ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

the emptydancehall

2016-06-25

[]

f:id:emptydancehall:20160625085931j:image

世界中で大人気、レッチリの新作が出ました。

今回もレコード会社さんが全力でプロモーションされてますが、それだけ売れると見込んでるんでしょう。

内容ですが、いわゆる全盛期みたいなノリの曲は少なくて、カリフォルニケイションみたいな落ち着いて聴かせる作品だと思います。

前作から参加のジョシュさんのギターは相変わらず地味で目立たないんですが作品にはうまく溶け込んでてこの人選は大正解だと思いました、前任のジョンさんが世界最高クラスの変態ギタリストなんで比べるのは気の毒ですよね。

アンソニーさんの声も絶好調だし、リズム・セクションはハネまくってて、いかにもレッチリ聴いてる〜みたいな気にさせるおなじみの音です。

最初の数回は「結構いいじゃん」くらいだったんですが、もうちょっと聴き込むと曲が凄く良くて味わい深いです、これはかなり好きなアルバムになりそうです。

https://www.youtube.com/watch?v=Q0oIoR9mLwc

https://www.youtube.com/watch?v=5w4d_mmJOGM

The Getaway

The Getaway

f:id:emptydancehall:20160625111606j:image

前作がいつ発売だったか忘れるくらい久々のガービッジです。

もうちょっと定期的に作品出してくれたらもっと人気というか知名度も上がるんでしょうが、もう十分売れてるんでこれくらいでもいいのかな・・・と。

今回も楽しみにしてたんですが、聴いた感じでは渋いなぁ〜って、こういうバンドに渋いとか使わないと思いますが、第一印象はそんな感じでした。

何度か聴いてるとシャーリーさんのVoも良いし、楽曲もちょっとゴシック風のダークな味があってこういうのも良いんじゃないかと思ってしまったり。

以前はもっとハジけた曲が多かったんで、その辺は人によって好みが分かれると思いますがシューゲイザー風の音が好きな人にもおすすめです。

https://www.youtube.com/watch?v=hSa_hbutFt0

ストレンジ・リトル・バーズ

ストレンジ・リトル・バーズ

f:id:emptydancehall:20160625090112j:image

ジャケットがいかにもジャズっぽいんですが、アコースティックな音のフォーク系シンガーソングライターさんです。

マリッサ・ナドラーさん(で発音いいんでしょうか?)の新作なんですが、00年代から活動されてて何枚も作品を出されてるようです。

例によって某マゾンさんで何か買うと「これ買った人はこういうのも買ってるよ!」ってお勧めされたものの一つなんですが、何で分かるんや!っていうくらい私の好みのド真ん中でした。

フォーク調の曲に深いエコーがかかっててちょっと4AD系の音にも聞こえますが、雰囲気が似てると感じたのはオール・アバウト・イヴの4作目でしょうか、あの作品からフィードバック・ギターと毒気を抜いたような感じです。

私の好みをご存知の方なら納得してもらえると思いますが、完全にハマってます。


あと、この人の他の作品はアナログ以外だとダウンロードかCD−Rで配布です、この作品は辛うじてCDでも出てるみたいですが、本当に音楽ソフトとしてのCD無くなりそうな勢いで衰退してますね。

小さなレーベルの新作や、大きなところでも安い再発物はCD−Rに切り替わってるようです・・・。

https://www.youtube.com/watch?v=V6YIdLY9J7g

https://www.youtube.com/watch?v=JWO7Vg7wpyU

Strangers

Strangers

Strangers [Analog]

Strangers [Analog]

