Any given sunday このページをアンテナに追加 RSSフィード

2004 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 11 |
2015 | 01 | 02 |
2016 | 04 | 05 | 06 |
2017 | 04 |


[ニュース記事] [音楽−クラシック] [音楽−テクノ] [サッカー] [美術館日記] [雑記] [NFL] [YouTube] [はてな]

2005-03-31-Thu Don’t Give Up

何故コロコロ変わるんだ。

タワーレコードに行ったんですよ。ちょっと欲しいCDがあったから。それから色々と試聴していたり、CD漁ったりしていたんですよ。そうしたらですね発見しました。Behind the Sun。酷いのはですね。国内盤発売から3年後にDVDですよ。Disc1は国内盤と内容一緒ですよ。買って良いのか悪いのか悩みますよ。(結局買わず)一度も聴いたことがない人には非常に買う価値があると思います。非常に名作です。美しい構成美というモノがあって芸術的です。しかし、3年後にこの仕打ち。発見したのは5年後。

BTMovement in Still Lifeは国内盤とジャケット違うわ、曲順違うわ、色々イヤミだ。しかし国内盤の「Mercury and Solace」からの1時間ほどの音のダイブが好きなので他を買ってない。

[][] を含むブックマーク

日本 1 - 0 バーレーン 72/100

勝ちましたね。それは良かった。ところで、日本バーレーンに苦戦するレベルで良いのでしょうか?それは疑問です。

続きを読む

[] を含むブックマーク

ひさびさに見た高橋真麻の破壊力が増した気がする。杉崎美香以外の画像は殆ど直視できない。だから僕は中澤有美子JNNニュースバード中田有紀NNNニュース朝いち430に逃げ出すんだ。そして前者で見た光景は、水野真理子のスカート短っ!って状況だった。かなり短かったよ。でも朝どりランキング最終回。色々面白かったなぁ。マジックやって失敗した有美子。チュッパチャップスの映像でダリの格好をした松井陽子シュールストレミングを生で開けたりと、あれは良かったが、情報集めが退屈になったからかな。いずれにせよ、残念。

LittlePiggyLittlePiggy 2005/03/31 20:57 >ジーコのコメント
すごかったですね。腹の底から笑わせてもらいました。あんなんで(←失礼?)マネージャーやってていいんでしょうか?

encyclopectorencyclopector 2005/03/31 23:38 私はダメだと思います。ただ協会はOKだと思っているようで。

2005-03-30-Wed 1位通過は実力重視で

結果の一例

こんばんは。今日はW杯予選ですね。アフリカ以外の世界各地で。とは言え、来週、再来週はチャンピオンズリーグですけど。各地区の本戦進出の基準はまちまちで、本戦でアレ?って思う国の進出は見たくないですね。そう思うと、アジアの基準はかなり甘め。各グループ2つプラスプレーオフはかなり甘い。日本の通過はかなり楽だと思ってましたが、面白い状況になりましたね。バーレーン相手に、内容は期待しないですから、結果は出して欲しいですね。

追記: 本当に内容は稚拙だったが、勝ち点3は確保。

[] を含むブックマーク

何故やっていないんだ。JNNニュースバードCSですら。おかげさまで中澤有美子は15分。放送時間の短さとスカートの短さが比例しているかのように2日連続。ただ、おは脳やらないのは失敗だと思うよ。曽根純恵もなかなかボケキャラクターなのに。しかし、もっと問題なのは水曜日は各局ともツマラないんだ。フジめざにゅ〜日テレNNNニュース朝いち430も。杉崎美香中田有紀だけの力じゃどうにもならんね。しかし、来週から水曜日映画コーナー、戸部洋子一人で大丈夫なのか?放送開始当初は映画コーナー、杉崎美香だったわけだし、映画のコーナーは金曜日日テレ中田有紀もやっている。

[][] を含むブックマーク

  • 予選模様

アフリカ予選は本日無いらしいので、現況を確かめてみる。

全てのグループから首位のみ通過とはこれはどこの予選よりも厳しいな。(欧州予選、アジア予選は各グループ2位まで。南米北中米予選は一括の総当たり戦)

以下、個別評

続きを読む

[][][] を含むブックマーク

イラン北朝鮮に勝った(ホームで1戦1勝、アウェーでも良い結果で、かなり本戦進出に近づいたかと)ので、勝利して貰いたいですね。ここは。ただテレビ朝日的には負けた後3連勝のほうが嬉しかったりするのかい?北朝鮮があまりにも不甲斐ないので、本戦進出ラインは私の当初の予想の勝ち点10よりも上になる予感。11は必要ですね。3勝プラス引き分け2つ。(そういえば、チャンピオンズリーグ勝ち点10で決勝トーナメント進出できなかったディナモ・キエフオリンピアコスが懐かしい。)

イラン戦のビデオを見直して思ったこと。

ジーコ「相手が3トップでくるから4バックにした」

どう考えてもマハダビキアポジションFWじゃないな。

チャート

続きを読む

2005-03-29-Tue 相性は星座で決めるべきなのか?

相性は星占いだけじゃ決められないよね

ステキな話が上がった。「ロベール・ピレス蠍座だから、外す」という手段。おかげでフランスはホームのスタッド・ド・フランスでまたも引き分け。得点してないじゃん。勝ってないじゃん。(ダヴィド・トレゼゲの惜しいシーンがあったが)しかも、ピレスはプーマの服を着てテレビに出てしまった罰金が、ルイス・アラゴネスよりも遙かに高い不思議なことといい、彼は2大会連続でW杯ジネディーヌ・ジダンもいなかった。しかし代役のヨアン・ミクーとユーリ・ジョルカエフも悪くはないのだが)に無縁になりそうな、悲しい予感

もう一人外された選手がミカエル・シルベストル。獅子座は目立とうとするかららしい。個人的にはドイツ戦での素晴らしいロングフィードを知っているので外して欲しくない選手なのだが、ASモナコジュリアン・ロドリゲス、セバスチャンスキラッチ、ガエル・ジヴェがいて、ウィリアム・ギャラスがいて、ジャン・アラン・ブームソンがいる状況。厳しい。センターバックが豪華なのはフランスイングランドだけ。

  • 追記

ドメネクの記事はこれだが、私なりに色々獅子座の人を探したら、さすがネタになるインテルミラノ。素晴らしい。4バックが

サイドバック:ハビエル・サネッティ(1973.8.10)アルゼンチン代表

センターバック:マルコ・マテッラツィ(1973.8.19)イタリア代表

センターバック:イバン・コルドバ(1976.8.11)コロンビア代表

サイドバック:ゼ・マリア(1973.7.25)元ブラジル代表

凄すぎ、全員獅子座だった。全員目立とうとするから、引き分けばかりなのか。インテル。シニシャ・ミハイロビッチセンターバックに入れなきゃダメな理由が初めて分かった。左サイドバックもジュゼッペ・ファヴァッリと。

ちなみに獅子座の有名なセンターバックはウィリアム・ギャラス、セバスチャンスキラッチジュリアン・エスキュデ、パブロ・イバニェス、ゴラン・ガブランチッチ、ロベルト・フートなどなど。案外凄いな。目立とうとする人たち。ギャラスどうして代表に招集されたんだ?サイドバック起用だからか?

[] を含むブックマーク

Sh15uya

バッドエンドだったね。虚構世界の中とは違って、現実では新垣結衣植物状態だった。しかもシステムが生まれた原因も凶悪犯罪を犯した新垣によるものと。結局、渋谷を出て月に行くことはなく終わってしまうと。最後のRebootは不要だと思う。しかし、パラレルワールドモノは悉く消化不良な終わり方に遭っている気がする。世界が突然1つに束ねられても困るけどね。最終的に芳賀優里亜が目立たない終わりだったな。所詮、仮面ライダー監督田崎竜太だった。何でシブヤフィフティーンがこの表記だったのだろう?「この痛みだけはリアル」という言葉は非常に良かったが。

めざにゅ〜

ぷちぷち。恋の階段最上階まで上がってしまっているらしい。杉崎美香。でも日テレ中田有紀って人の方が年齢上ですよね。なかなか凄い話だ。TBS中澤有美子は関係ない話。ぷちぷちと同時刻、JNNニュースバード中野知美のあれはないだろ。凄かったね。花見で芸をやる中野、こっちの暴走も凄かった。で、NNNニュース朝いち430杉上早知枝が卒業と。この番組番組の開始から、新人アナの育成目的ですから。しかし、杉上と有紀様の少々危険なカラミが好きだった。藤森涼子と中田有紀に潰されるお杉は良かった。

[][] を含むブックマーク

どうやら、スペインが新システムを採用してみたそうな。4-3-3のバルサシステム、中盤にダビド・アルベルダ、イバン・デ・ラ・ペーニャ、シャビ・エルナンデスと。FWアルベルト・ルケホアキン・サンチェスフェルナンド・トーレスと。なかなか揃っているように見える。後半はファン・カルロスバレロンミスタを起用して毎度のスペインに戻っていたが、どっちが好きかと言えば、後者。4-5-1のほうが、サイドプレイヤー突破が多くなるような気がするから。ただスペインの黄金時代をラウール・ゴンザレスとフェルナンド・モリエンテスで見られなかったのは残念だ。2002年W杯。何で代えちゃったよ。カマーチョ

「このアイスランド戦は親善試合ではない。代表チームにそういう概念は存在しないからだ。今回の招集はプロビンチャに対しての表彰のようなものだ。そういったクラブは多くのイタリア人選手を試合に起用しており、私の仕事をやりやすくしてくれている」

パレルモウディネーゼカリアリサンプドリア、それにメッシーナには、多くの優れたイタリア人選手がいる。イタリアサッカーの全体的なレベルは、一般に考えられているよりも高い。このような選手たちをテストし、代表チームでプレーするという独特の感覚に慣れてもらうのは妥当なことだ。私が頭に描いているチームを作り上げるためには、彼らの存在は必要だ。水曜日の試合では、彼らはいいプレーを見せたいというモチベーションを十分に持って戦ってくれると思う」

ジーコも見習って貰いたいと思うのだが、ムリか。同じようなことでもフィリップ・トルシエと違うのは戦術において、決まり切ったことに固執しないところかな。あとは実績。ユヴェントスで5回のスクデットの男。インテルでは失敗だったが。

LittlePiggyLittlePiggy 2005/03/30 12:39 あら、インテルの4バック全員しし座なんですか?すごい。今後星座で言い訳するのが流行るかもしれませんね。

encyclopectorencyclopector 2005/03/30 17:46 偶然です。驚きました。アーセナルのDFではガエル・クリシーのみ獅子座でした。センターバックではないので安心ですね。チェルシーはギャラス、フート、それにグレン・ジョンソンと。だから、背番号2の人はバルサ戦でクリアせずに、エトーに撃たせたと納得しました。

2005-03-28-Mon ゴッホの靴

ねもっちゃん。

私は、前にも言ったが、既に竹橋東京国立近代美術館ゴッホ展は行ってきたのだが、そこで初めて「ゴッホの靴」を生で見た。カタログで何度か見たことがある。隣には文が何本かあり、そこにマルティン・ハイデッガー、ジャック・デリダなどの文があり、論争を呼んだことを想起させる。いわゆる芸術論論争なのだが、個人的にはデリダの考えの方に与するところがある。それは芸術芸術せしめるのは個々人の解釈を経由しなければならないからというのだが、まず作品と文を見て下さいな。偉大な哲学者にしては、変な考えだ。ハイデガーの存在の哲学芸術芸術的存在にする投企がないようだ。

[] を含むブックマーク

TBSの変。TBSは変だった。朝ズバッ!みのもんたがウザい。高畑百合子は朝に合いそうな顔だが、竹内香苗はチョットな。それから、気象予報士試験受かった山田玲奈がいなくなったのは残念。根本美緒って人に変わった。東北放送にいた人らしいよ。最近初めて知ったが、用稲千春セントフォース所属だったんだな。杉崎美香といい、中田有紀といい、中澤有美子といい、同じ事務所と。

めざにゅ〜月曜日がツマラン、あの素人コーナー要らないよ。しかし、何故か久下香織子がめざにゅ〜卒業。フレッシュな女性キャスターとは誰だろう?というか公家が辞める理由は何だろう?夫も在米、しかもグリーンカードを持っている公家。対するNNN朝いち430もツマラン、JNNニュースバードにしようとしたら、何故かMLB中継。中途半端なところで放送終了して、星野仙一マスターズをやったあと、ほんの数分ニュースバード、しかし中澤有美子スカートが短い!勿体ないな、TBS

[] を含むブックマーク

ゴッホといえば、ひまわりの印象が強いので黄色の多い作品を期待してしまったのだが、入ってみれば、アルル時代なども黄色の多い作品に確かに「種蒔く人」はあったが、それよりも良かったのが「夜のカフェテラス」、夜の青い印象とカフェテラスの明るい印象の対比が良くて、これは良かった。ゴッホ展ながら、ゴッホ以外にセザンヌゴーギャン等があったのはやっぱりどうかと思う。

[][] を含むブックマーク

ジーコ

イラン戦は田中が(出場停止で)いなかったので4バックにしただけ」

色々とバックラインの選手を試すことをしなかったツケじゃないですか?何故今までそれをしなかったのか問いたい

宮本恒靖

「(3バックは)ずっとやってきたシステムなのでそれなりの動きはできた。4-4-2に変えたときよりもしっくりくる」

酷かったですよ、アナタの中央でのケアは。もう一人欲しいですよね。アナタ、ガンバセンターバックやってなかった時期ありましたよね。ついでに。

2005-03-27-Sun 12年前の悪夢がよぎる。

技術だけじゃ

皆様ル・ブルー(人によってはレ・ブルー)の調子が悪いです。日本代表よりも遙かに素晴らしいタレントを大勢揃えていながら、システム論争も起こるし、罰金問題も起こっています。調子も悪けりゃ状況もヤバい。12年前のW杯アメリカ予選でもフランスは調子が悪く、同組にトマス・ブローリンなどがいたスウェーデンがいて、結局追いつくことができず、最終節にホームでエミール・コスタディノフの1発でブルガリアに予選敗退に追いやられた位の状況(唯一の救いはスウェーデンブルガリアが3位決定戦をやったことか)が見えそうなくらい、久々にフランスがヤバい。(というより、過去2大会フランスは予選をやっていない!!1998年開催国免除、2002年優勝国免除、つまり4大会予選突破もしていないのだ!!)12年前といえば、日本も予選敗退しましたね。ドーハの悲劇

[][] を含むブックマーク

おそらく、グループ6イングランドとグループ5イタリアは進出確実(1位進出)だと思うので、面白くなくなったわけだが(ジョー・コール、最近好調だよ。そしてフリーキックで2得点のアンドレア・ピルロ)、グループ4のフランスが調子悪すぎる。タレントを豊富に揃えておきながら、この様は何だ!偶然、首位アイルランドイスラエルロスタイムで追いつかれ(しかも次節、ロイ・キーン、スティーブン・カー出場停止)て辛うじて、勝ち点では並んでいるがアイルランドフランスイスラエル勝ち点9、1試合少ないスイス勝ち点6はかなり激戦。30日スイスキプロス相手、そしてフランスアウェーイスラエル、ホームで引き分けだったわけだが、今回は如何に。

個人的にはフランスには攻撃的に、。

GK: グレゴリー・クーペ

DF: ベルナルト・メンディ、ジュリアン・ロドリゲス、セバスチャンスキラッチ、パトリスエブラ

MF: ベノワ・ペドレッティパトリック・ヴィエラ、ジェローム・ロタン、ルドビク・ジュリ

FW: ティエリ・アンリ、ダヴィド・トレゼゲ

といって欲しいのだが。(何故スタメンミランの控えのヴィカシュ・ドラソーなのよ!)ロタンジュリコンビシドニー・ゴヴ、フロラン・マルーダのリヨンコンビでも面白そうな。リヨン関連で1度トレゼゲセンターの4-3-3も見てみたい気がする。リヨンみたいな感じで、左アンリの右にジュリ。その場合、中盤にはロタンよりもリオ・アントニオ・マウバやムラド・メグニのほうが面白そうかな。しかし、それ以外にも漏れる選手も非常に豪華だ。

ところで、今大会は予選の組み合わせが前回より良くなっている気がする。前回大会ポーランド(組み合わせがよく1位通過、しかし本戦敗退)みたいなこと、オランダポルトガルデンマークに憤死)みたいなことが起きていないし。

[] を含むブックマーク

何故、スタニスラフ・スクロヴァチェフスキの放送はないのだろう。しかも交響曲と書いてあるのに、数秒放送されたのはコリオラン序曲。ネルロ・サンティ2回か。しかし、先週と同じ定期公演でメインとプリメインって感じがする(バルシャイしかり、デュトワストラヴィンスキーアシュケナージリヒャルト・シュトラウスしかり)のだが、ハインツ・ワルベルクのヨハン・シュトラウスはなかなか良かった。

そして、桂冠名誉指揮者ヴォルフガング・サヴァリッシュのベートーヴェン交響曲第7番、良かったなぁ。縦もしっかりしていて、構築もしっかりしている。昔のN響ドイツモノが得意だったということがよく分かる素晴らしい内容。

