Hatena::ブログ(Diary)

elm200 の日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2010-02-23

日本人たちよ、日本を幸せな発展途上国に戻そう


最近のトヨタリコールの問題、慢性的な家電メーカーの収益性の低さ、等々、日本経済のエンジンである製造業は精彩を欠いている。かつて世界の工場と言われた日本だが、その地位はいまや完全に中国に奪われてしまった。すでに日本のすべての工場が潰れるより、おそらく中国の広東省1省が地上から消滅するほうが世界経済への打撃は大きいかもしれない。(いまだって日本人が使う工業製品・雑貨はほとんどが中国製だ・・・日本製などほとんど買わなくなってしまった)

国内工場への新規投資はほぼ停止状態であり、この効果は5年後10年後に効いてくるだろう。今日、日本中で何人の若い工員たちが、明日の国内製造業を担うために訓練されているだろうか。技術の継承を前提にした正社員は大幅に減り、使い捨ての派遣・請負の工員ばかりになってしまったのではないか。この先、日本の製造業は熟練労働者が不足し、高級品の生産さえできないような状態になっていくのかもしれない。

一方で、日本が高付加価値サービス業へ進んでいける見込みもほとんどない。なぜならば、この国のメディア・出版・IT等の知的サービス業の経営者たちがどうしようもなく頑迷固陋であるからだ。アメリカAmazonKindleAppleiPad 等を使った電子出版が始まろうとしているのに、日本の出版業界は紙の本の売れ行きへの影響を恐れて、ただ反対しているだけだという。若くて優秀な日本の IT エンジニアたちが本当に気の毒である。かれらの技術レベルはアメリカのシリコンバレー技術者に勝るとも劣らないが、彼らを使って収益性の高いビジネスを作れる経営者が日本にいないのだから。まさに宝の持ち腐れである。

日本は製造業という主力産業を失いつつあり、それにかわる新しい産業が登場しない状態だ。

私は、次に来るべき産業は何か、ずっと考え続けていた。だが、最近ふと気がついた。

そんなものはどこにもないのかもしれない。そして、そんなものは必要もないのかもしれない。

日本というのは、世界の近代史の中で異彩を放つ特殊な国である。非欧米諸国の中では、唯一植民地化を逃れ、最初に先進国としての名乗りを上げた。はじめはロシアに戦争を仕掛けて勝ち、アメリカに全面戦争を仕掛けてさんざん悩ませ、その後は経済大国として活躍した。非欧米国としては、掛け値なしに立派なものだといっていい。

日本人はすぐ自国をアメリカと比べたがるが、これは不幸な習慣である。アメリカはきわめて特別な国だからだ。世界には約200の国・地域があるが、大半は平凡な発展途上国である。平凡な、というのは、特に世界に誇れるような産業を持っているわけではない、という意味である。たとえばベトナムの最大の輸出品目は原油だが、それでも、輸出数量は1,500万トン程度である。原油輸出量世界一のサウジアラビアが3億6,500万トンであるから、足元にも及ばない。

ベトナムは、経済的にみるとごく平凡な農業国である(コメとコーヒー豆の生産大国ではある)。だが、ここの国民はまったく不幸そうには見えない。南国の暖かい気候というせいもあろうが、基本的に衣食住は満たされているからだろう。たとえばアフリカ最貧国の最下層は、物理的に飢えている人たちも多いのだろうが、東南アジアの発展途上国では、幸いなことに物理的に摂取カロリーが足りない人たちは少数派になった*1。発展途上国に生まれたから、ただちに悲惨な人生が待っている、という時代は終わった。

列強の日本侵略をはねのけ、富国強兵政策によって独立を守った、幕末明治の日本人は偉かった。しかし、そのとき感じた精神的圧力が大きすぎたのではないか。その異常な圧力が無謀なアジア侵略と太平洋戦争へつながった。戦後は、経済発展への異常なまでの執着となり、「エコノミック・アニマル」と揶揄されるモーレツ社員たちを多く生んだ(考えてみれば、エコノミック・アニマルって文字通り社畜だね) 。江戸時代末期に詰め込まれた圧搾空気に押し出されるように駆け抜けたのが、この150年間の日本人の歴史だったのかもしれない。

いまやアジアの先進国は日本一国ではなくなった。シンガポールの一人当たり GDP は日本を上回ったし、この趨勢が続けば、2020 年までに、香港台湾・韓国にも追い抜かれる。日本はもう孤独ではない。これからアジアに続々と先進国が誕生するのだ。「非欧米国でも豊かな国になれることを証明する」という日本の世界史上の役割は終わったのかもしれない。

