clair de lune


2003 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 05 | 06 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 |

Votre âme est un paysage choisi
Que vont charmant masques et bergamasques
Jouant du luth et dansant et quasi
Tristes sous leurs déguisements fantasques.

Tout en chantant sur le mode mineur
L'amour vainqueur et la vie opportune
Ils n'ont pas l'air de croire à leur bonheur
Et leur chanson se mêle au clair de lune,

Au calme clair de lune triste et beau,
Qui fait rêver les oiseaux dans les arbres
Et sangloter d'extase les jets d'eau,
Les grands jets d'eau sveltes parmi les marbres.

Paul Verlaine (Fêtes galantes)



                   ※最近は こちら(facebook)に時々アップしています。

 | 

2004-03-31

まさに満開


お花見


今日は嬉しい事に、ちょうど夕方上野の東京文化会館へ書類を届けに行く仕事がございまして、そのまま上野公園で夜桜見物を楽しんでまいりました。赤いぼんぼりに照らされた満開の桜達の美しかったこと。まさに「お江戸のお花見」といった風情。ただ、午後8時になりますと容赦なくぼんぼりの灯りが消されてしまうのは、少々無粋なのではないでしょうか?せめてあと1時間…。


と、小倉あんみつ、粟ぜんざい

たらふく


ゆっくりと桜を愛でながら歩き、特に食べ物飲み物は用意してまいりませんでしたので、公園を出た所でちょうど目に入りました手羽先唐揚専門店『鳥良』へ。初めてのお店でしたが、どのお料理も侮れない美味しさ。看板料理の「手羽先唐揚」「絹仕込み豆腐」「どて焼き」等々、大変おいしく鱈腹、まさに鱈腹食べて、飲んで。

http://www.samukawa.co.jp/index.html

ああ、それなのに。お店を出てすぐに、同じ並びにございます、あんみつ『みはし』へ、美味しそう!と入り「杏あんみつ」をぺろり。甘酸っぱい杏が上品な餡にぴったりで大変美味しゅうございました。鱈も甘い物は別腹のようで。

http://www.mihashi.co.jp/top.shtml


トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/emimi/20040331

2004-03-30

身体が喜ぶ優しいお味です


アステリックス


赤坂駅近く、歩道に面して置かれておりますメニューの書かれた黒板を見てはいつも、美味しそうだわ、一度食べてみたいわぁ、と思っておりました『Astérix』。遂にまいりました。期待通り、以上の美味しさでございました。素朴なフランスの家庭料理といった感じ。1500円のランチを2種類注文しシェア。バジルの香りのピストゥスープ、サーモンと卵のサラダ、函館直送のお魚のポワレ、鴨のソテー、そして6種類も盛られたデザートにコーヒー又は紅茶。香ばしいフランスパンはおかわり自由、お料理のソースのお味が素晴らしく、添えられた温野菜も大変美味。

地下にある小さなお店で、少々席と席の間隔などは狭苦しいのですが、雰囲気はとても良く、外国人のお客様率高し。普段のランチとしてはちょっとお高めなのですが、週に3日はお弁当を持って行き、その替わりに週に一度贅沢をしたい。そう思わせるお店です。ディナーはコースで2500円から。フォアグラと大根のソテー980円、芋セロリのレムラド和え(どういうものでしょう?)600円など小皿料理も各種あるそうです。次回は是非40種類も揃っているというワインと共に。


赤坂駅

自動改札


今朝、自動改札を通る時にうっかり手を滑らせて切符を横向きに投入してしまいました。うわ、キンコンキンコン鳴ってしまうかしら、と思いきや、ちゃんと縦向きになって出てまいりました。「へぇぇ、どのような向きに入れても大丈夫なのだわ。機械の中で瞬時にくるっと向きを変えるのね」とちょっと新しい発見をした気分です。

そういえば、自動改札の中にたまに、人が近付くとまるで警戒するかのようにガチャッと扉を閉めるものがございます。人を選んで閉じている訳ではないのでしょうが、なんですか疑われているようでその度に少し傷ついてしまいます。


indigoworksindigoworks 2004/03/30 23:05 逆に、赤信号に近づいた途端青に切り替わった時はなんとも言えない幸福を感じます。人間とはまことに都合の良い生き物です。

emimiemimi 2004/04/01 00:15 でごさん。そうですよね。ささやかな幸せを幸せだと感じる事ができる。その事が何よりの幸せだと思います。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/emimi/20040330

2004-03-29

座り心地の良いソファー


ホテルアバンシェル赤坂 その3


牛の反芻のように連日ハワイの話を書き続けておりますが、今日は一休みいたしましてグランドオープンを4月17日に控えた『ホテルアバンシェル赤坂』無料宿泊モニター体験のお話を。

ユニークなホテルでございました。場所は赤坂の駅から徒歩2分と大変便利です。フロントでチェックインを済ませ、カードキーとアメニティセットを渡されお部屋へ。部屋に入り、照明のスイッチを入れましても反応せず、どうした事でしょう?と15秒ほど暗闇に佇むも、もしや!と再びドアを開け廊下の照明で壁をチェックすると、ありましたありました、カード差し込み口が。そう、キーを差し込まないと各種電源が入らないタイプです。

カードキーを差し込み早速入口の照明を灯しますと、入口横に下駄箱があり、どうやら部屋へは靴を脱いで入るよう。なんとなくマンションの玄関のようです。廊下を通り中に入りますと、入ってすぐに壁一面の大きなクローゼットと、ミニバーのある部屋が。電子レンジもございます。奥に入りますと、ダイニングセットとソファー、文机などが置かれたリビング。そしてその更に奥にベッドルームととバスルーム。広いですこと。ベランダもあり、正面に六本木ヒルズが見えます。(勤めております会社も見えました)ライティングも素敵

5種類のインテリアから好みのタイプを選べるようなのですが、今回はもちろんお任せで、バリのヴィラをイメージしたという[ESOTICO(エソティコ)]。防音がしっかりとしているのか外の音も、他の部屋からの音もまったくせず、とても静かでくつろげるお部屋です。

いただいたアメニティセットには数種類の入浴剤やヘアバンド、洗顔用泡立てネットまで入っておりますし、ドライヤーがイオンドライヤーなのも女性には嬉しい心遣い。冷蔵庫にはご自由にどうぞ、とコラーゲン入りのお水も。泡風呂に入り、テレビを観、本を読んだり、マニキュアを塗り直したり…とのんびりと過ごさせていただきました。少々残念でしたのは新建材臭と申しましょうか、まだ工事中の場所もありますので塗料などの臭いがかなりした事。まあ、これはグランドオープンまでには落ち着くかと思います。

中央にピアニストの姿が

今回宿泊いたしましたのは9階のお部屋。エレベーター前にはこの絵が飾られておりました。どなたが描かれたものなのでしょうか、とても素敵。おそらく各階に数字の絵が飾られているのでしょう。そういえば、エレベーターを降りるとマンションの外廊下のように外の景色が見えてびっくり。もしやこのアバンシェル、外装といいお部屋の作りといい、もとはマンションとして計画されたものを途中からホテルにしたのでは?…と思えてしまう、本当にユニークな作りでした。

