ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

the emptydancehall

2016-05-21

[]

f:id:emptydancehall:20160521133048j:image

元ヴァーヴの・・・って言っても最近の人は「誰?」ってなりそうで怖いんですが、リチャード・アシュクロフトさんの約6年ぶりになるソロ新作が出ました。

過去4枚の作品は何十回も聴き倒したくらい好きなんですが、今回もリピート聴きが止まりません。

最初の曲でえらくピコピコしたエレクトロ系の音が出てきて驚きましたが、Voが入ってくるといつものリチャードさんです。

ストリングスのアレンジが良い曲も入ってるし、曲調は私のツボを的確に突いてきてて、これは大好きになりそうな作品です、もうちょっとマメに作品出してくれたらもっと嬉しいんですけどね・・・。

見た感じも変わってなくて相変わらずかっこいいなぁ、内容も物凄く良いです!。

https://www.youtube.com/watch?v=e78MsH5X7NY

https://www.youtube.com/watch?v=36V2FjRSHQc

THESE PEOPLE

THESE PEOPLE

f:id:emptydancehall:20160515205704j:image

かなり楽しみにしてたデストラクションの新作です。

冒頭のアコースティック・ギターからの全力疾走はお約束ですが、今回は更に高カロリーです。

この間のスラドミで来日して大阪の単独には観に行ったんですが、同じメンバーさんでの作品で、実は来日時にはほとんど完成してたそうです。

もう、いかにもスラッシュ・メタル〜っちゅう激しい音と鬼畜な勢いは好きな人にはたまらんと思いますが、スラッシュ系を初めて試すような人にも良いかと思います、本当に純度100%のスラッシュ・メタルですよ。

最高です。

https://www.youtube.com/watch?v=KNmbUDA0Spg

https://www.youtube.com/watch?v=xmIwDKnyAmM

f:id:emptydancehall:20160515205715j:image

グランド・メイガスの新作が出ました。

今回は国内盤でも出たんでそっちを買いましたが、ブックレットの写真を見ると「うわぁ・・、剣持って写ってるよ」(笑)。

以前はドゥーム/ストーナー系の音を出してたんですが、ここ数作から一層大仰なヴァイキング・メタルというかそっちの方向に行ってます。

別にそれが悪い訳ではないんですが、一つ間違うとマノウォーみたいな感じになってて、実際そういう曲もあったりします、これ以上「そっちの方向」に行くと私にはキツいかも?。

でも全体的には好印象なアルバムです、帯には8年ぶりとか書いてますが実際は前作から2年ぶりだと思います、「国内盤が出るのは8年ぶり」っていう事でしょうか?、知らんがな。

https://www.youtube.com/watch?v=A_9jrowMBz0

f:id:emptydancehall:20160520204320j:image

マイケル・シェンカーさんのテンプル・オブ・ロック名義でのライヴ作品です。

ブルーレイで事足りるんですが、そのブルーレイ・プレーヤーがデカい方のスピーカーにつながってないんでCDも買う事に・・・。

このメンバー編成は私がライヴを観に行った時と同じで、元スコーピオンズのハーマンさんとフランシスさんのリズム・セクションが良い味出してるし、Voのドゥギーさんも相変わらず安定してます。

選曲はMSG、UFO、スコピーと、豪華で聴き応えがありますが、一番恐ろしいのはマイケルさんがどの曲でも全然衰えてない事でしょうか。

今回も上機嫌で弾きまくってますよ〜。

https://www.youtube.com/watch?v=21EaEwU4szU

https://www.youtube.com/watch?v=pIVCNVY_GXY

2016-05-14

[]

f:id:emptydancehall:20160514131501j:image

カナダのシンガー・ソングライターで、ボビー・バジーニさんという人の2作目ですが、全然知らなくてたまたま動画サイトで観ました。

えらくソウルフルなVoでシンプルなバンドをバックに歌ってまして、声質は違いますが雰囲気はどこかロッド・スチュワートさんを思わせました、まだ若そうな人なんですけどね。

