clair de lune


2003 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 05 | 06 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 |

Votre âme est un paysage choisi
Que vont charmant masques et bergamasques
Jouant du luth et dansant et quasi
Tristes sous leurs déguisements fantasques.

Tout en chantant sur le mode mineur
L'amour vainqueur et la vie opportune
Ils n'ont pas l'air de croire à leur bonheur
Et leur chanson se mêle au clair de lune,

Au calme clair de lune triste et beau,
Qui fait rêver les oiseaux dans les arbres
Et sangloter d'extase les jets d'eau,
Les grands jets d'eau sveltes parmi les marbres.

Paul Verlaine (Fêtes galantes)



                   ※最近は こちら(facebook)に時々アップしています。

 | 

2008-12-31

黒豆、山の芋


御節料理


昨夜から下ごしらえを始め、今日は朝から母とおせち作り。

お雑煮、お煮しめ、数の子、柿なます、伊達巻、黒豆、田作り、…。おせちを作ったからといって三が日、台所に立たずに楽をできるというものでもないのですが、毎年のことですしこれはこれで楽しいもの。役割分担も決まり、黙々と作っております。

画像は、ピアニスト1から届きました、『篠山食料品店』の黒大豆と山の芋。これが、黒豆も山の芋も素晴らしく美味。黒豆は早速煮始めております。以前、丹波でも有名だという別のお店から取り寄せをしたことがあるのですが、豆の大きさはそちらが大粒で見た目は立派でしたが、煮あがった黒豆の味がぜんぜん違っておりました。山の芋もお吸い物、麦とろなど、例年、年明けに美味しくいただいております。黒豆をお取り寄せするなら、ぜひぜひお薦めしたいお店です。


トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/emimi/20081231

2008-12-30

グーテ・デ・ロワ


ガトーラスク  グーテ・デ・ロワ


お正月用食材の買出しにまいりましたデパートの地下にできておりました大行列がどうしても気になると母が。

私はちょっとひねたところがございますので、こういった行列を見かけましてもふーん、と行き過ぎるタイプなのですが、母はとりあえず行列を見ると参加したいタイプ。何の行列か店員さんに確認し、「ラスクですって」と。ラスク、ですか。

元日には10人が集まる予定ですので、豪快な買いっぷりの母とそれはすごい量の買い物を全部済ませ、あんみつの『みはし』でクリームあんみつを食べておりますと、「ああ、やっぱりあの行列が気になるわ」、と。

母は行列の最後尾へ、私は荷物と共に待機。思っておりましたほど時間もかからず、満足気な表情で戻ってまいりました母の手には紙袋いっぱいのラスク。なんでも、群馬県のラスク屋さんのもので、普通のラスクも美味しいけれど、季節限定のホワイトチョコレートをかけたものが特に人気なのだとか。先ほど夕食後のおやつに食べてみました。

あ、美味しい。普通のラスクもバターの香りたっぷりで美味しいですが、ホワイトチョコレートがコーティングされたものはラスクとは思えない濃厚な味わい。ちょっとラスクも飽きちゃったわ、と思っておりましたが、これはなかなかです。

なんでも、注文が殺到、商品の供給、発送が追いつかず、現在オンラインショップは休止中とのこと。ガトーフェスタハラダ オンラインショップ


ご飯が付かないおしゃもじ


最近では炊飯器を買うともれなく付いてまいります、ぼつぼつのあるご飯が付かないおしゃもじ。

今回買い換えた炊飯器にも付いておりまして、驚くほど御飯粒が付かず快適。でも、案外これがすぐに付くようになってしまい、付き始めると今度は、かえって"ものすごくご飯粒が付くおしゃもじ"、と化してしまうんですよね。

どの程度、ご飯が付かない状態を保つことができるのか少し調べてみましたところ、この"マジックしゃもじ"を最初に開発した会社の会長さんの講演が紹介されておりまして、それによりますと、

「友人とお寿司屋さんに行ったときに、ご主人が木のしゃもじを使って酢飯を作っていたが、そのしゃもじにご飯が1粒も付いていなかった。よく見ると、そのしゃもじは、年季が入っていて表面がデコボコしていた。そこで、試作品を作って、社員に使ってもらってみたが、1カ月するとご飯が付き始めてしまった。改良を重ねて大きなデコボコの上に、小さなデコボコを加えたダブルエンボス加工にする(ご飯粒との接触面を出来るだけ少なくする)ことで、2カ月経っても、半年経っても付かないしゃもじを開発することに成功。発売以来、売上げは2000万本を突破。」

とのこと。半年はまず大丈夫ということのようですね。会社のサイト( no title )には、

ダブルエンボスの表面はキズを一番嫌います。表面がキズに被われると、ご飯が付き易くなります。洗浄の際はスポンジをご利用ください。使用後そのまま放置しておくと、ご飯のノリが残り、つき易くなる原因になります。長時間の使用により付き易くなりましたら、軽く水をつけてご使用ください。炊飯ジャー等高温の中に放置しておくと、付き易くなります。

と、取扱い上の注意点が記されております。

今回買った炊飯器にセットされておりましたのは違うのですが、これまで使っておりましたのはこちらのメーカーのおしゃもじ。どの注意点も守っておりますが、どうしても暫く経つと付くように。実家でも、娘のところでも同じように申しておりますので、通常の使い方ではどうしても1年程で付くようになってしまいますのでしょう。濡らして使うのでしたら、木のしゃもじの方が宜しいかと思いますし。

今思いついたのですが、最初のエンボスをもう少し大きくして、そのエンボスに付けた小さなエンボスにもエンボスを付ければ、トリプルエンボスで更に効果が長持ち!、などということにはなりませんでしょうかしら、ね会長さん。


穴子丼


嬉しいことに最近では東京でも明石の焼穴子が手に入るようになってまいりました。

今夜はその焼穴子を使っての穴子丼。お寿司で「穴きゅう」が好きなので、同じ組み合わせにしてみることに。熱々ご飯にちぎった海苔、たっぷりの千切りきゅうり、ホイルで包みトースターで温めた焼穴子、煎りゴマ、わさび。甘いたれでもいいのですが、ここはあっさりとお醤油をさっと回しかけて。美味しい!


call me susiecall me susie 2010/03/09 03:18 ハラダのラスクについてはいろいろと失礼な事も言いましたが、私も正直なところホワイトチョコレート・コーティングのは美味しいと思いました。ホントよ♡。

emimiemimi 2010/03/09 11:33 プレーンもなかなか美味しいけど、ハラダならではの味といったらホワイトチョコレートかしらねえ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/emimi/20081230

2008-12-29

イゾラブル


ISOLA blu


画像は、銀座のイタリアンレストラン、イゾラブルのピザ。

石釜で焼かれた香ばしいこのピザに、簡単なサラダ、デザート、と飲み物が付いて1,200円は銀座では良心的な価格設定かと。

まだ行列が続いておりますラデュレの三越銀座店では、飲み物だけで1,300円前後だそうですものね。お高いこと。それでもお嬢様、奥様方の評判はたいへん宜しいよう。何が女心を満足させるのか、一度は訪れてみたいです。

それにいたしましても、最近の銀座の人が多いこと。景気が悪いご時勢に良いことなのでしょうが、歩き辛い街になってしまうのは少々残念。


砂嵐


教育テレビが砂嵐、でびっくり。他のチャンネルを確認するときちんと映っておりますし、テレビの受信施設でも壊れたかしら。でも、と念のためにNHKのサイトをチェックいたしましたところ、

12月29日の教育テレビは環境問題への取り組みとして、放送時間を短縮し午後0時30分から午後9時30分までの放送となります。

とのこと。なんでも、合計12時間50分短縮することにより、定時放送をおこなっている日に比べ、約17,000kWhの節電、CO2約9.4トンの削減となるのだとか。

思いきった興味深い試みだとは思いますが、年末は、子供に教育テレビを見せておいて大掃除をしてしまいたい家庭もあったのではないかしらん。


ミンクに負ける


初めてミンクのロングコートを着て出かけてみました。うーん、何と申しましょうか。コートがゴージャス過ぎて着負けしている感じがいたしましたのもそうなのですが、感想は、重い、そして暑い。

ずしっと重い。肩に重くのしかかる重責、というのはこのようなものかしら、と。コートを着て鏡に映った姿を見るとなんですか姿勢がよくない。そう、コートの重さに負けて猫背なってしまっているんですね。おお、これではいけない、と、ぐっと背骨を反らせて姿勢を正しますが、気をぬくとまた猫背に。またぐっと背筋を伸ばす。まるで"大リーグボール養成ギブス"ならぬ"伸びた背筋養成ギブス"を装着しているかのよう。(「お、重いよ、父ちゃん」。いえ、この場合「母ちゃん」、でしょうか。)

そして暑い。やはり極寒の地の人々が身に付けているのが理解できる暖かさ。冷たい北風も、強いビル風もなんのその、ぽかぽかと快適。ですが、1歩、通路、建物の中に入ったり、電車などに乗り込みますとコートの中はサウナか、はたまた汗蒸幕(ハンジュンマク)か。脱いでしまおうかとも思うのですが、嵩張るし、重い。ので頑張って着たままでいると暑い。

やはり、このコートは一度母に返すことにいたしましょう。シベリア転勤にでもなりましたらまた。


jasminejasmine 2008/12/30 19:13 ミンクのコート、華麗なemimiさんにはお似合いだ思いますが・・・ 私だったらミンクがムンクになってしまう!
ハンジュンマクが恋しい私です。

emimiemimi 2008/12/30 21:17 jasmineさん。いえいえ、日々着実に加齢はしておりますが、ミンクを着こなすまでの華麗さは持ち合わせていないようです。スペイン旅行はいかがでしたか?

