clair de lune


2003 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 05 | 06 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 |

Votre âme est un paysage choisi
Que vont charmant masques et bergamasques
Jouant du luth et dansant et quasi
Tristes sous leurs déguisements fantasques.

Tout en chantant sur le mode mineur
L'amour vainqueur et la vie opportune
Ils n'ont pas l'air de croire à leur bonheur
Et leur chanson se mêle au clair de lune,

Au calme clair de lune triste et beau,
Qui fait rêver les oiseaux dans les arbres
Et sangloter d'extase les jets d'eau,
Les grands jets d'eau sveltes parmi les marbres.

Paul Verlaine (Fêtes galantes)



                   ※最近は こちら(facebook)に時々アップしています。

 | 

2005-05-31

bip bip


[]Conversa de Bichos    bip bip   


disse o pequeno marciano verde.

Vocês estão falando de mim?



嘘ガレ


花瓶選びをしておりますときに、一つ母が候補としてあげましたのが、エミール・ガレの作品のレプリカ。レプリカとはいえ、お店によってはまるでガレの作品であるかのように店頭に並べられておりまして、価格も数万円から数百万まで幅広く高価。どうやら、ガレ工房で作られてものを総称して「ガレの作品」としているらしいということがわかってまいりましたが、ガレ工房はフランスのはずなのにルーマニアで作られた品物も多く、謎がいっぱい。

ということで、たくさんのガレの作品を取り扱っている、あるデパートの特選品フロアで売り場の方に質問をしてみました。「こちらに並んでいるガレの作品ですが、これはガレ工房で作られたものなのでしょうか?」それに対する答えは、

「はい、そうです。よく皆さん、これは本物のガレの作品ですか?と訊かれるのですが、ガレ自身が制作をした作品というのはまずございませんで、ほぼ全てが彼の工房、ガレ工房で作られたものになります。ガレ工房には1期から4期までございまして、今はもうガレ工房というものは存在しておりません。ガレが存命だったのは第1期。その1期ですら工房には60人ほどの職人がいて、ある程度量産していたようです。

今、大量に出回っておりますのはガレ工房の作品ではなく、ほとんどがルーマニアなどのガラス工房で作られたもの。そういえば以前外国人の男性10名ほどと通訳の方がどどっと店内に入ってまいりまして、真剣な眼差しで作品に見入っておりました。通訳の方にお話を伺うと、ルーマニアでガレのレプリカを作っている工房の方達で、ガレ工房の作品を見にきたとおっしゃるのです。ですから、どうしてガレのサインまで入れてしまってレプリカばかり作っているのか。立派な技術を持っているのだから、その技術を生かしてオリジナルの作品を制作すればそれは美術工芸品として素晴らしいものができるのではないか、と申し上げましたら、自分達でもそう思っているのだが…(まあ色々と事情もあって)とのお答えでした。」

とのお話。なるほど。少し調べてみましたところ、ガレ工房で働いていた職人がルーマニアでガラス工房を始めたのが最初。現在ルーマニアには20以上のEmile Galleのレプリカを制作する工房があり、そのうち5つほどは政府推奨の工房となっているとか。ルーマニア政府公認の、まがい物工房、という事になりますでしょうか。

レプリカとはいえ、日本橋の三越では10万円以上の価格で、そのほとんどが売約済み。とても人気があるようです。本当に、ガレのサインなど入れず、自信を持って自分の名前、工房の名前で売ることのできる、ガラス作品を制作できる日がくればいいですね。


うさぎ算


日本橋「うさぎや」のどらやき。小さなホットケーキかと見紛うような、黄色みが強く厚みのあるふわふわの皮に、量も甘みも控えめのとろっとした餡。上野の「うさぎや」とはまた風味が違い、こちらのどらやきも大変結構なお味。

注文も上野のうさぎやのように「うさどら三さーん!」「うさどらごーごー!」と威勢のいい注文の通し方ではございませんで、丁寧にのんびりと「では、どらやきが三個、生菓子のうさぎが一個、通り小町(最中)が粒と漉し、一つずつ、で合計…八個ですね。」…ん?と、算数が苦手の小学生のように密かに指を折りつつ慌てて計算。(8個じゃなくて、6個よね。もしや、何か「うさぎや」独自の計算方法でもあるのだったりして)などと思いつつも「ええと、六個では」と申しますと、再び「どらやきが三個、うさぎが一個、通り小町が一個一個で二個…で、六個ですね。はい、少々お待ちください」、とお店の奥へ。粋な包装紙と紐で綺麗に梱包して下さるのですが、こちらもややお時間がかかってのんびり。これはこれでよい風情です。

写真は生菓子のうさぎ。このうさぎは目が無いうえに、とても柔らかく作られておりますので、持ち帰りまして箱から出してみましたら、もうどう見てもうさぎにはみえない哀れな姿に。父がこのうさぎを食べたいと申しますものですから「ちょっと変な形になっちゃって」と言いながら母と二人で粘土細工のように形を作り直しておりましたら「そんなにみんなで弄繰り回したのはいやだな」といって、結局どらやきを。せっかく可愛く、と申しましょうか、ねずみのようなシルエットになってしまったうさぎは、可哀相だと思いつつも胴体引き千切りで母と半分ずつ、美味しくいただきました。


TangoでDango


「まあ楽しいし、こんな世界もあるんだ、ってけっこうびっくりだから、一度行ってみれば?」、との娘の誘いをうけて、自分でも驚きのタンゴ初体験。娘もまだ二回目の参加なのですが、一緒に都内にございますタンゴ教室へ。

生徒は17、8名で男女比はちょうど半々ぐらい。今日、レッスンをいたしましたのは、サリダ・オーチョ・ボレオという基本ステップ。もうもう慣れないことですので脳も体も大混乱ではございましたが、たった3つのステップでも、組み合わせることによってなんとか「タンゴを踊っている」という気分に浸ることができるのです。これは意外なこと。お相手をしてくださった方々には多大なるご迷惑をおかけしたかとは思いますが、楽しい一時でございました。

あなたのリードに島田も揺れる…ではございませんが、タンゴというのは男性のリードが全て。女性は男性のリードに身を委ねればいい。逆に、決して女性が勝手にリードしてはいけない。普段はまず、男性の言いなりにはならないものですから、これがたいへん新鮮でした。ちょっとした手の動き、体の角度から指示を読み取り、その通り次のステップへ。本当に男性がお上手な方ですと、女性は何もしなくても、踊らされてしまうのです。少しだけ(?)気の強過ぎる私にとりましては、性格矯正ダンス、となるやも。

「老後の楽しみのためにも続けたら?」との娘のアドバイスもございますので、また機会がございましたら、参加してみたいと思います。そうそう、毎回休憩時間にお茶とおやつが用意されるそうなのですが、本日のおやつはお団子、でございました。タンゴで…。


トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/emimi/20050531

2005-05-30

grump


[]Conversa de Bichos    grump


disse o hipopótamo.

Daqui parece duas vezes major do que eu,

mas não estou com medo…


roses=

English Roses

 

知人からお庭に咲いたバラをプレゼントしていただきました。待ち合わせのホテルのロビーに足を踏み入れますと、漂うバラの香り。まるで花の香りに誘われた蜂のように、目ではなく香りで知人の席を見つけることができたほど。帰りのタクシーの中も、今、この部屋も甘く芳しいバラの香りに包まれております。なんて美しいバラたち。机の上にははらはらと散る花びら。今夜はお風呂にバラの花びらを浮かべて…。


ハードディスク交換


実家に置いてあったVAIO、あれこれ試してみましたがどうやらハードディスクが壊れてしまったよう。ちょうど家に、以前VAIOで使っていたハードディスクがございますので、だめもとで交換してみてはどうか、ということに。娘が、こういったことに詳しい友人に電話をし「ハードディスクって簡単に誰でも換えられる?(母が)パカッとはずして、パカッとまたはめればいいの?って、言ってるんだけど」と伝えたところ、なんと「まあそうなんだけど…交換してあげるよ」とのこと。ありがとう!持つべきものは、自分のではなくても、友ですね。データは諦めます。またちゃんと動くようになれば嬉しいのですが。


ヒールかかと交換


早速娘が東急ハンズで「靴底修理キット・婦人ヒール用足付トップリフト(というのだそうですよ、ヒールの先の黒い部分を)」を買ってまいりました。まず、「1,底の古いかかとをヤットコ、又はペンチでピンごと取りはずして下さい。」とのことなのですが、これが大変。家にあるペンチが先の細い繊細なタイプですので、古いかかとの金具がびくともせず、抜けません。先ほど、手の節々が軋み、指が太くなったような気がするほど頑張ってようやく片足。でも、古い金具さえ抜けてしまえば、新しいトップリフトを金槌で打ち込むのはとても楽。これは、もう少ししっかりとした工具が必要そうです。

追記:どうも先ほどから脳内の奥深くで流れているこのBGMは何かしら、と探っていたのですがやっとこわかりました。それは『おもちゃのマーチ』、「やっとこやっとこくりだしたー」。やっとこは工具ですが、『おもちゃのマーチ』のやっとこは副詞で「やっと、かろうじて」という意味の副詞。


mijokamijoka 2005/05/30 15:38 きれいなバラねぇ。こんなに見事に咲かせることができるなんて、すごいなぁ。あぁ、うちのバラのことは聞かないで下さい。今年はまったくダメでした。植物って正直ね。

emimiemimi 2005/05/30 17:29 ほんと、見事です。David Austinのバラなのだそうですが、日本の低地に合った育て方を工夫されているとのお話でした。美しいバラを咲かせることと、エコロジー的思考(農薬、肥料等について)との狭間で葛藤していらっしゃるご様子も…。でもやはり、美しいバラは人に幸せを与えてくれますよね。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/emimi/20050530

2005-05-29

quac quac


[]Conversa de Bichos   quac quac


disse o pato.

