。
もうこの時点で読む価値のないエントリ。

外国だって出る杭は打つ。打たれても生き残れる強さがあるから成功する。それだけ。
楽天はベンチャーでしょ。ソフトバンクだってそうでしょ。
もっといえば、ソニーだってホンダだって出自はそうだ。

豆 2010/01/10 16:15 ちょっと極論だけど
この人が言いたい事は、ブロイラーになるなって事だろね。
なまじ海外行っちゃうと見識広がっちゃうから、こういう視点を持つ
人間は多いんじゃまいか?

とりとり 2010/01/10 16:17 日本を変えるしかないという部分には同意します。
ただ国外に出たとしても、その国における外国人への圧力や言語等の諸障壁を考慮すると、日本人が日本で学んで働く場合よりも成功しやすいとは必ずしも言えないんじゃないかと思います。
それに、人は結局「世界の企業」という抽象的なものに必要とされるのではなくローカルな局面で働くものである以上、具体的に見えやすい利点を参考にしようとするのは仕方ないとも思います。
というわけで、貴殿の成功を心から応援させて頂きます。

eiriiiiiiiiiineiriiiiiiiiiin 2010/01/10 16:47 はじめまして。

とても興味深いことを書いてらっしゃるので、皆さんに便乗して一言だけ。

ほかのお店に行く発想は持っていても実際に行けないような人間の極端な例として、最近のブックマークにもありましたが、ニートという人たちが出てきているのかもしれませんね。出たいけれども気づいた時には出れない、という人たちの「降りる」ということとして、似ているのかなぁ、と感じました。それ自体善いか悪いかということではなくて、スカイプに関する言及など、「発想自体」に非常に共感いたしました。

また価値があるかないかという問題についても、
批判、解釈を加えるのはこれを読んだ多くの人々に委ねられているのだと思います。

私はこれを読んだ時に、村上龍の「希望の国のエクソダス」という著書を思い出しました。

突然、今まで面識もありませんのに、失礼しました。

やっほーやっほー 2010/01/10 16:49 ここのコメントを見れば、日本人がいかに愚かでリスクをとらない人種であることが分かる。

名前名前 2010/01/10 16:57 > センター一週間前にこのエントリーはないわ…

だから「15歳」なのよ

ばんばん 2010/01/10 16:57 逆に世界を意識しすぎているから日本が駄目になっているという考えはどう?

bobbybobby 2010/01/10 17:17 外国の学校へ留学するのであれば、日本にいる間に、読み書き能力の向上に重点を置く事を勧めます。会話は現地に行ってから、3ヶ月くらい「必死」でトレーニングする方が費用的にも環境的にも効率が良い。学校で真に必要なのは、試験をパスする「読み書き」能力のようです。それは、学校のテキストや参考書やドリルを取り寄せて、日本にいる間に「予習」する事である程度は習得できると思います。もし、経済的に余裕があれば、現地で家庭教師を雇って、日々の宿題をこなす「支援」をしてもらえばればなお良いと思います。

鉱産鉱産 2010/01/10 17:46 海外に出た俺カッコイイ!と思うようでもダメだと思う。その辺は釘を刺すべきじゃないかと
最近の人に当てはまるのは今やってることが何のためだって言う目的意識が欠如することだと思う
大学だって周りが行くから逝くもの、就活だってそう。もっと細分化すれば受験勉強だって何をすればいいかわからないと抜かしているバカがいる。おまえが解けない問題を解けるようにするだけなのに。
結局誰かが言ってるような「KY」的思考が裏目に出て、自分で行動を決める・考えるということをしなくてもいいし、するのがよくない風潮があるんだろうね。
ただ実際問題、学問の最先端にいたいとかそうでなければ海外じゃなくてもいい気がするんだよな
言ってることは正論なんだけどいざ実行するとなると経済的にハードル高杉。
出てけるものなら俺も出て行きたい。日本のITには先がないから

N 2010/01/10 17:49 ネットに手を出すような危うい15歳をターゲット。
子供だましとはこのことだね。あ、今は釣りっていうのか

bobbybobby 2010/01/10 17:57 >いざ実行するとなると経済的にハードル高杉
留学するのにはかなり経済的な負担がありますが、海外へ転職するのはそれほど難しくありませんよ。(記事の趣旨からは外れますが、既に就職済みのサラリーマン向けです)

1)海外勤務希望で、人材バンクへ登録する。
  海外へ行きたい正社員が少ないので、駐在の為に新規採用する会社は多い。
2)駐在先で、外国語や転職可能な能力を磨き、人脈を構築する。
3)取引先や地元の同業者など、転職活動を行う。

tt 2010/01/10 18:18 海外の大学へ行くことが唯一解かどうかはわからない。ただ、次のことは確実だと思う。日本の大企業が競争力を失っているのは、中で働いている40オーバーの人達の能力が低過ぎることが原因である。その結果「いい大学へ入り、いい企業へ入る」というコースに暗雲が立ち込めている。
私の分野では、優秀な人がこぞってIBM,google,外資銀行へ行った。これらの会社では、上司は外国人でミーティングは全て英語で行われている。だから、良い会社で働くには、英語という言語はきっと重要になってくると思う。
あと、間違いなく日本の大学院は終わってる。研究能力の低い教授が多すぎる。早急に改善しないと詰む。

tt 2010/01/10 18:19 在学中の就職活動を全面的に禁止するのも1つの手かもしれないな。
就職に関しては、年齢を聞いてはいけない、というルールがあってもいいと思う。

bobbybobby 2010/01/10 18:35 >在学中の就職活動を全面的に禁止するのも1つの手かもしれないな。

新しい規制をつくって、既存の規制を緩和させるのは筋が悪いのであまり考えたくありませんが、あえて言えば、企業が募集時に、新卒者とそれ以外を区別して募集してはいけないとうルールを導入すれば、新卒対象の募集や面接はおおっぴらに出来なくなり、4月前後に募集開始せざるをえなくなるので、学生は卒業間近まで就活できなくなるのでないかと思います。

fujisuke_ysfujisuke_ys 2010/01/10 18:35 そんなにも日本が嫌いでしたら、日本人でいることや日本語を使うことをやめてはいかがですか?
そこまで日本の大学を見下すということは、それに勝る教育をご自身でできるということでよろしいでしょうか。

bobbybobby 2010/01/10 18:40 >そんなにも日本が嫌いでしたら、

好きだからこその「苦言」というやつでしょうね。

ネコの手ネコの手 2010/01/10 18:55 >そんなにも日本が嫌いでしたら
現状をどうにかしたいという「苦言」でもあるでしょう。
ま、ぬるま湯につかって茹でガエルというのも自己責任でしょうね。
本当に日本の大学は終わってるし、所謂一流企業と言われるところも、現実かなりヤバいところもあるのは事実。
海外に出たり現実を鑑みて、情報を発信する人の言葉をどう受け取るかは、最終的に自分自身の問題だから。
ただ、若い人達に情報を与えず座して死を待つ状況に見て見ぬ振りをする程、
人生の先輩としてアンフェアはないという、酒井さんの衷心と私は受け取りました。

f-shinf-shin 2010/01/10 18:58 あくまでも感想ですが、ここがダメだから海外へ行けという発想で
成功するものなのでしょうか。

あっちはあっちでネイティブと戦うわけで、日本を制するぐらいの
勢いがないとダメなような。

語学力云々という面で15歳にターゲットをおいたのは正しいと思います。

あと就活ってのは、無条件で大企業に入れる超有利なパスなのですから、
それぐらいは利用してしかるべきかと。

f-shinf-shin 2010/01/10 18:59 訂正:無条件、じゃないや、「同世代と戦うだけで」ということか。

日本の就活ぐらいうまく乗りこなせないで世界の戦いに勝てるものなのでしょうか。

TakahashiMasakiTakahashiMasaki 2010/01/10 19:16 [う……うわっ!][……](わかったからもう日本に帰ってくるな

akachan_aceakachan_ace 2010/01/10 19:22 1995年生まれの14歳が書き込みます。

上の方で見た、「今の1995年生まれの子はこんな文章見ない」というコメントの指摘は間違っていますね。

僕もはてなでブログをやっているので、少し見ていってください。

ご覧になればすぐに分かると思いますが、僕は数学が大好きです。大学レベルの数学を自ら学び、結果、ブログに尊敬する先生からコメントをいただくこともありました。

はっきりいって、美しく広大なゼータの世界を見つめたり、人間の意識の範疇を越えた「無限」を一枚の紙の上に、一本の数式で表現したり、今まで誰も思いつかなかった新たな世界を生み出したり・・・そういった事にだけ集中していたいのですが、今のご時世、そうはいかないことはわかっています。

日本の大学の理学部数学科はネットで「就職無」なんていわれることもあります。数学は美しく面白いものです。それを追求することができないのはとても悲しいことです。

日本の大学では、この記事で指摘されているように、「就活」などという、非生産的で醜い、僕の愛する数学の世界とはおよそかけ離れたことに貴重な時間をとられます。

若者には無限の可能性があるとはよく言いますが、すべての人は、使える時間は有限です。人生にイプシロンデルタを適用することはできません。無限の可能性の中から、限られた何かを選び出し、「日々」という集合に写像していく。時間はいくらあっても足りないのに、今の世界は無駄が多すぎる。

海外に行くも日本に残るも、当人の勝手なのにこのブログのコメント欄が荒れている事自体が異常なことだと思います。

僕のように数学など、学問に打ち込みたい人もいれば、絵を描いて暮らしていきたい、音楽で食べていきたい、経営者になりたい、建築士になりたい、スポーツ選手になりたい・・・これらは僕の友人達の夢の一例です。

好きな事に打ち込んだり、好きなものになったりすることが、海外の大学のほうがやりやすいのであれば、日本の大学なんてさっさと捨てて、留学します。そして日本が変わらないのなら、二度と帰ってはこないでしょう。

elm200さんは僕等のことを分かってくれているのでは無いかと考えます。

大人はよく言います。「言うことを聞け。」と。

そりゃ、社会一般のモラルからはみだす行為に対してそう言うのは構わないのですが、自分の生きる道について、数学基礎論風に言えば、自分の「メタ人生」に口出しはしないでもらいたいです。

海外の方が、自分の夢を叶えやすいのであれば、海外に行くし、国内に希望を見出せれば日本に残ります。自分が、自分の意志で決めます。

みなさんご存知ですか?数学者に国境線は無いのです。肌の色が違っても、話す言葉が違っても、同じ真理を目指す人はみんな旅の仲間です。誰かが業績をあげれば、その旅の仲間を手放しで思い切り祝福します。すばらしいですよね。

