clair de lune


2003 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 05 | 06 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 |

Votre âme est un paysage choisi
Que vont charmant masques et bergamasques
Jouant du luth et dansant et quasi
Tristes sous leurs déguisements fantasques.

Tout en chantant sur le mode mineur
L'amour vainqueur et la vie opportune
Ils n'ont pas l'air de croire à leur bonheur
Et leur chanson se mêle au clair de lune,

Au calme clair de lune triste et beau,
Qui fait rêver les oiseaux dans les arbres
Et sangloter d'extase les jets d'eau,
Les grands jets d'eau sveltes parmi les marbres.

Paul Verlaine (Fêtes galantes)



                   ※最近は こちら(facebook)に時々アップしています。

 | 

2007-02-28

ハトメパンチ


ハトメパンチ


先日の、動きのあるペーパークラフト。洋裁用のホックでとめてみましたところ、動くには動いたのですが、数枚の紙が重なる部分などは厚みではじけ飛んでしまい、もう一つ。ということで、やはりハトメパンチを購入。まず、上部に付いております、用紙穴あけ用パンチで紙に穴を開け、その穴に上からハトメ鋲をセットし、下部のハトメ鋲用パンチでかしめます。思っておりましたよりも、きれいな仕上がりで、操作も簡単。これはよさそうです。

「ハトメ鋲のかしめ方」、「本体のマークの向きに合わせ、しっかりとかしめてください。」というように、ハトメ鋲でとめることを、「かしめる」、というのですね。


トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/emimi/20070228

2007-02-27

ビール


娘と


昨日は婿殿がお泊り出張とのことで、久々に娘と過ごすことに。夕食は、一度訪れてみたかった鶏肉料理が自慢のイタリアンへ。さすが、自慢の軍鶏はよいお味でしたが、元総理のお気に入りだというピザや、パスタなどは「普通に美味しい、」、というのが娘との一致した意見。(私は、イタリアのビールやカクテルと共に)お腹いっぱいいただきまして帰宅。

夜は久々に枕を並べて寝ることに。「あまりに動いて目が覚めてしまい熟睡できない」、というお腹を触らせてもらいました。動いておりました。何を頑張っているのか、もぞもぞしたり、だんっと強く蹴ってみたり。凄いことです。自分も通ってきた道なのですが、この劇的な変化に対応できるようにできている女性の体というのは、本当に不思議で、たいしたもの、だと。


トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/emimi/20070227

2007-02-26

切り抜き絵


柔軟な心


Jリーグのキックオフパーティーでピアニスト2がミニコンサートを。サッカーファンの集いでの、ピアノ演奏。浮いてしまったらどうしましょう、とも考えていたのですが、いらぬ心配でした。「ピアノにご注目ください」とのアナウンサーによる紹介がございますと、パーティー会場前方に用意されましたグランドピアノの周りには人がわっ集まり、特に子供達がピアノをぐるりと取り囲むように何重にも弧を描いて座り、何が始まるのか興味津々。その表情は、まるで、遊園地でのアンパンマンショーの始まりを待っているかのよう。演奏が始まりましても、もう皆にこにこしながら、とても楽しそうに演奏を聴いておりまして、飽きたようなそぶりの子も、おしゃべりをする子も、立って移動をしてしまう子もおりません。演奏が終わりまして、大喜びで拍手をしている姿を見ましたら、こちらも嬉しくなってきてしまいました。

両親がクラシック音楽好きでもなければ、なかなか小さな子供がプロのピアニストの演奏を間近に聴く機会はございませんでしょう。でも、このような機会があれば、サッカーの選手のプレーに感動するのと同じように、ピアノの演奏も「うわー、すごいなー」と喜んで聴くことができる。柔軟な子供達の心が、よいものに触れる機会をたくさん与えてあげたいわ、と思った、ミニコンサートのお仕事でした。


トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/emimi/20070226

2007-02-25

切り抜き絵


たんこぶ


出張に向かいます特急あずさの車内で名刺の確認をしておりまして、一枚床に落としてしまい、それを拾い上げようとした瞬間、自分でセットしたばかりのドリンクホルダーに思いっきりおでこをぶつけてしまいました。暫くいたしましておでこを触りますとぷっくり腫れておりましたので、恐る恐る鏡で確認いたしましたところ、中央が赤く、周りがうっすらと青いたんこぶが生え際に。髪に隠れて目立たぬところでよかったです。おでこにこぶを作ったのは何年ぶりでしょう。


カフェ…ラテ


現地で用意されました昼食はバイキング形式。飲み物を取りにまいりまして、大きなコーヒーマシンの「カフェラテ」ボタンを押し、後ろのデザートコーナーを振り返ってチェックをしております間に、カフェラテの出来上がり。席に戻り飲んでみますと、あらこれは、スチームミルク?同席しておりました、ピアニスト2に、「カフェラテのボタンを押したのに、ミルクだけみたい」と話しますと、「あ、emimiさん、それは多分途中で持ってきてしまったんですよ。まずスチームミルクが出て、暫くためがあって、それからコーヒーが出てくるんです」、と。いつものんびりしておりますのに、こんな時だけ慌てんぼうだったようです。デザートに気を取られて目も離しておりましたし。失敗。

Latteを飲みきりまして、再度、カフェラテを。スイッチを押し、まずブシューッとミルクが。今度は、待ちます…待ちます…待ちます…ちょろ…ちょろちょろ、シャーッ。2つの抽出口からコーヒーが出てまいりまして、無事にカフェラテ完成。教訓:コーヒーマシンでカフェラテを作る時は、余所見をせず、慌てないこと。


nabesonabeso 2007/02/28 13:21 カフェラテと言いながら、実質カプチーノですね。コーヒーはエスプレッソでしたか?

emimiemimi 2007/02/28 18:57 nabesoさん。コーヒーはエスプレッソでした。私もあれからコーヒーマシンで少し検索をしてみたのですが、最近のマシンでは、カフェラテ、(この呼び方され、カフェ・ラッテ派との派閥争い中で、日本ではカフェラテ派が優勢とか。)を、スチームミルク+エスプレッソとするが主流、なのだそうです。同じマシンで、カプチーノとカフェオレのスイッチもあったのですが、飲み比べをする時間がなかったのが少々残念。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/emimi/20070225

2007-02-24

切り抜き絵


会報発送業務


事務作業を手伝っております、音楽協会に先日突然、ある印刷会社の営業さんがやってまいりまして、「こちらの協会では会報を発行しているそうですが、その印刷から発送業務までのお手伝いをさせていただけないかと。1500部ほど発行されていると伺ったのですが」、と。実際には、500部程度ですし、年に4回ですので、「あ、うちは自分達でできてしまっていますので結構です」、とお断りを。でも、見積もりぐらい取ってみてもよかったしら、とちょっと考えておりました。

…ところ、ちょうど昨日、D印刷から同じ内容の電話が。やはり、「500部で、年に4回しか出していないんですよ」、と申し上げたのですが、「もちろん、それでも。一度協会に伺い、会報誌を見せていただきたい」、とおっしゃいますので、これはお見積もりだけは一度出してみていただいちゃいましょう、と、「今週、来週はとても忙しいので、来週もう一度お電話をいただいて、再来週あたり、来ていただくというのはいかがでしょう?」と、お約束を。

その話を、今日スタッフにいたしましたら、「わ、そんな偉そうなこと言ったの?D印刷といったら、印刷業界最大手ですよ。そんな、発行部数500なんていうところ、とても相手にするとは思えないけどなあ」、と。「あ、そういえば先日も、かくかくしかじか…ということがあったの。1500部発行だという噂が流れているんじゃないの?」と申しますと、居合わせた皆が口々に、「1500だって相手にしなーい。15000部なら考えるだろうけどね。新入社員の研修かなにかじゃない?たまたまよほど暇だったとか。…」。そうなのですか。ま、いいです。こちらからお願いして来ていただくのではありませんし。見積もり、なんだか楽しみです。


つけまつげ


先日、ピアニスト2のお母様がしているのを見てから、試してみたいとずっと思っておりました。昨日、ついに購入。TAKAKO style,no.2,Sensual Noble,気品のある優雅なまなざしを印象づける目尻用つけまつげ,「クイーンオーラ、瞳を包む」,だそうでしてよ。さてさて。試してみましたらまた、ご報告を。


一夫多妻制


今日は仕事の合間にスタッフと、「日本も一夫多妻制を採用すべき。その場合、必要なこと、欠かせないことは何か」、を熱く討論。彼は、『経済力』。私は、『愛と尊敬』。


村の制服


予算の少ないバレエの公演。村の娘達、若者達の衣装を作るのに、色や素材を変えるとどうしても制作費が嵩むので、全員同じになってしまったのだそうです。若者が皆、お揃いの服を着ている、という不自然な村に。


パン屋さん


昨夜、仕事帰りに、駅構内にあるパン屋さんで、帰宅してからのおやつ用にクリームパンを購入。やや年配の女性の店員さんが、袋に詰めようとしながら、「あ、このパン欠けちゃってるわ。ほら、ここが。やめておきますか?」、と。見ると、クッキー生地がかけてあるタイプのパンの、一部分が崩れてなくなってしまっておりました。「いえ、結構ですよ。そちらいただきます」、と答えると、「そうですか。それじゃあ、申し訳ないから」、と言いながらショーケースを見渡し、マスタードたっぷりのソーセージパンを一つサービスしてくれました。「そんなにしていただいたら、かえって申し訳ないです。ではせめて、おつりは結構ですので」と申しますと、「計算が合わなくなるから」と。そのさばさばした中にも律儀さの感じられる対応が、嬉しかったです。