番組若村麻由美の次は大河内奈々子か。その前の檀ふみといい、キャストの配置はイイなぁ。

[] を含むブックマーク

川田亜子はやっぱりカワイイと思ってしまう。しかし、あの目覚まし時計が欲しいな。「あっ、動いた」に反応する川田亜子

2005-03-26-Sat 下手な比較

比較するまでもなく、マーサイラネ。

こんばんわ。アジア最終予選ですけど、よく考えたらチャンピオンズリーグリベルタドーレス杯のグループラウンドよりも厳しいんじゃないかな?って思ったりしてます。金日成スタジアムにアザディスタジアムがあって、しかもイランから3日後に日本に帰って試合、バーレーンアウェーやった4日後に今度は北朝鮮アウェーって、厳しいかな。ただ、EUROは日程的に中3日で回していたわけだけどね。

比較で思い出したが、4カ国の対抗戦ならば、明らかに欧州予選のウクライナギリシャデンマークトルコの第2組、アイルランドフランススイスイスラエルの第4組の方が熾烈(他にも第1組、第8組も激しい)だし、そこから2カ国ずつ出てくれる方がドイツにおける本戦でハイレベルな戦いを見るには良いかと思う。それほど、アジアレベル低いよ。で、明日のフランス大丈夫かな。メンバーをどうするのか知らないし。ティエリ・アンリとダヴィド・トレゼゲの2人大丈夫なのかな。

[][][] を含むブックマーク

前半10分見たが勝てる気がしないな。今の状況。

続きを読む

[][] を含むブックマーク

6/100

誰がどう見ても、三浦淳宏を呼んだことが失敗だったわけだ。相馬崇人村井慎二のほうがという声をもっと出すべきだったんだ。彼が前半に中村俊輔を追い抜かして攻撃参加するシーンがゼロだった。後半もゼロ。サイドチェンジから何回かゴールラインまで上がったが、彼が遠征前「俺はアレックスと違って切り込んでシュートも撃てる、俺のフリーキックは誰も真似できない。」とか言っていたが、いつ打ちました?何やってました?マハダビキアに抜かれてシュート打たれてましたよね。あれがトラウマになって上がれなくなってしまったのなら、とっとと交代して迷惑かけるなと。

サイド攻撃といえば、中田英寿アイデアを与えたと思うが、後半から玉田をサイドに張らせて右から攻撃させていた。同じ位置に入った柳沢も右から良いシーンを2度と。それは良かった。ただ左から波状攻撃すること無かったから、守る方も楽だったかなと思う。ところで、ジーコ小野小笠原の交代は何の意図だったのだろう?何の効果も無かったね。小笠原の変なシュート1度のみ。

中田英寿については、なかなか良かったと思う。逆に中村俊輔アジアカップの時のトップ下で無かったことと、前述のサイドバックのサポートがなかったことから、あまり良くなかった。ただ積極的にサイドチェンジしたし、動いたわけだが、チームとしての組織的な動きに欠けていたね。FWを総入れ替えすべきかと。高原直泰何かした?でも鈴木隆行いないんだよね。未だにジーコで一番良かったのはチュニジア戦だと思うので、FW鈴木柳沢で良いと思ったりするんだ。

失点シーン(2点目)を見ると、センターフォワードのマークを加地がやっているのは、かなりバランスを失っていた証拠だね。宮本恒靖中澤と引っ張られすぎていたね。残念なことに。サイドバックがいるのに、左に2人もいくなんて。何をやっていたんだ。楢崎正剛を責めるにも若干ムリ。イェンス・レーマンが失点する時みたいに見事な受け身だったことを誉めるくらいか?

  • 本日の評価結果点0 内容点6

前に書いたとおり、基準は明確に。負けたらゼロ。

----

次はバーレーン戦ですね。小野伸二は出場停止ですけど、アレックスは帰ってきます。まだ彼の方が良いね。4バックかどうか知らないが、サイドのバランスが必要かと。守備はイランに何度かワンタッチで繋がれて危ないシーンを演出されているようでは、次も心配だ。今回は相手にポゼッションを与えすぎていた気がするぞ。

これで、日本は3位に降格。勝ち点9ペースですね、次のホームで勝たないと恐ろしい羽目になるね。

[][] を含むブックマーク

3バックか、4バックか。いつも論争になりますよね、日本代表だけユヴェントスマルチェロリッピの第1回目の黄金期に3バックをやってました。しかもこのシステムの特徴はボランチの運動量が非常に求められていて、交代するのは大抵ボランチという、恐ろしいシステムだった。ある程度、攻撃陣に信頼できる部分があったから可能で、1点取ったら守りきるということもできる戦力だったからのことで。

日本代表のように、ボランチの守備が全く作動しないようでは3バックもあまりメリットがない気がする。ただ昨日の日本代表サイドバックが上がらない4バック、中央で守るセオリーすら決まっていない(2点目の失点のシーンにボランチがいない!!)ようでは、中央に3人のほうが良いかも。

[] を含むブックマーク

ボブ・サップ選手の試合前のコメント

ボブ・サップ 相手の選手に質問がしたい。オレの左のパンチで倒されたいのか? それとも右のパンチで倒されたいのか? どちらにしても明日、その答えを見ることになるだろう。

キム・ミンス サップ選手から質問があったが、私はそのどちらでも倒れない。あなたこそ右か左、どちらの手首を絞められたいですか?

サップ パワーボムで倒してやる。

キムチ 私が負けることは決してない。サップ選手の腕を絞めつけて勝ちます。

サップ そこまで言うなら銀メダルでも賭けろよ。

キムチ メダル五輪で取ってきてください。五輪メダルは誰でも取れるものではないですがね。それだけは覚えておいてください。

サップ ボブ・サップのパンチも同じで誰にでも耐えられるものじゃないぞ。

キムチ しっかりと覚えておきます

この韓国人は賢く、覚えていたようです。(1分12秒 サップストレートKO勝利)

2005-03-25-Fri ところで、バーレーン戦は?

立ったらちっちゃかったよ。

イラン戦ですよね。今日は。最近のテレビとか、雑誌とかイランの特集を組むのはわかりますが、3月30日バーレーン戦ありましたよね。しかもホームで。忘れられているのならそれでイイですよ。見るなら、セルビア・モンテネグロスペインスロバキアポルトガルウクライナデンマークイスラエルフランス、と欧州では非常に興味深い試合(何で殆ど録画なのかは別にしてラジオなら宛がある)がありますからね。日本代表が進出するには勝ち点10あれば充分ですよね。ホーム全勝なら進出ですよ。イランに勝つより、バーレーンに勝つことの方が3倍以上大事な気がするんですけどね。バーレーンアジアカップで苦戦したのを忘れてますか?ジーコ以下楽観主義者の皆様。初戦、日本など欧州予選なら予選落ちというレベル(デンマークはおそらく予選落ちするな。ウクライナギリシャの争い。同組のトルコもヤバい)でっせ。

[] を含むブックマーク

やっぱり良いよ。疑似デート杉崎美香と三崎漁港マグロを食べに。満喫していて、とても嬉しそうな。それに文句を言うマーサだが、前にマーサラーメンを食べたときの画は既にAA化されるほどの恐ろしさだったよ。覚えていないのか?文句言い過ぎだと思う。食べるシーンならNNNニュース朝いち430で中田有紀が和菓子を食していた。最近の中田有紀の巻き髪は非常にイイ。ニュースよりも気になってしまうね。それよりも注目はJNNニュースバード、まずいきなり中澤有美子松井陽子、柴山延子の3人の立ち姿のOp。ちょっとそれは違うだろ。Ed気象予報士を会わせての立ち姿。しかし、立つと身長差が見事に現れます。柴山さんの高さもさることながら、松井陽子の背の低さも目立つ、かなり斜めのラインが面白かった。いつもは月曜日の柴山キャスターが出たのは愛・地球博が今日から開幕するからですね。万博以外では出てこなかったよ。普通に松井陽子BMXチャレンジしていたが、あまり見所なし。やっぱり金曜日フジテレビが強いな。

本当にこれがラストだ。大山のぶ代小原乃梨子ドラえもんのび太コンビ

しかし、映画ドラえもんシリーズは、ハリウッド並のカメラワークと技術CG多すぎだろ。そして手抜きもちらほら)ですね。そしてストーリーハリウッドっぽいですな。ただ、ドラえもんアメリカで公開してないからね。(アメリカンドリームを掴まないヤツはイケナイらしい、奴らの論理

今回のストーリー、巨大彗星の衝突は前にもあった(のび太と竜の騎士)な。加えて動物が喋るのもあった(のび太とアニマル惑星)、そして何より犬が喋るというのも大昔にある(のび太の大魔境)んだ。結局継ぎ接ぎですな。来年、「のび太恐竜2006」らしいぞ。

ああ、大山のぶ代もこれで終わりか。年を重ねるに連れ、タバコ焼けしていってるんだな。ドラえもんって。絶対、水田わさびの配役には慣れることはないな。こりゃ。

[] を含むブックマーク

皆様に公表していないだけで、東京都美術館上野)のミュシャ(マリア・アルフォンソ・ミュシャ)展(3月19日)、国立近代美術館竹橋)のゴッホ(ヴィンセント・ヴァン・ゴッホ)展(3月24日)に行ってきました。感想エイプリルフール前には書きますよ。

[][] を含むブックマーク

国際Aマッチなので、クラブチームネタ。どうもレアルが粛正をやるっぽい。確かにチャンピオンズリーグでも早々に敗退してしまったわけで、収入が得られないのなら切らざるを得ない。しかし、もっと深刻なのはクラブ全体の高齢化ジネディーヌ・ジダンルイス・フィーゴを筆頭にかなり平均年齢が高い。唯一下げる役目を果たしているのがカシージャスのみではかなりキツい。これに関して気になったのがラウルが出ていくかのような発言が増えたこと。クラブの象徴のような選手があの発言されては、気になって仕方がない。ジダンは残すらしいが、フィーゴスポルティング・リスボンからの強いラブコールがあるわけ。もし、ホアキンレジェスを獲得でもしたら、面白いことになるが、そうするとデビット・ベッカムはどこへ?マイケル・オーウェンは最近、獲得の交換要員にしかなっていない。スター選手が泡のようだ。元々、FCバルセロナドリームチームで、レアルは渋い人選だったんだ。レアル銀河系軍団になったのは、現会長の就任からだ。

レアルの強かった頃の名残を調べてみたが、往時のレアルは実はクロード・マケレレのワンボランチ、左からサンチャゴ・ソラーリジダンフィーゴという組み合わせで起用していたこともあった。現にグラスゴー、ハンプデンパークでの決勝(2002年CL決勝)がそうだ。根底の破綻なのだが、今や遅しのトーマスグラベセン獲得。今季開幕前に折角、ジロンダン・ボルドーから復帰(しかもリーグアンの最優秀守備選手)したアルベルト・セラーデスの出番の少なさといい、文句をつけたいところだらけ。ただラウル・ゴンザレスを切ってしまったら、クラブの顔は誰になるのだろうか?それが心配だ。まさかGKのイケル・カシージャスですか?普通は攻撃の選手が担うわけで、カンテラ上がりのプレーヤーにハビエル・ポルティージョはいるが、彼のフィオレンティーナでの成績1得点(しかもフリーキック)は汚点になってしまうのかな。

何故か、ベッカムアーセナルという話も浮かぶ始末。確かにアーセナルには純粋な右サイドプレーヤーがいないので良いかも知れないが、ベッカムの速くて曲がるクロスティエリ・アンリは合わせられるのか?ヌワンコ・カヌはもういないよ。

余談ながら今週のNumberクラウス・トップメラー(元バイヤー・レヴァークーゼン監督)のアーセナル批評は非常に的を射ていると思う。しかし、numberユヴェントスについて何も書かないベスト8特集って、そりゃないよ。

----

ちなみに、美しく人を切る方法とはこういうことなのかもしれない一例をば。

http://skysports.planetfootball.com/list.asp?hlid=265045&lid=8&cpid=8&title=Blues+monitor+Zambrotta&channel=Italy

アブラモビッチのおかげなのだが、利害関係が一致する場合は完璧に近い。ジャンルカザンブロッタにこの額は凄い。そして左サイドバックフィオレンティーナレンタルしているジョルジョ・キエリーニが非常に良いのでユヴェントスは穴を埋めることも容易いわけで。しかし、ザンブロッタも非常に良い選手ですよ。嫌いじゃないよ。チェルシー行っても応援するよ。

[][] を含むブックマーク

個人的にはCLを見ている都合上、勝ち点10を取ったら勝ち抜けだと思っている、このアジア最終予選の2/4。つまり、アウェーはどっかで勝ち点1を取り、ホーム全勝なら良いわけだ。結論イラン戦よりバーレーン戦を重視して欲しいということなのだが、バーレーン勝っちゃったので、前節のホームの引き分け分マイナス2を補填してしまった。直接対決を4日後に控えているわけだが、時差はバーレーンのほうが感じないわけで、やっぱりバーレーン戦、危なくない?日本の実力をよく判らないので、イラン戦もヤバいと思うわけだが。

[] を含むブックマーク

3月25日は、Subwayの日らしいので、行った。遅い昼食。店員曰く

「パンがもうない。今焼いている。10分待て」

私の後ろの人以降、待たされていた。昼の混雑の時間帯、どれだけ人入ったんだ?

initialeminitialem 2005/03/25 10:22 オーウェン移籍は明らかに失敗ですね。ていうか誰が考えてもわかりきったことなのになんで移籍したかなぁと。(笑)
ラウルのことを思うと今の扱われ方だったら移籍したほうがいいですよね。
彼はやはり点を取らせてナンボだと思います。クラブの顔なのにマドリニスタからは出てけって言われている彼って・・・。

encyclopectorencyclopector 2005/03/25 17:49 1位がフィーゴ、2位がベッカム、3位にラウルなんですけど、前二人は違うクラブでも実績ある選手ですけど、ラウルはレアルだけなんですよね。ラウルがクラブの中盤でのプレッシングに追われ点を取れなくなっているのに、点が取れないと叱責されるのは皮肉すぎます。

2005-03-24-Thu 口癖なのか、この言葉

説得中の画

世の中過剰アピールな人っていると思うが、そういう人のポイント結論が不明確なところ、もしくは結論を考えていないところ。結論があるにしても前置きが長すぎて結論曖昧になるところ。そういう人を相手にしなければならないとき、退屈というか、「サマリーは?」と言いたくなってしまう。私はどちらかと言うと結論を完結に言うだけの人間で「どうして?」とか「ここは?」聞かれる。それはそれで問題なのかもしれない。演繹法人間と帰納法人間の違いだが、変な二分法だ。

[] を含むブックマーク

TBSが今週でウォッチ等を終わらせ「TBSの変」なることをやるのだが、一応変更をされないJNNニュースバードの朝固定なのであるが、時間バラバラ。加えて星野仙一マスターズ魂を番組中に挿入するような。個人的には中澤有美子とサブキャスター一同しか興味ないし。めざにゅ〜だけ見るのは面白くないからね。杉崎美香がいくらよくても。そして何よりそれが気になるのは、右側にマーサがいるからorz。今日の水野真理子キャスタースカートがかなりミニだったよ。凄いよ。NNNニュース朝いち430の舞衣子の発見伝がもう少し面白く作れたら、見るようになるのだが、木曜日。その為朝どりランキングがなかったNBは若干問題かと。明日は金曜日、疑似デート。NBの松井陽子の「スーパーキッズチャレンジ」も見たいところだが。中田有紀映画コーナーはやはり3番手。

[][] を含むブックマーク

ふと思い出してみたのだが、テレビ朝日やべっちFCは問題がある。まず、世界最強リーグと言ってリーガ・エスパニョーラの名前を出す。ここまではuefaランキング上そうだから、まぁ許そう。続いてFCバルセロナの試合だけを取り上げて終わる。これが危険だ。昨年まであの番組レアル・マドリードしか取り上げていなくて、バレンシアCFの頭文字はBなのかVなのかわからないくらい紹介していなかったはずだ、デポルについてもそうだ。その前のシーズンではレアル・ソシエダはさも周囲皆の敵であるかのような扱いをしていたと記憶している。あの番組は問題だと思う。短時間だからというなら、Jリーグだけ紹介すればいい。世界までやろうとして全くの破綻だと思う。TBSスパサカは短時間でシュートシーンしか放送できていないのは問題だね。フジテレビフットボールCXはマルカトーレ青嶋こと青嶋達也キャラが好きなところとリーガやブンデスを適度にダイジェストするところが好きだが、マレク・ミンタルを毎週見れないのは仕方ないのか、ダメなのかは問題だ。そして木曜日という選択、ミッドウィークに対応できているが期間が。そしてチャンピオンズリーグがあると、全て放送できないところは問題かな。

2005-03-23-Wed 欠乏症

ラルドゥ

最近花粉症のおかげで、まずは起きている時間が欠乏している。日常に於いては集中力が欠乏している。明らかに自覚している。しかも頭がフワフワすると眠っている。加えて、最近の自分に大きいのは音楽を聴く時間が減っていること。唯一、リヒャルト・ワーグナーの「ワーグナー : 楽劇「ニュルンベルクのマイスタージンガー」全曲」を聴いているだけ。指揮はヘルベルト・フォン・カラヤンキャストが良いからこれが良い。しかしオケピが珍しいのは、ドレスデン・シュターツオーパーであること。これ、当初はサー・ジョン・バルビローリの予定だったらしいが。このマイスタージンガーの凄いのはハ長調前奏曲に始まり、2つの主題による楽劇中の合唱が素晴らしいこと。ワーグナーは凄まじい人間であるなと思う。