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/emimi/20081229

2008-12-28

ケーキ


ハンガリーのクリスマス


今日は一日大掃除。

ずっとハンガリーのラジオ・バルトークを流しながら片付けをしていたのですが、クリスマスソングや讃美歌が流れ、まだまだクリスマス気分。昨日の銀座は、クリスマスツリーやイルミネーションはすっかり片付けられ、すでに門松が並んでおりましたが、おそらくハンガリーのクリスマスはのんびりとまだ続いておりますのでしょう。日本人は世界中の行事を次々取り込んでいくので、本当に大忙し。でも、私はお祭好きですので、行事は盛りだくさんの方が楽しみが増えていいと思います。

※画像は「寿限無…」のような長い名前になってまいりました、コートヤード・バイ・マリオット東京銀座ホテル、のケーキ。ここまでまいりましたら、チェーンでもあることですし、「東武」もどこかに加えてしまえば楽しいのに。


思わぬ人に


昨日、松屋で買い物をしておりましたら、一階のイベントコーナー、スペースオブギンザで、《日本のかたち》展が開催中。見ると、江戸独楽の広井政昭さんが実演販売中ではありませんか。ご挨拶をしようと思ったのですが、大変な人気で人だかりができておりまして、ご本人には近付くことができず。ではせめて奥様にご挨拶を、と奥様の姿を探すと、ちょうどマダムと語らっているところ。ええと、このマダムは、え?Fさん。ロンドン在住のFさんではございませんか。

そういえば昨年は待ち合わせをいたしまして、このイベントに“同伴出勤”したのでしたっけ。今回はデートの約束はしていなかったのですが、ご縁があるとこうやってお会いできるものなのですね。

今月初旬から、来月5日まで日本に滞在の予定。なんでも、以前ご案内した、東京ミッドタウンの『虎屋』が大層お気に召したそうで、今回の日本滞在中にすでに3回も訪れたとのこと。現在『虎屋』では《日本の遊び展》が開催されているのですが、その会場で投扇興に興じたり、美しい点式表をわざわざ京都の宮脇賣扇庵へ問い合わせをして買い求められたりしたとのこと。

「それもこれも元を辿ればあなたのお陰よ」とおっしゃいますものですから、「まあ、まるで、最初に井戸を掘った人を忘れないという中国人のようですね」と答えますと「では、私とあなたの関係は中国人と田中角栄のようなもの、ということね」、と。短い時間の立ち話でしたがお目にかかれてよかったです。


Les très petits


マ・プレフェレで恋に落ちてしまった絵本、『 Les très petits 』。昨夜すぐに検索をいたしましたところ、拍子抜けするほど簡単に、恵文社一乗寺店で販売されているのを発見。嬉しい、幸せ。

フランスの絵本でしたし、入手するのは難しかろうと覚悟しておりましたが、良かったです。あっさり恋が叶ってしまった気分。


トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/emimi/20081228

2008-12-27

マ・プレフェレ


Ma préférée マ・プレフェレ


昨日で仕事納め。今日は子守の依頼もございませんでしたので、あれこれ所用を済ませる為に銀座へ。松坂屋、松屋、伊東屋、そして、遂に行ってまいりました、仕掛け絵本約1,000冊、その他の絵本1,000冊が用意されているという絵本カフェ『 no title 』。

執事喫茶の『 スワロウテイル 』と同じ系列とのことで、もしやお迎えのご挨拶は「お帰りなさいませ、お嬢様」かしら、とちょっとドキドキしながらドアの前に佇むこと暫し。普通に「いらっしゃいませ」ではございましたが、蝋燭型ランプの付いた燭台を手にした、黒いロングのメイドの制服姿での案内。わくわく。

“館内撮影禁止”とのことで画像はご紹介できませんが、壁一面ずらり絵本、絵本、絵本。スタッフ、内装共にややディズニーランド風ではございますが、ショパンやドビュッシーのピアノ曲が流れ良い雰囲気。何よりたいへん静か。本棚の奥に隠れた隠し部屋などもあり、そのコーナーでひそひそと語らいながら絵本を楽しむ方々も。私が案内されましたのは、店内中央にございます大テーブル。

こちらのお店のシステムは、注文をしたメニューによって滞在時間が変わる、というもの。私が注文いたしました「ブレーメンの音楽隊(キッシュ、サラダ、アイスクリーム、飲み物)」は2時間滞在できるとのこと。紅茶はポットでのサービス。ティーコゼーも用意されておりますので、長く温かい紅茶を楽しむことができます。まず食事とデザートを済ませてしまいまして、さあ、絵本を拝見。

海外の仕掛け絵本、翻訳の仕掛け絵本、日本の絵本、などなど、コーナーごとに綺麗に絵本が並んでおります。まだ11月にオープンしたばかりということもあるのでしょうが、どの絵本も状態が良くて驚くほど。お店の方に伺うと、「絵本がお好きな方が訪れてくださいますので、皆さん大切に扱ってくださいます」、とのこと。メッゲンドルファーやニスター、サブダの作品も多く並びます。クバシュタの絵本も30冊ほどございましたが、こちらはヴィンテージ絵本としてガラス戸付きの棚に収められ、手に取りたい時にはスタッフにお声掛けくださいとのこと。

表紙は知っていても中を見たことのない仕掛け絵本をチェックしたり、高価でなかなか手の出せないムナーリの絵本『I PRELIBRI』をじっくりと読むことができるのも嬉しいです。どれも同じようだから、と最近買い求めておりませんでしたロバート・サブダの新しい作品もあれこれチェック。一つ、仕掛け絵本ではないのですが、胸がきゅーっとなる程どうしても欲しい絵本のシリーズを見つけてしまいまして、これは是非探さなくては。30分前になりますと、「そろそろご出発のお時間です」との案内があり、会計を席で済ませます。訪れる前は1時間で十分かしら、と思っておりましたが、2時間あっという間。

宜しゅうございますねえ。将来富豪の妻となりましたら、是非このような部屋を設け、集めた絵本達を並べ、時折メイドに食事やお茶を運ばせ、日々優雅に、絵本を愛でつつ過ごしたいです。運動不足でころんころんになってしまいそうですが。


大がさ品


(実家から持ってきてしまって)、ドイツのWUSTHOF(ウイストフ、ヴュストホフ?、ヴストフ? )というメーカーのシルバーポイントというシリーズのペティナイフを使っているのですが、この切れ味がとてもいいのです。同じシルバーポイントの鳥バサミを母へのドイツ旅行のお土産に買って帰ったのですが、これもまた、B級ホラー映画の小道具に使えそうな程、怖いぐらいの切れ味。

WUSTHOF(ヴォストフ) グランプリ 鳥バサミ5508 ST PC ドイツ BTL11

ウイストフには“ル・コルドンブルー”や“クラシック”といった高級シリーズもあり、こちらは比較的簡単に手に入るのですが、“シルバーポイント”という廉価版シリーズは日本ではあまり取り扱いがありません。ようやく見つけましたのが、デパート松坂屋のインターネットショッピング。では、松坂屋に行けば実物を確認できるかもしれない、と銀座店にまいりましたが実店舗での扱いはないとのこと。それでは仕方がない、とインターネットで注文をいたしました。

その、松坂屋インターネットショッピングのページで送料を調べておりまして、面白い言葉を発見。no title

一部大がさ品を除き、全国一律315円(税込)となります。

「大がさ品」。おおがさひん、と読むのでしょうか。「一部大型商品を除き」という表現はよく見かけますが「大がさ品」は初めて目にいたしました。もしや名古屋では一般的な言葉なのでしょうか。


トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/emimi/20081227

2008-12-26

茜屋珈琲店


茜屋珈琲店


茜屋珈琲店、銀座店。

歌舞伎座横の路地を入って少しのところにございます珈琲店。前は何度も通り、気にはなっておりましたが足を踏み入れましたのは今回が初めて。

良い感じに飴色に染まった店内に静かに流れる古い録音のヴァイオリンの音色。綺麗に棚に収められたたくさんのカップの中から、店主の方が選んで出してくださったのは、大蔵陶園のもの。シルエットといい、絵付けといい、なんて美しいカップなのでしょう。小さなベルの付いたスプーンも可愛らしいこと。

検索をしてみましてびっくり。不愉快な思いをした、と低い評価をされている方が多いようですが、そのようなことは全くございませんで。確かに、やや仏頂面のご主人ではございますが、珈琲店の店主というのはちょっと無愛想なぐらいが宜しいのではないかしらと。


ウイルスあれこれ


今月中旬より吐き気と嘔吐で暫く保育園を休んでおりました孫。病院では流行の風邪との診断でしたが、保育園でロタウイルスが流行っているとの話があり、下痢も白い水のようでしたので、ロタだったのではないかしらと。

やっと良くなり元気に保育園に登園しておりましたが、一昨日からまた嘔吐、下痢、発熱。今度は保育園でノロウイルスが流行っているのだとか。

先だって私の肝臓の数値が悪くなった原因はサイトメガロウイルス。これも保育園経由。

いやはや。保育園に通い始めて最初の一年は色々もらってきて大変とは聞いておりましたが、これほどとは。

孫は今日も39度の熱で何も食べることのできない状態とのこと。お正月までに回復するといいのですが。


GIFT 〜未来へ託すデザインリボン


仕事帰りに東京ミッドタウン・デザインハブで開催中の、第14回企画展:「GIFT 〜未来へ託すデザインリボン」を見てまいりました。

会場に足を踏み入れますと、たくさん並ぶ白い円形の台の上に、色とりどりのリボンがかけられた白い箱がずらり。186人のグラフィックデザイナーによってデザインされた、186種類のリボン。定規、バーコード、単語練習長になっているものから、縁起物、メッセージがプリントされたもの、レースのように繊細な透かし模様になっているもの、などなど。思わず笑ってしまうものから、これは絶対に欲しいわ、と思うものまでもう色々。1巻(5m)500円で販売しているのですが、それぞれの作品が10巻ずつの販売とのことで、私がどうしても欲しいと思ったリボンは既に売り切れ。うーん、もうちょっと早く訪れれば良かったです。

それにいたしましても、少ないロットでこれだけの種類のリボンを作った、協賛のメーカーの方たちも大変だったのではないでしょうか。デザイナーの中には他の人のリボンを見て、「えっ、ずるーい、そんな予算のかかることして良かったの?」と思っていらっしゃる方もいるかと。「じゃあ」ということで会を重ねるごとにエスカレートしてほしいわあ。とても楽しいイベントですので、是非、またの開催をお願いしたいです。no title


トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/emimi/20081226

2008-12-25

Barcos


Barcos


東銀座にございます、“オーガニックバール”Barcosの、トマトの盛り合わせ。

甘みたっぷりのトマト、口の中でぷちぷち弾けるトマト、驚きのフリーズドライトマトなどなど。多くの種類のトマトを一度に味わうことができるとても楽しい一皿。

こちらのバルコス。教えていただいた知人によりますと、いつも大層賑わっているとのこと。気軽に、美味しいもの少しずつ、あれこれつまみたい時に良いお店かと。アルコール、ドクターストップ中の私の場合、心の底に潜んでおります飲兵衛の「ねえねえ、このお料理にはやっぱりワインでしょ」という囁きに耳を貸さないようにするのがなかなかに困難なお店。