休日


今日も仕事、明日も仕事。今週末はお休みなし。でも、明日は山梨県に出張。あずさ、に乗ることができるのが楽しみ。


編み物


とても忙しいのに、編み物がしたくてしたくて、ここ数日夜はひたすら自分用のショールを編んでおります。これからまた編み物の続きを。


call me susiecall me susie 2007/03/01 18:29 一夫多妻を訴えるこの方は、いつぞやの「目的別食事時間制限」の方?私の意見では、お二人の意見を踏まえた上で「妻の夫に対する非隷属と、完全なる行動の自由が認められること」です。

emimiemimi 2007/03/01 20:29 するどいですこと。そう、まさにあの彼です。「妻の夫に対する非隷属と、完全なる行動の自由が認められること」…パチパチ、素晴らしいわ、susieちゃん。

call me susiecall me susie 2007/06/11 20:14 関係ないといえば全く無関係ですが、温泉地に出没するお猿のお話。お猿たちの文化は母子間で伝えられるというのは、天才としてすっかり有名になったアイとツトムの例で確認されたらしいですが、温泉に浸かると気持ちいい、というのも元々は好奇心旺盛なメスザルが発見して母子姉妹とそれに準ずる身内のなかで広まっていった習慣なんですって。で、オスが温泉に浸かりたがらないのは、オスの方が保守的なのか頑固なのか?と思っていたら、どうもそれだけではなく、お湯に濡れると毛が濡れてぺしゃっとしてしまうので、威厳(?だったか、風格?だったか忘れちゃった、くだらないなあ、と思ってしまったもので)が保てなくなってしまうから、というのが理由らしい。男って大変なのね、面子のためにいろんなことを我慢してるのね、とある意味尊敬しましたわ。件の彼がハーレムを築きたいのが面子の為かどうかはわかりませんが、お年を召してからハーレムの女性たちに「世話ばかり焼けて、一緒にいてもつまんないんだもーん」なんて言われて、旅行でも何でも悉く置いて行かれる、などと、今時のお父さんたちのような扱いを受けたりしませんようにと祈るのみです。

emimiemimi 2007/06/12 00:16 そうそう、なんでも男の9割は見栄とプライドでできているとか。世の男性諸氏には、面子を保つべく、無理をしてでも頑張り続けてほしい、と、私は思います。格好悪いところを絶対に見せないでほしい。そんなことを言っているようだから、今の私の状況があるのかも。
件の彼は、実行よりも思考の人だから、なんだかんだ言いながらもきっと妻一筋で生きていくのだと思うわ。可愛い奥様なのよ。本人曰く、「容姿重視で選びましたから」。

call me susiecall me susie 2007/06/16 18:52 emimiちゃんの現状が如何なるものなのかは、コメントを控えさせていただきますが、そういう女の人の方が男の人は面子の張り合い(張り甲斐?)はあるんじゃない?
さて、件の彼ですが。なるほどね、発端は、用途別に色々ボーイフレンドがいたらいいなあ(私の願望)、と似ていたりして。

emimiemimi 2007/06/18 02:21 用途別のボーイフレンド、私も目指してみたいわ。「苦手なことはそのことが得意な人に任せろ」、とおっしゃったのは、本田宗一郎さんだったかしら。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/emimi/20070224

2007-02-23

切り抜き絵


思い立ってスクワット


いつもお願いしております美容師さんOさんは、確かな技術と、気取りの無いお人柄で、たいへんな人気。今回のカットも、予約の電話を入れましてから、20日待ってようやく。

さて、多くの芸能人の顧客を含む、数百人、数千人の女性を見てまいりましたOさんがおっしゃいますに、年を重ねても素敵な女性は、「自然のまま。身体を動かしている。気持ちが前向き」。(なんでも、女優の十朱幸代さんも、通っているスポーツクラブの“腹筋大会”で優勝するほど、日々鍛えているとのこと。)持て余すほどのお金を持ったマダム達は、いきおい、引っ張り系(皺伸ばし等の整形)や、注射などに走りがち。でも、そういった、美容にたいへんな額のお金を注ぎ込み、人造的ともいえる美を追求する女性よりも、60代になってたとえソバカスだらけでも、テニスをしたり、色々なことに興味をもち、日々明るく楽しく生活をしている女性の方が、ずっと綺麗で素敵。そういう女性の方が会話もウィットに富んでいて話をしていても楽しい、とのお話。

出来るなら、私も素敵と言われるおばあちゃまになりたいもの。手は加えておりませんし、日々楽しく生活する、もなんとかできているように思うのですが、身体を動かす、はまったくだめ。たまたま、知人のフィットネスクラブ店長とランチをご一緒したのでこの話をしてみたのですが、「身体は動かさないとだめ。筋肉をきちんと作ることが大切。何歳になってもこれは可能。でも、emimiさんは…いかにもインドア派という感じ。うちのフィットネスクラブに来ていただいても、絶対に無理はさせられないタイプですね」、と。そうなのです。過去に、テニス教室、スポーツクラブやプールに通ったことも、登山、キャンプに挑戦したことも、クラシックバレエを習ったこともあるのですが、ヨガ以外はどれもだめ。かえって体調を崩し、具合が悪くなってしまうのです。でも、更年期障害も、老人性痴呆症も、身体を動かすことによってリスクを少なくできるそうな。

このままではいけない。森光子さんの若さに肖りたい、と先ほど突然スクワットを試してみましたところ、関節はポキッ、パキッとなにやら怪しげな音をたてますし、足はこむら返りそうになりますし、ぜんぜんだめだめです。さて、これは何か考えませんと。


目指せ、かっこいいおじ様


同じくOさんのお話。「女性はまだしも、お洒落な年配の男性、というのをまず見かけなかったが、最近はぼちぼち増えてきているように思う。以前、フランスを訪れた時、女性はもちろん素敵な人がいっぱいいたが、それよりも男性、特におじ様がかっこよくて驚いた。日本の男性も、こうなりたい、というイメージを持ち、もう一息頑張ってほしい。似合わない服も、10年着続ければ似合ってくるもの。」


[]放映嘆願


今回、ラッテさんに教えていただいた「Kip」と、ムービープラスの「さより」のタイトルと内容を見比べてみましたところ、重なっていないものがずいぶんたくさんあるようです。やはり、Movie Plusには、全十五羽(話)一挙放映を是非ともお願いしたいです。


ペンギンペンギン 2007/02/23 19:31 emini様はブログを通して知る限り、とても素敵な方だと思いますから、ずっとずっと先になって、きっと素敵なおばあちゃまになると思います。スクワット、私もしていますが、足は肩幅に開き、体を少し前かがみでなさると楽なようです。森光子さんは体を真っ直ぐにしているけれど、前かがみのほうが楽だし、負担がかからず、いいそうです。
私は休み休み20回から初めて今は休みなく50回できます。
75回1セットで一日2回するといいそうですが、サボりながらも続けていると、段々できるようになりますよ。

いつも素敵な絵をありがとうございます。毎回楽しみです。

emimiemimi 2007/02/24 00:26 ペンギンさん。スクワット。私は休み休み、2回でめげてしまいました。運動にも向き不向きがあるかと思いますので、自分に向いているもの、合っているものから少しずつ、と考えております。

ラッテラッテ 2007/04/15 00:03 ご無沙汰しております。最近毎晩のようにさよりちゃん放映していますね。お陰で夜はずっとMoviePlusをつけっぱなし。いつでも録画出来る体制にしているのですが、まだ3羽捕獲出来ておりません(涙)でも、見る度に可愛らしくて、本当に和みます。

emimiemimi 2007/04/15 11:48 ラッテさん。体調を崩しておりまして、久しくさよりちゃんには会えておりませんで。今日は朝からMovie+をずっとつけっぱなしにしているのですが…日中放映されたことはないですよね。アダルトな内容でもありませんのに、どうして夜中にしか登場しませんのでしょう。

ラッテラッテ 2007/04/15 22:13 遅くなりましたがご退院おめでとうございます。私も昨年入院致しましたが、退院後に入院によるストレスと体力低下で眼の帯状疱疹にかかってしまい失明寸前までいきました。ストレスは本当に怖いですので、さよりちゃんで癒して下さいね。昨晩は4羽も放映されておりました。時間調整に丁度良い尺なのでしょうね。是非お昼間にも放映して欲しいです。。。

emimiemimi 2007/04/16 13:30 帯状疱疹は目にでるのが一番怖いそうですよね。お大事になさってください。今回の病気でストレスに弱いと自覚しましたので、これからは無理をしないよう心がけて生きていこうと思っております。さよりちゃんに会えるかと、昨夜は2時過ぎまで夜更かしをしたのですが…。もう何回、ジャズのCDセットのCMを見たことか。思わず買ってしまいそうになりませんか?

ラッテラッテ 2007/05/07 07:03 emimiさま、その後お身体のお具合は如何ですか? 久しぶりにCamiel Schouwenaarさんのサイトに行ってみましたら、ピアノのお話と手品のお話などに変わっておりました。(ムービープラスと重なりますが)色々なお靴を持っているさよりちゃんにびっくりです。

emimiemimi 2007/05/07 11:53 ラッテさん。食事制限は続いておりますが、おかげ様で少し疲れやすい程度で普通に動けるようになってまいりました。またまた嬉しい情報をありがとうございます。手品もピアノも未見でしたので、もう大興奮です!

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/emimi/20070223

2007-02-22

切り抜き絵



ウサギを踏むマリア


ヨーロッパにおいては、ウサギは多産のシンボルであり、

性欲のシンボルでもあるのですね。

聖母マリアがウサギを踏んでいる絵が残されていますが、

この絵は、マリアが性欲をコントロールし、

処女のままでイエスを産んだ、というシンボルでもあるのですね。

以前、知人よりウサギについてこのようなお話を伺いました。それからずっと、ウサギを踏んでいる聖母マリアの絵を探しているのですが、なかなか見つけることができませんで。見てみたい…。でもこのようなお話は、必死に探し出すよりも、ずっと忘れずにおりまして、ある日、訪れた美術館や、ふと開いた本の中に見つけた時、「あ、ついに出会えました」、と喜びに浸りますのが、幸せなのではないかしらとも。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/emimi/20070222

2007-02-21

切り抜き絵


[]さより、発見!!!


全国さよりファンの皆様。嬉しいお知らせです。ラッテさんからのメッセージをご紹介。素晴らしい!もう、興奮して打ち間違えること打ち間違えること。

ラッテ 『初めまして。遂に見つけました!さよりちゃん。オランダのVPRO Television制作のKipという番組です。VPROのホームページでクリップも見れます。沢山見れて幸せ・・・プクー!

早速、VPROのホームページに飛びました。おりました、さより最高です。もう、涙が出そうなぐらいに素敵です。取り急ぎ、さよりファンの皆様にご報告を。ラッテさん、本当に、本当に、ありがとうございました。机を叩きながら、「そーなの、そーなの。うーまくいかなーいの」、と画面に向かって話しかけたり、大笑いをしたり。今夜は眠れそうにありません。

※ラッテさんより、コメントをいただき追記!