[] を含むブックマーク

中澤有美子スカートの短さは衝撃的だった。たまに見るが何かクジの当たりを引いた感じがするんだ。JNNニュースバード。曽根純恵キャスターも凄く淑女な雰囲気を醸し出している。中田有紀の黒色の服も良かったが、少々顔がお疲れ気味。考えるヒト見逃したよ。肝心のめざにゅ〜水曜日であまり面白くないんだな。杉崎美香、噛みすぎです。でも慣れているよ。

TBSを1時間ほど見続けて、飽きたのでフジテレビヘキサゴンフジテレビアナウンサー大会で7時からやっていたのね)を見出す。おかげさまで内田恭子の醜態を見ることができなかった。しかし、最後の佐々木恭子阿部知代は凄かったな。あれがフジテレビのお局(あとは佐藤里佳を入れたら完璧かな)だよ。しかも恭子は独身だよ(前にフライデーされていたけど)。ということで、フジテレビアナウンサー大会に呼ばれない、安藤幸代滝川クリステル相川梨絵を思い出してみる。共同テレビ3人娘。そういえば、何故か実況はクリステルでスレが盛り上がっていたな。早朝から。メガネのクリステルの画像を貼るだけで。(自分が貼ったのは松井陽子なのは内緒だ)

[] を含むブックマーク

個人的には妥当な判断だと思います。新株をフジテレビのみを引受先にすることは信じられない。ただ、もっと信じられないのは、ニッポン放送の社員によるコメント。あのような閉鎖的なコメントをするのなら、ニッポン放送が株を公開市場に出すこと自体を否定するようなものです。とっとと辞めて文化放送やらどこやらのAM局に再就職すべきです。資本主義ですから。資本が全て。ただ堀江貴文の印象が悪く見えたとしても。

Super Shuffleが、ただの台湾の会社、LUXPRO社の宣伝用のガセ情報だったのね。皆様諦めてipod shuffle買うか、それともいつか出るのを待つか、というか、そもそも携帯用オーディオなど買おうと思わないか。頭の中にサンプリングマシーンが存在するようなEの人(音楽ver)は不要だ。何せhz数、16hzほどの低音が出ないオーディオなんて、使う気しない。それくらいの高性能オーディオが出たら買う。諦めて買う。SACDDVD-Aのプレーヤー、アンプリチャー、スピーカーウーファーよりも高額出す。

[][] を含むブックマーク

キムチ臭い奴らがバカなことをやらかした。それは日韓大学選抜対抗戦の延期。しかも理由は竹島問題。竹島問題は韓国側に大きく問題があることが明々白々であるが、それをサッカーフィールドに持ち込み、延期するというのは良くない。サッカー政治は違うのである。やはり思い出してしまうのが1992年欧州選手権(まして優勝したのは繰り上げ出場のデンマーク)と1994年W杯(同組から出場したギリシャは全敗、ロシアグループリーグ敗退)に出場できなかったユーゴスラヴィアである。彼らはユース時代に80年代後半から最強だった西ドイツを破るほどの強さを誇り、レッドスター・ベオグラードは欧州制覇したくらい強かったのに。残念である。それくらいの衝撃ですよ。このバカ騒ぎ、

2005-03-22-Tue Endless-Game

春が近いと思いつつ憂鬱

ちゃっかりSh15uyaなんぞ見ていると、輪廻転生とパラレルワールドを考えざるを得ない。人間いつかは死んで、何かに生まれ変わると言われているが本当のところどうだか解らない。逆に死へ試みることだけが存在の確認になるようなことを書いた哲学者もいたが、実践は哲学の何十倍もの比率の困難さをもっているのは置いといて、実際に自分が自分かと言うことは存在が何であるか考えないと難しい、自身は「ある」ということを証明したとして(実際「いる」という言葉になる、日本語ステキだ)、世界を証明することにはならないんだ。実際にあるかもしれないが、自分が存在しないことには自分が確認しなければ、世界など其処にしかないんだ。こういう場合、言語よりももっと複雑な。

[] を含むブックマーク

だから、シブヤフィフティーンなのに、この当て字は良くないと思う。しかし、渋谷子供はよく殴り合いするね。しかも1対多数で武器付き。そこだけは、共感できないな。段々、見るたびに新垣結衣が可愛く見えるようになったのは仕様か?そしてあのファイティングスーツ芳賀優里亜は普通の格好すると面白味が減るな。ゴスロリ衣装の「ミウ」のほうが面白かったな。しかし、このドラマ、同じ人物に別の名前が多すぎだ。覚えるのが大変だ。しかし、この話の一番のキー「渋谷を出て月に行く」というのは清水玲子の「輝夜姫」(白水社)と一緒だと思ってしまう私はバカか?

めざにゅ〜くんが蜜蜂に刺されている画から始まるOpだったのだが、今日は火曜日ぷちぷち。菜の花の炒め物をやっていたが、試食語の杉崎美香のプンプンは最高に可愛かった。さとう珠緒にクラクラになる人間の心情は解らないでもない。ただ、衣装と髪型で一番良かったのは中田有紀。後ろで束ねたあの髪型はエロい。しかし、火曜日はぷちぷちに対抗するにはコンテンツが弱いよ、JNNニュースバード。ZOE銀座に行くなら中澤有美子がイイなと思う。愛・地球博のコーナーで、柴山延子キャスターが「綺麗なコンパニオンさん達も・・」と言っていた柴山キャスターが元モデルで足が長くて綺麗なのはイヤミに聞こえる。しかし、セントフォースはイイ人揃えるなぁ。6時からの伊藤里絵然り。

ちなみに、この番組TBSSASUKEプロデューサー樋口潮で一緒。独立してフジテレビがお買いあげ。資本主義ですな。ライブドアニッポン放送株価で争っている姿とは間逆。しかも筋肉ミュージカルも宣伝もしてる。本放送、司会ボビー・オロゴンなのか。

芸能人スペシャルらしく、第1ステージ敗退ばかりだったが、あべこはないだろ。水恐怖症のゲーリー・グッドリッジ然り。そしてカット多すぎ、白川裕二郎とか、レーザーラモン住谷(ハードゲイ)とか非常に大事なヒトなのだが、TBS色強すぎてカットですか。カットといえばクリアした山崎賢太すらカット。ただ起用するのは筋肉ミュージカルの面子は普通に使う。三宅綾子は良いが、それなら水野裕子も起用してくれ。フジらしいのは、中村仁美千野志麻石本沙織アナウンサーを投入して水に落とすところかな。しかし、安藤幸代を濡らした芸人ムッコロス。安藤フジじゃなくて共同テレビなのに。

実況としては長坂哲夫といい、竹下陽平といい、古舘伊知郎をパクろうと頑張っている姿がステキだ。TBSアナウンサー初田啓介とか小笠原亘とか)も古館の技術を盗もうとしていたが。

で、第2ステージ、強風で中止っどういうことだ?ちょっと笑った。そして第3ステージで全員敗退と。ちょっと面白味に欠けたな。ステージ構成も。

そして4月4日からの本放送では、SASUKEオースルターズも出るのか。

[][] を含むブックマーク

ふと見たわけだが、ディノ・ゾフというキーワード、なかなかの変な感じがする。まずゾフの出場記録がない。パオロ・マルディーニに抜かれるまではセリエAであり、アズーリであり、とにかく彼の数字は偉大だったわけだから、書いて欲しい。次に彼は1982年W杯優勝のGKでもあるが、彼は欧州選手権イタリア優勝時のGKでもある。彼は年齢からして凄いのだ。次にディノ・ゾフ監督経歴について全くないところが凄い。イタリア代表監督しても、そしてラツィオ会長まで上り詰めたことも、そしてユヴェントスについても。

何か、変だと思うが、あまり資料がないので書かなかったわけだが。これは書くべきなのだろうか?ちなみにコッツァについては、2004-2005シーズンもレッジーナにいるような記述だったから書き換えた。書いた人間は勘違いしているのか本当にそう思っていたのか問いたいところだ。私も調べるまで冬の移籍市場は知らなかったのだが。ベテランといえば、ダリオ・ヒュブナー(2001-2002得点王)はどこ行ったんだろう?

2005-03-21-Mon 実権掌握

俗にコレを放置という

世の中、勝負事を自分のモノにして勝ちたいならば、ルールそのものを掌握してしまえばよいと言うのは「フェアな精神」を考えなければ当然の話になる。スポーツは常にフェアを求められるから誤審や買収が許されないわけだ。規約で相手を雁字搦めにしたりなど日本政治、行政では行われてきていたことである。ただ日本でも公平公正な競争ということに重きを置かれて、批判の対象に近年なっているが、関西国際空港の入札だろうと、既に完成されたモノを新たに作るバカはいないから。

[] を含むブックマーク

ルノーは強いねぇ。前回のジャンカルロ・フィジケラに続いて、今回はフェルナンド・アロンソ。ただあのフィジケラクラッシュは明らかに性能が落ちていて、ウィリアムズBMWマーク・ウェバーと激突、その後ろのニック・ハイドフェルドも良かったのでBMWとしては残念だろうね。チーム同志で争ってラルフ・シューマッハとの争いは面白かった。そしてトヨタ初の表彰台。ヤルノ・トゥルーリ、2戦連続でフロントローだし、今季はよくやっている。ただ気になるのはフェラーリミハエル・シューマッハルーベンス・バリチェロもあまり目立つところもない(目立ったのはレッドブルデビッド・クルサードクリスチャン・クリエンに抜かれたところくらいか)し、予選の順位も悪い。今後の新車投入以降の成績に期待するしかないのかな。それから、私の好きなマクラーレンメルセデスはどこに?キミ・ライコネンファン・パブロ・モントーヤも。昔のキミ・ライコネンが優勝した当時のコロラトゥーラ・フォーンが好きだったのだが。

しかし、今季のレギュレーション改訂酷いって。コース内はおかげで色んなモノが散乱していたし、リタイアもまぁまぁあったし、スピードが落ちているのが明々白々だ。タイヤ交換がないので、本当にスピードが上がらない上に、今回のライコネンパンクとかあまり見たいと思わないシーンが今後増えるのか。タイヤ交換しないのは自然愛護団体からのクレームなのだろうか?

[] を含むブックマーク

そういえば、ソフマップいったら脳内が狂いそうになる、「初恋朝顔」がかかっていた。映像をフジテレビのSound Weatherで見ているので、これまた痛いっちゃ痛い。

そして4時になる。めざにゅ〜杉崎美香だ、しかし、月曜日のコーナーはツマランな。かといって、JNNニュースバードNNNニュース朝いち430も、面白いわけではない。キャスターだけだ、中澤有美子中田有紀と。衣装は中田有紀の黄色が印象強かったが、中澤有美子のベストもなかなか。内容について書くなら、ニュースバードだけは中継と合わせていたな。やはりフジテレビはそんなことはしない。録画と思っても致し方ない位。それにデューク更家かよ!実践してくれるなら良いが、中澤有美子と柴山延子。柴山キャスター愛・地球博コーナーは今週もやるのか、行きたくなってしまう(万博行く時間と金が欲しいがそれ以上に混雑していないことが重要だ。)

2005-03-20-Sun 御神酒

エスタックイブで撃たれる

安藤美姫テレビでは「ミキティ」と言われるわけだが、藤本美貴も同じように「ミキティ」になる、同じ指標で何種類もあることは、分節するときに困ると思う。加えて、酒井美紀水野美紀に「ミキティ」なんて言ってなかったじゃないか、マスコミ。しかし、安藤美姫は4回転しなかったし、結果も日本はダメだった。長野で見たような名前もいるが、長野の女王、タラ・リピンスキーは引退しているんだな。確か15才だった。最年少優勝の女王。

その前の時間にやっていた、K-1についてはノーコメントで。あんなトーナメント表では誰が勝っても面白くないだろ。というか角田信朗が優勝してしまったらワールドトーナメント1回戦で角田だよ、あり得ないよ。曙太郎についてもビッグショーと対戦するWWEのほうしか気にならない。

マケボノの名セリフ「300年の歴史の中でどうして65人しか横綱が誕生しなかったか教えてやりますよ」

今でも私には解らない。

[] を含むブックマーク

結局、連休もうまく使えないorz。この季節は非常にイヤだ。花粉症は人間を暗くさせる。花じゃないから気分も明るくならないね。スギ花粉(杉は裸子植物ですよね?)

----

バンキシャを見た。日テレニュース番組NNNニュース朝いち430しか見ないのだが(しかも、メインは中田有紀だ)、北朝鮮の射殺映像をこの日曜日の多くの視聴者が見る時間帯にも放送していた。映像は3パターンほど見たが、アレは食事時に見るモノじゃないね。

[] を含むブックマーク

福岡大地震が起きたようだが、東京ではこの日は地下鉄サリン事件が起きた日である。地下鉄という非常に人が集まる中であのようなおぞましいことをしたオウム真理教の事件は衝撃的だった。ところがこの事件に一番反応したのは海外の政府で、この後テロ対策について色々と語られるようになるわけだが。しかし、福岡で自信とは珍しい気がしたが、やはり100年以上もなかったわけだね。だけど、NHK杯途中で切っちゃイヤよ。将棋

[] を含むブックマーク

毎年思うのだが、何故か3月に総集編である。クラシックのシーズンは欧州に合わせるので9月からであり、日本で総集編と言えば第9の12月であるような気がするが。NHK。ただ、12月までのを集計したにしたら、長すぎないか?期間が。

今回はソリストシリーズ、協奏曲ばかりということだが、指揮者によって伴奏の音色が全然違うのが面白くて仕方がない。椅子に座っていたがヴォルフガング・サヴァリッシュ、珍しくベートーヴェンを演奏するシャルル・デュトワ。あとは適当すぎるルドルフ・バルシャイの指揮(デュトワが健康上の理由でキャンセルした穴埋めをやる日だったんだな)。適当なのは見た目なのだが、音楽ガッチリしている雰囲気があって良かった。あのソリストセルゲイ・ハチャトゥリヤンはシベリスル・コンクールを15才で優勝した人なのね。私はヴァイオリンを習ったことはなにので、運弓法云々を知らないが、音に関してなかなか良かったと思う。全順位を覚えていないが、放送された音に関しては、やっぱりエマニュエル・パユは素晴らしいな。冒頭一音からステキ感がある。

ピアノに関してはピエール・ロランエマール、エリーヌ・グリモー、上原彩子だったが、個人的にはグリモーは好きなので、今回も良かったと思う。シューマンのあの3楽章は難しいのだが、曲の印象を残すには良かったと思う。

[][] を含むブックマーク

ドイツ代表の親善試合日程が明らかになったわけだが、10月8日に日本戦だったのを取り消してアウェートルコ。前に国立競技場で行った試合内容から、相手があまりにも至らないからこの措置ですか。そういえば、ドイツ協会のフランツベッケンバウアージーコに対して「うぬぼれるな、ボケ」と言っていたことあったなぁ。(日本チェコに勝利した後、本当にジーコは自惚れていた、EURO前、チェコと対戦することが決まっていたドイツはそりゃイライラしてる)

2005-03-19-Sat 疎外性、排他性、というか不要

ちぎっては、ちぎっては

昨日知ったが、桜井亜美キーワード揉め事があったらしい。d:hatenadiary:aboutを見ればわかるが、単語について問題となる部分の削除はしているようだが、はてなキーワードの至らないモノについては何も見ていない。私からすると不要に思うのはそっちであるのだが、何も書かないワケだから障壁に当たることもないわけか。何か論理的帰結として馬鹿げているように思うのだが。「はてなの中であるidの人が作成したキーワードは使用しません」となると非常に楽になる気がする。誰とは書かないが。色々とキーワードを漁るとほぼ30%は数人になる結果になると思う。しかも中味のない。書いた人間は役に立っていると思うのだろうか、逆に不要なのに。キーワードの本来の役割を無視していることを理解できていない。

[] を含むブックマーク

東京都交響楽団とのマーラー全集が完成しないまま死んでしまった。ヴァツラーフ・ノイマンチェコフィルとの2度目の全集交響曲第7番、交響曲第8番を録音できないまま死去してしまったり、ブルックナーだが、ベルリンフィルとの全集を完成できなかったギュンター・ヴァントといい、残念だな。

2005-03-18-Fri 神経的にムリがあるんだ

あれっ、今と別人に見えるよ

人間の眠くなるメガニズムは、多分2パターン。医学的な知識は乏しいので半分推測で。1つは脳が体を休ませるために寝ようと考えるモノ。もう1つは目がヤバいので目を閉じようとするモノ、最近後者が酷いんですよ。「おい、目がカユいんだってば、だから目を休ませてくれよ、お前自分とそっちとどっちが大事なんだよ、バカか」と内部で声がします。体調不良にやる気不良。やっと1週間終わりですよ。3連休だからといって、大きな事することもないよなぁ。