カントリーっぽいところも少しあって色んな雰囲気の楽曲が入ってます。

2010年にも作品出してまして、これはチェックしておきたいですね。

何かジュノー賞の新人部門とかで賞を取ってるみたいで実は有名な人なんでしょうか。

https://www.youtube.com/watch?v=8QSF22hjEN0

Where I Belong

Where I Belong

f:id:emptydancehall:20160510195523j:image

シンディー・ローパーさんのカントリー・ロック風味の新作が出ました。

前にブルーズ系の作品も出してましたが、最近はシンプルなバンドでの作品が多いみたいですね。

ゲストもウィリー・ネルソンさんやエミルー・ハリスさんみたいな大物が参加してナッシュヴィルで録音されてます。

ポップな作品も好きなんですが、こういうバンド入りの音も大好物なんで嬉しいです、この人の声が大丈夫な人はお勧めです、凄く良いですよ。

https://www.youtube.com/watch?v=QetLDJRDVq0

Detour

Detour

f:id:emptydancehall:20160510195510j:image

ジャズ・ヴォーカルなんですが、かなりソウル寄りな人です。

来日公演とかもしてるし、人気もあってグラミー賞まで受賞してます。

太い声質で堂々と歌う人なんですが、歌唱自体はフランク・シナトラさんやナット・キング・コールさんとかの本格的なジャズ、加えてサム・クックさんみたいなソウル・シンガーの影響も濃いと思います。

丁寧に歌ってるのも魅力的です、前作からちょっと話題になってて気になってたんですがこういうのは大好物です。

https://www.youtube.com/watch?v=EEZyB4Bxrxg

新作から

https://www.youtube.com/watch?v=ZWUAKq-reLQ

ちょっと前の曲

Take Me to the Alley

Take Me to the Alley

f:id:emptydancehall:20160510195202j:image

BURRN!最新号です、今月も濃い内容でした。

表紙裏にはフロンティアーズ・レーベルの20周年記念広告、こんなに沢山のバンドと契約してましたか!。

ガンズのライヴレポートやロブ・ハルフォードさんのインタビュー、ディジー・ミズ・リジーやディファイアンツ、新譜が楽しみなデストラクション他色々です。

BURRN!さんが執拗にプッシュするアルディアスですが、ここまでプッシュされたらちょっと聴いてみようかな・・・と(笑)、試聴とか始めてます、まだよく分からんですが。

あと新作出したリタ・フォードさんの特集ありましたが、ディスコグラフィ載ってますけどほとんど入手困難ですよね、レコード会社さんはこれを機会にリマスターとか・・・無いかなぁ〜。

2016-05-07

[]

f:id:emptydancehall:20160505195819j:image

ブルーノさんのディファイアンツに続いてテッド・ポーリーさんがソロ作出しました。

今年はデンジャー・デンジャーの関係者が元気良いです。

こっちの方が動画サイトとかでPV見たのが早かったんですが、入手は後になっちゃいましたね。

まだちょっとしか聴いてないんですが、メロディアスなハードロックで前のソロも良かったですが今回も良い感じです。

詳細は後日、本サイトの方で。

https://www.youtube.com/watch?v=sDbTPi64ygg

https://www.youtube.com/watch?v=f6-2WHMB0Us

Beyond the Fate

Beyond the Fate

f:id:emptydancehall:20160506191656j:image

以前は相当熱心にジャズとか聴いてたんですが、ロックやメタル系の発売が多くて最近はご無沙汰でした、久々にこれは買わないと!っていう音源が出ましたよ。

ビル・エヴァンスさんが1968年にモントルー・ジャズ・フェスティバルでライヴ録音したのは有名ですが、5日後に同じメンバーでのスタジオ録音との事、ジャズ好きさんの間では大騒ぎになってるし今はCDショップの隅に追いやられるように存在するジャズのコーナーでも派手に飾られてます。

メンバーはビル・エヴァンスさん(p)、エディ・ゴメスさん(b)、ジャック・ディジョネットさん(ds)のトリオです。

録音したものの契約の関係で倉庫に眠ってて、発売はできなかった音源なんですが、思った以上に録音も良くて演奏はこの3人なんで極上です。

あんまりジャズに興味ない人には何が凄いのか分かんないと思いますが、例えば全盛期のオジーさんやジューダス・プリーストの完全未発表スタジオ音源がCD2枚で出た〜みたいな感じ?。