Camiel Schouwenaar→KIP

Max Verstappen→Over Max →Bekijk deze hier>>

ラッテラッテ 2007/02/22 00:39 さよりちゃん追加情報です。ディレクターのCamiel Schouwenaarさんのサイトでも、さよりちゃん何羽か見る事が出来ます。また、もう1人のディレクターMax Verstappenさんのサイトでは、さよりちゃん製作スタジオの様子を垣間見る事が出来ます。

emimiemimi 2007/02/22 01:36 ラッテさん。さより、素晴らしい人形遣いの作品だったのですね。どのように人形が作られるのか、どのように操るのか…とても興味深かったです。今、とても幸せ。お知らせいただきまして、ありがとうございます。

catfishcatfish 2007/02/24 23:41 「鶏さより」15羽が全て、と思っていましたら。まだ、たくさん仲間がいるようで楽しみです。 POPPENTJEも何やら人形浄瑠璃の人形捌の様で面白いですね。 今日も深夜の「さより」watching.

emimiemimi 2007/02/26 20:05 catfishさん。POPPENTJE。息の合った4手の人形操作。あまり人形劇について詳しくはないのですが、人形浄瑠璃の影響を受けているのでは、と思いますよね。violistの最後、各国の切手がそれぞれの国の言葉で賛辞を贈る、という思いつきと細やかさには感心してしまいました。
『鶏さより』、でどどっと日記に検索が入りますと、「あ、今日はきっと放映があったのね、いいないいな」、と羨ましがっております。

catfishcatfish 2007/02/26 22:54 人形劇さえもまた、進化しているのですね。昔見ていたNHKの「チロリン村とくるみの木」幼心にも、ちゃちで安っぽく思ったものです。(日本自体がまだ貧しくて余裕が無かったのでしょうけれど。)

emimiemimi 2007/02/27 23:52 まあ、コメントから、catfishさんはもっとお若い方かとばかり。「ひょっこりひょうたん島」、「サンダーバード」、もご覧になった世代でしょうか。「チロリン村とくるみの木」、今見ましたらどのように感じますでしょうね。

catfishcatfish 2007/02/28 21:32  「ひょうたん島」、「サンダーバード」が放映されていた頃は、高校生でした。共にNHKの子供向け番組でしたが、NHKらしくなく思ったのが当時の印象です。
「サンダーバード」以前に同じプロダクション製作のTV人形劇「スーパーカー」をemimiさんは、ご存知でしょうか。

emimiemimi 2007/03/01 00:22 わあ、catfishさん、お詳しくていらっしゃるのですね。スーパーカーはまったく存じ上げませんでした。YouTube’Gerry Anderson supercar’の検索でほんの少しだけですが探し出して見てみました。とても面白そうですね。白黒ですし、装置なども簡素なものですが、現代のCGなどで細部まで作りこまれた作品よりも、かえって魅力を感じるのは、想像力で補える部分がたくさん残っているからでしょうか。

catfishcatfish 2007/03/01 23:29 爛后璽僉璽ー瓩放映されたのは、私が小、中学生の頃だったでしょうか。私より可也お若いemimiさんは当然ご存知ないと思います。なを、サンダーバード以後、爛ャプテンスカーレット甅狷罎留瀏UFO瓩箸覆襪里任垢、私の方が年齢的に見なくなってしまいました。爛好據璽坑隠坑坑広瓩瞭短I分も同プロダクションだったと思います。

emimiemimi 2007/03/02 20:01 そうでしたか。色々と、興味深いお話を教えていただきまして、ありがとうございます。あれから、新しい「さより」、にはお会いになられましたでしょうか?

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/emimi/20070221

2007-02-20

切り抜き絵


お土産


ダルマイヤーのコーヒー、prodomo(プロドモ、プロドーモ)がすっかり気に入ってしまった母。日本でも三越で缶入りが販売されているようなのですが、同じ品物とは思えないほどお高いのです。最後の1パックを開けながら母が、「本当に美味しいコーヒーよね。誰かドイツに行く人にお願いできないかしら」、と。知人でよくドイツに行かれる方もいるのですが、お願いしたら絶対にプレゼントしてくださっちゃいそう、でお願いできない。

そうだわ、ちょうどベルリンから帰国するピアニスト2に頼んでみましょう、と「prodomo3パック、もしも近くのスーパーで売っていたら買ってきていただけないかしら。またお願いしたいから絶対にお代金は支払わせてね」、とメールしましたところ、「美味しいですよね。いつも飲んでいます。近くのスーパーにありますから大丈夫です。」。よかった、彼女はまだ学生ですのできちんとお支払いもさせてくれるでしょうし、こちらもお願いしやすいです。で、先週帰国いたしまして、届いたメールが、「ダルマイヤーもばっちり買ってきました!」。わあ、嬉しい。荷物になったでしょうに。で、今週末に会う予定があるので、価格を問い合わせたところ、「プレゼントさせて下さい。母からも言われているので、ほんとに大丈夫です♪」と。さてさて、困りました。


ザ・リッツ・カールトン東京


会社のすぐ近くにできます、ホテル・ザ・リッツ・カールトン。知人が仕事で建物の中を見てきたとのこと。まだ、スリッパでぺたぺた歩いたそうですが、ほぼ内装は完成。落ち着きがあって、素晴らしくゴージャス、だったと。羨ましい、私も見てみたいです。オープンいたしましても、ロビーやレストランへは足を踏み入れる機会があっても、お泊りはなかなかご縁がなさそう。そう、ベッドメイキングのパートにでも応募すれば、確実に、素敵なお部屋に足を踏み入れることができますね。今、募集中ですし。リッツ・カールトンのベッドメイキングのノウハウを知ることができる、というのも魅力です。で、少し検索をしてみましたところ、リッツでは、黒のワンピースに白いエプロンという、メイドさん姿でのお仕事のよう。ちょっともう薹がたってしまった私には似合いそうにありません。諦めましょう。なんでも、大阪のリッツ・カールトンから数十名のスタッフがオープニング要員として送り込まれてきているとか。オープンまであと一月。新しく採用されたスタッフは、厳しい研修の日々なのでしょうね。



甘い期待


楽しみといえば、リッツと同じ東京ミッドタウン内には、評判の洋菓子店もいくつか入る予定。『Toshi Yoroizuka』、『patisserie Sadaharu AOKI paris』、『A.Lecomte』。他にも、チョコレートの『ジャン=ポール・エヴァン』や、ベーカリーとしてアラン・デュカスの『be(ビー)』。広い敷地ですので、どこに出店するかによって違いますが、3月末からは仕事中に甘味中毒の発作が起きても、5分ほどで美味なる解消が期待できそうです。


Henry VIII・Bloody Mary


You Tubeで"The Tudors"というテレビドラマの映像を見かけましてから、ヘンリー8世やその6人の妻、子供達について少しお勉強を。少々悪趣味かしらと思いつつ、暖かな部屋で、冷たいブラディーマリーを飲みながら、血塗られたテューダー朝に思いをはせる、寒い夜。


call me susiecall me susie 2007/03/01 18:25 Bloody Mary・・・ね。結局は、処刑しちゃった女性の子、その政敵の息子、と王位が続いて今に至る彼の肉食の国には、その選択はぴったりのような気もします。bloody は「ものすごく」である、みたいなことをバーベキューしながら(半ば酔っ払いながら?)生徒に力説していた、若いカナダ人の英語教師を思い出しました(私のフランス語の先生の友だち)。なんて言ってたんだっけ、bloody cute とか、bloody smartとか言えるのだろうか、聞いてみればよかった。

emimiemimi 2007/03/01 19:59 へええ、と思って調べてみました。It’s very hot.を、It’s bloody hot.と言ったりするみたいね。ただ、フォーマルな場では決して使ってはいけない言葉だそうよ。「クソ」と訳すのがぴったりとのことですので、私たちの世代が使うのは、酔ってバーベキューをしながら、でもなかなか難しいと思うわ。ちょっと使ってみて欲しい気もするけど、susieちゃんに。
また飲みたくなってきちゃった、血まみれメアリー1世。知人にいただいた和風タバスコを仕上げに振りかけると、これがまた美味しいの。トマトジュース買いに行こっと。

call me susiecall me susie 2007/03/02 19:07 ふた口飲んだペットボトルのトマトジュースにウォッカ・・・(仕上げにはカイエンペッパーじゃやっぱり駄目かな?)、お行儀の悪さが私にぴったり。飲んで一言、It’s bloody cool.などと言ってしまいそう。

emimiemimi 2007/03/02 20:48 ざましょ。今月末に移転リニューアルオープンするサントリー美術館は、すぐ前に和風庭園があるので、展示を楽しんだ後、池の鯉(未確認、でも多分いると思うの、)でも見ながら、ペットボトル入りのBloody Maryを是非ご一緒しましょう。そして二人で、“It’s bloody cool.”と小声で呟くの。いい気分になったところで、国立新美術館までお散歩。素敵じゃない?

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/emimi/20070220

2007-02-19

切り抜き絵


切抜き絵


ミュンヘンのHさんのお店で買い求めてまいりました、切り抜き絵。白い机の上で撮りましたのでよく見えませんが、それぞれの絵はきれいにカットされ、帯状に細く残された部分で繋がっております。裏面には糊もついておりませんで、シールとは違います。銀の粉が大量に塗されておりまして、それがはらはらと落ちるものですから、この絵を袋から取り出しますと、机の上も部屋の床もキラキラに。

先だっての個展の折に、画家の樋上公実子さんに差し上げたところ、パリ在住のお友達も同じようなものを持っていて、切り取って手紙に入れたりして使っていたのを見たことがあるとのお話でした。愛用の香水を含ませて手紙に入れる、などという使い方もよろしいやも。


ゲーテ・エコバッグ その2


id:shunkohさんがお持ちの、dmのエコバッグ。同じデザインですのに、よく見ましたらゲーテの別の言葉がプリントされていたとのこと。そちらは4年前に買い求められた物。私は昨年。dmのエコバッグにはマイナーチェンジがある、ということなのでしょうか。その時々の企業としてのメッセージをゲーテの言葉を借りて表しているのだったり。なかなか興味深いです。また数年後にドイツを訪れる機会がございましたら、またぜひdmを訪れて確認してみませんと。

実はあれからネットで検索をしまして、同じタイプのバッグが日本国内で販売されているのを見かけました。私が持っておりますのとまったく同じ、だと思いこんでおりましたが、こちらはshunkohさんがお持ちのものと同じバージョンのもののよう。


ホック


動きのあるデコパージュ。洋裁用のホックで留めてみました。極小サイズは紙の厚みに合わず弾け飛んでしまってだめ。やや大きなもので留めましたところ、なんとか動くのですが、もう少し厚手の紙の方が適しているかと。留め金も、研究の余地あり。


shunkohshunkoh 2007/02/21 11:19 こんにちは、shunkohです。dmのエコバッグを日本で販売しているページ見ました。あれが1500円で売っているのは何か複雑な感じですね(^^;

emimiemimi 2007/02/21 13:51 shunkohさん、こんにちは。あのエコバッグがあの価格になるということは、他の商品の仕入れ値も…と思わず計算を。経費等を考えましたら適正ということなのでしょう。売れているのですから、商いとしては成り立っているということ。副業にドイツのエコバッグ専門店を始めましょうか。

shunkohshunkoh 2007/02/21 19:07 それは良いですね(笑)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/emimi/20070219

2007-02-18

CORDES SUR CIEL


CORDES SUR CIEL


事務所の近くには美味しいケーキ屋さんがなく、仕事中に突発的にケーキが食べたくなった時にはいつもコンビニエンスストアでシュークリームを買い求めては欲望を満たしておりました。先日娘にもこの話をしましたところ、「あの、近くの曲がり角のところにあるカフェのケーキはなかなかいけてるわよ」、と。“コルド・シュール・シエル”、事務所から目と鼻の先にございます、広々としたオープンキッチンが印象的な、明るく開放的なお店。コーヒーは飲みに行ったことがあるのですが、ケーキは一度も試しておりませんでした。灯台下暗し。早速、エクレアを買い求め、いただいてみました。びっくり、とまではまいりませんが、たしかに美味。

そういえば、昔、母が作ってくれましたエクレアは、横に切り込みがあり、そこからたっぷりのカスタードクリームが覗いておりましたが、最近のお洒落なケーキ屋さんのエクレアは小ぶりでスマート、そして切り込みがありません。では、どこからクリームを入れるのか。そう、底からなのですね。このコルド・シュール・シエルのエクレアも、底に小さいとはいえない穴が3つ。ですので、手に持って齧り付きますと、重力も手伝い、その穴からクリームが出てきてしまうのです。どうやらこのタイプは、手に持ったりせず、きちんとフォークを使ってお行儀よくいただく、ということを前提に作られているようです。

CORDES SUR CIEL。どのような意味なのか調べてみましたところ、フランスにある街の名前。高台に位置する13世紀の中世城塞都市で、遠くから見ると空に浮かんでいるように見えることから、『天空の街コルド』、と呼ばれているとのこと。

カフェの売店ではパンも数種類売られておりまして、一緒に買い求めてみましたクロワッサンも、バターの香りがふわっと香り、とてもよいお味。他のケーキやパンも、追々試してみることにいたしましょう。


3月3日


プーク人形劇場で3月3日に開催予定の“CINEMA CAF-CONS !! ”というイベントで、チェコのポップアップ絵本の展示販売が行われるとのこと。ぜひぜひ行きたいのですが、その日は仕事が二つも重なっておりまして、時間をどうやりくりいたしましても無理。とても残念。

諦めきれず、本だけでも購入することができないか、問い合わせをいたしましたところ、「物販を総括している担当者から直接連絡をさせます」、とのことで、只今連絡待ち。


トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/emimi/20070218

2007-02-17

ペーパークラフト


・・・?