昼過ぎに、イジメとしか言いようがない雨だったな。東京天気予報など朝にしか見ないが、降水確率といい、あんな雨予想してなかったよな。久々に怒りたくなってしまった。

[][] を含むブックマーク

CL準々決勝

  1. リヴァプール(H)対ユヴェントス(A) 5日 13日
  2. ACミラン(H)対インテルナツィオナーレ・ミラノ(A) 6日 12日
  3. オリンピック・リヨン(H)対PSVアイントホーフェン(A) 5日 13日
  4. チェルシーFC(H)対バイエルン・ミュンヘン(A) 6日 12日

CL準決勝

  1. 1の勝者(A)対4の勝者(H)
  2. 2の勝者(H)対3の勝者(A)

CL決勝

2の勝者対1の勝者 @アタトゥルク・オリンピックスタジアムinイスタンブール

私が見たかったユヴェントスチェルシーの決勝は不可能になりました。残念。しかし、ミラノダービーですよ。2002-2003シーズン以来。前回はダービー独特の雰囲気でアンドリー・シェフチェンコが信じられないミスをした1stレグ。そして2ndレグは1-1ながらも、アウェーゴール2倍ルールによってインテルが敗退。そして今回もホームとアウェーの順番が一緒。この対戦だけはホームとアウェーの有利が逆と考えても良いかもしれない。(但し応援は別だが。)ミランは試合後、パフォーマンスをやっていたらモノを投げられてあわてて逃げ去っていたな。

ユーヴェは今回も2戦目にホーム、デッレ・アルピに帰る前にしっかりと結果をだせると非常に助かるのだが、アンフィールドも素晴らしいスタジアムだからなぁ、大量失点しないことを願う。そういえば、このカードヘイゼルの悲劇を起こしたてしまったカードですな、オールディー。

攻撃的なリヨンに対して堅い守備のPSV。ネームバリューが若干少ないが、今季のリヨンはこの8チームの中では最も素晴らしい攻撃力、ブレーメン戦での4-2-4も面白かったが、4-3-3、サイドのゴヴ、マルーダ、そしてヴィルトール。FWにはフロー、ニルマールもいる豪華さがステキ。昨年以上の結果が期待したい。PSVもコクー加入で中盤で相手をしっかりと潰し、堅い守備、試合内容が用のだが、リヨンミラノのどっちか見たい。

チェルシーだが、モウリーニョは今回、どういうことやるだろうか気になる。しかし、バイエルン・ミュンヘンが勝つと、ユーヴェ対バイエルンリベンジラウンドですか、こういうときのゲルマン魂、怖いのだが。オリヴァー・カーンといい。ローター・マテウス(いねぇ)といい、シュテファン・エッフェンベルク(いねぇ)といい。

準々決勝

  1. Suspended対AZアルクマール
  2. CSKAモスクワ対AJオセール
  3. ニューカッスル・ユナイテッドスポルティング・リスボン
  4. オーストリアウィーンパルマFC

準決勝

  1. 4の勝者対2の勝者
  2. 3の勝者対1の勝者

決勝

2の勝者対1の勝者 @ジョゼ・アルバラーデスタジアムinリスボン

そういえば、この決勝のスタジアムがホームのスポルティングニューカッスルとはグループリーグでも対戦してセントジェームズパークで1-1の引き分け。今回はどうなるやら。一応uefa杯の得点王はアラン・シアラー。しかし、気になるのは今後のパルマ奇跡のような快進撃が気になる。何せスタメンが若手ばかりのときもあって、ついにはパルマルーカス・バラルディ代表取締役が「uefa杯は若手の大会にしよう」とまで言う始末だが、降格危機のセリエAとは違う。

[] を含むブックマーク

馬に乗りたいらしいぞ、高橋真麻は。ということで馬よ、マーサをどこかに捨て去ってくれと思うのは毎度のことだ。だってさ、杉崎美香ならいいよ。あの金曜日恒例疑似デート、だけどあの悪夢のような。対抗のJNNニュースバード山上兄弟マジックを学ぶ松井陽子、そして実践する松井陽子、しかもタネがバレバレの松井陽子中澤有美子スカートもこの日に合わせたかのように素晴らしい、マーサには勝てる。本当は対抗になるべく、NNNニュース朝いち430の映画コーナー、また見るの忘れた。中田有紀も普通だったねぇ。普通。

ああ、適当に「松井陽子」をキーワードに入れた。「松井」も「陽子」もキーワードはてなキーワードバカバカしさに呆れている。はてな二文字キーワードについては少々考えるべきだと思う。

キャスト、最終らしいね。大山のぶ代。しかし、のび太君は逃げても追いつかれないのだから相当の脚力だ。デキない子には思えないね。頭は知らないが。気づいたが、いつからデジタル彩色になって、コマも殆どがデジタルになったんだな。ただ技術は古い気がしたのは気のせいか?そして顔の歪み方は昔より悪くなったな。しかしストーリーの根底にある考えは今でも古めかしく、非現実だ。

[][][] を含むブックマーク

続きを読む

2005-03-17-Thu Blue=Airium

木曜日だったから

平岩英子Blueは名曲だと思う。「Blue」は最終的に「Airium」のテーマに戻ることでアルバムとしての曲が一巡するわけだが、そうするとメインはどこになるかよく分からなくなるが、アルバムを一巡すると引っかかる曲もあるわけで、何曲かのピックアップ。「サボテン」だったり「昨日見た夢のように」だったりと。だけど、冒頭ピアノから引き寄せられる「Blue」は好き。ライブだったら、殆どピアノメインになるから問題なく聴き入るので、いつかアンプラグドCDを出して欲しい今日この頃。「sktch」がVHSでなくDVDだったら。

2005-03-16-Wed 勝たなければならないリスク

あのエコでのメガネが気になる。

もう聞き飽きたと思うが、テレビ朝日は「絶対負けられない戦いがそこにはある」と言い張っている。普通に論理的に考えれば負けなければ良いのだから、引き分けか勝ちの結果を出せば良いのだが、予選の全ての試合を引き分けたとしても進出はほぼ不可能である。即ち冒頭の定義が進出することに矛盾するのか、勝つことのリスクを考慮して、まぁ引き分け程度しか期待していないというか、兎角、この矛盾するフレーズが嫌いである。そして日本代表について楽観論が多いのは勝つことのリスクを考える以前に、日本リスクを内包してしまったからだと推測する。

[] を含むブックマーク

めざにゅ〜が4:50からだなんて。というか、デスクトップの修復方法教えて下さい。これはウィルスですか?悪夢の。Norton更新してないんだよ。痛いよ。

2005-03-15-Tue 水が欲しい

その苺が欲しい

日曜美術館を見ていたら、1週間だけアンリ・ド・トゥルーズ・ロートレックの作品展が行われるらしい。銀座松坂屋。(マリア・アルフォンソ・ミュシャが長い間上野東京都美術館で展示をしているに比べたらあまりに短いな)夭折した天才画家であるが、今際の際に言った言葉がこれらしい。どこぞの誰かは「もっと光を」(ゲーテだったっけ?)と言って死ぬに比べたら、非常に現実的な、あまりに現実的な。

[] を含むブックマーク

火曜日はぷちぷち。肉じゃがを失敗するなんて、あり得ない。しかし、戸部洋子ジャガイモの皮むきくらいは普通にピーラーでしような。杉崎美香の食後の暴走が今回は少なくて残念。他局もこの時間、対抗策がないよ。頑張るのは若干その後になる。中田有紀が懐かしい年代のCDを聴いていたが、杉上の「中田さん世代」という言葉に悪意を感じるのは何故だろう。そんな中田さん世代の中澤有美子の赤い衣装は目に痛い。しかも健人の最中に挟まれたよ。笑ったよ。というかJNNニュースバード愛・地球博のコーナーは1週間続くのか。柴山延子キャスター楽しそうね。おは脳、中野は何連敗したら気が済むんだ。orz

2005-03-14-Mon Judgement

懐かしいなぁ、入浴の人

世の中公平な裁量を取られて然るべきなのであるが、個人個人の判断は個人の基準によるものであり、結局個人の基準が比率数の基準が如何ほどに正しいかが本題となるのである。しかしながら、量質ともに明らかに誤っている人間にそれを正せということほど難しいものはない。結論めいて言うと、ヘーゲル哲学は良いのだが、一般的ではない。弁証法における否定は常に肯定の存在を要するとか、絶対的なものが常に相対的になるとか、良いのだが、理解しない人間には無用の用。それを看破するのは理解できないバカではなく、ドストエフスキーのような天才なのであるが。(勿論ヘーゲルも天才である)

[][] を含むブックマーク

信じられないニュースが先週あった。アンデルス・フリスクの審判業引退。彼がそれを決めたのはFCバルセロナチェルシーFC戦以降、家族が脅迫に遭ったために引退。彼は今季、CLではグループリーグ第1節のASローマディナモ・キエフ戦の流血事件といい、災難続きだが引退してしまうだなんて。サッカー暴力は必要ないはずである。心ない行動がこういう結果を引き起こすことは大変残念だ。今季、ウルシュ・マイヤー、ピエルルイジ・コッリーナも引退してしまい、素晴らしい試合に欠かせない個性的な名審判がいきなり多くいなくなると寂しい。

フランスは審判の年齢制限が甘いのでジル・バシエールは45を過ぎても現役。ということでマイヤー、コリーナと日本で審判やってほしい。ドイツでは審判買収で問題が起きたが、日本の審判のレベルはまだまだ欧州より低いのだから。まして悪夢の2002年W杯。(そういえば日本チュニジアの審判はバシエール)

[] を含むブックマーク

何週ぶりだろう。JNNニュースバード月曜日、柴山延子キャスターのコーナー、新コーナーで愛・地球博の紹介コーナー。でも、裏では中田有紀の旅コーナーだよ。雨の中釣りして、鯛を釣ってしまうから凄いよ。そしてジーンズエロいよ。何せ、月曜のめざにゅ〜のコーナーツマラナいんだ。どうにか直すべきだと思うよ。杉崎美香一人の力じゃどうにもならんよ。しかしホワイトデー川柳、男二人のヤツとはな。この時間帯、唯一の男の人(TBSの天気の人)、中澤有美子ホワイトデープレゼントを強請られていたよ。しかし、柴山キャスターは元モデルトヨタプリティ)らしく、脚長!スカートじゃなくても凄い。中澤有美子中田有紀は白で色が揃うのに、杉崎美香は緑色、やっぱり揃わない。と思ったら脱衣したら白。そしたら戸部洋子中野美奈子も白じゃねぇか!緑は佐分千恵ですか。アヤパンの変な髪型は・・・

さて、今日もおは脳を見たのだが、今回の問題は酷い。

次のうち、読むとすっぱい気分になる本はどれ?

  1. 西村京太郎のトラベルミステリー
  2. 片山恭一世界の中心で、愛をさけぶ
  3. 樋口裕一の頭がいい人、悪い人の話し方

続きを読む

[][] を含むブックマーク

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050314-00000024-nks-spo

テレビ朝日が凄いことをする。まぁアジア予選の試合をこうも放送してくれるわけだ。しかしアジアなど面白味をあまり感じないので、スカパー!は何を放送するか確認してみた。まず気づいたのはアジア予選は3月25日だが欧州は3月26日であるということ。しかしながら、その放送予定が非常にマズい。

3月26日 生中継

ウェールズオーストリア(グループ6)

ブルガリアスウェーデン(グループ8)

トルコアルバニア(グループ2)

ですよ。録画でチェコフィンランド(グループ1)、フランススイス(グループ4)が行われるわけだが、私的には一番大事なのはフランススイスなのに、何故かこれが録画だ。

そして、アジア予選と日程が同じの3月30日も調べてみた。すると

3月30日 生中継

オランダアルメニア(グループ1)

ウクライナデンマーク(グループ2)

だけですよ。録画でイスラエルフランス(グループ4)、ハンガリーブルガリア(グループ8)は行われるが、この日のメインはどう考えても、セルビア・モンテネグロスペイン(グループ7)とスロバキアポルトガル(グループ3)だと思う。それからやっとウクライナの試合だと思うのだが、スカパーには商戦を考える頭がないのかと問いたい。実況、解説いらんから、映像だけ流してくれれば良いのに。

追記、フジテレビイングランド北アイルランドを録画放送。NHK-BS1イタリアスコットランドセルビア・モンテネグロスペインスロバキアポルトガルを録画放送。メインを放送させないNHK、放送できないスカパー。しかし、言う、NHK遅すぎだ。ゴルァ

[][] を含むブックマーク

勝って欲しいのに、期待できないのは毎度の事ですな。

GK: 楢崎正剛(気づいたらサブ)、曽ヶ端準(アゴだけ世界クラス)、土肥洋一(多分)

DF: 宮本恒靖レギュラーでない)、中澤佑二(疲労困憊)、田中誠(累積男)、坪井慶介(病み上がり)、松田直樹(ケガ持ち)、茶野隆行加地亮(お前だけなんだよ)、三都主アレサンドロ(累積男)、三浦淳宏ポジション陥落)

MF: 中田英寿(世界の東ハト)、中村俊輔(左サイドっぽいよ)、小野伸二(栄光は過去)、稲本潤一(破産)、中田浩二アジアのハンド)、遠藤保仁(また控え)、福西崇史(ゴッドハンド)、藤田俊哉(昔名門だった)、小笠原満男(使い物にならない)

FW: 高原直泰寿司)、鈴木隆行師匠)、玉田圭司(代表では活躍)、本山雅志鹿島コネ)、大黒将志大黒様

左サイドの控えいませんね。相馬崇人に追い出された格好のアツは招集で本人は呼ばれないリーグ無視のジーコ采配がやはり好きになれない。右サイドも石川直宏とかいるはずなのだが、個人的には阿部勇樹が入れないにしても、田中マルクス闘莉王が見たかったなぁと思う。日本センターバック、ロングフィードないですからね。

追記: 藤田柳沢敦ヘナギ.サイクロン、宇宙開発

素晴らしい人選ですね。ただ、個人的にはチュニジア戦の鈴木柳沢コンビが見せたシステマティックカウンターは好印象なのだが、あれ以降一度も見たことないので、あれが奇跡だったのかもしれない。

[][] を含むブックマーク

センターバックに良い人材が多い。PSVアレックスは入る隙がない。

続きを読む

2005-03-13-Sun 日本人なのに

キムチ臭い映画なんかに出るから。

昨年、佐川急便のイーコレクトのCM上原多香子の口の動きと声の内容が違っているということでどういうことなんだと話題を呼んだが、最近流れているNOVACM見て下さい。多分アフレコが悪いんだと思うんですけど、胡散臭い韓国人が変な施設を紹介しているようなCMになっているんですよ。キムチ臭いし本当に胡散臭い。明らかに失敗作。NOVAうさぎじゃなきゃダメだな。NOVA

[] を含むブックマーク

すぽるとを見ていたら、かかっていた曲が凄く懐かしかった。MIMIのHere we Go!!(これがオープニング)、非常にgrooveを感じる曲である。よく調べると「グルーブ・ザット・ソウルリミックス」gtsですな。素晴らしい。そして番組中にかかったのが、ジョイ・ラヴ・ハピネス。これもgtsのremixの賜物でもあるが、mimiの素晴らしい歌声も良い。確かSILVAが「Joy love happiness」の節回しが羨ましい、私も歌いたいと言っていた。そんな懐かしい記憶。

[][] を含むブックマーク

http://www.asahi.com/culture/update/0313/001.html

ついに新声優陣発表。本当は3月18日だったはずだが。コロコロコミック、および2chのおかげで早めたか。ドラえもん水田わさびといい、のび太大原めぐみといい誰ですか?でもって、しずかはかかずゆみ能登かわいいよ能登ってやりたかったんだがな。能登麻美子。それでもって、ジャイアン中学2年生の木村昴、若干タバコを吸っているような声だから良かったモノで(これはキャプテン翼日向小次郎と状況が類似している。鈴置洋考→子安武人)、そして関智一か。コイツが、リメイクキャプテン翼大空翼だったな。小粥よう子

個人的に気になるのは590人のオーディションだが。どういう感じでオーディションやるんだろうな。気になって仕方がない。

[] を含むブックマーク

http://www.hmv.co.jp/news/newsdetail.asp?newsnum=503130005

マーラー交響曲第1番の初稿ですか。普段聴いているのは第3稿、通例マーラー作曲した以後、自分が指揮演奏することで最良のオーケストレーションを探し求めている人間だが、ワイマール稿はどう違うのか気になるところ。今まで、4楽章形式に「花の章」を入れる録音は何本かあったが。(例えばズビン・メータサイモン・ラトル

[][] を含むブックマーク

昨日、ギリシャ代表の海外クラブ所属選手分の発表があったわけだが、W杯欧州予選が前回行われたのは2月9日ということで振り帰ってみた。

グループ2

ウクライナ 4勝2分0敗、勝点14 得点11、失点3

ギリシャ 2勝2分1敗 勝点8 得点7、失点5

デンマーク 1勝3分1敗 勝点6 得点7、失点6

トルコ 1勝3分1敗 勝点6 得点6、失点5

アルバニア 2勝3敗 勝点6 得点3、失点7

グルジア 1勝2分1敗 勝点5 得点5、失点5

カザフスタン 4敗 勝点0 得点2、失点10

ウクライナが少々抜け出している。デンマークアウェーで引き分け、トルコアウェーで勝利したことが大きい。アンドリー・シェフチェンコの悲願は達成されるだろうか?(前回の2002年W敗ではプレーオフドイツに負けた)