でも、高級と言われるホテルでも外の騒音や隣室の音が気になる事が多いものですが、都心にありながらこのアバンシェルの静けさは貴重。会社まで5分というのも便利ですし、また、機会がございましたら是非お泊まりしてみたいホテル、でございます。

※追記 高橋美樹さんという方の作品のようです。


トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/emimi/20040329

2004-03-28

手羽先とエビの唐揚げ


HOOTERS


http://abcdane.net/archives/2004_03_25.html

『ABC振興会』でも先日「店長による盗撮」の話題が取り上げられておりました『フーターズ』。前回、ハワイにまいりました折にもまいりましたので今回が二度目。何が楽しいって、やはり綺麗なお嬢様方と身近に触れあえる(んですよ、へっへっへ。と、まるで怪しいおじ様のようですが)ことでしょうか。本っ当に可愛らしいんです、皆さん。スタイルも素晴らしいですし、と申しましょうか、特に胸の形が美しくて立派なのです。そして注文を聞く時に、わざと前屈みになってその立派なお胸をこちらの頬に付かんばかりに寄せて下さるのも素敵。って、わたくしそういった嗜好を持っている訳ではないのですが、なかなかに幸せで楽しい一時を過ごす事ができるのです。

あ、でも考えてみましたら、今回ワイキキの『PLAYBOY』のショップでお嬢様方のお写真がいっぱいのトランプを見つけ、嬉々として買って帰ったのでした。もしかしたら私、千昌夫さん体質なのかもしれません。http://www.hootersair.com/ HOOTERS AIRもぜひ一度乗ってみたいですし…。


お洒落系居酒屋料理といった感じ

JACKIE'S KITCHEN


金曜の夜、アラモアナ・センターのアッパー・レベルは大賑わい。『マイタイ バー』など、三つ子?四つ子?というぐらいそっくり同じような体型のマッチョなボディーガード達が出入り口を固めるなか、店内に入りきれない若人が長蛇の列を作っておりました。そんな賑わいを珍しげにきょろきょろと眺めつつまいりましたのが『ジャッキーズ・キッチン』。ハワイの『ジャッキーズ・キッチン』はまだオープンしてから二月ほどだとか。こちらのお店もお洒落な地元の方々で大混雑でした。

ビールと共に数品注文したのですが、どれも良いお味のものばかり。娘がスタッフに「ジャッキー・チェンはこの店に来たことがあるのですか?」と訊ねると「いえ、実はまだ一度も来ていないんです。私が思うにたぶん来月ぐらいには来るんじゃないかと」と曖昧なお答え。グランドオープンの時ぐらいは、みえたのではないかと思っておりましたが。まあ、ジャッキー・チェンさんもお忙しそうですものね。


トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/emimi/20040328

2004-03-27

二人で1セットでも食べ切れないほどの


Eggs'n Things


とても美味しいと評判のパンケーキとオムレツのお店、「エッグスン・シングス」。場所や営業時間を問い合わせると「夜の11時オープンで朝の2時には閉めてしまいます」とのこと。そんな時間に?とちょっと考えてしまったのですが、やはりせっかくですので食べに行くことに。一見うら若き乙女二人で夜道を歩くのは危なかろうと、ジーパンにジャケット、まとめ髪にして手にはセブンイレブンのポリ袋、という出で立ちで夜10時をまわった頃ホテルを出発。

幸い恐い思いをする事もなく、無事お店に到着。「うんざりするほど混んでいますよ」と聞いていたほどの混雑ではありません。「二人で一人前でちょうど」というお店の方のアドバイスをうけ、その日のスペシャルでした「ベジタブル・オムレツ」とパンケーキを注文。とーっても美味しゅうございました。どうしてもちょっとくせのある独特の匂いの食べ物が多いハワイにあって、こちらのお店は味付けもいたってシンプル。マッシュルームや長ねぎ、もやし等々新鮮なお野菜たっぷりのオムレツにとても良いお味のソース。そしてやはりなんと申しましてもパンケーキの美味しいこと。シロップだけでも、メープル、ココナツ、メープル、オレンジ、ベリー等々、あれこれ試しながらいただくのも楽しかったです。

さて、帰国いたしましてからお店の情報を確認しておりましたら、なんと「夜11時オープン、午後2時に一度閉店するので注意」と書かれておりました。あらあら、聞き違えてしまったようです。なにも危険を冒してまで夜中に食べに行くことはなかったのですね。でも、朝食もランチタイムも、それこそ30分から1時間待ちの大変な混雑だとか。また訪れたい、お薦めのお店です。


ファーファと同じ物でしょうか?

ドキドキ


出かける前にばたばたと用意をしていて、わきの下にパウダースプレーをしようと構えて「ん?えっ!」と思ったら手にしているのは「静電気防止スプレー・エレガード」だったという事がしばしばあり、その度にちょっとドキドキしてしまいます。

洗濯機に柔軟仕上げ剤を投入しようと構えて、手にしているのが「漂白剤・ブリーチ」だったという事もしばしばあり、その度にやはりちょっとドキドキしてしまいます。


ホテルアバンシェル赤坂 その2


以前にもお話いたしました4月オープン予定のホテルアバンシェル赤坂。先日ふとサイトをのぞくとなんと「無料宿泊モニター募集」中。なんとラッキーな、と早速申し込みました。お部屋はジュニアスイ−トダブル。私が申し込みました時にはもうジュニアスイ−トツインは満室。デラックスツインなら空いておりましたので、どちらにしようか迷ったのですが、やはりスイーツに惹かれてダブルを。ただ、ダブルに一緒にお泊まりできる人というのは限られておりましてよね…さてさて。


トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/emimi/20040327

2004-03-26

地元の人が85%だとか


HAWAIAN WATERS ADVENTURE PARK


もう一つ。小さな頃から大のウォータースライダー好きの娘がどうしても行きたい、という事でまいりましたのが『ハワイアン・ウォーター・アドベンチャー・パーク』。ピンクの大きな浮き輪にお尻をいれて流れに身を任せるだけの、のんびりとしたものから、7階建ての建物から一気に滑り降りる過激なものまで。想像していたよりはこぢんまりとしたパークだったのですが、こちらも娘は大満足。

