clair de lune


2003 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 05 | 06 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 |

Votre âme est un paysage choisi
Que vont charmant masques et bergamasques
Jouant du luth et dansant et quasi
Tristes sous leurs déguisements fantasques.

Tout en chantant sur le mode mineur
L'amour vainqueur et la vie opportune
Ils n'ont pas l'air de croire à leur bonheur
Et leur chanson se mêle au clair de lune,

Au calme clair de lune triste et beau,
Qui fait rêver les oiseaux dans les arbres
Et sangloter d'extase les jets d'eau,
Les grands jets d'eau sveltes parmi les marbres.

Paul Verlaine (Fêtes galantes)



                   ※最近は こちら(facebook)に時々アップしています。

 | 

2012-11-30

emimi2012-11-30


beacon -urban chop house-


青山円形劇場でアテンドの仕事中にお腹がすいてしまい、インターネットで道を隔ててすぐのところにあるbeaconのハンバーガーが美味しいとの情報を得て遅めのランチに向かいました。

お店に足を踏み入れてびっくり。あら、ここはニューヨーク?ってニューヨークを訪れたことはないのですが。洗練された雰囲気の欧米人の方々がいっぱい。日本人客も富裕層か業界人かという雰囲気を漂わせたお洒落な人ばかり。

初めてなのでお薦めを伺うと、やはりハンバーガーが1番人気とのこと。そこで、beacon Burger170gにチーズとアボカドをトッピング。注文時にパテの焼き加減を選べましたので、きっと良い牛肉を使っておりますのでしょう。お冷代わりのアイスフレーバーティーもとても美味。これは期待できそうです。

周りを見ると、平日の昼間ですのにステーキやワインをゆっくり楽しむ方々も。

ハンバーガーの注文でも、まず最初にサラダと自家製のパン、バターが供されます。待つことしばし。ハンバーガーのプレートが登場。想像はしておりましたが、それでも驚くすごいボリューム、フライドポテトもお約束の山盛り。これに特大ピクルス、サラダ菜、トマト、オニオン、チーズ、アボカドを重ねて食べるのは困難と判断し、ナイフとフォークでいただくことに。パテがとても良いお味。ちょっとブリオッシュに近いバンズに良く合います。週替りだというソースもとても美味。

食後のコーヒーはやや残念なお味でしたが、円形劇場でお腹がすいてしまった時にはまた訪れたいお店です。


トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/emimi/20121130

2012-11-28

emimi2012-11-28


Honey & Sugar Scrub


今年は冬の訪れが早いように感じます。空気も乾燥して、お肌もかさつきがちなこの季節にお薦めなのが、Honey & Sugar Scrub。自家製お砂糖と蜂蜜のスクラブです。

作り方はとっても簡単。

砂糖…適量

蜂蜜…適量

オイル…適量

を混ぜるだけ。

私は例えば顔とひじ、ひざぐらいでしたら、一回使いきりで、小さじ2杯ぐらいの砂糖に、蜂蜜小さじ2分の1、オイルをぽたぽたと2〜3滴。これを混ぜて少し置いておくと、しっとりと馴染んでまいります。お砂糖は上白糖でも甜菜糖でもなんでもOK。オイルも私はESPAのオイルを使っていますが、オリーブオイルでもなんでも良いようです。

あとはお風呂で温まった体に使うだけ。お肌がしっとりとし、角栓もきれいに。洗顔中に唇を舐めても甘くて美味しくて嬉しくなります。まつ毛エクステをしている方は、オイルが含まれておりますので、目の周りには付けないようにした方がよろしいかと。

乾燥肌に悩んでいらっしゃる方はぜひ一度お試しを。


トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/emimi/20121128

2012-11-27

emimi2012-11-27


クリスチャン・ツィメルマン


クリスチャン・ツィメルマンのピアノ・リサイタルを聴いてまいりました。

リハーサルが延びているとかで、まずロビー会場。結局15分遅れの開演となりました。なんでも、ツィメルマンはマイ・スタインウェイを持ち込んでいるとのこと。

開演に先立ち、本人からのメッセージが代読されました。なんでも、コンサートを隠し録りし、Youtubeにアップしてしまった人がいて、それが原因で、現在ツィメルマン氏と、レコード会社、音源をアップした人との間で訴訟になっているとのこと。どうか録音録画はしないでいただきたい、と。