対してギリシャは最悪のスタート(アルバニアに敗戦)をしたが、11月17日の試合ウクライナに引き分けたことが唯一の救い(バシリス・ツァルタスのFK)。そして前回2月9日ホームでデンマークに勝利と。デンマークはエッベ・サンドの引退で魅力減だが、トルココンフェデで良かったから。そして新興勢力のアルバニアグルジア。しかし、この中から進出1チーム、プレーオフ1チームだなんて勿体ないよね。

[][] を含むブックマーク

  • ルベン・バラハ 太もも肉離れ 1ヶ月半

やっちゃいましたか、バラハ。これで、バレンシアも大変だが、もっと大変なのはスペイン代表。一番大事な3月30日セルビア・モンテネグロ戦に出場できないとは。ダビド・アルベルダバラハのドイスピボーテが一番良いとは個人的には良いと思うが。他にも面子はいることは確かだが、シャビ・エルナンデス、そしてイバン・デ・ラ・ペーニャとか。シャビ・アロンソがここでいないのが若干寂しい。

[] を含むブックマーク

  • ワールド・レコーズ

あんな皮の剥き方して、何か料理が美味しくなるのか?裏の平成教育予備校ユースケ・サンタマリアのウザさも痛いし、この時間ゴールデンタイムらしからぬ様相ですな。

マリア・ジョアン・ピレスか。ピレスもピアノは柔らかな感じがして嫌いではない。ショパンだと別だがモーツァルトは悪くない。オーギュスト・デュメイとのコンビはこれで洒落ているから良いんだなと思う。ポルトガル人だけど、フランス語だったな。

naganasukonaganasuko 2005/03/13 23:50 佐川急便のイーコレクトのCM>海外通販CMのパロディなので、英語のクチパクに、日本語のアテレコという、見事にズレてる感がよく出ていた記憶があるのですが、佐川急便CMもダメダメなんでしょうか・・・。

encyclopectorencyclopector 2005/03/14 02:46 佐川急便のほうは、個人的には良いと思います。見事にズレる感覚が秀逸。ただNOVAは酷いですよ。昨日、女の人が紹介しているCMも見ましたがこれもまた胡散臭い。

2005-03-12-Sat アッシュベイビー

今週忙しかったなと振り返る。

なんか、昨日恵比寿から帰るときだったんだけど、隣の男が読んでいた本がこれ。凄いね、言葉が単純な語ばかりで、何の文学性のないもので、こんなのが楽しいかと、読む価値を感じるのかと思うと、驚かされる。そういえば、電車内で古典的な文芸作品を読んでいる人を見かけることは少ない。岩波文庫なんてとくにそう。一昨日、となりの女が読んでいたのは川上弘美の「センセイの鞄」だったが。

[] を含むブックマーク

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050312-00000015-mai-bus_all

普通に考えて、株主の利益を考えたら著しく不公正な新株予約券発行ですよね。今回のように株を買い占められたくなかったら、株を市場に公開しなければ良い。そうすると直接に資金を集めることが非常に困難になる。そうすると会社としての発展として難しくなる。経団連会長奥田碩トヨタ会長)の「企業は日ごろから企業買収への防衛策を講じておくべきだ」という言葉に尽きるな。まだ地裁に続くので、今後ワカランが。ニッポン放送側も情に訴えだしたところを見るとネタがないようだ。但し、今までの堀江貴文の会見でライブドアラジオ戦略のディテールを一言も聞いたことはないが。

[] を含むブックマーク

昨日の恵比寿東京都写真美術館であるが、問題点をしっかり整理しておこう。

  1. 美術品としての意味=価値があったのだろうか?
  2. 客層を考えた構成だったのだろうか?

ということで、書いてみる。

まず、この展示はヴェネチア・ビエンナーレで好評を博した展示の帰国展である。おそらくイタリア人が見たら、日本の一部分であるが非常に新鮮で「strange」を感じ多くを刺激するモノであっただろう。しかし、日本で普段から見ている空間を建築物として見せられたとしても既に感心することのない(無関心ではない、あえて言うなら不感心)状況なのである。日本人でも秋葉原に行ったことのない人間なら非常に面白味を感じるのだろうが。

次いで、客の問題。明らかに並ぶ姿とか、モノを見る姿とかおたくの人たちは一目見てわかる違和感でして。ついでにカタログとパンフレットを全て持っていく態度も見事におたく様々でして。美術館としてはどうなんでしょう。

後半の展示ではなく、前半の展示のほうが面白かったのだろうか。私は前半の展示に行ってない。ただ宮島達男の作品を見たが、宮島の作品としても東京都現代美術館に常設してある作品のほうが明らかに面白いですよ。期待して見に行った分、失望だらけ。まぁ300円だったからワカラナイでもないが。NHKでも放送して話題にしておきながら、内容空疎。

[][] を含むブックマーク

電通

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050309-00000146-kyodo-spo

電通日本テレビ局に放映権を売るようになってから、なんか変なサッカー実況も増えるようになった気がするんだ。しかも莫大すぎる放映料なので各社ともサッカーコンテンツだけでは勝負できないからタレント起用で内容が薄くなる。1998年W杯フランス大会まではNHKしか放送しなかったが、それでも夢を感じていたねぇ。オールディー。今や、広告料収入の都合上NHK1社では賄えないのは確かだが、電通もキルヒ状態にならないかな。ワクワク。

AFC

日本横浜マリノスジュビロ磐田が、アジアクラブチャンピオンを決めるAFCチャンピオンズリーグに挑んでいるわけだが、いきなり敗戦している。日本は代表レベルでは強いが、クラブレベルでは弱い。何が悪いかは、まずユースと高校サッカーと二つのシステムが存在してしまっていることがある。次にJリーグの日程システムに明らかに問題がある。ミッドウィークの考えが変だ。そして最後に監督の技量の問題と。日本で通じても世界では通じない。アウェーの怖さ、世界の他のクラブを知っている人間の少なさが仇となって。

せっかく、今年の秋にFIFA世界クラブ選手権(通称トヨタカップ)の第1回が行われるのに。(一応、ブラジルで第1回が行われ、第2回のスペインが中止になったが、FIFA主催は次回が初)、日本勢のない日本開催かな。こりゃ。私は欧州代表対南米代表の決勝になったほうが面白いと思うが。確かに。

[][] を含むブックマーク

アーセナルよりも心配なのはフランス代表。次回の3月26日のスイス戦で負けると、アイルランドイスラエルスイスの4チームが勝ち点8になり(勿論、その裏でアイルランドイスラエルがあるので並ぶことはないが)、3月30日イスラエル戦でまさかがあると、本当においていかれない、超危険な状況。1位はW杯本戦出場、2位がプレーオフだが、3位以下の可能性が見えるから怖い。得点力不足ジダンの影響力が強すぎたフランスを救う人間こそアンリじゃなきゃいけなかったはずなのに。

[] を含むブックマーク

http://www.hmv.co.jp/news/newsdetail.asp?newsnum=503110004

ジュリアーニ・カルミニョーラ、今度はArchivレーベルに移籍ですか。前はソニーだったはずだが。世界最高のバロックヴァイオリンソリストヴィヴァルディ四季で見せるヴァイオリン技術も最高だし、今回の曲目リスト見るだけで、ゾクゾクする。しかもハイブリッドCDも出るし。

http://www.hmv.co.jp/news/newsdetail.asp?newsnum=503080010

ラファエルクーベリック、初の、バイエルン放送交響楽団とのベートーヴェン交響曲第6番「田園」、そういえば無かったのね。auditeレーベルは、マーラー交響曲シリーズを出したあとは、これですか。両翼配置で、低音からしっかり構築される音が聴きモノかな。

2005-03-11-Fri Tired Games

疲れても、気分はhigh

本当に疲れましたよ、チャンピオンズリーグ。何せサマータイムがないもんだから、4:45から始まるし、明らかに決勝トーナメントの1回戦としては豪華すぎるカードが何本かあるし、個人的な興味をそそるゲームがそれに加えてあるわけで、体力、気力ともに疲れた。今季は珍しいことにインテルの都合で準々決勝は3週間後、この長さも疲れるな。

今日の画像石坂ちなみヤングジャンププレゼントコーナーのモデルって、売れない人がやるもんだよな。(今週のヤンジャングラビア石井めぐるだった)

[] を含むブックマーク

めざにゅ〜はついに疑似デートの予告編を出すようになった木曜日高橋真麻の場合は避難して下さいってことですかね。この視聴者に優しい予告。さて金曜日ですよ。本編です。杉崎美香の立って食べる店に行きたいとのこと。さて行った場所は、赤坂(今週個人的にフレミングパイのライブに行ったし、運命的なモノを感じてみる)。千代田線赤坂駅を上ると、普通にTBSの前ですよ。そんなんでイイんですか?フジテレビ焼酎ロックで飲むところ、やっぱり酒好きですね。朝のキャスターといえば、日テレでやっている中田有紀も酒好きだったはず、早朝仕事ですからね。寝るために飲むこともあると二人とも公言しているからな。大変大変。その裏で、JNNニュースバード松井陽子のコーナーやっていたが、今週はさすがに太刀打ちできない(多分、新体操の衣装を着たら太刀打ちできたんだ)状況と。本編は中澤有美子スカートエロい!そしておは脳が終わってから、築地に「行く?」と言われたら行きたくなるじゃないか。疑似デートTBSでもしますか?月曜日のコーナー最近やってないし。

[] を含むブックマーク

冒頭タイトルMJ Coleのシンシアから。一応、黒雨が自分の日記MJ Coleのシンシアを紹介したが、このアルバムが発売される時期に日本では大沢伸一がいち早く2step*1を取り入れMONDO GROSSOの名曲LIFEが生まれたワケ、MJ Cole自身はbirdGAMEでの秀逸なRemixでも有名になったが、個人的には「crazy love」(はまぞうにない)という名曲が。私は曲というより冒頭の数秒だけで彼にハマったよ。ストリングス音ですよ。そして買ったアルバムintroピアノだけで感激ですな。

そういえば、MobyHOTEL発売してましたな。チャンピオンズリーグの週に出すとはばつが悪いな。

[][] を含むブックマーク

アラン・シアラー」のキーワード根本的に間違っていると思う。別にファンじゃないから直すというわけにもいかないが。まず資料がない。誰かW杯94年アメリカ大会予選の資料をくれ。シアラーといえば、ブラックバーン時代、マンU移籍の小咄(これは素晴らしく面白い)、EURO得点王、代表復帰運動といい。

[][] を含むブックマーク

  • 決勝トーナメントまとめ

UEFAチャンピオンズリーグFCバルセロナレアル・マドリードの敗退でスペイン勢全滅ですよ。俄に信じられないが、まず考えられるのは相手が悪かった(チェルシーユヴェントス、決勝と言ってもおかしくない)、次にホームアンドアウェーの怖さですね。2位通過は最低限であって、やはり敵地は辛い。

さて、内容については、相手に見事に弱点を突かれた印象を拭えない、この2チームは選手層の薄さが問題視され、負けた。両クラブ、残すタイトルコパ・デル・レイを早々に敗退しているためにリーガ・エスパニョーラのみ。面白そうだが、来季のチャンピオンズリーグでもより可能性があると思えるのはバルサ。あの個人の技術の高さ、ワンタッチパスを多用し、サイドバックのオーバーラップで崩すサッカーは近年の守備的なシステムが多い中でかなり新鮮だった。ロナウジーニョデコシャビが中盤でしっかり動いて脅かす、メインのFWサミュエル・エトーの動きは驚異だ。そしてそれを支える屋台骨のボランチの動き、2バックを支える支柱カルレス・プジョルと良い。レアルトーマスグラベセン加入で良くなった、グループリーグではもっと悪かった。1stレグはグラベセンに加え、キレキレだったジネディーヌ・ジダンラウル・ゴンザレスの動きを見たか?あれが衰えだと思うか?最後の決められるシーン、シュートブロックには行ったのはルイス・フィーゴだった、どれだけ献身的だったかわかる。彼も素晴らしかった。

デポルティーボ・ラ・コルーニャバレンシアグループリーグ敗退はどちらも激戦区だったからわからないでもないが、内容の悪さが信じられない、この両チームの4-2-3-1もいまやトップクラブでは使われない忘れ去られそうなシステム、昨季と明らかに変わったんだ。

何が言いたいかというと、16で消えるべきクラブは消えたが、消えてはいけないクラブも消えた。それがスペインの2つ。(ただ、私の決勝予想、ユーヴェ対チェルシーになってるんだ。山型決まる前から)マンチェスター・ユナイテッドは個人的にこんなに早く消えて欲しくなかった。

ベスト8は素晴らしいねぇ。私の頭の中では4強と言うべきクラブが5つあって困っているのだが。(5つについてはベスト8の組み合わせが決まってから書きませう)

[] を含むブックマーク

ちょうど恵比寿で所用があったついでに東京都写真美術館に行ってきた。

グローバルメディア2005「おたく:人格=空間=都市」たるものだったのだが、何がイケナイってあれは美術作品ではないな。「Strange」と思うものが無かった。ついで文句を言うと混んでいた。そしてカタログも、プログラムも持っていかれてしまって無い。バカ?美術館があんなに混んでいるなんて、東京国立博物館唐招提寺展より混んでいたぞ。全く。ボケ

明日は論理的に問題点を書きます。色々書き連ねます。

[][][] を含むブックマーク

  • ベスト16戦 1stレグ

続きを読む

*1:Artful Dodgerというコンビヴィクトリア・ベッカムを起用して英国チャート1位ということもあった

2005-03-10-Thu 10ヶ月ぶりらしい。

無題ですから

Fleming Pieを見にライブにいったが、いわゆるタイバン形式であり、メインはフレミングパイではない。しっかりとGuestと書いてあるが、フレミングパイの時間が終わったらいなくなった、毎度のヒゲ、メガネ君金髪外人ネェちゃん、などスタコラ帰って行ったが、帰ってもやることのない人間はそのまま残ることにした。加えて、となりにメインアクト、山岡恭子の母親っぽい人がいたので帰るにも帰りにくかった、まぁ時間は有意義に使った。ただいつ寝るんだ?24時間以上戦ったりしている。デッレ・アルピの試合が終わるまで眠ることはできん。

追記、本当に寝かせてくれない延長戦突入だったな。ところで、木曜日じゃねぇか。めざにゅ〜高橋真麻かよ!おまいら。さっそく避難だよ。杉崎美香は良くても、あれは絶えられないよ。マーサ中澤有美子スカート長いじゃねぇか。中田有紀の今週の髪型は良いな。山本舞衣子の発見伝よりも、朝どりランキングが好き。

[][][] スペイン勢、全滅。  スペイン勢、全滅。を含むブックマーク

ユヴェントス 1 - 0 レアル・マドリード 合計 1 - 1 延長1 - 0

勝つとは思って見ていながらも時間が経過するのは胃に悪いぜ。トレゼゲの得点シーンは2年前のデジャブ。やはりハイボールで揺さぶられるとレアルは守備がまごつく。サラジェタの延長でのゴールも2年前のデジャブ(カンプ・ノウ、対バルサ)、脚が動かなくなってしまった守備陣が固まってしまって微妙なディフレクションを加えゴールに吸い込まれたよ。しかしああいうときのズラタンはこれ以上なく助かる存在だ。

やはりカペッロの先発のメンバーが全てだったのだと思う、あそこでセンターハーフをエメルソン一人にしてサイド攻撃を効果的に増やすためにザンブロッタを中盤で起用、サイドバックにペッソットを投入。普段では見られない攻撃シーンの多いユーヴェ、前半の早々にイブラヒモビッチの惜しいシーンだったが、この試合のターニングポイントは選手交代、コンディションの面で万全でないトレゼゲは途中出場しかなかったが投入するタイミング、逆にジネディーヌ・ジダンを下げたタイミング、ルシェンブルゴの弁明は正しいと思うが、結果がそれを笑わない。

アーセナル 1 - 0 バイエルン・ミュンヘン

ベンゲル記者会見欧州で勝つ特別な方法はあるか?と聞かれ、そんなものあるわけないと言ったそうだが、負けない為の戦術を選択できない悲しいかなそれがアーセナル、しかしハイバリーでの逆転の望みを自滅のようなミスの多さで失った。ショートパスを繋ぐことで活きるアーセナルの美しいサッカーが、バイエルンの素晴らしい守備にまたやられた。オリヴァー・カーンの素晴らしいセーブもあったとはいえ、ポゼッションの割にシュート数が少ないことを考える必要があるのかもしれない。ロンドンダービー見たかったなぁ、残念。

バイヤー・レヴァークーゼン 1 - 3 リヴァプール

あれで勝つのは至極困難である。全滅したセンターバック。出場停止のロブソン・ポンテ、ポール・フライヤー。そして試合中に肋骨を痛めて交代したディミタール・ベルバトフリヴァプールスティーブン・ジェラードからルイス・ガルシアが合わせてゴール、3年前の悪夢とは違うハッピーエンドと。まぁバイエルンシャルケ04がトップ2っぽいので、3位争いが激しくなりそうなブンデスリーガ