2016-06-18

[]

f:id:emptydancehall:20160618104313j:image

80年代に大人気だったポール・ヤングさんが新作を出してます。

この人は80年代後半に深夜の洋楽番組でPV見てたんですが、ちょっと見ない間に渋い親父さんになってます。

初期作品はカセットでエアーチェックしてたんで聴いた事はあるんですが、雰囲気まで変わってます。

実は地道に作品は出してたみたいなんですが、それでも久々の新作になります。

渋いけど良い作品だと思います。

https://www.youtube.com/watch?v=0XbnGOGvmCA

https://www.youtube.com/watch?v=mHipfNioiAo

Good Thing

Good Thing

f:id:emptydancehall:20160618104006j:image

80年代を強烈に感じさせる双子のポップ・デュオでティーガン&サラの新作です。

偶然聴く機会があって「!」ってなったんですが、今風の音に絡む80年代レトロなシンセが凄く良い感じです。

かなり前から活動されてたらしくてアルバムも沢山出してます、前作は日本盤も出てました。

初期はフォークっぽい感じでしたが、ちょっと前からこういう感じの音になったようです、曲も私のツボを的確に突いてきてて思わず前作も買おうかと・・・。

https://www.youtube.com/watch?v=HJOHoiPGpac

https://www.youtube.com/watch?v=0C62PVctMSg

Love You to Death

Love You to Death

2016-06-11

[]

f:id:emptydancehall:20160605214116j:image

シンガーソングライターのフォイ・バンスさんと言う人です。

聴いた感じだとアメリカン・ロックっぽいんで最初はアメリカの人かと思ってたんですが北アイルランドの人らしいです。

内容は素朴なVoと、ちょっと渋めのカントリーっぽい曲とかもあって良い雰囲気の作品です。

有名どころではシンガーソングライターのエド・シーランさんと共演してます、方向性は似てるんでエドさんが好きな人は聴いてみてはどうでしょう。

全部でアルバム3枚出してて、前作はこれが気に入ったら無条件でお勧めです、残りの1枚は聴いてないんで分かんないです。

https://www.youtube.com/watch?v=1IoMTmJ7SKw

https://www.youtube.com/watch?v=dy0grDkodco

Wild Swan

Wild Swan

f:id:emptydancehall:20160611135356j:image

前作から物凄く待たされたダイヤモンド・ヘッドの新作が出ました。

またVoさんが交代してます、前のVoさんは・・・誰でしたっけ?。

オリジナル・メンバーはブライアンさんだけなんですが、曲を聴いてダイヤモンド・ヘッド?、ってなるくらいにはそれっぽい作品に仕上がってます。

変に今風になってないし、逆に古臭い感じもちょっとしか?しないんで初めての人にもいいかと思います。

物凄く良いか?と言われると、・・・個人的には前作の方が好きですかね〜、これも悪い事はないですけど。

https://www.youtube.com/watch?v=rFmFG9b0Jjs

Diamond Head

Diamond Head

f:id:emptydancehall:20160604104510j:image

ここのところスラッシュ系の新譜祭りで大変なんですが、デス・エンジェルも新作が出ました。

ちょっとだけ試聴して良い事は分かってたんですが、今回も超強力なスラッシュ・メタル作品です。

最初の解散前に目立ってたファンキーなノリはリズム・セクションの交代で薄れましたが、マークさんの個性的なVoは健在です、それにここ最近の激烈な音も大好きです。

他の古参スラッシュ勢と比べて年齢的にも若い(と言ってもおっさんですが)んであとしばらくは大丈夫みたいですね。

この後には、ソドムとパラドクスの新作も控えてます、楽しみです。

https://www.youtube.com/watch?v=6WXBob7a9go

https://www.youtube.com/watch?v=GVYl_hiD1oQ

f:id:emptydancehall:20160610201504j:image

ヴィヴィさんとホテルさんのデュオ、ザ・キルズの久々の新作になります、多分3年ぶりくらい?。

ヴェルヴェット・アンダーグラウンドからの影響とガレージ・パンクやロック、エレクトロ・ポップ・・・、色んなジャンルが混ざってるのはこれまでどおりですが、知らない間にヴィヴィさんが金髪になってて驚きました。