ここらへんで、日本人は一休みしたらどうか。GDP が増えないと政府の累積債務がヤバイとかいろいろ問題はあるのだが、とりあえず棚に上げておこう。駄目ならデフォルトでもハイパーインフレでもいいではないか。いままで日本は優等生のいい子すぎた。たまには IMF 等の国際機関の厄介になろうではないか。「世界で一流の産業を持たなければならない」「高品質の製品を作らなければならない」という強迫観念を捨て、大きく深呼吸をしよう。日本人一人一人が自分の胸に手を当てて、自分自身が本当に幸せになることをしよう(家族をほっぽり出して、仕事中毒になるなんてもうやめようよ)。

私がこういうのはワケがある。いまさら日本は製造業ではアジア諸国に太刀打ちできない。これからは、モノによって人を幸せにするのではなく、サービスによって人を幸せすることがもっと重要になる。モノは誰でも作れるし、市場にあふれかえっているからだ。ところがこのサービスで人を幸せにする方法というのは、自分が忙しすぎて鬱になっていたりすると、いい方法が思いつかないのだ。リラックスすることではじめていいアイディアが思い浮かぶ。いまの日本人は残業の嵐で、数値目標の達成のために必死になりすぎていて、こうした新しくて面白い着想を得られる環境にいない。これでは自分で自分の首を絞めてしまう。

働かざる者食うべからず」「苦労は買ってでもしろ」「泥のように10年働け」・・・こういう標語が有効だった時代もあった。でも時代は変わったのだ。環境が変化すれば、考え方も変えていかなければならないだろう。ニート大いに結構。転職大いに結構。とりあえず人から大きな借金でもしない限り、どんな生き方をしてもいい。不幸な先進国より幸せな発展途上国のほうがましだ。みんな肩の力を抜いて、日本をもっと幸せな国にしようじゃないか。

*1FAO の統計では 2004-2006年にベトナムの人口の実に13%(1,120万人)が栄養不足人口に相当する。しかし、そんなに栄養不足人口がいるかなあ・・・FAO の定義では1日 1800 キロカロリーを摂取できない人たちということらしいが。いまはどう考えてもこれよりずっと少なくなっている。栄養不足人口は多くても500万人程度であろう

ハスミハスミ 2010/02/23 23:36 いろいろ異論はあるけれど、結局日本が行きつく先はこういう結末しかないのかね。つらいけど

k 2010/02/24 01:21 ITの話をすると、ニコニコ動画もmixiも世界に進出する気配はまったくないですしね
facebookは世界中の人が登録するサイトになったのに、こんなところも鎖国的です。

こんばんはこんばんは 2010/02/24 01:35 そういう考え方もあるのかもしれません。しかし、わたしには敗北主義に見えます。民度、文化(もちろんマイナスのものもあると認めた上で)まだまだ守るべき、そして高めてういくべき、すばらしいものがあります。

elm200elm200 2010/02/24 01:49 >わたしには敗北主義に見えます。

日本人はここらでちょっと休みを取って頭を冷やしたほうがいいんじゃないか、という提案です。
人間疲れているときには、いいアイディアは出ません。

新しい産業を作るのだって、いまは幕末・明治期と違って、トップランナーである日本には、決まった答えはないんですよね・・・。なんで、みんなリラックスしようよ、と。そうすれば、アイディアも浮かぶしフットワークも軽くなるんじゃないの、とね。

発展途上国も悪くないですよ。発展するという夢があるんですから。

YY 2010/02/24 02:47 >みんな肩の力を抜いて、日本をもっと幸せな国にしようじゃないか。
先週末に「朝までニコニコ生激論 テーマ『ベーシック・インカム(キリッ』」見たんですが、こういうのありだなって思いました。elm200さん見ました?
(ニコニコ動画にアップされてるので見れますよ)

最低の生活が保障されるし、バイトすればそこそこの生活ができるようになる。こうなるとわざわざ社畜を選ぶ人はいなくなるから、起業する人がかなり増えるでしょう。
結果的に幸福度、成長両方が伸びていくかもしれない。

aa 2010/02/24 03:26 若者が政治に参加しない デモを起こさない 行動起こさない 携帯ゲームにてなづけられている
これじゃあ 権力をもっている連中にいいようにされて当然 政党が変わったって企業献金攻撃があるから
弱いやつらの要望は叶えられないようになっている 自分たちが権利を主張しないから企業側の権利ばかり飲まれるようなになっている

 権力を持っているやつは別に年寄りだけじゃない 30代なんちゃってIT派遣経営者なんかもそうだ 黙っているなら年代国籍に関係なくどんなやつらにもやられる そういう仕組みが小泉以降用意された 保守政党の中から現れた売国奴によって日本が変わらされてしまったことを痛感し
立場の弱いものたちは団結して自分たちを守らなければならない状況になった それをやらなかったら弱いやつが・・
この国の負け組み立つ側の団結のなさ、弱さ、おとなしさ、行動のなさ、頭の悪さは異常

otoba_totoba_t 2010/02/24 05:26 日本は今「いっぱいいっぱい」で煮詰まってるから、少し休んでリフレッシュしろ、ということですね。まぁちょっと全体主義的な気もしますが、面白い考え方だと思いました。