ASモナコ 0 - 3 PSVアイントホーフェン

またセットプレーで見事な先制点、フェネホール・オフ・ヘッセリンク。以降アドヴァンテージを見事に活かしてきっちりと結果を残したようですな。まだ見てない。

2005-03-09-Wed 君がいない

赤坂でやるんだってば。

たまに聴きたくなる人っているじゃないですか。突然、君がいないとか思い出すんですよ。私もなかなか頭の回路が飛んでしまっているようで。ちなみにこの曲が思い出してしまうくらいに絶望だった後、希望が復帰したのはやはりバイオリズムが低調だったところから徐々に良くなったというか、まぁそんな感じでZARD。しかし坂井泉水作詞はするものの、作曲はしない。それが若干残念な。やはり平岩英子古内東子、かの香織などシンガーソングライターの方が好きだ。

そんなEの人、Fleming Pieのライブ逝く日。本当に睡眠時間大丈夫だろうか。朝から杉崎美香中澤有美子中田有紀も見て、CL。(サマータイムがなくなると、これはできんのか)、酒を飲みながら太もも内出血で、手には大きく爪の痕。

[][][] を含むブックマーク

チェルシーFC 4 - 2 FCバルセロナ 5 - 4

個人的に疑問が残るんだ。何故、デメトリオアルベルティーニではなくジェラールだったのか、理解に苦しむ。フランク・ライカールトがデミーを獲得した際に「彼の経験は必ずクラブに役立つ」とか言っていたのにかかわらず、この消極的な采配。モウリーニョも駒不足から攻撃の采配に関して何かできたかと言えばおそらくNo。ただ選手があの場面結果を出した幸運があった。

試合内容からして、あのロナウジーニョの2点目は凄いね。恐ろしいよ。3点の全てが強烈な印象を残すカウンターで、特に先制点のエイドゥル・グジョンセンのゴールはシャビのミスだと思うが、奪ってからマテヤ・ケズマンが右に素早く走り込むところ、そしてパスを受けてからのグジョンセンと美しい。そしてフランクランパードダミアン・ダフと冷徹に見事ですよ。ただ後半もしっかり攻められる。攻撃はジョー・コールの惜しいシーンはあったものの、決定打がない中、交代選手にFWがいなくても、チェルシー武器はあった。ジョン・テリーの高さ。私の予想はここだけは当たっていた。

ACミラン 1 - 0 マンチェスター・ユナイテッド 2 - 0

たらればは勝負の世界に禁句だが、マンUは不運に見舞われた、1stレグのポール・スコールズ、クイントン・フォーチュン、そして今回のライアン・ギグスと攻撃で勝負するクラブが2戦通じて無得点とは非常に痛い。ただ相手も相手で経験豊富で見事だった。ミランミランを苦しめるにはやはり昨季のデポルティーボ・ラ・コルーニャのようにアンドレア・ピルロを潰すことを優先してから、攻めろということだろうか。潰し屋が確かにいないユナイテッド、持つだけでは勝てない、決定的な仕事をさせないミラン職人達の巧さ。

まぁこれで同じミラノ、スタディオ・ジュゼッペ・メアッツァ(一応サン・シーロの正式名称)をホームにするインテルミラノに良い刺激になったか。

オリンピック・リヨン 7 - 2 ヴェルダー・ブレーメン 10 - 2

勝負に打って出たトーマス・シャーフのネルソンバルデス、ミロスラフ・クローゼ、イバン・クラスニッチの3トップ、見事に玉砕。フランク・バウマン、ファビアン・エルンストと中を守備的選手で固めたわけだが、高く上げたラインの裏を見事に突かれたりなど失点を重ねた。2点を返したわけだが、その後も失点して計7失点(何で最後のPKジュニーニョ・ペルナンブカーノでなくてジェレミー・ベルトーだったんだろう)。最終的な選手交代とかを見ても何か勿体なかったなぁと思う。途中でクラスニッチを降ろして2トップに戻すくらいなら、最初からいつものフォーメーションで望んだ方が良かったかも。中盤での強いプレスを無くしたのは問題かな。しかしリヨン、やっぱり強い。個々の選手もそうだが、今季はそれにチームワーク、ヴィルトールの求心力と。ところで、残念な結果に終わってしまったブレーメンだが、この悔しさを来季の国際舞台で活かして欲しいと思う。

[][] を含むブックマーク

ユヴェントスレアル・マドリード

http://jp.uefa.com/competitions/UCL/FixturesResults/Round=1969/Match=1081498/Report=MB.html

http://jp.uefa.com/competitions/UCL/FixturesResults/Round=1969/Match=1081498/Report=PR.html

ミチェル・サルガドとパヴェル・ネドヴェドを互いに失ってのTDデッレ・アルピの試合。ミゲル・パレンシア、アルバロ・アルベロアと有望な若手選手を推薦するアリゴ・サッキに対し、ヴァンデルレイ・ルシェンブルゴ監督の起用は本職左サイドバックラウル・ブラボ。彼の拙いセンタリング等により、レアルの攻撃は左サイドに偏った。しかしながら得点チャンスはまぁまぁあったもののピンチも作る内容。決め手となったのはジネディーヌ・ジダンがキレキレだったことと、デビッド・ベッカムプレースキックが正確だったからことからの1点のみ。ところが、ジダンベッカム、加えてキャプテンラウル・ゴンザレス、ジョーカーマイケル・オーウェンと病み上がり、これがトリノでどうなるかが問題。ユヴェントスも楽観できず、復帰と見られていたダヴィド・トレゼゲも長時間といかず、ネドヴェドもいない為前線はマルセロ・サラジェタとズラタン・イブラヒモビッチアレッサンドロ・デルピエロの様相。この面子で監督カペッロレアルの戦法に対し、どのような対処をするのか楽しみなところ。なによりイタリアらしく欲しいのは先制点だが。

バイヤー・レヴァークーゼンリヴァプール

http://jp.uefa.com/competitions/UCL/FixturesResults/Round=1969/Match=1081500/Report=MB.html

http://jp.uefa.com/competitions/UCL/FixturesResults/Round=1969/Match=1081500/Report=PR.html

レヴァークーゼンはなんと悪夢のジュアンまで離脱で、イェンス・ノボトニー、ホッキ・ジュニオールを加え3バックの3人がいない超緊急事態。ディエゴ・プラセンテ、ベルントシュナイダーをサイドバックにする4バックを採用するにしてもセンターバックが、ドイツU21代表ヤン・インクヴァー・カルゼンブラッカーとサーシャ・ドゥムというもっと若い19才を使わざるを得ないこれは危険だ。アンフィールドの試合でもカルゼンブラッカーには重荷だった。そこでルイス・ガルシアの抜けだしが見事なゴール、ミラン・バロシュの決定的なシーンが生まれたわけで。

しかし、何と言ってもホーム、バイアレナ、ホームでは無敗のバイエル。しかし前回のミラクルよりも状況は厳しい。自慢の攻撃陣もロブソン・ポンテ、ポール・フライヤーの累積警告出場停止で誰を起用するのか、難しい。ポンテの位置はフランサやランドン・ドノバンと候補がいるものの、右サイドのウイングとなると話は難しい。シュナイダーを使いたいところだが、前述の理由でシュナイダーはムリで、ダニエル・ビーロフカかと予想されているが。

やっぱり思い出してしまうのだが、2001年-2002年シーズンのチャンピオンズリーグ、準々決勝の1-0、2-4という大逆転劇。ホームアンドアウェーの面白さですかな。

アーセナルバイエルン・ミュンヘン

http://jp.uefa.com/competitions/UCL/FixturesResults/Round=1969/Match=1081504/Report=MB.html

http://jp.uefa.com/competitions/UCL/FixturesResults/Round=1969/Match=1081504/Report=PR.html

ミヒャエル・バラックが復帰するのだが代わってロイ・マカーイがケガで離脱。攻撃の中心選手が抜けてしまったのはかなりの戦力ダウン、メーメット・ショルも抜けてしまうのだが。中盤は前回のオリンピア・シュタディオンで潰し役に徹したデミチェリスを配置するのだろうが、復帰するミヒャエル・バラックの配置も気になるところ。その他大勢いる有能な中盤選手をどうフェリックス・マガトが配置するのか気になるところ。何せアウェーゴールを許したことで、余談を許さないのだから。

逆にアーセナルも攻撃しなければならないが、一番危険なのは失点。パスカル・シガンまでケガで離脱、セッターバックはコロ・トゥーレとフィリップ・センデロスとアーセン・ベンゲル監督も頭の痛いところ。ソル・キャンベル不在でしっかりしていない状況の3失点だった。だがハイバリーの試合なので、デニス・ベルカンプ先生を起用できる攻撃はティエリ・アンリも楽になってより効果的な攻撃をしてくるだろう。それをオリヴァー・カーンはどれだけ抑えることができるか。ボールを持つだけで、決定的なシーンにならなかったらドイツサッカーの思う壺なわけだが。

ASモナコPSVアイントホーフェン

正直、情報を知らん。チェバントンが復帰するらしい。このクラブのみ、ホームアドヴァンテージが少ないクラブ。ただコーナーキックからの1失点しかしていないので逆転は可能で、面子がしっかり揃えば(セバスチャンスキラッチがギリギリらしい)、4バックを揃えて、パトリスエブラを中盤に上げて攻撃させることもできるし、いざとなれば4トップができる魅力がASモナコにある。確実な守備をもつPSVは何より相手との主導権争いに勝ち、点を決めてしまいたいところ。昨日のヴィルトールでないが、出戻りベテランの効果が目立つのが今季のCLであるな。思い出せばリバウドも。そしてPSVのキープレイヤー、フィリップ・コクー。

2005-03-08-Tue Tragique

この痛みだけはリアル

勝者のある姿には必ず敗者が必要であり、勝利は必ず敗北者にとって悲劇になる。両面性が存在しない限り勝敗は存在し得ず、敗北の存在が大きいほど、勝利の存在も大きくなる。だからノックアウトラウンドは背筋が凍るようなスリルがあって堪えられないが見られなくなる寂しさもあるのさ。そんな豪華すぎる今季の決勝トーナメント1回戦、昨季のようなバカげたFCポルトの勝利はuefa黒歴史に近い(最近、話題の福西のハンドの比ではない)モノを感じる。それにしても昨季のユヴェントスは不幸なくらい弱かった。

[] を含むブックマーク

SH15uya

サマータイムは早く始まるべきだ。(来月からチャンピオンズリーグは3時45分からよ)そんなシブヤフィフティーン見ながらの感想。虚構世界、同じ顔した人間が記憶を書き換えられるなんてことは色々見たので新鮮みはないが、内容的に好きだ。しかし何でSh15uyaなんだろうか、未だにお兄さんにはワカラナイよ。それから今回の演出だが、東急東横線が走ってしまったシーンは失敗だと思うよ。しかし最近のガキは15才にしては身長が高いし、殴り合うし発育良いね。

めざにゅ〜

ぷちぷちですよ。火曜日めざにゅ〜めざにゅ〜ニュース読んでいる最中にトラブル発生で杉崎美香が困った顔をして、以降終始ミスが多かった。それよりも花粉症対策をやっていたNNNニュース朝いち430で中田有紀が着けていたゴーグルが曇っていたのが何故なのか気になる。気になると言えば、今日の中澤有美子を非常に目に痛い衣装とスカートの短さ。真壁京子が中野知美キャスターバレーのレクチャーしているときに一人席を立たずに傍観しているだけだったのは残念だった。

[][] を含むブックマーク

UEFAチャンピオンズリーグ 決勝トーナメント 2ndレグ 第1日目 プレビュー

http://jp.uefa.com/competitions/UCL/FixturesResults/Round=1969/Match=1081508/Report=MB.html

http://jp.uefa.com/competitions/UCL/FixturesResults/Round=1969/Match=1081508/Report=PR.html

枠内シュートゼロでもちゃっかり1点は取ったチェルシーシュートを30本以上撃たれながらも2失点で切り抜けたために1-0で勝利すれば勝ち抜けるという非常に面白い状況である。そりゃフランク・ライカールトも困るし、ジョゼ・モウリーニョは傲慢になるよ。さて今回の試合の問題は1点をどうやって取るかであるが、ディディエ・ドログバ出場停止、アリエン・ロッベンウェイン・ブリッジはケガのままの状況。おそらくドログバの位置をエイドゥル・グジョンセンが務めるとして、さて如何にという状況。まぁジョー・コールだろうが。カンプ・ノウでの1stレグと変わらない構図になると思うが、スタンフォード・ブリッジのほうが狭いのでワイドに広げるサッカーを展開するバルサはそこだけが悩みというところ。ロナウジーニョやベレッチ、ファン・ブロンクホルストをカバーする範囲が狭い分、攻撃に移行するスピードは早くなるわけで、これがホームアドヴァンテージの面白そうなところ。デコシャビアルベルティーニなのか、フランクランパード、チアゴ、クロード・マケレレなのかどちらの中盤選手が主導権を握るのかより激しい状況になるだろうか、これは熾烈な。

そしてセットプレー、1点でも決まれば良いのでセットプレー、ジョン・テリーという武器があるのはチェルシーに好材料、逆にマルケスが欠場で本当に高さはないバルサ。オレゲル、プジョルも良い選手なのだが。そこだけは。

http://jp.uefa.com/competitions/UCL/FixturesResults/Round=1969/Match=1081510/Report=MB.html

http://jp.uefa.com/competitions/UCL/FixturesResults/Round=1969/Match=1081510/Report=PR.html

ユナイテッド、どうやって堅い守備の牙城を崩すのかが問題なのであるが、こんなときにギャリー・ネビルがケガ。ファギーバックアップの第一候補がシルヴェストルのヤバい状況(何故、フィル・ネビルじゃないのか不思議でならない)、でもとにかく1点を取らなければ話が始まらない。今回はまだファン・ニステルローイが帰ってきた分、彼がポストプレーをするので、ウェイン・ルーニーの負担が減り、攻撃参加の数が増えてシュートの形が増えると思うが、ミランの堅い守備は一筋縄でいかなり堅さがある。今回はヤープ・スタムなのか、それともカフーなのか右サイドバックオールド・トラフォードは緊急でカフーだったが、それが決まって攻撃ができていたが。センターバックはアレッサンドロネスタ、パオロ・マルディーニで元マンUのスタムの姿も見たいものだが。サイドバック起用したら、左からクリスチアーノ・ロナウドやクイントン・フォーチュン、ライアン・ギグス、勿論ガブリエルハインツェとしっかり攻め込むだろうと思うのは安易か?確かにジェンナーロ・ガットゥーゾが中盤でしっかりチェックにかかるだろうが。逆にカハ・カラーゼの左は目立たないことになるのか、1stレグ、良かったのにねぇ。

http://jp.uefa.com/competitions/UCL/FixturesResults/Round=1969/Match=1081512/Report=MB.html

http://jp.uefa.com/competitions/UCL/FixturesResults/Round=1969/Match=1081512/Report=PR.html

チャンピオンズリーグ現行方式になって以降、ノックアウトラウンドにおいてアウェーで3得点したクラブというのがトーナメントでないので、本当にブレーメンには辛い。ホーム、ハイバリーで3-0で負けたクラブというのは昨季のアーセナルグループリーグインテルに見事に負け(あの試合、クーペル采配見事で良い試合だったな)、ジュゼッペ・メアッツァで5-1なんて試合はあったが、それくらいに珍しい状況です。リヨンがかなり優勢なのは否めない。uefa杯で逆転したときはヴェーザーシュタディオン。その当時もいたキャプテンフランク・バウマンは出場停止から復帰するが、それだけでは苦しい。

状況としてはリヨンはルベイエールがまだ欠場でエッシェンが務める右サイドバックが穴であることは間違いない。後半はネルソンバルデスの惜しいシーンといい、エッシェンは元々ボランチで難しいのは確か。ただそれだけで3得点以上できるかは疑問、グレゴリー・クーペの厚い壁が立ちはだかる。リヨンの不安は久々にリーグで敗戦したこと(カップ戦も入れると2連敗)に尽きるが。守備的にして勝つようなクラブではない。まして守備的にしたらマグニン、スタルテリに良質のクロスを放り込まれるだけと。

2005-03-07-Mon 象徴的存在

五月への第1歩、逆風。

今週はチャンピオンズリーグですよ。お兄さん。やっぱり私の最注目はユヴェントスレアル・マドリードです。両チームとも象徴的存在の選手がいてアレッサンドロ・デルピエロラウル・ゴンザレス、もう10年近く両選手を見てきているが、後継者は今のところいない。後者はまだ若いのでハビエル・ポルティージョが可哀想に思うことは毎度あるが、彼が違うクラブで活躍して欲しいとも思わない。問題は前者、最近はスタメンから外れるようになり、カペッロの教え子、アントニオ・カッサーノASローマから来るようなウワサもあるが、ジャッロロッソの服着たあの男がビアンコネロの服を纏いビアンコネリの一員になる姿が想像できん。

[] を含むブックマーク

NNNニュース朝いち430が中田有紀と藤森涼子のバスツアー。かなり良い。エロい。千葉まではとバス食べ放題バスツアー。内容はまぁ夕方のニュースでよく見かけるものだが、中田有紀のサザエやホタテを食すシーンで大盛り上がり。おかげで実況にいた人間が日テレ板に大量に流れ込んだのは仕方ないところである。これを見逃すのはなかなか痛いことであることも附言しておこう。