そして、舞台にツィメルマン登場。まず、容姿が好みだわぁ。顔立ちはもちろん、髪型もひげもとっても素敵。

この日のプログラムは、

ドビュッシー:版画

ドビュッシー:前奏曲集 第1集より

  2.帆

 12.吟遊詩人

  6.雪の上の足跡

  8.亜麻色の髪の乙女

 10.沈める寺

  7.西風の見たもの

シマノフスキ:3 つの前奏曲(「9つの前奏曲 作品1」より)

・ショパン:ピアノ・ソナタ第3番 ロ短調 作品58

いやー、素晴らしかったです。ツィメルマンを生で聴いたのは初めてでしたが、その音色の美しいこと。霞がかかったかのような柔らかな音。光の反射が見えるかのような煌く音。伽藍に響き渡る鐘の音。地鳴りのように轟く低音…。pppからfffまで。美しくない音は一粒たりともありません。

さらに、伝わってまいりますお人柄の温かさ。

季節柄咳き込む観客が多かったのですが、曲間で多くの人が咳をした時に、本人も咳をして「いやー咳は辛いよね」といった仕草をして客席を見たり。ショパンのソナタの1楽章が終わったところで思わず拍手をしてしまった方達がいたのですが、2楽章が終わったところで「ええと、ここは拍手しなくてもいいのかな?」というちょっととぼけた表情で客席を見たり。

ショパン以外は譜面台に楽譜を置いてしっかり見ながらの演奏でしたし、ショパンの最終楽章はちょっと疲れていたようにも見えましたし、アンコールもなかったので、もしかしたら体調が今ひとつだったのかもしれませんが、それでも文句なしに素晴らしいコンサート。

聴き終えた後、美しく温かなピアノの音色で身体が充たされているかのように感じました。幸せ。


トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/emimi/20121127

2012-11-25

emimi2012-11-25


七五三


孫一5歳。今日は乃木神社で七五三詣。曾祖母、祖父、祖母、伯母、従姉妹、兄弟、両親、と総勢11名。健康に育ったことに感謝をし、これからも健やかに成長しますようにと皆で祈願をしてまいりました。

母が誂えてくれました羽織袴を身につけ、本人が玉串拝礼を。記念撮影のあとは、赤坂潭亭を特別に開けていただき、お祝い膳を皆で囲みました。

両親が多忙なこともあってか、孫一は家事を良く手伝います。掃除機をかけるのも、雑巾がけも、洗濯物を干すのも5歳とは思えない上手さ。要領が良いとは言えず、照れ屋でもじもじ君なのですが、弟の面倒見も良く、しっかりもののまさに長男。

七五三、おめでとう。のびのび元気に育ってね。


トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/emimi/20121125

2012-11-20

emimi2012-11-20


APPLE MacBook Air


必要に迫られ、MacBook Airを購入いたしました。

自宅はデスクトップ。弟の会社にはデスクトップと、娘から借りているノートパソコンを使っていて不自由はないのですが、問題はマネージャー業の日。

娘のノートパソコンは大きくて3キロもあるため、持ち歩くのはとっても大変。未だにスマートフォンではなくガラパゴス携帯ですので、現場へ出てしまうと急ぎの案件に対応できないことも。

以前、伊勢正三さんのコンサートの楽屋に、マネージャー部屋があったのですが、私以外全員パソコンでばりばり仕事をしているのに、私は1人でぴこぴこ携帯でメール。リハーサルのアテンド中も、待ち時間が長いため、パソコンさえあれば処理できる仕事はどっさり。

ということで、思いきって銀座のアップルストアへまいりまして、軽くて小さいMacBook Airの11インチを購入してまいりました。

購入しますとパーソナルセットアップといって、ショップのスタッフがセットアップをしてくださるのですね。これはとっても助かりました。

Mac

スタッフが、あなたの新しいMacの主な機能をご紹介します。さらに、Eメールを設定し、購入したソフトウェアをインストールし、Mac App Storeで最適なアプリケーションを見つけてダウンロードできるよう、お手伝いをします。OS X Mountain LionとiCloudの新機能についてもご説明します。

特に、婿の会社のメールの設定にアップルストアのお兄ちゃまですらずいぶんてこずりましたので、私ではとても解決できませんでしたでしょう。ありがとうM君、J君!


トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/emimi/20121120

2012-11-19

emimi2012-11-19


ミッドタウンのイルミネーション


今年も始まりました。東京ミッドタウンのスターライトガーデン。

6年めとなる今年は、日本初の『モーションイルミネーション』を導入、とのことですが、昨年までと比べますと、流れ星もせり上がりもなく、やや控えめな印象。

それでもやはり綺麗です。光のパッチワークのように見える時も。

12/25まで開催。夜は冷え込みますので、温かくしてお出かけください。


jasminejasmine 2012/11/21 18:02 18日に行ってきました!
カップルがいっぱいで温かそうでした。
私は・・・姉と一緒  
う〜ん、寒い夜でした。(^^;)

emimiemimi 2012/11/22 09:13 あ、jasmineさんも、もうご覧になりましたか。
私は…一人、でまいりました。
寒い夜でしたので、寒かったです(´・◡・`)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/emimi/20121119

2012-11-17

emimi2012-11-17


ラ・リングア・オチアイ


乃木坂にあるイタリアンレストラン、ラ・リングア・オチアイ Cuchina italiana La Lingua Ochiai では、店頭で無農薬野菜の販売もしています。

これまで私が通りかかった時はいつも長野県産のもので、放射能汚染を気にする我が家では長野もNGエリアのため、購入したことがありませんでした。

が昨日は愛知県のお野菜がたくさん並んでおりましたのでいくつか買い求めてみたところ、新鮮で甘みがあり美味。人参の葉も湯がいて、刻んで、炒めて、ゴマや鰹節と加えてふりかけにしたところ、ご飯に良くあうこと。

またぜひ利用しようと思います。


トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/emimi/20121117

2012-11-15

emimi2012-11-15


揚げまんじゅう


神田須田町にございます、竹むらの揚げまんじゅう。

ゆっくりと店内で食べる時間がなく、持ち帰り。注文は、箱入りは6個から、紙袋で良ければ2個からできます。注文をしてから揚げるので、店内で待つことしばし。

甘味処なのですが、この日も店内は男性率とっても高し。私の前に揚げまんじゅうの持ち帰りを待っておりましたのも男性二人組。2個注文をされていましたが、もしや仲良く1つずつ召し上がるのでしょうか。

横の机では、アメリカ人と思しき外国人4人が揚げまんじゅうを食べながらビジネスミーティング中。歴史的建造物の中ということもあり、とても不思議な光景。

池波正太郎さんも贔屓にしていたというこちらのお店。甘い物がお好きでしたら是非一度訪れてみていただきたいです。


トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/emimi/20121115

2012-11-11

emimi2012-11-11


香箱


金沢の伯母から、今年も香箱蟹が届きました!

世に美味は数多あれど、これ程の美味しさはそうはないであろう、と私は思っています。

そして、絶対お薦め!が、漁師さんの食べ方だという、香箱の『甲羅飯』。以前にもご紹介しましたが、あまりに美味しかったのでもう一度。

1)茹でたコウバコ蟹を捌いて蟹身・内子・外子・みそを取り出し、ほぐしておきます。

2)醤油と酢をお好みで割った酢醤油を用意します。

3)おドンブリなどの深い器に熱々のご飯を適量入れます。

4)熱々のご飯に取り出したコウバコ蟹・酢醤油をお好みの量、を入れて適当に混ぜます。

5)コウバコ蟹の甲羅に4)をのせて出来上がり。

6)温かい内に食す。最高です!