Tenho pavor de monstros.

O que vamos fazer?


トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/emimi/20050529

2005-05-28

auf auf


[]Conversa de Bichos    auf auf


disse o cachorro valente.

Vou latir bem alto para

que vá embora.


SHINHAKKEN


本日のびっくり。黒鍵のないピアノ新白鍵なるものが存在するそうな。いただいたチラシには、

初めてピアノを始める人が一番怖いもの…それは楽譜に出てくる♯や♭の記号と黒い鍵盤。そんな人たちがもっと気軽にピアノを弾けるように、白鍵だけのピアノができました。そのピアノの名前は「新白鍵(しんはっけん)」

改造応相談、ですか。ということは、普通のピアノを改造してしまうのですね。改造ピアノ。ピアノを始めたばかりの方にとって、黒鍵というのはそんなに怖ろしいものなのでしょうか。白鍵だけですと演奏できる曲が限られてしまうと思いますし、写真を拝見いたしますと、なんですか見てはいけないものを見てしまったようで、白と黒の普通の鍵盤を見慣れたものにとりましては、かかえって怖いような。


しくしく


実家に置いてあるVAIOが壊れてしまったようです。電源を入れましたら轟々と唸りながら真っ暗な画面にエラーメッセージ。  DISK BOOT FAILURE   INSERT SYSTEM DISK AND PRESS ENTER …と。ハードディスクが認識できない、とも。さてさて。

父のPCを借りて今これを書いておりますが、メールのチェックはできませんので、メールを下さった方は明日まで返信をお待ちいただけますでしょうか。


la transparence

la transparence


懸案の花瓶、ようやく決まりました。昨日は渋谷、銀座。本日は日本橋へ。三越本店にちょうど出店しておりました、京都のラ・トランスパランスというショップの品。GLASS STUDIOというギリシャのアトリエで作られた、バジリスさんというガラス作家の方の作品だそうです。予算オーバーだったのですが、母がたいへん気に入り、自分でプラスをいたしましても、という事で決定。ほっといたしました。フラワーベースとしても、ワインクーラーとしても使えるとのこと。来週届くのが楽しみです。

nabesonabeso 2005/05/28 10:47 白と黒のコントラストが美しいのに、新白鍵はのっぺりとしてちょっと怖いですね

marubomarubo 2005/05/28 11:06 「それはひょっとして、こんな顔じゃあ、なかったのかえ〜?」ドド〜ン♪、な感じですね。

emimiemimi 2005/05/28 23:58 nabesoさん、maruboさん。怖いもの見たさ、怖いもの弾きたさ、で一度触ってみたいような気もいたします。どこがドなのか、も音を出してみないことには判らないような。

yukodokidokiyukodokidoki 2005/05/30 20:01 すてきな花瓶ですねえ。そのショップさん次回京都に行く時に是非とも覗いてみたいです。

emimiemimi 2005/05/30 21:05 ショップの店員さんによりますと、洋風ではあるのですが、京都の料亭や会席料理屋さんなどでも、多く使われているのだとか。お皿などもお洒落なものがいっぱい。銀座にもお店があるそうなのですが、きっと京都は本店ですので品数が豊富かと。行かれたらぜひ、お話聞かせてくださいませ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/emimi/20050528

2005-05-27

piu piu


[]Conversa de Bichos   piu piu


disse o passarinho.

Eu também vi de lá da árvore.

É UM MONSTRO!


ピンヒールの踵


ハイヒール、ピンヒールを愛用されている女性でしたら経験がおありかと思いますが、細いヒールの先というのは意外と早くに傷んでしまうもの。それはそうですよね。前後に均等にかかるわけではないにせよ、体の重みのほぼ半分をあの小さな二つの点で支えるわけですから。

今日、渋谷の東急ハンズへまいりましたら、靴のお手入れ用品や修理用品のコーナーに靴の踵の部品がたくさん売られておりまして、細いヒール用の踵の部品も10種類ほど。ちょうど通りかかった係の方に「ピンヒールのかかとの修理というのは誰でも簡単にできるものなのですか?」と訊ねてみましたところ「はい。こんなことを言ったら靴の修理屋さんには怒られてしまいそうですが、出来るんですよ。この踵というのは、わざと取れるように付けられているんです。結局すぐに傷んでしまうので、簡単に取り替えられるようにボンドでしっかり貼り付けたりはしないんです。黒い部品を外していただきますとたいてい穴があいてまして、そこに新しい部品を打ち込めるようになっているんです。ペンチなどでこうくるくると少し回すようにしながら外していただいて、そこに新しい部品を打ち込んでいただければ簡単に直すことができます。この値段は一足分なんですよ。お得ですよ。普通に修理を頼んだら1500円ぐらいとられますからね。」とのこと。いいことを聞いちゃいました!この部品、180円から400円ぐらいのものなのです。穴の大きさが合うかどうかなどチェックしていただかなくてはいけませんので、次回は是非、踵の傷んだパンプス、ミュール持参で。

ハイヒールを履いて階段から転げ落ちないためにも、ご希望の殿方を鋭く踏んでさし上げるためにも、(つい、こういったしょうもない事を書きたくなってしまうんですよね。この日記は娘も読んでおりますのに。ほほほ。)踵のお手入れはきちんとしておきませんと。


Al Maha Desert Resort & Spa   /  Burj Al Arab 


憧れのドバイの、憧れのホテル。

砂漠の中のオアシス、アルマハ。( http://www.al-maha.com/ )

通称アラビアンタワー、7つ星ホテルともいわれる、バージュ・アル・ホテル。( http://www.burj-al-arab.com/ )

ドバイの5つ星ホテルはどこも、一般庶民がふらふらすると場違いに感じられるほど豪華とのこと。この憧れのホテル二軒も、どちらもたいへんお高いホテルですのでおそらく憧れだけで一生足を踏み入れることなく終わりそうではあるのですが、ドバイに立ち寄ることができましたら、せめてお食事をするだけでも…訪れることができれば、と願っているのです。

ご興味がございましたら、Burj AL Arab→STAYING WITH US→ROYAL SUITE →VIEW PHOTOと進んでみてくださいませ。確かに、とても落ち着いて過ごすことはできないであろう空間、ではあります。


トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/emimi/20050527

2005-05-26

miau


[]conversa de bichos   miau


disse o gato xereta.

Acho que vi ALGO enorme

em cima do telhado.


選定疲れ


もう二月ほど前のことになるでしょうか。母の元に金沢の知人より贈り物として大きな花瓶が届きました。美しいブルーの硝子の花瓶。でも、残念なことにその花瓶は無残にも割れてしまっておりました。運送会社が責任をとる、ということになりましたので係の方に「同じものを探し送ってくだされば結構ですよ」とお願いしてあったのですが、先日「なかなか同じものが見つかりません。同等品の購入は5万円ほど、と判断させていただきましたので、花瓶を購入していただきたい」という連絡が。

母がデパートを2軒ほど見たそうなのですが、どうも気に入ったものが見つからないと。では、ネットで少し探してみましょう、と昨日よりひたすら「花瓶」「ベース」の検索。ムラノグラス、ザクセンクリスタル、バカラ、ラリック、ガレから沖縄、北海道の硝子まで。もうドライ愛、おお、良い変換ですね、いえ、ドライアイになりそうなほど、目を閉じると無数の花瓶が目に浮かぶほど、何百という花瓶の画像を見ました見ました。予算が決まっていての趣味の物の購入、しかもどうしても必要という訳でもない品物の買い物というのは案外難しいもの。それにやはり、この目で実際に確かめませんとね。明日か明後日にでも、私もデパートを何軒か回ってみることにいたしましょう。


Emirates


今までに海外は10カ国ほど訪れたことがあるのですが、ほとんどがツアー参加、もしくは手配旅行でもお任せばかり。自分で航空券を買って、ホテルを押さえて、という旅行はした事がございません。

担当のピアニストの住まいがございますのは東京とミラノ。ミラノへは一度は訪れてみたいとずっと思っておりまして、この秋にでも、と検討中。お安い乗り継ぎ便を検索しておりましたら、憧れのドバイ経由、エミレーツ航空でもミラノへ行けるとのこと。これが驚いたことに、同じ出発日、同じ条件でも、日々価格が変わるのですね。9月出発でも8万円代からございましたのに、次の日にはどの旅行会社も一気に12万円台へ。やはり、どんどん出発日が近づくにつれて高くなっていくものなのでしょうか。だといたしましたら、早めに日程を決めて予約をいたしませんとね。


トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/emimi/20050526

2005-05-25

conversa de bichos


[]Conversa de Bichos    Jan Pieńkowski


ポップアップ絵本のご紹介。ヤン・ピエンコフスキ作。ポーランドはワルシャワ生まれのピエンコフスキさんの本なのですが、こちらはポルトガル語。Amikaiのデモ翻訳で「ポルトガル語→英語→日本語」としてみたのですが、やはり不自然な訳になってしまいまして。おそらくタイトルは「虫達の会話」?→「やかましいものたちのおはなし」といったところではないかと…。

いんちき翻訳よりは、ということでそのままポルトガル語でのご紹介を。


Croque Monsieur , Croque Madame et Croque mademoiselle ?