こんな記事がでてきてしまう、国内か海外か、なんて議論が起きてしまう今の世の中が変なのです。

R={n|無限の可能性と有限の時間を持つ若者}

有限集合Rの全要素nは、活躍する場所になんて縛られません。自分がこうしたいと思ったことをして、夢を叶え、世界を変えていきます。

世界を変えるために、僕等は思いっきりがんばります。夢を追います。

大人の皆さんは僕等がただただ夢を追うことに集中できるような世の中を作ってください。

これが僕達、有限集合Rからの、ただ一つのお願いです。

読みにくく、拙い文章で恐縮です。ですが、この議論の主役が、まだコメント欄に現れていないようなので、書き込ませていただきました。

torigatagentotorigatagento 2010/01/10 19:27 実感から言えば語学力は短期間必至でやれば一定水準まで容易に達する。
しかし、その言語を手段として仕えせしめる肝心の「内容」は付焼き刃というわけにはいきませんよね?
随分実地経験のある方も大勢いらっしゃるようなので、外国語で「何を」学ぶべきか、ぜひともお考えを聞かせていただきたい!

sekiyosekiyo 2010/01/10 19:54 私は「成功」するかしないか、というより、だめな事に気づいていながら惰性で過ごすより、行動を起こした方が得る物が多い、との主旨に解釈しました。とはいえ、その行動が海外へ出ることか否かは本質的問題ではない、とも思っています。

日本にいようと海外にいようと、究極的には自分にあった目標(夢)とそれに向かって努力しつづける強い意志が最も大事なのでは、と思います。

「成功」というのも、その目標や夢がどの程度達成されるかどうかで決まるのだと思います。ちなみに単に大企業に入ること自体を目標にすることには賛成できません。(そこで本当に自分のやりたいことが出来る、或はその経験を本来の夢を実現する為に活かす、という考えなら別ですが。)

海外に出て「成功」する人達は、それ相当の目標と努力と強い意志を兼ね備えているのだと思います。

つまりは、「少年少女よ大志を抱け」でありましょう。
大人も様々な形で彼ら彼女らの夢の支援をしてあげなくちゃなりません。

asdfgh654asdfgh654 2010/01/10 20:02 ヨーロッパに本社をおき規模は小さいですが一応グローバルに展開する会社を経営する者ですが、うちの会社では日本の大学を卒業した人は滅多に採用しません。 他の国の大学卒の人材より圧倒的にレベルが低いからです。 自分の頭で物事を考えコミュニケートするという基本的資質が著しく欠けていますので。 60・70年代の高度成長期の大量生産型企業では、手先が器用で自己主張をせず言われる通り仕事をする(つまり自分の頭を使わない)人材が求められていたのでしょうが、今は違います。 逆に言うと、日本の大学を卒業した人材を採る日本の企業が、冷戦終了後のグローバル化の中で惨敗しているのは当然の成り行きです。 高校から海外へ出る事には大賛成です。 15歳の皆さん、島国根性的コメントはスルーして、自分の将来の事は自分の頭で考えて決めましょう。

aniotahosyuaniotahosyu 2010/01/10 21:10 貴方は「はてな」の良心ですね。

27歳の私の意見で恐縮ですが、とは仰ってもやはり海外渡航には色々な障壁があると思います。
私の出身高校は一応進学校の端くれでしたが、400人卒業生が居て海外留学は1名でした。
率にしてわずか0.25%。それでも多い方だと思います。

私が思いますのは、日本に残るのであればできるだけ受験で楽をすることです。
できるだけ楽をして大学に入り、仰る通り就活などせず、親の支援があるならできるだけ大学に残留し、
大学在学中に自立自活の道を見つけることだと思います。

周囲が就活をする中,自分のみしないのは大きなプレッシャーがりますが、伏兵していると思って
是非とも大学在学中に就職せずとも生きていける目処をつけることです。

anonymousanonymous 2010/01/10 21:11 (残念ながら、'94生の)15歳です。証拠はありません。twitter経由で拝見しました。
私は所謂帰国子女なので、その立場から。
確かに、日本は狭いです。海外に出て、少しでも広い視野を得ることは重要でしょう。英語だって難しくありません。個人的な例ですが、アルファベットが書けないレベルで非英語圏の日本人学校に入っても、苦労なく2年後には英検2級が取れます。日本にいながらそれ以上の英語力のある友人もいます。そこまでは確かです。
ただ、その後日本に戻るかどうか、というのは完全に個人裁量だと思います。
まず、目的が「がっぽり稼ぐ」というのであれば本末転倒ではないでしょうか。日本が「がっぽり稼ぐ」時代を経て失ったものを発見するのでは。
学究ならば、日本の大学が高いレベルにあることを考えても、世界には上がありますから、海外に出るのも手でしょう。もちろん環境を問う必要性はないかもしれません。WWWの発達した現代では、中学生の独学でも大学内容まで学べますからね。天狗になっては恥をかくだけですが。後は人です。
書かれた方は「就活」を多いに批判されていますが、海外に出たからといって避けられる問題では無いように感じます。稚拙ながらこれまで。

fujisuke_ysfujisuke_ys 2010/01/10 21:18 16歳の若輩ながら常々思っていることですが、「国内か海外かということが問題」というよりもまず、「限定された区域内で何をできるか」ということを考えるべきだと思うのです。
確かに海外に出て経験を積むのも有意義なことだとは思います。
しかし、自分自身が所属する”限定された領域”で実績を残さずして海外に夢を求めても、結局それは足場から崩れてしまいます。

上のほうでgingin1234さんが仰っていた話ですが、失われた十年を経ても一応は日本はEU諸国と肩を並べ続けることができているのですから、そこまで日本も捨てたものでは無いと思いますよ。

qqleh840qqleh840 2010/01/10 22:34 クロスゲーム画像 http://comic.fansfree.com/sunday/crossgame/

GeorgeGeorge 2010/01/10 22:44 なぜ、英語がどうか?というレベルの低い話に皆さんが終始されるか分かりませんが、
重要なコメントだと思います。

usso800usso800 2010/01/10 22:56 日本から逃げることが日本を変える手段って。
日本を変えたいなら、日本で行動しろよ。
単なる英語コンプレックスのエントリーじゃねーかよ。

KSTKST 2010/01/10 23:16 もう30歳になります。
就職は日本でせず、海外でしました。

大学まで日本で教育を受けました。
経歴だけだとエリートと呼ばれると思います。
現実には、日本のエリートは日本国内でしか通用しません。
英語でビジネスの全てを遂行できることが必須です。

20歳を過ぎてからグローバルな人材になるのは
決して簡単ではないとつくづく思います。

グローバルな人材というのは、日本が例えば米国か中国に吸収されても、
雇いたいと言う組織・人がいる人材のことです。

日本人であり、日本で育ちましたから、
日本が働き手にとってすばらしい国になってほしいです。

でも、elm200さんが書かれているように、
そうなることに賭けることはリスクが高いと思います。
(自分がその変化のためにできる貢献も含めて)

リスクを知った上で、殉死を覚悟で日本に留まるのは、一つの生き方だと思いますが。

直接的に頑張る、ということも大切ですが、
方向を定める、ということも大切に思います。

海外に住んでいると、現実的に日本から脱出できない人(例えば自分の親)
のことを考え、あまり口に出しにくいことですが、
だからこそ若い人に考えてほしいと思うelm200さんの気持ちはよくわかります。

akiyuzakiyuz 2010/01/10 23:17 さっきからここにコメントしてる14〜16歳の少年少女たち、レベル高すぎだろ。
子供の書く文章じゃねーぞ…

lovebeer73lovebeer73 2010/01/10 23:21 11月くらいから氏のエントリーを拝見させて頂いていますが、今回のエントリーは、真実であり残酷な内容ですね。

少なくとも、以下の同氏による”裸の王様日本人”というエントリー辺り
http://d.hatena.ne.jp/elm200/20091129/1259472523
を読んで、理解出来るくらいのリテラシーがないと、何を言っているのかは判らないですよね。

届く人にしか届かないと言うのは、しょうがないのでしょうけどもね。

いつも、興味深く読まさせていただいています。
今年もよろしくお願いいたします。

wataruwataru 2010/01/10 23:45 良い文章ですね。
海外でた時の生存競争の激しさと成功するチャンスの低さについて言及するとより良くなりますね。

ahoaho 2010/01/11 00:49 何でみんな世界を見ることを良しとするんでしょうかね。
島国コンプレックスってやつですか?
色々なものを見聞きした人は、ありきたりのことしか思い浮かばない。
僕はそんな真っ平らな人生を送りたくない。
人と違うことをしたい。

のなめのなめ 2010/01/11 00:51 就活を終えた大学4年生です。

 確かに大学では専門知識は学びませんでした。
しかし、様々な分野の話を伺い、現場の方々と交流する機会には大変恵まれました。
就職先は教授の紹介ではありますが、海外に半年ほど行く機会のある会社です。
今現在は必死で英語の勉強をしているところです。

 エントリーにあるほど日本はまだ捨てたものではないと思います。
しかし、日本の政治やシステムが行き詰りつつあるのは確かです。
海外に脱出できる・できないに関わらず、まずは「気付くこと」が大事だと思います。

 自分の本当にやりたいこと、日本の状況、世界との繋がりetc・・・。
このエントリーを読むような少年少女には、若干明るい未来があると思います。

 私もがんばろーっと。

じゅんじゅん 2010/01/11 01:08 一理ありと思える内容ですが・・・

私は理系の学部で、がっつり専門の勉強をさせられ、就職があやうかった(就活する時間がない)研究室を卒業しているので、全てに同意はできません。

日本の大学でもきっちり専門分野を学べる大学はいくつもあるのでは?と思います。どのみち、学生自体が学ぼうという意思がなければ、外国の大学を出ても同じ結果だと思います。

yumeyume 2010/01/11 01:10 大事なことは英語を学ぶことではなくて、きちんと物事を考え、正しい判断ができるようになることだと思います。
英語なんて誰でもできるのですから。

あのー・・・あのー・・・ 2010/01/11 01:23 >日本企業なんてこれから尻つぼみだぜ。

尻つぼみ → 尻すぼみ

ケツの小さい日本企業なんて、こっちからお断りだ。

ケツの小さい → ケツの穴の小さい

・・・ですよね?