デビュー作からずーっと追ってるバンドの一つなんですが、考えてみると作品リリースの間隔が長いですね、15年以上活動しててまだ5作目です。

ヴィヴィさんのVoは相変わらず気怠そうだし、ホテルさんの方も今回はあんまり歌ってませんが良い感じです、音はこれまでの作品とそんなに変わってないんで安心して聴いてください。

https://www.youtube.com/watch?v=urPxe4jxdt8

https://www.youtube.com/watch?v=498zUzNGQxY

Ash & Ice

Ash & Ice

f:id:emptydancehall:20160611135416j:image

16歳で日本でもデビュー作を出したソーニャ・キッチェルさんの3作目(EPやミニアルバム入れると5枚目?)です、この人の新作は6年ぶりらしくて随分と久しぶりです。

当時は色んな雑誌で紹介されて来日もして若いのに渋い音楽性で話題になりました、ノラ・ジョーンズさんとも比較されてたと思います。

2作目以降はほとんど日本では話題になってませんでしたが作品は地味に作ってまして、一時期はちょっと音の感じが変わった事もありましたが今回は元の渋い作風に戻ってます。

雰囲気がなんとなく好きで1作目〜2作目はよく聴いてたんですが、これもしばらくはリピート聴きする事になりそうです。

https://www.youtube.com/watch?v=fyEJDRXEca4

We Come Apart

We Come Apart

ワーズ・ケイム・バック・トゥ・ミー

ワーズ・ケイム・バック・トゥ・ミー

f:id:emptydancehall:20160527201416j:image

フロットサム・アンド・ジェットサムの新作が出ました。

またメンバーさんが交代してますが、このバンドも最近は元気が良いですね。

他のスラッシュ系バンドみたいに高カロリーな作品じゃなくてどちらかと言えば曲の良さを聴かせるみたいな作風がここ数作続いてますが、それでも今回は激しくギターが刻んでる曲もあったりで楽しいです。

エリックさんの歌いっぷりも良いし、アルバム通して「良い作品聴いた〜」みたいな感じでよくできてると思います。

程よく今風の音も取り入れてて、若い人にも大丈夫か?と言われると微妙ですが(失礼)、スラッシュ好きさんにはお勧めです。

https://www.youtube.com/watch?v=jI8rWo2osaU

Flotsam and Jetsam

Flotsam and Jetsam

Flotsam & Jetsam/digip

Flotsam & Jetsam/digip

2016-06-04

[]

f:id:emptydancehall:20160604175434j:image

ブラック名義で活動してた事で知られるコリン・ヴァーンコムさんが今年の1月に事故?で亡くなってました。

日本では全く話題になってなくて今まで気が付きませんでしたが、ご冥福をお祈りします。

ワンダフル・ライフのヒットやCM出演で当時は人気でしたが、その後はひっそりと新作を出し続けてました。

最近の作品も良いのが沢山あったんですけどね、残念です。

https://www.youtube.com/watch?v=u1ZoHfJZACA

https://www.youtube.com/watch?v=PtfGSIpdAlA

https://www.youtube.com/watch?v=jgEUArDsR1Q

https://www.youtube.com/watch?v=rPCvwKxf2lI

Wonderful Life: Deluxe Edition

Wonderful Life: Deluxe Edition

Blind Faith

Blind Faith

f:id:emptydancehall:20160524224916j:image

ネオ・サイケ〜ゴス方面に興味のある人には嬉しいアンド・オールソー・ザ・トゥリーズの新作が出ました、相変わらず繊細で暗い曲が並びますが曲タイトルにNAITO−SHINJUKUというのがあって「?」ってなったんですが、何と2015年に新宿で初来日公演をされてました、気が付かなかったです、このバンドだったら東京にでも観に行ったのに。