これはいいものです。

https://www.youtube.com/watch?v=I8Di1Y_znmY

(おまけ)

ご本人の事は全然知らないんですが、偶然動画サイトで聴いたこの人が凄く気に入って爆聴きしてます。

こんなに「!!!」ってなったのは久々です、何者?。

https://www.youtube.com/watch?v=smX6xCPDbrE

https://www.youtube.com/watch?v=9nt7AIib7hw

As Long As E.P. [10 inch Analog]

As Long As E.P. [10 inch Analog]

Milk & Honey [7 inch Analog]

Milk & Honey [7 inch Analog]

2016-04-30

[]

f:id:emptydancehall:20160430132935j:image

デンジャー・デンジャーのブルーノさんが結成した新バンドでディファイアンツのデビュー作です。

本家の方が活動してるのかしてないのか分からんのに加えてテッド・ポーリーさんも同時期にソロ作出すんでバンドの存続が不安ですが、こっちのVoは一時期デンジャー・デンジャーに居たポール・レインさんです、バンドの時よりクオリティ高くないですか?。

楽曲というか全体の感じがアレなんで人によっては分かると思うんですが、レーベルは毎度おなじみのフロンティアーズです(笑)。

良い楽曲が大量に詰まってますよ〜、お勧めです。

https://www.youtube.com/watch?v=9WsGrfeuFuc

ザ・ディファイアンツ

ザ・ディファイアンツ

f:id:emptydancehall:20160430164012j:image

カオティック・ハードコアというか、メタルコア系のバンドで、キャリバンの新作が出てました。

この手のバンドも一時期ほど沢山出て来なくなりましたが、中堅どころは順調に作品出してツアーもしてるみたいです。

このバンドは昔から好きだったんですが、そういえば前作買い忘れてますね。

音は以前と比べて少しだけメロディックな方に振れてるようですが、まだまだ激しい音を出してくれてます。

https://www.youtube.com/watch?v=xk6zL8597dw

Gravity

Gravity

2016-04-22

[]

感想書いてないちょっと前のCDが溜まってきました・・・。

f:id:emptydancehall:20160422195602j:image

英国のオンスロートがライヴCD(DVD付き)を出しました。

’80年代のスラッシュ全盛時期には数少ない英国出身のバンドとして有名でしたが、復活してからも順調に作品出されてまして、このライヴも絶好調です。

サイ・キーラーさんのVoが何か上手くなってるし!、カロリーの高い演奏も代表曲満載のセットリストも大満足です。

スティーヴさんが歌ってた時の曲もやってくれてまして、サイさんのVoが全然違和感ないのには驚きました。

https://www.youtube.com/watch?v=x4gMbHLUv_k

https://www.youtube.com/watch?v=awCa4NGxTIA

Live At The Slaughterh

Live At The Slaughterh

f:id:emptydancehall:20160422195228j:image

プライマル・スクリーム久々の新作です。

このバンドはアルバム毎に違う色を出してまして、今回はポップでメロディアスです。

古臭いエレ・ポップ風の音が目立ってて好きな感じの曲が多い印象です。

打ち込みとか思いっきり入ってるんでロックだけ聴く人にはお勧めしませんが、これもプライマル流のロックかな〜と、尖ってる事は確かです。

ゲストとか豪華ですね。

https://www.youtube.com/watch?v=JC77NtzW7U4

Chaosmosis

Chaosmosis

f:id:emptydancehall:20160422195422j:image

フィンランドのR&Rバンドです。

シラーズ・レーンのこれがデビュー作との事ですが、ちょっと聴いただけでVoさんのクセの強さに驚きます、スキッド・ロウをバックにディヴィー・ヴェインさんが歌ってるみたい・・・と言って「!」ってなった人は私と同世代ですね(笑)。