通りすがりの大学生通りすがりの大学生 2010/02/24 07:11 石油と食料を自国で生産できない日本では、それらを輸入するためには外貨を稼ぎ続けなければいけないはず・・・

休むってのはキツいんじゃ?[ 生活できなくなってしまう

uniteduniverseuniteduniverse 2010/02/24 08:09 同感です。近現代の世界史で日本は、アジアのリーダーだったように思えます。戦前は列強国として、戦後は経済大国として。20世紀に日本が活躍したから、今現在の韓国台湾、中国インド、東南アジアの台頭へと繋がりました。いわばアジアのトップランナーだったのような。それは、とても誇らしいことだと思うのです。

WATERMANWATERMAN 2010/02/24 08:15 そもそも良いアイデアなど無い、というのが先進国の宿命なのですが。
キャッチアップ型経済が通用しなくなれば必ず成長率は鈍りますが、日本の問題は欧米並みの成長すら出来ていないということであって、欧米と同歩調で成長していれば今ほど閉塞感はなかったはずです。

やくもやくも 2010/02/24 09:00 高めるにも,その方向性が決まらないという話ですよね。

たまに海外から出てくるくだらなく面白そうなソフトのハードウェアに
wiiリモコンのような日本製品が出てくることは少なくないと思っていますから
日本人もリラックスすれば,お馬鹿で素晴らしいモノ(所謂,枯れた技術の水平思考)
をいくらでも作れる筈なのに,といつも思います。

かとうかとう 2010/02/24 09:26 人間でも「なにやって食ってんだろう?」ってくらいハッピーでお気楽な人っていますよね。そういう国家になれればいいなと思います。

tttttt 2010/02/24 10:33 鳩山家のような朝鮮人思考を持つ人間を日本から追い出すだけでOK

na0001na0001 2010/02/24 10:40 リアルなことをいうと、「いまさら日本は製造業ではアジア諸国に太刀打ちできない」のコンセンサスが国民にない以上、徹底的に製造業が敗北しないと変わらないと思う。

ifonifon 2010/02/24 12:12 どうせ1000兆円の赤字は返せないので、IMFに事業仕分けをしてもらいましょう。公務員の給料半減、退職金7割減になっちゃうけど、それもいいでしょう。

すなふきんすなふきん 2010/02/24 12:24 いつも興味深く読んでいます。私は南半球在住ですが、経済のありようとして、途上国(というか、ポルトガル並みの中進国か)になるという選択肢はもっともだと思います。ただ、かなりの日本人にとって、その場合、安全保障がどうなるか、というのは考えどころだと思います。経済が停滞すると最先端の兵器は買えなくなりますから、対米従属と対中従属のどちらかを余儀なくされます。社会の雰囲気という面で、個人的に対中従属はいやな気がするのですがねえ。

gingin1234gingin1234 2010/02/24 12:38 首都の裏道に行けば、10歳前後の児童の売買春や麻薬取引、手足を切り落とされての物乞産業が平然とまかり通り、姥捨て山が実在し、警察がストを起こして犯罪を放置、挙句に軍隊と正面衝突し、犯罪発生率は日本の数十倍という国が、現在の日本より幸せだというのでしょうか?

そういうことを言ってるんじゃないと反論されるかもしれませんが、発展途上国というのは、一部を除いて(特に低所得者階級)には悲惨な環境です。ソマリアよりはましでしょうが。喩えとしては、かなり間違ったものだと思います。

id:ifon
それはいいですね。警察官が減れば、犯罪多発、貴方の親や娘はレイプされた上で殺される確率が大幅に上がります。万々歳ですね。ゴミを処理する人が減れば、街にゴミが溢れ、ネズミがあふれ、病人が大量に出てくることでしょう。

testtest 2010/02/24 13:09 この方のブログは、いつもながら本質をついていて共鳴させられる。ただ本当に日本が理想的な発展途上国に戻り、ラテン国家のようにになるかどうかは疑問を感じる。結局、国民の気力が無くなれば無くなるほど、金の猛者(政治家、官僚、財団)共が更に力を増し、国を更に飢えさせる状況にするだろう。

なすなす 2010/02/24 14:47 歯車は戻せない。発展という道を進めてしまった以上、農業主体の国家には
戻れない。それでもと押し進めるのであれば、まず食糧自給率程度まで国民を
間引きする必要がある。
アメリカも製造業が壊滅し、その他の産業でNo.1の座を維持している。
日本人の持つポテンシャルなら、難局も解決できると信じている。