その曲はインストで、何か幽霊でも出そうな感じなんですが雰囲気のある綺麗な曲です。

その他の曲もサイモンさんの深い声とシンプルな演奏が最高です。

こういうバンドの来日情報ってもうちょっとなんとかならないものなんでしょうか、別に怠慢だったんじゃなくて新作が出る事が分かるくらいにはアンテナとか張ってたんですけど・・・。

https://www.youtube.com/watch?v=rkGuyxtDUdI

Born Into the Waves

Born Into the Waves

f:id:emptydancehall:20160524224937j:image

憂鬱系?のゴシック・メタルで一部の人には人気があるカタトニアの新作です。

以前は意地でも日本盤出さないんか?って思ってたんですが、今回は出ちゃいましたね。

音は以前と同様に沈み込む曲調が憂鬱なんですが、この数作で一層洗練されてきてまして、もうメタル成分は味付け程度です。

楽曲も良いのが揃ってて、今回初めて聴くような人にも比較的優しい作りになってます、あくまでも「比較的」ですけどね。

ちなみに嬉しくて国内盤にしてみましたが、1枚ものの通常版でもやたらとお高いんで輸入盤にしてた方が良かったかな・・・と後悔です。

https://www.youtube.com/watch?v=IIGBNc2nFZA

The Fall of Hearts

The Fall of Hearts

f:id:emptydancehall:20160524224905j:image

トラヴィスの新作も楽しみにしてました。

好きなミュージシャンが大挙して新作出してるこの時期に出さなくても・・・とか思いましたが頑張って購入です、今回は輸入盤。

私の中ではどのアルバムも神懸って良いんですが今回もメロディが輝いてます、ついでにフランさんの頭部も輝いてきてて・・・。

いつも以上に色んな感じの曲が入ってますが、よく曲のネタが尽きませんね・・・と。

安かったんで最速予約で輸入盤にしてたんですが、国内盤はPVが8曲入ったDVD付き!、おぉぉぅ・・・。

https://www.youtube.com/watch?v=3lTF8mqy7Vo

https://www.youtube.com/watch?v=w45_dsXLHNg

PVがシュールなのもいつもの仕様です。

Everything At Once

Everything At Once

f:id:emptydancehall:20160524224857j:image

ジャンル分けではゴシックメタルに入ってますが、実は引き出しが多いバンドなTHE 69EYESです。

今回もユルキィさんの低音悩殺Voが絶好調で実にエロいです!。

前はシスターズの影響が濃厚だったんですが今回はその影響を上手くごまかせてます、良い曲が沢山あって嬉しいんですが、そろそろネタ切れっぽい感じもちょっとだけ・・・。

でもこういうのは相変わらず好きなんで次も楽しみにして待ちましょう。

https://www.youtube.com/watch?v=VuAdKbEEf0o

Universal Monsters

Universal Monsters

f:id:emptydancehall:20160524224927j:image

クラプトンさんの新作は渋い仕上がりになってます。

もうギターを弾きまくるような年齢でもないかと思いますが、大昔のスロウハンド時代にもこういう渋い感じの作品を沢山作ってるんで実はブレない人だったりもします。

カバー曲も渋くて、JJケイルさんはこの人好きなんでしょうね、よくカバーしてます、印象に残ったのはスキップ・ジェイムスさんのサイプレス・グローブのカバーでしょうか、オリジナルの不吉な雰囲気まで完璧にコピーしてて好印象です。

ちょっと前は引退がどうとか言ってましたが、ここまでの作品を作ってくれたらもう満足です。

https://www.youtube.com/watch?v=-gKPuxV3MkY

f:id:emptydancehall:20160524225020j:image

動画サイトで偶然知って以来、聴きまくってたビリー・マーテンさんの10インチ盤です。

この人はCDを出してないみたいで、ダウンロードとアナログ盤のみという今風の売り方をされてます、まだ10代らしいんですが(それは後で知ったんでロリコンではないです)渋いフォーク調の楽曲が凄く良いです。

中にダウンロード用のコードが入ってたんでアナログ再生環境が無い人でも安心です、・・・というかそういう人はこれ買いませんよね。

https://www.youtube.com/watch?v=smX6xCPDbrE

動画サイトで見ました、この曲が好き過ぎてやばいです!。

https://www.youtube.com/watch?v=xNAmwWBy0nw

最新PV、ツイッターでPV撮ってるとか言ってた時の写真見て変な笑いが出たんですが、完成品は予想通りです、外国人の考えるニッポン!、みたいな?。

これわざとやってますよね。

As Long As E.P. [10 inch Analog]

