Any given sunday このページをアンテナに追加 RSSフィード

2004 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 11 |
2015 | 01 | 02 |
2016 | 04 | 05 | 06 |
2017 | 04 |


[ニュース記事] [音楽−クラシック] [音楽−テクノ] [サッカー] [美術館日記] [雑記] [NFL] [YouTube] [はてな]

2006-07-02-Sun 外国人監督

クラブレベルでは過去にはエルンスト・ハッペルやエレニオ・エレラ等の名物人間がいたおかげで外国人監督の世界制覇(まぁビッグイヤーのことだが)というものがあるのですが、代表レベルで外国人監督の優勝は、過去にはW杯では一度もなく(最高位はこれまたエルンスト・ハッペルの準優勝)、欧州選手権でもこの前のオットー・レーハーゲルが最初ということですね。そんなこと考えたら優勝の見込みはとても低いチーム同士の戦い、ポルトガルイングランドイングランドもねぇ、あの負け方はねぇ。エリクションのジジイ、今時のカルチョでもやらんぞ、あの最後の交代は。

[] を含むブックマーク

このNHKでやっている「橋本元総理は何を残したか」面白いな。

この前、首相支配-日本政治の変貌 (中公新書)を読んでなるほどねぇと思っていた矢先に死んでしまったんですよ。橋本龍太郎

皮肉なことに彼の行った行政改革が悪い方向で小泉純一郎に使われたのはなんだかねぇ。そして自らの派閥日本医師会の事件と。

[][] を含むブックマーク

  • 因縁3

ドイツイタリア 1970年準決勝 1982年決勝 この前のフィレンツェ虐殺ショー

ポルトガルフランス 2000年準決勝サビエル悪夢 1984年準決勝プラティニフィーバー 両者共に延長負け

後者W杯では初対決なんですが、何ともステキ過去ですね。映像で何度か見ましたが、プラティニのフリーキックエロいですよね。この試合のゴールキーパーの下を通っていくアレは。それからジダンPK決めた後の手を伸ばして且つ毎度恒例の「黒猫」はステキでしたねぇ。その後、決勝でフランスは優勝ですからね。これがステキな。

前者はねぇ、あのドイツの虐殺を見たときはドイツベスト16まで行ったら御の字だと思ってましたよ。さて、あの汚名を雪ぐのか(あの試合で一番叩かれたのはメルテザッカー)、やっぱり実力では敵わないイタリアにまたしても屈するのか、楽しみですね。

個人的には忘れてならないのは、イェンス・レーマン選手が過去ACミランで干されて失意のまま帰国したという因縁が一番強いですかね。で、スタジアムはかつてレーマン選手の所属したボルシア・ドルトムントヴェストファーレンシュタディオン(現ジグナル・イドゥナ・パルク)ですね。本来、ブンデスじゃ9万人入れるが、残念ながら6万5000人だ。

そういえばユルゲン・クリンスマンは元インテル・ミラノ。まぁこのチームはクリンシーのチームというより、ヨアヒム・レーヴ助監督が頑張っているよなぁ。

[][] を含むブックマーク

ジャックシラク、ミシェル・プラティニ、ユーリジョルカエフ観戦と。

一瞬、ル・グエンがスカウトする選手を見に来ているのかと思ったが、ハゲ方が違うし髪の量が違うので、あれはジョルカエフだ。8年前のレ・ブルーの攻撃の要。ところで、ジョルカエフレッドブル・ニューヨークから「家族に深刻な問題が生じた」ということで帰国していたそうで。何じゃそりゃ。映したカメラクルーも見事と。

主審 ルイス・メディナカンタレーホ スペイン

結果論かもしれないが、ずっとやってきたクァルテット・マジコを崩したのは大失敗だったな。ロナウジーニョの動きを楽にするためにジュニーニョを入れたんだと思うが。今まで殆ど試したことのないワントップということでロナウジーニョカカを筆頭に連動性が悪くてどうしようもならない。やはりセレソンは4-2-2-2。ラテラルの積極的な攻撃参加もあって相手を自陣に押し込めるスタイルでなければならなかったかな。

ガーナ戦もそうだったのだが、ブラジル前線からのプレスが甘く、そしてバックラインも深いモノだからマイボールにすることができなかった。積極的に相手に攻められ、マイボールにする位置が深いものだからフランスの守備は常に用意できた状態で対応することができた。一人が対面して相手を送らせるともう一人、二人と圧力を掛けてボールを奪う。奪ったら走り込む選手にダイレクトに放るか、一度タメを作ることの出来るジダンに預けてからマイボールで展開を作るか、システムの中でできうる最良の選択をしていた。

交代選手に関してもアドリアーノを投入したがフォアリベロのジウベルト・シウバを下げて積極的に攻撃に出ることをしない。代わりに下がったのはジュニーニョ・ペルナンブカーノジュニーニョの場合ミドルシュートも大きな武器なのに下げる理由なんてあるものではない。

結局、ブラジルが良かった時間帯は最初の数分くらいなもの。相手に決定機を作ることは少なかったが、ブラジルも決定機を作ることができずに終わるとは。互いに決定打のない中で、フランスの攻撃は集中していた。ジネディーヌ・ジダンフリーキックからティエリ・アンリのゴール。ブラジルは誰もアンリマークしていなかったと。やはりジダンの最後を飾る為に特に守備陣、レ・ブルーは集中していたねぇ。

やはりチームに共通意識があるとチームはこれほどまでに強いということですか。前々回だってそうだ、ジダンの出場停止からチームは変わった。あのときのチームにはデシャン、デサイーといったベテラン百戦錬磨の男達がチームを統率していたわけだが、今回はジダンを中心に攻撃が回っている。ドメネクの采配に取り分け何か改善したと思える要素なんてないのに。

青色の下線ははてなキーワード。緑色の下線はantiglapectre
空白を何かで埋めたいが、埋まらない