ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

組み込みの人。


2011-05-21

UbuntuでSamsung GALAXY Tab 10.1をadbで接続する

Google I/Oの報告会の後で、参加者のもらってきたSamsung GALAXY Tab 10.1をさわらせてもらいました。

USBでWindows7のPCにつないでみたけど、WindowsではUSBドライバが無いといわれます。なんとかという統合開発環境インストールすれば、その中にUSBドライバが入っているそうですが、そんなのインストールしたくない。NexusOne用のUSBドライバとちょっといじればできるかなと思ったけど、私はあまりWindowsのことはわからないのでうまくいきませんでした。

でも、仮想マシン内のUbuntu 10.04でやったらあっさりつながったのでその時の手順を書いておきます。

USBベンダーIDを調べる

USB接続して、それをホストから切り離してVMware仮想マシン側を有効にした状態で lsusbコマンドを使います。

$ lsusb 
Bus 002 Device 001: ID 1d6b:0001 Linux Foundation 1.1 root hub
Bus 001 Device 005: ID 04e8:685e Samsung Electronics Co., Ltd 
Bus 001 Device 001: ID 1d6b:0002 Linux Foundation 2.0 root hub
$ 

これで、ベンダーIDが0x04e8, プロダクトIDが0x685eとわかりました。


udevのルールファイルに追加する

$ sudo vi /etc/udev/rules.d/51-android.rules 

追加するファイルの内容は

SUBSYSTEM=="usb", SYSFS{idVendor}=="04e8", MODE="0666"

これでudevをrestartさせればよいのですが、その時はUbuntu仮想マシンリブートしました。

接続確認

 $ adb devices
 * daemon not running. starting it now on port 5037 *
 * daemon started successfully *
 List of devices attached 
 33C11C2416024D7	device
 
 $ adb shell
 shell@android:/ $
 shell@android:/ $ cat /proc/cpuinfo
 Processor	: ARMv7 Processor rev 0 (v7l)
 processor	: 0
 BogoMIPS	: 1998.84
 
 processor	: 1
 BogoMIPS	: 1998.84
 
 Features	: swp half thumb fastmult vfp edsp vfpv3 vfpv3d16 
 CPU implementer	: 0x41
 CPU architecture: 7
 CPU variant	: 0x1
 CPU part	: 0xc09
 CPU revision	: 0
 
 Hardware	: p3
 Revision	: 000b
 Serial		: 32479070f2cfba4e
 shell@android:/ $

つながりました。

ARMv7のデュアルコアです。NEONはありません。FPUのdoubleのレジスタが16個しかありません。

これは Tegra2でしたね。

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証