本日の朝食はクロックムッシュ。オーバカナルのそれは、2枚のトースト用パンの間にとけるチーズとハム、そして上にホワイトソースをのせてこんがりと焼いたもの。窓の開け放たれた店内で、カフェオレと共に。幸せな美味しさでございました。メニューには、さらに目玉焼きを添えたクロック・マダムも。ムッシュもマダムもあるのでしたら、もしやクロック・マドモアゼルも?と先ほど検索してみたのですが、こちらは、チーズ・ハムに更にトマトを加えたもの、ケチャップを添えたもの、から、お菓子のように甘いものまで、それこそ色々なレシピが。

クロックムッシュのクロックはフランス語のカリッ、サクッとかじるという意味Croquer、ムッシュはMr.の意味のMonsieurを合わせたものとのこと。今朝のクロックムッシュは、サクッとかじらずナイフとフォークで静かに食べてしまいましたので、いただいたのはただのムッシュ?


トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/emimi/20050525

2005-05-23

薫玉堂


京都 薫玉堂


昨日、実家に戻りましたら、なにやら室内にほのかに漂う雅な香り。くんくんしておりましたら母が「あ、匂いがする?着物の箱に防虫香を入れたから」と。京都の薫玉堂からお取り寄せしたという、「虫よけ香」。衣類・古書・掛け軸やお人形の虫除け用に調香されたお香、とのこと。匂い袋など、あまり強い香りは苦手なのですが、この香りでしたら着物に焚きしめられていてもよろしいやも。


マニ&ペディ


「足のマニキュアが剥がれちゃって。」これは間違った言い方なのですね。最近では『ネイル』と呼ばれることが多くなりましたが、『マニキュア』のマニはラテン語の手、キュアは保護する、手入れをする、そしてペディは足。ということで、最初の文章は「ペディキュアが剥がれちゃった」が正解。ただ、ネイルを塗るのは手、足ではなくて手足の爪、ですから、重箱の隅をつつくような事を申しましたらこれも間違い。ヘアマニキュアなどはもう、「髪手保護」、いったい何をするものぞ、になってしまうわけです。少し調べてみましたら、化粧品各メーカー、『ネイルカラー』が主流のよう。


燃え上がるデート


長く生きてまいりますと色々なことがあるものです。もうずいぶん前のお話になるのですが、場所は、一般的に名曲喫茶と呼ばれます、店内に流れるクラシック音楽を聴きながら静かに時を過ごす、そういったお店での出来事。時折小声で語らいながら珈琲をいただいていたのですが、彼が何本目かの煙草にライターで火を付けたその瞬間、前髪が少し長かったのでしょうかしらね、髪にライターの火が燃え移ってしまったのです。若草山の山焼きのように、頭部を舐めるように燃え広がっていく火。あまりの事に声も出せずにその火を見つめる私の驚愕の視線に、ようやく異変に気づいた彼は、慌てて手で頭を叩いて消火。火傷をすることもなく、意外なことに熱さを感じることもなかったよう。店内に漂う、ウールの焼ける臭い。店長さんにお詫びを申し上げて、お店をあとにいたしました。その後すぐに床屋さんに行ってカットし直してもらっておりましたが、こういった場合、髪というのは表面だけがめらめらと燃えていくもので、とんでもないヘアスタイルにはならずに済んでおりました。

今までで一番燃えた、デートのお話。


momotamomota 2005/05/25 03:28 emimiさん、そんなに燃えたお話は初めて聞きました!!笑
髪が燃えるといえば私の友達は先日、コンサート会場で後ろにいた人が手に持っていたタバコの火で、髪の毛を焼かれていました!!(故意じゃないです,もちろん)彼女の焼けてしまった髪の毛のあたりを触りながら、「うわ〜本当にチリチリになるんだぁ」なんて感動してしまったものです。

emimiemimi 2005/05/25 18:36 momotaちゃん。知人からも「ボーリング場で一緒にいたロング・ソバージュの女性が、友人のライターの火で燃えた」という目撃談が寄せられました。やはり表面が焼けただけで、大事には至らなかったとか。意外と「燃え」経験者というのは多いのかもしれません。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/emimi/20050523

2005-05-22

emimi2005-05-22


Tokyo Mid-town Project 3


定点観測。工事が進むにつれ、どんどん高く上がっていってしまう、ビルの上の工事用クレーン。最後はいったいどうするのか、建設会社にお勤めの方に伺ってみたことがございます。まず、屋上に残っている一番大きなクレーンで持ち上げた、少し小ぶりのクレーンで、この大きなクレーンを下ろす。さらに少し小ぶりのクレーンでまたこのクレーンを下ろす、を繰り返すのだとか。でも、そうすると最後にどうしても小さなクレーンが一つ残ってしまいますよね。そのクレーンはいったいどうするのかは訊きそびれてしまいました。実は、全てのビルの屋上の片隅には小型クレーンがひっそりと置かれている、のだったりして。


チョコドーナツも美味でした

神楽坂 BÄCKER


ドイツパン ベッカー。昨日、神楽坂を歩いておりまして、たまたま通りかかったパン屋さん。写真にも写っております、渦巻き型のシナモン。これは、素晴らしく美味しいです。焼き過ぎに近いぐらいにこんがりと焼かれた生地と、その間に巻き込まれたクリームとシナモン。焼きたてをすぐに一個と、今朝、また一個食べたのですが、それぞれに味わいが変わってまたどちらも美味。(見ようによってはシュールな)パン時計の描かれた袋にはドイツ語で「朝に昼に夜に」と。確かに、朝も昼も夜も、食べたいおいしさです。また大好きなパン屋さんが一軒増えました。嬉しい。


正露丸


実家に戻りまして、夕食後、正露丸があるかどうかを訊ねますと、「ない。なんだ、どうした、腹でもいたいのか?」と父。「いえ、そうではないのですが…」と説明。お試しはまたの機会に。


PiccoliPiccoli 2005/05/22 21:20 屋上の片隅に置かれた小さなクレーンが、夜になると隣のビルのクレーンとおしゃべりしてたりしたら面白いけど、隣りにビルがないクレーンがかわいそうなので、だんだん小さくしていったら、最後に残ったクレーンは分解してエレベーターで降ろしてしまうみたいです。

emimiemimi 2005/05/22 21:50 おお、なるほど。では、もしや写真のような巨大なクレーンも分解して降ろすのでしょうか。今までこのままの姿で吊り下げるのだとばかり。考えてみましたら、このような大きなクレーンをそのまま降ろしている時に突風でも吹きましたら、せっかく完成したビルを壊してしまいそうですものね。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/emimi/20050522

2005-05-21

ポール&ジョー


肝試しファンデーション


渋谷駅で手渡されました、PAUL & JOE のファンデーションのサンプル。UV効果もあるとのことですので試してみることに。ちょっと私の肌には色が濃過ぎるかしら、と思いながらも付けてみますと、ええっ、ファンデを塗った部分が緑がかったどす黒い肌色に。もしや気のせい、とどんどん顔に塗り広げますと、平素よりさほど健康的とはいえない顔色が驚くべき色合いに。鏡の中の自分の顔を見つめながら思い浮かびましたのは、映画「マスク」と、マイケル・ジャクソン「スリラー」のビデオ。まあ、「マスク」のメイクほどグリーンではございませんが、そう、この肌色はゾンビ色。ポール&ジョー、どういった狙いで、この色をサンプルで配布する色として選択したのでしょうか。不思議。でも、このファンデがあれば、この夏は肝試しに参加できそうです、恐がらせる側で。


口腔内発電


歯医者さん通い。2本目の歯の治療に入る時点で、見た目は飯島愛さん、可愛くてお若くて、仕事が手早く丁寧で、性格はさばさばとした女性の先生に担当が変わったのですが、その2本目の歯の治療も今週ですべて終了。

今、保険で治療を受けますと、金属の詰め物は金銀パラジウムという合金を使うのが主流。(脳内BGMは、金銀パラジウム、プレゼント♪)少し前まではアマルガムが主流で、このアマルガムは銀、すず、亜鉛、水銀の合金。この水銀が体に害があるであろうと考えられ、現在ではほとんど使用されなくなっているとか。という事で、今私の口の中には以前治療いたしました歯のアマルガムと、今回治療分の金銀パラジウム、二種類の合金が混在。これが、歯医者さんによりますと、口の中で電気が発生してしまってあまり良くないのだそうです。

これも微弱電流の一種、と考えてよいのでしょうか。なんでもエステの世界では、微弱電流は「衰えた細胞分裂活動を活発化させ、お肌の新陳代謝を促進する」のだそうな。そう考えますと、口の中で電気が発生しているのは、美容のためにはかえってよい影響があるような気がしなくもないのですが。と書きながら、そんなことは決してないであろうという心の囁きも…。


トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/emimi/20050521

2005-05-20

PECK


PECK Prosciutto


秘書を務めておりますピアニストが久々にミラノより帰国いたしまして、昨日は簡単な事務処理と打ち合わせを。写真はお土産にいただきました、PECKの生ハム!(ハモンに続いて、プロシュート?!今月は幸せなことに生ハム月間だったようです。)ミラノのペックでカットしたてをすぐに真空パックにしたものだとか。さすがイタリア、パッキングもおしゃれです。薄紙のようなものに挟み真空パックにされた生ハムは、まずPECKのロゴとマーク入りのシルバーの包装紙で包まれ、さらに写真のクリーム色の包装紙で包まれ、ワイン色のリボンを。今夜いただくのが楽しみ。イタリアの生ハムに合わせるお酒はなにがいいのでしょう。また、やまやへ走らなくては。


三茶の大蛙


昨夜、世田谷郵便局脇の、薄暗い、路地のように細長い公園を歩いておりましたら少し先の歩道の一部になにやら影が。その影、右から左へゆっくり動いております。蟹?まさか都心で。と近くまでまいりますと、おお、カエル!体長20センチほどもある、大きなてらてらと黒っぽく光るカエルがのそりのそりと歩いて移動中。

これは写真に撮って日記で紹介せねば、ちょうど持っておりましたデジカメを取り出しスイッチを入れ、たところ無情にも画面には「カードが入っていません」の文字が。ああ、朝、メープルスプレッドの画像を取り込んだ時にPCにSDカードを挿したまま、カメラに戻すのを忘れておりました。携帯で撮影しようかとも思ったのですが、ちょうど人が通りかかってしまいまして、夜の公園で、この年齢で、ライトをつけてカエルを撮影、というのもちょっと危ない人のようかも、(世田谷警察署の裏手でもございますし)と断念。残念。見ていただきたかったです、立派な蛙。それにいたしましてもあのカエル、どこからどこへ向かっていたのでしょう。もしや、飼われていたお家から脱走、それとも、あまりの大きさに手に負えなくなっての捨て子、だったのでしょうか。


LEGO Harpsichord


レゴで作られたハープシコード。実際に演奏ができる、というのが驚きです。ご興味がおありでしたら、力の抜けるようなmp3の音源を是非お聴きください。何度繰り返し聴きましても飽きない、思わず口元がほころぶ素敵さ。日本に運んでいただいて、コンサートをマネジメントしたいぐらいです。あら、一枚目の画像、右奥に写っている暖簾に「昔」と書かれているような。


生ハムにスプマンテ

倶楽部:今宵、銀河を杯にして Asti Spumante TOSO


イタリアの生ハムにはグラッパかスプマンテ。今宵は、きりっきりに冷やしたスプマンテと合わせていただくことに。アスティ・スプマンテ・トーゾ。ピエモンテ州トーゾ社の白・発泡ワイン。モスカート使用、DOCG 。モスカートとはイタリア語でマスカット、DOCG(統制保証原産地呼称)とは、国内外でその名を知られ、「品質面でとくに優れた」ワインに与えられる表示、だそうな。そんな立派な表示付きのワインが一本税込み1,050円とは、やはり『やまや』は庶民の味方。

ワインのコルクを自分で抜きつつ、いつも思うこと。特に発泡ワインやシャンパンを開けるのは、やはり男性のお役目。恐々と少しずつコルクを押し上げながら、ああ、こういう時にはやはり家の中に男手が必要だわ、と感じるのです。そういえば先日母に、「離婚が成立したら、その後は再婚、離婚を繰り返して、エリザベス・テーラーのように華々しく後半生を生きていこうかしら」と申しましたら、「それはどう考えても無理ね。あれは、彼女のように美貌と経済力があればこそ、であって…」と返されてしまいました。確かに。母親というは娘の「器量」を冷静に見極めているものです。

さて、ペックの生ハム。上品でたいへん美味しゅうございました。秘書にまでお心遣いいただき、本当に有難いことです。おご馳走さまでした!


aquioaquio 2005/05/21 17:24 テーラーよりもすごいのが、映画女優であった「ザザ・ガボール」。彼女は九回もの結婚と離婚を繰り返したのではなかったでしょうか・・・。確か、二度目か三度目の亭主がホテル王のヒルトンだったはず。離婚する度に、彼女の資産は増えていったのは有名な話ですね。

emimiemimi 2005/05/22 01:52 aquioさん。肖りたいものでございます。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/emimi/20050520

2005-05-19

CITADELL


CITADELLE MAPLE SPREAD


先日、明治屋六本木ストアーにまいりましたら、カナダフェアを小ぢんまりと開催中。大好きなシタデルの商品も数種類並べられておりまして、あれこれ迷ったのですが結局買ってまいりましたのがこちらのメープルスプレッド。

メープルシロップをかき混ぜながら更に煮詰めると粘度が高くなりメープルバターならぬメープルスプレッドが出来上がります。トーストにつけて、程よくパン上に伸ばすと美味しいメープルトーストが召し上がれます。また、更に熱して水分と飛ばし、攪拌することでメープルシュガーが出来上がります。カラメル風味が豊富で、製菓材料として非常によく使用されています。

とのこと。かりっ焼いたフランスパンにたいへんよく合います。舌が喜ぶとろみと甘み。思わず舌も飛び出す美味しさ、だから舌出る(嘘です)。お薦めいたします。


彼女を満たすもの


さて、その折、明治屋の魚売り場での出来事。 「○○さーん、たまには自分でも食べてくださいよー」 と言いながらお魚売り場の方が、煮魚用の白身魚のパックを1、2、3…9パック!袋に詰めているところ。注文主は50代と思しきマダム。ご家族が多いのかしら、それとも来客用?などと思いながらも高級スーパー明治屋での、この豪快な買いっぷりに感心しておりますと 「もっと早くからこうしてあげていればよかったわぁ。これをフードプロセッサーにかけてキャットフードに混ぜてあげると本当に喜んでよく食べるのよぉ」。え、もしや猫用?明治屋のお魚を猫ちゃんに?贅沢ぅぅぅ。続けてマダム 「私は食べないけど、主人にも食べさせないの。主人はてきとうにあるもの食べさせておけばいいの、おほほほほ」。

と、この話を会社のスタッフの男性に 「なんだかご主人が気の毒よね」 と話したところ「いや、それは彼女の心を満たしているのが猫だからですよ。夫が彼女の心を満たすことができればその魚は彼が食べることができるんです」と。なるほど!「彼女の心を満たす者のみが、自身の胃袋を満たすことができる」。


倶楽部:今宵、銀河を杯にして  正露丸ウイスキー


ウイスキーに正露丸を入れたら、ラフロイグの味がするでしょうか。ずいぶん前にid:nabesoさんがコメントに書いて下さって、ああ、確かに似た香りだわ、とは思ったのですが、その時には普通のウイスキーに正露丸を入れて飲んでみようとは思いませんで。今週末実家に戻りましたら、試してみることに。父が正露丸を持っているといいのですが。結果はまたご報告を。美味しければ、なんと申しましてもラッパのマークの正露丸入り、胃腸にもやさしいでしょうし、アイラモルト好きには朗報、となるかと。


nabesonabeso 2005/05/19 22:40 あはは。そういえば一時期品薄だったラガブーリンも流通するようになっているようで、飲んべえには幸せなことです

PiccoliPiccoli 2005/05/19 23:37 ちょうどラフロイグ10yがあるので正露丸のことを思いながら飲んでみることにします。逆にお腹が痛いときにラフロイグを飲むとピタリと…なんてことはないですね。

emimiemimi 2005/05/20 10:28 nabesoさん。正露丸の量を調整することによって、ラフロイグであろうがラガブーリンであろうが思いのまま、だったりいたしましたら、今後何が品薄になっても心配なし、ですよね。
Piccoliさん。治験、お願いしたいです。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/emimi/20050519

2005-05-18

道草


「道草」


娘が古本屋で買ってくる、50円、100円の古本。自分では絶対に選ばないであろう本であることが多いので、それを譲り受けて読むのもまた、なかなか楽しいもの。現在読んでおりますのが、夏目漱石の「道草」。娘は「読み始めるとすぐにものすごく眠くなる」と途中で挫折したようですが、どうしてどうして。これがたいへん味わい深くて面白いのです。この年になればこそわかることなのでしょうが、学生、若人が「道草」なんぞ読みましても、興味深く読めようはずがございません。これは色々あった大人が読んでこそ、の滋味。毎日少しずつ、丁寧にかみしめるように読み進めております。

さて、昨夜のこと、いつも興味深く拝見しております、Hugo Strikes Back!で、たまたま森茉莉さんが書かれた漱石の作品についてのお話(http://hugo-sb.way-nifty.com/hugo_sb/2005/05/post_b15b.html)が紹介されておりまして。ん?なんですか題名と内容が一致していないような。文学には疎いのですが、今まさに読んでおります本なものですから、「それから」の一部分として紹介されているのは「道草」の冒頭では?という事で、追記してくださいました部分の(余計な)お世話焼きメールを送りましたのは私でございまして。滋味もございますが、地味といえば地味な内容の小説ですし、おそらく森茉莉さんもあれこれごちゃごちゃになってしまわれたのでしょうね。


風が吹けば焼却炉が壊れるかも


強い風が吹く度に受信不能になり、アンテナの位置を直さなくてはいけないスカイパーフェクTVにさよならをいたしまして、実家では先週よりケーブルテレビに。スカパー用のチューナー・アンテナは必要な方へお譲りすることになり、必要がなくなった同軸ケーブルは処分することに。母に「これ、もう使わないでしょう。不燃ごみの日に出しておいてね」と伝えますと、「あら、それは燃えるでしょう」と。「金属が使われているので可燃ゴミではないと思うわよ」とは答えたのですが、では素材は何かと問われれば、答えることができなかったものですから、調べてみました。