それはともかく、曲はまだばらつきがあるように思いますが、ハイトーンがよく出てるVoさんが良いです、良いといっても個性が強いんで聴く人によっては好き嫌いが分かれますが、それだけ印象に残るっていうのは凄いなぁ・・・と。

https://www.youtube.com/watch?v=wNn23BOSeyY

https://www.youtube.com/watch?v=BXHnKbJTYoI

For Crying Out Loud

For Crying Out Loud

f:id:emptydancehall:20160422195355j:image

久々のジャズです。

ビル・エヴァンスさんの1968年スタジオ未発表音源!!が出るとの事で色々と話題になってますが、そのビルさんのCDと一緒にと思って注文してたのが早く届きました。

マーカス・ストリックランドさん(ts)のブルーノート第一弾です。

この人の事はあんまり知らないんですが、別レーベルで作品も出してまして、試聴して気に入りました、ブルーノートからという事もあって購入です、中身はフュージョンというかAORやR&Bのジャズ寄りといった感じで女性Voさんも曲によっては入ってるしシンセや打ち込みも入ってます。

いわゆる頑固なジャズ親父に嫌われるタイプの音ですね、私は大好きですが。

https://www.youtube.com/watch?v=zrOHK61knpk

Nihil Novi

Nihil Novi

f:id:emptydancehall:20160422195204j:image

デンマークの老舗スラッシュバンド、アーティレリーの最新作です。

この調子だと今年もスラッシュメタル大収穫祭になりそうですね〜、お金大丈夫でしょうか。

で、中身なんですが今までと全然変わってません、今何年や!って言いたくなるくらい・・・。

https://www.youtube.com/watch?v=L_eTNcXKkdQ

Penality By Perception

Penality By Perception

f:id:emptydancehall:20160414200948j:image

シンディ・ローパーさんの大ヒット作を全曲演奏したライヴが出てます。

80年代を洋楽聴いて過ごした人なら知ってる曲が多いと思いますが、今でも人気ありますよね〜この人。

そんなシンディさんの作品の中でも特に売れたというか人気がある作品なんですが、今のライヴで聴く楽曲も良いですね、ライヴ観に行きたいです・・・。

https://www.youtube.com/watch?v=VdQY7BusJNU

https://www.youtube.com/watch?v=PIb6AZdTr-A



速報!、ダン・リード・ネットワーク復活!!。

https://www.youtube.com/watch?v=mo2RHiBHEok

2016-04-16

[]

f:id:emptydancehall:20160416150800j:image

エレクトロ・ポップの大御所、ペットショップ・ボーイズの新作、出ました。

前作は好評だったようですが今回更にポップになってますね、ちょっと80年代の頃に戻ったような気がします。

正直、前作と前々作はそんなに聴く回数が多くなくて今回の新作もどうしようかと思ってたんですが、買ってよかったです、結局聴き返した前の2作も聴き込んだら実は良かったし。

ニールさんとクリスさんの仕事ぶりも完璧で、緻密に楽曲が練られてるのが今回も分かります、いかにもヨーロッパ的な雰囲気も良いです。

変わらない声も初めて聴いた時のままで若々しいですね、大音量で浸りましょう。

https://www.youtube.com/watch?v=0bEcGFuLXz0

スーパー

スーパー

f:id:emptydancehall:20160402125005j:image

チープ・トリックの新作です、7年ぶりらしいですが。

その間に何があったのかあんまり把握できてなくて、ジャケ見た時に「お前は誰だ!」って(笑)。

バン・E・カルロスさんが居ないじゃん、どうも体調の問題でライヴから遠ざかってそのままリックさんの息子さんがドラマーに収まったようです、ちょっとモメてたようですが仕方ないですね。