さて、“Agence eureka”でまた魅力的なペーパークラフトが紹介されておりましたので、早速プリントアウトを。してみましたものの、この動く部分を留めるのに何を使ったらいいのかが思い浮かびません。メッゲンドルファーの絵本で使われているような留め具というのはどこかで手に入るものなのでしょうか。


Gustav Mahler


休日出勤。午前中からずっとマーラーの交響曲を聴きながら仕事を。交響曲第1番から順番に聴いてまいりまして、休憩を挟みながらですが、この時間でようやく第6番イ短調「悲劇的」。どの曲も長大。この第6番の演奏時間は約一時間半。マーラーの交響曲で一番長いのはいったい何番なのでしょうか。どっぷりマーラー漬けの一日。外は雨。雨音とマーラー、なかなかよいものです。


変換


今使っております携帯の変換がちょっとお馬鹿さんで面白いのです。知人の「純枝」さんにメールを書こうと、「すみえ」で変換をいたしましても、変換候補として表示されますのが、「澄江」。続いて、「澄江の、澄江は、澄江が、澄江と、澄江に、澄江を、澄江も」。もう少し進めれば、他の「すみえ」も出てくるのでは、と2ページにしますと、「澄江です、澄江で、澄江という、澄江や、澄江から、澄江だ」。更に進めて3ページめ、「澄江など、澄江だった、澄江って、澄江か、澄江な、澄江とか」。わはは、次まいりましょう。「澄江へ、澄江より、澄江だけ、澄江でし、澄江まで、澄江みたい」。何やら、澄江が主人公の一大叙事詩が書けそうな気分に。次。「澄江について、澄江なら、澄江らしい、澄江だって、澄江なんか」。ここで、最後に「スミエ」、と片仮名の全角半角が表示されて、おしまい。最初の「澄江」に戻ってしまいます。

別ウィンドウを開く検索方法では、「すみえ」「sumie」を含む8種類が出るのですが、「純枝」はなし。ということで、「じゅん」、「えだ」、で変換。

「澄江でし」。ちょっといいですね。私も使ってみようかしら、「emimiでし」。


割りピン・鳩目

f:id:emimi:20070217212017j:image※とりあえず切り抜いてみました。まだ動きませんが。

「割りピン、または鳩目はどうですか?」とのアドバイスを早速いただきました。ありがとう存じます。割りピンですと、厚ケントとは申しましてもぺらぺらですので穴がすぐに広がってしまいそう。鳩目と鳩目パンチを購入することにいたしましょう、と検索をしておりまして思いついたことが。今回のペーパークラフトは留める部分が全部裏側。表からは見えませんので、とりあえず極小の洋裁用ホックはどうかしら、と。今、手元にございませんので、実家に戻りましたら、試してみようと思います。


ありがたや


嬉しくてにこにこ。id:nobodyさんのブックマーク繋がりで、id:shunkohさんが、ゲーテ・エコバッグについて『布袋のゲーテ』を書いてくださっています。なんと同じバッグをお持ちとのこと。意味も調べてくださって、ありがたや、ありがたや。もう一面を“フランス語”と書きましたが、どうやらそうではないよう。あぁぁ、7年間も学校で学んだフランス語でしたのに。あれから二十余年、私の中で熟成されて(変質をして)、いまやすっかり別のものになってしまったようです。

さて、今ひとつだと思ってしまってありましたバッグですが、ライプチヒで着ておりました服には合っていなかった、ということもあるよう。今、見直してみますと、大振りですし、悪くありません。買出しにまいります時には、持って出ることにいたしましょう。


2007-02-16

身不知柿


春の柿


果物が不足しているように見えるのでしょうか。最近、飲みにまいりますとよく果物をお土産にいただきます。画像は、先日まいりましたバーのママからいただきました、「みしらず柿」。渋柿を焼酎でさわした柿。味がよいのが評判で、皇室献上の柿として、地元会津では大変人気のある柿とのこと。どのような方法を使いますのかわかりませんが、とても上手に保存されておりまして、美味しくいただきました。

「みしらず柿」。「見知らず柿」かと思いましたら、「身不知柿」と書くとのこと。由来は、「枝が折れるほどたくさん実をつけてしまう」、「あまりの美味しさに我を忘れて食べ過ぎてしまう」からつけられた、といわれているそうです。どちらにいたしましても、身の程知らず、ということになりますでしょうか。

柿をくださったママは会津の出身。子供の頃父親が、身の丈ほどもある大きな大きな樽にいっぱい柿を並べ、口に焼酎含んでぶーっと吹きかけて、さわしていたのが今でも目に浮かぶ、とのこと。昔はそのようにさわしていたのですね。好みのタイプじゃないおじ様がさわした柿は、ちょっといただきたくないような。さわす。調べてみましたところ、漢字では、「醂す」。


call me susiecall me susie 2007/03/16 19:18 「さわす」初めて知りました(で、辞書を引いてみた)。それで改めて、大体、渋を抜いた柿というものをほとんど食べたことがない、と気づいたわけね。因みに、この辺り(果物屋さん、でなければ、はるばる柿の産地へ買いに行くものと思っていたけれど、大きなお屋敷や田舎の広いおうちには庭に柿の木があったりするのよね)で見掛けるのは、大抵四角張った次郎柿なので、富有柿というものも永らく実物を知りませんでしたし。

call me susiecall me susie 2007/03/16 19:24 手作りのものって(とくに昔の)、作業工程を知ってしまうと「ああ、見なければよかった、今まで美味しく食べていたのに」と思わせられるものが、ままありますね。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/emimi/20070216

2007-02-15

エコバッグ


ゲーテ・エコバッグ


先日、近くのスーパーへ買い物にまいりましたところ、レジで前に並んでいた、ちょっとホスト風のお兄ちゃまが、「あ、袋はいいです」、と言って、マイ・エコバッグに買ったものを詰めて帰ったのです。私は普通のスーパーのレジ袋。偉いわ、負けているわ。そういえば、昨年のドイツ旅行の時にライプチヒのドラッグストアー(dmという、日本のマツモトキヨシのようなお店)で買ってきたエコバッグがあったはず。ライプチヒでは、古書店で買い求めたしかけ絵本を運ぶのに重宝したのですが、なんとなく今ひとつ冴えないデザインということもあり、日本ではしまい込んでしまっておりました。

使ってみることにしようかしら、と取り出してみましたところ、片面はドイツ語、片面はフランス語で書かれた、おそらく同じ内容の文章の最後に、よく見れば、(Goethe)と書かれているではありませんか。これはもしや、ゲーテ。あの、ゲーテ? では、ここに書かれているのは、ゲーテの言葉でしたか。今まで気付きませんでした。書かれておりますのは、

Es ist ein angenehmes Geschäft, die Natur zugleich und sich selbst zu erforschen.

検索してみましたところ、この文には、

weder ihr noch seinem Geiste Gewalt anzutun, sondern beide durch gelinden Wechseleinfluss miteinander ins Gleichgewicht zu setzen.

と続きがあるよう。格言かなにかだと思うのですが、意味がわかりません。ゲーテですので、恥ずかしいような内容が書かれているとは思えませんが、持ち歩くならやはり意味は知りたいもの。買い求めましたときに気付き、ライプチヒでも通訳をしてくださっていたGさんに意味を伺えばよかったです。訳を探してみることにいたしましょう。



つゆだくおでん


終業時間間際、社長が「ビールでも飲むか。あなたも飲みなさい。コンビニで買ってきてくれるかな、瓶ビール。あと、おでんも。僕ははんぺんと大根ね」、と。

いつもまいりますコンビニには、おでん用の容器に大、小、がございまして、小はおでん種4つほどでいっぱいになってしまうサイズ。大は一気に大きくなりまして、小さなバケツほどもあります。一人ずつ分けていただきたいので、小の容器を選択、三個ずつおでん種を選び、詰めてもらっておりましたところ、後ろにいた中国人の若い女性が、「わたしも、おでんください」と。別の店員さんが、「はい。大きな容器と小さな容器がありますが、どちらに?」と訊ねましたところ、「おおきなほうで」、と。(あ、いっぱい買うのね)と思っておりましたら、彼女が慎重に選びました種は、大根とウィンナー巻きの二つのみ。「それだけでいいです」、と他の商品を選びにレジを離れてしまいました。大きな容器を手に呆然としております店員さんと、思わず顔を見合わせて笑ってしまいまして。バケツのような容器の底に、寂しげに並ぶ二つのおでん種。私が、「汁がいっぱい必要なんじゃないですか。」と言うと、「わはは。きっとそうですね。じゃあ、もうたっぷりサービスしちゃいましょう。」と大きな容器になみなみとだし汁を注ぎ入れまして。2つのおでん種は汁にぷかぷか。

さて、部屋に戻り、容器を開けた彼女。果たしてたっぷりの汁に満足したでしょうか。それともアンバランスな汁の量に我が目を疑ったでしょうか。彼女は、「しるをいっぱいいれてください」とは言っていなかったのですから。私の一言は、余計な一言だったかもしれません。きゃあ。


2007-02-14

G.Steglich


ご報告


5月末に、お祖母さんになる予定です。

小さな頃はぽわーっとした女の子でしたのに、高校生ぐらいから、学校もアルバイトも、なんでも自分で決めてさっさと行動に移すようになりました娘。昨年、大学3年で就職を決めて、やっぱり何でも早いわ、と思っておりましたら、なんと結婚、出産するとのこと。最初に聞いた時にはさすがにびっくりいたしましたが、今は孫の顔を見るのを心待ちにする日々。娘のお腹の中の赤ちゃんのことを思う時、不思議と暖かな羊水に包まれているような気持ちになるのです。おそらくそれは、私が母のお腹の中にいた時の記憶。母から生まれた私、私から生まれた娘、そしてその娘のお腹の中で育っている命。

