Any given sunday このページをアンテナに追加 RSSフィード

2004 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 11 |
2015 | 01 | 02 |
2016 | 04 | 05 | 06 |
2017 | 04 |


[ニュース記事] [音楽−クラシック] [音楽−テクノ] [サッカー] [美術館日記] [雑記] [NFL] [YouTube] [はてな]

2006-09-13-Wed スペシャル

家本政明なるJリーグスペシャルレフェリー人間が、1ヶ月の研修という処分を受けるそうで。スペシャルレフェリーの人の色々な事件を見ると、おいおい大丈夫かいなと思ってしまう。(しかし、誰が彼をその役職に任命し、何故に今更、このシーズン中にそんな処分をするのかね)その中で上川徹は目立った事件を起こすこともなく、W杯でも高評価を得た彼は偉業をしたのだなぁと改めて思った。レフェリング、ジャッジングのレベルが国際レベルに上がらなければ日本サッカーのレベルが向上することはないと言った上川の考えと現実が大きく違う。同じ役職なのに。ところで、日本くらいですよね。副業の無い審判って。(マルクス・メルクが歯科医とか欧州は殆ど副業

[][] を含むブックマーク

だあああああああ、パサネン・・・・・・・・orz、ほいでもってPK献上で憤死。試合内容自体は悪くなかっただけに結果が痛い。裏ではバルサ圧勝ですかそうですか。次節はヴェーザーシュタディオンバルサガチンコですね。しかし、あれだなフリングスを底に入れてダニエル・イェンセンかパトリック・オヴォモイェラを右にした方が良いな、やっぱり。次節はロナウジーニョを止めなければならないので、マンマークでオボモイェラいきますかね。昨季のように。

しかし、4点以上が4試合と凄い開幕だ。そしてインテルネタクオリティ。何じゃそりゃ。

バイエルン・ミュンヘンは前半のデキの悪さからホームでブーイングを喰らって後半に点が決まってからもそんなに良くなかったけど、オリヴァー・カーンが好セーブを見せてからチームがこれではいかんと大量得点。そもそもロイ・マカーイ外すとはどういうことだと私は怒りたいが、このチームはまだ放出後の建て直し状態でして。それからアウェーでフェルナンド・モリエンテス選手が復活のハットトリック。ダビド・ビジャとの前線が機能したら強いという印象。オリンピアコスは良い先制点の決め方したのにねぇ。残念。裏のASローマ圧勝で混線状態でなく、2強に抜け出されても面白くないけどね。

インテル・ミラノは昨季のアルゼンチンコンビ、セバスチャン・ベロンエステバン・カンビアッソコンビに比べると展開力に欠けるフランス人コンビだったなぁ、パトリック・ヴィエラオリヴィエ・ダクール。そしてヴィエラは退場と。何の良いところもなく、斯くも見事な敗戦と。

残念ながらジロンダンはスコアレスドローに終わってしまったが、アウェーで勝ち点1は結果として悪くない。しかし、ジロンダンのグループだけは先の見えないスコアレス地獄ですな。1位通過有力されたクラブが何故かオランダ旅行気分だったわけだが、何であんな面子組んだかと調べたら、今週末、「unspecial one match」だったんですね。まぁしかし記事にも「Share spoil」とか「seemed unable or unwilling to go for broke」と怒りたい気分が溢れています。こんな組み合わせにしたuefaが悪いといえば元も子もない。

[][] を含むブックマーク

UEFAチャンピオンズリーグ グループリーグ 第1節 第2日目 プレビュー

やはり本日のメインはリヨン対マドリーですかね。昨季のジュニーニョ・ペルナンブカーノ先生ステキFKは見事だった。

主審 ヴォルフガング・シュタルク ドイツ

http://jp.uefa.com/Competitions/UCL/FixturesResults/Round=2357/match=1116323/report=MB.html

http://jp.uefa.com/Competitions/UCL/FixturesResults/Round=2357/match=1116323/report=PR.html

リーグ戦では一番の鍵となるポジションの選手3名(エリック・アビダル、アントニー・ルヴェイエールフローラン・マルーダ)を温存し、他にも適度に選手交代で休ませたリヨン。昨季と同じタイミング、同じスタジアムでの開幕で、チーム状態を考えてもリヨンの方が有利と思える分が多い。レアル・マドリードレバンテ戦を見ると守備がズルズル引いてどこで取れば良いのかまだハッキリしないし、取ってから誰がビルドアップをするのかまだはっきりしない。サイドからの攻撃も機能が弱いし、ボランチバランスを取ることで精一杯だったわけで、個人の能力が爆発すればそれはレアルの方が怖いがチーム力から考えるとねぇ。ファビオ・カペッロが組み合わせを見て言った言葉が全てで「開幕して数試合をこなしたリヨンと第1節で当たらなければならないのは気にくわない」というのは本音です。

主審 ルボシュ・ミチェル スロバキア)

http://jp.uefa.com/Competitions/UCL/FixturesResults/Round=2357/match=1116324/report=PR.html

http://jp.uefa.com/Competitions/UCL/FixturesResults/Round=2357/match=1116324/report=PR.html

リーグ開幕4連勝と好調のユナイテッドに挑戦者として挑むラガーシャツなわけだが、守備陣がケガを抱えているという非常に大変な状態です。選手、監督共に経験不足は否めず、スタイルが似ている分、抑えられる可能性が非常に高いと。ユナイテッドから考えたら昨季の悪夢を払拭するためにも今季は出だしから完璧スタートを切ってノックアウトラウンドに行かなければいけませんから。リーグ戦お休みポール・スコールズとウェイン・ルーニーは出場するが、昨年、非紳士的行為をしたクリスチアーノ・ロナウド選手が欠場と。昨季の反省として大事なところでしっかり決める力があると、特にルーニーが、上位を狙えるんだけどねぇ。

主審 ピーター・フロジュヘルト スウェーデン

http://jp.uefa.com/Competitions/UCL/FixturesResults/Round=2357/match=1116327/report=MB.html

http://jp.uefa.com/Competitions/UCL/FixturesResults/Round=2357/match=1116327/report=PR.html

互いにエースのラファエル・ファン・デル・ファールトとティエリーアンリが使えないという悲しい戦い。センターバック2名を引き抜かれ、まだまだチームを作っている最中ハンブルク前線もまだまだどうしようか模索中で、加えて選手がケガでピンチとトーマス・ドルは辛い。特に辛いのがレフトバックで、獲得したファン・パブロ・ソリン、ティモシー・アトゥーバとダメでいやはや大変です。プレミアリーグ絶不調のガナーズとしてはこの左サイドを巧く攻略したら得点の期待が出来そうなんですけどね。

[] を含むブックマーク

久々に田上よしえテレビで見た。あの人、まだいたのね。

青色の下線ははてなキーワード。緑色の下線はantiglapectre
空白を何かで埋めたいが、埋まらない