で、音なんですが、ポップな楽曲はそのまんまで違和感が多少あるのはドラムが違うからでしょうか、そのうち慣れると思います。

全体的にはいつものチープ・トリックです、結構回数聴いてても飽きないし、相変わらず楽しいです。

https://www.youtube.com/watch?v=Kjiy_RL7uhk

2016-04-09

[]

f:id:emptydancehall:20160408192113j:image

ジェフ・スコット・ソートさん率いるSOTOが2作目を出しました。

前作はこの人にしては重くて激しい方向性だったんですが今回もメタルというかグランジというかラウドロックですかね、そういう感じの曲が多いです。

メロディアス・ハードしか聴かないっていう人にはどうかと思いますが、普通にメタルや最近のロックを聴いてる人なら楽しめます、別に曲も変じゃないしジェフさんのVoも相変わらず凄いです。

実は、ジェフさんのこういう感じの激しい曲は聴いてみたかったという事もあって大満足です、これ色々と言われてるみたいですが結構良いですよ!。

https://www.youtube.com/watch?v=LLdWDthAbPU

f:id:emptydancehall:20160408192144j:image

英国のメロディアス・ハード・・・というか大御所のマグナムが新作出してます。

前作からあんまり待たされた気がしないんですが、活発に活動されてるようで何よりですね。

知らない人のために説明しておくと、70年代から活動してるメロディアス・ハードロック・バンド(ちょっとプログレ入ってるよ)で、ボブ・カトレイさんの憂いのある歌唱は絶品です、キーボードも入ってて80年代には傑作を沢山作ってました。

何故か日本では評価あんまり高くないんですよね〜、何ででしょうか。

今回も全く変わってなくて哀愁のあるメロディは健在です、英国産ハードロックが持つ侘び寂びの真髄が聴けます。

https://www.youtube.com/watch?v=OzlMUP7Zw50

Sacred Blood

Sacred Blood "Divine" Lies

2016-04-02

[]

f:id:emptydancehall:20160328213044j:image

最近、ブルーズ以外でも良質の作品を日本発売してくれてるPヴァインさんから良い雰囲気の作品が出ました。

フランスのガイスターです。

購入は初めてなんですが、2015年に3枚同時発売になったナイト・ゲームズ1〜3という作品からAOR風の曲を編集しての発売だそうです。

その3枚の全貌は知らないんですが、このアルバムを試聴した感じでは当たりと思ったんで買っちゃいました、これはいいものです。

リズムとかはいかにも打ち込みっぽいんですが、それが80年代的な香りを発散してて、声もソフトなんでBGMとして流しても良いと思います。

3枚のオリジナルの方は気になりますが、実験的な曲が混ざってるとの事で、それはもうちょっとこのアルバムを楽しんでから探してみようかと。

https://www.youtube.com/watch?v=p_WJkH68LhE

f:id:emptydancehall:20160327113931j:image

こっちもPヴァインさんから発売のルイス・レイクというフランスのAORユニットの作品です。

先のガイスターとも関係があるシンガーソングライター、ジェローム・ブーレさんという人が中心になってます。

これもアマゾンさんで試聴して凄く気に入ったんですが、こっちはホーンセクションやギターも目立っててよりアダルト・コンテンポラリーな音です、曲によっては本当にレトロなポップスみたいな感じがたまりません。

曲もどこか哀愁があって全部一気に聴き通せます、方向性は違いますが昔のブルーナイルみたいに今後何十年も聴き続けられる良いアルバムだと思います。

https://www.youtube.com/watch?v=TnGdjQvIEoM

https://www.youtube.com/watch?v=xxz1AIg-LZ0

f:id:emptydancehall:20160402113355j:image

ジューダス・プリーストの2015年最新ライヴが出ました、このバンドに関しては長い間ファンやってきた関係上、最後まで付き合う覚悟でいるんで当然買いました。

日本盤はCDとDVDで、BD盤が出ないんで輸入盤です、こっちの方が安いし。

今まで結構出てるライヴ作品との違いは新作からの曲が入ってる事くらいなんですが、一応ライヴで必須の曲はちゃんと入ってます。

逆に同じ曲を繰り返し聴かされても困ると思うんで、今回みたいな選曲もありだと思います。

映像の方を観てた時はあんまり感じなかったんですが、CDで音だけ聴いてるとロブさんの状態が相当やばい所まで来てるのが分かってちょっと心配です、一応ちゃんと作品として成り立つくらいのパフォーマンスはされてますが全盛期を知ってる人ほど「うわぁ・・・」ってなるかと。