すみません気になったので一応・・・
内容については一理あると思います。

elm200elm200 2010/01/11 01:29 ははは、間違えました。どうも語感がおかしいなあ、と思ったんですが・・・。では修正しておきますね。

akiaki 2010/01/11 01:31 【大学3年生のときから、「就活」という世にもくだらない非生産的な活動にエネルギーを注がなければならないからだ。】
とありますが、いつの話ですか? 今は大学2年生から「就活」です。情報が古いです。

torigatagentotorigatagento 2010/01/11 02:07 こらこら2年からか3年からかは大学のレベルや方針次第でしょうに

kusakusa 2010/01/11 02:19 通りすがりの高校生ですがコメントさせていただきます。
まず、日本を変えていかなければいけないというところは賛成ですね。
日本はあまりにも出る杭は打ち、足の引っ張り合いの文化になりすぎている、だからベンチャーが他国ほど出てこない、そういう企業には金が集まらない。
また、日本人にはわが国はいつまでも先進国であり続けることができる、だから現状維持でかまわない、そういう保守的な考え方がはびこっているから、大学に入って何も考えずに適当に過ごして就職活動に進む、そんな人が多いのでしょう。
せっかく専門的な勉強をするための大学に入っておいて、多くの時間を就活に注ぎ込むのはあまりにもったいない。正直大学には夢も希望も憧れもありません。東大を目指していますが、大学の志望理由は単にネームバリューを手に入れたいがためです。

個人的に僕は起業を目指していて、確かに外国で起業のほうがベターなのかもしれませんが、それはその国の人間であればの話で、外国人である我々がそう簡単に受け入れられるものではない、と思います。

bobbybobby 2010/01/11 02:21 >、「国内か海外かということが問題」というよりもまず、「限定された区域内で何をできるか」ということを考えるべきだと思うのです。

15歳(前後)を前提とするなら、「限定された区域」など取り払って、自分の能力をいかに向上させられるか、自分の可能性をいかに広げられるかを、もっと真剣に考えて欲しい。世界に足を踏み出す事で、自分の心のポケットを増やし、価値観が広がります。狭い価値観、小さなエリアに拘らないでほしい。

ii 2010/01/11 02:39 極論として正しいと思います。
趣旨を理解していない的外れなコメントが多すぎます。

「やらざるを得ない環境」を作るという意味でも海外に出るべき。

そうやって海外に出た人が問題意識を持って、最終的に日本を変えていくべきだと思います。海外に出てカブレて、日本や日本で働いている人を見下したりするようになること、
何にも分かってないのに海外に出ることに対して否定的になること
は最悪のパターン。

EUEU 2010/01/11 03:24 村上龍の『希望の国のエクソダス』やベンジャミン・フルフォードの『日本がアルゼンチン・タンゴを踊る日』を読んでいた高校時代('00年代初頭)を思い出しました。

私は「公立トップ校」といわれるレベルの高校で一生懸命勉強しつつ、日本社会に閉塞感を感じ、また日本の大学の教育レベル(入学してくる学生のレベルではなく)も高くはないと判断した為、有名私立大学の指定校推薦を取るのではなく、国立大学を受験するのでもなく、アメリカへ行きました。日本の高校を卒業した4年2ヶ月後にU.S. News’s rankings でトップ10に入る大学の理工系学科を卒業し、その後ヨーロッパの大学院へ進学しました。

生まれた環境も能力も価値観も同じではない一人一人の日本人に対して、「みんなこうした方が良い」といえることは何もないと思いますが、自分が選んだ進路に関しては悔いがありません。英語圏、準英語圏、そして日本で、エンジニアとして働けるだけの能力と学歴(英語圏では資格として扱われることが多い)を持っているという自信があります。そして、その自信は普通に日本国内の大学へ進学していたら(実際に体験して比べられるものなら比べてみたいのですが)得られなかっただろうと思っています。

東アジアの中で衰えていく日本に対して、親日的な台湾やお隣の韓国の何倍もの勢いで経済力・軍事力を増している中国の存在感を肌で感じ取っているであろうElm200さんのアドバイスは、日本国内の大学を受験するのが当然という「空気」の中にいる中高生にとって貴重なものではないでしょうか?

また、そのようなアドバイスをする人間は「日本が嫌いに違いない」と決め付けるコメントが見受けられますが、それは逆だと思います。私は、かつて1位だった「一人あたりのGDP」の世界順位が現在では二桁という事実や、“Sushi”, “Samurai”, “Geisha” などに次いで “Karoshi” という日本語がよく知られていることが悲しいです。そして、劣悪な労働環境で労働者が一生懸命働いているのにも関わらず業績の上がらない(全部ではなく一部の、しかし多くの)日本企業を改善していく為には、外国で高等教育を受けたことのある人材が必要だと思います。

ちょっと一言ちょっと一言 2010/01/11 10:12 私は留学もしましたし、今は海外で仕事をすることも度々あります。
「海外」とひとくくりにするのは無理がありますし、どこに行こうと、良い点、悪い点、あります。当然のことです。今さらあまり海外礼賛はどうかと。
なんにしても、「外の世界」に出てみるのは、とても大切なことだと思いますが。

ただ、そのことと、「日本社会、日本企業はダメだ」「泥船から早く逃げ出せ」
という主張をつなげて語ることには無理があります。

「ダメ」と言うことは、誰にでもできます。
経験上、そんなことを声高に語る者は、そのダメな対象に何もしないし、そもそも何もできないということを私は確信しています。
本当に何かを良くしようと思う人間は、そんなこと言う前に、黙ってやるべきことをやります。
若気の至りでエントリーでは筆が走りすぎたのかもしれませんが。

とは言っても、筆者の行動力は素晴らしいと思います。
様々な経験を重ねてください。

usso800usso800 2010/01/11 10:28 ちなみにEUさんは今現在、どんなお仕事をされているのですか?

ttakasukattakasuka 2010/01/11 10:40 これから流動性がます世界ゆえ、自分の適正を日本だけでなく、少し広い世界に目を向ければ適合は発見やすいでしょう。

流動性がませば属する力よりも個の力が重要となり、属する投資よりも個を磨く投資の方が大きなリターンが期待できるでしょう。

日本が良いとか悪いとか、その方が視点が低いかと。

GrossaugeGrossauge 2010/01/11 11:11 20代でも別に遅くはないと思います。一つの国の文化や言語での思考をマスターしている上で、グローバルな環境に身を投じると、自分でももっと深く楽しめるし、他の人にもよい影響を与えることができるかもしれません。自分の国の歴史や文化にあまり興味を持っていない人は、他の国の文化もあまり深く理解できなかったりします。アメリカの大学にもそういう留学生は結構いますが、話していてもつまらないです。

通りすがり通りすがり 2010/01/11 14:05 今いる場所がダメだからどこかに逃げるのでは、逃げた先も自分に合わない所だったらまた逃げるということでしょうか。逃げるとはそういうことです。
今いるところがダメだと(当人でない人が)決めつけるのは危険です。

bobbybobby 2010/01/11 15:15 海外で働きたい方へアドバイス:
1)行きたい国にある会社へ、駐在員を送り込みたい企業を国内で探し、日本採用で現地駐在員になる。
2)行きたい国を何度か訪問し、下記のような現地の人材バンクを使って就活する。
http://bobby.hkisl.net/mutteraway/?p=1775
3)行きたい国の学校(高校、大学)へ留学し、卒業後にその国の企業へ就職する。

渡辺千賀さんの下記ブログ記事は参考になると思います。
【海外で働く体験談集:アジア編】
http://www.chikawatanabe.com/blog/2009/12/work_overseas_asia.html
【海外で働く体験談集:オセアニア・中近東・南米編】
http://www.chikawatanabe.com/blog/2010/01/oceania.html
【海外で働く体験談集:ヨーロッパ編】
http://www.chikawatanabe.com/blog/2010/01/europe.html
【海外で働く体験談集:アメリカ編】
http://www.chikawatanabe.com/blog/2010/01/us.html

駐在員以外でも、海外で働くにはいろいろな方法があり、いろいろなタイプの仕事があります。仕事のタイプにもいろいろあり、日系企業で現地採用されている人、現地企業で働いている人、自分で起業した人、旅行(放浪)しながら行く先々でプログラマなど仕事をしている人などです。

bobbybobby 2010/01/11 15:55 渡辺千賀さんが最新の記事で、キャリア構築をゆかにすべきか、について更に興味深い記事を書いていますので一読をお勧めします。

http://www.chikawatanabe.com/blog/2010/01/mvp.html

   2010/01/11 16:08 日本で成功したことのない人間が海外で成功するはずがない!
一見論理的にみえますけど、全く現実に即してないですね
環境が変われば求められるものも違いますし、成功するかどうかも当然変わります
スポーツができなくても音楽家にはなれます
日本から逃げても海外で成功するかどうかとは全く無関係ですし、日本から逃げたら今後全てから逃げることになる!なんていう思考停止の奴隷状態になって可能性を狭める必要は皆無ですよw

kwrpmkwrpm 2010/01/11 16:23 涼宮ハルヒ憂鬱 画像 http://comic.fansfree.com/lightnovel/haruhi/

bobbybobby 2010/01/11 16:41 >環境が変われば求められるものも違いますし、

日本では、空気が読めない(読まない)で自己主張ばかりする人間は、職場の上司から嫌われます。海外では逆に、自己主張(自分の意見)を言わない人はなかなか評価されません。ここへコメントを書くような自己主張の強い人は、どちらかというと、日本より海外の方が生き易いし、職場でも評価され易いように思います。

通りすがり通りすがり 2010/01/11 17:53 はいはい、終わり気味な15歳が通りますよ〜

エントリを読んで、そういうのもありかな、まあ俺はチキンだから無理だけどな!と思って、米欄を読んで、あーやっぱこういう流れになるんだなー、と思って、
最終的には、優秀な奴はどこでなにやっても優秀だよねっ!という結論に落ち着いたよ。
逆に言えば、だめなやつはどこいったってだめなわけで。

ヒキ気味15歳からすると、英語の勉強して海外留学なんぞできる時点で俺とは雲泥の差で、
そういうことができる行動力をもってる人は日本だの海外だのに関係なくそれなりにやっていけるんじゃないのかな。