おめでとう。


羊の瞳


一度訪れてみたいと思っておりますお店、『三月の羊』。「ふわふわひつじ」、「ひつじパン」、「ひつじパンデラックス」の可愛らしいことといったら。食べるのを躊躇ってしまいそうなほど。“ひつじの友”チェックをしてみましたところ、残念ながら、「新入生」レベルでしたが、あれこれとても勉強になりました。羊の瞳孔というのは、横一文字なのですね。羊もヤギも実際に見たことはあるのですが、これまで気づきませんでした。今度、動物園か牧場へまいりましたら、じっくりと、羊の瞳を見つめてみることに。


喧嘩はやめなさいって言ってるでしょ


好きな動物を三種類選ぶように言われましたら、「うさぎ、にわとり、ねこ」。特に、普段触れる機会が少ないだけに見ると興奮いたしますのが、うさぎとにわとり。こちらの動画。もう大興奮。


shimakenshimaken 2007/02/14 23:54 「ご報告」のおはなし、おめでとうございます!

jasminejasmine 2007/02/15 01:21 とっても素敵なご報告! emimiさんのメッセージに感動です。おめでとうございます。

oui_et_nonoui_et_non 2007/02/15 02:36 おめでとうございます。グランマですね!

mijokamijoka 2007/02/15 07:35 おめでとうございます!!今隣にいるチビに話したら、「わぁ〜。きっと可愛い子が生まれるね!男の子がいいなぁ」と勝手なことを言って興奮してます。お大事になさってくださいね。

kinakina 2007/02/15 08:00 おめでとうございます!

adramineadramine 2007/02/15 08:15 おめでとうございます。

lovelylovely 2007/02/15 10:07 おめでとうございます。楽しみですね。

dozydaysdozydays 2007/02/15 11:10 お久しぶりです、おめでとうございます!なんてほんわかした素敵なお母様&お祖母様… 赤ちゃんはいいご家族を選んで産まれてきますね。本当に嬉しいです!

emimiemimi 2007/02/15 12:08 皆様、たくさんのお祝いメッセージを、ありがとう存じます。娘もこの日記を読んでおりますので、喜んでいると思います。mijokaさん、チビちゃんに、「どうやら男の子のようよ」、とお伝えください。

nobodynobody 2007/02/15 12:20 おめでとうございますです。

marubomarubo 2007/02/15 13:53 すっかり乗り遅れてしまいました。おめでとうございます。ダブルハピネスですね。

emimiemimi 2007/02/15 19:02 ありがとうございますです。「お腹の赤ちゃんに」と早くもGODIVAのチョコレートをプレゼントされた孫。甘い物を制限中の母親に代わり、私が美味しくいただきました。来年以降が楽しみです。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/emimi/20070214

2007-02-13

Asta Pulkkinen


Asta Pulkkinen


昨年末にプレゼントしていただいた、フィンランドのアスタ・プルキネンという画家のデザインによる、木製の小物入れ。木箱の彫りなど、歪んでいたりもするのですが、素朴でとても美しい小箱。PCの横に置き、メモリーカードなどの細々としたものを整理するのに使っております。

小箱を開ける度に目に入りますのが、ワンタイムパスワード用のトークンという機械。一分に一回、6桁のパスワードを延々表示し続けているのです。そのパスワードを使いますのは年に数えるほどですのに、箱の中で黙々とパスワードを表示し続けている。その健気さがなんですか切なくて。


贅沢おじ様


奥様の体調があまりよくないとの話を聞いておりましたので、連絡をするのを控えておりました、“贅沢おじ様”。先々週、弟の会社を訪れ、「最近、emimiちゃんからぜんぜん電話かかってこないのよね」、とおっしゃっていたとのこと。

あら、それでは、ということで今日、久々に電話をしてみましたところ、なんでも、「先週、富山で飲み過ぎたら鼻血が止まらなくなって、いよいよお迎えが来たかと思ったけど、医者で診てもらったら、年をとるとそういうことはあるから、一週間お酒は控えるように言われて今日がちょうど解禁日なのよ」、とのことで築地で美味しいお寿司をご馳走してくださることに。色々と報告したい話もございますし、美味しいお寿司もいただきたいですし、楽しみ。


贅沢おじ様2


築地で美味しいお寿司をご馳走になりまして、新橋の、おじ様行きつけのバーに連れて行っていただきまして、「タクシーで帰りなさい」、とお札を握り締めさせられて、先ほど帰宅。そのさりげなさが、いかにも銀座で遊びなれたおじ様の振る舞い、という印象。ちょっぴり、銀座のクラブで働く女性になったような気分を味わうことのできる楽しい瞬間です。これが、それこそ本当のお水商売の男女の駆け引きだったりいたしましたら、色々と考えなくてはいけないのでしょうが、「父の親友」ということで、まったく心配なく、(ちゃっかり)贅沢な思いだけさせていただけるのが、幸せ。

あれはまだ私が大学生の頃のこと。その頃は埼玉に住んでいたのですが、やはり贅沢おじ様にご馳走をしていただき、銀座のクラブに連れて行っていただき、「遅くなったからタクシーで帰りなさい」、と確か3万円手渡されまして、「ええっ?!」と放心状態でタクシーに乗り込み、高速をぶんぶん走って帰宅したことがございました。母に話しましたところ、「銀座からタクシーで帰ってきたの?まあ、もったいない。新橋あたりでタクシーを降りて、電車で帰ってくればお小遣いにできたのに」、と言われたことがございましたっけ。(この母にしてこの娘、のちゃっかりぶりです。)

帰り際に、「まだ飲んでないから美味しいかどうかわからいけど」、と手渡されましたのが、ドイツの赤ワイン。なんでも、先日ドイツから届いたコンテナの中に十数本、「プレゼント」として入れられておりまして税関で大騒ぎになり、たくさんの書類を提出し、たくさんの税金を払い、ようやく受け取ったばかりのワインとのこと。「もう2、3日早く電話くれたら、神戸のトアロードのレバーペーストやソーセージもいっぱいあったのに。ちょうどみんなに配っちゃったところでさ」、とも。うぅん、やはり贅沢おじ様には時々電話をしてみなくては。


トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/emimi/20070213

2007-02-12

赤蕪を抱いた、黒うさぎ


“パッションの館”


ドイツ旅行をご一緒したOさんに、先日の個展での写真をお送りしたところ、ご丁寧なお礼状と共に、Oさんの昔の貴重な資料などをお送りいただきました。4月には、ロンドンからやはり同じツアーに合流されたFさんが日本に里帰り帰国の予定。手紙には、「ロンドンのFさんとはもう長い(20年くらい)おつきあいです。彼女もパッショネイトな人ですよ。ぜひ一緒に“パッションの館”へ遊びにいらっしゃい。」と。

この“パッションの館”というのは、Oさんのアトリエ兼ご自宅のこと。ドイツで皆で楽しくディナーを楽しんでおります時に、Oさんが、「常設の館があるんですよ」、とおっしゃったのを、私が「情熱の館」と聞き間違えたところから、そう呼ばれることに。“パッションの館”でドイツ旅行の我侭グループが再結成、とでもなりましたらどれほど楽しいでしょう。

※画像はOさんの作品、(正確なタイトルは忘れてしましたが、)赤カブと黒ウサギ。光に翳すと、目が赤く光るのです。


mobile


先日、記しました、DECOUPAGE MOBILEについて、メールをいただきました。

ちょっと気になった記述があります。

先日の日記でデコパージュのことを書いていましたよね。

「decoupage mobile」のことですが、

「decoupage」はご存知のように、

フランス語で「切り裂く」とか「切り抜く」というような意味の言葉ですが、

「mobile」は英語の「移動性をもった」という意味の「mobile」ではなく、

天井から吊るす「mobile=モビール」のことではないですか?

スペルが同じだから混同があったのだと思います。

糸でぶら下げて「モビール」として遊ぶのではないでしょうか・・・。

糸でぶら下げることによって、

「回転木馬」は文字通り「回転木馬」のようにクルクルと回るのだと思います。

f:id:emimi:20070212205245j:image

目から鱗が落ちました。実は、amikaiでは、mobileは「モビール」と翻訳されていたのです。それでも、作り方に、屋根の上の旗をピンで留めるよう書いてありましたので、モビール=屋根からぶら下がる動物達、それよりもやはり、「動くデコパージュ」なのだとばかり。

早速、ピンを抜き、糸を通してみました。なんと…。目の前でくるくる回るのは、回転木馬そのもの。これは、件のショスタコーヴィチの“セカンドワルツ”が合いそうだわ、と流しながら、くるくる。“Waltz 2”もいいのですが、更に合いますのが同じジャズ組曲の2曲めの“Lyric Waltz”。素晴らしいです。

わざわざメールをいただきまして、本当にありがとうございました。


aquioaquio 2007/02/12 10:13 emimiさん。そうですか、Fさんが四月に帰国されるのですね。それは楽しみなことです。私もFさんとは二十年来のお付き合い。ドイツ旅行我侭グループの再結成といきましょうか。神戸からOさんの「パッションの館」までは車で三時間ほど。Oさんのお好きな焼酎でもぶら下げて行きましょうかね。

emimiemimi 2007/02/12 22:08 aquioさん。ドイツ出張の日記、拝見いたしました。昨年のザイフェンでの個展に続き、今年はペテルスブルク、来年はゾンネベルクでの個展が決まられたとか。おめでとう存じます。さて、Oさんの“情熱の館”でのグループ再結成。ドイツのGさんも、毎年日本にお里帰りをされてるとのお話。もしも時期が重なりましたら、素敵ですのにね。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/emimi/20070212

2007-02-11

恋文


恋文


ミラノへ行っておりますピアニスト1の東京の留守宅に、ちょこちょことした事務処理や、郵便物の整理をしに行ってまいりました。持ち帰る書類をまとめようと輪ゴムを探したのですが見当たらず。ちょうどブルーのリボンがございましたので、それで束ねて持ち帰ることに。リボンを掛けた書類は、輪ゴムでとめるよりもずっとロマンティックで素敵。これからは、小さな書類の束はリボンで束ねることにいたしましょう。味気ない書類も、まるで秘められた恋文のよう。


飾り棚


木製の玩具やら、錫製品やら陶磁器やら、好きで集めてきたものがたくさんあるのですが、飾る場所が足りません。ムラノグラスも、セランゴールピューターも、くるみ割り人形も。棚があれば飾ってあげたいものがあれこれ眠ったままに。部屋を見渡し、棚を取り付けられそうな場所を探してみているのですが、何もない壁面はコンクリート。コンクリートの壁に、後付けで棚を取り付けるというのは、可能なのでしょうか…。


catfishcatfish 2007/02/12 15:31 コンクリート面に棚をつけるには、5mm以上の穴を数個開ける必要があります。賃貸物件なら後のことも考慮しなければならないでしょうし。壁紙を張り替えればどうってことないのですが。 追伸 日曜の深夜に「さより」1羽

emimiemimi 2007/02/12 20:24 そうですか。では、不可能ではないのですね。棚から牡丹餅、は嬉しいですが、素人が取り付けて、棚そのものが落ちたりしては困りますので、一度内装屋さんに相談してみることにいたしましょう。ただ、作り付けてしまうと、家具のように簡単に模様替えはできませんし、どの位置に、どのような棚を付けるのか、よく考えませんとね。さより。土曜日に、「恋におちたシェイクスピア」の途中からと、「私の頭の中の消しゴム」、「チョコレート」の途中まで、見たのですが出会えませんで。今週は日曜日に1羽でしたか。

catfishcatfish 2007/02/12 21:00 飾り棚としては、簡単、安価、見映、するものがホームセンター、ハンズ、で入手できます。コンクリートの穴あけも道具さえあれば女性の細腕でも造作もないことですし、その工具類も今は驚く程安くからあります。とは言っても、どんな簡単な作業にも、それなりのノウハウが必要なことも申しそえておきます。

emimiemimi 2007/02/12 22:21 コメントを拝見いたしまして、自力で棚をつけてみようかしら、という気持ちがむくむくと。内装屋さんに話をする前に、一度ハンズへまいりまして相談してみようかと思います。壁を見つめながら考えますに、平行に取り付けるのがとても難しそう。失敗して斜めになってしまったら、「これは玩具達の為に滑り台を作ってあげたのよ」、と自分自身を納得させることに。などと考えること自体、自分の腕に不安があるということですね。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/emimi/20070211