[ 同軸(どうじく)ケーブル (Coaxial Cable) とは、電気信号を伝送する電線の一種で、銅線を中心に樹脂素材でできた非導体で包まれ、さらに金属製の網状シールドで覆い、表面をポリ塩化ビニールなどの絶縁体でできたジャケットで巻いたケーブル。その形状がちょうど、軸を同じくした円筒を入れ子にしたように見え、内部導体と外部導体の軸が一致、すなわち平均の位置が同じになるため、こう呼ばれている ]、ということのようです。[ ノイズに強いため、長距離の配線に用いられることが多い ]、とも書かれていたのですが、同軸だとなぜノイズに強いのか…など、どうやらこのあたりで脳が拒絶反応を示し始めましたので、お勉強はここでおしまい。

という事で、「芯は金属ですって。やっぱり燃えないゴミの日にね。」と母に確認。ケーブルについてまったく興味も知識もなければ、同軸ケーブルも太くて立派なビニール紐、に見えなくもありませんものね。


aliceprinaliceprin 2005/05/19 08:43 うわ〜ん、同軸ケーブル。シスアドの定番問題ですぅ。軽く脳が拒否しました。

emimiemimi 2005/05/19 09:29 今、シスアドの出題内容の“タイトル”を見ただけで脳の周りに情報を遮る硝子のバリアが張るのが感じられました。尊敬。同軸ケーブルについて間違えた記述があったら教えてくださいませ。そうそう、シスアドとはシステムアドバイザーかと思っておりましたですよ。

motosmotos 2005/05/19 13:05 >さらに金属製の網状シールドで覆い
これがノイズに強い原因です。網目状に組まれた金属の板は電磁波を遮断するので、これで周りを覆われた信号線は外的なノイズから守られているわけです。
このシールド効果をうまく利用したのが電子レンジ。強力な電磁波を発振する電子レンジの中を覗き込んでも人体になんら影響が無いのは、ドアに網目状の金属板が張ってあるからなんですね。

emimiemimi 2005/05/19 13:32 motosさん、解りやすい説明をありがとうございます。存じ上げませんでした。あの網目状の金属板は、庫内でどのような食品が破裂しても、ドアのガラスが割れないようにするためのものだとばかり。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/emimi/20050518

2005-05-16


真逆(まぎゃく)


先日、娘が使い「そんな言葉はないでしょ。それを言うなら正反対。」と注意したばかりでしたのに、一昨日でしたか、六本木の駅で若人が携帯で「まじ?真逆?」と話しているのを聞いてびっくり。もしや…とgoo辞書で調べてみましたら、ございました。「真逆」。新語だそうです、まぎゃく。

どうか、「真逆様」を「まぎゃくさま」と読むのも可、などということにはなりませんように。


ウォシュレット・ロシアンルーレット


失礼してお尻の話題を。先々週あたりから、実家のウォシュレットの調子がよくありません。最初に異変に気付いたのは私。いつものように使用を終えたその瞬間、シャーッと冷水がお尻を直撃。きゃあぁぁ、なに?!とあまりの冷たさに慌てて腰を上げたのですが、温水直後の冷水、刺激が強過ぎです。どうやら、洗浄用に本来ノズルに向けられるべき冷水が、全て私のお尻に向けて噴射された様子。「ねえねえ、ウォシュレットの調子悪くない?」とその話を皆にしたところ「一度もそんなことになったことはない」と。あらあ、私だけ?その後、恐る恐る使用を続けましたが、確かに、ちゃんと作動。たまたまだったのね、と油断した頃、再びシャーーッ!経験者は慌てずひたすら冷たさに耐えます。で、また家族に「ねえねえ、絶対おかしいと思うわ、ウォシュレット」と話しても、皆「そう?」と。

それが先週末の話。そして、今週末戻りましたところ母が「やっぱり変ねウォシュレット」。父も母も、お尻に冷水シャワーを浴びたよう。でしょでしょ?と思いながらも、またまた恐る恐る使ってみたところ今日で2日目になりますが、今のところ一度も問題なし。壊れかけの電化製品というのは、修理に来てもらった時に限って完璧に作動してみせたりするではありませんか。ですので、もう少し頻繁に症状が出るようになるまで修理を頼むのは待つことに。

でもね、もの凄く緊張するのですよ、全てが無事に終わるまで。


call me susiecall me susie 2006/10/07 19:03 違和感を感じる日本語、増えてきましたね。それだけ年をとったということかもしれません。特に敬語の使い方には、えっと思わされることもしばしばです(自分の方が間違っていることだって無きにしも非ずではあるが)。前々から気になっていたのは、例えば、「と申しますと?」と問い返すこと。相手の言ったことに返すのなら、「と仰いますと?」ではなかろうか、と思うのですが、ええ、あなたがそう仰るのなら、正しいのかそれでーっ?というような方までがお使いになることもあり・・・。困る。

emimiemimi 2006/10/07 20:57 今、頻繁に連絡が入るホールの担当者が、「本当ですか?」連発君で、気になって気になって。「生憎、○○は席を外しておりまして。」、「本当ですか?」、「はい、10分ほどで戻る予定なのですが」、「あ、本当ですか?」…。困る。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/emimi/20050516

2005-05-15


誘引突起


仕事柄ホールを訪れる機会は多いのですが、やはり観客として訪れます時には改まった気分になるもの。先日、サントリーホールへコンサートを聴きにまいりました折のこと。少しお粧しをし、ちょっと気取ってチケットを切ってもらい、指定の席を確認し、ゆったりとした足取りで化粧室へ。ふと鏡を見ると、うわ…チョウチンアンコウ?何かの拍子で立ってしまったようで、頭の上にぴーんと一本毛の束が。誘引突起、というのだそうですね。いつからチョウチンアンコウ状態で気取って歩いていたのでしょう。無意識のうちに、何かを誘引しようとしていたのだったりして。


トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/emimi/20050515

2005-05-14

和ラカルト


行ってまいりました


ハーゲンダッツ プレミアムラウンジ、行ってまいりました。夜は1時間待ちになることもあるというこちらのイベント。オープンと同時に入店いたしましたので、待つことなく窓際の広々とした席に案内。いただきましたのは、娘が写真の「和 la carte 」私は「 Roman Dream」。たいへん、美味しゅうございました。いただいた2種類のメニュー、それぞれに味に統一感が感じられ、見た目重視の奇を衒ったものではなく考え抜かれた組み合わせ、という印象。サービス係さんが、きちんとメニューの説明、溶けやすいので早く食べたほうがよい部分まで説明して下さり大変親切。美味しい、気持ちのよい、一時を過ごすことができました。

昼はアジアの音楽、夜はDJが入り、ボサノバからトランスまで、様々な音楽が流れるという店内も、ちょうど私が訪れた時間帯はクラシック。ブラームスチャイコフスキーなどのピアノ曲が、BGMと呼ぶにはやや大きなボリュームで流れる中で、皆静かに黙々とアイスクリームを食べる。そう、客層は10代から60代ぐらいまで、と幅広かったのですが、何故かみなさんとっても静か。そうさせる雰囲気が店内にあるのか、私が訪れた時間帯がたまたまだったのか、それとも、アイスクリームを食すとき人は静かになるのか…。

一番の大盛り、カップを持ち帰れば1万円の「Take me away」の注文もかなり多いようでしたが、ほとんどはカップルでの注文。でも中には、一人で訪れこのメニューを注文し、目の前に置かれたそのアイスの山のボリュームに途方にくれる初老の男性の姿も。暫し放心の後、果敢にアイスを口に運び始めておりましたが、果たしてお一人で、全てを食べきることはできたのでしょうか…。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/emimi/20050514

2005-05-13

オーバカナルのバゲット


バゲットの正しい切り方


オーバカナルでバゲットを買いましたら、店員さんが、

店:「よろしければ半分にお切りしましょうか?お持ち帰りしやすいように」

私:「あ、切っていただけるのですか?でしたら、もっと、そう、10センチぐらいに切ってしまっていただけますか」

店:「はい。斜めではなく普通に輪切りにしてしまってよろしいでしょうか?」

私:「はい、お願いします」

という事で持ち帰りましたのが写真のこの姿。焼きたてのバゲットを家で切ると、ぱりぱりの皮が部屋の中の思わぬところにまで飛び散り、気付かず踏んでしまうと「すわ、忍者のまきびしか?」と驚いたりすることも。このようにお店でカットしていただくと、そのような心配もなく、とても便利でたすかります。

さて、ここで一つ疑問が。バゲットというのはどのように切るのが一番よいのでしょうか。子どもの頃、まだバゲットなどと呼ばず、ただフランスパンと呼んでいた頃は斜めにカットするのが絶対のお約束だと思っておりました。その後色々な切り方を目にし、今では買ってかえりますとたいてい、7、8センチの輪切りにして食べきれないぶんはそのまま冷凍庫へ。

でも昨日、フランスを旅行された方の日記に、「フランスではバゲットをまず20センチぐらいの長さにカットし、それを上下半々に切って食べるのが主流のようです」と書かれておりまして、ちょっとびっくり。で、バゲット切り方をあれこれ検索をしてみましたところ、なかには「そのままの長さで縦に細長く二等分、中の柔らかい部分は取り出してしまい、皮だけを食べるのが本来の姿」などと書かれてあるページまでございまして、さらにびっくり。私はフランスといえば、乗り継ぎで立ち寄ったシャルル・ド・ゴール空港しか存じ上げません。フランスを訪れたことがおありの方。彼の地では、バゲットはどのようにカットされておりましたでしょうか。


13日の金曜日ですね?