Metzgerei Kusuda


お正月には、弟一家、娘たちも皆実家に集まる予定。

娘に電話をいたしまして、「ねえねえ、お正月、ばあばの所に何か手土産持って行く?どうせだったらこれにして欲しいっていうものがあるんだけど。共同出資で送らない?ソーセージとかベーコンなんだけど、どうしても一度食べてみたいお店があるの。どれも凄く美味しそうなのよ。」と誘導、と申しましょうか半強制。娘のOKを取り付け早速注文。

神戸にございます、メツゲライクスダというお店の詰め合わせ<シェフのおまかせセット>。メールや電話でのやり取りは親切、丁寧。なるべくこちらの希望に添うように、という心遣いが感じられてとても感じがいいです。

実家に届くのは12月31日。ザワークラウトやマスタードも合わせて注文。これでついに美味しいホットドッグを食べることができそうです。楽しみ。あとは美味しいパンを用意して、と。


kunikuni 2008/12/25 20:39 emimiさん、メリー・クリスマス! ごぶさたしております。クニブ(夫)でございます。

ときどき思い出したように、こちらの“clair de lune”を拝見しています。それにしても、emimiさんの研ぎ澄まされたまなざし、審美眼、好奇心には感心しきり。アンテナの感度のよさに脱帽です。
これまでに何度もふれられていますが、こちらでミヤケマイを知ることができました。新宿高島屋の展覧会に足を運び、作品のならず彼女の人柄、哲学にすっかりやられました。いまでは私的「注目の日本人アーティスト」の上位にランクされています。

お取り寄せネタとは違う内容で申しわけないです。どうぞお許しを。

追伸
それにしても、emimiさんは文書がうまい。色気というか、艶というか、そういったものがありますね。僕は広告コピーの仕事をしているのですが、言葉の色とか艶とか、空気とか、そういったものを大切にしていきたいと思っています。Metzgerei Kusudaの文章の読んでいたら唾が出てきました。ソーセージやベーコンを食べたくなってきました。食べもののコピーを書くときには、唾が出てくるようなコピーを書け。若い頃、師匠にいわれた言葉を思い出します。

これから冬本番ですが、お体に気をつけて。ますますのご活躍を。


emimiさんファンのクニブより

emimiemimi 2008/12/26 01:19 まあ、kuniさま。ご無沙汰いたしております。奥様もお変わりなくお元気でいらっしゃいますでしょうか。
時々日記をお読みいただいているとのこと、ありがとうございます。また文章をお褒めいただきとても嬉しいです。最近ではもう、工事現場の交通整理のおじ様の「はいっ!綺麗なお姉さん一名、通りまーす!」の掛け声に、その日一日がちょっぴり幸せになるほど、褒め言葉に飢えておりますので、kuniさまのお言葉を体に染み渡らせて喜びに浸っております。
ミヤケマイさん、お会いになられましたか。ご本人も作品も、お茶目で洒落っ気があって、素晴らしく魅力的ですよね。
また何かの折にお目にかかれればと存じます。次の『国分チエミ個展』を心待ちにしております、と奥様にお伝えくださいませ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/emimi/20081225

2008-12-24

トシヨロイヅカ・クリスマスケーキ


トシヨロイヅカ クリスマスケーキ引き取り


予約をいたしました時間に引き取りに行ってまいりました。色々と気になる点が。

まず、開店後すぐの時間だったこともあり、さほど並んではおりませんでしたが、二つできている列がどちらが当日購入なのか、予約購入なのか、表示も案内もないのでわかりません。

おそらく短い方が予約であろうと並んでおりましが、後ろから来た小さな女の子を連れた男性も「この列は何の列ですか?」、と。「予約をした人の列だと思うのですが、先頭になるまで係の方に訊けないので、はっきりしないんですよね。」。まあ待っておりましたのは5名ほどでしたので、そのまま並ぶことに。私の前に並んでおりました女性達はサロンでデザートを食べたかったようですが、「本日はサロンはお休みです」、という案内に「あらー、そうだったのー、ごめんなさーい」と帰っていかれておりました。が、「ごめんなさい」、をするのはお客ではございませんでしょう。「申し訳ございませんが、サロンはお休みをいただいております」、と案内するべきではないかしらと。

そして私の番。

e:「予約をいたしました○○ですが、こちらの列で宜しいのかしら。」

係:「はい、結構です。フルネームでお願いします」

(後ろの方に、「こちらの列でやはり宜しいようですよ」、と伝え)

e:「○○○○です」

係:「ご注文の品は?」

e:「ええと、何という名前だったかしら、確か…△△です。で、それとは別に小さな子供用に買い求めたいのですが」

係:「あ、その場合は当日購入のあちらの列の最後尾にお並びいただきます。」

e:「あら、予約の時に電話で確認をしましたが、外の列に並びなおす必要はありません、とおっしゃっていましたが」

係:「いえ、予約以外のケーキをお買い求めいただくのには、外の列の最後に並んでいただきます」

e:「電話で確認をしたときには、係の方が、少々お待ちください、と担当の方にわざわざ確認をして、店内の列の最後尾にお並びいただくことになりますが、外の列に並ぶ必要はありません、とおっしゃっていたんですよ」

係:「サロンをご利用のお客様は店内の列にお並びいただけますが、予約のお客様は店外の列にお並びいただくことになっております」

e :「そうですか。きちんと対応するように方針は徹底させてくださいね」

係:「はい。どうされますか?先に引き取りますか?列に並ばれますか?」

e:「いいえ、並びません。予約したケーキだけで結構です」

店内では、サロンの前の椅子に座って順番待ち。整然と引渡し作業が行われておりまして、意外なほど静かで落ち着いた雰囲気。驚きましたのは、会社関係での注文のようですが、十数台のケーキをまとめて買っていかれる方が多いこと。支払いもケーキの購入としては耳を疑う数万円単位。女性はさすがにホールのケーキの購入というのがどういうものなのかを理解しているのか3人組ぐらいで引き取りにきているのですが、男性は一人で来てしまった、という方もおりまして、十数個のホールケーキを前に途方にくれる姿も。

孫用には、仕方がないので、ミッドタウンの中のサンフルーツに寄り道をしてオレンジゼリーを購入。

ということで、無事に引き取ってはまいりましたが、印象がよくなくとても残念。同じ状況でも対応一つで印象というのはいくらでも変えられますのにね。昨年のクリスマスケーキの引き取りは、今回よりもずっと気持ちの良いものでしたのに。人気店とはいえ、どうか驕ったサービスとなりませんように。


ごちそうさま


今日は婿の帰りが遅くなるとのことで、昨日仕込んでおいたボルシチと、簡単な前菜、サラダ、ケーキ、でクリスマス・イブの夕食を楽しむことにしておりました。ところが、仕事を終えて娘のところへまいりますと、仕事を早く切り上げた婿がどっさりお御馳走を買い込んで帰ってきておりまして、急遽豪華な食卓に。焼き蟹が甘みがあって美味しかった、ごちそうさまでした。

孫がまた体調を崩し、ゼリーさえも食べることができなかったのが可哀相でしたが、皆で楽しく過ごすことができ、良いクリスマスとなりました。


トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/emimi/20081224

2008-12-23

アヒルと天使


諦めないこと


一緒に暮らしちゃう?という話が出るぐらい、今週は娘のところで長い時間を過ごしております。1歳半の子供の世話をしながらの家事というのは凄まじいもの。

日に一度の恒例となっておりますのが、CD100枚ほどを棚から落として床に撒くこと。これをしている間は静かですし、怪我の可能性の低い悪戯ですのでやりたいようにやらせることに。「よく飽きないわねー。毎日こんなことしたって誰にとっても何のメリットもないと思うけど」などと話しかけつつ、それを片付けておりますと、今度はテーブルの上に置いてあった娘のカードケースからこれまた100枚ほどの名刺やらショップカードやらを床に撒いています。次に振り返った時には食品収納棚からありとあらゆるものを取り出し、次いで食器棚の手の届く棚から調理器具を取り出す。そして、エアコンやテレビのリモコンを手に、ON/OFFボタンの連射。ほらほら、エアコンもどうしたらいいのか、混乱してるでしょ。

今日は拭き掃除をしておりましたら、孫も濡れ雑巾を手に一緒に家具をごしごし。「えらいわねー」、と褒めた次の瞬間、燃えるごみ用ゴミ箱の中に雑巾をポイ。洗濯物をたたんでいると、その中から、にっこり笑顔で自分のズボンを一つ手に取りすたすた。どこに行くのかと思いましたら、燃えないゴミ用のゴミ箱の蓋をあけてポイ。最近思わぬものをあれこれゴミ箱に捨ててしまうのだとか。シャトルシェフ(保温調理鍋)の中に何かを入れるのも好きなようで、内鍋の中に、よくミカンやら玩具やらが入っているのですが、先ほどボルシチを作ろうと蓋を開けたところ、濡れ雑巾が入っておりました。こらこら。

なんでしたか、「でも 負けない事 投げ出さない事 逃げ出さない事 信じ抜く事 駄目になりそうな時 それが一番大事 Oh Oh Oh…」という歌がありましたよね。その適当なところを「諦めない事」に変えて口ずさみつつ、祖母は頑張っております。


便利なプレッセ


先だってご紹介いたしました、アサイーエナジーというドリンク。プレッセの売り場に並んでいるのを発見。ジャーマンヨーグルトも取り扱いがあることがわかりましたし、プレッセプレミアム・ミッドタウン店、何かと便利で助かります。


トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/emimi/20081223

2008-12-21

STOLLEN  Peltier


STOLLEN  Peltier


娘が連日、赤坂見附方面の現場で仕事のため、帰りにおやつを色々買ってきてくれるのが楽しみで。

今日はペルティエのパンとシュトーレン。長野ベーカリーのパンが昔っぽく懐かしい味だとしますと、ペルティエは正統派プロフェッショナルの作るパン、といった印象。どれも芳ばしくて美味しいこと。