トヨタのリコール問題を、日本の自動車産業全体の問題と置き換えてる論調
には正直閉口気味。

elm200elm200 2010/02/24 15:31 いま日本全体が鬱なんだと思うんですよ。働きすぎて、それでいて結果が出なくて、絶望的な気持ちになっている。世界が大きく変化し、日本も変わらなくてはいけないときに、ぜんぜん変化が起きないのは、みんな恐怖で足がすくんでいるからじゃないですかね。だから会社にしがみつく。学生が大企業に殺到する。

鬱の人に向かって「がんばれ」は禁句なんじゃないですかね。「とりあえず、いまのままでいい。ゆっくり休んでから、ぼちぼちやれば」でいいと思うんですよ。

アメリカのシリコンバレーでなんでイノベーションが起こるかわかりますか?あそこで働いている人たちはどんな不確実な状況でも「まあ、なんかなるさ」と未来を楽観してるんですよ。基本的に働くことを楽しんでいる。奇抜なアイディアを面白がる遊び心がある。ほとんどのビジネスが失敗しますが、それでもみな平気な顔をしている。こういう試行錯誤を経なければ新しい産業は出てこないのです。

日本でイノベーションが起きないのは、みんな不安で考え方が萎縮してるからですよ。ま、とはいえ、イノベーションを起こすのが目的じゃありません。とりあえず、みんな自分に鞭を打つのはやめて、息抜きをしましょう。そうしたら、あら不思議新しい産業が興るかもしれません。でも、それはあくまでも副産物です。人々が人間らしく生き、幸せを感じることのほうが先です。

ベトナム人より、何十倍もカネを持っていて、何十倍も社会保障がある日本人のほうが、ずっと不安でオドオドしているように見えるのが、いかにも不思議なんですよね・・・。

FF 2010/02/24 16:11 白州次郎の「日本人には原則がない」という言葉を思い出しました。混迷する状況がしばらく続きそうですね。もし本当に経済破綻するしか個人または国として新しい基軸、価値観を生みきっかけとならないのなら、早めのほうがいいでしょう。一番怖いのは、ゆでガエル状態になることですから。

RYURYU 2010/02/24 16:30 いまさら発展途上国の生活レベルに成るのはイヤだ。

通りすがり通りすがり 2010/02/24 17:18 バブル後の日本を見ていて、自分はこう思っています。
1.時代は逆行できない。
2.戻ろうとすると、停滞してしまう。
3.戻るのでは無く、次を考えよう。

ΩΩ 2010/02/24 17:53 心にゆとりが出来ていいアイディアが生まれたところで、知的サービスでは言語の壁がある以上、今とそれほど状況が変わるとは思えません。
というかアイディア自体なら今だって十分に生まれていると思います。肝心のコンテンツを世界から集められないというだけで。
それに発展途上国レベルになって人件費が抑えられれば、今日本にとってハンデとなっている問題が解消されるわけですから、結局また製造業に戻るだけかと。

そもそも日本が家電などの製造業で追いつかれてしまった一番の理由は、慢心や品質の低下などではなく、産業そのものの限界点に達してしまったからです。
人間の成長と同じで、限界に達してしまえば、後発組に追いつかれるのは必然でしょう。
だから今日本の頭の良い人達は、技術的な限界点がはるか遠くにあるロボット産業に目をつけているんですよ。
新たな製造業の軸としてはもちろん、労働力人口減少の対策など、様々な可能性を秘めたロボット産業こそが今後の日本の基盤になるんです。
発展途上国に戻ろうなんて言ってる場合じゃありません。

リーマン一年目リーマン一年目 2010/02/24 19:13 日本人は真面目だからなー
誰かが休むように誘導しないと休めないんじゃないすかねー
日本が潰れたら潰れたで何かしらの変化は起きるだろうし、
頭を使える奴は自助努力で何かしてるだろうし、
国民一人一人が信念をもって最善を尽くすしか無いんじゃないかと。

elm200elm200 2010/02/24 19:16 まあ発展途上国もいろいろですからねえ・・・。一概には言えませんけど。でも皆さんが思っているほどみんな押しなべて不幸なんかじゃないですよ。要するに「カネを持っているから幸せか?」という日本国内の話と同じです。日本の自殺率やら、希望に関する統計 http://d.hatena.ne.jp/elm200/20091107/1257558516 とかを見ても、日本人は先進国の中じゃ相当不幸なほうじゃないですかね・・・。下手すると余裕でベトナム人に負けますよ、幸福度で。