2007-02-10

黒豆


丹波篠山の黒大豆


昨年末、ピアニスト1が送ってくれました、丹波の山の芋と黒大豆。山の芋は、麦とろと、だんご汁で、黒豆はふっくらと煮て、どちらも美味しくいただきました。山の芋も黒豆も、今までいただいた中で一番。どちらも『篠山食料品店』というお店の品。以前、黒大豆枝豆を送っていただいたことがあるのですが、そちらも驚くほどのお味のよさでした。志の高いお店、かと。黒豆好きの方はぜひ一度。


更新後の免許証の色:ゴールド


「運転免許証更新のお知らせ」、が届きました。スピード違反で免許停止になりましてから5年経過した、ということになるのでしょうか。優良運転者に復活、嬉しいです。視力が合格基準を下回っておりますので、メガネを忘れないようにいたしませんと。


トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/emimi/20070210

2007-02-09

Flade


Flade


フラーデ工房の人形。台座を入れましても4センチほどの小さな人形です。髪は亜麻。背中にはブルーの羽。亜麻色の髪の天使が手にしておりますのは、小さな小さなマトリョーシカ。


The Second Waltz   


フラーデで検索をしておりましたら、フラーデのオルゴールが販売されているページがございました。フラーデらしい、たいへん可愛らしいオルゴールなのですが、曲名を見て、びっくり。ショスタコーヴィチの「セカンドワルツ」と書かれているではありませんか。ショスタコーヴィチのジャズ組曲 第2番の“Waltz 2” 。ズンチャッチャ、ズンチャッチャ…の伴奏にのせて奏でられる物悲しくもなんともべたなメロディー。サーカスのテント小屋で流れていたらぴったりのこの曲が、ドイツ、ザイフェンの工房で作られているオルゴールに使われているとは。ザイフェンを再訪する機会がございましたら、ぜひ探して聴いてみたいです。

ちなみに、ショスタコーヴィチのフルネームは、Dmitrii Dmitrievich Shostakovich、ドミートリイ・ドミートリエヴィチ・ショスタコーヴィチ。


ド、はドーナツのド。い、は…


娘の友人のYちゃんと電話で話しておりまして。

Y:「あの、あらいさん、という方にチラシを送っていただきたいのですが」

e:「はい、わかりました。あらい、は漢字ではどのように?」

Y:「はい、あらいの、あらは、新しいという字で」

e:「はい、新しいのあらですね。い、は?」

Y:「い、は…ですね…」

e:「井戸のい?」

Y:「いえ、そうではなくて、ええと…居留守のい、です」

e:「あはは。はい、新しいの新に、居留守の居で、新居さんですね」

と、私も人のことを笑える立場にはないのですが。先だって、やはり電話で「の」、という字を説明するのに、何の「の」か、がまったく思い浮かばず、「の、はですね…まず、漢数字の一を書いてみてください。そのまま90度下に少しだけ下りて、すぐに90度右に、またすぐ90度下にぐっと下りて…」などと説明をしておりましたら、隣から社長が笑いながら、「それは、乃木神社の「の」、ですって言えばわかるんじゃないの?」と。わはは。確かに。でも、咄嗟に出てこないことって、あるんですよね。


kinakina 2007/02/09 13:53 おお、なんと愛らしい。素敵なお人形ですね。

emimiemimi 2007/02/09 23:46 そうなのです、kinaさん。手にすると、微笑まずにはいられない可愛らしさ。フラーデの人形には多くの種類があるのですが、特にこの子は、色合い、バランスともに優れた器量好し、だと思います。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/emimi/20070209

2007-02-08

でこぽん


でこぽん


このところ、弊社はやや多忙な日々が続いております。今日は夕方社長が、「こんなに働いたら馬鹿になりそうだ。一杯飲み行くか?」、とタクシーで新橋の炉辺焼き屋へ。熱燗と共に久々にいただいたニシンの塩焼きが美味しかったこと。

その後、タクシーでまたまた社長の地元の森下へ。いつもの飲み屋さんには、いつもの常連さんが。楽しく語らい、社長の飲み友達のパン屋のご主人からはパンを(有名なお店でテレビでもよく紹介されているのだとか)、別の友達からは“でこぽん”をお福分けしていただき、手土産いっぱいで帰途に。

今日はもう遅いので、明日の朝いただいてみることに。


犬筥


時折コメントをくださいます知人のjasmineさんの日記で紹介されておりました、犬筥(いぬばこ)。なんでも、マリー・アントワネットも持っていたそうで、子供の頃からの大切な宝物をしまっておく為の犬の形をしたボックスとのこと。

この話で思い出しましたのが、昨年、ザルツブルクの玩具博物館で見かけました、ドールハウスに飾られておりました、謎の張子の犬

jasmineさんによりますと、日本では、犬張子・犬箱とも呼ばれる美しい犬形の張子細工を、安産のお守りや幼児の魔除けとして産室に置いたり、また、古い時代には魔除けとして、幼児を襲う災などを吸い取らせる目的で枕元に置かれたりもしたのだとか。ザルツブルクのございます、オーストリアはマリー・アントワネットがマリア・テレジアの娘として生まれた国。犬筥。もしや、日本、オーストリア、フランス、と繋がりのあるお話なのではないかしら、と。

f:id:emimi:20070209010858j:image

※検索で見つけました、マリー・アントワネットの犬筥として紹介されておりました画像。


嬉しい発見


大好きな“Agence eureka”のpita ou franckさんが、なんと、他にも3つのブログを持っていることに、今、気付きました。ちらっと拝見しましたが、どれも素晴らしい。ゆっくり楽しませていただきます。ああ、気付いてよかったぁ。


jasminejasmine 2007/02/09 23:33 わぁ〜 さすが「検索女王」emimi様! 見つけて頂きましてありがとうございます。 張子の犬の謎も解けそうですね。

emimiemimi 2007/02/10 02:02 jasmineさん。こちらこそ、興味深いお話をご紹介いただき、ありがとうございました。犬筥、御伽犬、ともいうようですね。ヨーロッパとの繋がりを「検索」しているのですが、なかなか見つけることができませんで。

call me susiecall me susie 2007/02/11 17:02 「でこぽん」以前お友達にいただいたものが素晴らしく美味しくて(本当に持つべきものは友達、私は恵まれてます)、感動したことがあります。でも、お値段によりけり、というのか、どの「でこぽん」も美味しいってわけじゃないのよねえ、残念ながら(で、また、物凄くお値段に開きがあるの)。ついでながら、「産まれる」は「生まれる」ではないでしょうか、仔犬でなく、マリー・アントワネットの場合は(意図したことと違ったら、ごめんなさい。この歳になると気になることには黙っていられないもので)。

emimiemimi 2007/02/12 00:17 susieちゃん。産まれる、直しておきました、ありがとう。どんどん、びしびし指摘して。たまに古い日記を読み返しては、ちょこちょこ気付いて直したりもしているの。
そう、いただいた「でこぽん」も美味しかったけど、私は、susieちゃんに送っていただいた(私も、よい友人、知人に恵まれています)、ニュー・スカーレットの方がずっと好き。来週、紀尾井よね。私は結局チケットは入手しなかったのだけど、お茶をご一緒する時間はないかしら。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/emimi/20070208

2007-02-07

切手


ドイツの切手


DEUTSCHE DEMOKRATISCHE REPUBLIK

VOLKSKUNST AUS DEM ERZGEBIRGE


謎のスーツ


いつからそこに掛けてあるのか思い出せないのですが、事務所に社長のスーツが一着、ずっと掛けたままになっているのです。昨日のこと、社長が、

社:ここにどうしてスーツがあるのかが謎なんだよな。

e:そうですよね。一度、着ないで帰った日があるとしか考えられないですよね。

社:それはいくらなんでもないだろう。

e:実は、事務所で一人で飲んで、酔っ払ってしまって、スーツを脱いで、ネクタイ一つで帰ったことがあるんじゃないですか?

社:わはは。そうなったらもう終わりだろう。

ということで、辻褄を合わせるためには、一度二着重ね着をして帰ればよろしいのではないでしょうか、社長。


鍵盤王子


昨年、ピアニスト1が共演いたしました、Mさんという超絶技巧の持ち主の男性ピアニストがいるのですが、そのMさんプラス二人のピアニスト、キーボーディストによって結成されましたトリオが、「鍵盤王子」。「鍵盤王子」、この言葉がここ数日頭から離れませんで。印象に残る素敵なネーミング。

どうでしょう、この際、ピアニスト1も、「鍵盤王子」の向こうを張り、女性ピアにニスト三人で「鍵盤王女」というユニットを結成しては。そして将来的には、「夢の競演・鍵盤王子と鍵盤王女による、鍵盤舞踏会!!!」。

「鍵盤王子」、週末には渋谷で無料ライブがあるよう。聴きに行ってみようかしらん。


トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/emimi/20070207

2007-02-06

”Mon Minet”


"Mon Minet"


このペーパークラフトはとても簡単。

猫の目を動かして遊びます。


携帯を電車内に忘れたら


地下鉄に乗っておりましたら、突然、点灯した懐中電灯を手にした駅員さんが車内に乗り込んでまいりました。何事かと思いましたら、「おそれいりまーす。お客様が、携帯電話を座席に忘れてしまったとのことです。お座りのお客様、お手数ですが携帯電話がないかご確認いただけますでしょうか」と。車内放送でも、「お待たせいたしております。ただいま、お客様の忘れ物を捜索中です」。東京メトロでは、電車内に携帯を忘れると、こんなに一所懸命対応してくれるものなのですね。

車両の中ほどまで駅員さんが進んだところで、乗客から、「ありましたよ!」の声が。「あ、ありましたか。ありがとうございます」、すぐに車内放送でも、「捜索が終了いたしましたので電車すぐに発車いたします。お急ぎのところ申し訳ございませんでした」、でドアが閉まり発車。無事に見つかりよろしゅうございました。もしも携帯を車内に置き忘れたら、諦めずに駅員さんにお願いしてみるものですね。