先日、巨牛荘で食事をしておりましたら、予約の電話が入ったようで、中国人の店員さんが一所懸命対応を。先方は携帯電話のようで、なかなか双方聞き取りにくい様子。「はい、きょーぎゅうそうです。ごーよやくですね。おひにーちは?はい?来週の金曜日、金曜日は…13日、13日の金曜日ですね?13日の金曜日。13日の金曜日、もしもし?もしもし!おー客さま、13日の金曜日で。13日の金曜日ですね。何名様で?3名様ですね。お時間は?しーちーじ。13日の金曜日の7時。ありがとうございます。では、来週、13日の金曜日、13日の金曜日、もしもし?もしもし!あ、はい、13日の金曜日、13日の金曜日に3名様、お待ちしております。ありがとうございました。」と。

何もそこまで13日の金曜日を連呼せずとも、と思ったのですが、おそらく中国人の彼女にとって、13日の金曜日というのは特に気にするような日ではないのでしょうね。(どちらかというと日本人が13日の金曜日を少し気にするのがおかしな話しなのでしょうが。)ちなみに「中国でも5月の第二日曜日は母の日。韓国ではこの日に特別なことをする習慣はありません」との巨牛荘マダムのお話でした。


ハーゲンダッツ プレミアムラウンジ


http://www.haagen-dazs.co.jp/contents/other/lounge/top.html

魅惑のイベント。草津旅行で4キロ(!)増えた体重を元に戻すべく、ちょっぴりダイエット中。実家に戻らないと体重のチェックができないので、このイベントに行こうか行くまいか迷っていたのですが、いよいよ会期は明後日まで。メニューを見ますと…嗚呼、どうにも誘惑に抗えそうにありません。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/emimi/20050513

2005-05-12

BATH&SHOWER GEL


pooh pooh bee doo!


THE BODY SHOPのバス&シャワージェルセット。娘がプレゼントされたものなのですが、バブルバスが大好きな私も愛用。ストロベリー、ココナツ、グレープシード、(残念ながらキウイはないのですが、君達)メロン、パパイヤ、マンゴ(だね)…など、毎日違う香りの泡に包まれて幸せに入浴中。その折、毎回必ず脳内BGMとして流れますのがププッピ・ドゥ♪、そう、マリリン・モンローの I wanna be loved by you ( ※音が流れますのでご注意ください )。いつ、どのように刷り込まれたものなのか自分でもわからないのですが、もうかなり昔から、泡ぶく風呂に入りますと必ず口ずさんでしまう、pooh pooh bee doo!今回も、もうこのバスジェルセットを使い始めて一月ほどになりますのに、夜毎、pooh pooh bee doo!もういい加減飽きてもよさそうなものだと自分でも思うのですが。さて、そろそろお風呂の時間。pooh pooh bee doo…。


トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/emimi/20050512

2005-05-11

GENKI KUN


GENKI KUN


東京に転居いたします折に、電化製品などはほとんど新しい物を買い求めたのですが、炊飯器は実家に三合炊きの小ぶりのものがございましたので、それを持ってまいりました。三洋のジャー炊飯器、その名も「GENKI KUN」。ほとんど使っていなかったようなのですが、買ったのはおそらくかなり前のこと。少々壊れかけているようで、タイマーをセットしておきましても、時折、炊飯を飛ばして保温状態に入ってしまうことがあるのです。お米をじっくりと時間をかけて保温したことがおありでしょうか。

今日の朝食の予定は鶏そぼろご飯。鶏そぼろと青菜のおひたしを作ってありましたので、朝、いり卵だけ作ればいいわ、と寝る前に炊飯器をセット。さて、目覚めた時に(ん?家の中にご飯の炊ける匂いがしない…もしや!)と飛び起きて炊飯器を見ますとしっかり“保温”のランプ。おそるおそる蓋をあけてみますと、やはり、「君は炊けたご飯じゃないね」というぼんやりとした気配を漂わせる白いものが。御しゃもじで混ぜると、ねっちりもっちり。さて、こうなりましたらしかたありません。急遽メニュー変更。ボールにこのねっちりご飯と鶏そぼろ、青菜、そして生卵を加えて混ぜ、味を付けてフライパンに広げ、両面かりっと焼き、お好み焼き状に。これが香ばしくてなかなか美味しいのです。前回ねっちりご飯になってしまった時の組み合わせは、ツナ、キムチ、生卵。こちらもなかなか好評でした。

GENKI KUN。完全に壊れてしまったのでしたら買い換えるのですが、ほとんど毎日ちゃんと美味しいご飯を炊いてくれるのですよ。時折失敗をするのはまあご愛嬌。ご飯のお好み焼きも、たまにはよいものですし。もう暫く、頑張って働いていただくことにいたしましょう。頑張ってね、GENKI KUN!


倶楽部:今宵、銀河を杯にして 愛の妙薬 DULCAMARA


娘がオペラの授業でのピアノ伴奏を引き受けてきたとか。演目はドニゼッティの「愛の妙薬」とモーツァルトの「ドン・ジョバンニ」。娘が友人に借りてまいりました「愛の妙薬」のDVDがとてもよくて、もう繰り返し見ることこれで3回目。1991年メトロポリタン歌劇場での収録、指揮がジェイムズ・レヴァイン、主役のアディーナとネモリーノがそれぞれ、キャスリーン・バトル、ルチアーノ・パヴァロッティ、という豪華キャスト。耳に心地よい歌とオーケストラ、パステルカラーでまとめられた衣装やセットも美しく、そこまで盛り上がるか?という観客の熱い反応も見ていて楽しい舞台。

物語の主な登場人物は、裕福な農場主の娘で若く美しく教養もあり、当然もてもてのアディーナと、彼女に恋焦がれるちょっと冴えない純朴な青年ネモリーノ。自信たっぷりの軍曹ベルコーレ、そしていんちき薬売りのドゥルカマーラ。村人達に、愛の妙薬を飲むことによって、トリスタンがイゾルデの心を射止めたという物語を読んで聞かせるアディーナ。ネモリーノは、燃えるような気持ちをアディーナに伝えようとしますがまったく相手にされず、なんとか心を射止めたいとドゥルカマーラから有り金をはたいて「愛の妙薬」を買いそれを飲みますが、残念ながら効き目はなし。一度はベルコーレと結婚をしようと決めたアディーナですが、(色々ございまして)ネモリーノの一途な愛に感動し、最後は結ばれる、しかもネモリーノには叔父の残した莫大な遺産が、というハッピーエンドの喜劇。

ドゥルカマーラがネモリーノに売りつけた「愛の妙薬」は実はただのボルドーワイン、だったのですが、たまたま見かけたこちらのワイン。ボルドーではありませんが、その名も(今日、二度目ですね、その名も、を使うのは)ドゥルカマーラ [DULCAMARA] 。おお!もしやこれは、ドゥルカマーラ博士の「愛の妙薬」では?一度いただいてみたいお酒が毎日のように増えてしまって…嬉しいですこと。あ、よく見ましたら同じワイナリーで、ネモリーノ [NEMORINO] というワインも作られているようです。興味津々。


トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/emimi/20050511

2005-05-10

至福のテーブル


倶楽部:今宵、銀河を杯にして DON ZOILO


社長がスペイン在住の知人からプレゼントされたという生ハム、ハモン(Jamon/スペイン語でハム)、をお裾分けしていただきまして。ハモンにはシェリーが抜群に合う、という話を聞き、庶民の味方の酒屋、「やまや」に買いに走りました。自転車で走りながら、もう頭の中は「シェリー、シェリー…」。そして今回、買い求めましたのは、ドンゾイロ アモンティリャード 。薫り高いシェリーです。ハモンにはラベルも何も付いておりませんでしたので、セラーノなのかイベリコなのか不明ですが、もうもう素晴らしく美味。そしてドンゾイロにこれ以上の組み合わせはちょっと考えられないぐらい、本当によく合うこと。お口の幸せ。御ご馳走さまでした。


ドライ・シェリーで甘いビスケットを


優雅な生活が最高の復讐である (新潮文庫)

優雅な生活が最高の復讐である (新潮文庫)

それでも、マーフィ夫婦の暮らしは子どもたちと美しい庭を中心に営まれていた。フィッツジェラルド夫婦がしょっちゅう引き起こす騒ぎ、たとえば、ウェイターたちを誘拐してきてのこぎりでまっぷたつに切ろうとしたような事件などにもいっさい関わらなかった。子どもたちといい、お客といい、楽しいおしゃべりといい、ドライ・シェリーで甘いビスケットをつまむ午前の儀式といい、いぜんとして、マーフィー夫婦はジェラルドがきれいにしたビーチに集まるひとたちの注目の的だった。