ペルティエのシュトーレン、今回初めていただきましたがたいそう美味。気に入りました。パンのような生地ではなく、薄くスライスするとほろほろ崩れてしまうような焼き菓子に近いタイプ。マジパン、ドライフルーツがたっぷりで、濃厚。申し訳ないようですが、本場ドレスデンで食べてシュトーレンよりもずっと美味しいです。娘によりますと、ずいぶんよきお値段だったとのこと。おご馳走さま。


缶ころりん、と、坊さん簪…


子守のため、朝早く自転車で赤坂を走っておりますと、普段見ることのない面白い光景を見かけることも。

まず、大手建設会社の地下駐車場入り口前を通過しようとしましたところ、「あっ!」という男性の声。見ると、手にしたペットボトルを落としてしまったよう。地下駐車場に向かって伸びる長いスロープの上から転がりおちるペットボトル。それを拾おうと腰をかがめた瞬間、かばんの中から今度はジュースかお茶の缶が落ちてしまってころころ。追いかける男性。まるで昔話の、『おむすびころりん』、のようです。顛末を見届けることはできませんでしたが、ねずみからお礼に財宝いっぱいの葛篭をもらえたでしょうか。

続いて前方に、ヘッドホンで音楽を聴きながらのりのりでジョギングを楽しむ年配の男性の姿が。ん?何かいい気分で歌っているようです。追い越しざまに聴こえてまいりましたのは、「…はりまーやーばーーしーでーー、ぼーさーんーかんざーしーかうーをーみーた…」。ええと、これは、『よさこい節』ではありませんか。早朝から『よさこい節』とは、さすが赤坂のジョギングおじさまは、粋ですわね。


トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/emimi/20081221

2008-12-20

木製シャンデリア


『ドイツ木工マイスターに受け継がれる匠展』


この時期の銀座の風物詩とも言えるミキモトのクリスマスツリー。お店の前は記念撮影をする人でいつでも黒山の人だかりですが、店内に足を踏み入れたことがある方というのはぐっと少ないのではないでしょうか。

そのミキモト本店の6Fにございますミキモトホールで開催中のイベント。

ページが見つかりません|MIKIMOTO - ミキモト

会場は撮影禁止とのことで、画像は受付でいただいてまいりました案内のハガキから。この木製のシャンデリアが、家にも是非一つ欲しいわあ、と思ってしまうほどなんとも素敵。ケースの周りをぐるぐる回って見ましても見飽きることがございません。

今回展示されております玩具達を見たいと思いましたら、本当でしたらまず成田へまいりまして飛行機と電車とタクシーを乗り継いでドイツの東の端、チェコとの国境に近い小さな村、ザイフェンまで足を運ばなくてはいけません。それでも博物館に大切に収蔵されている品とのことですので見ることはできないかも。今後銀座で、日本で、見るこのとのできる機会はもう訪れないかもしれません。

ミキモトはお上品な社風もあってかあまり大々的にホールでのイベントの告知をせず、限られたお客様に案内状を送るだけとのこと。インターネット上でもほとんど情報が出てまいりませんでした。私がまいりましたのは始まってすぐの時期でしたが、会場ではこれまたお上品な年配の女性が数名静かに鑑賞されておりますだけ。入場は無料。大切に受け継がれてきた貴重な玩具を、ゆったりと見ることができる機会かと。会期は25日までですのでもう何日もございませんが、木の玩具がお好きな方は是非。


トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/emimi/20081220

2008-12-19

SAPONE al MELOGRANO


SAPONE al MELOGRANO


使っておりました石鹸を使いきり、先週から、以前知人よりプレゼントしていただきましたサンタ・マリア・ノヴェッラのザクロ・ソープを使い始めております。きめ細かく滑らかな泡立ち、甘酸っぱい香り。洗いあがりの肌はしっとり、素晴らしいです。

毎日幸せなバスタイム。


ぼけぼけ


いつも、ややぼけぼけなのですが、今日はとってもぼけぼけ。

事務所に付いてすぐに社長と話をしておりまして、ふと自分の姿を見るとエプロンをしたまま。ひょえー。これには自分でもびっくり。サザエさんにも勝てそうです。

次いで、送られてまいりましたFAXで確認したい箇所があり先方に電話。似た番号があったみたい…事務所のFAXが鳴っているわ…!受話器からピーヒョロヒョロヒョロ…FAX?、あ、これはうちの会社のFAXの番号!…切る。ひょえー。

二度あることは三度ある。三度目のぼけ。なんとか実害の少ないミスに収めたいです。


長野ベーカリー


溜池山王の長野ベーカリー。小さなお店ながら人気のパン屋さんですので、お昼時などお店の外まで買い求めるお客様で行列ができるほど。婿の事務所に近いこともあり、時々おやつを買いに行っております。

長野ベーカリーは、トレーに自分で好きなパンを選んでいくのではなく、対面でおば様に注文をする方式。他にお客さんが待っていない時はいいのですが、注文を待つ人が後ろにぴったり待機状態の時にはちょっと緊張。二つのショウケースに並んだ多くの種類のパンの中から素早く食べたいものを選んでいかなくてはなりません。「うーん、それだけで結構です」、と買って帰ってから、「ああ、あのパンも食べてみたかった。やっぱり買ってくればよかった」、と後悔することしばしば。

集中力と素早い決断力を養うのに適したお店かもしれません。


oui_et_nonoui_et_non 2008/12/21 00:54 長野ベーカリー、サカスの「花咲かランチ」にて初めて食べました。おいしいですね。昔ながらのパン屋さんな味もいいです。ちと遠いですが、溜池山王のお店もいつか行ってみたいです〜〜〜。

emimiemimi 2008/12/21 20:33 店長さんがチャレンジャーなのか、味が想像できない変わったパンもあるので、本当にいつも目移りしてしまって、優柔不断な困ったさんになりがちです。そういえば、花咲かランチに参加していたファンソン・カフェ、閉店だそうですね、残念。

call me susiecall me susie 2009/09/08 01:04 東京はおいしいパン屋さん(パンに限らないけれど)がたくさんあっていいわよね。うちは毎週同じパン屋さんに一週間分を予約して買いに行きます(実家のお近くのビストロで教えてもらいました)。シンプルなパンしか買わないので、帰ったら、出来る限り直ちに切り分けて冷凍です(クロワッサンも、食べない分は同じく。食べるときには自然解凍とパン屋さんに教わりました)。食べ物を扱っているという責任、一年中熱い釜に向かい、心を込めて作ったものに対する誇りと愛情、とでも言いましょうか、お行儀の悪いお客には勇気を持って立ち向かう(こども連れをも辞さない)教育的パン屋さんで、私、好感を持っております。トレーに DO IT YOURSELF 式は自由に選んだり悩んだりできるのがいいのですが、自由には危険も責任も付きもの、お客たちもお互いにお互いを信用できるという前提ありきです。パン屋さん側はとしては、本当は対面で注文を受ける式の方がいい、と聞きました。実は私もその方がいいな、と(気分的にね)思います。
対面式のパン屋さん、というと、P.ルコント監督の「列車に乗った男」(J.ロシュフォールと J.アリディが出ています)の バゲットを買うために一列に並ぶ人々に "Et Puis?"(他に?) と繰り返すパン屋の女将さんを思い出します。フランスのことだから、それは殆ど日課として繰り返される会話(ダイアログというよりモノローグに限りなく近い)で、ファストフード店の接客マニュアル「ご一緒にポテトは如何ですか」みたいなものですね(大抵のお客は"C'est tout"と言って帰る)。毎日のように聞かされてほとほと嫌になっている(多分みんなそうなんでしょう)ロシュフォールは、「そう問われても他には買うな」と注意するのですが、アリディは初めからバゲットを2本頼んで女将さんの口を塞ぐ、というシーン。自分だってうるさいおばさんなのに、煩いおばさんが嫌いな私としては、アリディのかっこよさに溜飲が下がります。どうせ刺されるのなら、よく研いだナイフですっぱり、ね。そこには一抹、愛もあるかも。

emimiemimi 2009/09/08 01:45 そうね、東京は確かに美味しいパン屋さんが多くて幸せ。でも、千葉の実家の近くにもやはり志の高いパン屋さんがあって、とーっても美味しいの。なにごとも、志、よね。クロワッサンが冷凍できるとは知らなかったわ。近くのカフェのクロワッサンがなかなかなので、今度まとめ買いをして試してみます。さくさく感は自然解凍で甦るのかしら。

call me susiecall me susie 2009/09/08 18:41 さくさくしているうちに冷凍すれば戻るみたいよ。食べる頃合いを上手に見計らわないとぺったりしてしまいますが、冷凍前の状態が焼きたてに近ければ近いほど解凍後もおいしいです。焼き上がり時刻に買ったら即、パン屋さんから冷凍庫を目指して、走って帰ってください(そうしたら多分最上の「冷凍クロワッサン」が出来る筈)。

emimiemimi 2009/09/08 20:59 走れば一分半ほどのところにあるカフェですので、開店と同時に買って、レジでリレーのように後ろ手でクロワッサンを受け取って、急いで戻って冷凍庫に投げ込んでみようと思います。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/emimi/20081219

2008-12-18

Rosenthal


Rosenthal Cupola Espresso


画像は、少し前のことになりますが、退院のお祝いにとピアニスト2のお母様からプレゼントしていただいた、ローゼンタールのエスプレッソカップ&ソーサー。 404 Fehler | Rosenthal Porzellan Online Shop こちらにもいくつか紹介されておりますが、添えられたカタログにはもっとずっとたくさんの絵柄が紹介されておりまして、見ているだけで楽しいもの。

少々変わった形の持ち手ではありますが、意外と持ちやすく、また女性が美しく持つことのできるデザイン。これは大切なポイントです。

何ですか使ってしまうのがもったいないのと、どちらかというと実家のインテリアに合う色合いですので持ち帰り、現在飾り棚に収まっております。素敵なカップをありがとう存じました。


景気


よほど売り上げが悪いのでしょう。先日乗ったタクシーの運転手さん、最初に「次の信号をまっすぐ行ってください」と伝えたその答えが「まったく、12月とは思えませんよね」。

さほど寒くない日でしたので、天候のことかしら?などと考えながら「そうですねえ。二本目を左にお願いします」と答えますと、「12月にこんなに暇なのは初めてです」、と。その後、道の説明をするのがやっとなぐらい、いかに景気が悪いか、曜日、時間帯によってはぱったりと客足が途絶えることなどを、ひたすら解説。