もうこの際ペインキラーみたいな曲はやらないでミドル・テンポの曲で構成してもいいと思います、ファンは誰もそれで怒ったりしないと思うんですけどね、別に人間の限界に挑戦するのを観たい訳じゃないんで。

ちなみにパフォーマンスとか全体的には超かっこいいんで買って損はしない作品です。

https://www.youtube.com/watch?v=GuDg3u-ZPEM

https://www.youtube.com/watch?v=KG2bM-kTWsg

Battle Cry

Battle Cry

f:id:emptydancehall:20160320162454j:image

f:id:emptydancehall:20160320162442j:image

ちょっと前に入手したカジュアルティーズの新作です、随分ご無沙汰でしたがお元気そうで何よりですね。

で、ブツはこのバンド恒例のボックス仕様で中にはそんなに大したものは入ってないという・・・。

それはともかく、見た目のパンクっぽさ同様のクソッタレ・ハードコアパンク全開な作品に仕上がってます、もう全部の歌詞に濁点が付く〜みたいな下品な声と荒々しい演奏は聴いてて爽快ですね、こういう連中大好きです。

https://www.youtube.com/watch?v=gyN2G06U2fY

chaos sound

chaos sound

f:id:emptydancehall:20160402125005j:image

最新作!、詳細は後日。

2016-03-26

[]

f:id:emptydancehall:20160325204305j:image

随分とご無沙汰だったタニタ・ティカラムさんの新作です。

何気なくツイッター見てたらジャケ写真が出てて、おぉぉぉ〜って。

デビューから渋い人でしたがアルバム発売ペースも渋くならなくてもいいじゃん、とか思いましたが無事に発売になって何よりです。

ここ数作ではストリングスとか入った曲もあって良い感じでしたが、今回も良いです、見た目は5作目くらいからおしゃれになって、今回もかっこいいですね。

f:id:emptydancehall:20160325204323j:image

同時発売のアナログ盤、この人はアナログ盤で聴きたかった!。

https://www.youtube.com/watch?v=rZNyd7Y7ZVs

https://www.youtube.com/watch?v=ZuVYaQDOFKo

Closer To The People

Closer To The People

f:id:emptydancehall:20160325204825j:image

メタル好きさんの間で話題になってたマイク・ハウさん復帰後のメタル・チャーチ最新作です。

この人が加入して初の作品だった3作目は大好きだったんで実は私も楽しみにして待ってたんですよね〜、ネットで製作過程を逐一アップしてくれてたのも楽しみ増大でした。

ここ最近の数作で楽曲は充実してたんで作曲面での心配はありませんでしたがマイクさんの衰えは心配でした、でもこの人の魅力の半分くらいはキャラと声質で、凄く高音が出るとかこの業界で規格外に上手いとかいう人では無かったんでもう満足です、実際衰えてませんし。

リアルタイムで全盛期を知らないファンからは神格化されてますが、そんなに大層なバンドではなくて(失礼)良質の作品を安定して作ってくれてた普通のメタルバンドという位置づけでいいかと思います、あまりに凄いモノを期待し過ぎるとこのバンドの味というか魅力が分からないと思うんで。

それにしても良い作品作ってくれました、3〜4作目と比べても劣ってないと思います、やっぱりこの声は良いなぁ〜、これは生でマイクさんの顔芸を見たいですね。

https://www.youtube.com/watch?v=Tr75lFA9Mg4

https://www.youtube.com/watch?v=ary17dRnC3o

XI (イレヴン)

XI (イレヴン)

f:id:emptydancehall:20160316182203j:image

スウェーデンのAOR〜メロディアス・ハード系バンドの新作です。

前作がデビューだったと思いますが今回も音楽性は変わりません、ジャーニーのカバー曲でVoさんが何かの賞をもらったのがきっかけでバンドが結成されたようです。

そういう前情報がなくてもこれはメロハーですね、他にも色んな有名バンドっぽいところが混ざってますが曲も聴いてて飽きないです、今回も良いんじゃないでしょうか。

https://www.youtube.com/watch?v=SBLukmztvtk

https://www.youtube.com/watch?v=cjEDsPZtoAg

Tabula Rasa

Tabula Rasa

2016-03-18

[]