As Long As E.P. [10 inch Analog]

Milk & Honey [7 inch Analog]

Milk & Honey [7 inch Analog]

2016-05-27

[]

f:id:emptydancehall:20160520192118j:image

今日はZARDの坂井泉水さんの9回目の命日です。

デビュー25周年という事で映像作品とか新しいベスト盤が発売になってます。

今回はちょっと購入は遠慮させてもらってます、だってもう音源全部持ってるし!。

まだ音源持ってない人は買ってみて下さいね。

http://wezard.net/

https://www.youtube.com/watch?v=mZz9ZDM7HlM

https://www.youtube.com/watch?v=frbE3BJgjT4

https://www.youtube.com/watch?v=8WvddjsSMkc

https://www.youtube.com/watch?v=5v9merhf44g

ZARD Forever Best~25th Anniversary~

ZARD Forever Best~25th Anniversary~

ZARD Request Best-beautiful memory-(DVD付)

ZARD Request Best-beautiful memory-(DVD付)

2016-05-21

[]

f:id:emptydancehall:20160521133048j:image

元ヴァーヴの・・・って言っても最近の人は「誰?」ってなりそうで怖いんですが、リチャード・アシュクロフトさんの約6年ぶりになるソロ新作が出ました。

過去4枚の作品は何十回も聴き倒したくらい好きなんですが、今回もリピート聴きが止まりません。

最初の曲でえらくピコピコしたエレクトロ系の音が出てきて驚きましたが、Voが入ってくるといつものリチャードさんです。

ストリングスのアレンジが良い曲も入ってるし、曲調は私のツボを的確に突いてきてて、これは大好きになりそうな作品です、もうちょっとマメに作品出してくれたらもっと嬉しいんですけどね・・・。

見た感じも変わってなくて相変わらずかっこいいなぁ、内容も物凄く良いです!。

https://www.youtube.com/watch?v=e78MsH5X7NY

https://www.youtube.com/watch?v=36V2FjRSHQc

THESE PEOPLE

THESE PEOPLE

f:id:emptydancehall:20160515205704j:image

かなり楽しみにしてたデストラクションの新作です。

冒頭のアコースティック・ギターからの全力疾走はお約束ですが、今回は更に高カロリーです。

この間のスラドミで来日して大阪の単独には観に行ったんですが、同じメンバーさんでの作品で、実は来日時にはほとんど完成してたそうです。

もう、いかにもスラッシュ・メタル〜っちゅう激しい音と鬼畜な勢いは好きな人にはたまらんと思いますが、スラッシュ系を初めて試すような人にも良いかと思います、本当に純度100%のスラッシュ・メタルですよ。

最高です。

https://www.youtube.com/watch?v=KNmbUDA0Spg

https://www.youtube.com/watch?v=xmIwDKnyAmM

f:id:emptydancehall:20160515205715j:image

グランド・メイガスの新作が出ました。

今回は国内盤でも出たんでそっちを買いましたが、ブックレットの写真を見ると「うわぁ・・、剣持って写ってるよ」(笑)。

以前はドゥーム/ストーナー系の音を出してたんですが、ここ数作から一層大仰なヴァイキング・メタルというかそっちの方向に行ってます。

別にそれが悪い訳ではないんですが、一つ間違うとマノウォーみたいな感じになってて、実際そういう曲もあったりします、これ以上「そっちの方向」に行くと私にはキツいかも?。