弟の会社も、婿の会社も、それぞれに大変とのことで、不景気も身近に感じられるようになってまりいました。さてさて、来年、世の中はどのような方向に進んでまいりますの、でしょうか。


トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/emimi/20081218

2008-12-17

Advents Kalender


Advents Kalender


今年のアドベントカレンダー。

昨年に引き続き、このカレンダーも一昨年ミュンヘンで買い求めてまいりましたもの。雪の街並みのパノラマ。一日に一つ、日付の書かれた窓を開けるのですが、その度に銀の粉が落ちるので白いテーブルの上もキラキラと輝き、雪が積もっているかのよう。


憧れの“船の上のピアニスト”になれるチャンス


婿の事務所に、豪華客船ニューイヤークルーズでの演奏の依頼が来たとのこと。最初に依頼のあったバンドはすぐに決まったそうなのですが、先週急遽ピアニストも依頼があり、なにせ年末年始にかけての10泊11日なものですから皆何かしら予定が入っておりまして、なかなか見つからないとのこと。横浜を出航、神戸、台湾、沖縄、奄美大島を巡り、横浜に戻るというクルーズ。もちろん、部屋も食事も用意され、1日3ステージをこなせば、あとは自由に過ごしていいとのこと。素敵。

娘と二人で、娘:「誰も見つからなかったら私が乗るぅ!」、私:「K(孫)はどうするのよ。母親が11日間も留守にしたら可哀相でしょ。祖母ならぜんぜん問題なし。私が乗るから、お正月は宜しく!」、などときゃあきゃあ言っていたのですが、婿から二人とも却下。

どなたか、我こそはというピアニストさん、いらっしゃいませんでしょうか。


トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/emimi/20081217

2008-12-16

ツリー


KAGOME Salsa


今日もホットドッグのことを考えておりまして、トッピングにお探しのページがみつかりません|カゴメ株式会社を使っても美味しいかもしれないわ、と思いつき、カゴメのサイトをチェックをしてみると、レシピの中にすでにございました。

レシピがこんなにたくさん紹介されているとは存じ上げませんでした。このサルサソース、トマト、たまねぎ、赤ピーマン、緑ピーマン、ハラペーニョの5種類の野菜がたっぷり。怪しげな添加物も入っておりませんし、ノンオイル、ローカロリーで砂糖不使用、化学調味料無添加。冷蔵庫に一瓶入っていると、とても便利です。

※画像は、ANAインターコンチネンタル東京、ロビーに飾られたクリスマスツリー。思わず見上げる大きなツリー、正統派の飾りが綺麗です。


[]仕掛け絵本


子供の頃から長く仕掛け絵本を集めておりまして、基本は何と申しましても大好きなクバシュタの作品なのですが、その時々で、自分の中で欲しいと思う本の流行り廃りがございまして。

今のブームは古い絵本。1970年代以前に出版された、イラストの美しいシンプルな仕掛けの絵本にとても魅力を感じております。先だっても、ミラノのピアニスト1が、親切に添付画像付きで「本屋でこういう飛び出す絵本を見つけたけど」とわざわざメールを送ってくれたのですが、以前なら飛びついた本でも、今は普通に書店で流通しているような新しい仕掛け絵本にはどうも魅力を感じないのです。

そういえばno titleというお店が銀座にオープンしたとか。「約1000冊の仕掛け絵本と、500冊程の懐かしい絵本や大人向けの絵本をご用意致しました。」とのこと。1000冊とは凄いですね。一度訪れてみることにいたしましょう。


トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/emimi/20081216

2008-12-15

ケーキ


The Delica Shop


一年で一番婿の事務所が忙しい時期。孫が風邪をひき、保育園を休んでいることもあり、今週から来週にかけての11日間のうち8日、子守の依頼が。

仕事を続けながら子育てをするというのは大変なことですね。私の場合、娘が小さな頃もずっとピアノを教えてはおりましたが、自宅でできる仕事でしたのでなんとかやり繰りを。でも外に出る仕事はそうはまいりません。特に保育園に通わせ始めて最初の一年は次々病気をもらってまいりますので、なかなか保育園だけで対応するのは大変。

ということで、今日も急遽依頼があり子守。孫は胃腸にくる流行の風邪をひいてしまったとかで、食欲はあるのですが、食べたり飲んだりすると下痢、吐き気。少しずつ水分を摂らせて脱水にならないように注意。大人が何か食べていると一緒に食べたがるので、孫が寝ている間や、別の部屋にいる間にこそこそと食事をするよう。遊ばせておりまして、ふと見ると、孫が仕出し弁当のチラシを手に取りじーっと見つめ、お弁当の写真に手を伸ばすと摘んで口に運び食べるふりを。可哀想に。早く良くなって何でも食べられるようになるといいわね。

子守後、夜出社をして事務所の仕事を処理。

※画像は、ANAインターコンチネンタルホテル東京での打ち合わせの帰りに、婿と娘が買ってきてくれましたケーキ。美しく、とても美味。おご馳走さま。


トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/emimi/20081215

2008-12-14

アークヒルズ


ホットドッグ


画像はアークヒルズのイルミネーション。

先週、ミッドタウンのノエル・ド・マルシェ・でとても残念なホットドック(サイトを確認してもホットドックになっておりましたので、あれは実はホットドッグではなかったから残念な味だったのかも)を食べてから、美味しいホットドッグが食べたくて。

ふとぼーっとするとホットドッグのことを考えております。なら美味しいホットドッグを自分で作って食べればいいじゃないの、とレシピを検索中。基本は、ホットドッグ用のパン、ソーセージ、キャベツ、マスタード、ケチャップ。実家では、キャベツはサラダ油で炒めて塩コショウでしたが、これにカレー粉をプラスしてカレー味にしてもとてもよく合うとのこと。きざみ玉ねぎ、ピクルス、を加えても美味しいですよね。ソーセージとキャベツをはさんだ状態でトースターで焼くと、うっかりするとパンの上部だけ真っ黒焦げになってしまったりするのですが、これを防ぐために、切り込みを入れたパンを開いてフライパンで焼く、という方法もあるよう。

これが私のベスト、というホットドッグ・レシピを探して美味しいホットドッグを思いきり頬張りたいです。


トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/emimi/20081214

2008-12-13

だしかけご飯


ピカソ、虎屋、ピカソ


婿は仕事とのことで、娘、孫と三人で、サントリー美術館『巨匠ピカソ 魂のポートレート』、国立新美術館『巨匠ピカソ 愛と創造の軌跡 』、とたっぷりピカソ。いやあご馳走様でした、というぐらいたくさんのピカソの作品を見てまいりました。これだけ多くの作品をまとめて見ますと、作風にいたしましても、女性にいたしましても、その時々のピカソのマイブームのようなものがはっきりと伝わってまいりまして、前回サントリー美術館での展示だけを見た折よりも楽しむことができました。孫の興味はピカソの作品と、その作品を見に集まった人、半々といった感じ。

途中、お昼はミッドタウンの虎屋菓寮で、だしかけご飯と葛切を。この時期限定で、だしかけご飯にかけるおだしがお澄ましではなく白味噌仕立てとのことで、これもまた大変結構なお味。さすが虎屋、葛切も、これが葛切というものよね、という美味しさ。もう一つ、さすが虎屋、と思いましたのが、お土産に買い求めましたお干菓子の『推古』。和三盆糖を使った干菓子というのは数多ございますが、口どけといい、和三盆糖の風味といい、この『推古』に勝るものを存じ上げません。

さて、今日は孫を、いつも使っておりますベビーカー、“エアバギー・ミミ”ではなく、以前に譲っていただいた“おんぶっこバギー”というものに乗せてきてみていたのですが、これがちょっと大変でした。孫は、周りの景色が360度見ることができるので大喜びだったようですが、ちょっとの段差も乗り越えられず、何度も手や足を使って持ち上げるよう。一度止まると何かの拍子に車輪が動かなくなってしまうことしばしば。交差点などでは危ないことも。孫も、起きている間はよかったのですが、眠ってしまうと後ろに寄りかかることができないので、前かがみで胸を圧迫するような体勢になってしまい、ちょっと苦しそう。譲ってくださった方もぜんぜん使わなかったおっしゃっていましたが、これはちょっと使い勝手のよくない商品かもしれません。エアバギーミミがどれだけ操作が楽で、よくできたベビーカーなのかを再確認することとなりました。


トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/emimi/20081213

2008-12-12

マルシェ・ド・ノエル


マルシェ・ドノエル


東京ミッドタウンでもクリスマスマーケットが開催されないかしら、と思っておりましたら、マルシェ・ド・ノエルなるお洒落なネーミングで4軒と少なめですがショップが出るとのこと。今日は、夜になっても暖かでしたので、今年はまだ行っておりませんでした六本木ヒルズのクリスマスマーケット見学も兼ねて夜の散歩に出ることに。

まず、ミッドタウンのマルシェ・ド・ノエル。この辺りのはず、と公園を歩いてまいりましても不安になるほど、ひっそりと地味に開催中。少々寂しいですが、まずは始めの第1歩ということで喜ばしいこと。何か試しに、とコンフィチュールのベルベリーの小屋で、ホットドック(グのタイプミスかしら?)、ドーナツのようなパパナッシュ、ホットジンジャーレモネードを購入。

ホットジンジャーレモネードは、風邪に効きそうなぐらい生姜たっぷり。体が温まりなかなか美味しいですが、紙コップに薄いナプキンを巻いただけで手渡されますので、手が火傷をしそうなほどの熱さ。そして、他の二品。うーん、これを販売するにあたって、担当者は試食をしたのでしょうか。どちらも、“これはひどい”、のタグを付けたくなるような悲しいお味。

コンフィチュール屋さんとしてはまずまず評価をしておりましたが、この味でOKだと判断したといたしましたら、Belberryの食、味に対するこだわりというものを疑ってしまうよう。かえってイメージダウンかと。

六本木ヒルズのクリスマスマーケットは、ほぼ昨年と同じ規模で開催中。昨年は外国人のビジネスマンでずいぶん賑わっておりましたが、今年はぐっと少なめ。あの方々はもしやリーマンの方々だったのでしょうか。ジャーマンカレードックを横目で見ながら、こちらの方が美味しそうだったわあ、と。

ということで、残念ながらがっかりでした、ミッドタウンのマルシェ・ド・ノエル。来年に期待しておりますですよ!