先日読みましたカルヴィン・トムキンズの『優雅な生活が最高の復讐である』の中に出てまいりましたこの部分。特に、「ドライ・シェリーで甘いビスケットをつまむ」という部分に憧れまして、今日はビスケットも買ってまいりました。フランスの“ジョス・ペロン”のパレットクッキー。シェリーとビスケット。優雅な気分になる不思議な組み合わせ。よく合います。もっとドライなシェリーなら更に美味かと。ぜひぜひ、一度お試しを。私もできましたら、「午前の儀式」にしたいです。


mijokaの娘mijokaの娘 2005/05/11 03:22 こんにちは。スペイン人のフラットメートの話によると、スペインでハモンと言ったらハモンセラーノをさし、その他のハムはそれぞれの銘柄で呼ぶそうなんですが、もももしやしてイベリコというのは、ハモンセラーノの種類の名前とかなんでしょうか??

emimiemimi 2005/05/11 09:21 第一皇女さま、お久しゅう。もとになる豚が、セラーノ=山、で山豚?一般的な豚。イベリコはイベリコ豚で高価、と聞きました。が、なるほど、やはりスペインではハモンといったらハモンセラーノなのですね。メロンに生ハムの生ハムとは別物。最高、大好き!とフラットメートさんに伝えておいてね♪

aquioaquio 2005/05/11 18:31 生牡蠣にはシャブリ、生ハムにはシェリー。定番中の定番ですね。実によく似合います。「AMOROSO/アモロソ」という名のシェリーをご存知ですか。アモンティリャードよりも少し甘めですが、とても美味しいシェリー。アモロソは「愛」とか「愛人」を意味する言葉。一度お試しください。

emimiemimi 2005/05/11 21:34 aquioさん。愛と名付けられたシェリー。愛、愛人とは甘いシェリーのようなもの、なのでしょうか。機会がございましたら是非、いただいてみたいです。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/emimi/20050510

2005-05-09

愛の神、エロス


『愛の神、エロス』


シネスイッチ銀座で上映中の『愛の神、エロス』。知人にお声をかけていただき、観てまいりました。ウォン・カーウァイ、スティーブン・ソダーバーグ、ミケランジェロ・アントニオーニ。香港、米国、イタリアの名匠3人が「エロス」をテーマに紡ぐオムニバス・ムービー。

三作品の中で一番素敵だったのは、一作目、ウォン・カーウァイの作品。陰影、想い、『花様年華』よりもさらに美しいチャイナドレスの数々。二作目の、常にユーモアを必要とするアメリカらしい、諧謔的で明るいエロスのソダーバーグ監督作品。三作目、イタリア、アントニオーニ監督の、まるで何も考えていないかのような、太陽の光の下、丸見えエロス。よりも、やはりカーウァイ監督作品の、壁のむこうから漏れ聞こえる声、音、身に纏ったドレスの上を這う手、といった、抑えたエロスにこそ、エロスを感じるのは、東洋の血…でしょうか。


頷き


先日、吉田文吾さんの文楽の人形遣いについての解説を伺っておりましたら、頷く、という動作について、興味深いお話が。

人形を頷かせるとき、男の人形でしたら普通に縦に「うんうん」でいいそうなのですが、女の人形の場合には、顎が円を描くように、頷かせるのだとか。そういった柔らかな仕草から、色っぽさが滲み出るそうな。では色っぽく頷いてみましょう、と鏡を見ながら頷いてみました、顎先で円を描きつつ。…うぅん、だめです。まるでサンダーバードの人形か、ちょっと病んだ人の仕草のよう。色気のある頷きへの道は遠いようです。


ChartreuseChartreuse 2005/05/10 09:58 いいことを聞いた!と私も今、鏡を見ながら頷いてみました。うーん。鳩みたい。色気って難しいですねー。
そうそう。一昨日emimiさんの日記を拝見してすっかり母の日を忘れていたことを思い出しました。慌てて母にメールをしたのは日付の変わる10分前。ぎりぎりセーフでした。emimiさんは素敵なお嬢様がいらっしゃってお幸せですね。思い出させてくださって感謝してます・・・反省。

emimiemimi 2005/05/10 12:17 Chartreuseさん。日記にアップされていたご実家の写真に写りこんでいるプレゼント達はもしや、と思っておりました。彼の地の神社、私も友人の結婚式の折に参拝したことがあるのですが、その友人は離婚、私は別居。ご利益というのは慌てず焦らず待つべきなのでしょう、ね。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/emimi/20050509

2005-05-08

納豆ユッケもなかなか美味


楽しい母の日1 巨牛荘


娘が「母の日だから、ご馳走してあげるぅ。前から一回行ってみようって言ってた巨牛荘、行ってみない?」と、嬉しいことを言ってくれまして、行ってまいりました、六本木の巨牛荘。きょぎゅうそう。きょ、ぎゅう、でしてよ、ぎゅう。

こちらのお店の看板メニューは、かりっと焼けたお肉をキムチと共にサンチュにくるんでいただくプルコギ、生ワタリガニのケジャン、そして仕上げの肉汁をたっぷりとからめた焼きうどん。おいしゅうございました。味はもちろん、娘の気持ちが嬉しくて。ごちそうさま。ママは本当に、嬉しかったです。ありがとう。


楽しい母の日2 六本木 velfare


その帰り、六本木ヒルズから交差点へ歩いておりまして手渡されたフライヤー。見ると、六本木のクラブ、ベルファーレで開催中のCyber TRANCE -4th Anniversary Party- に入場無料でご招待、と。こんな機会ででもないと足を踏み入れることもないであろう、娘と二人で覗いてみることに。

いやぁ、楽しかったです。クラブ、というよりもディスコ。今も少し耳鳴りがしているのですが、大音量で流れるトランスミュージックに、派手な照明。プロのダンサーの方々の踊りも見事。未だにちゃんとお立ち台もございまして、羽の扇子を持ってお立ち台に立っていたあの頃を思わず思い出してしまいましたよ…というのは嘘ですが、なかなか出来ないよい経験をさせていただいてまいりました。意外といっては失礼ですが、カクテルもたいへん美味。バーテンダーさんの手さばきも見事で、娘が注文したノンアルコールカクテルのスリーベリーズミルクを作るときなど、三種類のリキュールのボトルを片手で持ってカップへ注ぎ込み。お味もたいへん結構。私がいただいてみましたのは、書くのもちょっと憚られるネーミングのカクテル、「オーガズム」。先だって、ある日記でその存在を知ってから一度飲んでみたいと思っていたのですが、一人の時に注文するわけにもいかず、かといって知人と一緒の時に注文するわけにもまいりませんで。娘と一緒の今しかない(!?)、ということで注文してみました。カルーアミルクに似ておりまして、とても飲みやすく、違ったネーミングでしたらもっと一般的に飲まれるであろうお味。大満足。

という事で、今年の母の日は、巨牛荘でプルコギ、そしてベルファーレでトランス、という豪華で幸せなスペシャルバージョン、でございました。


トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/emimi/20050508

2005-05-07

有栖川宮記念公園


有栖川宮記念公園   東京都立中央図書館


今日は広尾にございます、東京都立中央図書館へ。目的は、ムナーリの『ナンセンスの絵本』。図書館は有栖川宮記念公園の中、都心とは思えない鬱蒼とした森の奥に。鳥達の囀りを聞き、滝や渓流を眺めながら木漏れ日の射す遊歩道を進みます。

図書館の利用は特に身分証明書などは必要なく、貸し出しはありませんが、閲覧もコピーもとっても簡単、便利。「ナンセンスの絵本」をじっくりと読み、読み返したい部分のみコピーサービスを利用。『ナンセンスの絵本』、原題は『ムナーリの機械』。「朝焼け(オーロラ)をはやく見るための装置」、「雨を利用してシャックリを音楽的にする機械」など、13種類の『ムナーリの機械』はどれも、心が柔らかくないと思いつかないであろう素敵な機械達。

私も「吐息を利用した好みのリキュール自動製造装置」「熱を出して寝込んだ時にベッドに寝たままプッチンプリンを食べられる機械」などなど、考えてみたいと思います。こう、ぱっと思い浮かんだタイトルに、食いしん坊、飲兵衛であることが滲み出ておりますね。


お帰りなさいませ

ミヤケ マイ展   はなよりだんご  Pudding rather than praise


「ミヤケ マイ展」のお知らせをいただきました。会場は銀座、村越画廊。会期は2005年5月9日(月)より5月21日(土)、平日10:00〜19:00(土曜/18:30まで 日曜休廊)。会期中ほぼ全日、ミヤケマイさん在廊とのことです。

写真はチラシ掲載の作品「お帰りなさいませ」(You'd be so nice to come home to)の一部。絵の中に描かれた短冊には「御」と「マセ。」。これはもしや…「御カエル野菜マセ。」?うぅん、素敵過ぎ。ぜひ拝見しに伺いたいです。『ミヤケ マイ作品集 おかえりなさい。』も刊行とのこと。こちらも楽しみ。


トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/emimi/20050507

2005-05-06

近江源氏先陣館


人形浄瑠璃特別公演 文楽in東京メトロ 永田町駅


ちょうど今日、東京メトロの駅でポスターを見かけ、どのようなものなのかしら、と観てまいりました、文楽in東京メトロ。

会場は永田町の改札を入り、駅構内だったのですが、駅員さんに「文楽を」とお話しましたら、親切に「そのままどうぞ」と通して下さり、無事舞台前へ。小さなスペースですが、緋毛氈が敷かれ、椅子席も用意されておりまして、私が到着いたしました、開演(午後5時30分)3分前にはたくさんの立ち見客も出て結構な人だかり。