JNNニュースバード中澤有美子、柴山延子共にスカートが短くて非常に良かった。とにかくニュースバードは金曜日がなかったのでかなり待った印象であるが、それに見事に応えた感じが良い。意外とTBSも細やかにしっかりしている。加えて今週の健人で真壁京子が突然出てきたりと明日に繋がる面白さも残したのだからこれはしっかりしている。しかし中澤有美子のおは脳のボケっぷりが一番良かった。自分で最悪と突っ込むボケっぷりは眠気で限界だった中の人にはかなり助かった。しかし最悪からスタートですか今週。すでに中の人は日曜から最悪だったからバイオリズム的には間違いではない。

対して、本命のめざにゅ〜は至って普通。杉崎美香も普通。そして新コーナーが見事にNTVに負けたものだから。

----

朝っぱらから四時間も無駄に待たされる一日。バカとしか言いようがない。まるでバカだからよいものの、変なファッションしていながらファンデーションが薄くて(というかしてないに等しい)女と、メガネでもうどうしようもない年配の女じゃな。もし日本刑法に暴行罪にないなら即座に殴っている。こういうとき、紳士な男たちはどう気を紛らわすのだろう。ちょうど疲れていたときにワインを飲み干してしまったので現在ウィスキーもその他酒類がない。困ったものだ。帰宅するに際しても。

[][] を含むブックマーク

http://skysports.planetfootball.com/list.asp?hlid=260371&CPID=8&CLID=3&lid=&title=Lehmann:+Ball+to+blame&channel=Premiership

イェンス・レーマンさんのコメントなのだが、

「自分の技術パフォーマンスも何も変わっていない。変わったのはボールだよ。ナイキが進化だと主張するそのボールのお陰で我々キーパーは毎週ピエロに成り下がってる。飛びながら速さが増すなんて不思議な現象が起きるのはナイキのボールだけだ。あんなんでキャッチしろって方が無茶なんだよ。もちろんテレビ映り的には成功なんだろう。でもそれでフットボールが進化したかって言われたら、あまり多くは語りたかないね。一言でいえば史上最悪の進化だ」

と言っている。チャンピオンズリーグの公式球はナイキじゃなかったはずだし、ワールドカップアディダスだった気がする。しかし、アディダス公式球も蹴る側には素晴らしいがキーパーには堪ったモノじゃないと言っていたな。

[][] を含むブックマーク

やっちゃいましたね。バルサ。ただ助かることに中盤の底にはデメトリオアルベルティーニがいるし、センターバックにはオレゲルが帰ってきてますから。しかしセットプレーでの高さの心配が一つ減りましたな。チェルシー

[] を含むブックマーク

http://www.hmv.co.jp/news/newsdetail.asp?newsnum=503030084

無理して聴きたいとは思わないが、気になるCDマルタ・アルゲリッチの7歳って、そういえば昨日の芸術劇場ダニエル・バレンボイムが出ていたが、彼も7歳で演奏会デビューでしたな。映像途中にヴィルヘルム・フルトヴェングラーとイーゴル・マルケヴィッチが映っていて面白かった。バレンボイムの指は羨ましいまでに長さが均一で太かったなぁ。あれはドイツものには向いているよ。バッハの演奏をしていたが。

2005-03-06-Sun ウォークマンにみるバカ事情

あのアルバム、どこ逝った?

タワーレコードってあるじゃないですか。あれですよ。大抵ビルの上に店を構えるからエレベーターを使うわけですが、エレベーターの中でかなりの音で迷惑を考えず聞いているのは明らかにロックパンクですね。音よりも常識に耳を傾けた方が良いと思う。そうやって聞かれている演奏家も可哀想だ。ウォークマン商標名はソニー、正式名称ヘッドフォンステレオ)は生活に音楽をだったと思ったが、いまや生活に害のある音を供給する一材料にしかなっていない。モノは使いようだ。

今日の画像深田恭子。この人は昔ピアノ演奏のアルバム出したのよね。溝口肇プロデュースで。ただ完全限定で出していたのね。

[] を含むブックマーク

絶対、今季のレギュレーション改変は最悪なモノだと思うのだが。ミハエル・シューマッハリタイアだよ。やっぱりルノーがやっぱりというか勝利。ジャンカルロ・フィジケラ、ポールトゥウィンですよ。ルノーは昨季のレギュレーション改変から強くなった、軽めからスタートしてしっかりきっちりと。3位にフェルナンド・アロンソだし。2位がフェラーリルーベンス・バリチェロなので、やはりフェラーリも強いのかな。マクラーレンメルセデス、のっけから6位(モントーヤ)、8位(ライコネン)なんてもうだめぽレッドブル、もう少し目立つ色にしてくれ。デビッド・クルサードといい、クリスチャン・クリエンといい。ジャガーの緑色好きだったんだけどなぁ。

しかし今季の改変最悪だな。タイヤ交換しないなんて、おかしい。ガソリン供給もおかしいと思うが、今回は最悪すぎる。考えて欲しい、ファステストラップが今年は1'25.994(フィジケラ)、昨年のファステスト1'24.125(ライコネン)ですからね。世界最速を狙ってねぇ。

次戦のマレーシアGP、セパン・サーキットは大丈夫か?

[][] を含むブックマーク

一番大事な選手じゃないか、マカーイだなんて。確かにミュンヘンのオリンピア・シュタディオンにはバラックがいなかったけどデミチェリスが良い動きだった。でもFWに代わりはいない。大腿を負傷で2週間ほど。今週なんですよ。チャンピオンズリーグ決勝トーナメント2ndレグはロンドンハイバリーでのアーセナル戦、ゴールデンブーツ対決だったんだけどなぁ。

[][] を含むブックマーク

  • 気になる選手

最近、気になって仕方ない選手がいるんですよ。それはFCソショー・モンベリアールのジェレミー・マシュー(Jeremy Mathieu)って選手なんですけど、まずスペルがヤバい。フランス語ではh(アッシュ)を発音しないからマテューかマチューになるからヤバい。次に最近のフランスの若手には名前がジェレミーの選手が多すぎてヤヴァい。(ジェレミー・クレメン、ジェレミー・アリアディエール、ジェレミー・ベルトー、ジェレミー・メネーズetc

それは置いといて彼はフランスのU-21代表の左サイドのMFなんですけど、今季ソショーが彼を左サイドバックコンバートさせたんですよ。そしたら元々クロスの精度がよいからはまり役になっちゃってね。彼が今後どこのクラブの左サイドバックをやるのか気になる今日この頃。サイドバックは数あれど中盤の優秀な選手がサイドバックコンバートされる例は非常に少ないから。しかも今回は左の中盤の攻撃的選手ですよ。

結局、ここでフランス人ということで、例のフランス監督クラブが気になるんですよ。アシュリー・コールさん、今季で契約切れるし。ガエル・クリシーよりも非常に高い素質ある選手だからねぇ。ちなみにフランスU-21代表の左サイドバックはジェレミー・ベルトー、オリンピック・リヨンで普通に試合に出ています。こっちは上がりが良い選手で。ビセンテリザラズの後継者はパトリスエブラだけではないのだ。でも最近のル・ブルーは3-5-2orz。フロラン・マルーダが筆頭。もしくはジェローム・ロタンかな。ロタンもケガ以降代表で活躍してないなぁ。

ところで、ユヴェントスは若手の左サイドバックフィオレンティーナで育成して貰っている状態なのであるが、来季ジョルジョ・キエリーニ(イタリア代表)が入団したら、ジャンルカザンブロッタアズーリレギュラー)はどうなるんだろうか?それはそれで気になる。また中盤をやるのだろうか?彼はリッピ采配に最も適したユーティリティプレイヤーだよ。

LittlePiggyLittlePiggy 2005/03/07 00:39 ウォークマンのシャカシャカは公害に近いですよね。で、アシュリー・コールさんの契約はまだまだ切れません(とられる可能性はありますが)、あと2シーズンあるはずです。
それから、ジェレミー、なんか笑えますね。これからジェレミーが気になって仕方なくなるかもしれない予感がします。

encyclopectorencyclopector 2005/03/07 01:15 延長したんでしたっけ?たしかキャンベルとアシュリーが今季だったはずですが。ブリッジ故障しちゃったら左サイドバック欲しくなりましたスキー。
アリアディアール、もう少し活躍してくれ。メネーズは冬の移籍市場でマンUからのオファーを断った人です。1試合でも多く試合に出たいからという理由で。クレメンはリヨンのFWです。チャンピオンズリーグで良いアシストしてましたね。

2005-03-05-Sat 評論家と解説者

客観的になれない人は痛い

世の中、評論家の評論、雑誌の紙評などを見ない日などないくらいに文面を読むばかりである。ところが評論があまりにも的を得ていない文章が多いのが私の好きなサッカーである。現代システム論だなんて、システムだけを書いて戦術、戦況について一寸も書いていないなんてそんなバカなことは無いと思う。(サッカー幾何学のような美しさだけを競うモノではない)サッカー選手がたまにマスコミについて大きく不満を言うことがあるが、この日本サッカー雑誌の内容を教えてあげたらどれだけ腹を抱えて笑い転げるか、熱湯を湧かすほどに怒り猛るかどちらかだと思う。そして毎号買いたいと思う人間はどれだけいるやら。私は試合レポートのサマリーだけ欲しい。それは雑誌の2割にも満たない。そして何も意見なども要らない。

[] を含むブックマーク

疲れていたのでHubの新宿店の場所を忘れる。その為アルコールに逃げることも許されない。そんな痛い土曜日なのさ。帰宅してバク天めちゃイケでも見ることにするよ。しかし、紀伊国屋って何にも無いね。

めちゃ日本女子プロレス

いきなり水野裕子ハァハァものですな。安めぐみイメージに合わん。すげぇ、エクソシストや!

水野裕子キターAA略)、いきなり大技か。しかし、明らかに演出バレバレですな。8×4か、そこで。総合格闘技やっているだけに、あの腕ひしぎ逆十時固めは凄いな。

安めぐみの恥ずかし固め。エロいというより事務所が心配。でも安めぐみダメージに弱いよ。

そこで長州小力か。そして無効試合と。

あ、ダンプ松本だ。でもブル中野はなしか。極悪同盟クラッシュギャルズも相当トシなんだけど、ライオネス飛鳥長与千種に比べて豊田真奈美太ったな。かなり。あれはヤヴァい。でもトップロープから飛んだな。

出たか、チビタイガーマスク。ゾウサンですか。

[] を含むブックマーク

http://www.hmv.co.jp/news/newsdetail.asp?newsnum=503030019

アルトゥーロ・トスカニーニ没後10周年のヘルベルト・フォン・カラヤン/ミラノスカラ座ヴェルディレクイエム」、カラヤンでしかもテノールルチアーノ・パヴァロッティとか豪華なソリストですよ。そしてDVDですから映像ですよ。監督アンリ=ジョルジュ・クルーゾ(情婦マノン、恐怖の報償、囚われの女などのフランス監督)とエラいことだな。カラヤンこそ映像をいち早く取り入れた人間であり、監督が「映画から演劇の要素を排除しようとした」監督ですからな。

http://www.hmv.co.jp/news/newsdetail.asp?newsnum=503030035

出たか。ブルックナーウェーバーが収録されていた箱に続いて、オトマール・スウィトナーのブラームス全集の復刻。しかもドヴォルザークもついての5枚組の箱で。ベルリン・シュターツカペレとの渋い音が非常に好きなんだな。しかし彼は病気による引退以降消息を知らないが、まだ存命ですよね。この人。

http://www.hmv.co.jp/news/newsdetail.asp?newsnum=503030078

ブルックナーが目玉なのか。交響曲第3番があまり演奏されないエーザー版の第2版なのが注目なのか。普通に考えたらモーツァルトの後期交響曲集なのだと思うのだが。交響曲41番、40番、39番のセットとしては上位に入るセットですからな。このラファエルクーベリックバイエルン放送交響楽団

[] を含むブックマーク

http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=1510818

気づけばGTSも10周年なんだな、と思ってしまった。私は初期のGTSから聴いているから感慨に浸るばかりである。セイビル・ジェフリーズとの「Take Up to Heaven」が一番始めに聴いた曲だと思うが、あれは良かったな。どこの外国の人だろうと思ったら、日本のGTSだった。捨てたモノではないな。日本テクノアーティストも。GTSの有名な曲と言えばメロディー・セクストンとの「Tonight is The Night」や「Through the Fire」か、もしくはロレッタ・ハロウェイの「Share My Joy」あたりかな。

ちなみにGTSとは「Groove that Soul」の略だったはず。

[][] を含むブックマーク

http://jp.uefa.com/competitions/UCL/news/Kind=1/newsId=284991.html

この見出し、どうかと思うぞ。それはメラーと言うとお兄さん、元ドイツ代表のアンドレアス・メラーしか思い出せないんですよ。一応言っておきますとニール・メラーのスペルは「Meller」、アンデレアス・メラーは「Moller」(ウムラウト付き)それから、ゲルト・ミュラーは「Muller」(ウムラウト付き)であって、違うんですけどね。

しかし、リヴァプールジブリル・シセシナマ・ポンゴーユに続いて欠場と、フェルナンド・モリエンテスも規定で出場できないし、大変だなぁ。おそらく2トップはルイス・ガルシアとハリー・キューウェルだと思うけど。しかしチャンピオンズリーグバイヤー・レヴァークーゼンもロッキ・ジュニオール、イェンンス・ノボトニーがケガで離脱、ロブソン・ポンテ、ポール・フライヤーが累積警告出場停止でかなり痛い状況。何故放出したんだ、ラドスラフ・カルジュニー、ハンノ・バリッチュと。

[][] を含むブックマーク

GK : オリヴァー・カーンバイエルン・ミュンヘン)、イェンス・レーマンアーセナル)、ティモ・ヒルデブラント(VfBシュツットガルト

DF : ペア・メルテザッカー(ハノーバー96)、フランク・バウマン(ヴェルダー・ブレーメン)、クリスチャン・ヴェアンス(ボルシア・ドルトムント)、ロベルト・フートチェルシー)、アルネ・フリードリヒ(ヘルタ・ベルリン)、マルクス・バッベス(VfBシュツットガルト)、アンドレアス・ヒンケル(VfBシュツットガルト)、パトリック・オボモイェラ(アルミニア・ビーレフェルト)、クリスティアン・シュルツ(ヴェルダー・ブレーメン)、フランク・ファーレンホルスト(ヴェルダー・ブレーメン)、モリッツ・フォルツ(フルハム

MF : ミヒャエル・バラックバイエルン・ミュンヘン)、トルステン・フリンクス(バイエルン・ミュンヘン)、セバスチャンダイスラーバイエルン・ミュンヘン)、バスティアン・シュバインシュタイガーバイエルン・ミュンヘン)、ベルント・シュナイダーバイヤー・レヴァークーゼン)、ファビアン・エルンスト(ヴェルダー・ブレーメン)、ティム・ボロウスキー(ヴェルダー・ブレーメン)、ポール・フライアーバイヤー・レヴァークーゼン)、ディトマール・ハマン(リヴァプール)、セバスチャン・ケール(ボルシア・ドルトムント)、マルコ・エンゲルハウト(1FCカイザースラウテルン)、トーマス・ヒツルスペルガー(アストン・ヴィラ)

FW : ミロスラフ・クローゼ(ヴェルダー・ブレーメン)、ケビン・クラニィ(VfBシュツットガルト)、ジェラルド・アサモアシャルケ04)、ルーカスポドルスキー(1FCケルン)、トーマスブルダリッチ(VfLヴォルフスブルク)、オリヴァー・ノイビル大帝(ボルシアMG

このほか、負傷によりフィリップ・ラーム(VfBシュツットガルト)、イェンス・ノボトニー(バイヤー・レヴァークーゼン)、アンドレアス・ゲルリッツバイエルン・ミュンヘン)、クリストフ・メツェルダー(ボルシア・ドルトムント)が欠場と。

2005-03-04-Fri 平均的に暖冬

マーサなんて使うから

らしいんですよ。平均的には。それは12月が暖かかったらしいんですけど、大晦日雪だったじゃないか、関東地方。そしてなんとこの時期にまた雪と。もうねアホかと。花粉症で苦しむ上にこの寒さで苦しむわけですか。どういう仕打ちを受けるわけですか、今年度。大手町で40度を記録した日、千代田区にいましたよ。あの日。台風が来た日とか豪雨の人か、毎度喰らってましたよ。今年度、全体的に不運。

[] を含むブックマーク

フジテレビ、4:00、めざにゅ〜始まる。「これからお休みの方も、そしてお目覚めの方も時刻は四時になりました」とか杉崎美香はいつも通り、言うわけよ。ところがいつもの鼻フックがいないんですよ。もうね、嬉しい限りでしたよ。で、高橋真麻は何をやっていたかと言うと、お台場社屋前に放置。しかも携帯電話で状況説明、カメラは上から撮っていてマーサ一人。素晴らしすぎる。ガッツポーズものです、しかも大笑い付き。でも、その後帰ってきたよ。疲労が増した。杉崎美香も脱衣するならもう一枚脱げ(オレンジのタートルネックにキャミソールが見えていたんだ)