鮭のスープ


北欧では、鮭を使ったスープを良く食べるのだとか。欠かせないのがハーブのディル、だそうですが、まあ、あれば本格的な味わいを楽しむことができますが、日本人はなくても十分美味しくいただけるかと。

基本、生のサーモンを使うそうですが、脂がのっていれば、冷凍庫で眠っている塩鮭でも問題なし。鍋にお水と玉ねぎ、じゃがいも、ニンジン、(+セロリ、きのこ)などの大きめに切った野菜と鮭を加え、野菜が柔らかくなるまで煮るだけ。味付けは塩(+胡椒)だけでも美味しいですが、お好みでブイヨンを加えても。

サワークリーム(水切りヨーグルトも可)にきざんだディル(+ライム)を加えたものを添えれば、スウェーデン風。バター、生クリーム(もしくは牛乳)とディルをきざんだものを加えれば、フィンランド風スープのできあがり。お肉を使ったポトフに飽きたら、一度お試しを。


トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/emimi/20081212

2008-12-11

Bistro Vivienne


Bistro Vivienne


少し前のことになりますが、打ち合わせ後の会食で連れて行っていただいたお店。歌舞伎座横の路地を入り少し行った右手にございます、ビストロ ヴィヴィエンヌ。

画像は、皮はかりっ、身はふんわりと焼かれた、カサゴ。強面です。他に、ピンク色がなんとも美しく優しい味わいのビーツのスープも、ハーブの香りが効いてさっぱりいただける自家製ソーセージも、どれも大変美味。メニューはアラカルトで食べたいものを食べたいだけ注文することができますし、お店の雰囲気もほわっと温かく、落ち着いて食事を楽しむことのできるとても素敵なお店です。

先だって、病院の待合室でdanchuを読んでおりましたら、大きく取り上げられておりましてなんだか嬉しくなってしまいました。記事によりますと、ワインもよい物を取り揃えているとのこと。

気軽に美味しい料理とお酒を楽しみたい方は是非一度訪れてみてくださいませ。小ぢんまりとしたお店ですので予約をなさったほうがよろしいやも。

そういえば、カサゴには、そっくりだけれども別種のウッカリカサゴという魚がいるのだそうですね。魚の研究者もウッカリしたぐらいそっくりなのでこう名づけられたのだそうですが、ウッカリカサゴにしてみたらちょっと自尊心の傷つくネーミングですよね。


粗大ゴミ、展示


今住んでおりますマンションでは、これまで粗大ゴミを排出する場合、フロントへお願いをし、言われた処理費用を支払えば全部処理していただけてとっても楽だったのですが、これからは、ちゃんと自分で粗大ゴミセンターで掛かる費用を確認をして排出日を予約、コンビニエンスストアなどで排出シールを購入して記名、ゴミに貼り付けて予約をした排出日までにフロントに持ちこむ、という手順に変更になったとのこと。

今週、車輪の具合が悪くなったキャリーバッグを初めてこの手順を経て排出。今日、娘の家にまいりますと机の上に同じ排出シールが置いてありましたので、この事と、「今度炊飯器を買い換えることにしたので、私もまた予約しなくちゃ」、という話をしたところ娘から驚くべき話が。

娘の住んでおりますマンションはゴミ置き場が通りに面しているからか、シールを貼って粗大ゴミを出しても、布団でも家電でも、ほぼ100%、排出日までに持ち去られてしまうのだそうです。

確かに、まだ使えるのでちょっともったいないけれども捨てる粗大ゴミというのは意外に多いもの。無駄にせずに使っていただけるものならばそうしていただきたい。今度捨てようと思っている炊飯器も、古くなり美味しく炊けなくなってしまっただけで壊れてはいないもの。「まだ炊けます」とでも書いたメモを貼って、娘のマンションのゴミ置き場に一晩“展示”をしてみようかしらと。


トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/emimi/20081211

2008-12-10

りんごりんごりんご


葉とらずりんご


事務所宛に、暮れのご挨拶として青森は弘前から『葉とらずりんご』と書かれた箱が届きました。葉とらずりんごとは、いったい?確かめてみたいわ、お福分けがないかしら、と思っておりましたら、音楽協会の女性の「あ、林檎が届いたんですか?」の一言で皆で分けることに。わいわい。

想像しておりました葉とらずりんごは、一つの実に一枚、葉っぱが付いている可愛らしい姿。ところが、箱から出てまいりましたのは普通のりんご。

音楽協会の女性によりますと、なんでもNHKのためしてガッテンでそのおいしさが証明されたリンゴだそうで、普通、小売店やスーパーで売られるりんごは、見た目を良くするために実の周りの葉を取ってしまい、色を良くして出荷しているため、葉の光合成を充分受けることができず、リンゴ本来の糖分や旨み、歯ざわりが抑制されてしまうのだそうです。でも、この葉とらずりんごは、実が完熟し収穫するまで、その周りに茂る葉を取らずにおくため、本来の旨み、果肉のシャリシャリ感が残り香りも良いのだとか。なるほど。

いただいてみましたが確かにたいそう美味。たっぷり蜜入り、甘く、しゃきしゃきとして、食べておりますと、果汁が滴り落ちるほど。

画像奥が葉とらずりんご。左手前がおまけに入っておりました小さな林檎。そして、江戸独楽職人、広井政昭氏作のリンゴのコマ、とそのリンゴのコマの中に入っている、小さな小さなリンゴのコマも一緒に参加させてみました。

撮影にあたり、柔らかい布で拭いてあげたところぴっかぴかに。日本では人に取り入ることを、「ゴマをする」と言うけれど、英語では確かapple polisher、「りんご磨き」だったわよね、などと考えながらきゅっきゅ。磨きながらの脳内BGMは『りんごのひとりごと』。「私は真っ赤なりんごです、お国は寒い北の国……りんご りんご りんご、りんご 可愛いひとりごと ♪」


"The Diamond is Forever Martini" :1,800,000


体調もすっかり良くなったことですし、担当医のI先生は「もう一生一滴も飲むな」と仰せですが、1ヶ月に1杯限定で自分で自分にアルコール解禁しちゃおうかしら、などと考え、あれこれ考え、想像するだけでも嬉しい気分に。

近場のバーはと考えましたところ、職場から一番近いバーはザ・リッツ・カールトン東京のザ・ロビーラウンジ&バー 。で、早速サイトをチェックいたしましたところ、メニューのトップに鎮座ましますカクテルが、『ザ・ダイヤモンド・フォエバー マティーニ :1,800,000円 』。(!)

何でございましょう、マティーニというからには、マティーニなのですよね。と、詳細を見ますと、「ウォッカとフレッシュライムジュースベースのマティーニに1カラットのダイヤモンドを添えて」とのこと。ほう。お一人様、でこれを注文したりいたしましたら、酔狂にも程がある、といったところでしょうか。

他にも、『ロブスター マティーニ』という興味深いネーミングのマティーニも。こちらは、詳細が書かれていないのですが、もしや「ウォッカとフレッシュライムジュースベースのマティーニにロブスターを丸ごと一匹添えて」だったりして。マティーニグラスの上に、危ういバランスで載るロブスター、見てみたいものです。

と、サイトに英語で入りなおしますと、あら、Lobster Martini :7,800 にも、詳細があるではありませんか。日本語版とのこの扱いの差はなんでございましょうね。

Organic Tomato Juice, Belvedere Vodka, Lobster, Caviar, Crème Fraiche

なるほど、トマトジュース、ウォッカにロブスター、キャヴィア、クリーム添えですか。ロブスター、キャビアの量がとても気になるところです。


播磨屋本店 東京本店


で、本日はそのI先生の診察日。「はい、emimiさんね。肝臓の数値はもうすっかり良くなりましたので心配ありません。ただ、膵臓のほうの数値がね、一つ、ちょっと高めです。お酒は…大丈夫よね?」、「(げげ、想像の世界に遊んだだけで)一滴も飲んでおりません。今、コーヒーを飲んできたばかりだからでしょうか?」、「コーヒーは問題ないですね。何か脂っこいもの食べたりしなかった?」、「昨日の夜はうなぎ、でした」、「あ、それね。うなぎのせい。まだあまり油っぽいものは食べないでね」。えええ、先生、アルコールを飲まなければもう何を食べても大丈夫っておっしゃっていたではありませんか。そうですか、もうすっかり良くなったつもりでおりましたが、まだまだ一月一杯計画は暫くお預けのようです。

仕方がないので、というわけでもございませんが、病院の帰りにおかきの播磨屋本店の東京店に寄り道。無料のおかきとお番茶を美味しくいただいてまいりました。こちらのショップ、噂には聞いておりましたが利用いたしましたのは初めて。

おかわりはできないとのことですが、お皿にいっぱい好きなだけのおかきと、コーヒー、紅茶、番茶などが無料でいただき放題。時間の制限もなし。年配の女性客がほとんどでしたが、隣の席では上司と部下と思しきビジネスマン二人連れが、「お、ずいぶん持ってきたね」、「ちょっと持って来過ぎちゃいました」、などと話しながらぱりぱりおかきを食べ、お番茶を飲んで慌しく去っていったり。お店に入る前の、「どう、ちょっと軽く一杯寄っていくか?」、「いいですね」などという会話を想像したりして。少し割れたり欠けたりした、規格外のものを試食用として使っているようですが、新製品のおかきなども並んでおりますので、お味見を兼ねてちょっと一休みをするのにお勧めの、なかなか居心地のよい場所でございました。