少々気になりましたのが、駅員さんが手にした懐中電灯。明るい車内。座席に置き忘れた携帯を探しますのに、何ゆえ懐中電灯を。


オープニングスタッフ採用


3月30日にオープン予定の、ザ・リッツ・カールトン東京。今日、前を通りましたらすでにベルボーイと思しき男性が数名入り口に立っておりまして、訪れた人達を案内しておりました。もう何かイベントを?と思いましたら、今日はこちらの『料飲部サービススタッフ 採用オープンハウス』の開催日。これを見ますと、多くのポジションをまだこれから採用、教育するようです。

オープンまで約一月半。リッツ・カールトン・ミスティークを高め…ますのも大急ぎで、ですね。


明日を担う


オペラシティコンサートホールで、少々長いタイトル、「明日を担う音楽家による特別演奏会2007」を聴いてまいりました。文化庁の『芸術家在外研修(新進芸術家海外留学制度)』、により海外に派遣された若手音楽家による、お勉強の成果お披露目コンサート。オルガン、ヴァイオリン(は2名)、サクソフォーン、フルート、ピアノ。オルガン以外は全てオーケストラバックという、盛りだくさんで楽しい演奏会でした。

ただ、今回は二階正面、後方の席だったのですが、あまりの音の悪さにびっくり。ホールの構造上の問題なのでしょうが、舞台の音がなんとも響きの乏しい音としてひょろひょろとやっと届く、という印象。オペラシティのコンサートホールのチケットを取る時に、避けたほうがいいエリアとして覚えておくことにいたしましょう。


暖か


今日はとても暖かな一日でしたね。コンサートを聴きに行くため事務所から六本木の駅まで歩く途中、どうしても暑くてマフラーを取り、コートを脱ぎ。まるでイソップ童話の『北風と太陽』。

そういえば、このところ東京ではその筋の関係者による発砲事件が頻発しております。直接関係はないのでしょうが、昨日も、事務所のすぐ近くにございます大手建設会社の前に、いかにもその筋の方々のものと思われます車がずらりと並び、親分が仕事(?)から戻るのを待つ、強面の運転手さん達が楽しげに歓談しておりました。赤坂という土地柄、ぼんやり歩いていて流れ弾に当たったりしないようにしたいものです。


トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/emimi/20070206

2007-02-05

DECOUPAGE MOBILE


DECOUPAGE MOBILE


組み立ててみました。計算しつくされたものではないようで、メリーゴーラウンドを回る動物達を支える棒が長過ぎて足が床に横たわってしまったり、丸い屋根の飾りの長さが足りずに隙間が開いてしまい、一度剥がして屋根の縁を少しカットして貼り直したり。MOBILEとは名ばかりで、どこも動かなかったり。昔、子供用の雑誌に付いていた付録を組み立てる時にいつも感じました、あの、「丁寧に作ってもきちんとできない理不尽さ」を思い出してしまいました。

それでも、手の平にのせ、台座ごとではありますが、ゆっくりと回しますと、鄙びた遊園地の小さな回転木馬に見えてまいりまして。BGMに、手回しオルガンの音がほしいところです。


鍵が抜けない


副題:誤挿入が招いた思わぬ窮状

今夜の出来事です。届け物がございまして、娘の事務所へ。ちょうど誰も事務所にはおりませんでしたが、鍵を一つ預かっておりますので問題なし。オートロックの建物ですので、まず入り口のロックを解除し、エレベーターで目的階へ。事務所のドアを開けようと鍵を鍵穴に挿し込んだ瞬間、「あ、違う鍵…」、と気付いたのですが時すでに遅し。キーホルダーに付けておりますのは現在8個。うっかり違う部屋の鍵を差し込んでしまったのです。簡単に抜けるだろうと思いましたら、ほんの先っぽだけしか入っておりませんのに、これが、びくともしないのです。困りました。引いてもだめ、軽く押して、引いてもだめ。右に回してもだめ。左に回してもだめ。鍵の角度を微妙にあれこれ変えて動かしてみましてもだめ。ああ、私ってなんてお馬鹿なのでしょう。あまり無理をして拗らせてもいけない、と自力解決は諦め、娘の携帯に電話。事情を説明すると、「24時間対応の鍵屋さんがあると思うから、そこに電話して来てもらうしかないでしょう」、と。携帯で娘が検索をした鍵屋さんにすぐに連絡。状況を説明。「わかりました、が、見てみないとなんとも言えない」とのこと。まあ、確かにそうでございましょう。世の中には鍵で困っている人が意外に多いようで、2時間ほど待ちましたが、作業員さん到着。娘の事務所の社長と娘に立ち会ってもらい、無事に(あっさりと)鍵を取り外すことができました。よかった!さすがプロ。鍵も鍵穴もまったく問題ないとのこと。少々お高く(1万円弱)つきましたが、よい勉強となりました。教訓、鍵穴にうっかり違う鍵を挿しこむと大変なことになる、こともある。


トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/emimi/20070205

2007-02-04

くるみ割り人形


くるみ割り人形ストラップ


内羽がすぐに取れてしまう為、オーナメントに戻しました、てんとう虫君に替わるストラップ。知人より、一部分が壊れてしまったミニチュアのくるみ割り人形をお譲りいただき、贅沢にもそれをストラップに。体長2.5センチほど、精巧に作られました小さな小さなこのくるみ割り人形のモデルは、バイエルン王、ルートヴィヒ2世。ワーグナーを讃美し、ノイシュヴァンシュタイン城を築き、美青年を愛し…狂王と呼ばれ、湖で謎の死を遂げたルードヴィヒ。

お鼻が取れてしまった私のルードヴィヒは、こけしのような愛らしい表情。


トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/emimi/20070204

2007-02-03

DECOUPAGE MOBILE


DECOUPAGE MOBILE


デコパージュその2。こちらのメリーゴーラウンドは、カーブや円筒部分がたくさんあり、ぎざぎざの糊しろも多いので、厚ケントでは組み立てが難しそう。ということで、BIO TOP COLOR120という、厚さ約0.159mmのオーストリア製の紙を使用。色はクリーム。ホワイトよりも、裏面が見えてしまった時の不自然さが少ないかもしれません。この厚みですと、カッターを使わずに細かい部分も楽にはさみでカットできました。

問題は組み立て。MOBILEというからには、動くように考えられているのでしょう。ちょこちょこと説明が書き込まれているのですが、フランス語。bouchonはplug、guireはgear、toitはroof…Amikaiで翻訳したものの、筆記体が読み取れない単語も多く。さて、無事に組み立てられますやら。


ふぐ鍋


今日は実家でふぐ鍋。母が豪華にふぐを購入いたしましたので、ふぐ、野菜、野菜、ふぐ、野菜、野菜、…と食べる必要がなく、ふぐ、ふぐ、ふぐ、ふぐ、ふぐ、ふぐ…と食べ続けても冷たい視線を感じることがなかったのが、とても幸せでした。それでも食べきれずにふぐが余ってしまいましたので、お雑炊は明日のお楽しみに。


乾煎り


昨日ご紹介いたしましたおからの作り方に、「まず最初にフライパンで乾煎りすると、湿気がとんでうまくいきますよ」、とのメッセージをいただきました。実は、きちんと乾煎りをしていたこともあるのです。でも、一度水分を飛ばしたおからに、おだしをたっぷり吸わせてしまう。そしてその水分を飛ばす、というプロセスを経ずとも、湿ったままのおからにおだしを含ませても結局は同じなのではないかしら、と今の方式に。しっとりと仕上げたおからが好き、ということもございましたし。

でも、乾煎りをいたしますと、日持ちがよくなるそうですし、お味も一味よくなるのかも。次回はまた久々に、きちんと乾煎りをしてみることにいたしましょう。


[]鶏さより、久々


きゃああん。ようやく、鶏さより、3話めを観ることができました。映画、『アバウト・シュミット 』の放映後の、午前2時過ぎ。今回は1話のみ。放映されましたのはこちらの第5話。

5:「Ene Ei Hoort erbij」

朝の定番メニューといえば、紅茶にトースト、そして卵。卵は、自給自足でっと。コンコンコンとスプーンでたたけば、中から美味しい…愛が生まれ…た…ポ♥

絶対に、『鶏さより』の作者は鶏の生態について詳しい人であろうと思っておりましたが、今日の第5話で卵から生まれたヒヨコが「コケー!」っと鳴くのを聞いて、あら?夜更かしをして一緒に観ておりました母に、「ひよこは、ぴよぴよ、よねえ」、と話しかけますと、「これは日本の?」、「ううん、オランダの番組らしいわよ」、「じゃあ、もしかしたらオランダのひよこは生まれてすぐにコケーって鳴くんじゃないの」。わはは。それはないと思いましてよ。確信はございませんが。

でも、考えましたら、鶏が朝食にトーストと卵を食べますのも、ぽこっと産んだばかりの卵からすぐに雛が孵るのも、妙といえば妙なお話。深く考えずに楽しむのがなにより、ですね。

※タイトル横の、[さより]をクリックしていただきますと、さよりについての日記一覧へ。


catfishcatfish 2007/02/04 10:24 3羽目いや、3話目視聴おめでとうございます。先日久しぶりに生の鶏の声を聴き、一瞬『さより』?、とおもい覘きにいくといました、5羽。

emimiemimi 2007/02/04 13:45 catfishさん。さすが、さよりファン。見逃してなかったのですね、5羽め。私も、油断をしてテレビ画面に背を向けておりまして、さよりの声に慌てて振り向き、思わずテレビに駆け寄りました。残り、12羽。

mejinamejina 2007/02/05 22:37 はじめまして。私も今年になって『さより』を発見!一目でとりこになる始末・・・鳴き声が「ホケーッ」と聞こえませんか?これまで7話視聴しましたが、先週はなかなか会えなくて寂しかったです。。。今夜は会えるかしら。。。

mejinamejina 2007/02/05 23:01 先ほどコメントした後でムービープラスの華麗な日記をよくよく読んだところ、12話見ておりました。やはり23時以降の番組の間で放映されることが多かったように思います。友人のだんなさま(アメリカ人)も『さより』を観て楽しそうに笑っていたと聞きました。グローバルに人気を獲得する日も遠くないかも・・・

emimiemimi 2007/02/05 23:37 mejinaさん、はじめまして。さより、ずいぶんたくさんご覧になられたのですね。もうあと3話でコンプリートではありませんか、すばらしい。そう、『さより』の鶏語は、翻訳も字幕も必要ない、世界共通語ですものね。
海外でも愛されているのでは、と動画サイトで探してみたのですが、なかなか見つかりませんで。もしも、オランダ、もしくは他の国で放映された時のタイトルなど、おわかりになりましたら是非情報をお寄せくださいませ。

ラッテラッテ 2007/02/21 21:09 初めまして。遂に見つけました!さよりちゃん。オランダのVPRO Television制作のKipという番組です。VPROのホームページでクリップも見れます。沢山見れて幸せ・・・プクー!

emimiemimi 2007/02/21 21:33 ありがとう存じます!!!よくぞ見つけてくださいました。早速日記で紹介させていただきます。感謝感激。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/emimi/20070203

2007-02-02

grün rot alle


[]grün rot alle  10


Ende! sagt der frosch und macht das Fenster zu.