それとも、そういう行動力を潰さないために海外へ行け、って話なのかな。

どっちにせよここを見てるような15歳には縁の無い話ですなあ。

えっとえっと 2010/01/11 19:37 結局、職業貴賎がプンプンに匂うから、スゲーーー、むかつくんだよね。ようするに、海外へ出て貴族になろうという感じがするのさ。で、実際は、貴族なんていなくて、騙されているような気がしてしまう。確かに、日本で貴族になるのは、もうほとんど不可能だろうね。それも、ただ勉強しただけ仕事をガンバッただけで貴族になれるわけがない。海外経験は、貴族の勲章だと、ただ、それがいいたいだけなんじゃないの? そもそも貴族なって没落する運命しかないのに、よくわからん。

えっとえっと 2010/01/11 20:15 ま、よくわからん。海外協力隊で、その国のために働く日本人がいれば、あくまで自分のエゴを押し通すために利益追求のために海外を自分の戦場にしてしまう人もいて。その国の人の誰かが貧困にならなければいいけどね。ま、好きなようにやってください。あなたの人生だし、あなたの未来です。呼びかけるのもいいでしょう。あなたが日本に帰ってきたくなったら、日本は暖かく迎えいれると思うし。大金持ちならなおさらだし。希望をやりとげてください。だいたい不思議でしょうがない。アメリカの金融危機前までは、なんか、日本もなんとかなるみたいなのが、外国の金融余波を受けただけで、真っ暗闇。実際の日本は、その前のバブルの敗戦処理をずっとしているだけで、今もそれをしている、で、この敗戦処理が先立ってうまくいったのは銀行、この銀行は外国の金融余波にびくともしていない、で、他の企業は、銀行の作戦を見習って水面下で少しずつ敗戦処理をすすめている。実際は、かなり余裕もできたのではないかという見方もある。意味がわからないのなら、前回のバブルの原因はなんだったのかわかれば何をしているのかはわかります。とある企業は敗戦処理を無理にすすめたのか国税局に指摘されてしまったけど、私の見立てだと、一般企業も5年後には銀行なみの財務力を回復するでしょう。そこからが本当の回復です。で、お金に余裕がでて、大企業が小企業を起業して海外にでていくでしょうね。だから、今の15才は、ここの書き手が言う以上に、日本の大学へいっても将来は海外で働くことになるでしょう。で、日本の中では年功序列とかそのままでしょうけど、海外では実力性だろうし、年をとって日本にもどってきたら、年功序列でこれまたいい思い。で、さて、5年から10年後の海外は、中国が大成功しても、大失敗しても、どちらも強い影響がでて、大変でしょうね。ベトナムについていえば、もう既に観光利権でぶつかりだしているみたいだし、さすがに海外に軍隊を送りこむことはないだろうけど、アメリカのやり方を見習ってなにをするかわからないし。ま、そんな風に、妄想しているわけです。

えっとえっと 2010/01/11 20:37 ちなみに、日本の大企業は、にくったらしいほど、最強の軍団ですよ。2番底が来るとはいわれてたりしてるけど、きても大丈夫でしょう。それに、よく外国の企業の研究もしているし、優秀な人たちは恐ろしいほど優秀だし。なにせ、大学でどんなに遊んでいても、入社してから再教育で鍛えているからなおさらです。たぶん、どちらかというと、遊びながら頭がよくなって体力が強い人を求めているだろうし。もし、海外の大学にいい人材がいってしまったら、その人材をスカウトするかもしれないし、無理なら、日本国内で発掘して、再教育するわけです。なので、どっちかというと、私から言えるのは、日本の15才は団塊の定年した大企業の戦士と知り合うことでしょうね。推薦してもらえるかもしれないし。とくに、役員レベルは、異常に優秀です。そばにいるだけで、学べます。もし、貴族になりたいというなら、日本のエリートを目指した方がいいような気がします。ま、15才が選べばいいわけだし、ま、とにかく、最近、町を歩いているとブラブラとしている老人には見えない、ま、団塊の人なんだけど、中にはすごいビジネス教育力がある人もいるだろうし、そういう人と知り合えば、無料! おいしいと思うけどなぁ。それと、そうだな、今でも景気回復しようと思えば思えるところまできているかもしれないえけど、もし景気回復したら、世界中から金をよこせと言われてたいへんなので、当分、あえて冷えたままなんだろうなぁとか。オレの言っていることわかります? 日本にいて観察できればわかると思うのだけど。ま、いいや。コメントで遊んでいてもしょうがないし。日本は、ダメだということにしておいた方が良さそうなので。笑

えっとえっと 2010/01/11 20:39 つまり、日本はダメです、アメリカが立ち直るまでダメです、ずっとダメです。みんな、海外へ行こう! でも、オレはいかない・・・

そこそこの人そこそこの人 2010/01/11 20:42 そこそこの高校からそこそこの大学に行って、そこそこに勉強しながらサークルでそこそこ遊びつつ最高の人生の伴侶見つけて、そこそこの某電機メーカーに就職。

理系を言い訳に、英語なんかもそこそこでドイツ語なんかはまるでダメ。そんな俺が、なぜかアジア某国駐在となり早5年。同僚や上司の出身国なんてバラバラ。でもそこそこの英語使ってそこそこのポジション貰って子供にそこそこ自慢できる程度の仕事もいくつかこなした。

昨年末から日本に帰ってきて、ネット眺めてると、なんでこんなに日本に対して悲観的なのか全く理解できない。別に個人の勝手だから、脱出するのも反対しない。でも、別に無理やり脱出なんてしなくても、必要な時には必要な国に行くことになって、それはそれで結構なんとかなるんだよ。

だから、もしこのエントリーを読んでいる15歳の君がいるなら、これだけは言いたい。
「俺はこうやって、こう成功した。」という話に憧れるのも良い。
「俺はこうやって、こう失敗した。」という話を教訓にするのも良い。
でも、「俺はそんなことしてないけど、君たちはこうやるべきだ!」という人間の話は、聞いたふりでもしておけば充分だ。

fm8fm8 2010/01/11 22:58 英語を学ぶならsmart.fmとlang-8のセットがオススメです(今なら無料)
http://smart.fm/
http://lang-8.com

ワラタさんワラタさん 2010/01/11 23:28 と日本企業を一通り見てきたよ!っという妄想をソースにかいておりますってかw

DDDDDD 2010/01/12 00:10
まぁ簡単な話、そういう事が出来るやつらは、
皆、現在進行形で海外で活躍している。

bobbybobby 2010/01/12 00:18 >最終的には、優秀な奴はどこでなにやっても優秀だよねっ!という結論に落ち着いたよ。

確かにブログ主や渡辺千賀さんは「どこでなにやっても優秀」な方々かもしれませんが、海外で活躍している日本人は、そういう人ばかりではありませんよ。

私の20年来の友人3人の例を紹介します。3人とも大学を中退して、しばらく日本あるいは米国なんかを漂流した後で、縁あって香港の日系企業で働き始めました。それから20年後のいま、2人は起業して社長になっており、1人は上場企業の香港現地法人の副総経理をしています。3人とも、日本にいたら、いまでも非正規労働者か零細企業のサラリーマンだったでしょう。

良く言われる事ですが、学校で良い成績を取る能力と、社会に出て良い仕事をする能力は、必ずしも同じではありません。また、社会に出てから能力が伸びる人もいます。しかし今の日本では、そういう人たちの敗者復活戦の機会は極めて限られています。海外にでれば、そういう人にも努力次第で、多くのチャンスがあるという事です。

記事の趣旨(15歳の…)とは異なりますが、日本の社会で落ちこぼれた人こそ、海外でチャンスがあるという事を、そういう方に認識して頂ければと思いました。

kenken 2010/01/12 00:32 むしろ海外に出ようどころか、15歳の子が大卒で就職するころには、日本にそういうアジア各地の優秀な人材が押し寄せているんじゃないかな。
英語はもちろん、日本語だって使いこなせる優秀な人材が。
そういう連中と対等に戦う必要があるはずから、就職が海外だとか国内だとかは関係ないような?
発想としては20年前に書かかれるようなエントリですな。

   2010/01/12 00:48 田村耕太郎議員もツイッターで鋭いと紹介してましたよ
伝わる人には伝わるので安心してください

MMGMMG 2010/01/12 01:15 上でも書かれてるけど、何事も断言する人の言葉は気にしないほうがいい。
個人的な経験をまるでこの世の全てのように語るほうがおかしい。この世に絶対なんてないのよ。
個人の経験・発案は参考程度にしておくのがいい。
海外に出て経験積んで日本に戻ってきて日本を盛り上げるという発案自体には賛成するけど、
それは手段の一つにすぎないし、全てではない、断言するのがおかしい。

結局の所「人それぞれ、経験もそれぞれ」ということ。

nnnn 2010/01/12 01:16 まさに正論です。
しかし、実践できるような親の財力や本人の気力、危機感のある15歳は現段階では少ないでしょう
それに日本社会は未だに高度経済成長期の「常識」がこびりついていますし

とおりすがりとおりすがり 2010/01/12 01:23 現実の留学状況に照らし合わせてみると、絵空事だと思う。
・先乗り組のダメな日本、アジア勢に取り込まれる。
・おちこぼれる可能性は、日本と同じかそれ以上。
・日本でも名が知れているほどの有名大学に入らないと意味がない。

これらを乗り越えられれば、海外脱出にも意味がある。
だけど、実際にそれをクリアできる人間は、ごくごく一握り。

あんまり無責任に行け行けいうのも、どうかと思う。
考え方を柔軟にするという意味では、この記事の価値は高いけどね。

んーんー 2010/01/12 02:01 結論としては日本に居ながらにして、国際的な感覚を身に付けた人材となる事が出来るとベストかなぁ。
そういう国に日本が成っているといいんだけどね。

日本にも海外から来ている人はたくさんいるわけだし、そういう方々と交流することは可能なはず。
あと英語だって中高、そして大ともなれば合計8年にはなるわけでしょ?
お金かけて塾や予備校も行ってそれでも話せないというのはおかしいよね。
それが当たり前みたいになっているのもおかしい。
でもできるやつは結局日本に居てもできるわけでしょ?

あと日本には世界的な企業がいくつあるんでしたっけ?
ハイブリッドカーの技術は世界一でしたよね?
そういう技術は日本に居ながらにして学べるはずだし、むしろ学ぶべきでしょ?
もし海外の大学に行ってみな優秀だったら、もっとほかの海外の自動車メーカーとか
もっと高品質のハイブリッドカーとか開発しているはずだよね?
でもそうじゃないわけでしょ?