贅沢に、蟹6:ご飯4ぐらいの比率で作るともう、思わず絶句する美味しさ。

叔母様、今年も美味しくいただきました。ありがとうございました。


トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/emimi/20121111

2012-11-08

emimi2012-11-08


ミルキーおりがみ


「ママの味」、ミルキー。

渋谷のランキンランキンで見つけた、『不二家 ミルキー 七五三』。

このパッケージ。おまけに、“ミルキーおりがみ”が10枚入っているのです。色は2色で各5枚。小さいサイズでとても可愛い折り紙♪

子供の頃、ミルキーの包み紙を折り紙にして遊んだ覚えがありますが、これでしたらシワもなく、正方形。鶴でも風船でも、綺麗に折ることができそうです♡


トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/emimi/20121108

2012-11-07

emimi2012-11-07


赤坂潭亭


お昼は、沖縄懐石料亭 赤坂潭亭で。

今日は一人ランチだったのですが、案内されましたのは個室。一人ランチはあっても、一人個室というのはこれが初めてかもしれません。

ホウボウのお造り、アカマチ南蛮焼き、ハンダマ地豆和え、ドゥルワカシー、パパイヤイリチー、煮物(シブイ・モウイ・アダン・うりずん)など、沖縄の食材を使ったお料理は、どれも薄味で素材の味が活かされておりまして、大変美味。

最後にさんぴん茶と一緒にいただく、田芋チーズケーキも、これだけお土産で持ち帰りたいほど美味しかったです。

今月は、孫一の七五三のお祝いでもう一度こちらのお店を訪れる予定。楽しみです。

no title


トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/emimi/20121107

2012-11-06

emimi2012-11-06


ギドン・クレーメル


サントリーホール スペシャルステージ ギドン・クレーメルを聴いてまいりました。

今宵のプログラムは、

J.S.バッハ: 無伴奏ヴァイオリン・ソナタ第2番 イ短調 BWV1003

グバイドゥーリナ: リジョイス(喜び)!−ヴァイオリンとチェロのための

イザイ: 無伴奏ヴァイオリン・ソナタ第5番 ト長調 op.27-5

バルトーク: 無伴奏ヴァイオリン・ソナタ Sz117

今回、クレーメルのサントリーホールでの公演は4夜あり、どれを聴きに行こうか迷いに迷って選んだのが今夜のほとんどが無伴奏というプログラム。これが正解でした。

いやはや。ギドン・クレーメル、只者ではありません。

最初のバッハは正直申し上げて、「???」だったのですよ。想像していたクレーメルの音とはぜんぜん違い、優しく繊細な音色で、しかもなんだか脂が抜けてしまっている、という印象。

でも、グバイドゥーリナで、「んん?」。イザイで「おおお!」、バルトークで「なるほど!凄い、凄過ぎ。」

アンコールの、

シルヴェストロフ:セレナーデ

ロックバーク:カプリス変奏曲

では、「良くわかりました、もう勘弁して下さい。」とこうべを垂れたくなったほど。

なるほど。バッハのソナタのあのつや消しの音は、1641年製のニコロ・アマティのせいでもなく、況してやテクニックの問題などでもなく、クレーメルがああ弾きたかったから弾いたんだわ。

それぞれの曲に対しての彼のイメージが、手触りとして、質感として、場所として、時代として、強く伝わってくる。一人の人間が、たった一台の同じバイオリンで奏でているとはとても思えない、ありとあらゆる音色が耳に届くのです。人間エフェクター

これまで考えておりましたバイオリンという楽器の可能性を遥かに超えた演奏を聴いて、魂消てしまった、というのが今の正直な感想です。

この世に存在するありとあらゆる物、事、事象はヴァイオリン一台で具現化できるんじゃない。いえ、この世だけではなく、別の世界、存在しない物、さえ表現することができるんじゃない。

私がこれまで考えていた上手なヴァイオリン奏者の、のびやかで艶があり、時に力強く、時に心を蕩かすような美しい音色。クレーメルももちろん、そういう音色も簡単に出すことができるのですが、そんなのはあたりまえ。