直筆サインとパスネット

本日の解説と実演は人形遣いの吉田文吾さん。人形の扱いはもちろん、お話もとても上手な方で、「近江源氏先陣館」の一場面の上演を含む、人形の構造や操作、三人遣いの難しさ、男女の演じ分け、などの解説の面白さに、あっという間の30分。佐々木盛綱がバイバイと手を振りながら退場、という、普段の公演ではまず見ることのできない光景も見せていただき、帰りには吉田文吾さんの直筆サイン付きパスネットも購入いたしまして大満足。年に二回、国立劇場の公演に合わせて開催されているとか。明日からの公演、大人気で昼の部は全て売り切れ、夜の部でも残席僅か、という状況だそうです。「たまーにキャンセルが出ることもあるようですので是非」との、吉田文吾さんのお話でございました。


柘製作所カタログ

柘製作所 カタログ


永田町からの帰り道には、たまに立ち寄る煙草店が。そうそう、知人にプレゼントしようと思っていたパイプ煙草が入荷したとお店のサイトに書かれていたのだったわ、と店内へ。

銘柄を告げますと「ごめんなさいねぇ。入荷したと思ってたんだけど、その銘柄だけまだ届いてなかったのよ」と。あら、残念、どういたしましょう。でもせっかく立ち寄ったことですし、とりあえず同じメーカーの他の品物を買って帰ることに。その、まだ届いていない商品の説明をする為に見せてくださったカタログがとても美しく、カタログに販売価格が表示されておりましたので「そのカタログは買うことができるのですか?」と訊ねましたところ「そうなんですけど、今日はせっかく来ていただいたのに品物が無くて申し訳なかったので差し上げます」と。うわ、嬉しい。TSUGE COLLECTION 2005-2006。柘製作所というパイプを中心に煙草用品を扱っている会社のカタログ。オリジナルのパイプから、輸入パイプ、パイプ煙草、ライター、きせる、嗅ぎたばこ、水たばこの道具まで。喫煙者ではなくても、楽しめる内容。

実は私、以前から煙草屋のおばさん、に憧れているのですよ。「おばちゃん、ハイライト1つね」「はい、いつもありがとうございます」といった感じの。非喫煙者なのですが、煙草好き、と申しましょうか煙草の箱や缶のデザインが好き。このカタログでみっちりお勉強をして、再就職の道を探ることにしようかしらん。


NOD32その後


NOD32アンチウイルス。検索をして調べてみましたところ、前述のようなエラー表示が出てもウイルスはきちんとチェックしている、ということのようです。暫くはこれで様子を見てみることに。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/emimi/20050506

2005-05-05

八海山、湯美人


倶楽部:今宵、銀河を杯にして 「八海山」「湯美人」「若緑」


今回の旅のおみや。まずは日本酒、一升瓶を二本、「八海山」と「湯美人」。買い求めましたのは草津の酒屋さんなのですが、新潟にも近いからでしょうか、「八海山」「久保田」、など人気の銘柄が幾種類もあたりまえのようにずらっと、しかも定価で並んでおりますのは東京ではなかなか見ることのできない幸せな光景。

まずは「八海山 吟醸」からいただき始めておりますが、すっきりとして美味しいですこと。「草津 湯美人」は群馬酒造というメーカーのもの。こちらは初めていただくお酒ですが、買い求めました草津の酒屋さんの一押しとのことで、こちらも楽しみ。

白根山

そう、草津館では毎夜「若緑」という信州、長野の地酒をお燗で。草津館のご主人の妹さんの嫁ぎ先の酒蔵で造られたものだそうで、とても飲みやすいよいお酒。天然の岩魚の塩焼きと一緒にいただいた時にはもう、思わず呟いてしまいました「うっまうまぁ…」と。


春の「くれさか」


もう一つ、草津へまいりましたら必ず立ち寄りますのが、以前にもご紹介いたしました、六合村、篠原農園の売店「くれさか」。山菜

この季節、売店に並びますのは春ならではの山菜。ヤマウド、ヤマブキ、ギョウジャニンニク、タラノメ、フキノトウ、モミジガサ、コノメ、コゴミ…。天ぷら、おひたし、醤油漬け、佃煮などにいたしましていただいております。この香り!まさに山の恵み。お山に感謝、と手を合わせたくなる、美味しさです。


5月5日生まれ


今日は母の誕生日。端午の節句生まれの女の子としてこの世に生を受けた事が、母の豪快さをまさに表しているような。

弟と共に、母へのプレゼントとして用意いたしましたヘンケルスのナイフ。「早く使ってみたいわ」と申しますものですから2週間ほど前にもう手渡し、使い始めておりました。「素晴らしい切れ味よ。こんな包丁ははじめて。手にも良く馴染むし」と大喜び。「ほら見て。トマトを切ると、まるで刃がトマトに吸い込まれるよう…」と、まるで秋葉原駅前の包丁実演販売のおじ様のような事を。よろしゅうございました。

ところが先週末、東京より戻りましたら母の手にバンドエイド。もしやあのナイフ?と思いましたらやはりそう。人参の皮を剥いておりましたら、軽く当たっただけなのに、親指に刃が吸い込まれていったとか。

私も使ってみましたが、よく切れること、切れること。刃物の扱いが上手になったような気がしてしまう、確かに怖いぐらいの切れ味。指を切ってから母は、今までの包丁を普段使いとして使い続けることにした様子。扱いに慣れれば問題ないと思うのですよ。どうかこれに懲りずに、新しいナイフも使い続けてくださいね。


jasminejasmine 2005/05/07 22:23 私も草津に行くときは六合村に寄ります。尻焼き温泉のお湯もなかなかよいですよ。「関静館」別館がお勧め。
若緑・・・う〜ん 飲んでみたい!

emimiemimi 2005/05/08 00:44 尻焼き温泉とはまたすごいネーミング。川底から熱い温泉、ですか。お猿さんのようにお尻が真っ赤になってしまいそう。若緑、若い緑、若いみどりさん、にぴったりのお酒ですよね。機会がございましたら是非一度。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/emimi/20050505

2005-05-04

日本酒、若緑とともに


草津館


今回の宿は、湯畑の広場に面した草津館。何と申しましてもお湯のよいお宿でした。館内湧出源泉、若乃湯は湯ノ花をたっぷりと含み、泉質円やかにして効能豊か。浴槽が二つあり、もう一つは草津でも一番人気という濁り湯、白旗の湯。どちらも湯量たっぷりの源泉掛け流し。顔を流しますと目にしみるほどの強いお湯。

昨年、草津音楽祭のスタッフとして半月、草津に滞在いたしました娘が「滞在している間は肌が赤くぷつぷつしちゃったけれども、暫くしたらそばかすが消えていて驚いた」と。今回も4日滞在いたしまして、現在顔や体が所々赤みを帯びて炎症を起こしたようになっておりますが、確かにシミはやや薄くなったような。荒療治に近いですが、草津の温泉には強い効能があるようです。

お風呂セットさて、草津館、お湯はよいのですが、建物はやや安普請。何かの拍子でぐらっと揺れてどきっとすることもしばしば。湯畑に面しているのは、行き交う人々を眺めることができて楽しいのですが、早朝から夜遅くまで、賑やか過ぎて少々落ち着きません。ただお食事は美味しいですし、ご主人を含め旅館の方々がとても親切。お湯の素晴らしさを考えますと、また訪れたいお宿です。

感心いたしましたのが、写真の洗面道具セット。袋の紐、タオルの刺繍、歯ブラシの色が揃えてありまして、どれが誰のものかわからなくなる事がなく、たいへん便利でした。


雪の回廊

雪の回廊


今回の旅はゆったりとした日程でしたので、2日目は思いきって新潟まで足を伸ばしてみることに。

冬季閉鎖されておりました高原ルート、開通したばかりの志賀草津道路を走り、まずは万座温泉で立ち寄り入浴。その後、今年は雪が多くて見事だという雪の回廊を走り、展望台や湖などに立ち寄りながら山越え、果樹園に咲き乱れる花々を愛でつつ上信越自動車道へ。信州中野I.C.から黒姫山、妙高山など、雄大で美しい山並みに沿ってひた走り北陸自動車道へ。名立谷浜I.Cで出て、日本海を左手に見ながら海岸線を進み、今年一月に13の町村が合併してできたという上越市で新鮮な魚介類を食べ、再び草津へ。

日本は美しい国、です。


トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/emimi/20050504

2005-05-03

emimi2005-05-03


ただいま


草津の旅より戻りました。

桜。数分間の間に、葉桜から、はらはらと散る花びら、満開、そして綻びかけた蕾。淡く柔らかい山々の緑の中に彩りを添えつつ移ろう姿は、まるで手品か魔法のよう。

残雪。生暖かい風の吹く展望台から眺める、斑に雪の残る山々。漸く氷が溶け始めた湖には、小さな水面をも待ちわびていたかのように水鳥が。湖畔には、冬眠から目覚めた熊のものと思われる足跡が。そして、目の前に悠然と表れたカモシカ。

山里のドライブは、季節の境界線を越え、自然界と人の世界との境界線を越え。


トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/emimi/20050503
 | 
Mail

◆検索エンジンからいらしてお探しの文章が見つからない場合は、上部にございます検索窓に文字を入力後「日記」をクリックし、検索をしてみていただけますでしょうか。
◆本のご紹介、引用、リンクなどで問題がある場合にはすぐに削除いたしますので、お手数ですが上記アドレスまでお知らせくださいませ。