裏ではJNNニュースバード松井陽子が一人きりでニュースやっていたけど、金曜日、しかも疑似デートマーサの回にTBSが放送しないとはどういうことだ、中澤有美子を見られない不運。NNNニュース朝いち430は番組としては面白くないんですよ。中田有紀ジャッキー・チェンインタビューしていて目が輝いていたよ、山本舞衣子が今日は「ミシンの日」と言って、凄く似ている顔のバッグ貰って、マゴついていたのは面白かったが。やっぱり「スーパーキッズに挑戦」見たかったなぁ。

http://f.hatena.ne.jp/encyclopector/20050304223238

皆様、一応、画像を保存していたので見て下さい。現代の姥捨山です。これが朝4時に起きた比類ない喜劇です。関西圏、中部圏、その他4時からめざにゅ〜見られない方々に笑いを。

[][] を含むブックマーク

http://jp.uefa.com/footballcentral/news/Kind=2/newsId=284979.html

http://jp.uefa.com/footballcentral/news/Kind=2/newsId=284900.html

リヌス・ミケルス氏が亡くなった。アヤックス70年代チャンピオンズリーグを制覇、その後はヨハン・クライフと共にFCバルセロナに引き抜かれ、1988年オランダ代表で欧州選手権優勝を果たすために高齢ながら監督に就任、サングラスをかけ喜んでいる姿が印象に残る素晴らしい監督だった。その後1992年欧州選手権も監督やっていた。トータル・フットボールというものを考えたと言われる監督、非常に残念なことです。追悼。

個人的にはトータル・フットボールというのは戦術なのではなく、個人に判断の広い裁量を与える認容なのだと思うがどうなのだろう。クライフも戦術について大きく言うことがないわけだし。ヨハン・ニースケンス、ルート・クロル、ウィレム・ファン・ハネハム、ロブ・レンセンブリンクなど才能有る選手が多数いたわけで。それを全て活かすための方法。

実際、個人が色々目立つ面白いサッカーしていた印象。オランダトリオ、ルート・フリットフランク・ライカールト、マルコ・ファンバステンファン・バステンについては88年の素晴らしいボレーシュート。92年は既にデニス・ベルカンプ代表でしたな。オレンジ軍団。

[] を含むブックマーク

http://www.hmv.co.jp/news/newsdetail.asp?newsnum=503030012

クラウディオ・アバド、しかもベルリン・フィル(既にシェフはサイモン・ラトルマーラー交響曲6番。アバド交響曲シリーズ、交響曲7番、交響曲9番と連続で良かったので、この悲劇的な6番はどうなるか気になるところ、ただ個人的にはスケルツォとアダージョの順番を変更することには賛成できない。ガンで闘病していたアバドが、死を意識した6番の最終楽章、ハンマーが振り落とされる最終楽章でどれだけ旋律を歌いきって、死を迎えさせるのか楽しみだ。

http://www.hmv.co.jp/news/newsdetail.asp?newsnum=503040044

頑張っているなぁ、アルフレッド・ブレンデル。このモーツァルトシリーズは第1弾のピアノソナタ11番とか好評で、売れてはいるし。(ただその間にサイモン・ラトル/ウィーン・フィルベートーヴェンピアノ協奏曲を録音したり、自分の息子とチェロソナタを録音したり)、今回も期待されるということですか。ブレンデルシューベルトシューマンベートーヴェンとか聴くとあまり好きではないのだが。

siponsipon 2005/03/05 00:04 暖冬ほど、関東は雪が降りやすい罠。
因みに、春は南岸低気圧が発生しやすいから、関東は今時のほうが雪が降りやすいです。

encyclopectorencyclopector 2005/03/05 09:47 南岸低気圧は初ですよね。この前の雪はかなりのシベリアからの低気圧でしたからね。

2005-03-03-Thu 雛祭りなど腐女子祭典だから

敵対視しても意味ないか

1994年W杯アメリカ大会を書くと、次いで1998年W杯フランス大会について書きたくなるのが悲しいかな性である。この大会に出なかった選手としては何と言っても、アレン・ボクシッチに尽きると思う。彼がいたらもしかしたらクロアチアが優勝していたかもしれない、そんなクロアチアの大躍進。(ついでながら日本戦ではスヴォニミール・ボバンすらおらんかった、飛車角落ちでも負けたわけだ)、この時代FW氷河期でこの大会得点の少なさが問題になった大会、見たかった国としてはやはりポルトガル(予選のドイツ戦、悪夢のマヌエル・ルイ・コスタ退場)だろう。実績からしたらチェコが次ぐかな。

[][] を含むブックマーク

罰金が3000ユーロ、本人は不服を言っていますが、一応彼がティエリ・アンリに対して黒人差別発言したのは確かです。罰金の内容と状況によるわけですがね。

しかし、スペインは黒人差別モンキーチャント等が絶えません、サンチャゴ・ベルナベウの試合の放送をしっかり音声を聞いてみなさい、聞こえるはずですよ、猿マネの声。その白いユニフォームのチームに黒人選手はいませんよ、耐え難いモノだったのだから。フラビオ・コンセイソンン、クロード・マケレレクリスティアン・カランブー、クラエンス・セードルフ、いろいろいたが今や白いクラブでは過去の人。

[] を含むブックマーク

3月3日雛祭りの日なので各局とも雛人形を飾っていたが、一番頑張っていたのはフジテレビだろうか、TBSはかなり顔が大きくて丸かったが、フジは本格的なのをレンタルしていた。日テレは普通に。

そんなことは置いといて、めざにゅ〜は悪夢ですよ。高橋真麻ですよ。私のCDプレイヤーが作動しなかったのもマーサのせい。そして木曜日はMyブックofハ〜ト(だったと思うタイトル名)ということで内容もツマラないですね。おかげでほとんど見なかった。だってJNNニュースバードの朝どりランキングが面白いんだもん。水野真理子の寝顔姿がなかなか良かったわけで。その裏で山本舞衣子の「舞衣子の発見伝」とかやっているわけだが、これも面白くなくて、一番良いのがTBSと。今日の衣装的には中田有紀が良かったと思うんですけどね。中澤有美子スカート長いし。

杉崎美香は鉄っちゃんに優しい。自分も東京駅まで「あさかぜ」を撮影に行くくらい。あさかぜと言えば、松本清張の「点と線」ですな。今後寝台列車は「カシオペア」や「トワイライトエクスプレス」のように豪華さを売りにしたほうが良い時代なのだろう。時間を悠々と使って旅する気分。

[] を含むブックマーク

http://www.hmv.co.jp/news/newsdetail.asp?newsnum=503020080

こういう合わせ方は好き。レクイエム2つ。しかし、ケルビーニとブルックナーって面白いな。ブクステフーテやヴィヴァルディヨハン・セバスチャン・バッハって合わせ方が有名だが。

http://www.hmv.co.jp/news/newsdetail.asp?newsnum=503020052

かなり気になるなぁ、ピーター・ウィスペルウェイは技巧も非常に上手なチェリストブリテンの無伴奏などよほど自信がないと録音できない)で、今回使用するチェロクリスマスオークションで過去に例のない世界最高の金額でウィスペルウェイが落札したグァダニーニである(個人的にはムスティラフ・ロストロポーヴィチのストラディバリウスが音色として一番好きだが)ことも注目。そしてSACDマルチチャンネルと、かなり注目のCD。ロストロポーヴィチとリヒテル、ピエール・フルニエとヴィルヘルム・ケンプの録音がやはり上位2つにあるが、どこまで入り込めるのやら。

[] を含むブックマーク

最近、色々と出回っているウワサであるドラえもん声優だが、2chにどれだけ入り浸っているかで情報の新しさかどうか判断するようだ。私の場合1ヶ月くらい前から見ている気がするが、最近になってblogエントリーでも見かける。一番有名なのが、これ

ドラえもん江原正士

のび太能登麻美子

しずか:中原麻衣

ジャイアン山寺宏一

スネ夫結城比呂

ドラミ冨永みーな

出来杉石田彰

ドラえもんが「アリーmyラブ」のジョン・ケージですよ。鼻が鳴ったり、変な習慣を始めたりしちゃいますよ。映画で言ったら「トム・ハンクス」と「ウィル・スミス」と「キアヌ・リーブス」とか、イメージがつかん。ジャイアンは「トグサ」ですよ。加持リョウジさんですよ。映画で言ったらオースティン・パワーズドクター・イーブルだったり、ラッシュ・アワーのクリス・タッカー、ミセス・ダウトロビン・ウィリアムスが有名だが、案外メル・ギブソンキアヌ・リーブスブラッド・ピットとかもやっているのな。

もうこれだけで、おなか一杯になってきただろ。まだ続くぞ。

2005-03-02-Wed ヨーロッパのイズム

ギリシャ、弱かったなぁ当時

昨日、ルベン・ソサ(インテル歴史に輝く素晴らしいFW)の名を書くと、彼が1994年W杯アメリカ大会に出場できなかったことが非常に痛い。エンツォ・フランチェスコリも見られなかったわけですよ。加えて見られなかった国が1992年欧州王者デンマーク、選手はいるはずのフランス(3位決定戦の2チームと同組)とイングランドリネカーの後継者がいなかった)、そして1990年イタリア大会PK戦に泣いたユーゴスラヴィア(制裁措置)。この大会サウジアラビアアメリカナイジェリアが確かにトーナメント進出したものの最終的には欧州南米のみ。南米の選手も殆ど欧州で活躍する選手ですからね。当時アジアの選手で欧州で活躍していた選手なんていたのだろうか?

今日の画像は、柳沼淳子。何とワニブックスコンテンツ開始するようで。セントフォースアイドル路線の急先鋒凄いよ。写真集凄かったし。

[] を含むブックマーク

そんな松本さんの要望には応えられません。中田有紀。ハマダが若干セクハラ気味だったが、まぁいいや。自前であんなブラだったらな。小林恵美に対しての若干諧謔的なフレーズが気になったところ。下着の上下は揃って無くても良いらしい、中田有紀。しかし中川翔子の絵凄かったな。

水曜日ってツマラないのよね。映画コーナーは日テレ中田有紀曜日は違うがやっているし、杉崎美香じゃないし。JNNニュースバードもツマラないのよね。中澤有美子と曽根純恵の脚だけなのよね。NNNニュース朝いち430もツマンないのよね。結局3つチェックしながらムダに堕落

さて、明日からめざにゅ〜のサブキャスター戸部洋子から、全ての悲しみの終着点、見た瞬間に酔いは覚め、子供は泣き出す、高橋真麻だよ。裏で水野真理子、松井陽子を見るかな。どういう人なのかはFotolifeでも見れば。

[] を含むブックマーク

http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=1091913

このBBCから出るクラウステンシュテットのシリーズは音も良い、そして演奏はとても良い。既出のベートーヴェン交響曲第9番など素晴らしいの一言。そして今回はスタジオ録音の無かったブラームスの第3番、有名な第3楽章のロマンティックなメロディーをどれだけ重たくやってくれるだろうか、勿論苦悩する第4楽章、旋律美を感じる第1楽章も気になって仕方がない。

http://www.hmv.co.jp/news/newsdetail.asp?newsnum=503010059

ミスターS、スタニスラフ・スクロヴァチェフスキーが今度はベートーヴェン全集ですか。前にN響との運命が出ていたがあれもなかなか良かったので一応期待。しかし、彼は現代音楽の人、ブルックナーの人、の顔があり、作曲家の顔も持っていてイマイチイメージが掴めないが、実力はある人。もう82なので全集作成中に死ななければ良いが。(ジュリーニみたいに第九を残して死ぬのが一番悲しい)

chicken-heartschicken-hearts 2005/03/02 06:27 関西でもNNN24→ニュース朝いち430・ニュースバードをチェックしてますが何か?
ええ。堕落ですとも。orz

encyclopectorencyclopector 2005/03/02 13:10 明日はめざにゅ〜だよ。orz。木曜日は水野真理子を見ませう。ニュースバード。

2005-03-01-Tue 集中力は30分

凝縮させないとダメなのよね。

人間、本当の集中力というのは正直なところ30分しか継続できません。(もし継続できるというのならそれは持続と言うより集中して完全なハイな状態になっていないと言う方が当を得ているでしょう。)だから交響曲でも殆ど30分近くまでの長さの楽章しかないのが現状です。作曲家も演奏家の実状が理解しているならばそういう結論になるのです。ところがグスタフ・マーラーという指揮者は自身の交響曲第8番において1時間近くの長さを持つ長大な楽章を作りました。オペラ交響曲中間なのか、あれは人間の限界への挑戦なのか偉業です。リヒャルト・ワーグナーの楽劇「ニーベルングの指環」の第3夜「神々の黄昏」の最終幕もかなり長い(ブリュンヒルデ自己犠牲だけで20分強)ですが、それに起因するのかしれませんね。

[] を含むブックマーク

Sh15uya

意外と面白いな、このシブヤフィフティーン。ただ新垣結衣の衣装には疑問符。総監督田崎竜太だからか。仮面ライダー芳賀優里亜ロリータ衣装はまぁ良いにしても。そういえば第1話は見た気がする。近野成美。このドラマゲスト出演に岩井七世、杉山彩乃、小島愛阿井莉沙と使っていたのね。一括で見たら面白いのかもな。これ。

めざにゅ〜

ぷちぷち、戸部洋子、それは言ってはいけない言葉だよ。あの凍り付いた杉崎美香の表情と間は面白かったなぁ。その時間、裏のJNNニュースバード船橋東京パンストリートやっていたが、それは昨日日テレでやっていたよ、残念な。しかし、中澤有美子の服、よく見ると紐が透けていたよ。人間注意力が大事だな。そしておは脳の連勝記録はストップと。NNNニュース朝いち430は時間が違った。中田有紀もそんなに見なかったな。

[] を含むブックマーク

http://www.hmv.co.jp/news/newsdetail.asp?newsnum=502280103

ベンジャミン・ブリテンって人は素晴らしい指揮者である(ピアノも上手)が、また高名な作曲家でもある。自作自演したブリテン:戦争レクイエム聴いてごらんよ。現代に生きながら複雑ではなく訴えたいことは直接に感じることができる作曲家だ。難しさは少ない、しかし技法的にはかなり現代的だったりすることもあるが。まぁブリテン:青少年のための管弦楽という曲も作る人だからね。

このDVDオペラ(しかも初めて知った、そんな曲)のテレビ用映像化と非常に見たいのであるが悲しいかな、字幕に日本語がない。(やはり英語だろうと仏語、独語だろうと瞬間的に読むには日本語が欲しい)BBCの意地悪。

[][] を含むブックマーク

インテルナツィオナーレ・ミラノ

この点、インテリスタからの批評を願う。私はソサだと思うが、プレーオフインテルを救ったのはバッジョなのも確か。得点王を取ったのは確かにヴィエリ。ところでインテルで輝くことの無かった選手もデニス・ベルカンプ、イバン・サモラノ、サルバトーレ・スキラッチエルナン・クレスポオリヴァービアホフアドリアン・ムトゥロベルト・カルロス、ヴィンチェンツォ・シーフォ、ローラン・ブランセルジオ・コンセイソン、ハカン・シュクール、ウミト・ダバラ、クラレンス・セードルフアンドレア・ピルロセバスチャンフレイなどなど、凄い面子が揃っている。これは凄い。

インテリスタの皆様、これは涙した方が良いですよ。

----

皆様、知っているでしょうか?セリエAクラブチームでセリエBに降格したことのないチームはどこか。

ユヴェントスインテルミラノなんです。だからこの2チームの対決をイタリアダービーというワケなんですよ。ところがこの相手、巨人阪神並に不甲斐ない(阪神が優勝したのも18年ぶりだったからなぁ)

過去10年、13,6,7,3,2,8,4,5,3,2,4と順位の変遷ですよ。近年一番有名なのはモラッティオーナーがマルチェロリッピを招集して選手を大量補強、ロベルト・バッジョロナウドクリスチャンヴィエリFWがいたときですかな。もしくはエクトル・ラウルクーペルを招聘した最終節ラツィオに大敗してマルチェロリッピユヴェントスに逆転優勝されたときですかな。

何せ優勝がないんですよ。このクラブ、一番最近が1988-1989シーズンですよ。データを探そうにも見つからないくらいですよ。インテルHPによると、面子は

  • Usual Starting Eleven

Zenga, Bergomi, Brehme, Matteoli, Ferri, Mandorlini, A.Bianchi, Berti, Diaz, Matthaeus, A.A.Serena

  • Other Players

Baresi, Fanna, Galvani, Malgioglio, Morello, Rivolta, Rocco, Verdelli

ということだそうですよ。今や監督やっている人が何人もいますな。最近バレンシアuefa杯で下したステアウア・ブカレストワルター・ゼンガ、ハンガリー代表監督ローター・マテウス、そしてラモン・ディアス。他にもジュゼッペ・ベルゴミ、アンドレアス・ブレーメとか。ビアンチ、マンドリーニ、ニコラ・ベルツィもコーチやってなかったかと思う。往年の名前に涙が出るよ。ところがスクデット獲得したときの監督過去ユヴェントスで6度の優勝、バイエルン・ミュンヘンブンデスリーガを制したことのあるジョバンニ・トラパットーニ、誰か適任者いませんか?ロベルト・マンチーニミラノダービー(デルビー・デッラ・マドンニーナ)で負けちゃダメだよな。

青色の下線ははてなキーワード。緑色の下線はantiglapectre
空白を何かで埋めたいが、埋まらない