気になっておりました『ユーロの風』というチョコレートおかきを買い求め、婿の事務所にもちょっとだけ寄り道。「知っている味」、「安い駄菓子でこういうのなかった?」、「(見た目が)巨大な小枝みたい」、などと皆で言いたい放題言いながら食べて、帰宅。


call me susiecall me susie 2009/09/08 01:21 羨ましーい、行きたーい、播磨屋さん(お替わりしませんから)。
一月一杯計画は、もう実行したの?お答え如何によって、お泊まり先を考えねば...。

emimiemimi 2009/09/08 01:39 播磨屋行きましょうか。となると、オークラが一番近いのだけど、もう一緒にお泊りしたしね。ANAインターコンチとか?赤プリからでも歩こうと思えば歩けなくはありませんが。一月一杯計画、10月に実施しようかしら。

call me susiecall me susie 2009/09/11 00:32 またまた一休.comで検索してみましたが、赤プリが一番リーズナブルかな(アンダー\10,000のプランがあるのは赤プリだけなの)。夕食付きがお得ですプランなどもあったみたいですが、それではずぼら過ぎ?というのと、赤プリのバーは如何でしょ?というのが本日の質問です。
もし、emimiちゃんがどこかの予約サイトの会員でしたら、予約して頂けると有り難い。現地でカード決済が可能だと更に有り難い。恐れ入りますが、何卒よろしくお願い致しまし。

emimiemimi 2009/09/11 01:32 宿泊予約完了!バー、まいりましょう。新館、旧館、どちらがお好み?そういえば、昔々、都市センターホールでの合唱の発表会の時に、何度か旧館でカレーを食べたりしたわよね。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/emimi/20081210

2008-12-09

アサイー


Açaí FRUTA FRUTA


フルッタフルッタのアサイージュース。

娘が妊娠中に鉄分補給として飲んでいたものを味見をしたのが最初。特に美味しい、というものでもないのですが、時々とても飲みたくなるのです。アサイーというのは、アマゾン原産の椰子科の植物とのことですが、私にとっては中毒性があるのかも。

この辺りではナチュラルローソンでしか見かけたことがないので、ナチュラルローソンを見かけると、「お、アサイージュース買わなくちゃ」と。

飲んでももちろん満足なのですが、もう一つこのジュースで嬉しいのが容器の形状。キャップがしっかり閉まりますので、粉末、顆粒、液体、細かいものなどを保存したり運んだりするのに大変便利。キャップの下の輪っか部分を外し、ラベルをはがして諸々の用途に愛用しております。


低(弱?)抵抗力


明日は娘と二つのピカソ展を梯子して、途中、予約の取りにくい美味しいイタリアンでランチをして、という計画をたて、レストランの予約までして楽しみにしていたのですが、娘がウイルス性胃腸炎になってしまい延期に。

どうもウイルスに弱い母娘のようです。保育園で下痢、嘔吐の子供が増えているそうですし、孫もおなかが少しゆるく、ちょっと吐いたりはしているのですが、まずまず元気。婿も元気。婿と孫は体質的に丈夫なのでしょう。私と娘が保育園経由のウイルスをいただいてしまって病院のお世話になるというパターンが定着しつつあります。

風邪をひいている大人と接触しても、そうそう移ってしまうことはないのですが、子供経由のウイルスというのは活性化されて強力になるのではないでしょうか。まあ、お涎たっぷりのお菓子を「どうぞ」と口に入れてくれたり、今、自分で塗ることに幸せを感じているらしいリップクリームを、ちょっぴり鼻水付きで共有したりもしておりますので、まあ色々いただいてしまうのも無理ないかしら、とも思うのですが。


call me susiecall me susie 2009/09/08 01:30 血液型で性格判断はできないけれども、それぞれに病気に対する弱点はある、と聞いた(読んだ)ことがあります。A型は免疫力、抵抗力が弱い、だったような記憶。emimiちゃん該当してませんか。因みに私はよく風邪をひきます。自慢できるような類いのことじゃありませんが、それはもう自慢したいくらいの勢いでひきましてよ。この秋冬はインフルエンザが怖い。

emimiemimi 2009/09/08 01:34 えー、そうなの。それは当たっているかも。ちなみに娘もA型です。夜更かしが免疫力を更に低下させている、とわかっていても、これがどうしてもやめられないのよね。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/emimi/20081209

2008-12-08

柊の花


柊の花


柊、ヒイラギの花。葉の陰に、目立たぬようにひっそりと小さく清楚な白い花を咲かせ、えも言われぬよい香りを微かに漂わせる。

大好きな花ですので、もしも「君はまるで柊の“花”のようだね」、と言われたら喜んでしまいそうですが、これが「君は柊のようだね」ですと一文字違いで大違い。葉にはたくさんの棘があり、近付こうとしても刺して傷付けてしまう、ということですもの。

あ、でもそう考えますと、「君はまるでバラの花のようだね」という言葉も、バラも花には棘があるわけではありませんので、棘のある茎も含めてのバラ。柊も棘のある葉を含めての柊、と考えるべきなのでしょう。「君はバラの花のようだ」、と言われるのは想像いたしますに華やかで美しく棘のある女性。地味で目立たないのに美しく棘のある女性は、「柊の花」に譬えたらよろしいのやも。


おむつケーキ


『おむつケーキ』、という言葉を見かけ、どのようなものなのか調べてみました。Diper cake/ダイパー・ケーキ。

diaper cake - Google ???? このように、紙おむつを使い、ケーキ型にまとめお花やリボンなどで装飾をしたもののよう。赤ちゃんが誕生したら、おむつはすぐにたくさん必要になるものですし、お祝いにいただいたら、華やかで可愛らしくて、嬉しいかもしれません。布おむつで育てたい、というお母さんには、布おむつで作ったケーキを用意しなくてはいけませんけどね。

自分でも作れそうだわ、と作り方を探してみたところ、YouTubeに解りやすい基本の作り方が紹介されておりました。哺乳瓶が芯、というのもなかなか素敵なアイデア。

how to make a diaper cake - YouTube


call me susiecall me susie 2009/09/08 01:42 柊も外敵のいない環境では棘がなくなるって知ってた?
うろ覚えで申し訳ないけれど、京都だったか奈良だったか、和尚さんの徳の高さ故に棘のなくなったと言われるまるい葉っぱの柊があります(その高僧が誰だったのかを覚えてないの、ごめんね)。

emimiemimi 2009/09/08 13:01 知らなかったー。
このヒイラギはまだ刺が。ということは、持ち主の徳が低いってことかしら。庭に柊を植えるのは控えたくなりました。

call me susiecall me susie 2009/09/08 18:47 いやいや、そんなこと言わずにぜひ植えてください。私も柊、好き。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/emimi/20081208

2008-12-07

青うさぎ


マテマテ、青ウサギ


今日は、朝6時半入りの午後9時撤収というハードスケジュールで孫の世話。

体力の限界の挑戦、になるかと思っておりましたが、朝は孫が目覚めた8時半まで添い寝、午後2時から5時の昼寝も添い寝、で体力を温存。なんとか最後まで頑張れました。

寒い一日でしたが、ずっと家に籠もっていてはつまらなかろうと、近くの神社まで散歩。イチョウが綺麗なのではないかしら、と期待しつつ向かったのですが、なんときれいさっぱり散った後。来年はもう少し早く訪れねば。それはそれは見事な大イチョウなのですよ。

画像は散歩をする孫。昨年買ってあげた青うさぎのカバーオールはまるでぬいぐるみのようで最高に可愛いのですが、もこもこし過ぎておりまして動きにくいようで、転ぶ転ぶ。落ち葉の上にばさっともこもこのウサギが倒れる姿がまたなんとも愛らしく、起き上がれずにもがく姿がまた可愛い。孫にとってはちょっと迷惑な、祖母の自己満足。

久々に遠出の仕事で大丈夫かしらと案じておりました娘は、やはり体調を崩して帰宅。明日も続けて現場があるとのことですが、まだ本調子ではないようだし、無理しないようにね。


mijokamijoka 2008/12/12 07:53 可愛い〜♪この傾いた姿がなんとも言えず愛らしいですね。私までPCに向かって「待て待て〜」と言いたくなるくらい。

emimiemimi 2008/12/13 10:37 もう見るからに、おっとっとー、っていう感じでしょ。これで「まてまてー」なんて声をかけようものなら、喜んで興奮しちゃってすぐに転んじゃうのよ。幸せな散歩です。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/emimi/20081207

2008-12-04

プレイマイス


PlayMais


孫の保育園から、リースを作ってくるようにとの宿題。こういったことは娘よりも私の方が好きなので、担当することに。支給されました材料は、リースの枠と松ぼっくりが二つ。

実家にはグルーガンも置いてありますし、リボンやら木の実やら鐘やらのクリスマスデコレーションに使えるパーツがダンボール箱いっぱいあるのですが、手元には見回しましても赤いユーハイムのリボンぐらいしかみあたりません。さてさてどうしましょう、と考えておりましたところ、以前、『no title/プレイマイス』という、トウモロコシと食用色素で作られたという、スポンジのような工作材料を買い求めてあったことを思い出しました。孫に遊ばせるのにはまだ少し早い、としまってあったのでした。

遊び方を読みますと、水で濡らすと簡単にパート同士をくっつけることができ、切ったり、転がしたり、つぶしたりして、形を変えることもできるとのこと。これで、食いしん坊の孫に、食べ物の飾りがいっぱい付いたリースを作ってあげることに。

アイスクリーム、オレンジ、イチゴ、から大根、人参、きのこ。そしてサンタさんの手には、ブッシュドノエル。この後さらに、おにぎりときゅうりをプラスして、食いりん坊リースが完成。保育園お迎えのときに持ってまいりまして、無事に宿題提出。久々のリース作り、楽しかったです。


ピアニスト2、テレビ出演


“ピアニスト 須藤千春”の検索でこの日記を訪れる方が毎日かなりの数になります。

これは名前の春の字が違っておりまして、ピアニスト2は正しくは須藤千晴。須藤千春の検索ではなかなか情報が出ないため、こちらを訪れてくださる方が多いのかと。お手数ですが、“ピアニスト 須藤千晴”、で検索をし直してあげてくださいませ。コンサート情報なども記載された、本人のブログがトップに出てくるかと。

さて、そのピアニスト2。今夜、収録した番組の放映があるとのこと。TBSで23時55分から、スマップ稲垣吾郎さんの番組『Goro's Bar』だそうです。ご興味がございましたら。

しっかりと売り出していただるようにと事務所を移ったのですが、色々あり、そこからまた別の新しい事務所に移ることになったとのこと。何かと落ち着かない状況にあるようですが、これからも、美しい演奏を多くの方に聴いていただけるよう、頑張ってほしいです。


うっかり


などとご紹介をしておいて、うっかり見るのを忘れました。うわーん、ごめんなさい、千晴ちゃん。

先だっても、いつもブログを拝見しておりますid:aquioさんがNHKの『美の壺』に出演されると伺い、楽しみにしていたのですが、こちらもうっかり見そびれてしまったのです。どちらも楽しみにしておりましたのに、とても残念。