でも全体的には好印象なアルバムです、帯には8年ぶりとか書いてますが実際は前作から2年ぶりだと思います、「国内盤が出るのは8年ぶり」っていう事でしょうか?、知らんがな。

https://www.youtube.com/watch?v=A_9jrowMBz0

f:id:emptydancehall:20160520204320j:image

マイケル・シェンカーさんのテンプル・オブ・ロック名義でのライヴ作品です。

ブルーレイで事足りるんですが、そのブルーレイ・プレーヤーがデカい方のスピーカーにつながってないんでCDも買う事に・・・。

このメンバー編成は私がライヴを観に行った時と同じで、元スコーピオンズのハーマンさんとフランシスさんのリズム・セクションが良い味出してるし、Voのドゥギーさんも相変わらず安定してます。

選曲はMSG、UFO、スコピーと、豪華で聴き応えがありますが、一番恐ろしいのはマイケルさんがどの曲でも全然衰えてない事でしょうか。

今回も上機嫌で弾きまくってますよ〜。

https://www.youtube.com/watch?v=21EaEwU4szU

https://www.youtube.com/watch?v=pIVCNVY_GXY

2016-05-14

[]

f:id:emptydancehall:20160514131501j:image

カナダのシンガー・ソングライターで、ボビー・バジーニさんという人の2作目ですが、全然知らなくてたまたま動画サイトで観ました。

えらくソウルフルなVoでシンプルなバンドをバックに歌ってまして、声質は違いますが雰囲気はどこかロッド・スチュワートさんを思わせました、まだ若そうな人なんですけどね。

カントリーっぽいところも少しあって色んな雰囲気の楽曲が入ってます。

2010年にも作品出してまして、これはチェックしておきたいですね。

何かジュノー賞の新人部門とかで賞を取ってるみたいで実は有名な人なんでしょうか。

https://www.youtube.com/watch?v=8QSF22hjEN0

Where I Belong

Where I Belong

f:id:emptydancehall:20160510195523j:image

シンディー・ローパーさんのカントリー・ロック風味の新作が出ました。

前にブルーズ系の作品も出してましたが、最近はシンプルなバンドでの作品が多いみたいですね。

ゲストもウィリー・ネルソンさんやエミルー・ハリスさんみたいな大物が参加してナッシュヴィルで録音されてます。

ポップな作品も好きなんですが、こういうバンド入りの音も大好物なんで嬉しいです、この人の声が大丈夫な人はお勧めです、凄く良いですよ。

https://www.youtube.com/watch?v=QetLDJRDVq0

Detour

Detour

f:id:emptydancehall:20160510195510j:image

ジャズ・ヴォーカルなんですが、かなりソウル寄りな人です。

来日公演とかもしてるし、人気もあってグラミー賞まで受賞してます。

太い声質で堂々と歌う人なんですが、歌唱自体はフランク・シナトラさんやナット・キング・コールさんとかの本格的なジャズ、加えてサム・クックさんみたいなソウル・シンガーの影響も濃いと思います。

丁寧に歌ってるのも魅力的です、前作からちょっと話題になってて気になってたんですがこういうのは大好物です。

https://www.youtube.com/watch?v=EEZyB4Bxrxg

新作から

https://www.youtube.com/watch?v=ZWUAKq-reLQ

ちょっと前の曲

Take Me to the Alley

Take Me to the Alley

f:id:emptydancehall:20160510195202j:image

BURRN!最新号です、今月も濃い内容でした。

表紙裏にはフロンティアーズ・レーベルの20周年記念広告、こんなに沢山のバンドと契約してましたか!。

ガンズのライヴレポートやロブ・ハルフォードさんのインタビュー、ディジー・ミズ・リジーやディファイアンツ、新譜が楽しみなデストラクション他色々です。

BURRN!さんが執拗にプッシュするアルディアスですが、ここまでプッシュされたらちょっと聴いてみようかな・・・と(笑)、試聴とか始めてます、まだよく分からんですが。

あと新作出したリタ・フォードさんの特集ありましたが、ディスコグラフィ載ってますけどほとんど入手困難ですよね、レコード会社さんはこれを機会にリマスターとか・・・無いかなぁ〜。