日本に留まっていても、日本は既に世界の中の日本なわけだし、
その中で得られるものもあるし、それを得ようとしてわざわざ海外から
日本に来ている人達もいるわけだから、この国で得る事が出来る事から
手をつけるべきだと思う。

あとは行ける範囲で海外旅行でいろんな国に行けばいいと思う。
そうすればいろんな国の事がわかるでしょうし。

 2010/01/12 02:10 皆が皆そんなバイタリティある訳じゃないんだし、一流の人達にはチャイナタウンレベルの受け入れ態勢を整えて欲しいよね。

   2010/01/12 02:35 現在のような段階に入っても、日本の凋落に気づかない日本人学生の鈍さには驚きを隠せないなw
気付くことすらできない、とはね
本当に鈍いというか・・・・ぬるいんだろうなぁ
一生大丈夫だと思ってればいい
君が死ぬまで大丈夫かは全く分からないけど
この人が言ってることがそのとき初めて身に染みて分かるのかな?
それまで分からないってのも、本当どうしようもないね

キッソンキッソン 2010/01/12 05:17 わざわざ海外に出なくとも、最近なんてAcademic Earthとかで勉強できます。
一年で偏差値46からTOEIC900くらいは、"本気で"やれば出来ます。高校生なら時間もありますし。
海外脱出などせずとも、それくらいの気合があるなら、日本に残っても勉強できるでしょう。毎年200万円を超える学費もかかりますし。

それでも、海外に住む特権といえば、日本のご飯のおいしさに再度気づけること。
日本に帰る度に幸せです。ホント日本って豊かですよね。日本の文化にも興味が出ます。それだけでも、幸せに生きれる気がします。もちろん海外生活は刺激的ですが、母国の素晴らしさを知れるのは、本当に誇らしく、幸せなことです。

どの選択肢にも正解はないのかもしれません。
ただ、日本に生まれて、日本食が食べれる幸せは、1ヶ月で5キロも太る僕の腹が証明しています。
より多くの人が、自分の好きなことに気づいて、努力して、幸せになる。
そうやって僕の大好きな日本が良くなっていくのを切に願います。

素晴らしいエントリーです。高校時代の奮起を思い出しました。本当にありがとうございました。

L5L5 2010/01/12 05:41 もっとミクロな範囲で考えると、インターネットを始めとした「自分達が参加できるメディア」が発達してきた現代は、いわゆる一昔前の日本とは既に違ってきていると思うんだよね。
このまま何もなく、ゆるやかに変わっていけばよりよい方向に…と思うんだけど、こないだの選挙を見ても解るように、この国を動かしてるのは未だ「あの世代」や「その上の世代」なんだよね。

願わくば、今の若者が国の中心となる日まで、日本という国がありますよう…

tagtag 2010/01/12 10:24 自分の生まれた日本のため、お世話になった周りのみんなのために働くという気持ちがあるので、日本が暮らしにくくなったから海外へ行ったほうが得という考え方に同意できません。損得で動いていたら今の日本の政治家と同じで進歩がないと思います。

hosyuhosyu 2010/01/12 10:52 日本を捨てる売国推進の記事ですね。
日本に愛着のないひとですね

七誌七誌 2010/01/12 11:48 きらきら眩しすぎて怖いくらい。胸が苦しくなる。
この先こういったエセ”賢い人”だらけになってしまう世の中にこそ絶望。

   2010/01/12 15:21 こういう意見は皆誰でも思いつく。椅子に座って10分あれば
それをある程度の社会的地位がある人が言うから反響があるだけ
行動力のある人の文章は感性で書くとこがあるから正面から受けて一喜一憂するのは辞めた方が良いよ

  2010/01/12 15:41 場所のせいにするなよ.日本で十分に技術的なこと学べるし,設備も揃ってる.
海外に脱出することより,海外と戦えるだけの勉強をするのが重要.

   2010/01/12 17:23 http://kusoshigoto.blog121.fc2.com/blog-entry-273.html
「日本でニートが海外に挑戦したブログ」

日本の大学はそこまで悪くないと思うよ。
ただ日本で働くのは明らかに分が悪い。
データにも現れている通り日本の雇用環境は先進国最低で発展途上国の下のほうのレベルだから。

bobbybobby 2010/01/12 19:04 >「日本の大学を卒業しても、専門知識はろくに身につかない。」はちょっと異議あり。(その他、これと同じ内容のコメントを出した方へ)

ブログ主の趣旨は、企業で「役に立つ」専門知識ではないという事だと思います。

たとえば専門知識の教育に力を入れている工学部系では、先端技術の研究をする設備は莫大な費用を要する事が多いので学内で研究する事が困難な場合が多い。私の(20数年前の)卒論はアモルファス太陽電池材料の物性研究だったが、その当時、企業の研究所は製品化を終えて変換効率の改善など、大学研究のずっと先を行っていました。うちの研究室の院生が大阪のS社の研究所へ入りましたが、企業側から見れば院生の知識や経験ですら、「無いよりマシ」程度のものだったでしょう。

私が新卒で入社したソフト会社では、新入社員にプログラム開発の専門知識を期待している課長や先輩はひとりもいなかった。実際に、専門学校卒以外にはちょっとしたプログラム開発の知識もなかった。それよりも、ソフトハウスのプログラム開発をバイトでやっていた時に習得した知識の方がよほど役立ちました。

一方で米国の大学の博士課程とかでは、教授が自分のアイデアを企業や政府へ売り込み、予算をもらって研究費(設備購入や博士課程の給与)にしている研究が多いらしいので、民生にしろ軍事にしろ、先端の研究ができる(らしい)。博士課程の人も、自分のアイデアを企業へ売り込んで、自分の為の研究予算を獲得する手段があると聞きます。

このような問題について、日本の大学の専門知識を強調する方の意見を伺いたいと思いますが如何でしょうか。

 2010/01/12 23:46 まずは帝大くらい軽く合格できる学力を身につけましょう。
語学の壁を越えて高校時代の基礎学力を身につけるのは極めて難しいことです。
上の言っていることが正しいのならば帰国子女が日本の先端を担っているはずですが、現実はむしろ彼らが日本の大学では落ちこぼれとなることがほとんどです。
原因は基礎学力が海外ではまるで身につかないからです。
良くも悪くも大学受験というものがないため、彼らは知識を中心とした勉強はあまり重視せず、内申書に大きく影響するサークル、ボランティア活動や討論会などのイベントといった社会勉強を重視します。
そこそこの名門のアメリカの大学を見てきましたが、驚くほど馬鹿ばかりです。
日本の定員割れした私大を想像してもらえればいいかと思います。
学習環境は私語が多く机に足を投げ出しくちゃくちゃとガムを噛み物音を立てると劣悪です。
しかし、そこは天下のアメリカ様です。テストは恐ろしく難しいのでことごとく欠点を取ります。ぶっちゃけ授業に出ないで自分で勉強しろってことです。
このような環境ならどこで勉強しても一緒です。むしろ、日本の大学の方がよっぽどましでした。
つまり、海外は非常に窓口を大きくしているのでその中に天才がいる確率も高いということに過ぎません。

ということで結論、「天才はどこにいても天才である。天才とはどこにいても勉強をするやつのことを指すから。」です。

xcxvxcxv 2010/01/13 01:16 俺はアメリカ人になりますけど
単純に幸せになりたいだけなら
別にそんなことしなくていいんじゃない?

ただ、野心がある人は・・・

しろたしろた 2010/01/13 01:24 日本:海外っていう二項対立自体が頭が悪い。
儲ける=成功、っていうのも価値観が狭い。

わざわざ海外に出て、「視野を広げて」、
結局ほーらお前らオレの方がやっぱりすごいだろう、
っていうルサンチマンと自己顕示欲。

優秀な人間はどこにいても優秀だけれど、
このエントリを書いた人間が優秀だとは思えない。

enalyenaly 2010/01/13 01:27 現状だと、外出た方がマシ、に当たる人が相当数いるってだけだと思うんだけどね。
就職率100%の大学卒業生が半分位就職先がバイトになるしかなかったような氷河期世代を始め、異常なほど割を食ってる人が多い中での警鐘でしょ。
日本は本当に「良かった」国”だった”よね。またいい国になれば、外へ出た方がいいなんて博打みたいなこと言わなくていいんだけど、多くの業界をみてもそれは難しい話だから。日本はまだやれる、というのはあまりに身の周り以外を知らなすぎる。
国への恩返ししたいのは山々だけど、(資金調達の困難さから)起業も許されないこの状況じゃ、それこそ誰も彼もが、なんて無理なんだし。

syncbuckupsyncbuckup 2010/01/13 02:54 海外に移住してその後もずっとそこに住み続けるとなると、
現実的に考えて壁が3つあるような気がします。
1つ目は、留学するとなると長期間滞在するので、お金の面。生活費です。
2つ目に、基本的なことですが、言葉の壁。これは毎日がそうだと思います。
3つ目に、年金と医療。海外に住みながら日本の年金を払い続けるのか、海外に帰化して海外の年金を貰うのか。病気になったときの保険など。

qouroquisqouroquis 2010/01/13 02:59 コメント欄にティーンエージャーの書き込みがありますが、事実ならみなさんすごくしっかりしていますね。

のほほんとしたど田舎の中学生だった30年前の自分がこの記事を読んだらどんな感想を持っただろう、と考えさせられました。多分、就職〜結婚〜仕事〜リタイヤ〜老後まで含めた自分の人生の全体像をまだ具体的にイメージできていない年頃で、日本で生きていくことが暗黙の規定事項として意識下にあったはず。海外で生きていくということが人生の選択肢として存在しうるということに、単純におどろいたのではないかと思います。

「日本以外の場所で自分の幸福を追求する、ということも人生の選択肢の一つとしてあるのだよ」と気づいてもらうことはそれなりに意味があることではないかと思います。

ただ、他の方も述べてらっしゃるように、すべての人にとって「日本以外の場所で幸福になる可能性」が「日本で幸福になる可能性」より大きいとは限りませんし、突き詰めていけば「そもそも人にとっての幸福とは何か」という問いにも突き当たるわけです。
15歳にとって大切なことは、視野を広く持って、いろんな可能性を考えてみることでしょう。海外で生きていくことも可能性として考えた上で、やっぱり日本で自分の幸福を追求することを選んだとしたら、それはそれで立派な判断だと思います。

自分の人生、失敗してもだれも責任を取ってくれないのですから、あまり人の意見に惑わされず、若いうちから自分でしっかり考えることだという、平凡な意見になってしまいましたw

ももりーたももりーた 2010/01/13 11:51 はじめまして、コメントを見て感じた事がございます。
日本の将来は果てしなく暗いということです。
大人が腐敗しているのだから、
子供も腐っているのは仕方がないのでしょうが・・・。
それから売国という文字が見えましたが、
すでに日本には売る価値すら存在していません。
そもそも日本にいるのは日本人ではなく、人もどき。
老若男女生ける屍にすぎません。
どうか目を覚ましてください。
もっとも・・・外から日本の完全な沈没と東朝鮮、
もとい日本人の断末魔の悲鳴を見れる日が楽しみですけどね。

年金年金 2010/01/13 15:06 >syncbuckup 年金については、日本と協定を結んでいる国であれば帰化する必要ないですよ。例えば米国なら国籍関係なく10年くらい社会保障税納めれば、老後はどこにいても(日本に戻っても)米国の年金を受け取れます。

クリントン大西クリントン大西 2010/01/13 18:08 過激に聞こえますが、間違ったことは何も言っていません。身も蓋もなく正しい。
むろん「既存のルート」から外れる以上、多少のリスクは否めませんけども、
そもそも安心安全のルートなどない、と、ここは悟る段階でしょうね。

その路線を選択するか否か?