当初、ジャグジーでゆっくりとくつろいで待っている予定だった私も、結局は写真の「ボルケーノ・エクスプレス」など数々のアトラクションを楽しんで(楽しまされて)まいりました。人数が揃わないと参加できないものも多いので、適当にその場に居合わせた人と話し合ってチームを組んだりするのです。ちなみにこの「ボルケーノ・エクスプレス」は4人一組になってスピードを競うもの。5.5階建ての高さからボードに俯せになって滑り降りるのですが、速い人は7秒ほどで。私はいつもスタートで出遅れてしまい11秒以上かかり、常に最下位でございました。

http://www.hawaiianwaters.com/

ハワイでも大人気

AROHA KITTY


ハワイのキティーちゃんは、こんがり小麦色。


期待


昨日、社長と飲んでおりましたら、「貴方は人に期待をしなさ過ぎだと思うよ。悟っているといえば悟っているのだろうが、何か人に対して「もっとこうして欲しい」というような気持ちを持ってもいいんじゃないかな。」と言われました。それはおそらく、大切に思っていた人の言動から、自分を守る為に身に付けてしまったこと。今、大切に思っている人に対しても、何も望まず、何も期待しない…。ああ、言われてみれば確かにそうかもしれません。


かわいい!!かわいい!! 2004/12/13 17:04 こんがりハワイのキティーちゃんは、めちゃくちゃかわええ!!
ご当地キティーちゃん集めてるけど、このキティーちゃんは、1番のお気に入りなんだよ!(><)★★★★

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/emimi/20040326

2004-03-24

アラモアナ海岸


体験ダイビング


この旅行は「おばあちゃまプレゼンツ・大学入学おめでとう旅行」でございました。スポンサーは母。有り難い事でございます。主役は娘、私は(ラッキーな)付き添い。という事で、ホテル、航空会社から現地でのスケジュールまで、全て娘の希望通りにいたしました。まずクジラと会う事ができたのは幸せなハプニング。

今回の旅で娘が一番楽しみにしておりましたのが、ダイビング初体験です。以前からずっとダイビングに興味を持っておりました娘は、ネットでツアーを探し「ママも一緒に潜るのよ」とさっさと二名で申込み。え…本当に?泳ぎが得意な娘とは違い、金槌ではありませんが私は頭上げ平泳ぎで10メートルほど泳ぐのがやっとやっと。水に顔を浸けるのもあまり好きではないのです。

でも、興味はございますし、泳げなくても大丈夫との話ですので参加することに。場所はプレスリーの映画「ブルー・ハワイ」の舞台にもなりました美しいハナウマ湾。入場料を払い、教育映画を見て、ウミガメのスタンプを手に押してもらわなくては入ることのできない海なのですが、それでも大行列ができるほどの人気。それだけの魅力がある海なのです。

まずは、4名1チームになり、ダイビングスーツ、ブーツ、ゴーグル、グローブ、腰に鉛の重りを付け、重い重いタンクを背負って足ヒレを手に。陸に上がってしまった河童というのはこういう気分なのではないかと…これで歩くの?そうなのです、ボートダイビングではないと、海に入るまでも大変なのですね。

で、なんとか海に辿り着き、マウスピースの使い方、耳抜き(これをしないと水圧で耳が痛くなります)、ゴーグルの水抜き、をさっと教えていただくともう、「はい、顔を浸けて、手を繋いで浮かんでみましょう」「じゃ、行ってみましょう」とあっという間に、シュー、ハー、ボコボコボコボコ・・・・・と体験ダイビング開始。ハナウマ湾は生物の保護が徹底しているとかで、浅瀬でもすでに大きな魚達が寄ってまいります。綺麗!

でも、3分ぐらいでなんとなく息が苦しくなり、インストラクターさんに「上がります」のサインを送り水面から顔を上げて、深呼吸。「大丈夫ですか?」と聞かれて「大丈夫ですが、もしも苦しくなって上がりたくなった時にはどうすればいいのですか?」伺うと「う〜ん、原則として一度潜り始めたら上がりません。全員上がらなくてはいけなくなりますから」と。「そうですか。何分ぐらい潜る予定ですか?」「約40分です」(えぇぇぇ・・・そんなに長時間なんですか)。「じゃ、お母さん、ずっと僕が手を繋いであげますから。さ、行きますよ」とまた、シュー、ハー、ボコボコ・・・の世界へ。

素敵なのですよ。素晴らしいのですよ。テレビで見る海底の風景と同じものが目の前に。あちらも人間に興味があるようで魚たちもこちらを見にくるのです。魚の群が柱になっているような所もあります。ウミガメもいたそうな。でも、私はそれどころではありません。きちんと呼吸をするのがやっと。あと何分?まだ?マウスピースをくわえておりますので、当然話はできません。ひたすらインストラクターさんに引っぱりまわしていただき、美しい魚たちを見続けます。

OK?と聞かれればOKサインを出すのですが、本当はあまりOKでもなくて、正直に申し上げればすぐにでも海面に顔を出したい気分でいっぱい。たまにインストラクターさんが手を離してどこかへ行ってしまうと、まるで具合の悪い魚のよう、体を水平に保つことさえ出来ないのです。ぼっとしていると、お腹を上にして海面に浮かんでしまいそう。情けなや、情けなや。

でも、なんとか40分間、頑張りました。娘は向いているようで、最高に楽しかったと。写真もフィルム一本撮りきっておりましたので、余裕で初ダイビングを楽しむ事が出来たようです。将来はぜひライセンスを取りたい、と申しておりました。私は…また機会があったらまた体験したい、かも。(苦痛と快感の拮抗)

※ダイビングにはデジカメを持参いたしませんでしたので、写真はアラモアナの海。


marubomarubo 2004/03/24 10:33 閉所が得意ではないので、ダイビングと聞いただけで息が苦しくなりそうだす。多分行く前にギブアップだなあ。飛行機に乗れない姉よりはまだ良いかしらん。

cicocico 2004/03/24 18:21 ハナウマ湾で体験ダイビングされたんですね。特別な場所ですからねぇ。他で潜ると、ちょっと寂しいかも。

emimiemimi 2004/03/26 10:48 maruboさん。お姉さまは飛行機のどのあたりが苦手なのでしょう?cicoさん、はじめまして。あの海は、特別な場所、だったのですか。そのハナウマが「最初」であったことは幸せな事だったのかもしれません。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/emimi/20040324

2004-03-23

救助方法のプリントを渡されました


お肉じゃが


今回のハワイ旅行。航空会社は往復日本航空を利用。チェックインの時に「できれば足元の広い席を」とリクエストいたしましたら、非常口横の席。以前この席は確か、いざという時に手助けが出来るように男性限定だったと思うのですが、最近は女性でも良くなったようです。エコノミーでキャビンアテンダントと仲良しになるにはこの席が一番、と男性には大人気だと伺った事がございます。確かに。離着陸の時には向かい合わせ。ただ座っているしかない時間帯ですので、目が合えばにっこりと、お話も弾もうというもの。

お話を伺えば、私の席のエリアの担当クルーはなんと一人を除いてあとは皆タイ人との事。初々しく、笑顔が可愛らしい方々で、たいへん気持ちの良いサービスを受ける事ができました。食事を選ぶ時に「ラザニアか、お、おー肉じゃーがー、どちらがよろしいでしょうか?」と。そうですよね。お魚、お肉、とくれば肉じゃがだって、お肉じゃが。日本語は難しいでしょうに、皆さん一生懸命お勉強をされているようでとってもお上手。たいしたものだと感心してしまいました。帰国の便も、やはり日本人クルーは一人だけで、あとは全員タイ人。タイ人のキャビンアテンダント、増えているようですね。