老人ばかりだから不幸ですかねえ・・・。政府の債務は踏み倒してしまえばいいだけですし(インフレという形で、実質、金持ちに課税する形で解決するでしょう)。

ロボット産業もいいですが、ハイテクばかりが新しい産業じゃないですよ。私もうまくいえないですけど、生活のちょっとしたことを便利にしてくれるサービスだって十分、人々を幸せにする新しい産業になります。ユニクロや任天堂だって別に超ハイテクというわけじゃない。いままでの枯れた技術を組み合わせただけでやっている事業ですよね・・・。私は、あんまりこういう具体的なアイディアが浮かぶほうじゃないですけど、アイディアの浮かぶ人に元気があって、会社を辞めて起業したり、転職したりする勇気があれば、どんどん新しい企業が興ってくると思いますけど。

shusakuhayakawashusakuhayakawa 2010/02/24 19:20
おかしい。 全くわかっていない。 
私は、今、まさにそのベトナムで会社を設立しレストランを運営しているが、
君こそ鎖国的だ。 自暴自棄も甚だしい。

そもそも、ベトナム人の生活を分かっているのか? 
日本で育った若者が彼らの生活水準を受け入れるのは無理があるぞ。

現状を客観視し、日本なりの役割を見つけていく事で、初めて対等に会話できる。
そうでなければ、世界の中で相手にもされない。

発展途上国が幸せそう? じゃ、お前だけやれ。

elm200elm200 2010/02/24 19:23 >発展途上国が幸せそう? じゃ、お前だけやれ。

なるほど。ではどういう点がどのように不幸なのか具体的にご教示願えませんか?

リーマン一年目リーマン一年目 2010/02/24 20:49 発展途上国の国民が得ているであろう幸せを定義して、
日本人がその幸せを得るのに必要なコストを計算し、
将来得られるその幸せの効用を割り引いて…
めんどくさいから直感と実体験から考えるに、
発展途上国の人と同じような価値観になるのは厳しいよ。
あまりにコスト、ってか不満や不便がでかい。
医療機関含むインフラの不便さは御存じのとおり。

オススメは発展途上国になるより、もっと世の中をカオスにすること。
規制を緩める。法律の力を弱める。より自由に。
当然モラルは乱れる。犯罪も増えるだろう。
そのかわりリスクを取りやすくなる。
相対的にリスクが低下するから。普段からカオスだし。
コースから外れても生きやすい。
人生もきっと楽しいはず。
たぶん。笑

elm200elm200 2010/02/24 20:57 >オススメは発展途上国になるより、もっと世の中をカオスにすること。

そうですね。私も賛成です。混乱ラバーですね(笑)

日本を発展途上国にしようと書いておいてなんですが、たとえ一生懸命貧しくなるべく努力しても(笑)、現実問題そんなに急に生活水準は落ちたりしませんよ。「まだまだ落ちシロ(?)がある」から、もっとのびのびやろうよ、と言ってるだけです。日本ほどの所得があって、みんな不安に打ち震えている姿が不思議なだけですよ。

そろそろ誰か「ええじゃないか」でも踊りだしませんかね?

ウエノリウエノリ 2010/02/24 22:58 私は、イタリアのモデルがいいと考えています。デザインとブランドと職人芸・技術がイタリアの経済を支えています。世界をリードするセンスとブランド力を保てれば、安売り競争で負けても国を一流の国家にとどまらせることが可能です。民度の低い国や、国民のセンスの悪い国がたくさんお金を儲けてもあまり魅力的ではありません。だから、日本人と日本の企業はセンスを磨くべきだと思います。
といっても、そう簡単ではないのですが。

motom552motom552 2010/02/24 23:44 >そろそろ誰か「ええじゃないか」でも踊りだしませんかね?
昔こち亀の花見の話題で似たようなことしていましたね。スーツの代わりにアロハシャツにしたりとか(笑)

みんなちょっと落ち着いてペースを少し落とそう。ってことでしょうか?
なんかだか想像しづらいですね。「周りが休んでいる今がチャンス」とか言って働く人が出てきそうです。

物凄い抽象的ですが、今まで全力疾走やってきた産業が頭打ちになったので、今度は回れ右して別の産業で全力疾走すればいいんじゃないでしょうか?それがロボット産業であれ、心温かくなるようなサービスであれ、なんであれ。

歩く日本人より走る日本人の方が僕は好きです。

マサマサマサマサ 2010/02/25 00:06 表層の経済・技術レベルの発展から
誇りをもって、路線変更するべきではないか。

日本には、もともと欧米諸国が強い影響を受けるような、
質の高い文明文化があった、それを忘れてはならない。
例えば、我々はデザインと言ったような輸入文化をありがたがっているが、そもそもその源流には日本の浮世絵や絵画・手工芸品の影響が強くあるのを忘れたのか。