ざらっとした古いレンガの手触り、朽ち果てた城址、中世の修道院の回廊、人の話し声、風の音、鳥の囀り、漂う靄、揺らめく光、空間の歪み、物の軋み、色彩、味わい、匂い、湿度までが感じられる。色々な所へ連れて行ってもらいました。色々な時代に誘われました。時として異次元に引き込まれるように感じられることも。

そんな凄い演奏でありながら、クレーメルはどの曲を弾く時でも肩に力の入っていないラフな様子。違う。あまりに私がこれまで聴いてきたヴァイオリニストと違います。

全てのプログラムを聴き終えて、思い浮かびましたのが、マルグリット・ユルスナール『東方綺譚』の中の『老絵師の行方』。最後は自らの描いた絵の中に永久に姿を消してしまった汪佛。

ギドン・クレーメルも最後は自分が奏でる音の世界の中に、入り込んで消えてしまうのではないか。そんな姿を思わず思い浮かべてしまうほど、今日耳にし、そして見たのは、他に類をみないヴァイオリニストの姿でした。


トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/emimi/20121106

2012-11-05

emimi2012-11-05


「世界の仕掛け絵本ミュージアム」展


有馬玩具博物館よりお声かけいただきまして、嬉しいことに、3年ぶりにしかけ絵本の展示をしていただけることになりました。

西田明夫さんが生前にコレクションされていた絵本と、私の絵本を合わせて約200冊ほどの展示となる予定です。

場所は大阪駅近くのヒルトンプラザとハービス。私は伺ったことがないのですが、高級感溢れるお洒落な場所とのこと。とても楽しみです。

お近くにおいでの際には、ぜひお立ち寄りください!入場無料です。

*** 世界の伝統工芸ともいえる仕掛け絵本を紹介 ***

ヒルトンプラザイースト•ウエスト、ハービスプラザ•プラザエントの4施設で合同開催。ロタール•メッゲンドルファー、ロバート•サブダ、ヴォイチェフ•クバシュタなどによる芸術的な「仕掛け絵本」約200冊を展示する。実際に作品をめくって楽しめるコーナーも。

開催場所 ヒルトンプラザ ほか

開催日 2012年11月9日 (金) 〜 2012年11月30日 (金)

開催日備考 開催時刻:11:00〜20:00

料金 入場無料

お問い合わせ

ヒルトンプラザ イースト•ウエスト 06-6342-0002(事務局)

ハービスPLAZA•PLAZAENT 06-6343-7500(代表)

http://spot.santo.my-fav.jp/event/1487/

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/emimi/20121105

2012-11-02

emimi2012-11-02


玉城盛義の会


昨夜は、知人にご招待をしていただき、国立劇場 小劇場で、「玉城流三代目家元玉城盛義の会」を観てまいりました。

玉城盛義さん。チラシをきちんと見ずに、たましろもりよしさん?と読んでおりましたが、たまぐすくせいぎ、とお読みするのだそうです。

玉城さんは身長180センチ超えの美丈夫。琉球舞踊最大の流派の家元としての活動の他に、オリオンビールのCMや映画などにも出演。来年春には国立劇場で玉三郎さんとの共演も予定されているとか。

9月の沖縄旅行の折にも琉球舞踊は観てまいりましたが、今日の舞台はたいへん磨きこまれ洗練された印象。

生きる喜び、悲しみ、想いを、内に秘めて舞う姿の美しさ。鮮やかな衣装、哀調を帯びた地謡。お陰さまで、たっぷりと楽しませていただきました。

お声かけいただいた知人、物心がついた時から東京の大学へ進学するために沖縄を離れるまで、ずっとこの玉城流の琉球舞踊を習っていたとのこと。一度踊りを見せていただきたいです。


トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/emimi/20121102
 | 
Mail

◆検索エンジンからいらしてお探しの文章が見つからない場合は、上部にございます検索窓に文字を入力後「日記」をクリックし、検索をしてみていただけますでしょうか。
◆本のご紹介、引用、リンクなどで問題がある場合にはすぐに削除いたしますので、お手数ですが上記アドレスまでお知らせくださいませ。