※この座席をパタッと倒して二人のキャビンアテンダントが座ります。


このエリアには三頭のクジラが

Hampback


母が見つけてきてくれましたJTBの格安ツアーでのハワイ旅行だったのですが、このツアーには一つおまけで「カルチャー・クルーズ」というものが付いておりました。スター・オブ・ホノルルという船の上で、レイ作りやフラダンスの講習を楽しめるというもの。まずまず楽しそうなので参加してみましょう、と船に乗り込みますとどうも様子がおかしいのです。アメリカ本土からの観光客で溢れかえる船内。手渡されたパンフレットを見ると[WHALE WATCH CRUISE]!アナウンスも「Hampback Hampback」とHampbackってなに?と思いましたらザトウクジラ、ひたすらクジラについての説明が。そう「カルチャー・クルーズ」はこの季節「ホエールウォッチ・クルーズ」になるのだそうです。特に3月はとても高い確率でクジラを見る事が出来るとのお話。

クジラが見えたら艦長から、進行方向を12時として時計の時間で方向をアナウンスするからそちらを見るようにとの指示が。出航すると、あっという間にクジラの潮吹きを発見して、艦長のアナウンスよりも早く「オオーーー!」という歓声が上がります。それからもずっと、潮吹きだけではなく、しっぽも全身も、良く見えたのですよ。頭数もいっぱい。あまりに近いので「こんなに近づいていいの?」と驚いておりましたら「これは、こちらが追いかけたのではなく、クジラの方から船に近づいてきてしまったのですから、法律違反にはなりません」との艦内アナウンスが。やはり、一定の距離を置かなくてはいけない、一つの群れを30分以上追いかけてはいけない、などクジラを保護するための色々な法律があるとのお話でした。

※この目で見るのに一生懸命でほとんど写真が撮れていないのですが、中央部分、かすかに潮吹きが・・・見えるでしょうか?


赤坂はC-06

駅ナンバリング


営団地下鉄の駅で、駅名の表示の横に、丸で囲まれたアルファベットと番号が大きく書かれ始めておりますね。同じ頭文字の路線はどうするのかしら、と思いましたら、丸ノ内線がM、三田線はI。日比谷線はH、半蔵門線はZだとか。ふむふむ。

http://www.tokyometro.go.jp/news/2004-s04.html


トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/emimi/20040323

2004-03-21

良いお天気に恵まれました


ただいま


ハワイでザトウクジラに会ってまいりました。


誕生日


今朝、ホテルで目覚めた時には20日だったのですが、日付変更線を挟みあっという間にもう21日が終わろうとしております。3月21日、今日は私の誕生日。今年はちょうど太平洋上で迎えた、バースデーでした。


indigoworksindigoworks 2004/03/21 22:49 おめでとうございます。死ぬまでに一度はクジラを見てみたいんですがねー 最近は捕鯨をしなくなったせいでクジラが増えてるらしいですね。

crescentcrescent 2004/03/21 23:03 お誕生日、おめでとうございます。それから、、、お帰りなさい。ますます素敵にお歳を重ねてくださいね。

shimakenshimaken 2004/03/21 23:06 おめでとうございます、ちょっと変わった誕生日の迎え方、ですね。

kinakina 2004/03/21 23:39 お誕生日おめでとうございます。そしてお帰りなさい。旅のおはなしをおきかせくださいね。

tairaanntairaann 2004/03/22 09:48 おかえりなさーい!ハワイでしたか、逃避行先は。

chankochanko 2004/03/22 23:21 おかえりなさい。お土産話を期待してまーす。誕生日おめでとうございます!

emimiemimi 2004/03/23 00:14 皆様ただいま、そして、ありがとうございます。

mijokamijoka 2004/03/23 12:49 お誕生日おめでとう♪遅くなってごめんね。楽しいお話期待してますよん。

hootoo3hootoo3 2004/03/23 12:56 おめでとうございまあす。

emimiemimi 2004/03/23 23:11 ありがとうございまあす!

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/emimi/20040321

2004-03-14

車が手配できず今回は車で…


現実逃避


…ではないのですが、明日より一週間ほど留守にいたします。戻りましたらまた、あれこれご報告を。行ってまいります!


倶楽部:今宵、銀河を杯にして 地酒&北海道より直送の魚貝


今宵は父が競馬でもうけたとかで、家の近くのお寿司屋へ。何と申しましても、今日のヒットは北海道の真つぶ貝。こりこりとした歯応え、甘味のあるとろっとした肝。大変美味しゅうございました。只今、少々酔っぱらっておりますものですから定かではありませんが確か?月山、立山、等々、地酒とともに、、、大変美味しくいただきました。


shimasukeshimasuke 2004/03/16 01:40 初書き込みです(笑)先日、草津温泉へ行きまして、その時にめぐとめぐの家族にとお土産を買ってきたのですが、いつ渡せば宜しいでしょうか?などとくだらない質問ですいません・・。^_^;

emimiemimi 2004/03/21 22:09 あら、shimasuke君、ここをご存じでしたか。さきほど帰国したところです。近日中にめぐからメールが届くかと思います。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/emimi/20040314

2004-03-13

眠くてもう書けそうにもありません…


曲目解説


今日は、午後から一つ現代音楽のコンサートを聴かせていただいき、「現代の作曲界の最先端というのはこのような雰囲気なのですね」とお勉強。松尾芭蕉の俳句(俳諧)「扇にて酒くむ陰や散る桜」や「紅梅や見ぬ恋作る玉簾」などを器楽で表現する事を試みた曲などもあり、楽しませていただきました。

そして、帰宅してからずっとお持ち帰りの仕事、弦楽四重奏曲の曲目解説を書き続け、今、まだ三分の一しか書けておりません。締め切りは明日だというのにどういたしましょう。久々に、レポート提出締め切り前日なのにまったく書けていない時の、あの懐かしい焦燥感を味わっております。