DVDなどに、録画されていたら是非お借りしたいのですが。


pianist2pianist2 2008/12/05 21:47 名前の漢字訂正して頂いてありがとうございます!
昨日の放送、うっかり、だったんですね〜(涙)。。。
録画してありますので、今度持って行きますねっ♪

emimiemimi 2008/12/07 23:13 千晴ちゃん、録画、ぜひぜひ見たいです!
そういえば、神戸の可愛いMちゃんに一つプレゼントが用意してあるのです。12月15日の大阪での千晴ちゃんのリサイタルまでにお母様宛にお送りしますが、もしもお母様が大阪にいらっしゃれないようでしたら、千晴ちゃんからMちゃんにお渡しいただけますか?宜しくお願いします。

jasminejasmine 2008/12/08 23:21 うわぁ〜残念でした。
4日の23時55分ですか? 須藤千晴さんのことをちょうどブログで紹介していた頃でした。 
拝見したかったです。 私も涙。。。

emimiemimi 2008/12/09 10:17 jasmineさん。娘が、『Goro's Bar』を見ることのできるURLを見つけてくれましたので、先ほどメールでお知らせいたしました。お時間のある時にでもご覧ください。15分ぐらいからのコーナーに出演しておりますので、ぐぐっと進めてご覧いただければと。

call me susiecall me susie 2009/09/08 01:54 aquioさんが出演されたのは「木のおもちゃ」の回ですか?じゃ、私(たぶん)見ました、ちょっと寝ぼけてましたけど。そっかー、そうと知っていたらもっと真剣に観るんだったわ。「美の壺」は時々まとめて再放送されることがあるので、その機会に出会いたいです。

emimiemimi 2009/09/08 12:59 『オルゴール』の回でした。先日、aquioさんのお知りあいからDVDを送っていただいたので、ご興味がおありでしたらお見せしましょうか。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/emimi/20081204

2008-12-03

Bulgari


S.Bulgari


思わず、ブ、ヴルガリと読みたくなってしまうBVLGARI。工房に預けた品があるのですが、その預かり控えを入れる美しい封筒を見ると、S.Bulgariと。

あら、正式にはBulgariと記すのでしょうか。調べてみましたところ、BVLGARIという独特の表記は、古代アルファベットにはUの文字が無く、中世までUとVは区別されていなかった事から、あえて当時の表記法に従い表示したものとのこと。Sは、創始者ソティリオ・ブルガリの頭文字だそうです。VはUだったのですね。今後は頭の中でひねることなく、ブルガリ、と読めそうです。


塩加減


エアコンの暖房を使用し、事務所の空気が乾燥する季節になりますと、社長が電気ポットの蓋を中途半端に開けたままにして加湿器代わりに使用(するという暴挙に出)、部屋の湿度が上がりお肌がしっとりするのは嬉しいのですが、熱い飲み物が飲みたい時に飲めない、という不便な状況にございました。

Kaz VICKS スチーム式加湿器 V105Cそれでは困ります、と昨年、音楽協会のヨドバシカメラのポイントが溜まったのを使わせていただき、画像のVICKS スチーム式加湿器を購入。窓ガラスが曇るほどの湿度と、いつでも温かいお茶の飲める快適な環境を手に入れました。めでたし。

こちらの加湿器、常に新鮮な水を使用できるので蒸気の質については安心なのですが、難しいのが塩加減。水に加える塩の量によって蒸気の量も変化。控えめ過ぎるとほわっと弱弱しい蒸気しか上がらず。しゅわしゅわとたっぷりの蒸気を立てたいと思い、気持ち多めに塩を加えたりいたしますと、自動的に電源が落ちてしまうのです。

塩分が濃過ぎるのね、と少し水を捨てては水を加え、電源が落ち、また少し水を捨てては水を加え、電源が落ち、またまた少し水を捨てては水を加え、現在はちょうど良い塩梅。


毛皮のコート


そろそろロングのファーコートをなんとか着こなせる年齢に達したのではないかしらと、母のミンクのコートを譲り受けることに。ぐっと冷え込んだら着てみましょう、ととりあえずクローゼットに保管中。

今日、マンションのエレベーターに娘と乗り込みますと、先客の男性がなんと長めのミンクのコートをお召し。東京でもさすがにミンクのコートを着た男性というのは珍しいので思わず後姿に見入っておりますと、突然振り返られたものですから、思わず目と目が。男性が降りた後、娘:「奥さんのコート、借りて着てきちゃったのかな?」、私:「いやあ、自分のコートじゃない?なんとなく目が、何見てるのよおっ!って言いたげだったわよ」、娘「へえ、実はお姉だったのかもね。うん、そんな感じだったかも」、私:「私も例のミンクのコート着てたりしないで良かった。エレベーターで被ったりしたらちょっと気恥ずかしいわよね」、娘:「うん、私もフォックスのコート着てたら…」、私:「エレベーターの中、全員でファー着てたりしたら、なんだか動物園みたいだものね、わはは」。


トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/emimi/20081203

2008-12-01


あやふや


娘の家へまいりました折のこと。ピアノの譜面台の上にたまたま置いてあった楽譜を(聞いたことある曲だわ、この曲、なんだったかしら?)と思いながら弾いておりますと、娘が「その曲知ってる?」、と。弾き続けながら、「うん、すごく良く知っている曲なんだけど、なんの曲だったかしら?」と答えると、「そう、知ってるの。今度仕事でリクエストのあった曲なんだけど、『いつかどこかで』、みたいな題名の映画のテーマ曲なの」。

おお!そうでしたそうでした、大好きな映画『ある日どこかで』の中で、ラフマニノフの『パガニーニの主題による狂詩曲と共にテーマ曲として使われている曲ありませんか。

この映画のタイトル、娘ではありませんが、なかなか正確に記憶できないのです。いつも、『いつかどこかで』、だったかしら、『あの日どこかで』だったかしら、と。正解は『ある日どこかで』。

D ※“I love you.”の後はラフマニノフです。

その話をいたしますと、娘が、「冬ソナのテーマ曲もいつもわからなくなっちゃうのよね」、と。はいはい。確かに、こちらも覚えにくいですね。『始めから最後まで』、だったかしら、『最初から終わりまで』だったかしら・・・?正解は、『最初から今まで』。

もうひとつ、千と千尋の神隠しの主題曲。こちらも、『いつでもどこでも』?それとも、『いつでも何回でも』? 正解は、『いつも何度でも』、なんですよね。どれも、いつまでも覚えられそうにありません。


PRINCES&PRINCESSES


no titleは、フランスのアニメーション作家、ミッシェル・オスロ監督が1999年に手がけた作品。11月、12月、とムービープラスでフランス語版が放映されているのを知り、ずっと観たいと思っていたのですが、ようやく今日観ることができました。美しい美しい映画です。

全編影絵による作品で、登場人物は三人だけ、少年と少女と老年の映写技師。この少年と少女が、まず物語や時代に合った装いを身にまとい、「用意はいいかい?」という技師の問いかけから、6編のお伽噺を演じていきます。

『プリンセスとダイアモンド』、『少年といちじく』、『魔女』」、『泥棒と老婆』、『冷酷なプリンセス』、『プリンス&プリンセス』。舞台は、中世ヨーロッパ、古代エジプト、近未来など。19世紀初めの日本を舞台にした『泥棒と老婆』などは、地名の発音、驚きの一晩の移動距離、北斎の絵、老婆が自分で詠んだことにしていまう数々の有名な俳句などなど、日本人といたしましては、にんまりとしてしまう場面がいっぱい。昔話、御伽噺、絵本がお好きな方には特に、お薦めしたい作品です。

同じような美しい影絵をどこかで観たことがあるような、と思いましたら、一昨年訪れましたザルツブルクの玩具博物館で。


yukodokidokiyukodokidoki 2008/12/02 11:30 emimiさんも「ある日どこかで」お好きでしたか!とてもロマンティックで素敵な映画ですよね。ご紹介もアニメーションも気になります。

emimiemimi 2008/12/02 21:03 はい、もうYouTubeでチラッと見ただけでも条件反射で泣けてくるぐらい。クリストファー・リーヴ、私の中ではスーパーマンというよりも、リチャード、です。『プリンス&プリンセス』も機会がございましたら是非。ちょっと日本人には真似ができないわあ、と悔しいぐらいフランスのエスプリとユーモワ溢れる、とてもお洒落な作品です。

yukodokidokiyukodokidoki 2008/12/02 23:00 クリストファー・リーヴは私の中でもスーパーマンではなくリチャードです。でもemimiさんと同じくタイトルがどうしても覚えられません。この映画はまだ20代の頃に映画館で見たのですが当時はあまり話題になりませんでしたよね。

emimiemimi 2008/12/03 14:23 この映画を見ると、ロマンチックな気分に浸る一方で、女と生まれたからには、時空を超え、命を賭して会いに来てくれるハンサムな恋人の一人や二人欲しいものだぜ、わっはっは、という気持ちにもなります。

call me susiecall me susie 2009/09/08 02:05 私の中でも同じく、です。ジャック・フィニイの原作も好き。ただ私の場合、タイトルは覚えられるのですが、タイムスリップものの常として「始まりはどこ(いつ)?」と考え始めると夜も眠れなくなります(ので、考えないようにしてます)。

call me susiecall me susie 2009/09/08 02:10 ラフマニノフの「パガニーニの主題による狂詩曲」の初体験は、日曜朝の「希望音楽会」でした(もう、年がばればれ)。

emimiemimi 2009/09/08 12:54 え、原作読んでみたいー、とちょっと検索してみたのですが、ジャック・フィニイではなくて、リチャード・マシスンじゃないかしらん。

call me susiecall me susie 2009/09/08 18:53 あ、失礼、そうだったわ。いい加減なことを書いてしまった、ごめんなさい。ジャック・フィニイにも似た感じの作品があるので混乱します、と言い訳(覚えられるのはタイトルだけ、ということね)。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/emimi/20081201
 | 
Mail

◆検索エンジンからいらしてお探しの文章が見つからない場合は、上部にございます検索窓に文字を入力後「日記」をクリックし、検索をしてみていただけますでしょうか。
◆本のご紹介、引用、リンクなどで問題がある場合にはすぐに削除いたしますので、お手数ですが上記アドレスまでお知らせくださいませ。