今こそ、我々日本人は足下の日本文化を学び直し、
欧米の近代の思想との融合を量って、
未だ生れ出づる新世紀の文化文明の、
指針となるべきではないのだろうか。

KTKT 2010/02/25 01:39 なんかあれですよね。
BLOGOSやはてな界隈で盛り上がって、それで終わり。いつもこんな感じ。
現実は、規制強化方向だし・・・。

qcyanqcyan 2010/02/25 02:01 shusakuhayakawaさんのものいいは乱暴だけど、フィリピンやタイに仕事を出していた時の経験から僕もshusakuhayakawaさんに同意。
途上国って本当すごいよ、いろいろ、もうめちゃくちゃだよ。
あんなとこじゃ、普通の日本人は三日と生きられないよw
ちょっと主題と違うか・・・

TakeTake 2010/02/25 03:39 自分たちが形成している社会なのに、
その社会の中で自らが苦しんでいるなんて滑稽です。

elm200elm200 2010/02/25 07:37 >途上国って本当すごいよ、いろいろ、もうめちゃくちゃだよ。

もうちょっと具体的にいってくれるとうれしいんだけどなあ・・・。

ベトナムだって、道路がカオスとかそういう意味じゃかなりめちゃくちゃだけど・・・。
・・・1年前にはじめてきたときは思ったんですけどね。実はカオスの中にも隠れた秩序がある。それにしたがっているとたいして怖くはないんだけどなあ。

途上国というのは、普通、所得・資産格差が大きいので、どの層の話をするかでぜんぜん話が変わってきます。日本では格差が広がったとはいえなんとなく「庶民」とでもいえる一般的な人たちが想定できるけど、中国やフィリピンではそんな人たちはいません。最貧層だけ取り出して「途上国はひどい」ということはできるけど、ちょっとフェアじゃない気がするなあ・・・。

ncc1701ncc1701 2010/02/25 09:07 >最貧層だけ取り出して「途上国はひどい」ということはできるけど、ちょっとフェアじゃない気がするなあ・・・。

だとすれば、ブログ主さんは逆にいいとこ取りしてるんじゃないですかね?
20年後くらいに、小奇麗ないわゆる先進国の仲間入りをしたベトナムの人に、
「20年前の発展途上国の頃に戻りたいか?」と聞いたら、ほとんどの人が
まっぴらだと答えるような気がします。
人間が一度味わったおいしい果実を手放すのはなかなか難しいものです。

今の器が身の丈に合わなくなりつつあることは同意しますが、代わりの器は
押入れから引っ張り出してくるのではなく、自分でろくろを回して作らなければ
ならないのだと思います。
人口の年齢別分布とか、既に整った膨大なインフラの維持とか、労働集約型産業に
依存できないこととか、輸入依存度の高さとか、単純に針を戻したりブレーキを
かけるだけでは済まない要素があまりにも多いように思います。
今ある問題が解決するメリットと、今はない問題が発生するデメリットの
バランスを慎重に考える必要があるでしょう。

lily_waterlily_water 2010/02/25 10:35 森博嗣のエッセイに書いてあったのですが、もう上昇飛行はやめて水平飛行すべき時期だけどその転換ができてない、ということですね。日本人はとりわけ環境の変化に弱いんでしょうか。あるいは、これまでの環境変化は日本的経営のフレーム内で何とか対処できていたことが、そうでもなくなったということでしょうか。

>今日、日本中で何人の若い工員たちが、明日の国内製造業を担うために訓練されているだろうか。

親の世代では、中高の同級生でも近くの大手メーカー工場に職工として入った人が多かった、みたいなことを聞いたんですが、確かに最近はそういうの殆ど非正規って感じがします。ちなみに、「高卒 製造業 非正規 割合」で検索したら、製造業だけではないもののこんなレポートが引っかかりました。
www.jil.go.jp/institute/zassi/backnumber/2005/09/pdf/004-017.pdf

na0001na0001 2010/02/25 11:31 どうすればいいかは判りきっている。
規制緩和、正社員解雇容易化、セイフティーネット充実、教育改革、道州制
産業構造改革に対する補助

elm200elm200 2010/02/25 11:51 >20年後くらいに、小奇麗ないわゆる先進国の仲間入りをしたベトナムの人に、
「20年前の発展途上国の頃に戻りたいか?」と聞いたら、ほとんどの人が
まっぴらだと答えるような気がします。

なかなかよい問題提起ですね。

どうなんでしょうね。日本の若い人たちは当然、50年くらい前の日本を知らないわけですけど、いまのベトナムはそのころに日本によく似ています。

この国には、日本が忘れてしまった人と人の間の自然なつながりがあります。通りすがりの他人の間でも自然に声を掛け合って冗談を言い、笑いあうような。今日、東京の電車の中で隣の人に声をかけてごらんなさい。変質者扱いされるんじゃないですか。

私は、豊かになることは基本的によいことだし、みな豊かになるべきだと思います。お金を稼ぐことは大いに結構。ベトナム人はいまその目標に向けて全力疾走していますし、いいことだと思います。