2016-05-07

[]

f:id:emptydancehall:20160505195819j:image

ブルーノさんのディファイアンツに続いてテッド・ポーリーさんがソロ作出しました。

今年はデンジャー・デンジャーの関係者が元気良いです。

こっちの方が動画サイトとかでPV見たのが早かったんですが、入手は後になっちゃいましたね。

まだちょっとしか聴いてないんですが、メロディアスなハードロックで前のソロも良かったですが今回も良い感じです。

詳細は後日、本サイトの方で。

https://www.youtube.com/watch?v=sDbTPi64ygg

https://www.youtube.com/watch?v=f6-2WHMB0Us

Beyond the Fate

Beyond the Fate

f:id:emptydancehall:20160506191656j:image

以前は相当熱心にジャズとか聴いてたんですが、ロックやメタル系の発売が多くて最近はご無沙汰でした、久々にこれは買わないと!っていう音源が出ましたよ。

ビル・エヴァンスさんが1968年にモントルー・ジャズ・フェスティバルでライヴ録音したのは有名ですが、5日後に同じメンバーでのスタジオ録音との事、ジャズ好きさんの間では大騒ぎになってるし今はCDショップの隅に追いやられるように存在するジャズのコーナーでも派手に飾られてます。

メンバーはビル・エヴァンスさん(p)、エディ・ゴメスさん(b)、ジャック・ディジョネットさん(ds)のトリオです。

録音したものの契約の関係で倉庫に眠ってて、発売はできなかった音源なんですが、思った以上に録音も良くて演奏はこの3人なんで極上です。

あんまりジャズに興味ない人には何が凄いのか分かんないと思いますが、例えば全盛期のオジーさんやジューダス・プリーストの完全未発表スタジオ音源がCD2枚で出た〜みたいな感じ?。

これはいいものです。

https://www.youtube.com/watch?v=I8Di1Y_znmY

(おまけ)

ご本人の事は全然知らないんですが、偶然動画サイトで聴いたこの人が凄く気に入って爆聴きしてます。

こんなに「!!!」ってなったのは久々です、何者?。

https://www.youtube.com/watch?v=smX6xCPDbrE

https://www.youtube.com/watch?v=9nt7AIib7hw

As Long As E.P. [10 inch Analog]

As Long As E.P. [10 inch Analog]

Milk & Honey [7 inch Analog]

Milk & Honey [7 inch Analog]

2016-04-30

[]

f:id:emptydancehall:20160430132935j:image

デンジャー・デンジャーのブルーノさんが結成した新バンドでディファイアンツのデビュー作です。

本家の方が活動してるのかしてないのか分からんのに加えてテッド・ポーリーさんも同時期にソロ作出すんでバンドの存続が不安ですが、こっちのVoは一時期デンジャー・デンジャーに居たポール・レインさんです、バンドの時よりクオリティ高くないですか?。

楽曲というか全体の感じがアレなんで人によっては分かると思うんですが、レーベルは毎度おなじみのフロンティアーズです(笑)。

良い楽曲が大量に詰まってますよ〜、お勧めです。

https://www.youtube.com/watch?v=9WsGrfeuFuc

ザ・ディファイアンツ

ザ・ディファイアンツ

f:id:emptydancehall:20160430164012j:image

カオティック・ハードコアというか、メタルコア系のバンドで、キャリバンの新作が出てました。

この手のバンドも一時期ほど沢山出て来なくなりましたが、中堅どころは順調に作品出してツアーもしてるみたいです。

このバンドは昔から好きだったんですが、そういえば前作買い忘れてますね。

音は以前と比べて少しだけメロディックな方に振れてるようですが、まだまだ激しい音を出してくれてます。

https://www.youtube.com/watch?v=xk6zL8597dw

Gravity

Gravity

2016-04-22

[]