それは、当事者(若い方々)の決断ですが、
何より「こういうルートもあるんだよ。見落としていないか?」と、
教えてくれる記事を書くことのできる大人が、
日本にもまだ少なからずいると分かり、心強く思いました。
たいへん「誠実」ですね。

.. 2010/01/13 20:24 そりゃ対して仕事できない勉強できない大学生を雇うより、日本に留学に来る熱意をもった学生を雇ったほうが戦力になるからな。
さらには今後、外人にも参政権が・・・・ガクブル

pppppp 2010/01/13 21:04 まさに正論。日本の大学出身者で占められた日本の大学は異質。
学生の質は上で言っている人たちもいるけど、とても高い。
その質の高い学生を生かせないのが日本の大学。
英米一流校(IVYPlus、Ivy+Oxbridge・LSE)のPhDを若者は目指そう!
そして日本の大学を変えてください。

miyumiyu 2010/01/13 22:34 アメリカの高校を卒業、でも日本の大学を選び国内で就職した身分だけど、記事にはちょっと違和感を感じたなぁ・・・
というのも、前提となる日本の大学/企業像がちょっとズレてるんだよね。
就活に2年も費やしてる人って、大抵が将来のビジョンがなく、目標不在のちゃらんぽらんな学生生活送ってた人間だよ?そういう人間は海外に出ても、堕落して結局落ちていくよ。むしろ目標不在な人間にとって、海外の大学は授業がシンドイ分余計に厳しい。

しっかりビジョンを持ってる学生なら、大学/学部/研究室/専門分野含め、企業側が求めてくるものと一致した能力を持ってるから、氷河期だろうが希望の会社にサクッと決まる。そういう風に4〜6年間やってきてるわけだしね。
逆に言うと、就活2年が標準なんていうのは、そういう普通なことすらできてない人間が多すぎるってだけのこと。
実際自分は氷河期でも一社エントリー一発合格だったし、このクソ厳しいなんていわれてる時期でも、優秀な連中がしっかり一流企業に就職決めてる現実も見てるし。

それに、会社入ってやりたいことできない、やりたい事やらせて貰えないなんて喚くのは、会社選びの時点でしっかり情報収集できてないだけなんじゃないかなぁ…。上を動かせるだけの能力持っていれば、それに応えてくれる会社は別に国内でもまだゴロゴロありますよ? 企業側だってそういう人材を常に探してますから

SMSM 2010/01/14 12:07 まず、言ってる本人や「16歳」以上の人間が
率先して、日本から撤退してください。
若い人材だけで日本を立て直しますから、
これ以上日本を汚染せずに、何も心配しないで
飛び出してください!

 2010/01/14 12:53 海外を脱出する資金がないのです
それをどう解決するかが重要なので
ぜひ指導願います

bobbybobby 2010/01/14 16:35 >海外を脱出する資金がないのですそれをどう解決するかが重要なのでぜひ指導願います

こちらを参照下さい。
【海外脱出を敗者復活戦として考えてみる】
http://bobby.hkisl.net/mutteraway/?p=1777

みっつみっつ 2010/01/14 18:45 今30歳で、ITエンジニアの僕もエントリーに大々的に賛成。
わざと過激に書いている節はありますが。:)
過去に米国の大学に編入して卒業(帰国後日本の大学も卒業しま)した経験があります。
留学やその他海外旅行やショートステイをして思うのは、どの国も天国ではありません。
ただ、人生の各段階で充実した人生を送りたいと思うのであれば、
選択肢は多いに越したことはありません。
例えば、若い時に良い教育を受けたいのであればアメリカへ。
結婚後に子供が小さい間は育児ができる北欧へ。引退後は治安がまだましな日本へなど。

ちなみにアメリカは地域主義なので一概には言えませんが、
日本人の僕には個人主義がいきすぎて自己中心主義に感じたのであまり好きではありませんでした。
その代わり、勉強に関していえば、日本の大学に比べれば一流です。
勉強しない奴は単位が取れなくて卒業できない。ただそれだけです。
でも今の東京モード学院は結構いい線いってるんじゃないかと思ってます。

「フラットな世界」や「クリエイティブクラス」という言葉を知っていて、
自分が資本主義の世界で快適に暮らしたいと思うのであればよりよい教育を受ける必要があります。
時代はすでに主体が「個人」であることが増えてきています。
年をとるほどに努力しなくなる人達を背負って生きたいとは思いません。
海外に出た経験があるからといってわざわざ日本を変えたいとは思いません。
もはや国も企業と同じ様にサービスを提供する主体でしかないのです。
国の提供するサービスが悪ければより良い別の国を選びます。何も悪くはないと思います。

先に同様のことを言っていた方がいましたが、自分で周りの環境を変えるか環境を選ぶかの選択肢なら、
僕は環境を選びます。個人の生命と財産を守るためです。これは誰も否定し得ないことでしょう。

生き残りたいのであれば、少なくとも英語を身につけて必死に勉強しましょう。
留学して勉強してみれば分かります。どれだけ貧困国からの留学生が必死で、日本の教育レベルが低いかを。
日本以外がどういう状況なのかを知らずに、満足のいく人生を送れることに自信のある人には、
英語も勉強も必要ありません。ただ、どこからその自信が沸いてくるのかは是非知りたいところです。
ワークライフバランスを問うならば、マイケルムーア監督の「Capitalism」を観てみましょう。
忘れないで下さい、資本主義では間接的な殺し合いをしているのです。それが今自分たちが生きている世界です。

日本で快適な職と賃金を得られないのならば別の国で探せばいい。その為にはやっぱり「言語」は重要ですよね?

uj5uj5 2010/01/14 21:25 そんなに甘いものかなぁ
成功してがんばろうとしているのは日本人ばかりではなく、世界中にいるわけで
日本人の有利はと言えば「英語を話せる」「海外で高いレベルのお勉強」じゃないだろ
それなら彼らの側にすればいくらでも手に入るわけで。
日本人が持ってる日本国内のお宝が見えてないのかね

いや勝手にすればいいと思うけど、世界から見て
君(行きたい人達)がどういう人材であるのか、が世界で活躍できるキモじゃないのかい?

タネは日本にはないのかい?

uj5uj5 2010/01/14 21:43 少し追加↑ね

ブログは言ってる事はわかるけど、
優秀なだけのやつはいくらでも湧いて出てる。

この日本の方が楽ではある。
しんどい部分はほとんど
「難しい」とか「厳しい」とかだろう?
地区から法律でいじめられたり、理由無き差別はこの国にはない。
個人的には日本は実力主義でらくちんだし、一番必要な「信頼」ってやつがある。

海外を見てきたのに日本の側に文句いうのは、少し海外に甘い

性差別も問題性差別も問題 2010/01/15 06:44 日本の教育は最高レベルですよ。しかもみんなに平等に与えられる。
でも実社会に出たら、その教育や能力を生かすチャンスは平等じゃないんですよ。
同じ会社に同じ時期に入社して、どうして男性と女性の扱いが違うんですか?
私は日本の教育大好きでしたよ。たくさん学んだし、感謝してる。
でも、自分の能力を買ってくれないなら、買ってくれる企業がこの国にないなら、海外に出ようと思いました。
海外で、バリバリの日本人のキャリアウーマン達と会いますけれど、彼女たち、すごいですよ。能力もポジションも。。。自然と年収も日本の年収×10くらいになってます。
でもみんな、日本では女性であることによって仕事に限界を感じたって言うの。
みんな日本で7歳から22歳まで15年間(あるいはそれ以上)も教育を受けてるのよ。
もったいないことしてるよね、日本。
この能力を自国で活用できなかったんだね。
あるいは女性に与えるポジションなど残ってないほど、国に元気がなくなってしまったのでしょうか。

私はブログ主様の主張に、
「キャリアウーマンに告ぐ、海外へ脱出せよ」
を付け加えたいと思います。

中庸中庸 2010/01/15 08:49 「貧すれば鈍する」「窮すれば斯れ濫す」という。
反語に「窮すれば通ず」という言葉も在るが、これは一部の賢者に限定される言葉である。
現代日本は餓死者や凍死者の死体が道端で発見されたとする記事が毎日のように紙面に載るような状態であり、
人々の思考が鈍るのもこれまことに当然であると言えるだろう。

確かに、この記事は一見若者に新天地を指し示して居るようにも読めるが、少し待って欲しい。
そもそも、ハングリーな若者に混じって過酷な競争状態に自らを投じる事は果たして有益なのだろうか?
記事では日本では才能が育たない、上には賢者が少ないとするが、逆に言えばそれは競争相手の少ない快適な環境でもある。
そのような環境の中で芽が出なかったものが、果たしてより苛酷な環境で開花するものだろうか。
そもそも、緊急回避が必要となる事自体、弱者であるという何よりの証左なのだ。
人が手入れをする田畑ではともかく、荒地では作物より雑草の方が強い事を忘れては身を保てない。

何時の時代も新天地を求めるのはフロンティア精神と生命力にあふれたアウトロー達だった
余人となれあえない彼らは、そうして彼らの理想郷を求めていったことは道理に適っている。
他方、そうなりえない人々が堅実な道を選んでいく。
弱い生き物は群れなければ、より強い獣から身を守れない。そのために社会は作られたのである。
その社会が、自分達を脅かす強い獣を外へと追い出すのもまた、道理に適っているのだ。