ただ、経済成長には必ず犠牲も伴います。日本のように地域コミュニティが崩壊してしまうこともある。貧しいときのほうがお互いに助け合う気持ちも多かったりもするのです。ですから、貧しい国のほうが必ず不幸せかというとそういうわけでもない。

いまの日本に必要なのは、たとえばベトナムのような国から、自分たちが過去に置き忘れてきてしまったことを再び思い出して、現在の環境で取り戻す努力をしてみることじゃないですかね。

年寄りが昔を懐かしがるのは、必ずしも記憶が美化されているだけではないんですよ。

通りすがりの中年通りすがりの中年 2010/02/25 14:22 だれかのコメントにあった敗北主義って言葉に少し引っかかってコメントします
敗北って一体何に敗北するのでしょう?経済的豊かさ?国力?
他国と比較して自分達を評価するのではなく、自分達が幸せと感じるかどうかで評価すべきでは?
経済大国で他国に勝利しても家族ほっぽらかし、国民総鬱では勝っても意味ないし

のびたろうのびたろう 2010/02/25 17:55 同じ途上国関連で投稿します。
●【五輪】清水宏保「日本はまだまだスポーツ後進国。五輪の時だけ盛り上がって、終わったら全く関心がないのはあまりに悲しい」
http://blog.livedoor.jp/domesaka/archives/1041067.html

えみゅーえみゅー 2010/02/25 22:22 もし日本が途上国のようになったら・・・

現在の豊かさに慣れている、当然のことと思っている日本人は
ちょっと悲観的になるかもしれません。
ああ、あの時は豊かでいい時代だった、というように。
でもそのかわり心の余裕が得られるのであれば幸せですね。

今の日本、確かに鬱ですよね。
朝の電車内の人の顔をみるとわかります。

nqjnqj 2010/02/27 16:41 今時の日本人が鬱なのは少子高齢で一昔ならとっくにあの世で休息している人達がうろうろしているからで、そういう人達の思念が当たり一面に広がっているから鬱陶しくなってくるのです。その証拠に若い人なら山を越えて周りに人っ子一人いない場所にいくと元気になり楽しくなってきます。しかし、街中ではそうもいかないが、いくてはひとつだけあります。それは年寄りたちが人生の落伍者になるのではなく、悟りに入って人生の勝利者になったときです。すくなくとも三割でも年寄りが悟りの境地に入っていたなら、この世の中は明るく理想郷に近い世界になっています。しかし、まあそれも夢の又夢ですが。

非国民非国民 2010/03/07 18:12 アジアで植民地になったことがないのはタイ王国もある。こちらは日本と違い占領されたこともない。

kainkain 2010/03/07 22:25 日本の将来云々に関して最近の新聞の社説や評論家の方が書くことは大体「他のアジア勢の経済競争力が日本に追いつきつつある。このままではやばい。なんとかしなきゃ。日本経済を停滞させている原因を追究し、世界での経済競争力をキープしよう!!日本人がんばれ」(すごく単純にしちゃいましたが)みたいなことなのに、このブログみたいに「日本人は働きすぎだし、もうアジアで1番になったじゃないか。ここらで一休みしよう!!」(これも単純ですが)みたいなことを書く人は始めて見ました。
ですが最近の日本を見ていると私もそうするべきだと思いました。
引きこもり・自殺・派遣切り・・・・
物質的にも精神的にも満たされず、生きる理由を何とか捻り出すのに精一杯・・・
希望を持てる話をまったく聞きません。
夢を追い続ける情熱と才能を持った人達でもその夢が多くを犠牲にして追う価値のあるものなのか実は自分自身でも分かっておらず、今更立ち止まる訳にはいかないという半分脅迫観念からがむしゃらに働いている人が多いのではないでしょうか。
ここらでちょっと立ち止まって日本人皆が幸福って何?ということを再度考え直す必要がある気がします。

なるなる 2010/03/09 16:34  今の日本は、衣食住に必要な量の3倍くらいのものを漂わせて、その多くを捨てている。薄利多売で忙しいが、利益はそれ程でもない。
 ある程度の経済規模を保って、落ち着いた社会にした方が幸せになれる気もする。
 江戸時代に、塩田開発をして豊かになったのだけど、調子に乗って拡大しすぎて周りの森林がなくなって渇水や土石流、砂で町が埋もれたりと大変な事になった藩があった。一度いい目を見ると、引き返すのはたぶん痛い目を見た時しかないのだろうと思う。