感想書いてないちょっと前のCDが溜まってきました・・・。

f:id:emptydancehall:20160422195602j:image

英国のオンスロートがライヴCD(DVD付き)を出しました。

’80年代のスラッシュ全盛時期には数少ない英国出身のバンドとして有名でしたが、復活してからも順調に作品出されてまして、このライヴも絶好調です。

サイ・キーラーさんのVoが何か上手くなってるし!、カロリーの高い演奏も代表曲満載のセットリストも大満足です。

スティーヴさんが歌ってた時の曲もやってくれてまして、サイさんのVoが全然違和感ないのには驚きました。

https://www.youtube.com/watch?v=x4gMbHLUv_k

https://www.youtube.com/watch?v=awCa4NGxTIA

Live At The Slaughterh

Live At The Slaughterh

f:id:emptydancehall:20160422195228j:image

プライマル・スクリーム久々の新作です。

このバンドはアルバム毎に違う色を出してまして、今回はポップでメロディアスです。

古臭いエレ・ポップ風の音が目立ってて好きな感じの曲が多い印象です。

打ち込みとか思いっきり入ってるんでロックだけ聴く人にはお勧めしませんが、これもプライマル流のロックかな〜と、尖ってる事は確かです。

ゲストとか豪華ですね。

https://www.youtube.com/watch?v=JC77NtzW7U4

Chaosmosis

Chaosmosis

f:id:emptydancehall:20160422195422j:image

フィンランドのR&Rバンドです。

シラーズ・レーンのこれがデビュー作との事ですが、ちょっと聴いただけでVoさんのクセの強さに驚きます、スキッド・ロウをバックにディヴィー・ヴェインさんが歌ってるみたい・・・と言って「!」ってなった人は私と同世代ですね(笑)。

それはともかく、曲はまだばらつきがあるように思いますが、ハイトーンがよく出てるVoさんが良いです、良いといっても個性が強いんで聴く人によっては好き嫌いが分かれますが、それだけ印象に残るっていうのは凄いなぁ・・・と。

https://www.youtube.com/watch?v=wNn23BOSeyY

https://www.youtube.com/watch?v=BXHnKbJTYoI

For Crying Out Loud

For Crying Out Loud

f:id:emptydancehall:20160422195355j:image

久々のジャズです。

ビル・エヴァンスさんの1968年スタジオ未発表音源!!が出るとの事で色々と話題になってますが、そのビルさんのCDと一緒にと思って注文してたのが早く届きました。

マーカス・ストリックランドさん(ts)のブルーノート第一弾です。

この人の事はあんまり知らないんですが、別レーベルで作品も出してまして、試聴して気に入りました、ブルーノートからという事もあって購入です、中身はフュージョンというかAORやR&Bのジャズ寄りといった感じで女性Voさんも曲によっては入ってるしシンセや打ち込みも入ってます。

いわゆる頑固なジャズ親父に嫌われるタイプの音ですね、私は大好きですが。

https://www.youtube.com/watch?v=zrOHK61knpk

Nihil Novi

Nihil Novi

f:id:emptydancehall:20160422195204j:image

デンマークの老舗スラッシュバンド、アーティレリーの最新作です。

この調子だと今年もスラッシュメタル大収穫祭になりそうですね〜、お金大丈夫でしょうか。

で、中身なんですが今までと全然変わってません、今何年や!って言いたくなるくらい・・・。

https://www.youtube.com/watch?v=L_eTNcXKkdQ

Penality By Perception

Penality By Perception

f:id:emptydancehall:20160414200948j:image

シンディ・ローパーさんの大ヒット作を全曲演奏したライヴが出てます。

80年代を洋楽聴いて過ごした人なら知ってる曲が多いと思いますが、今でも人気ありますよね〜この人。

そんなシンディさんの作品の中でも特に売れたというか人気がある作品なんですが、今のライヴで聴く楽曲も良いですね、ライヴ観に行きたいです・・・。

https://www.youtube.com/watch?v=VdQY7BusJNU

https://www.youtube.com/watch?v=PIb6AZdTr-A



速報!、ダン・リード・ネットワーク復活!!。

https://www.youtube.com/watch?v=mo2RHiBHEok