お裾分け


昨日の日記をお読みいただいた方から、とても素敵なメールをいただきましたので、独り占めせずにお裾分けを。


「ダイアリーにポルシェの話が載っていたので、

そのポルシェにまつわるちょっといい話を・・・・。

第二次世界大戦の折、

初代のフェルディナンド・ポルシェ博士はヒットラーに命令されて、

例の「フォルクス・ワーゲン」、つまり「カブト虫」を設計しました。

ドイツが戦争に負けた時、

ポルシェ博士は「戦犯」の一人としてフランスに連行されてしまいますが、

フランスはその釈放の条件として、

フォルクス・ワーゲンと同じような、

フランスにおける国民車の設計をポルシェに命令します。

で、できあがったのが「ルノーPA型」。

日本では、日野自動車がフランスのルノー公団のライセンスを得て、

このルノーPAをノックダウン方式で生産していました。

ネットで「日野ルノー」と検索すれば、

そのスタイルが確認されるはずです。

それにしても、

釈放の条件として国民車の設計を命令するなんて、

フランスは粋な計らいをする国ではありますね。


存じ上げないお話ばかりでした。お教えいただき、ありがとうございました。「日野ルノー」でスタイルも見せていただきました。美しい車ですこと。


indigoworksindigoworks 2004/03/14 18:56 僕、同じフランスの国民車である、シトロエン2CVがほしーんですよ。これも結構オサレですよ。

emimiemimi 2004/03/14 19:21 でごさん。はい、2CV、とってもオサレですわぁ。乗ってみたいです。手に入れられましたら是非一度助手席に。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/emimi/20040313

2004-03-12

稚魚なので時期が限られているとか


春を告げる魚


明石の伯母より「いかなごの釘煮」が届きました。新鮮ないかなごと、たっぷりのしょうがを炊いたもの。いかなご、漢字では玉筋魚と書くのだそうです。釘煮というのは、煮上がった様子が錆びた釘に似ているからとか。佃煮類は好きではないのですが、この釘煮は甘すぎず、柔らかく炊けていてとても美味。熱々のご飯にも、日本酒にも良く合います。おごちそうさま。


BOSENDORFER


カンパネラという音楽雑誌を読んでおりましたら、昨年12月、『ベーゼンドルファー 創業175周年記念 スペシャルモデル』の発表会が六本木のカフェで開催されたのだとか。このピアノ達ですね。

http://www.bosendorfer-jp.com/news/175spc.html

スヴァロフスキーやポルシェとのタイアップモデルなど6種類。これは見せていただきたかったです。昨日、日本ベーゼンドルファーの方とちょうどお話をする機会がございましたので、このイベントの事を伺ってみたところ、東京では二日間だけで、一日はプレス関係者のみ、もう一日は関係者御招待だったのだとか。日本にまだあるのでしたらなんとか見せていただきたくて「今はどちらに?」と伺うと「ピアノ達はセットで世界を回っておりまして、最後はウィーンへ戻る予定。日本の後はタイ、バンコクへ旅だってしまいまいした」とのお返事。浜松では10日間ほど公開されていたようですね。うぅん、残念です。


DocSeriDocSeri 2004/03/13 00:40 流石ポルシェデザイン、シンプルで剛直な素材感剥き出しのデザインが素敵です。▼ところで実はポルシェデザインは車のポルシェとは(関係はあるのですが)別の会社のようです。

emimiemimi 2004/03/13 01:01 DocSeriさん。雑誌によりますと「車のポルシェとのタイアップモデル」「ポルシェタイプは蓋の部分に車のハニカム技術を応用、六角形の強化枠で強度を補強し薄さを実現している。」とあります。F.A.Porsche氏というのは、ポルシェ、ポルシェデザイン、どちらに所属している方なのでしょうね。

DocSeriDocSeri 2004/03/13 14:20 Ferdinand Alexander Porsche氏はPorsche Designの代表ですね。>http://www.haworth-asia.com/japanese/adstudio/spot/porsche.htm

tairaanntairaann 2004/03/17 22:55 明石にお嫁さんに行った、昔の生徒から「いかなごの釘煮」届きました。おいしくてうれしかったです。emimiさんも、同じ思いをしていたのですね。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/emimi/20040312

2004-03-11

梅干しもsuicaで買ったそうです


すっぱいお口のSuicaのペンギン


ポスターや中吊り広告で見かけては、ずっと写真を撮りたい撮りたいと思っておりましたが、貼ってあるのが駅や車内ですのでなかなか機会がございませんでした、このペンギンさん。今日遂にがらがらの地下鉄車内で撮影成功。すっぱいお口がなんと愛らしい。でも、お口に見えないといえば見えないような。では何に…。ほほ。


カルボナーラ


会社で、カルボナーレさんというイタリア人の方のコンサートのマネジメントに関わる事になりました。このお名前がなかなか覚えられませんで。最初に「まあ、カルボナーレなんて、まるでスパゲッティ・カルボナーラみたい。」と思ったのがいけなかったのか、ファーストネームはすぐに思い出せるのですがその後、いつも「ええと…ペペロンチーノじゃなくて…ゴルゴンゾーラじゃなくて…ナポリターナじゃなくて…ええと、ええと」と、まるで孫の名前を思い出せないおばあさんのように、なかなかカルボナーレが出てまいりません。さて、日記に書けば覚える事ができるでしょうか、シニョール・カルボナーレ。


marubomarubo 2004/03/12 08:06 ペンギンさんのお口、「ツジナカ」系......

kinakina 2004/03/12 09:32 可愛いですよね、すっぱ口のペンギン。私もいつか撮りたいと思っているのですが機会がまだありません。

indigoworksindigoworks 2004/03/12 18:59 (>*<)

call me susiecall me susie 2004/03/12 21:38 シニョール・カルボナーレって炭焼き党員なの?友人の旦那さまにジャコモさんというイタリア系のファースト・ネームのひとがいるのですが、ご本人が親しみを持ってもらおうと「(NTTの)ドコモによく似たジャコモです」なんて自己紹介したそうで、母は混乱しています。

emimiemimi 2004/03/13 00:26 maruboさん、ツジナカ系とは?kinaさん。ぜひ可愛らしく撮ってあげて下さい。でごさん、まさに!

emimiemimi 2004/03/13 00:28 susieちゃん。ご本人はクラリネット奏者なのですが、ご先祖さまにはきっと炭焼き職人がいらっしゃるかと。

marubomarubo 2004/03/13 00:54 6号線をエスパに向かって行くと左手に見える有名な病院...

えんえん 2011/08/15 01:21 こちらでよいのか、画像を拝借しましたので、連絡しました。
不都合でしたら、連絡くださいませ。
よろしくお願いします。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/emimi/20040311

2004-03-10

建物全体が美しいのです


Wakiya 一笑美茶樓(いちえみちゃろう)


春の宵、夜の赤坂を散歩しておりますと、またまた魅力的な店構えのお店を発見。店名を確認いたしますと、あ、ここが噂の「一笑美茶樓」でしたか。こんな、裏路地に?というホテル街にも近い怪しげな場所にございます。足を踏み入れてみたい玄関ではあるのですが、ランチでも3800円からですか。こちらも少々敷居が…。

http://www.jetsetter.ne.jp/club/restaurant/restaurant044.html

JSレストランガイドより。(リンク、問題があったらお知らせください。確認できませんで。)このサイトで紹介されているレストランはどこも良い感じ。写真も文章も素敵です。

今、とってもお馬鹿な早口言葉を思いついたのですが…えみみといちえみちゃろうでいちゃいちゃ…お粗末様。


倶楽部:今宵、銀河を杯にして


http://d.hatena.ne.jp/adramine/20040310#p7

adramineさん。来週は一週間留守にいたしますので「花見の宴」となりますと、お手伝いできないかもしれませんが、私でお役にたてる事がございましたら、なんなりと。渋谷ではなくても、築地、浅草なども風情があってよろしいかと。


トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/emimi/20040310

2004-03-09

ちょうど連結部分がこのように


鉄の棒のよう…

間もなくぅ


昨日、千代田線で湯島から新御茶ノ水に向かっておりましたら「間ぁもなくぅ、明治神宮前。明治神宮前です」との車内放送が。(わ…乗り過ごしちゃったんだわ。え?嘘、私眠っちゃったのかしら。知らない間に?)と思わず高まる鼓動。ホームに入り、駅名を確認すると、あらぁ『新御茶ノ水』じゃありませんか。すぐに訂正の放送が流れましたが、まあそれにいたしましても、珍しいぐらいの豪快な間違えっぷり、でございました。

※写真は、確か昨年秋でしたか、にJRの車内で撮影したもの。気になりましたのが、この黄色い棒。いったい何に使うものなのでしょうか。


レジゴサ


「レジゴサ」「セルシーディー」。なるほど、話を聞けば「レジ誤差」「sell CD」なのですが、耳慣れない言葉でしたので最初は???お陰様で、昨年秋に推薦で大学が決まった娘。まずは、中学生の頃からの憧れでしたTSUTAYAでのアルバイトを始めております。本人の希望で、セルCDのコーナー担当。レジも任されているようで、最近では家庭内でのお金のやり取りでも、お札の数え方などピッピッと手つきがなにやらプロっぽく、少しずらして、手を添えて「3000円のお返しとなります」などと。最初の数日間は、どんなに気をつけていても、どうしても何円か出てしまい悩んでおりました「レジ誤差」。今ではまったく無くなったとか。仕事の面だけではなく、言葉遣い、身だしなみなどもきちんと教育をしていただいているようで、有り難い事です。


tairaanntairaann 2004/03/10 03:35 うちは、○ドヤでのバイトにあこがれていたようですが、高校の間はむりではないかい?ということになり単発で私の実家で趣味で父がやっている畑の草抜きに精を出すことになりました。これって、あの子にはとっても似合っているのかも。こんどTSUTAYAに行って見ようっと。

indigoworksindigoworks 2004/03/10 09:43 接客での言葉遣いはお育ちに依りますよ。emimiさんの娘さんだからこそ、ではないですか? 自分の職場を見ていても、出来る人出来ない人、品性に明らかな差を感じます。さて、その黄色い棒なんですけど、画像が小さいのでなんとも言えないですが、グモ対策グッズのような気が、、、

emimiemimi 2004/03/10 10:52 tairaannさん。憧れを抱いて、それを叶えていく娘達。羨ましいわぁ。あ、でもなにも10代の特権ではありませんね。ママ達も頑張りましょう!

emimiemimi 2004/03/10 10:54 でごさん。グモ対策グッズ?!ジョロウグモ、セアカゴケグモのグモ…ではありませんよね。

indigoworksindigoworks 2004/03/10 23:09 グモは業界用語で人身のことです。ちなみに、グモのホトケさんのことを「マグロ」と言います。

marubomarubo 2004/03/11 08:22 新聞関係の方から聞いた事があるんですけど、事故の形態、またはグモのホトケさまの形態で何種類か呼び方があるのですよね、「ミンチ」っていうのが頭の隅にこびりついているんですけど。

indigoworksindigoworks 2004/03/11 12:47 maruboさん、それは僕も初耳です。

emimiemimi 2004/03/12 00:25 マグロ、ミンチ、暫くはネギトロ丼などを、いただけぬような気がしてまいりました。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/emimi/20040309

2004-03-08

VAN DIJKというメーカーのものらしいで


オランダの家具


実家のリビングの家具はほとんどがオランダ製。オランダは木造船製造の技術を生かして家具造りも盛んなのだとか。がっしりとしておりまして、何と申しましても重い重い。これは無垢のオーク材?でしょうか。6人がけのテーブルなど、私の力ではびくともいたしません。引っ越しやさん泣かせの家具です。

さて、一生物かと思っておりましたこの家具達。やはり年月を重ねますと表面の塗装が少々傷んでまいりました。特に、ヒーターの温風が当たるあたりが少し白っぽく剥げてきてしまっております。何かお手入れをしてあげなくては。


倶楽部:今宵、銀河を杯にして 鏡花


前を通るたびに、その美しい佇まいが気になっておりましたお店。金沢の酒蔵「福光屋」のアンテナショップだったようです。「SAKE 鏡花」。ちょっと気軽には入る事はできない、敷居もお値段もお高そうな店構えなのですが、コースだけではなく、アラカルトのお料理もあるようですので、いつの日か美味しいお酒をいただきに行ってみたいです。

まずは、ギャラリーとしてオープンしている時に、一度お店の様子を見せていただく事にいたしましょう。

http://www.fukumitsuya.co.jp/kyoka/index.html


トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/emimi/20040308

2004-03-07

レフィルは1000円です


愛用コスメ!!@はてな liquid eye liner shu uemura


これがございませんと「顔を作り上げる事ができない」、私にとってはとても大切な一品、シュウ ウエムラのリキッドアイライナーです。他社の同様の製品もあれこれ使ってみましたが、今までに使った中では、ウォータープルーフで滲まず細いラインも上手に引く事ができるシュウ ウエムラのこの製品が一番。現在我が家には、私用だけではなく、娘用、母用と三本のこのアイライナーがございます事からもこの製品がいかに秀逸であるかがお解りいただけるかと。あ、そういえば担当しておりますピアニストも以前からこれを愛用しております。3500円と少々お高めですが、レフィルを交換すれば繰り返し使う事ができて経済的。お勧めです。(…などとまるで美容部員のようですね。)


雪景色


数年前の出来事です。あるデパートで買い物を終え、駐車場になっております隣のビルに戻りますと、警備員さん達がなにやら慌ただしく連絡を取り合ったり、走り回ったりしておりました。何かあったのかしら?と思いながらもそのビル駐車場の5階ぐらいに停めてありました車に乗り込み、出口へ向かいスロープをゆっくりと降りてまいりますと、ある階で目を疑うような光景が。その階だけ照明が消え、そしてそこに広がるのは幻想的な雪景色。しばしその一面真っ白な階で車を停め佇み、あまりの光景に見入っていたのですが、まあ良く考えましたら雪ではなく、自動消火装置の誤作動による消火剤の噴出があった直後のようでした。15センチほども消火剤の白い粉が降り積もってしまった車達。きっと後始末が大変でしたでしょうに、あの後どのようになりましたか。