近江商人近江商人 2010/03/12 00:12 少子化で2040年には、人口が8000万人に減少する予測があります。
現実、成長戦略が必要だとか、社説、雑誌、国会の答弁でも頻繁にでます。
しかし、人口減少を念頭に言っているのでしょうか?
自民党や民主党も?
成長の必要にして十分なる条件は、2つあります。
人口の増加と絶え間ない技術革新です。
世界は、その為、エネルギー、食料資源の獲得に力を入れ、極端な場合、戦争が発生する
恐れがあります。国家間、都市間、個人同士の争いです。
共生の思想が必要な時代になっていく気がします。

たかやたかや 2010/08/04 15:27 >首都の裏道に行けば、10歳前後の児童の売買春や麻薬取引、手足を切り落とされての物乞産業が平然とまかり通り、姥捨て山が実在し、警察がストを起こして犯罪を放置、挙句に軍隊と正面衝突し、犯罪発生率は日本の数十倍という国が、現在の日本より幸せだというのでしょうか?

幸せでしょうね。10歳前後で売春って、そんなの1日中義務教育という強制収容所に収容されている日本人児童のほうがよっぽどひどいですよ。手足切るとかごくごく一部ですし。そんなことしなくても十分稼げますよ物乞いは。地雷被害じゃないの。麻薬も別に楽しいしいいんじゃないでしょうか、太く短く生きるのも。姥捨て山だってどうせ人間いつか死ぬんだし、いいじゃん。警官が犯罪を放置っても十分治安は維持されてますよ
犯罪発生率なんて、犯罪ってなんかいけないの?殴られたり強盗にあったりなんか盗られたり、でなんかあるの?別にいいじゃないですか殺人以外は許容範囲内ですよ 月300時間働くのと、殴られて生活費の1割奪われるのだったら、後者のほうがはるかに楽ちんだし幸せ

デンタデデンタデ 2010/08/10 08:15 ”たまには IMF 等の国際機関の厄介になろうではないか”バカも休み休みいってほしい。韓国の大企業が日本を抜いて得意になっても、およそその富の半分はウォール街に
召し上げられてしまう。この仕組みを韓国大企業に寄生して作り上げたのはIMFだろうに。韓国のヒトたちは日本などよりはるかに使い捨ての派遣業務につくひとが多いのだ。徹底的に狙い定めた他国の社会構造や置かれた条件、法律を内側からたくみに変えて、富の収奪をみえないように行うのが彼らの方法であって、IMFはその代表だろう。
日本人が蓄積した富は日本人が使うというあったりまえのことができて、はじめて
どう生きようという選択もできるのであって、いまはその時期ではない。
対米独立派による従来の属国維持派との戦いに勝ってはじめていえること。
IMFなぞに日本を解体されては、奴隷への道を自ら選ぶこと、今はその時期ではない。
今こそ正念場といっていい。

こうこう 2010/08/15 14:20
>幸せでしょうね。10歳前後で売春って、そんなの1日中義務教育という強制収容所に収容されている日本人児童のほうがよっぽどひどいですよ。手足切るとかごくごく一部ですし。そんなことしなくても十分稼げますよ物乞いは。地雷被害じゃないの。麻薬も別に楽しいしいいんじゃないでしょうか、太く短く生きるのも。姥捨て山だってどうせ人間いつか死ぬんだし、いいじゃん。警官が犯罪を放置っても十分治安は維持されてますよ


10代の売春がなぜいけないか考えたことがないんですか?
途上国では12歳、14歳で母親になるの子が大多数です。母体に影響を与えるだけでなく、そういう子たちは子どもに十分な教育を受けさせることもしません。自分たちがそうされたように。負のスパイラルで何世代にも影響します。
あと、強制収容所をなんだと思っているんですか?
強制収容所には人権も何もなく、その名の通り逃げることはできません。
ごみクズのような生活が待っています。なのに、小学校が強制収容所とは。
遅刻することも許され、風邪で休むことも許され、不登校だって。
強制収容所で命を落とした人、脱出した人に対しての侮辱ですよ。
手足を切るのはごくごく一部ではありません。ビタミン不足で目の視力がなくなる人だっています。物乞いだってそんな簡単に稼げません。だから車道にまで物乞いがいるんじゃないですか。何も知らないならわかったようなことは言わないで欲しいですね。
マジレス失礼しました

ririkoririko 2010/08/22 14:14 同意しかねます。
むしろ、先進国でありながら発展途上国として振る舞っていることに
日本停滞の原因があるように思われます。

とうことうこ 2010/08/24 22:51 新しい社会に向かって日本がリーダーシップをとるのはいいと思います。
なんていうか、新しい社会っていっても、難しいけど。
発展途上国になるのではなくて、
新しい文化、価値観をもった人類。ってのはどうでしょう。

とうことうこ 2010/08/24 22:58 自給率を上げて、石油に頼らない社会を目指してみるのはどう?

はてなユーザーのみコメントできます。はてなへログインもしくは新規登録をおこなってください。