おから


久々におからを炊きました。娘とも話していたのですが、どうして、居酒屋ですとか、旅館ですとかで供されますおからは、あのように甘いのでしょう。娘曰く、「でんぶみたい。あの甘さが、おから嫌いの子を増やしていると思う」。私もそう思います。普通に炊けば、普通に美味しい。甘甘にしない方が、絶対に美味しいと思うのです。

今回は娘の提案で、ひじきを一緒に炊いたところ、これがまた大変結構でしたので、ひじき入り版の作り方を簡単にご紹介。

材料:おから(良質のおからを手に入れるのが大きなポイント。できましたら、味のよいお豆腐屋さんのものを。)

    鶏ひき肉、干ししいたけ、にんじん、長ネギ、めんつゆ、卵、(彩りにインゲン)。

作り方:鍋に油を敷き、鶏のひき肉、戻して千切りにした干し椎茸、人参(も千切り)、戻したひじきをさっと炒める。そこに、おからをそのまま加えて更に炒める。めんつゆ(あまり甘くないタイプを。甘い場合は、醤油、塩、酒で調節。)、を適当に水で薄めたものを全体に回しかけ、混ぜながら少し水分を飛ばす。仕上げに、刻んだ長ネギと、溶き卵を加えて混ぜ、火が通れば完成。彩りに、茹でたインゲンを刻んで散らしても。

甘くないので、たくさんいただけます。ほんの少しのおからでも、おどんぶり一杯できてびっくりしますが、我が家ではあっという間に食べてしまいます。甘いおからしかご存知ない方は、ぜひ一度お試しを。


節さんのお話、続き


渡米してすぐに離婚。龍は、みどりが17歳の時、再婚した夫との間にできた子供。

まだ龍が小さかったある日のこと、アパートのドアマンが、「どうしておまえの息子は幼稚園に行かないのか?」と。「いいのいいの。うちの子は、家でヴァイオリン弾いてますから」、と答えると、「それはあかん!幼稚園は義務教育や」。という話を聞いて、慌てて幼稚園を探したがどっこも欠員なし。「幼稚園が義務教育だと知ったからには、もう龍を連れて町は歩けない。捕まるかもしれなし。心配で夜も眠れない」とみどりに話すと、「まかしとけ!」と言う。「どんなコネがあんねん?」と訊くと、「セント・ディビッド・スクールという男子校の、音楽の先生を知っている」、と言ってすぐに頼みに行ってくれたが、「空きが出たらすぐに知らせる」、との答え。みどりは、「必ず、すぐに連絡ください、と頼んで帰ってきたが、これは、とどめを刺しとかんとあかんなあ」、と言って、再び学校へ。この学校は、ニューヨーク市長の息子や、イランのシャーの息子が通うような学校。「私が、ファンドレーズン(寄付金集め)のためのコンサートをしましょう」、と申し出、コンサートをしたところ、寄付が集まった。学校側は、「来年もやってくれるか?」、「もちろん。弟を入学させてくれるなら、いつでも」、「じゃ、弟さんOK」、ということで龍の入学が許可された。


Je m'excuse.


フランス人はなかなか謝らない、と言いますよね。道を歩いていてぶつかっても、約束の時間に遅れても、まず謝らないと。

昨日から今日にかけて、フランスの超有名ブランドCの日本法人スタッフを相手に仕事をしながら、「あなた達は、謝らない、という部分だけ“フランス人”になってしまったようね」、と思わず嫌みを言いたくなるような遣り取りが続き、もう辟易。

例1:公演情報を掲載予定しておりました雑誌に、コンサート情報が掲載されませんでした。掲載の手続きを依頼しておりましたプロデューサー氏に問い合わせの電話をしましたところ、謝るどころか、「あれ?担当者の名前、メールしませんでしたっけ?送ったはずだけどな。おっかしいなー」、と。「では、そのメールを再送してください」、と言ってしまおうかとも思ったのですが、そんなことを申しましても相手を追い詰めるだけ。状況から、どう考えましても先方のうっかりミス。彼の部下も、それよりも彼自身が一番よくわかっているはず。自分のミスに腹がたっているのかなんなのか、まさに、(これが逆ぎれというものね)、という不機嫌さ。その後、掲載の担当者に直接連絡をとり、次号と次々号での情報掲載を無料で行うという約束を取り付け、謝罪の言葉を得るよりも、とりあえずは実を取ることに。

例2:その企業のサイトからコンサートの申し込みができるようになっているのですが、リンクを張り間違えたようで、違うコンサートシリーズの申し込みページに。すぐにメールで事務局に修正を依頼しましたが、「確かめましたが、問題なく申し込めている。そちらのサーバが不安定なのではないか。再度確認してください」との失礼といえば失礼なメールが。すぐに確かめるも、やはり違うシリーズのページへ。念の為に、知人数名に連絡をし、申し込みを試してもらい、不具合を確認。再度「やはり申し込めない。http://×××××から入って確認してみていただけますか」とメール。その日はそのまま返答無し。夜遅い時間に確認したところ、リンクの張り間違えは修正されておりまして、あ、やっと対応してくれたんだわ、と。知人にも、修正されていたことを報告。が、その翌日、事務局の担当者からは、「先ほども確認いたしましたが、現在も問題なく申し込みはできております。やはり一時的に不安定だったのかと。これからも宜しくお願いいたします」との、とぼけたメールが。現在も、だそうです。

がるるる。いったいなんなんざましょ。

もしや、さすがフランス企業。「やたらに、申し訳ございませんでした、と謝罪をしてはいけない。簡単に非を認めてはいけない」、と社員に教育しているのだったりして。でもここは、日本でしてよ。


トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/emimi/20070202

2007-02-01

grün rot alle


[]grün rot alle  9


Wunderbar! ruft der Frosch,

und alle gehen jetzt ins Farbenland.


五嶋節さん


ある研修会で、五嶋みどりさん、五嶋龍君、の二人のヴァイオリニストを育てた母として有名な、五嶋節さんのお話を伺う機会を持ちました。

興奮するとつい、北河内弁になってしまう、というそのパワフルな語りは、ご自身もおっしゃるように、まさに漫談。質問形式のお話のそのほんの一部分を。

■感性豊かな子供に育てるには?

感性豊かな子になどと、特別なことは何もしていない。ただ、自分が好きな事を、子供も一緒にしてきた。例えば読書。テレビを見るよりも、本を読むほうがずっと好きで、たくさん本を読んだ。読んだ本について自分の中で消化してどういう本だったかを子供に伝える。そうすると子供も興味を持って読むようになる。そして、感想を話してくれる。それがとても楽しい。

子供が成長すると、小難しい本を読むようになるが、ずっと同じ本を読んできたので、当然母親も読むと思って買ってくる。「サマセット・モームと大江健三郎の作品の比較対象」とかなんとかインテリぶっちゃって、「こんな本読みたくないわ」と思いながらも、娘に「ママ、読んでる?」、と訊かれると、つい「うん、読んでるよ。」と答えてしまい、仕方なく読み始めたら、はまってしまった。もう止まらない、次は、次は…と読みたくなる。

でも何も気取って音楽や、本の話ばかりしているわけではなくて、演奏家や指揮者について、「○○はゲイだ」、とか「□□が産んだ子供の父親はいったい誰だろう?」などという話もよくする。感性豊かな子を育てる、とか、五感を使ってどうする、なんて考えるよりも、自然に接してきた。

■アメリカ渡米

みどりが10歳の時に渡米したのは、言われているように、「娘のヴァイオリンのため」というのは嘘。夫と、どうしても合わずに、「離婚したい離婚したい」、と思っていたが、実家からは、「かっこ悪い。姉の子供の縁談に障る。帰ってくるな。」と言われ、それなら日本でも外国でもどこでも一緒や、いてまえー、っと親子で家出をしただけ。

350万持って、英語もまったく話せないが、スカラシップで学費は出してくれるというし、行ったらなんとかなる、と思ったがこれがならなかった。マクドナルドで注文さえできない。小学校しか出ていなそうなマクドナルドのお姉ちゃんに馬鹿にされる。毎日、みどりにだけはマクドナルドのハンバーガーを食べさせ、自分はそれさえも食べるお金がなくて、ブロッコリーを茹でて、ちびちび食べていた。ホームレスがゴミ箱から、美味しそうなサンドイッチを拾って食べているのを見て、「みどりに食べさせてあげたいな」と思うぐらい、本当に貧乏だった。

当時(節さんは)32歳。英語は話せないし、特に資格はないし、で仕事を探してもみつからない。日本食レストランの、皿洗いやお運びの仕事ならあったが、提示されたのは時給2ドル。後はチップで稼げと言われた。その金額で働こうかどうしようか迷った。でも、娘の学校の送迎もできなくなる、レッスンもしてあげたい、図書館でレコードを聴いて勉強もしてみどりに伝えたい、と悩んだ末、結局仕事はしないことに。お金はなくなる一方。どんどんお金が減っていくというのはたいへんな恐怖。皆さん、人の不幸話というのは蜜の味ですやろ。

2月に渡米して、その年末に始めて、ズービン・メータ指揮のコンサートのスペシャルゲストの仕事が入った。よっしゃ、これでギャラがもらえる、と喜んだが、これはなんとギャラの出ない仕事だった。が、これがきっかけになり、1回6万で仕事が入るようになった。その後はとんとん拍子、かと思われたが、みどりが拒食症になり、一日10万の病院に入ったので、またどんどんお金はなくなった。回復して、仕事をはじめ、またお金がどんどん入ってきたが、今度は財団を作ってまたお金はどんどん出て行っている。お金というのは回るもの。

■親子関係・子育ての原動力

子供が赤ちゃんの時、抱いていると、にこーっと笑う。こんな自分に、笑いかけている。自分にとって、世界一のものを授かったな、と思った。子供の寝顔というのは天使。「昼間、あんなに叱って悪かったなあ」、と思う。「夕方まで、「こんちくしょう」と思っても、寝顔を見ると、「私は鬼だったなあ。明日はいい親になろう」と思う。世界一の宝物を授かった、自分の子供は世界一だ、という想いが原動力。

ある時テレビの取材があって、龍との、こう、いい親子関係を撮ろうとしていた。龍はちょうど反抗期。煮えたぎるような厳しいレッスン風景を撮った後、テレビクルーが、「龍君ね、実はお母さん、夜、龍君の寝顔を見ながら、「いい子だな、世界一だな」、って言ってたんだよ、」と。ばっと龍にライトが当たる。さあ、ここで何を言うか、と皆が待ち構える中、「テレビ用にママはそう言ったの?」、と訊いた。放映はされませんでした。

アメリカでは18になると離れなければいけない。子供も自立。親も自立。18で離れなければいけないのがわかっているので、余計18まではべたべたした。今は二人とも離れてしまい、寂しくて寂しくてしかたない。


トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/emimi/20070201
 | 
Mail

◆検索エンジンからいらしてお探しの文章が見つからない場合は、上部にございます検索窓に文字を入力後「日記」をクリックし、検索をしてみていただけますでしょうか。
◆本のご紹介、引用、リンクなどで問題がある場合にはすぐに削除いたしますので、お手数ですが上記アドレスまでお知らせくださいませ。