何事も程々が肝心。

   2010/01/15 22:27 日本ではワーク・ライフ・バランスの考えが無いから女性が活躍出来ない国ってのは同意。
全く同じ能力なら男性の方が女性より非常に偏って雇われてしまうというデータもある。
これは女性だけが苦労する問題ではなくて男性でも結果的に無賃残業だらけになってるけど・

みっつみっつ 2010/01/16 01:02 2度目の投稿です。
若い世代に海外に出て欲しい理由を追加したいと思います。
日本国内で働かなくても、他に働く場所があることを体現して欲しいのです。
今の労働環境はひどいものです。
長時間労働、サービス残業、有給が取れない、病欠も有給扱い、育児休暇もとれない。
この日本の企業文化を支えているのは不満を持ちつつも社員が会社を辞めないことにあるからだと思います。
他に職がないとどんなに搾取されようとも今の職を手放すことが出来ず、苦境に甘んじなければなりません。
我慢することは美徳ではありません。より良い場所を求めるのは人として当然の欲求ですよ。
もし同じ仕事で同じ労働環境なら、他国の異文化ということだけでも十分メリットだと思いませんか?
日本から流出して、日本の労働条件を改善せざるを得ない状況を一緒に作りましょう。
日本から出ることが、日本を変えるためのひとつのメッセージになり得ます。
国と会社を選べる人材になりましょう。ちなみに専門職は便利ですよー。:)

hi))hi)) 2010/01/16 11:02 freedom of speech.
すべては海外に行って見れば分かる。
そこで何も感じない人は感性が無いだけ。
どういう人生を生きるかは自由。
それが私たちの祖先が戦って、死んで手に入れた権利。
ただ、私は日本を捨てる。
それだけ。
日本にいて、社畜になって、過労死したけりゃどうぞ。
GOD damn it!!!

通りすがり通りすがり 2010/01/16 11:50 採用する側から言わせてもらうと、海外でエリートとして
バリバリやってた人でも、こちらでエリートになれる保証はない。
コミュ力でいえば、日本で成功するために必要とされるコミュ力は非常に難しいレベルにある。
対外的には高級官僚から中卒ブルーカラーまで「文法」が違うやり方でコミュニケートしなければいけないし、
社内的にも、様々な世代の連中を納得させたり懐柔したり誤魔化したり言うこと聞かせたりしなければ、計画は動かない。
そういう意味でいえば、海外の方がはるかに楽で、ヨーロッパでは上層部に理解を得られれば、ほぼOK。アメリカや中国も、ボスに「うん」を言わせ「続ければ」仕事は進む。
コアになっている人と信頼関係が築ければいいので、手間がかからない。
日本だと、コミュをとる必要のある人間が多すぎると言える。
組織以外の、人間関係から来る権力の重力異常が各所に存在するからだ。
ある部署の真の権力者が社外にいる、なんてこともままある。
不思議なことだが、仕事だからこちらがそれに対応するしかしょうがない。
日本以外から来たエリートが面食らうのは、まずココ。
彼らは大抵ボスに取り入れば仕事は完了という傾向があるので、
必ずマンツーマンで、その辺の違いを指導することにしている。

そういうコミュニケーションが無駄なストレスと感じるタイプなら、
動かさなければいけない人間が少ないシステムで動いている分、海外の方が成功しやすいだろう。
ただ、アメリカであっても、上司は日本以上に恣意的で、贔屓や各種ハラスメントは当たり前。
植木等の映画なみのゴマスリは常識なので、向こうへ行ってから「こんなハズじゃあ」とならないように心の準備はしておくこと。
ゴマの擂りがいはあるから、ゴマスリに躊躇はしないこと。賄賂が常識の国なら、その国の流儀を尊重するように。
本当の仕事は社を出てから始まる。自発的な時間外労働を厭うなら、日本にいた方がいい。
ライバルの動向を掴むために、社外の手下を相手の社内に送り込むのは、陳腐なまでに基本だ。ライバル側も当然やっている。
その手下を社の金使って養う手口とか、覚えることは地域ごとに沢山ある。
現地のフォーマットを押さえれば、日本式の人誑し術はかなり効能がある。
これは是非覚えてから、海外へ向かって欲しい。
世界で活躍しようとする若人の健闘を祈る。

tt 2010/01/16 12:04 コメントをざっと読んだ。多くの人が誤解している。
このエントリーはセンセーショナルな書き方をしているけれども、要点は
「日本の中だけ見てちゃダメだよ」
ってこと。多くの人の認識が甘い点は次のこと。
日本はガスや石油やウランなどの資源を海外から輸入しなくてはならない。それに見合う何かを海外へ輸出しなくてはならない。日本で生きるというのはそういうことで、それが嫌なら海外へ行くしかない。
今までは日本製というのは最高のブランドだったし、製品の質も良かった。しかし、時間とともにその差が埋まりつつある。この縮まる速度が等速ならば、いずれは中国に追い抜かれることになる。

上記のことはもう少し大人になって体感すればいい。高校生なら、次のことを知っていれば十分だろう。日本の大学は遊び場になってるし、文系は悲惨な状況。理系もアメリカと比べると雲泥の差。

ロンロン 2010/01/17 20:21 私は、以前ヨーロッパに旅行した経験が
自分の視野を広めました。
どちらかといえば、ヨーロッパは日本よりも
「田舎」です。いい意味で。
素朴で、20年前ぐらいの日本が持ってたんじゃないかなという
雰囲気がありました。

ただ、その時の経験をもう一つ。
旅行中に、見ず知らずの白人から、
「ジャップ」(日本人への蔑称)と言われて笑われ、
非常にショックを受けました。
もちろん、好意的な人もたくさんいましたが、
これが世界の(とくにヨーロッパの)
日本に対する目なんだと理解しました。
日本に閉じこもっていてはわからないことでした。
現地に住むほかのアジアの人たちも
やはりどこか肩身が狭そうでした。

自分の場合、海外脱出と聞いて尻込みしてしまう理由は、
世界全体が、どういう観点であっても、
依然として白人至上主義の人種差別があるということです。
それは、帝国主義による世界大戦の
勝者と敗者の図式が現在の世界のベースであり、
その上で発展してしてきたことと無関係ではありません。
そもそも「脱亜入欧」という言葉からもうかがえるように、
日本人は西洋コンプレックスが、ものすごく強いのだと思います。
そのコンプレックスを原動力に、
死ぬ物狂いで働いて経済発展を遂げたのですが…。

経済発展をし続けることにアイデンティティーを置いてしまったことが、
今の日本の過剰なまでの労働観を生み出したのだと思います。
もう無理なのに、そういう自分を脱げない。
裏側には強烈な西洋コンプレックスがある。
知らないことが幸せということもありますが、
外を知ってしまった今では、
インターネットで情報が入ってくる今では、
そうもいってられない。

海外に行きたいけど行けない。
葛藤する理由はたくさんありますよね。
でもやっぱり海外に行きたいですけど(笑)。

みっつみっつ 2010/01/18 04:37 日本も捨てたものではないという方がいらしたら、ぜひどういう点が良いかを具体的に聞いてみたいです。
自分の経験では、学生の間は日本もそれほど悪くはなかった(大学の教育には不満でしたが)のですが、仕事をするようになり、自分より年上の人間がこれほどまでに仕事の能力がないのかと愕然としています(IT系です)。何でも屋になりさがり、卓越した専門性などないいわゆるジェネラリストが多すぎる気がしています。2流社員が多すぎます。社会全般的に30歳過ぎると管理能力を求められるようになり、管理者1年生が沢山います。特に専門性が問われるIT業界でさえも一貫したキャリアを築くのが相当難しいです。
こんな状況ならば日本を出て専門職についたほうがキャリアアップのためにはよいと思いますが、どうでしょうか。

あ 2010/01/18 21:25 国内でも海外でも成功する奴は成功するし、失敗する奴は失敗する。

hahahaha 2010/01/21 01:29 ↑そんなの言いきれるわけないだろアホか

hahahaha 2010/01/21 01:29 ↑そんなの言いきれるわけないだろアホか

botbot 2010/01/22 23:12 人間は情報の多いものよりも少ないもののほうに希望を持とうとする傾向があります。
結局、「隣の芝生は青い」ということだと思います。

vietnam karatsuvietnam karatsu 2010/01/23 01:24 トラックバックさせて頂きました。
現在自分もべトナムで仕事しており、共感します。

経済が伸び続けることを前提とした日本社会が行き詰まり、
今後、世界との競争を強いられることになれば、
外に目を向けない人材の多さがネックとなることでしょう。

日本人が出稼ぎ労働者にならないよう、
国際化を呼びかけたいですね。

ん 2010/01/26 10:26 日本でも卒業までに厳しく躾けられたような子らは企業にも高評価なんでは?
金沢工業大学とか入るのは楽だけど卒業するのが大変で、その代わり就職が良い、なんて聞いたことが。
依然会ったことのある女性で金沢工業大学出身で富士通で電気回路設計してるとか言う子がいたなぁ。
バブル後の大学乱立は馬鹿の大量生産に拍車をかけてる。
日本の大学のあり方がオカシイ。
遊ぶために大学生になるって時点で終わってる。

私立大学への補助金を全面カットし、国立のみに絞って授業料を完全無料にしたらどうだろ?
市立だの県立は国庫からの補助はすべてカットだな。

NN 2010/01/31 08:21 過去のセオリーを無条件に継承するのは愚かなことだが
かといって「これからは○○すればよい」と吹き込まれて
結果的にそれが正解であったとしても
この程度の論拠で飛びつくのもどうかという話
「これからは海外だ!」じゃなくて
これからは日本を含めた「世界だ」なら…話題にはならないな

HTHT 2010/03/11 08:55 海外へ逃亡とか、日本でどうこうだとか、
大きな視野を持って、地球人として生きればいいんはないでしょうか。

ちなみに僕は海外の大学で学んでいます。海外の大学へ行きたかったら留学にきたわけではありません。
イギリスの専門学校で学び、この国の教育に対しての考え方を知って、初めて大学で学びたいと思い、学生になった次第です。

日本にいた頃は、大学に行きたいとは思いもしませんでした。
日本では、大学=遊ぶところ、人生の最後の遊び場 みたいにとられていると感じます。
実際、僕の家族もそういう風な考え方でした。