雪が舞うこの季節になると思い出す、忘れられない雪景色です。


大切なもの


自分にとって大切なものを失いそうになった時。本当に失いたくないと思うのでしたら、失わずに済むよう精一杯の努力をするべきだと思うのです。何もせず、何も自分を変えぬまま、ただ「失いたくない。辛い。悲しい。大切なものを失いそうな自分が可哀相。」などと考えているだけでは何の解決にもなりません。出来る限りの事を、思いつく限りの努力をしてみる。そして、それでもだめならすぱっと諦めて手放す。もう、それがあるべき場所は、居るべき場所は「ここ」ではない、という事なのですから。


call me susiecall me susie 2004/03/12 22:06 熱意がいまい地

call me susiecall me susie 2004/03/12 22:08 (ち)なもので、未だにアイライナーの使い方をよく理解できていない私に(だから顔がぼけているのだな、今度是非ご教授ください。

call me susiecall me susie 2004/03/12 22:09 (ち)なもので、未だにアイライナーの使い方をよく理解できていない私に(だから顔がぼけているのだな、今度是非ご教授ください。

call me susiecall me susie 2004/03/12 22:12 ごめんね、またやってしまいました。・・いるのだな)、です。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/emimi/20040307

2004-03-06

中心部のチョコが不思議です


CHOCO CROSSIES


ネスレのチョコクロッシー。可愛らしいパッケージに惹かれてコンビニで購入したのですが、200円ほどの商品ですのにもれなく1000円分の郵便為替がいただけるアンケート付きでした。ちょっぴりお得な気分。さくさくと口当たりもよく、とても美味しいチョコレートですので見かけられたら是非お試しを。アンケート付きはSUNKUS 限定かもしれませんが・・・。


譜めくり


譜めくりのお仕事、今日が本番でした。15分の休憩を挟んで約2時間。全てのプログラムに譜めくりが必要でしたので、慣れない事もございまして、緊張をし、疲れもいたしましたが、ミスもなく無事に終える事ができました。途中、ふと集中力が途切れそうになりました時には「最後まで気を抜かないようにね」という、知人の励ましの言葉を思い浮かべなんとか乗りきることができました。

お陰様で、パニックに陥ることもなく譜面はずっと追う事ができたのですが、予想外でちょっと狼狽えてしまったのが、「痒み」です。長い曲ですと一曲が30分。途中で、どういう訳か頬が痒くなったり、耳が痒くなったりしてしまったのですが、緊張感漂う室内楽のコンサートの舞台上では、掻くに掻けません。何とか耐えたのですが…あ、思いだしただけで、また耳が痒くなってきてしまいました。


愛用コスメ!!@はてな 牛乳ハンドクリーム


ranKing ranQueen渋谷店でハンドクリーム部門?一位だという「ゆめ牧場の手袋 牛乳ハンドクリーム」。ちょうどサンプルがございましたので、試してみました。確かにつるつるすべすべに。よろしいようです。ただ、付けてすぐはベタベタ。知らずにサンプルを手に付けてしまったものですから、肌に馴染むまで他の商品を手にとって確かめる事ができず、アライグマのように手をすりすりすりすりしながら、売り場をうろうろ。…擬音があまりに多いですね。

http://store.yahoo.co.jp/yumebokujo/handcream.html

「ウシマロ」というのも非常に気になります。


lovelylovely 2004/03/06 23:51 譜めくりのお仕事おつかれさまでした。休憩があるとはいえ、2時間もの間集中力を切らさないようにというのはとても大変なことだと思います。

emimiemimi 2004/03/07 00:02 わぁ、るりちゃん、ありがとうございます。ドッキドキの後の労いのお言葉、身体に染み渡ります。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/emimi/20040306

2004-03-05

ちょっと気になりまして…


地震雲?


今日の午後、事務所の窓から見えた雲が少し不思議な形をしておりまして。撮影時には形が少し崩れておりますし、携帯で撮ったものですので分かり難いとは思いますが、細い竜巻のような、龍が天に昇るような形。数分で消えてしまったのですが、暫く後にまた小ぶりの同じような雲が出ておりました。地震の前兆などではなければ良いのですが。


HOTEL AVANSHELL AKASAKA その1


赤坂に新しいホテルが出来るようです。ホテルアバンシェル赤坂。4月いっぱいはオープニングキャンペーンで室料が50%OFFだとか。なかなか素敵そうなホテルですね。お泊まりは難しいとしてもレストランぐらいはちょっと覗いてみたいです。

http://www.avanshell.com


R25


無料の週刊誌、アールニジュウゴ。「25歳以上 男の情報誌」なのだそうですが、いただいてきてしまいました。コア・ターゲットは25歳から32歳までの団塊Jr.ビジネスマン男性、だとか。大幅にターゲットからはずれておりますが、たいへん楽しく読ませていただきました。次号が楽しみです。当たり前といえば、当たり前なのですが。達者な文章を書かれるライターさんというのは、たくさんいらっしゃるものですね。

そういえば、我が社の社長のお兄様は、昔「あたりまえだのクラッカー」のCMに出た事があるのだそうです。

http://R25.jp


トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/emimi/20040305

2004-03-04

山形県東置賜郡の地酒 、米鶴酒造。


うきたむ 倶楽部:今宵、銀河を杯にして


以前、一度居酒屋さんでいただいてとても美味しかったので、是非また飲んでみたいとずっと思っておりました「うきたむ」。会社近くの酒屋さんで見つけたので買ってまいりました。辛口、端麗、との表記なのですが、ほどよく香り豊かで、しかも喉ごしはすっきり。美味しいお酒です。


私は愛の…


この酒屋さん、久しぶりに訪れたのですが、レジの隣に珍しいお酒が置かれておりました。瓶の中で赤い花が咲いています。どうなっているのかしら?とよくよく見ますと、まるで透明の瓶の中に花が浮かんでいるように見えるガラスの細工が。ワインかと思いお店の方に訊ねましたら、日本酒、満寿泉だとか。フランス製の美しい瓶に詰められた大吟醸。満寿泉の社長さんは、こういったちょっと凝った事をするのがお好きなのだそうです。桝田酒造店のサイトでこの美しいお酒の画像を探したのですが、載っておりませんでした。お見せしたかったのに残念。

酒屋さんを出てから、ふと気が付くと一升瓶を片手に「愛の水中花」を口ずさんでおりました。私は愛の…酒中花。


トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/emimi/20040304

2004-03-03

昨年撮影したもの


雛飾り


今年は飾ってあげられなくて、ごめんなさい。


ひなまつりライブ


ライブにお誘いいただき、渋谷のJZ Bratへ。出演された女性、お三方とも私が以前から大好きで、素晴らしい才能をお持ちだと思っている方達。お陰様で嬉しい、楽しい雛祭り、となりました。


chankochanko 2004/03/04 19:00 ステキな雛飾り!私は持っていないのだけど、最近買ってもらえばよかったと後悔しております。なぜなら幼稚園の頃、親が買ってやると言っているのに「いらないの」と言い放っていたそうな。過去の自分に会えたなら「買ってもらえ」を耳元でつぶやくのになぁ(笑)

emimiemimi 2004/03/04 23:21 chankoさん。ありがとうございます。私もこの雛飾り大好きなんです。ええと、今からでもご両親に頼んでみては?「良く考えたのですが、やっぱり欲しいです!」と。

tairaanntairaann 2004/03/06 01:18 うちも、出しそびれました。グレーテルの入試が終わったら、出そうね、と話していたのに。すっかり忘れて。出し忘れの雛たちには、手ぬぐいを入れてやらねばならないのだとか?雛たちが涙をぬぐうためになんですって。

emimiemimi 2004/03/06 09:16 素敵なお話ね。ではtaira家の雛にも、家の雛にも、手ぬぐいを入れて差し上げる事にいたしましょう。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/emimi/20040303