3月19日はランディ・ローズさんの命日です。

今年も献花プロジェクトに参加させてもらいました。

主催の月狼さま、お忙しい中、毎年ありがとうございます。

http://www.rrclub.com/

f:id:emptydancehall:20160316212918j:image

パスが届きました、参加は今年で3回目なんで全部で3枚集まりました。

f:id:emptydancehall:20160316212955j:image

昨年の11月にはお母さまのドロレスさんもお亡くなりになりました、パス裏面にはドロレスさんとの2ショットが。

https://www.youtube.com/watch?v=hDCK_yyzoh8

https://www.youtube.com/watch?v=ZcoweoZ6jpM

ダイアリー・オブ・ア・マッドマン ライヴ・エディション

ダイアリー・オブ・ア・マッドマン ライヴ・エディション

間違ってもまだ市場に残ってるリズムセクション差し替え版は買わないように!。

f:id:emptydancehall:20160316182233j:image

ボニー・レイットさんの新作が出ました、キャリアが長い人なのにこうして新作届けてくれるのは嬉しいです。

今回もいつもどおり、素晴らしいスライド・ギターとVoが聴けます、INXSのヒット曲のカバーが入ってますが、似てるなぁ〜と思いつつ、サビのところまで気付かないくらい違和感ないです。

全体的に渋くブルージーにまとまってて前作に続き大満足です、この人のR&Bっぽい曲も好きなんですけどね、怖いくらい艶やかなギターの音は鳥肌ものですぜ。

ちなみにローウェル・ジョージさんやライ・クーダさん等と同格のミュージシャンですが、同時期に活動された人が次々に居なくなる中、この人にはもうしばらく頑張って欲しいです。

https://www.youtube.com/watch?v=MzNSgAQR9yg

まだまだやれそうですね

https://www.youtube.com/watch?v=toJ3ZYWRh24

お若い時、この時期も渋くて大好きです。

https://www.youtube.com/watch?v=BQLpRBDrhn8

これもすでに懐かしい曲ですが、この曲でハマりました。

https://www.youtube.com/watch?v=qzpe3bl3XG8

もう一つ77年のライヴ、この映像が綺麗な状態で動画サイトで見れるとは!。

Dig In Deep

Dig In Deep

f:id:emptydancehall:20160317210910j:image

サウンドガーデンのクリスさんがソロ新作出してました。

去年の発売だったみたいなんですが、不覚にも見落としてました、多分4作目。

これまでのソロ作では色々と実験もされてましたが、今回は渋く自然体な作品です、これ凄い良いじゃないですか。

元々歌唱力は定評あるんですが今回もその歌いっぷりは流石です、’90年代グランジ組の中でも充実した活動されてますね。

これが気に入ったらソロ1〜2作目や短命に終わったオーディオスレイヴの作品も是非どうぞ、お勧めです。

https://www.youtube.com/watch?v=KhJ9IwYc5NU

Higher Truth

Higher Truth

f:id:emptydancehall:20160316182215j:image

みんな大好き、アーク・エネミーのマイケル・アモットさん率いるハードロック・プロジェクト、スピリチュアル・ベガーズの新作です。

元々は趣味で始められたバンドですが、両方とも順調に売れてるようで、もう何枚目か分からんですが(9枚目らしい?)多分全部持ってると思います。

ストーナー・ロックのジャンルに入る音楽ですが、キーボードのペルさんが加入した頃から少しづつ古いハードロック味が増して今に至ります。

ラドウィックさんとシャーリーさんによるリズム・セクションが極上なのと、マイケルさんのギターもいい味を出して今回も良いですね。

ストーナー系が大好きなんでそっちの要素が薄れて、ディープ・パープルかい!って思わせる風味が増したのはちょっと残念ですが、これはこれで気に入ってます。

https://www.youtube.com/watch?v=hhl5aEW4rVs