Any given sunday このページをアンテナに追加 RSSフィード

2004 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 11 |
2015 | 01 | 02 |
2016 | 04 | 05 | 06 |
2017 | 04 |


[ニュース記事] [音楽−クラシック] [音楽−テクノ] [サッカー] [美術館日記] [雑記] [NFL] [YouTube] [はてな]

2006-04-27-Thu 一日

過ぎ去る時間だけは早い

この日記を書いている影響もあるんだけど、一日はいつが始まりなのだろうかと悩むときがある。それというのも、どの時間から始まりがあるのか、日記としてなら一日の区切りを切らないとおかしいと思うから。blogというならネタで切ったとしても、常にネタは時間の流れに乗るわけだし。というわけで、悩ましい話だ。存在と時間とかいう問題ですかね。現存在

[][] を含むブックマーク

FCバルセロナ0-0ACミラン

どこが、ファウルなんだ!!!!!!

大体、審判も空気嫁。ああ、悔しいったらありゃしない。折角ミランの2連覇の期待があったというのに残念だ。1-0延長、バルサはまたもイタリア勢相手に延長負け。カンプ・ノウで負けたのもユーヴェ戦以来、サヨウナラ。これがベストシナリオだったのに。

[][] を含むブックマーク

  • ジダーン

チャンピョンズリーグで、ACミランが敗れてしまったことよりも、それ以上に我輩はジネディーヌ・ジダン選手の引退が残念でならない。

レアル・マドリードで引退するのは、レアルは選手の肖像権ビジネスには長けていて、50%を自分のクラブのモノにするが残り50%にしたって良い金になっているし、選手のそういう部分でも管理はしっかりしているからな。ムダに。

引退後は子供相手とすることを中心にクラブと関わりたいと。お前、自分の憧れのクラブオランピック・マルセイユの惨状は・・・・、まぁレアルのカンテラスペインでもかなり優秀ですから。

ジダンといえば、1993年のパルク・デ・プランスにおいて、ル・ブルーW杯進出を逃した後の4年後迫るW杯において、中心人物となるべくエメ・ジャケに起用されるようになった選手。当時22歳なのだから、案外国際的知名度を得るのは遅い方だ。(ちなみに彼の年代で一番早いのは、ポルトガル黄金世代くらいだ。1972年生まれ。)

で、1996年の欧州選手権においては彼よりもユーリジョルカエフのほうが評価が高かったわけだが、彼はクラブレベルにおいてジロンダン・ボルドーuefa杯の決勝まで導き、高い評価のままユヴェントスへ移籍。しかし、ユーヴェでは大舞台に弱いとか言う因縁を付けられて高い評価をそんなに得るまではなく、レアルへと放出。今思えば何ともアホなことをしたものだ。(但し、後釜で来たパヴェル・ネドヴェドのことを考えれば良い買い物なのかもしれない)

2002年uefaの50年の歴史に残るスーパーミラクルボレーシュートが決まって、試合は内容じゃ完璧負けていたのに、神様が勝たせてくれたのか、ジダンの悲願のビッグイヤー獲得と。

その後はチームの凋落が始まって、体力の限界と。彼は既に多くのタイトルを得すぎていたしモチヴェーションを失っていたのかもしれない。(2004年の欧州選手権における「自分が主役の大会」という発言は、むしろそうでもしない限りモチベートできないことを意味していたのかもしれない)そんな彼が自らを奮い立たせてレ・ブルーに復帰。そんなW杯だけど、あのグループで一番期待しているのはスイスなんだ。

[] を含むブックマーク

http://www.hmv.co.jp/news/newsdetail.asp?newsnum=604270017

パーヴォ・ヤルヴィが次期ベルリン・フィル音楽の候補だったのか。

それがまず最初の驚きな分けだが、この人はパパの影響なのか知らないが、アメリカシンシナティ交響楽団は巧くまとめ上げている印象だけど、次はこれなのか。これはパパ離れですな。パパの方のショスタコーヴィチは今、どうなっているんだろう。多分、ショスタコーヴィチ:交響曲第2番「10月革命に捧ぐ」、第3番「メーデー」、バレエ組曲「ボルト」が最後(ミアシュコフスキーミヤスコフスキー:交響曲第6番も良かったな。そういえば)

と、思ったらこんなCDが出るらしい。さすが、アニバーサリーショスタコーヴィチ

http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=1376418

ショスタコーヴィチ協奏曲および管弦楽曲集。

[] を含むブックマーク

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060427-00000030-zdn_m-sci

ホームページで「neon」が出てきたときは、買おうかとも思ったが、「リアルデザインNo.2 (エイムック (1183))」の発売の頃かな実物を見て、買うのを辞めたんですよ。理由は普通の閉じた状態の時はカッコいいんだけど、開くと物凄くカッコ悪い。これは作った側も分かっていたんですかね、殆どのページで商品は直方体のままです。分かっているなら、弱点を補填しないか。infobarの良い進化ではなく、退化ですよ。デザイン的には。

[][] を含むブックマーク

せっかくのサイドバーの割に、リンクが少ないのか多いのか、どっちともつかない状況になっている。一番楽なのはアンテナモジュールなんだけれども、あれを入れるのは気が引けるので、色々とリンクを付けるべきなのだろうか、悩む。

勿論、これはリンクされる側が個人サイトの場合の、リンクポリシーとも関わる問題で。

青色の下線ははてなキーワード。緑色の下線はantiglapectre
空白を何かで埋めたいが、埋まらない