こちらでは、大学は勉強するところです。遊ぶところじゃありません。
というか、始めから大学は勉強するところだと思うのですが、どうでしょうか。
福沢諭吉も大隈重信も、私たちのために遊び場を作ったのではないと思います。

losttechnologylosttechnology 2010/03/24 02:10 日本の大企業はみな遠からぬうちに倒産の危機に直面しますが、それはそれとして・・
ベトナムでは超頑張ったとして6万円くらいしか入らないのが問題なわけで、そのおかげで、たとえば太平洋諸国であるNZでは、医学部卒業して医師免許取った人々の4割が賃金に満足せずNZ脱出して国外向かうので医師不足が全然なおらないww あっちの国々も人々が逃げちゃう国なのです。
単位所得で言えば、持ち家あるなら日本国に住んで賃金もらうのが一番儲かるのです。NZにも日本脱出組がわんさといましたが、現地での幼児保育の免許もってても、人口少なくて仕事がなく、4ストア(コンビニ)の店員を1日4時間するなどで糊口をしのいでいました。儲けたりできてるのってごく一部だと思います。でなきゃベトナム(等)から日本に出稼ぎにこないって。もちろん、貿易等で儲けようとするのなら話はまったく違ってきますけどね。

aldialdi 2010/03/24 19:55 豪で現地企業(大企業)で働くものです
私は学歴なしで、モテなかったし(関係ないか^^)、日本ではいわゆる”負け犬”の部類だったかもしれません。
仕事は事務系で、エリートとかグラマラスとか程遠いですけど、残業は10分でもちゃんと払ってくれます。
有給は年間20日プラス、有給病欠が年間13日、それからRDOといって、毎日20分くらい余計に働いて”貯めた”分で、月に1日休みがもらえます。
日本と違ってこちらは何でも早くシャッターを下ろしてしまうのでこの平日1日は用足しに便利です。
仕事のために生きる、職業を極めてこそ人間”合格”だ”正解”だと信じているタイプの人からみると、こちらの”生きるために仕事する”リラックスした職場の雰囲気(適当ともいう)は嫌かもしれないし、その中で現地人とまざってのんびりしてる私は、笑いものかもしれないけど、日本でこんな大きな会社で安定した収入を得られたかというと・・・(点点点)な立場の人間から、言わせてもらうと、”日本でだめな人はどこに行ってもだめ”というありがちな説にも例外があり、絶対ではないです。あと、私はこちらでは”負け犬”ではないと自信を持って言えます
現地人と同じ土俵で現地語で働いて、現地の人でも憧れる会社に入れたから。
いろんな一般的な説(”やっぱさ、”が文頭につくような)を真っ向から信じてほしくないです。とくに10代の人には!
長文失礼しました

通りすがり35才通りすがり35才 2010/03/24 21:01 留学生も増えない、日本の学生も増えないこれからのマーケットは、日本の大学もいかに魅力のあるコンテンツを学生に提供できるか。グローバル社会に出ても通用するようなコンテンツを持っている大学を選び、それが日本にあれば日本の大学へ。なければ必然と海外の大学を
選択することになるでしょう。

きーぼーdきーぼーd 2010/04/16 23:59 1995年生まれです。
コメントやらなんやら読ませていただきました。
日本の未来を担わなければいけない私たちは、
結局どうしていくべきなんですか。
何が正しいんですか。
日本のネット界にはこういう大人しかいないんですか。
教えてください。

elm200elm200 2010/04/17 00:55 >日本の未来を担わなければいけない私たちは、結局どうしていくべきなんですか。

まいったな。15歳の人に正面からそう聞かれると返答に窮します。
あなたが完全に大人といえる年齢なら、自分の頭で考えるべきだと答えるのですが。
でも15歳はもう大人の入り口かもしれないですね。
私があなたの人生に対する答えを用意することはできません。
ただ私もこれからのあるべき日本の姿について考えつづけています。
よかったらしばらく私の他のエントリも読み続けてもらえるとうれしいです。

tt 2010/05/11 10:33 東大のphDでも5人に一人が30代半ばになってもポスドクを続けている−http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20100511-OYT1T00123.htm?from=main6.

15歳にではなく彼らにこそこのブログを読んでほしい。私は単なる学卒だったのでアメリカのグリーンカードを取るにはアメリカ企業のスポンサーが必要だった。博士号を持っていれば、スポンサーはまったく必要なく、自分で申請するだけで即座に永住権が取れる。

永住権が取れるということは、自由に米国内で働けると言うことだ。あなた方の素晴らしい才能を思う存分に発揮できる環境がアメリカにはいくらでもある。

目を覚ませ! 閉じこもるな! 世界を見よ!

日本で働いていてもいいことはないぞ。日本には育ててもらった恩があると言うなら、わからなくもないが、それは君たちがアメリカや他の国でやりたいことをやった後でも出来る。

日本人日本人 2010/05/25 11:45 何だかんだ言っても日本人の平均教育レベルは高いので、色々可能性はあると思います。
各個人が世界を見るべきってのは全面同意。というか、同意しない人がいるのか?
あとは、無駄に閉塞感を強調する輩を何とかしないと・・・。
「日本ダメダメ!」って言うのが好きなマゾが多すぎる気がする。
現状認識と計画立案に、そんなマゾ陶酔は要らないでしょ。

picopico 2010/05/26 01:24 >博士号を持っていれば、スポンサーはまったく必要なく、自分で申請するだけで即座に永住権が取れる。
Are you sure? Can you provide the web page on this to clarify what you mean? I have a PhD and worked in US but I have never heard about such self-sponsored application for a green card. This is true for Canada. For UK, you can also apply for a work visa based on point system even though the current government may change this. It is true that a PhD will open up many opportunities in many countries provided you are competent. But many successful people will be successful in any countries.
I would recommend younger people to visit Bangladesh or the lower part of Nepal, or any part of very poor countries, and observe the horrible conditions in which many people are living. Many people are living without clean water nor electricity. There are many things you can learn from the places whose social structures are completely different from Japan. You may not feel sympathy for these poor people since many government are completely corrupt. You may have to kick around beggars. But you will definitely learn something new. In US, Canada, Western Europe and UK, basically, life is not that different from that of Japan based on my life in these countries unless Japan becomes so inhabitable in the past decade. There is no paradise nor hell.

In principle, the main message of this blog is great. I am suspecting that this title 15歳の君たちに告ぐ came from Angela Aki's song. And 15 just means younger people. If you think you are young enough to take up challenges in life this message is true for any ones who agree with it.

通りすがりa通りすがりa 2010/06/19 00:59 こーゆーエントリは「人による」の一言につきる。
俺は海外の大学出て海外の企業でバリバリ稼いでたけど、結構疲れるんだよ、そーゆーのって。楽しいっちゃ楽しいけど。
確かにまわりには面白いやつ多いけど、俺は謙虚な日本人的な日本人のほうが好きだし、空気を読むみたいな日本の会話のほうが好きだな。
で、今は帰国して国内の企業でのうのうと社畜生活してる。
だから、こーゆーのってやりたいやつがやればいいんでないの?って感じがする。
俺みたいに将来は趣味を中心にゆっくりまったり生活したかったら必要ないと思う。大学でも遊べないし、その間、日本の友達できないし。ずっと夢の中に生きて死んでもいいじゃん、別に。なにも無理して外界を知る必要はない。

で最後に、便乗させてもらうと、若いやつらはもっと愛国心とか母国への誇りみたいのを持った方がいい。俺らが日本を強くすっぞ!みたいな。
こーゆーエントリもいいけど、日本が崩壊するのは困るからな。
だから、いろいろ学んだ後はちゃんと帰ってきておめーらが日本で日本の企業を超一流にしろよ。日本人なら。
俺はそれがすげー不安だよ。

bobbybobby 2010/07/30 01:15 >だから、いろいろ学んだ後はちゃんと帰ってきておめーらが日本で日本の企業を超一流にしろよ。日本人なら。

そう言う通りすがりさん、せっかく日本へ帰ってきたんだから、あなたもまったり社蓄ってないで、あなたの会社を名ばかりでなく名実共に超一流にするように頑張ってくださいね。そしたら「すげー不安」も一気に解消ですよ。

ななしっくすななしっくす 2010/10/12 02:05 まあ、今の日本の30代〜は信じられないぐらい馬鹿ですからね
まともな人間なら彼らの下について働きたいとは思わないでしょうし、
親であれば我が息子娘の上司にしたいとは思わないでしょう

hashihashi 2010/12/24 09:30 細かい表現は別として、ほとんどの部分に同感しました。
コメント欄の大勢の意見をみてがっかりすると同時に、やっぱり日本はダメだなとも思いました。
自分の子どもにも同じことを言いたいと思いますし、35歳ですが今からでも海外に移住することを考えています。

K.TK.T 2011/01/04 15:44 13歳の読みにくい文章ですみません
今の日本を捨てるのは確かに勇気もいりますが、怖いからと言って日本にとどまっていてもなにも始まらない気もします。
TVなどで新興国を見ると、日本の発展が遅れていることがよくわかります。
外国ばかり賞賛するつもりもないですが、少なからず今の日本よりは発展しようとしている気もします。
日本の失われた10年があっても外国についていけているとかなり上に書いてあった気もしますが、
実際には今はついていけても、今の日本の発展をみるとこの先は先進国に遅れをとりもどせないどころか、
今まで後進国だったはずの国においていかれて気づいたら日本が「後進国」だった、なんてことになりそうです。
日本の問題を知るためには外国を知る必要があると思うので、
僕は、日本にとどまらずに外国で活動していきたいと考えています。

僕はまだまだ勉強が足りないので、英語で勉強できるぐらいのレベルに持っていきたいです。

同感同感 2011/04/24 15:51 おもしろいエントリに感謝。

これを読むことができた幸運な15歳に一言。

「『UWC』というのをぐぐってみてください。」

aaaaaa 2011/07/17 18:46 どこの国も持たざる者には地獄でしかない
語学の難しさを舐めてんのか?
優秀な奴はどこ行っても上手くやるだろうさ
まぁ日本がヤバイのは優秀な奴でも器用貧乏で特化してない(出来ない)ことだな
だから平均以下にはまともな仕事はない
肉体的か精神的か良心的か金銭的に辛い仕事しか残ってないぜ
社畜も海外薦める奴も終わってる
馬鹿はどうあがいたって馬鹿だしコミュ障はコミュ障

はてなユーザーのみコメントできます。はてなへログインもしくは新規登録をおこなってください。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/elm200/20100109/1263042636