2004-03-02

黒柳徹子さんも確か彼の大ファンだった


ALEXIS WEISSENBERG


アレクシス・ワイセンベルク。ブルガリア生まれのピアニストです。写真は1976年来日公演の時のパンフレット。プログラムA、B、Cとございまして、私が聴きにまいりましたのは、ソロリサイタルのプログラムC。曲目はバッハのパルティータ第6番、ショパンのソナタ第3番、そしてムソルグスキーの「展覧会の絵」。一緒にまいりましたの友人が、ワイセンベルクの熱烈なファンでしたので、公演が終わったあと、東京文化会館の楽屋口で彼が出てくるのを待って握手とサインを。感激して「もう絶対にこの手は洗えない!」と興奮していた友人。今でも本当に洗っていなかったりしたら恐いですが…。

便乗して握手とサインをしていただき嬉しかったのは覚えているのですが、肝心の演奏についてまったく記憶がないのです。私の心には響いてくる演奏ではなかったのかもしれません。


sumikkosumikko 2004/03/03 10:56 ワイセンベルク、私の大好きなピアニストの一人です。数年前の東京公演の際は体調が思わしくなくて残念ながら途中で切り上げられてしまいました。76年の公演は私の生まれる前。羨ましい限りです。

emimiemimi 2004/03/04 01:21 sumikkoさん、そうですよね。私ったら疲れて眠ってでもいたのでしょうか。脂の乗りきった時期の演奏だったでしょうに、印象に残っていないなんて、もったいない事をいたしました。

call me susiecall me susie 2004/03/09 14:27 ワイセンベルク。いましたね、大ファンが(手を洗わない決意を固めたお友達とは別人だと思うけれど)。よく見ればなかなかgood lookingな人ですが、70年代のまだ若かった彼の演奏を聴きに行った記憶はあっても演奏についての記憶が私もありません(消されたのかしら

emimiemimi 2004/03/09 23:52 もうsusieちゃんったら。一緒に行って、サインと握手して頂いたじゃないの。手を洗わない!と宣言していたのは、彼の○○子さんでしてよ。ね?演奏、まったく覚えていないでしょ。これってなんなのかしら?

call me susiecall me susie 2004/03/12 22:01 あら?それもすっかり忘れてしまってるわ。おかしいなあ、昔からブドウ糖の摂取には積極的だったのに。マイケル・ロールというピアニストは覚えてます?大成しなかったみたいだけれど。でもやっぱり一番深く印象に残っているのは、聴けなかったピアニストですね(クラウディオ・アラウは急病でキャンセルになって、あろうことか代わりに寄席で落語を聞いて帰りました)。

emimiemimi 2004/03/12 23:56 え、では私の記憶違いかしらん。Y子さんと3人でサインをいただいたのは覚えているのよ。マイケル・ロール…ご一緒したのでしたっけ?うぅぅん、思い出せないわぁ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/emimi/20040302

2004-03-01

やはり人魚のお話を思いだします


和蝋燭


朱の和蝋燭。この美しい形は「いかり型」。白、朱、好みで使い分けるのかと思いましたら、朱の蝋燭を使うように指定された仏事があるそうです。仏事用には他にも金の蝋燭、銀の蝋燭もあるのだとか。燭台の上で揺らめく灯り。仏事に使いますには少々、艶めかしいような。


愛用コスメ!!@はてな DIGNITA


  わが恋は色にでにけり・・・

 メーキャップはこうでなければ、

     と思います

あなたの今日の心意気をこめてください。


ディグニータのシリーズを使ったのは始めてなのですが、このキャッチ、気に入りました。シンプルなブラウンの容器。ブラシではなく、コームでつけるタイプのマスカラです。まだ慣れないのでちょっとだまになってしまう事もあるのですが、確かに、朝付けて夜までパンダ目になりません。泣いても大丈夫なのだそうですが、幸か不幸かまだそれを確かめるチャンスはございませんで。


強面


娘のお友達。遊びにまいりました。高校アメフト、東京都大会で決勝まで行ったことがあるという男の子ですので背も高く体格もとても良い子なのです。それが、何を思ったか髪の毛も眉も全て剃ってしまっておりまして。しかもムートンのコートにシルバーのアクセサリーを付け、黒いサングラスという出で立ち。「この格好で電車乗ると、誰も近くに座らないんですよ。一人座るとみんな座るんですけどね。席譲ったりするとめちゃくちゃ驚かれます」ですって。

外見は前回会った時とはずいぶん変わっておりましたが、中味はそのまま。「人とは」「男とは」「女とは」…等々、熱く語るのを聞くのは楽しいこと。弁護士を目指します、という言葉通り、第一希望の法学部に入学も決まり(内部進学なのですが、13希望まで書き込まなくてはいけなかったのだとか)もうレポート提出の為に法律関係の勉強も初めているようでした。

強面にもかかわらず、やはり子供にも大人気。夜遊びに来た三才の姪っ子、最初は物陰から恐そうに彼の事を見ていたのですが、すぐに慣れて、「おんぶして」「かたぐるまして」「めがね(サングラス)してピアノひいて」「かなちゃんの三つ編みを見て」ともう付きっきり。最後は膝に乗りじっと目を見つめて「かなちゃん、もうこどもじゃないの」と言ったのには皆で大笑い。「10年したらね」とあっさりかわされておりました。残念だったわね、かなちゃん。


call me susiecall me susie 2004/03/09 15:18 前途洋々たる若者にたくさんお知り合いがいていいなあ(お嬢ちゃまも

call me susiecall me susie 2004/03/09 15:21 ママ同様もてもてなんですね)。晴れて熱血弁護士さんになった暁には、是非クライアントの末席に加えていただきたいです。

emimiemimi 2004/03/10 00:18 ね、頑張っていただきたいものです!母がね「私が若かったらアタックするわ」と。だから「もう子供じゃないもん。十分大人だもん」って迫ってみては?と勧めておきました。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/emimi/20040301
 | 
Mail

◆検索エンジンからいらしてお探しの文章が見つからない場合は、上部にございます検索窓に文字を入力後「日記」をクリックし、検索をしてみていただけますでしょうか。
◆本のご紹介、引用、リンクなどで問題がある場合にはすぐに削除いたしますので、お手数ですが上記アドレスまでお知らせくださいませ。